FC2ブログ

御坂「佐天さんが死んだ?」初春「はい・・・」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 20:46:34.38 ID:AjiuqhrT0
御坂「どういうこと!なんで?」

黒子「落ち着いてくださいましお姉さま」」

御坂「落ち着けるわけないじゃない!!」ビリビリ

黒子「くっ」

御坂「あ、・・・ごめん黒子」

黒子「大丈夫ですの・・・」

御坂「それで・・・なんで佐天さんは・・」

黒子「はい、事故らしいですの。建設中のビルから落ちたものに・・・」


初春「違いますよ。表向きはそうなっていますけどね」
2人「え?」

初春「私たちも危ないですよ・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413805584


注目記事




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 20:57:29.50 ID:AjiuqhrT0
御坂「どういうこと?」

白井「それに私たちもとは?」

初春「私たちはどうやら関わってはいけないものと関わってしまったみたいです」

御坂「それって・・・まさか!!」

初春「はい・・・暗部だったり木原だったりこの学園都市の闇です。」

御坂「ちょっと待って・・・なんで初春さんがそんなこと、私でも詳しいわけじゃないのよ」

初春「佐天さんの死を聞いたとき。私は信じられなかったんです。それで・・・調べてるうちに不審点を見つけて」

御坂「それで・・・たどり着いた」

黒子「にわかには信じがたい事ですの・・・」

初春「そうですね。佐天さんはこの街に消されたってことになりますからね。」

黒子「・・・初春、これを知るだけでもう危ないと思いますの」

初春「はい・・・見てはいけないものを無理矢理突破してみましたから」

御坂「なんでそんなこと!!すぐにやめればよかったじゃない!!」

初春「佐天さんが!!佐天さんが殺されたのを知ってみて見ぬふりなんてできません」

御坂「そうよね・・・ごめん」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 21:08:30.40 ID:AjiuqhrT0
初春「それに元々私たちは消される手はずみたいです・・・御坂さんを除いて」

御坂「え・・・」

黒子「そんな・・・」

初春「どうにかして逃げようにも連絡が二人につかなかったのです・・どうやら妨害されてるみたいですね」

御坂「でも佐天さんのことは連絡が」

黒子「そうですの初春から来たはずですの」

初春「それ私が送ったものを改ざんしてるみたいですね・・・どうやらここに集めるために」

黒子「はやく逃げましょう!!」

初春「もう遅いですよ・・ここに来た時点で積んでます」

黒子「テレポ・・・くっ」

御坂「うあ・・・これは」

初春「はい・・・ キャパシティダウンですね・・ぅぅ」

暗部「はい、そちらのお花の素敵な子の言う通り貴方たちを処分しにきました」

黒子「それは・・テレスティーナが装着していた

暗部「はい・・それの改良版ですね。

暗部「本来の処分ははもっと早くの予定でしたが・・・・邪魔が入ってしまいましてね・・・」

御坂「邪魔?」

暗部「ふふ・・御坂さんも知ってる人ですよ」

御坂「まさか・・あいつ?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 21:21:25.09 ID:AjiuqhrT0
暗部「上条当麻ではありませんよ・・・」

御坂「じゃあ誰?」

暗部「そうです。海原・・まぁ偽物ですが・・・彼はまだ使えるので殺してはいないですけどね。あれ?どうしましたか?彼が来ると思いましたか?残念です。彼は今海外にいます」

御坂「ぇ・・」

暗部「ふふ・・・いい表情ですね・・・遊びはこれくらいにしましょう・・・では」

暗部2暗部3「・・」カチャ

御坂「・・・はっ!!やめ・・


暗部「では彼女を・・・」

御坂「やめろって!!言ってるだろぉ!!」ビリビリビリ

暗部「おや流石ですね・・・二人を殺しましたか・・・この キャパシティダウン中によくやったものです」

黒子「お姉さま・・・」

初春「御坂さん」

御坂「あぐぅ・・」

暗部「ですが、もう動けないようですね・・・」

暗部「では・・・」

暗部3・4「」カチャ

御坂「何人・・いるのよ・・」

暗部「では・・お願いします」

初春「うう・・・佐天さん・・・」

黒子「お姉さま・・・」

御坂「まって・・・お願い・・・なんでも言うこと聞くから・・・二人を・・」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 21:31:58.27 ID:AjiuqhrT0


暗部「それはこちらの言うことはなんでも聞くと・・・」

御坂「ええ・・・だから二人を解放」

暗部「それは無理ですね・・・少なくとも白井黒子には価値がありません」

暗部「初春飾利は・・・こちらでもやっていける技術を持っているようですので、彼女はこちらで引き取ります」

初春「誰が!!貴方たちなんかに!舌を噛み切って死にますよ」エー

暗部「そしたら貴方の友人の春上さん・・・そして上司の固法さんがどうなりますかね?」

初春「卑怯です・・・腐っています」

暗部「はい、そうですね・・・速くしないと余計な邪魔が入るかもしれないので・・・」

暗部「では、さようなら白井黒子さん」

御坂「私は協力しないわよ!!私を縛り付けるならわかってるでしょうね!!」

暗部「いいえ、貴方は絶対に協力しますよ。それにここで白井さんを残すメリットはありません」

御坂「黒子を殺したら!!」

暗部「妹達・・・彼女らを私たちは殺すことができます・・・いえそれ以上に彼女らを兵器として世界に送ることもね」

御坂「な!!」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 21:44:58.37 ID:AjiuqhrT0

暗部(そんなことは一方通行も許さないでしょうがね)

御坂「それでも黒子を!!」

黒子「いいんですのお姉さま」

御坂「黒子・・?なに言って?」

黒子「確かに私に人質としての価値はないですの・・・ルームメイト後輩友達・・・それだけですの」

御坂「十分じゃない・・助ける理由に」

黒子「お姉さまにはもっと大切なものがあるんでしょう!!」

御坂「あんたも同じくらい・・・いえそれ以上に!!」

黒子「・・・それが聞けただけで幸せですの・・・それに」


黒子「佐天さん一人じゃ寂しいと思いまして」

初春「白井さん・・」

黒子「初春・・・あとは頼み パーーーン

黒子「」

初春「ひぃ!!」

御坂「黒子ーーーー!!」

暗部「長いですね長すぎですよ・・・時間はあまりありません・・・では来てもらいましょうか・・こちらに」


御坂「許さない・・・・絶対にあんたらを殺してやる」ビリビリ

暗部「・・・・」

初春「佐天さん・・・白井さん・・・」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 21:56:37.77 ID:AjiuqhrT0
御坂「せめてアンタをここで!!」ムリヤリビリビリ

初春「キャア!!」

御坂「あ!初春さん・・」

初春「気にしないでください・・・そのまませめてアイツだけでも」

暗部「流石にやばいですね・・・ふぅこの手は使いたくなかったんですが」

暗部「佐天涙子についてです」

初春「佐天さんについて?」

御坂「・・・」

暗部「実はですね・・・・彼女を殺したのは自分です」

初春「ああああああああああああああああああ」

暗部「生身で勝てませんよ」ボコ

初春「ゲホ」

御坂「初春さん!!(能力を無理矢理・・・落ち着いて演算すればいける!!)」

暗部「いやぁ殺すときにいいことを教えたんですよ・・・能力のレベルについて」

御坂「シネエエエエエエエエエ」ビリビリ

暗部「実は学園都市の能力のレベルはあらかじめどこまでその人が上がる可能性があるかわかってるんです」

御坂「!?」

暗部「御坂さんははじめから可能性があったんです・・・だからクローンを作ることにもなったんですが」

暗部「もとから上がる可能性のある人に力を入れて佐天涙子のような上がる見込みのないものは教育に力を入れない」

御坂「・・・そんなのってあんたらの勝手じゃない!それが」


暗部「死ぬ前の佐天涙子はこれを聞かされてどう思ったのですかね?貴方の以前の言葉を思い出したでしょうね」

御坂「あ・・・・」

暗部「ハハハハハどんな気持ちで死んだんだろうなぁ!!」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 22:31:15.17 ID:AjiuqhrT0
初春「御坂・・・さん・・・たとえそうだとしても佐天さんが御坂さんを恨んだりと・・かは」ゲッホ

御坂「いや・・いや・・・・」

初春「御坂さん!!」

御坂「ああああああああ!!」

暗部「ふふ初春さんの声が聞こえないくらい動揺してますね。そのせいで演算ができないですよ・・・それではこちらに」

そして御坂さんと私は催涙ガスのようなもので意識を失った


暗部「二人ともこちらへようこそ。」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 22:46:57.93 ID:AjiuqhrT0
こうして御坂さんと私は暗部に入った

目を覚ました時、見知らぬ研究所にいた・・・御坂さんは同じ研究所にはいなかった、だが同じ部署に配属されるらしい
白井さんは仕事中に能力者に殺されたことになった。御坂さんはしばらくの休学・・理由は精神が不安定なことによる暴走を抑えるため
というもっともらしい理由・・・それで今は寮にもいないことになっている
私は退学して実家に帰ったことになっている。基本研究所などにしかいないため、外で見つかる恐れがないかららしい
もちろん親などに連絡がいくことは無い

大切なものを奪われた・・・それだけでなく今も大切なものを奪われそうになっている
私は・・・これからどんな手段を使ってでも守る。


初春「佐天さん・・・絶対に復讐してからそっちに行きますからね・・・待っててください」

初春「絶対に私はこの闇を許さない・・・」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 22:58:38.65 ID:AjiuqhrT0
数週間後

御坂「ふぅ・・・こいつらは全員消したわね」

スキルアウトだったり変な能力を使う外部の人間だったり他暗部間での抗争で様々な人を私は消してきた
始めは吐いてばっかだったけど今は・・・・その闇が日常になっている


御坂「で?次は誰を消せばいいの?」

初春「はい○○にいる○○です」

御坂「わかったわ」

そう、もう人を殺すことにためらいがなくなっている・・・一方通行と同じ最悪の人間だ。あいつも暗部にいるので
いずれ戦う日が来るのかもしれない。

今、上条当麻が私を見たら悲しむだろう、怒るだろう、そして私を助けようと必死になって闇に立ち向かうだろう。それは嬉しいことではない。絶対に避けるべきもの

彼を巻き込みたくない、傷ついて欲しくない、あいつを・・・妹達を・・・みんなを闇に近づけるわけにはいかない。そんな腐った部分に関わらせるわけにはいかない・・・そのためにも私がこの腐った街を


御坂「潰してやる・・・暗部だけじゃない・・・ここの闇なんて全部消し飛ばす」

私はこれからも深い闇に堕ちていくのだろう・・もう光に戻ることなんてできない程の


光輝いてるあいつのようにはもう生きれない・・・あいつを好きになる資格なんて私にはもう無いかもしれない
妹達を苦しめる奴らの仲間になった私は姉として失格だ・・・天国で黒子達に合わせる顔なんてない

御坂「私が天国にいけるわけないじゃない地獄行きね」

そんな闇に染まった私でも、あいつと妹達の光を守れるなら・・・私は闇で生きていく



終わり







 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS