ドラえもん「自分の未来を見てみたいだって?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 12:45:20.96 ID:TYNH7qXZ0
しずか「そうなの、どうしても将来の旦那さんが知りたくって」

ドラえもん「うーん、そう言われても……」

しずか「ね、お願い」

ドラえもん「……絶対に後悔しない?」

しずか「ええ、しないわ」

ドラえもん「それじゃあ、タイムテレビ~」ゴトン

ドラえもん「時代をセットしてと」カチャカチャ


注目記事




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 12:51:02.27 ID:TYNH7qXZ0
ドラえもん「ね、しずかちゃん。見る前言っておきたい事があるんだ」

しずか「? 何かしら」

ドラえもん「……実はね、しずかちゃんの結婚相手はのび太くんなんだよ」

しずか「まあ!」

ドラえもん「今でこそダメダメでおっちょこちょいののろまのパーだけど」

ドラえもん「大人ののび太くんは立派な青年だよ、どうか失望しないでほしい」

しずか「ドラちゃん……。大丈夫よ、失望なんかしないわ」

ドラえもん「そう言ってくれると助かるなあ」

しずか「それに、のび太さんが相手ならあたし……」ボソッ

ドラえもん「ん、何か言った?」

しずか「あ、ううんなんでも」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 12:53:04.25 ID:/xky0eoC0
ほう
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 12:54:52.07 ID:TYNH7qXZ0
ドラえもん「それじゃあ映すよ」ポチッ

しずか「わあ、これがあたしとのび太さんの家ね」

ドラえもん「それでこれが未来ののび太」

のび太『ほらノビスケ、行儀よく食べないといけないぞ』

ノビスケ『はーい』

しずか「ふふ、のび太さんもしっかりお父さんやってるのね」

???『パパ、急がないと遅刻するわ』

のび太『いっけない!急がないと』パクモグ

リルル『ほら、早くスーツ着て』

ドラ・しずか「!?」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 12:59:49.30 ID:TYNH7qXZ0
しずか「な、な、な、なんでリルルが!」

ドラえもん「そんなバカな!のび太くんはしずかちゃんと結婚するはずじゃ!?」

のび太『それじゃ、行ってきます……の前に』

リルル『……まったく、のび太はいつまで経っても甘えんぼね』

チュッ

しずか「」

ドラえもん「」

のび太『それじゃ行ってくるよ』

リルル『いってらっしゃい、パパ』
7: 忍法帖【Lv=29,xxxPT】(1+0:15) 2013/02/04(月) 13:02:36.43 ID:RCvvj/pR0
リルルってどなた
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:06:41.56 ID:0SIgZ5Ig0
>>7
鉄人兵団の機械の女の子
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:05:57.36 ID:TYNH7qXZ0
しずか「ねえドラちゃん、どういうことなのこれ」

ドラえもん「いやはやぼくにもさっぱり……」

ドラえもん「……そうか!わかったぞ!」

ドラえもん「ぼくはのび太くんがジャイ子と結婚する未来を変えにやってきた」

ドラえもん「そのことにより、しずかちゃんと結婚する未来へ変わった」

ドラえもん「でもそれは一時的なものにすぎなかった!」

ドラえもん「いろんな冒険や出会いを切っ掛けに、また新たな未来へ上書きされたんだ!」

しずか「……そう」

ドラえもん「いやあ、それにしてもリルルと結婚なんて思い切ったことしたなあ」

ドラえもん「このノビスケはロボットかな?それともリルルは子供を産む機能があるんだろうか」

ドラえもん「なんにしても、ほほえましい良い家庭じゃあないか」ホロリ

しずか「良くないわよ!!!」

ドラえもん「ひょぁい!?」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:12:40.82 ID:TYNH7qXZ0
しずか「あたしとの結婚はどうなったの!?」

ドラえもん「え、それは、そのう」

しずか「ドラちゃんは、のび太さんがあたしと結婚するって言ったわよね?」

ドラえもん「言ったけど予定が変わったというか」

しずか「そんなことってないわよ!」

ドラえもん「でもこうなった以上しょうがないよ」

ドラえもん「ほ、ほらのび太くんは置いといてしずかちゃんの旦那さんを見ようよ」アセアセ

しずか「そんなこともうどうでもいいの!!!!!」

ドラえもん「ひいぃぃっ!?」

しずか「はぁ、はぁ、ちょっと叫び疲れちゃった」

しずか「……未来は変えられるって言ったわよね?」

ドラえもん「え?そうだけど……」

しずか「わかったわ、ちょっと行ってくる」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:14:27.07 ID:/x6chpVU0
なんかドラえもんが可愛い
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:16:05.56 ID:0SIgZ5Ig0
ヤンデレ臭がする
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:22:10.07 ID:TYNH7qXZ0
のび太「くっ、くふっ、ふっ、あーっはっはっは」ペラッ

のび太「ゴロゴロコミックはおもしろいなあ」

玉子「のび太、しずかさんがいらしたわよ」

のび太「はーい!」

しずか「あ、のび太さんお邪魔してるわ」

のび太「しずかちゃんいらっしゃーい」

のび太「でもどうしたの?何か遊びのお誘い?」

しずか「あ、違うのよちょっと言いたいことがあって」

のび太「言いたいことって?」

しずか「あのね、ロボットと人間の恋愛って非生産的だと思うの」

のび太「はあ?」

しずか「だってロボットは人間と全然違う存在だから友達にはなれると思うけど結婚なんかして一緒に住み始めたら…… (中略)子供を産むのだってとっても難しい事だと思うし正直な話オススメできないわ」

のび太「そ、そう……」

しずか「それにあんまり気が強い女の子は駄目ね、やっぱりお淑やかな娘が一番よ」

しずか「それじゃ、言いたいことはそれだけだからバイバイ!」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:27:37.17 ID:TYNH7qXZ0
しずか「ただいまドラちゃん」

ドラえもん「おかえり、さっきはすごい形相だったね。まるでやまんbあ、なんでもないよごめんなさい」

しずか「しっかりのび太さんに釘を刺してきたわ、これで未来も変わったはずよ」

ドラえもん「そんなに簡単なことじゃないと思うんだけど……じゃあ見てみようか」

ドラえもん「や?ややや?」

しずか「どう、のび太さんとあたしはラブラブしてる?」

ドラえもん「のび太くんが居ない!」

しずか「は?」

ドラえもん「地球上の何処にものび太くんが居ないんだ!」

しずか「ええっ!?」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:37:16.52 ID:TYNH7qXZ0
ドラえもん「のび太くん、一体何処に……」

ドラえもん「これは!?」

しずか「なに、見つかったの?」

ドラえもん「どうやら地球から遠く離れた星に居るらしい、拡大してみよう」ピピッ

ドラえもん「見たことのない星だけどここは……」

ドラえもん「あ、ここはコーヤコーヤ星だ!ずいぶんと発展したみたいだからわからなかった」

しずか「コーヤコーヤ星?どうしてあんなところに……」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:39:23.97 ID:TYNH7qXZ0
ドラえもん「居たぞ!のび太くんだ!」

のび太『ノビスケー!あんまりはしゃいで怪我するなよー』

ノビスケ『はーい!ってうぎゅ!』ドシン

のび太『あーもう言わんこっちゃない、ほら消毒してあげるからおいで』

ドラえもん「どうやら農場で働いてるみたいだね」

しずか「なんだかロップルさんたちを思い出すわね」

???『あなた!お昼ごはんよ!』

のび太『ああ、今行くよ!』

クレム『はい、今日もお仕事お疲れ様♪』

しずか「」

ドラえもん「」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:43:11.64 ID:i2ezHlsf0
しずか「こうなったら……のび太さんを私の絶技でメロメロにしてあげるわ!」ダッ

ドラえもん「あ、待ってよしずちゃぁん……」

現代・野比家

しずか「ハァハァ……お、お邪魔します!」ガラッ

ドラミ「あぁ~のび太さ~んソコなのそこ~」

のび太「う、うぅぅうう!!膣内に射精すよッ!ドラミッ!」ビュルルルルr

しずか「」

のび太「はぁ、はぁ、・・・・・・エッ!?しずちゃん!?どうしてここに……」

ドラミ「あら、しずかさんも肉便器になりたかったの?」

しずか「ッ……!のび太さん!これはどういうことなの!?」

ジャイアン「こんちわ~!今日もドラミとヤりに来たぞのび太!」

スネ夫「お邪魔しま~す。あ、しずちゃんもSEXしにきたの?」クイックイッ
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:47:12.56 ID:TYNH7qXZ0
ドラえもん「まさかロップルの妹のクレムちゃんとは」

ドラえもん「コーヤコーヤ星が出てきた時から嫌な予感はしていたんだよなあ」

ドラえもん「しずかちゃんは」チラッ

しずか「」

ドラえもん「あ、放心してる」

ドラえもん「結婚するまでの経緯でも見てみようかな」カチャカチャ


<クレム、ボクトケッコンシテクレマセンカ
<……フツツカモノデスガ

しずか「はっ」

ドラえもん「あ、起きた?あまりのショックに気が飛んでたみたいだよ」

しずか「……そう」

ドラえもん「ちなみにね、クレムとの馴れ初めは別れる時にもらった雪の花がきっかけなんだってさ」

しずか「…………」スクッ

ドラえもん「……行ってらっしゃい」

<アッ、アン、ンンッ、イクッ、イッチャウ!
<ボクモモウデソウダヨ!
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:50:55.66 ID:TYNH7qXZ0
ドンドンドンドン

しずか「のび太さん!のび太さん!開けて!あたしよ!開けろ!」

のび太「ど、どどどうしたのしずかちゃん!?」ガチャ

しずか「ねえのび太さん、年下なんかあり得ないわ特に遠い星に住んでる娘とかほんとだめ
     (中略)農業なんかやるもんじゃないわよ大変でお昼寝もできないに決まってるじゃない」

のび太「そ、そう……」

しずか「やっぱり結婚するなら頼りになって優しい女の子じゃないとね」

しずか「それじゃ、言いたいことはそれだけだからバイバイ!」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:54:28.30 ID:TYNH7qXZ0
しずか「ドラちゃん!!!」

ドラえもん「そう言うと思ってスタンバイしてたんだけどさ」

のび太『美夜子さん、君は満月より綺麗だよ』

美夜子『のび太くん……』

しずか「なによ、なんなのよ……」

ドラえもん「し、しずかちゃん?」

しずか「もーーーー怒った!!!!」

ドラえもん「ひっ!?」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 13:59:02.60 ID:TYNH7qXZ0
しずか「のび太さん!!!!!」

のび太「え、な、何!?」

しずか「なんで浮気するの!?」

のび太「え、何言ってるのしずかちゃんは」

しずか「あたしと結婚するんじゃなかったの!?どうして他の娘ばっかり!もう!もう!うぅ……」ポロポロ

のび太「え、そんなこと言われたって!?」

しずか「ちゃんとあたしと結婚してよ!余所見しないで!!!」ポロポロ

のび太「わかったよ、わかったから泣き止んでよもーう!」


ドラえもん「あ、タイムテレビの画面が……」

のび太『ただいま~』

しずか『あら、おかえりパパ』

ドラえもん「うーん、雨降って地固まるってやつかな?」

ちゃんちゃん

おわり
31: 忍法帖【Lv=29,xxxPT】(1+0:15) 2013/02/04(月) 14:02:04.39 ID:RCvvj/pR0
超展開
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 14:10:10.92 ID:y0XOSz1a0
実際のび太も割とフラグ建築士だよね

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。