FC2ブログ

【FateGO】赤王とアッセイ

1: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 11:54:00.03 ID:O6Ij8rtE0
ネロ「なぁ、マスターよ」

ぐだ子「?」

ネロ「任務で余を選んだことは良い。むしろ好ましいことだ!」

ぐだ子「うん。ありがとう」

ネロ「だがな…なぜだ」

ぐだ子「?」

ネロ「なぜこのような奴と共になのだ!?」

スパルタクス「おぉ!圧制者よ、汝を抱擁せん!」

ネロ「なぜなのだぁぁぁぁぁ!!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447037639


注目記事




2: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 12:01:40.80 ID:O6Ij8rtE0

ぐだ子「それはほら、うちにいるバーサーカーが彼だけだから…」

ネロ「納得がいかぬぅぅ」ジタバタ

スパルタクス「いくぞマスター!!今こそ反逆の時」

ぐだ子「う、うん。ほら、ネロもいこ?」

ネロ「納得がいかぬ」ガルルル

スパルタクス「いざゆかん、我らが闘技場へ!」

マシュ「あ、ここにいたんですね先輩。レイシフトの準備はできてますよ」

ぐだ子「ありがとうマシュ」

3: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 12:07:20.57 ID:O6Ij8rtE0
【ローマ】

ネロ「おぉ!懐かしき我が都ではないか!」ヒョコ

ぐだ子「今日はここでゴーレム狩りをしたいと思います」

マシュ「ゴーレム狩り、ですか」

スパルタクス「あぁ、この時をいつから待ちわびたことか。圧制者たちに反旗を翻そうではないか!!」

ネロ「ふふん♪すべて余に任せるがよい!」タタタ

マシュ「あ、ネロさん待ってください!」

4: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 12:13:41.06 ID:TRVrJPF5O
【戦闘中】

ぐだ子「うぅ、中々八連双晶が出ない」

マシュ「ふぅ……少し休憩にしましょう先輩」

ネロ「どうだマスター!余の力を見たか!」

ぐだ子「ありがとう、ネロ」ナデナデ

ネロ「くるしゅうない、もっと褒めよ♪」

マシュ「そういえば、スパルタクスさんはどちらにいったのでしょうか?」

ネロ「ふん、そのようなやつ放って置けばよいのだ」

5: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 12:26:25.37 ID:O6Ij8rtE0

「ふはははは!!愛!! 愛!!」

マシュ「向こうから声が聞こえてきます」

ぐだ子「行こうか」

ネロ「むぅ……」



スパルタクス「まだ私の反逆は終わらない!」ガシャン・

マシュ「凄いです先輩!ゴーレムの群れを千切っては投げの一人無双してます!」

ぐだ子「あ!八連双晶があんなに!」ダッ

マシュ「危ないです!先輩!?」

ネロ「余に任せておけ!」



ぐだ子「ぐへへへ、これで兄貴の再臨が出来るぞ」

ゴーレム「グォォォォ!!」

ネロ「伏せろマスター!」スタッ

8: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 15:24:58.70 ID:TRVrJPF5O

ネロ「ふんっ!」

ゴーレム「」

ぐだ子「た、助かりました」

ネロ「そうであろう、そうであろう♪余に感謝すると良い!」

ぐだ子「ちょっと、後ろ!」

ネロ「ん?」クルッ

ゴーレム「「「グォォォォ」」」

ネロ「なっ!?」

スパルタクス「フンッ!」

ガシャン

ぐだ子「助かったよスパルタクス」

スパルタクス「弱者の盾となる以上の快楽はない」ニタァ

ネロ「ひうっ!?」

9: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 22:03:12.83 ID:Ovw0Ck06O

【戦闘後】

ネロ「……」ムス

ぐだ子「まぁまぁ、機嫌直して」

ネロ「……あいつはキライだ」

マシュ「で、でも!スパルタクスさんにも良いところはありますよ!」

ネロ「違う!そうではないのだ!」

ぐだ子マシュ「?」

ネロ「……余が嫌いなもの!節制、没落!そして反逆だ!!」

スパルタクス「圧制者には反逆!!」

ネロ「こやつは余の嫌いなものの塊ではないか!!」

10: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 22:22:03.71 ID:Ovw0Ck06O

ぐだ子「……あぁ」

マシュ「忘れてたんですか先輩!?」

ぐだ子「うん」

ネロ「もう奴と一緒のパーティは勘弁してもらいたい」

ぐだ子「でも二人ともうちの主力だし……」

マシュ「そうですよ!お二人が力を合わせないと勝てない敵が出るかもしれませんし!」

ネロ「ぐぬぬ…」

スパルタクス「マスターよ、闘技場はまだか?」

ぐだ子「しばらくは終わりです」

スパルタクス「力なき民に反逆の狼煙をあげん」

ネロ「こやつが何を言ってるのかもさっぱりわからん!」

マシュ「少なくともここにわかる人はいません」

ネロ「どこにもいないであろう!」

11: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 22:35:15.96 ID:Ovw0Ck06O
ぐだ子「そろそろ帰ろっか。兄貴の再臨が出来るようになったし」

マシュ「はい、先輩。……と言いたい所ですが敵です!」

ネロ「余に任せておけ!とっとと片付けてくれるわ」

スパルタクス「新たな圧制者どもよ!覚悟を決めろ!」

ドラゴン「グルルルル」

ぐだ子マシュネロ「」

スパルタクス「おぉ!これこそ圧制の証!」

ぐだ子「ね、ねぇマシュ」

マシュ「な、なんですか先輩」

ぐだ子「ハサン先生かサンソン君いたっけ?」

マシュ「いえ、アサシンクラスは全員カルデアにいます」

ぐだ子「ヤバくない?」

マシュ「非常にヤバい状況です」

12: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 22:48:02.87 ID:Ovw0Ck06O

ネロ「えぇい!やるしかあるまい!」

ぐだ子「ほ、宝具で決めちゃおう!」

ネロ「任せておけ!」

マシュ「私も行きます!」

ネロ「門を開け!独唱の幕を開けよ!」

ネロ「我が才を見よ! 万雷の喝采を聞け! しかして讃えよ! 黄金の劇場を! 」パァ

スパルタクス「これは!見事な闘技場なり!」

ネロ『童女謳う華の帝政!!』 ザシュン

ドラゴン「グォォォォ!!」

ぐだ子「あれ?行けた?」

ドラゴン「グォォォォォォ!!!」

ぐだ子「ですよねぇー!」

マシュ「伏せて下さい先輩!」

スパルタクス「フンヌ!」ザシュ

ネロ「おい!スパルタクス!」

スパルタクス「この程度まだ足りぬ!もっと!もっと愛を!!」ザシュ

ネロ「よせ!死んでしまうぞ!?」

13: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 23:03:24.33 ID:Ovw0Ck06O
ぐだ子「ネロ!下がって!」

ネロ「だがスパルタクスが!?」

ぐだ子「良いから!」

スパルタクス「ぬははははは! 行くぞ! 我が愛は! 爆発するゥゥゥゥ!」バリバリバリバリ

ネロ「な、なんだこれは」

マシュ「スパルタクスさんの宝具です。受けたダメージを魔力に変換して攻撃するんです」

……バタン

ネロ「はっ!スパルタクスは!?」

スパルタクス「……此度の闘いもまだ私を満足させはしなかった。反逆が足りない」フゥ

ネロ「おぉ!無事ではないか!」

マシュ「なんだかんだ言って、ネロさんもやっぱりスパルタクスさんのことが心配なんですね」ニッコリ

ネロ「そ、そのようなわけあるか!!」

ぐだ子「ともあれ、無事に帰れそうで良かったぁ……」

ネロ「此度の闘いも余の独壇場だったな!ど く だ ん じ ょ う だったな!」フンス

14: ◆vjL2n8e6dc 2015/11/09(月) 23:16:31.89 ID:Ovw0Ck06O
【カルデア】

ネロ「なぁ、マスター」

ぐだ子「ん?どうしたの?」

ネロ「暇だ。余に構うことを許すぞ」

ぐだ子「スパルタクスさんと遊んでてください」

ネロ「嫌だ!!」ジタバタ

スパルタクス「反逆が我を呼んでいる!」

ネロ「お呼びではない!帰れ!」

ぐだ子「ネロも私のベッドで寝てないで戻りなよ」

ネロ「かーまーえー」

スパルタクス「万人に区別なし」

ぐだ子「ほら、私忙しいから!」

スパルタクス「我々はみな平等、私はそれを理解できぬものを嫌悪する。君は理解できているらしい、感謝!ただ感謝!」ニタァ

ネロ「つまりはそういうことだ!」ニコニコ

ぐだ子「どういうことだ……」

ネロ「私に構えー!」

スパルタクス「アッセイ!!」

「ギャーーーー」



おわり

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 04:07:31.99 ID:hbKZz/xTo
おお!圧制者よ!汝を乙する!
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 07:25:51.11 ID:z3Scs7Dwo

赤王かわいい

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア