FC2ブログ

言峰「暇だし安価で行動しよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:11:34.59 ID:y7ALwAk70
言峰「今日は暇で、暇で…。さて協会ですることは何もない。
    手始めに>>5へ行くとしよう。」


注目記事




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:14:39.13 ID:/wSjFoF30
遠坂邸
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:21:09.77 ID:y7ALwAk70
言峰(どうせ暇なのだ遠坂の自宅でワインでもいただくとしよう…)

遠坂邸

時臣「やぁ、一体何しにきた?」

言峰「いえ、これといって何も…。ただ今日は何もすることが…」

時臣「ふふ、そうか。ちょうど私も暇していたのだ。
    そこにかけて待っていてくれたまえ。ワインでもご馳走しよう。」

言峰(さて、遠坂邸で何をしてやろう…>>12
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:25:32.69 ID:/epsGINJ0
ハァハァしながら凛を嫁にくれと土下座する
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:33:07.45 ID:y7ALwAk70
時臣「待たせてすまない。さぁ、飲もう。これは私のお気に入りでね。」

ガタッ

言峰「恐れ多いのですが!!はぁはぁ…御息女…凜殿を、はぁはぁ…私の妻として!!」

時臣「…。困ったものだ…。私は君に凜の師となってもらうつもりだったのに…。」

言峰「…。」

時臣「綺礼、君はいつから凜にそのような想いを…。」

言峰(さて、上手く説得すれば我が手中に収めることが…>>20
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:37:02.58 ID:5IzO8QWz0
潜在能力の高さをみた時から
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:47:10.51 ID:y7ALwAk70
言峰「私は初めて凜殿を見た時、彼女の魔術師としての高い潜在能力に気づきました。
    私は確信した。彼女は将来、もっとも優れた魔術師になると…。
    私はどうしてもこの目で彼女の成長を見届けたい!そして、支えてやりたいのです!」

時臣「…。君がそこまで言うほどの素質、力が凜にはあるとは…。」

言峰「年の差など!関係ございません!ですから!どうか!」

時臣「ふむ…。難しい…。だが、私は君を信頼している。
    考えておくとしよう。」

言峰「>>26
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:50:09.50 ID:BK2CiqfJO
やったー!ウレシー!ウフフ、オッケー☆
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:52:40.67 ID:bR+ueVSm0
アニメでやったら確実に吹くわ
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:54:36.65 ID:y7ALwAk70
言峰「やったー!ウレシー!ウフフ、オッケー☆」

時臣「えっ?」 パリンッ

言峰「えっ?」

時臣「今、何か…」

言峰「だっから~、オッケ~☆」

時臣「お前…」

言峰「申し訳ございません。つい、感極まってしまいまして…
    先ほどの件、よい返事を期待しております。それでは!」

言峰(さて…次はどこへ向かうとしようか…>>35






時臣(ローラ…。確かにローラが…)
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 22:59:31.93 ID:0cSCAoTR0
間桐家
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:06:13.38 ID:y7ALwAk70
言峰(確か、遠坂にはもう一人、娘がいたな…。間桐家…、見に行く価値はあるな…)

スタスタスタ

言峰(ん?あれは!?間桐雁夜!)

雁夜「桜ちゃん、今日は暇だから久しぶりに二人でお出かけしよう」ニコッ

桜「え、でも…。外に出ては…」

雁夜「大丈夫だよ!俺が何とかしてあげるから!だから…今日は楽しもう!」ニコッ

桜「え、うん!!」ニー

言峰(なんと、微笑ましい光景なのだ。しかし、見逃すわけにはいくまい>>42

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:09:15.47 ID:5IzO8QWz0
尾行
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:16:38.06 ID:y7ALwAk70
言峰(ここは、ひとまず二人を尾行するとしよう…)サッ

雁夜「ねぇ、桜ちゃんはどこ行きたい?」

桜「うぅん…。おじさんが行きたいところ」

雁夜「え?」

桜「おじさん、なんだか…前見たときより。その、疲れてるみたいだから…」

雁夜「桜…」ジワジワ

桜「おじさんが元気になるところがいいな」ニコッ

雁夜「あ、ありがとう…」ジワジワ


言峰(ふん…魔術から背を向けた負け犬が…。さて、まだ尾行を続けるかそれとも>>50
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:17:41.01 ID:5IzO8QWz0
尾行
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:23:47.86 ID:y7ALwAk70
言峰(まだ、行動には早すぎるな…。もっと…もっと泳がせて…)

ショッピングモール

雁夜「はい、桜ちゃん。これアイス」ニコッ

桜「ありがとう!はむっ、うぅ頭が…」

雁夜「あっはっは。そんなにいっぺんに食べるからだよ。ふふ」

桜「でも、おいしいです。」ハムハム

雁夜「今度は凜ちゃんと、葵さんたちとこようね!昔のように…」

桜「…。おじさん。」ギュッ

雁夜「桜ちゃん…」

桜「無理はしないで…」ギュゥ

雁夜「お、俺は…無理なんか…うぅ」ポロポロ

言峰(くだらない…実にくだらない…そろそろ私も行動を起こすか…>>56
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:25:53.91 ID:jbK47pQP0
アサシンに凛をつれて来させて偶然を装って二人の前に登場
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:30:09.78 ID:y7ALwAk70
言峰「アサシン」

サッ

アサシン「お呼びでしょうか、マスター。」

言峰「遠坂にこの手紙を渡してくれ。」

アサシン「手紙…ですか。承知しました。」サッ

遠坂邸

時臣「綺麗、凜を貸してほしいだと?もっと彼女と親密になりたい…か。」

アサシン「…。」

時臣「彼のことだ。凜を危ない目にはあわせまい。アサシンよ。凜を言峰のもとへ」

アサシン「承知。」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:34:07.76 ID:y7ALwAk70
アサシン「マスター。凜を連れてまいりました。」

凜「ちょっと!いきなりなによ!」

言峰「やぁ、凜。君に服を買ってあげようと思ったのだが…。
    君の好みがどうもわからなくてね。やっぱり私が選ぶより自分で選んでもっらたほうが
     いいだろう。」

凜「そうね。で、どの店に?」

言峰「そうだな…。おっと、凜。ここで少し待っていてくれるかね?」

凜「ちょ、ちょっと!」

言峰「大丈夫!アサシンがちゃんと君を見張っている。」タッタッタッタ
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:37:39.97 ID:y7ALwAk70
雁夜「さぁ、何か欲しいものある?桜ちゃん」

桜「えっと、えぇと」

雁夜「そうだ!新しい服を買ってあげる!」

凜「あ…」

雁夜「あれは…」

桜「おねぇちゃん…」


言峰(くそ、私は何がしたくてこんな馴れ合いを…)
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:44:19.45 ID:y7ALwAk70
雁夜「凜…ちゃん、どうしたの?何でここに?」

桜「…。」

凜「ふん、服を買いにきただけよ!おじさんこそ!なんで!」

雁夜「ちょうどよかった!おじさんも桜ちゃんの服を買ってあげようと思ってたところんなんだよ。」ニコッ

凜「え?」

雁夜「どう?一緒に」

桜「おねぇちゃん」

凜「ちがう、もうあんたのお姉ちゃんじゃないもん!」

雁夜「凜ちゃん…」
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:47:27.38 ID:y7ALwAk70
雁夜「じゃぁ!今日だけ!今日は特別に二人は姉妹です!」

凜「え?」

雁夜「今日だけなら…駄目かな?」

凜「うぅ、まぁ!今日だっけていうんなら仕方ないかな!」

桜「うん!」ニコッ

雁夜(大丈夫…。俺がずっと二人が姉妹でいられるようにしてあげるから…)


言峰(うっ…吐き気が…。もう行動するには十分な時間だろう>>72
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:49:40.57 ID:2zhYetB90
アサシン総動員で雁夜に特攻
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:52:29.98 ID:0cSCAoTR0
壮絶な最後www
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 23:55:37.87 ID:y7ALwAk70
言峰(ふん。これは好機!あの男…油断しきっているバーサーカーが出てくる前に始末しよう…)

言峰「アサシンよ。間桐雁夜を殺せ!跡形も残すな!但し、遠坂の娘には手を出すなよ…」

アサシン「かしこまりました。」

ゾロゾロ

言峰(ふふ、最期に夢をみることができ、さも幸せであろう…間桐雁夜)
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:01:10.16 ID:qMlVLuYg0
雁夜「これ、どうかな。ペアルックなんだけど。きっと二人にはお似合いだと思うな」ニコッ

凜「それいい!桜にも似合うわ!

桜「恥ずかしいです///」

雁夜「ふふ、じゃぁこ…グハァッ!!」グサッ!!

桜「え?」

雁夜「二人とも!!逃げ…グフッ!!ウガッ!!」グサッ ブシュゥゥゥゥゥゥ!!

バーサーカー「A――urrrrrrッ!!」

凜「桜!こっちへ!!」タッタッタッタ

桜「でも!!でも!!!」
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:07:54.43 ID:qMlVLuYg0
雁夜「待て!うぐぅ…バーサーカー!!!」

バーサーカー「A――urrrrrrッ!!」

雁夜(俺はもう、もたない…。俺が死ねば確実にバーサーカーは制御不能になり
    周囲に人を襲ってしまう…。
     


     桜…           凜… 

        ごめんね…
 
     俺は…

          何も…)

雁夜「令呪をもって命じる!!ぐはっ!バーサーカー!!自害せよ!!!」


バーサーカー「urrrrrrッ!!」ザクッ!!


言峰「止めだアサシン。」


雁夜「あぁ、これで…」

グサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサ!!!!!!!!!!!!!!
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:13:34.46 ID:qMlVLuYg0
桜「おじさぁぁぁん!!」タッタッタッタッタ

凜「桜!!!」

桜「ねぇ!起きて!!ねぇ!!」ポロポロ

雁夜「」

凜「こんな…。こんなの…」シクシク

言峰(ふふ、美しいな。血塗られた少女達…。横たわる負け犬…ふふふふ
    さて、次はどこで何をしてやろうか>>97
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:15:10.31 ID:y37n77L20
切継とホモセックス
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:15:46.17 ID:voZ0Q23d0
oh…(愉悦)
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:23:44.65 ID:qMlVLuYg0
言峰(私が衛宮へ抱くこの不思議な感情…やつを知りたいという探究心…
    これはもしや恋なのでは?むむ、あれは!?)

舞弥「いったい…この騒ぎは…」

切嗣「わからない…。こんな人ごみで堂々とサーヴァントを使う相手など…」

言峰「衛宮!!」

切嗣「お前は!!」カチャッ

言峰「おっと、そんな物騒なもの向けないでくれるかな…。
    君たちは既にアサシンにマークされている。」

切嗣「くっ!これは僕のミスだ!下がれ舞弥!」

舞弥「ですが!」

言峰「私が用があるのは衛宮だ。アサシン、その女を殺せ」

ザクッ

切嗣「舞弥!!」
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:29:46.71 ID:qMlVLuYg0
切嗣「貴様…、僕をどうするつもりだ!」

言峰「私は、お前と言う男が全くわからない…。もっと知りたいのだ…。
    肉体的にもな…」

切嗣「なに!?」

言峰「ふふ、ともに快楽の底を楽しもうではないか…」

切嗣「くっ!そんなところ!さわるな!!」

言峰「暴れても無駄だぞ!?さぁ私に身を預けろ?衛宮…切嗣。」ペロッ

切嗣「う、気持ち悪い…」

アイリ「切嗣!!」

セイバー「マスター!!」

言峰「くそ!邪魔が入った!!」

言峰(どうすればいい!?>>117
117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:31:11.86 ID:peXOF3/c0
セイバーも誘う
120: 忍法帖【Lv=3,xxxP】 2012/05/14(月) 00:33:08.12 ID:8qa1LGrE0
カオスすぎ吹いた
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:35:07.07 ID:qMlVLuYg0
言峰「衛宮のサーヴァント!」

セイバー「この下郎め!」

言峰「お前も共に交わらないか?」

セイバー「へっ?/////」

言峰「見たところ、経験はないのであろう?」

セイバー「そ、それは///」

切嗣「おい!セイバー!しっかりしろ!」

セイバー「わ、わたしはそのような同性のものが…その、//
       えっと//でも、異性だからと言ってこんな面前でってあれ?///」


言峰(ふん、救いようの無いやつだ。さて…>>125
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:36:10.75 ID:CldA0CL00
見せ付けてやるか
132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:41:05.76 ID:qMlVLuYg0
言峰「ふん、そこで傍観しているがいい」ペロッ

切嗣「やめ、ろ…」

セイバー「////////////////」

アイリ「あ、あの…セイバー?」

セイバー「み、みてません!!みてませんから!で、でも!!
       隙は//相手の隙は伺ってますよ!!」アセアセ

アイリ「セイバー…」

切嗣「くっ…こうなったら…。セイバー!宝具を使え!!」

セイバー「で、ですが!マスター!」

切嗣「構わない!!」

言峰(く…このままでは…>>136
136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:43:03.08 ID:CldA0CL00
素早くキリツグを殺す
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:45:47.82 ID:qMlVLuYg0
言峰「くっ致し方あるまい!!」スパッ

切嗣「え?」

ブシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!!!


アイリ「切嗣!!!!!!!!!!」

セイバー「あ!!あぁっぁ!!」アセアセ

言峰「アサシン!やつらを囲め!!」

セイバー「あぁ!消えちゃう!!消えちゃうぅぅ!」





「ふふ、ふふはははははははははははははは!!!!」

言峰「!?」
145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:46:37.14 ID:ZmKua3OX0
セイバー「あぁ!消えちゃう!!消えちゃうぅぅ!」

可愛い(愉悦)
148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:48:15.04 ID:5Q2NQkRk0
ダメダメなセイバー可愛い
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:49:53.01 ID:qMlVLuYg0
ギル「でかしたぞ!綺礼!」

言峰「ギルガメッシュ!?」

セイバー「アーチャー!!」

ギル「そこの野良サーヴァントは我がもらっていくぞ!」

言峰「しかし!ここで倒さなくては再び契約が…」

ギル「だまれ!我はあの小娘に聖杯を飲ませると決めたのだ!」

言峰(ちっ、厄介なのが現れた…>>155
155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:54:44.13 ID:ZmKua3OX0
アサシン捨ててセイバーのマスターになる
162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:59:07.94 ID:qMlVLuYg0
言峰「では、聖杯召還まで私が、セイバーのマスターになろう…」

セイバー「ちょっと待て!私はお前のサーヴァントなんかに!」

アサシン「え?」

アサシン「え?そんな冗談…え?」

アサシン「ふぇ…?」

アサシン「今、聞こえたの俺だけ?」

アサシン「いや、私もいやな何かを…」

アサシン「お前たち!気にするな!聞き違いだ!」

言峰「さぁ!セイバーよ!我がサーヴァントに!」


アサシン一同「えぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」                   
164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:00:08.20 ID:DWflGUwti
相性悪すぎワロタwwwwwww
165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:00:55.09 ID:ZmKua3OX0
アサシン(´・ω・)カワイソス
167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:04:02.57 ID:qMlVLuYg0
アサシン一同 シクシク…

アイリ「ねぇ…セイバー」ヒソヒソ

セイバー「どうしたのです。アイリスフィール…」

アイリ「ここは一つ、あいつの案にのってみない?
     どうせここで負けるくらいなら…うまく行けば聖杯を横取りできるかも…」

セイバー「で、ですが…令呪を使われてしまえば…」

アイリ「大丈夫!万が一、そのような事になったら…
     令呪を使うまでのタイムラグで何とか」フフ

セイバー「はぁ…、どの道、運任せなのですね?」

アイリ「そうかな~?」

セイバー「いいでしょう!言峰綺礼!のります!」


アサシン一同 ガーン!!
168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:05:25.51 ID:ZmKua3OX0
アサシン可愛い
170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:07:07.23 ID:qMlVLuYg0
言峰「アサシンどもには自害してもらった…。これでお前は私の…」

ギル「我のものだ。セイバー、フフ、ハッハッハッハ!」ポンポン

セイバー「やめろ!頭に手をのせるな!」

ギル「良いではないか!貴様は我らの仲間なのだからな!ハッハッハッハ!」ポンポン


言峰(くっ…、いつになく上機嫌だな…ギルガメッシュ…>>174
174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:08:51.65 ID:yNVQsB5z0
とりあえず全裸になる(攻守+1000)
177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:12:13.52 ID:qMlVLuYg0
言峰「さて…」ヌギヌギ

ギル「何をしているのだ?綺礼…」

セイバー「わたしは/////わたしは何もみてないぞ!!////」

言峰「これで私の能力は攻守ともに+1000となった!」シャキーン

ギル「そ、そうか…で、でかしたぞ…綺礼!」

セイバー「////」

言峰(ギルガメッシュにまで気を遣われたぞ!なんたる屈辱!>>181
181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:14:26.99 ID:CldA0CL00
せっかく裸になったんだからアイリを人質に セイバーを肉壷調教しよう
188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:19:08.20 ID:qMlVLuYg0
言峰「おい、セイバー!抵抗したらこいつをころす!!」

アイリ「ひっ!」

セイバー「おい!下郎め!彼女を放せ!」

言峰「ふふ、さぁセイバー…。共に男女の新境地へ…」

セイバー「こ、こら//そ、そこは///」

ギル「おい」ドカッ

言峰「いたっ…。」

シーン

言峰「ふふ、さぁセイバー…。共に男女の新境地へ…」

ギル「まて」ドカッ

言峰「いたっ…。」

シーン

言峰「ちょっとなんでじゃまをするのですかぁぁぁぁぁぁぁ!?」
190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:24:42.83 ID:qMlVLuYg0
ギル「こいつは我の女だ。何をぬけぬけと」

言峰「私は今、裸なのだぞ?ここまでして何もしないとは…」

ギル「たわけ!王の妻に対して無礼をなすとは何事か!!!」

セイバー「お前の妻ではないがな!」

ギル「ふん、次にそんな淫らなまねをしてみろ?綺礼、お前の命がないぞ?」

言峰(こいつ、どこまで私のじゃまをすれば…)

ギル「さぁ、セイバーそんなことより我のひざに座れ、ほれ」

セイバー「いやだ!はなせ!」

ギル「なんだ?ならお姫さまだっこはどうだ?アハハハハハ」

セイバー「やめろ!おろせ!」

言峰(おわかりいただけるであろうか?若き男女がいちゃつく中、一人
    裸で傍観するこの男の屈辱が…>>194
194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:28:01.26 ID:ZmKua3OX0
セイバーがダメならアイリがいるじゃない
200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:33:56.83 ID:qMlVLuYg0
言峰「かまわん!こうなったら!だれでも!」ガシッ

アイリ「え?あたし!?ちょっ、ちょっと!」バタッ

セイバー「アイリスフィール!」ドカッ

言峰「あう…」

ギル「哀れだな…綺礼」

言峰「…。お前たちはどうやら私を見くびっているようだな…」

ギル「なに?」

セイバー「おい、どうでもいいが。頭から手をどけろ」

言峰「>>204 !!!!!!!!!」
204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:37:32.97 ID:ZmKua3OX0
アイリさんやらせてください(土下座)
213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:43:17.92 ID:qMlVLuYg0
言峰「アイリさんやらせてください!!!!!!!!!!!!」

アイリ「いやどす」

言峰「えぇ…」

ギル「…。帰るかセイバー」

セイバー「行きましょう…アイリスフィール」

言峰「ちょっと!お前たち!私が土下座しているのだぞ!!」

セイバー「は?」ニヤリッ

言峰「あっれ~?この手の令呪が見えないのかなぁ?」

セイバー「あ、ねぇ~ギルガメシュゥゥ!あの裸のおじさんが意地悪するぅぅぅ」

ギル(なに…これはかわいい…可愛いぞ!!セイバー!)

ギル「おい!綺礼!たとえ令呪を使ったとしても我が貴様をころす!!」

言峰「そんな…ことって…」

セイバー「」ニヤリ
217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:47:17.87 ID:qMlVLuYg0
言峰(あぁ…行ってしまった…寒いなぁ…
    服を着よう…。この年になってあれほどの屈辱を受けたのは初めてだ…
     あれ?泣いているのか?この私が…?ふふ、情けないに尽きるな…)


言峰「これで最期だ…全て終わりに…>>222
222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:48:54.10 ID:vjfRMmj50
令呪を以って命ずる
アーチャーを犯せセイバー
226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:49:56.59 ID:a7UjM3960
八つ当たりだろww
228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:51:39.90 ID:qMlVLuYg0
言峰「この令呪を使ってしまえば…セイバーは消える…ふふ、
    だが、貴様にも夢を見させてやろうギルガメッシュよ…」

言峰「令呪をもって命じるアーチャーを犯せ、セイバー…」

言峰「はぁ…。私の聖杯戦争とはなんだったのか…」
232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 01:59:52.51 ID:qMlVLuYg0
遠坂邸 ギルの部屋☆

ギル「セイバーよ、我の寵愛をなぜ拒む?」

セイバー「ふん、私はお前が嫌いなのだ!」ギュッ

ギル「そういう割りに何故我にだきつく?」

セイバー「って?あれ?体が勝手に!」

ギル「くそ!綺礼!セイバーに令呪を!」

セイバー「コレは私の意思じゃ…ないからな/////」

ギル「くそ…、このままではセイバーが消えてしまうではないか!」

セイバー「ふん、女として最期を迎えるのはいいが…相手がお前とはな…」

ギル「世界中で何処をさがしても我の愛を越えるものなど見つからんぞセイバーよ」

セイバー「くっ、優しくしろよ?////」ギュッ
233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 02:01:03.66 ID:+hJWNkXX0
悪くない雰囲気になっちゃってんじゃねーかww
234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 02:08:15.53 ID:qMlVLuYg0
トボトボ…

言峰「はぁ…ん、あれは…」


凜「桜…」

桜「うぅ…おじさんの夢は…、私たちがもう一度家族になることだった…うぅ」ポロポロ

凜「私だって本当は!で、でも…」シクシク

桜「わかってる…わかってるけど…」ポロポロ

凜「だいじょうぶ!きっと私が立派な魔術師になって!桜をたすけるから!」

桜「え?」

凜「だから!それまで…それまで待ってて!!」

桜「うぅ…うん!」ニコッ

言峰(ふん…。せいぜいがんばるんだな!)


竜之介「あ!旦那!あの二人!ちょうどいいんじゃない!?」

キャスター「おぉ!あの少女ら!我らの作品にぴったりです!!」


dead end
236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 02:09:13.05 ID:+hJWNkXX0
ちょ…
後味悪すぎるって!
237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 02:11:16.88 ID:won9XXWG0
ひっでぇ爆弾落としていきやがったww
238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 02:13:07.60 ID:SAceItCu0
最後ひでえwwwww

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。