FC2ブログ

士郎「Fate/stay nightが再アニメ化だって!?」

  • カテゴリ:Fate 
  • コメント : 1
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 21:07:53.41 ID:P57uqcwn0
士郎「それは本当なのか!?」

言峰「PVも出ているし、間違いない」

セイバー「やりましたね、士郎!」

士郎「ああ!今からワクワクしてきたぜ!」



凜「派生には出てたけど、やっぱり本編よね」

アーチャー「それについては賛同だな」



桜「先輩!再アニメ化って本当なんですか!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394021273
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 21:09:33.57 ID:P57uqcwn0

士郎「ああ、楽しみだな桜!」



桜「良かった…」

桜「ついに heavens feel がアニメになるんですね!」



士郎「え?」

セイバー「ん?」

凜「は?」
4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 21:12:02.37 ID:P57uqcwn0
桜「あ、 heavens feel ってのは私のルートのことで…」

セイバー「待ってください桜。誰がそんなことを言ったのですか?」

凜「そうよ、どうして桜がヒロインになるのよ」




桜「だって、アニメ化していなのは私のルートだけじゃないですか」

桜「じゃあ heavens feel がアニメになるのは当然ですよ」

6: >>3 あれとは違う人です 2014/03/05(水) 21:15:06.49 ID:P57uqcwn0
士郎「そういえば、誰のルートをやる予定なんだ、言峰?」

言峰「さぁ‥どうだろうな…」プルプル

士郎(嫌な予感がする…)


セイバー「納得できませんね、Fate/stay night のヒロインは私に他ならない」

セイバー「当然、私のルートを再アニメ化すべきです」

桜「な…」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 21:18:19.64 ID:P57uqcwn0
セイバー「士郎も私がヒロインなのを望んでいるはずです。違いますか?」

言峰「なるほど。確かにセイバーは Fate/stay night のメインヒロイン」

言峰「Fateルートをアニメ化すのは合理的な選択と言えよう」



セイバー「さすが、神父はものわかりがいい」

セイバー「ということでよろしいですね、皆さん」



凜「待って」
8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 21:21:48.27 ID:P57uqcwn0
セイバー「何でしょうか、凜」

凜「セイバー、あなたのルートはすでにアニメ化されているわ」

凜「また同じ話を作る意味があるのかしら?」

セイバー「む…」


言峰「確かに、セイバールートはすでにアニメ化されている」

言峰「同じストーリーをやってもファンは満足しないだろう。よく見ぬいたな、凜」



凜「ふん…あんたに褒められても嬉しくないわ」

凜「でもそういうことよ。少なくともあなたのルートをアニメ化する価値は無いわ」
11: 一人称とか呼び方の間違いは許して 2014/03/05(水) 21:30:11.09 ID:P57uqcwn0
セイバー「私のルートに価値が無い…聞き捨てなりませんね、リン」

凜「あら、私は事実を言っただけよ」

セイバー「発言を訂正してください、さもなくば…」カチャ

凜「やろうっていうの、上等じゃない」

アーチャー(戦うのは私なのだが…)


桜「二人とも待ってください!」

凜「桜、危険だから下がっていて」

セイバー「そうです。あなたを巻き込みたくはない」

アーチャー(だから戦うのは私なのだが…)

桜「さっきから勝手に話を進めて…姉さんはアニメ化したじゃないですか!」
15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 21:43:25.82 ID:P57uqcwn0
凜「ぐ…」

桜「UBWは映画化ましたよね?」

桜「さっきも言いましたが、私のルートをアニメ化するのが最良の選択ではないでしょうか?」

桜「だって、わ た し だ け、アニメ化がされていなんですから」


19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 21:46:03.54 ID:P57uqcwn0
言峰「一理ある。 heavens feel をアニメ化することに反対するファンはいないであろう」

言峰「公平さという観点から見ても、妥当な判断だな」

桜「ありがとうございます。神父さん」



凜「あんたどっちの味方よ・・・」

言峰「私は正しいものの味方だ」
25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 21:52:49.51 ID:P57uqcwn0
言峰「まぁ三人とも落ち着け。ここは民主的な議論が必要だ」

言峰「互いに話し合い、納得したうえでなければ、アニメ化などできまい」

言峰「ここはひとつ、問答をしてはどうだろうか」


セイバー「なるほど…受けて立ちましょう」

セイバー「この問答によって、セイバールートの正しさを証明させてもらう」

凜「望むところよ」

凜「セイバー、あなたのプライドをへし折ってあげる」



桜「神父さんは私の味方じゃないんですか?」ゴゴゴゴ


言峰「私はおもs…公平な議論を提案しただけに過ぎん」

言峰「それとも、君は不戦敗にするかね?」

桜「…いいですよ。参加します」
28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 21:57:39.88 ID:P57uqcwn0
士郎「待ってくれ、この展開は何かおかしいって!」

セイバー「シロウ、私は受けた勝負を降りることはできません。騎士の誇りに反します」

凜「遠坂の後継者として、ここで負けたら恥よ。だから私は逃げないわ」



士郎「そんなのめちゃくちゃだ…!桜ならわかってくれるよな!?」

桜「先輩、ごめんなさい。私のプライドがかかっているです!」



士郎「どうしてこんなことで争わなきゃいけないんだ…!」

言峰「-----!!」プークスクス
33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 22:06:39.39 ID:P57uqcwn0
セイバー「しかし、どのように勝敗を決めるのですか」

凜「そうね、公平な審判が必要ね。あんた以外で」

言峰「ほう。私では不満かね…」

言峰「ならば衛宮士郎に決めてもらうしかあるまい」

士郎「え、俺かよ!?」


言峰「Fate/stay night の主人公は君に他ならない」

言峰「君の選択がルートを決めるのだ。君の答えならば、誰にも文句は言えまい」

士郎「俺が…3人から1人を選ぶのか…」



セイバー「シロウ、私はサーヴァントとしてあなたを信じます」

士郎「セイバー、待ってくれ!」


凜「士郎なら正しい選択をしてくれるわよね?」

士郎「遠坂まで…こんなの間違ってる…!」


桜「先輩、私は先輩に全てをかけます」

士郎「アワワ・・・」
36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 22:32:57.93 ID:P57uqcwn0
セイバー「セイバールートの正しさを証明するにあたり、タイプムーンのサイトを見ていただきたい」

士郎「タイプムーンのサイト?…人気投票の結果が載ってるな」カチカチ

セイバー「そうです。士郎、一位は誰ですか?」

士郎「それは…セイバーだ」カチカチ



セイバー「私は人気投票で一位を取ったのです。それも、Fateのみならず、全体の人気投票で!」

セイバー「私をドル箱などと呼ぶ輩もおりますが、それは人気の裏返し」フフン

凜(ぐ…単純ゆえ反論が難しいわ…)

桜(これが一位の力ですか…!)


セイバー「売上、支持率という面から見ても、私をヒロインにすべきなのは、約束されています」

セイバー「どうですかシロウ?私のルートこそアニメにふさわしい」


37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 22:37:31.58 ID:P57uqcwn0
士郎「なるほど…」

士郎(セイバーが一番人気がある…やっぱりセイバーがヒロインなのかな)


凜「いいえ、士郎、あなたは騙されているわ。セイバーは自分のことしか考えていない」

セイバー「何だと?」

凜「セイバーの発言は全て自分を擁護したものに過ぎない。セイバーは自分さえ良ければいいと思っているのよ」



41: >>39別の人です 2014/03/06(木) 00:54:25.53 ID:5IRcbwaX0
凜「UBWは、士郎が活躍するルートよ」

セイバー「!」


凜「セイバーは自分が目立つかどうかしか考えていなかった。でも私は違うわ」

凜「士郎が自らの理想と向きあい、成長するUBW…これこそアニメにふさわしいルートよ!」

セイバー(しまった…士郎を出されるとは…!)


凜「さらに、人気投票3位のアーチャーも活躍するわ!」

士郎「言われてみれば確かに…遠坂は俺のことも考えてくれるんだな」

アーチャー「何か騙されている気がするが、悪い気分ではないな」

セイバー(しまった!これではUBWがアピールされるだけでなく、私の心象も悪くなってしまう…!)



凜(ぬかったわねセイバー…確かに私は人気ではあなたに勝てない。ならば私ではなく士郎を使えばいいだけのこと!)

凜「もちろんよ!士郎のことも考えて、私はUBWを推薦するわ!」


42: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/06(木) 00:57:57.78 ID:ljiID6Cjo
UBWは
主人公=凛
ヒロイン=士郎/アーチャー
64: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/06(木) 13:09:27.92 ID:tULXWdFs0
桜(さすがです姉さん、まさか先輩をダシにして...)

桜(私は人気ではセイバーに勝てない。姉さんと同じ方法でも勝てない)

桜(だったらーーー)



言峰「おや、君は何も言わないのかね」

桜「...先輩、私はヒロインになりたいです」
88: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 22:15:15.03 ID:VB65oJSX0

桜「・・・」

士郎「えと・・・」

桜「以上です」



セイバー「以上とは…どういうことでしょう」

凛「勝負を投げたのかしら・・・??」

士郎(どうして桜は何も言わないんだ?)




桜「…」ウルウル

セイバー・凛「!」
89: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 22:19:56.97 ID:VB65oJSX0
桜(私はセイバー・姉さんの様にはできません…)

桜(ヒロインの中では順位最下位、あげくにはライダーにさえ負ける始末…)

桜(そんな私が勝つにはこれしかありません、可憐で薄幸なスタイル抜群美少女の涙です!!)



セイバー「涙とは卑怯ではありませんか!?」

凛「私たちではできない芸当ね、さすがだわ…」



92: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 22:28:32.71 ID:VB65oJSX0
言峰「さて、全員の意見を聞いたうえで、誰を選ぶ、偉宮士郎」

士郎「俺は…」

士郎(俺は誰を選べばいいんだ…くそっ!みんないい子なのに…!)




士郎「…俺は誰も不幸にしたくない。だから…」

アーチャー「偉宮士郎、お前が考えていることを当ててやろう」

97: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 22:34:34.94 ID:VB65oJSX0
アーチャー「お前は今、複合ルートを考えているだろう?」

士郎「!?」

アーチャー「図星か、貴様は誰も不幸にしたくないと考えたのだろう」




アーチャー「しかし、そのような半端なマネをしたところで、誰が満足する?」

士郎「違う!俺はそういうつもりじゃ

アーチャー「シナリオは中途半端になり、誰もが『ルートを絞るべきだった』と嘆くだろう」

アーチャー「結果的に、お前は多くのファンを不幸にしようとしている」



アーチャー「正義の味方()が聞いてあきれるな」

凛(なんでこいつスイッチ入ってるのよ)

桜(言ってることはかっこいいのに、気持ち悪い…)
98: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 22:41:46.87 ID:iViCOQjZ0
二人ともひでぇwww
102: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 22:49:26.26 ID:VB65oJSX0
イリヤ「あれ、シロウなにしてるの?」

バーサーカー「グルル」

士郎「イリヤ!?」

イリヤ「こんなに集まって、私も呼んでよー」


言峰「なんと言うことはない、真のヒロインを決めているところだ」

言峰「ちなみに、君は候補にも入っていないようだが」ニヤニヤ

イリヤ「む…」

士郎(言峰のやつ、なんてことを…!)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イリヤ「私は最初から除外ってわけ!?もう怒った!」

イイヤ「皆つぶれちゃえ!!やっちゃえ、バーサーカー!」

バーサーカ「オオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


士郎(なんてことになったら…!!)

言峰「君はどうするかね、アインツベルンのマスターよ」ニヤニヤ

イリヤ「…」
103: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 22:51:06.29 ID:sRtIReCD0
イリヤルートは見たかった
105: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 22:53:03.12 ID:7LEmHcoVO
イリヤ√って今は実現あり得るのかな
ポルノ的な意味で
106: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 22:54:45.04 ID:VB65oJSX0

士郎「イリヤ待ってくれ!これにはわけがあるんだ!」

イリヤ「私は気にしないよ」

士郎「え?」

言峰「何だと?」




イリヤ「だって、私は主役できたし」



言峰「!---プリズマ☆イリヤか…!」

イリヤ「そういうこと、私はすでに3人とは次元が違うんだよ」エッヘン

109: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 22:58:07.21 ID:VB65oJSX0

言峰(くそ…これでは面白い展開にならないではないか!)グヌヌ

凛「とか思ってるでしょうねぇ、あの性悪神父」

セイバー「同感です」





イリヤ「それにさーーー」

言峰「…まだ理由があるのか」

イリヤ「今にも泣いちゃいそうな士郎に、ヒロインにしてなんて言えないかな」
111: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 23:04:06.38 ID:VB65oJSX0

士郎「俺が泣きそう…」

イリヤ「うん、シロウはきっと、考えるのに夢中で気づけないんだよ」

イリヤ「誰を選ぶかなんて、シロウには辛すぎるもん」

セイバー(まったく気づきませんでした…)

凛(私たち、自分のことばっかりだったわ…)




イリヤ「私はシロウのお姉ちゃんだから、私はシロウに辛い思いをしてほしくない」

桜(この余裕…これが彼女の、ヒロインじゃないのに私より人気のイリヤちゃんの力ーー!)
113: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 23:22:33.11 ID:VB65oJSX0
士郎「俺はーーーー

3つの道がある。ひとつは、正義の味方に殉じる道。
多くの人を幸せにするために、目の前の女の子を切り捨てる道。
もうひとつは、目の前の女の子を幸せにするために、より多くの人を切り捨てる道。
もうひとつは、定められた運命に従う道。

イリヤ「シロウは、どんな選択をすべきか、わかってるよね」

士郎「ああ」

士郎(そうだ、俺のとる道はずっと前から決まっていたんだ)

士郎(遠坂ごめんな、俺は俺だけのためにルートを選ぶことはできない」

士郎「俺は、○○ルートを選ぶ」

以下10レスの投票で決定、安価以外は除外

①多くの人を幸せにするため、最も人気のセイバーを選ぶ
②目の前で泣いている女の子を幸せにするため、可憐で薄幸な桜を選ぶ
③10年前のあの日から決まっていたルート、fate最強の美女、藤ねえを選ぶ
117: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 23:25:14.00 ID:I2x2oT9Yo
③一択
118: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 23:26:23.48 ID:KYUNnxPAO
3以外ありえない
119: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 23:26:49.38 ID:doru1OFDO
3虎
125: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 23:45:08.43 ID:P61zkGAIo
126: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 23:47:41.86 ID:VB65oJSX0

士郎「俺は…藤ねえを幸せにする!」

セイバー「え?」

凛「なんで藤村先生が出てくるの?」



藤ねえ「よくぞ言ってくれた士郎!」

イリヤ「ええ??どうして師匠が出てくるの!?」

藤ねえ「全ては10年前から決まっていたのよ、イリヤ、もといロリブルマ!」

ロリブルマ「おかしいでしょ!?ここは桜を選ぶところでしょう!?」

130: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 23:50:56.59 ID:VB65oJSX0
桜「え?私じゃないんですか??」

美しい藤村先生「惜しかったわねぇ桜ちゃん、私の魅力に後一歩及ばなかったかー」

士郎「藤ねえ、跡で部屋に来てくれないか?もちろん一人で」

超美女☆藤ねえ「もう士郎ったら//男の子ね//」

こうして正妻問答は終結した。
133: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/08(土) 00:00:10.93 ID:sntVE+0M0
アーチャー「そうか、お前は藤ね…藤村大河を選ぶのか」

士郎「ああ、悪いが、俺はこの決定を後悔しない。お前になんと言われようがな」

アーチャー「お前が自ら選んだ道だ、私は何も言うまい」





アーチャー(爺さん、俺は一人の女の子を幸せにしようとしてる…これで良かったんだよな)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

セイバー「シロウ、凛に送っためえるの意味を説明してください!」

『今度俺のアゾット剣でニャンヤンしたいなはあと』

凛「士郎、あんたセイバーと別れたんじゃなかったの!?」

桜「え?そんなこと聞いてませんよ先輩」ゴゴゴゴ

ライダー「私だけが好きだといったのは嘘だったのですか!?」

士郎「違う…俺は皆を幸せにしたくて、ただそれだけだったんだ!…あ、頼むから話を・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


アーチャー「がんばれ、衛宮士郎。藤ねえと幸せにな」
136: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/08(土) 00:02:14.16 ID:sntVE+0M0
おわりです
最後gdgdですが楽しかったです
安価あいがとうございました
137: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/08(土) 00:03:38.02 ID:CsfpeOfo0
紅茶wwwww

そら自らの理想にも裏切られるわwwwwwwwwwww
141: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/08(土) 00:38:03.68 ID:i+TN3g3DO


士郎は聖杯戦争に関わらなければ普通に藤ねぇと結婚して力ずくかつ無理矢理に幸せにされる運命だし

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2018年04月27日

    無事この通りになって良かったなって

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ