女友「女ちゃんを監禁して死ぬまで逝かせ続けたい」女「」【R18】

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 00:53:08.71 ID:b795MGbI0
女「あれ・・・?ここどこ・・・?」

女友「あっ気がついた?」

女「というか、何で私ベットの上に寝てるわけ・・・?」

女友「大丈夫。それ、私のベットだから。」

女「そういう問題じゃなくって・・・!っ・・・!なんで私縛られてるの!?」

女友「だってそうしないと女ちゃんを思う存分堪能できないないじゃん♪」

女「えっ・・・ちょっと?何言って・・・!?」

女友「大丈夫。女ちゃんの心も体も、全部私の物になっちゃったらちゃんと解放してあげるから、ね?」

女「・・・!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 01:03:52.94 ID:b795MGbI0
女友「じゃあ、さっそく両手と両足をあお向けに縛られて、抵抗できなくなっちゃってる女ちゃんを堪能しようかな♪」

女「ちょっと・・・!やめてよ・・・!」

女友「ふふっ」さわさわ

女「いやっ・・・ちょっとこれほどいてよ・・・」

女友「女ちゃんって、とっても柔らかいんだね・・・///」さわさわさわさわ

女「ちょっと!変な所に手入れないでよ!」

女友「えーっいいじゃん♪」

女「やめて!!」

女友「女ちゃんの手触り凄くいいのに、もったいないよ」

女「いやっ・・・!」

女友「あっわかった、服の上から触られるのが好きなんだ♪そっちの方が、恥ずかしくないもんね♪」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 01:10:53.74 ID:b795MGbI0
女友「うれしい・・・女ちゃんが着てる服をこんなに触ったのって初めてかも・・・///」さわさわ

女「だからやめてって・・・!!」

女友「ふふっ・・・女ちゃんが必死にもがいてる・・・いくらもがいても逃げられるわけないのに・・・///」さわさわ

女「はなし・・・てっ・・・!」

女友「すごい・・・服の上からでも女ちゃんの手触りとあったかさがすごく伝わってくるよ?」さわさわ

女「いやっ・・・だれかっっ・・・!!!」

女友「可愛い声♪」さわさわ

女友「だけどいくら可愛い声出したって、誰も来ないよ?だから安心して、もっと可愛い声聞かせて?」さわさわさわさわ・・・


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 01:19:02.02 ID:b795MGbI0
女「っ・・・!」

女友「あれ?今ちょっとだけぴくっってなったでしょ?」

女「なっ何言ってるの・・・!?」

女友「もうっ素直じゃないんだからぁ♪こんなに可愛いんだから素直になっちゃえばいいのに・・・♪」

女「・・・。」

女友「そうすればもっと気持ち良くしてあげるのに・・・
あっ、女ちゃんの胸ってすごく柔らかいんだね。」

女「なっ何やってるの・・・!?」

女友「胸を触ってるの♪ふふっ・・・見れば分かるのに・・・そんなに言ってほしかったの?」

女「そんなわけないでしょ・・・!」

女友「もうっあんまり抵抗してると、私に抵抗できない体にしちゃうよ?」

女「っ・・・!」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 01:25:19.87 ID:b795MGbI0
女友「私としては、私にあんあん言わされてる女ちゃんが見られればどっちでもいいんだけど・・・」

女「なっ何言って・・・!?」

女友「だって、体だけ抵抗できなくなっちゃって、『もういやぁ』って言いながら
私に無理矢理逝かされまくってる女ちゃんもすごく可愛いし・・・」

女友「心も体も抵抗できなくなっちゃって、『もっとシてぇ』って言いながら
私に幸せそうに逝かされまくってる女ちゃんもすごく可愛いと思うから・・・///」

女友「ねぇ?女ちゃん的にはどっちのシチュがいいの?」

女「どっちも絶対イヤっ!!」

女友「くすっ女ちゃん、可愛いっ♪」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 01:35:37.50 ID:b795MGbI0
女友「じゃぁ・・・女ちゃんは必死に抵抗しながら少しずつ堕とされちゃうってシチュが好きみたいだから・・・
とりあえずいっぱい触ってあげる♪」

女「なんでそうなるの!?」

女友「だって・・・今必死に抵抗してるのは、私にすこしづつ、時間をかけて堕としてほしいって事なんだよねっ」

女「意味が分からないんだけど!」

女友「もうっ必死で抵抗しちゃって本当に可愛いんだから・・・///
抵抗できなくなっちゃった時が本当に楽しみ・・・。」

女「・・・。」

女友「じゃぁまたあちこち触ってあげるね?時間はいくらでもあるんだし・・・。」

女「!」

女友「だって女ちゃん、私に監禁されちゃってるんだから♪
私が縄をほどいてあげるまで、ずっとこのままなんだよ?」

女「・・・。」

女友「ふふっ・・・女ちゃんが観念しちゃったところで・・・また体を触りまくってあげたらどうなるのかしら♪」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 01:43:24.71 ID:b795MGbI0
女友「女ちゃんって本当に柔らかい・・・」さわさわ

女「・・・・・・。」

女友「あれ?ちょっとおとなしくなっちゃった?」

女「そんな事・・・!」

女友「もしかして、『あれ・・・だけどちょっと気持ちがいいかもー』とか考えちゃってるのかな?」さわさわ

女「そんなこと・・・ないからっ・・・!!」

女友「声がちょっとだけ震えてる・・・?必死に抵抗してるんだね♪
いいよ?もっと頑張って抵抗して?だって、必死に抵抗してる女ちゃん、すごく可愛いんだもん♪」

女友「・・・女ちゃんの足ってすごくすべすべしてて奇麗だね・・・」さわさわさわさわ

女「っ・・・!やめて!!」

女友「あれ?いままでずっと大人しくしてたのに・・・」

女「・・・。」

女友「」さわさわさわさわ

女友「・・・っ!!」

女「あれ?どうしたの?」

女友「・・・。」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 01:50:23.28 ID:b795MGbI0
女友「・・・太もも、弱いんだ。」

女「・・・ちがぅっ!!」

女友「あせってるあせってる♪」

女「・・・。」

女友「もう・・・本当に可愛いんだから・・・///」すりすり

女「・・・っ!!」

女友「もうっ女ちゃんって本当に可愛い・・・!
必死に我慢してるのにたまにぴくってなっちゃうところとか・・・」

女「・・・・・・。」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 01:58:28.76 ID:b795MGbI0
女友「じゃあ次は・・・どこ触ってあげようかなぁ♪」

女「・・・。」

女友「そうだ、ここにしよっと♪」さわさわ

女「ちょっと・・・何考えてるの・・・!?」

女友「何って・・・?足の間触ってるだけだけど・・・?」さわさわ

女「やめなさいっ・・・!っ・・・!」

女友「ふふっ女ちゃんのここ、あったかいんだね♪ズボンの上からでもあったかさが伝わってくる・・・。」さわさわ

女「いやっ・・・やめて・・・!」

女友「あれ?いまちょっと体が反応しちゃった?」

女「しっしてないよ!!」

女友「そっかぁ残念だなぁ・・・
女ちゃんが切ない気分になってるなら、もっと気持ちよくしてあげられたのになぁ」(上目遣い
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 01:59:50.38 ID:b795MGbI0

女「なってないよっ・・・!」

女友「ほんとにー?」さわさわ

女「ほんと・・・よ!」

女友「そっかぁ・・・残念♪」

女「・・・。」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 02:06:17.74 ID:b795MGbI0
女友「じゃあそろそろ夕ご飯作ってくるね。」

女「・・・。」

女友「大丈夫。女ちゃんに食べてもらおうと思っていっぱい練習したから♪
あ、女ちゃんは縛られちゃってて手が使えないから・・・私が食べさせてあげるね♪」

女友「だけど・・・本当にそのまえに逝くかせてあげなくって大丈夫?体、ちょっと熱くなってきてるよ?」

女「だ、大丈夫よ!」

女友「そっか♪じゃあしょうがないね。
あ、台所すぐそこだから、トイレとか行きたくなったら呼んでね?連れて行ってあげる。
もちろん暴れられないようにその前に体に力が入らなくなる薬を飲んでもらうけど。」

女「・・・。」

女友「もちろん、口移しで飲ませてあげるから期待しててね♪」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 02:08:36.39 ID:b795MGbI0
女友「だけどその前に・・・」

女友「せっかく女友ちゃんがいい感じになったのに、このまま何もしないのはもったいないわよね・・・。」

女「なっ何もしなくていいわよ!」

女友「だーめ♪せっかく捕まえたんだから、思う存分女ちゃんを堪能しなきゃ損でしょ?」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 02:13:19.08 ID:b795MGbI0
女友「女ちゃんごめんっ!ちょっとだけ服の中に手、入れさせてね?」

女「・・・!」

女友「大丈夫。すぐに終わるし絶対に触ったししないから。だから、ね、いいでしょ?」

女「本当に・・・!?」

女友「うんっ可愛い女ちゃんを騙したりなんかしない。
・・・あっでも・・・騙されてそのままあんあん言わされちゃう女ちゃんも可愛いか・・・」

女友「ごめんっ今のなし!!」

女友「だけど今回は本当!ちょっとだけ服に手を入れるだけ!それならいいでしょ?」

女「うっうん・・・」

女友「ふふっやったぁ!」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 02:18:31.92 ID:b795MGbI0
女友「じゃあ・・・いくよ?」ずいっ

女「ちょっどこに手入れてるの・・・!?いやっパンツの中に手、入れないで・・・!!!」

女友「はいっおしまい♪ね?ちょっとだけだったでしょ?」くすくす

女「ちょっと・・・これ・・・まだ何か入って・・・!?」

女友「じゃっスイッチオンっと・・・」

ブブブブブ・・・・

女「・・・!!!」

女友「じゃっ美味しい手料理作ってきてあげるから楽しみにしててね?」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 02:22:01.49 ID:b795MGbI0
女(んん・・・足の間がすごくむずむずする・・・)

女(だけどここで声を出したら・・・・・・!!!)

女「・・・っ!・・・・・・んっ・・・・・・」

女(そんなに強く震えてないから逆にすごくもどかしい・・・・!)

女「ああぁ・・・・・・ん・・・・・・・・・。」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 02:28:09.49 ID:b795MGbI0
女友「あれ?女ちゃん切なそうだけど・・・どうかしたの?」

女「女友ちゃん・・・?これ・・・取ってよ・・・・!!」

女友「あれ?もしかして取ってもらえないと気持ちよくなっちゃって困るの・・・?」

女「・・・!」

女「・・・そんなこと・・・ないよ・・・!!ぁぁっ・・・!!」

女友「そっか♪残念♪」

女「それより・・・・・・夕ご飯・・・できたの・・・・・・?」

女友「ううん、まだ。ちょっと忘れ物しちゃって戻って来たの。」

女「・・・?」

女友「はいっこれっ。

女(目隠し・・・!?)

女友「さっきなんとなく思いついたの♪これつけたあげた方が女ちゃん喜んでくれるんじゃないかなって♪」

女「やっやめて・・・!!ぁぁぁ・・・・・・。」

女友「いま、付けてあげるね♪」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 02:35:51.49 ID:b795MGbI0
女友「はいっ出来上がり♪」

女「ぁぁぁ・・・」

女友「何も見えない方が気持ちいいでしょ?」

女「そんなこと・・・・・・。。。」

女友「すごく切なそうな声♪
それに、目隠しをされたまま縛られてる女ちゃんって・・・すごくそそる・・・///」

女友「このままめちゃくちゃに襲っちゃたいくらい・・・。」

女(うぅ・・・ここで襲ってもらえれば私は嫌がってるのに無理矢理ってことに出来るかも・・・。)

女(って私はなんて事を考えて・・・・・・!!!)

女友「だけど、女ちゃんが嫌ならしかたないよね♪」

女「・・・・・・。」

女友「じゃあ、夕ご飯の続き作ってくるね♪後一時間くらいかかるから、それまでゆっくりしててね?」

女友「大丈夫。その強さなら勝手に逝っちゃう事もないはずだし。」

女(・・・!!)

女友「じゃぁ、ばいばいっ」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 02:37:08.77 ID:jNz2QNmw0
すばらしい
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 02:39:08.03 ID:p5NXQ0T+0
いいと思います
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 02:59:38.02 ID:b795MGbI0
――1時間くらい後・・・

女友「おまたせー♪
オムライス作ってきたから、一緒に食べよ?」

女「ぁぁぁ・・・んんっっ・・・・・・」

女友「あれ?どうしたの?そんなにはぁはぁしちゃって・・・?」

女「なんでも・・・・・・ないよぉ・・・・」

女友「もうっこんなにはぁはぁしちゃって♪本当に可愛いんだから♪♪」

女友「そんなにはあはあしちゃってたら食べられないからこれ、いったん切ってあげるね。
目隠しも外してあげる。」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 03:00:23.30 ID:b795MGbI0
女「うぅ・・・ひどいよぉ・・・」

女友「あんなに気持ち良さそうにしてたのに・・・
それに、涙目になりながら『ひどいよぉ』って・・・女ちゃん、可愛すぎ♪」くすくす

女「・・・。」

女友「そんなに可愛い顔で私を誘惑すると・・・またスイッチ入れちゃうよ?」

女「・・・・・・。」

女友「あれ?否定しないの?もし入れて欲しいんなら、今度はもっと強くしてあげるよ?」

女「ぃっ・・・ぃゃ・・・。」

女友「そっか♪残念♪♪」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 03:07:46.61 ID:b795MGbI0
女友「じゃあ、食べさせてあげるね?」

女友「だけどあお向けじゃ食べられないから、体起こせるようにしてあげる。」

手を縛っている縄を外して、女の体を起こして、すぐに後ろで縛る女友。

女友「くすっ・・・体に力が入れば手が自由になったときに逃げられたかもしれないのにね♪」

女「うぅ・・・。」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 03:13:47.90 ID:b795MGbI0
ベットのふちに腰掛けて、膝の上にお皿を乗せて、オムライスを一口たべる女友

女友「うん。上手く作れたかも!じゃあ女ちゃんにも食べさせてあげる。」

女「・・・。」

同じスプーンでオムライスをすくって女の口元に持って行く女友。

女友「はいっあーん♪」

女「」ぱくっ。

女「おいしい・・・」

女友「ありがとう!
くすっ・・・これから毎日ご飯作って食べさせてあげるからね♪」

女「・・・。」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 03:22:42.63 ID:b795MGbI0
女友「もぅ・・・まだ逃げられるかもって思ってるの?」

女友「女ちゃんは絶対に私から逃げられないのに・・・可愛そう♪」

女「そんなぁ・・・・・・。」

女友「そんな悲しそうな顔しないで?また気持ちよくしてあげるから。ほらっ♪」

スイッチを入れる女友

女「・・・!ぁぁ・・・!!」

女友「うん。とっても気持ちよさそう♪」

女「やめてぇ・・・。」

女友「可愛い声♪こんなに可愛い声を聞きながらお食事ができるなんて・・・!
ほら、あーんして・・・?」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 03:33:14.09 ID:b795MGbI0
――数分後。

女友「ごちそうさま♪ひっしにあんあん言うのを我慢してる女ちゃんに同じスプーンで食べさせてあげながら
たべる夕ご飯・・・とっても美味しかったよ♪」

女「あっあの・・・トイレ・・・・・・行きたいんだけど・・・。」

女友「分かった、ちょっと待ってて?」


女友「じゃあこれ飲んで?」

女「・・・・これっ・・・・なに・・・?」

女友「力が入らなくなる薬♪暴れられたら困るでしょ?大丈夫。トイレに行く時は肩かしてあげるから。」

女「・・・・・・う、うん・・・。」

薬を飲む女・・・。
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 03:40:25.10 ID:b795MGbI0
女友「じゃあ連れて行ってあげるから肩かして?
あ、これは取ってあげるね。」

女「んっ・・・」

女友「くすっ・・・こんなにとろとろになってる・・・
気持ちよかったんだ♪」

女「ちっちがうよ・・・!」

女友「ねぇ?この汁舐めてもいい?」

女「だっダメ・・・!!」

女友「そっか。残念。やっぱり直接舐めた方が美味しいもんね。」

女「・・・。」

女友「じゃあ連れて行ってあげる。」

女「うっうん・・・・・・。」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 03:48:52.59 ID:b795MGbI0
女友「あっだけど、トイレの中で一人で逝っちゃダメだよ?」

女(・・・!)

女友「でもよく考えたら・・・手後ろに縛られたままだっけ?
じゃあ、水流したりウォッシュレットスイッチ押したりはできるけど・・・逝けないか♪」くすっ

女「・・・・・・。」

女友「あれ?もしかして逝きたいの?もし可愛くおねだりしてくれたら、いますぐ逝かせてあげてもいいんだよ?」

女「いい・・・。」

女友「そっか。残念♪じゃあトイレから出たら一緒にお風呂はいろっ♪私が洗ってあげるから。
その体じゃ、自分で洗うの大変でしょ?」

女「うっ・・・うん・・・。」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 03:52:39.65 ID:b795MGbI0
――数分後、洗面所

女友「じゃあ脱がせてあげる♪」

女「いやぁ・・・」

女友「だって、力はいらないんだから脱ぐの大変でしょ?」

女「い、いいよ・・・。」

女友「そっか。じゃぁ自分で脱いでいいよ。」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 03:57:49.29 ID:b795MGbI0
服を脱ぐ女・・・

女友「女友ちゃんって上から脱ぐんだ・・・」

女「ちょっと・・・見ないでよ・・・!」

女友「見ないでって・・・学校のプールの着替えの時とかいつも見られてるじゃない。
それとも・・・私に見られると興奮しちゃう?」

女「ちっちが・・・!」

女友「女ちゃんって可愛い下着つけてるのね・・・無防備な腋もすごく奇麗・・・」

女「・・・!」

女友「あっあかくなってる。可愛い♪」

女「・・・。」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 04:01:27.28 ID:b795MGbI0
女友「あれ?女ちゃんのパンツ・・・どうしてそんなに濡れてるの?」

女「っ・・・!!!」

女「なんでもないよ・・・。」

女友「ってことは・・・その下はどうなってるなかな・・・?」

女「・・・。」
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 04:08:03.37 ID:b795MGbI0
女友「ほら、下着も脱がないとお風呂は入れないでしょ?
あっ、だけど、力はいらないからフォック外すのはちょっと大変かな?
じゃあ取ってあげる。」

女「えっ・・・ちょっと・・・!」

女友「奇麗な胸・・・もっとよく見せて?」

女「いやっ・・・」

女友「いいじゃない。お風呂に入ったらどうせ見られちゃうんだから。
そんな事より、はやくパンツも脱がないとお風呂に入れないでしょ?」

女「・・・。」

パンツを脱ぐ女・・・

女友「くすっ・・・トイレで洗ったはずなのに、まだ汚れちゃってるんだ♪」

女「うぅ・・・・・・。」

女友「大丈夫。ちゃんとお風呂で奇麗にしてあげるから♪」
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 04:24:05.24 ID:b795MGbI0
――お風呂

女友「じゃあ・・・ここ座って?」

女「うん・・・」

女友「じゃあボディソープ付けてあげるから、じっとしててね?」

女「あっ・・・!」

女友「くすっ・・・気持ちいの?ボディソープ塗ってるだけだよ・・・?」

女「そんな事ないよ・・・。」

女友「女ちゃんって本当に柔らかいんだね・・・」さわさわ

女「ああっ・・・」

女友「じゃあ、ちょっとだけお尻浮かせて?」

女「・・・!!」

女「ちょっと・・・!!どこ洗って・・・・・・!?」

女友「どこって・・・お尻だけど?
ここもきれいにしておいた方が、お風呂から上がった時にいろいろ便利だし♪」

女「何考えて・・・んんっ・・・!!」

女友「」くすっ・・・
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 04:31:28.53 ID:b795MGbI0
女友「じゃあ・・・ここも洗ってあげないとね♪」

女「そこは自分で洗うよぉ・・・」

女友「だーめ♪
大丈夫。ちゃんと気持ちよくなるように洗ってあげるから♪」

女「んんっっ・・・!!!」

女友「あれ?いますごくびくっってした?そんなに気持ちよかったの?」

女「」ふるふる

女友「そっか。もし気持ちがよかったんならこのまま逝かせてあげようとおもったのに・・・
残念♪」さわさわさわさわ

女「・・・!!・・・・・っっっ!!」

女友「必死で我慢してるんだ・・・そんなに私に逝かされちゃうのが嫌なの・・・?
どうせ逃げられないんだし、もう時間の問題だし、私に堕とされちゃった方があとあと楽だと思うんだけどなぁ」さわさわさわさわ

女「っっっ・・・・ぁぁぁ・・・・・・。」
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 04:36:49.50 ID:b795MGbI0
女友「はいっおしまいっ」

女「はぁ・・・はぁ・・・」

女友「あれ?どうしたの?
もしかして観念しちゃった?」

女「ちが・・・うよ・・・。」

女友「そっか♪じゃあシャワーかけてあげるね」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 04:42:15.44 ID:b795MGbI0
女友「シャワー、熱くない?」

女「う、うん・・・」

女友「よかった。」


女友「・・・さて、これでだいたい流れたかな?
あれ、だけどまだ一カ所だけぬるぬるしてる・・・」

女「・・・!!」

女友「ごめん、ちゃんと洗えてなかったみたい。
今きれいにしてあげるね♪」

女「・・・。」

女友「あれ・・・どうしたのー?」

女「なんでも・・・ないよ・・・」

女友「もしかしてこのぬるぬる、石けんじゃないの?」

女「石けんだよ・・・」

女友「そっか。じゃあ体に良くないから、石けんが取れるまで洗ってあげないと行けないよね♪」
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 04:54:35.61 ID:b795MGbI0
女友「いたいといけないから、優しく洗ってあげるね。」

女「んん・・・っ・・・」

女友「んーなかなか取れないなぁ石けん。もっとごしごし洗わないとダメかなぁ?」

女「やめてぇ・・・!」

女友「切なくって可愛らしい声出しちゃって・・・
だけどそんな声でお願いされたらしょうがないか・・・」

女「んん・・・ぁぁ・・・・・・」

女(どうしよう・・・気持ちがいい・・・)

女(いっそこのまま逝かせてもらおうかな・・・・・・・)

女(たぶん女友ちゃんならお願いすればすぐに逝かせてもらえる・・・!)

女友「はいっおしまい♪」

女「・・・・・・。」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 04:55:32.88 ID:b795MGbI0
女友「あれっ?どうしたの?」

女「なんでもない・・・」

女友「そっか。なんかしてほしい事があったら何でも言ってね♪
私にできることなら何でもしてあげるから♪」

女「うっうん・・・。」

女友「もうすぐ堕ちちゃいそうなのに、もうちょっとってところで素直になれない女ちゃん可愛い♪」

女「・・・・・・。」
117: ちょっとだけ書きます・・・ 2012/08/12(日) 07:07:16.77 ID:b795MGbI0
女友「じゃあ今度は私が体洗うから、先に入ってて?」

女「うん・・・」

女友「そっか、力はいらないんだっけ?じゃあ手伝ってあげる」

女「・・・。」

ぽちゃん。

女友「じゃあ、体洗うから、ゆっくり入っててね?」
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 07:15:25.26 ID:b795MGbI0
女(あれ・・・なんか変な感じがする・・・)

女(からだがあついよ・・・)

女(お風呂の水もくすぐったい・・・)

女友「あっ、いけない。さっき女ちゃんに使ってあげたボディソープは媚薬入りだからこっち使わないと・・・
ちなみにちょっとだけ効き始めるのが遅いやつだたから・・・ちょうどそろそろ効いてきた頃かなぁ?」にやにや

女「・・・!」

女(どうしよう・・・お風呂の水の感覚がすごくくすぐったい・・・)

女友「ん?女ちゃんもシャワー浴びたいの?いいよー?」

女「っっっっっっ・・・!!!」

女友「どうしたの?シャワーかけてあげただけだよ?」

女「・・・。」

女友「もうちょっとで体洗い終わるから、そしたら一緒にはいろ?」

女「・・・・・・・。」
122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 07:18:39.12 ID:b795MGbI0
女(うぅ・・・すごく切ない・・・)

女(そうだ・・・いまこっそり一人で逝ったら少し楽になるかも・・・)

女(だけど見られたらおしまいだよね・・・)

女友「ん?」

女(だめだ・・・。女友ちゃんずっとこっちを見てる・・・)

女(きっとお見通しなんだ・・・)
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 07:22:44.47 ID:b795MGbI0
女(そうだ・・・)

女(湯船から出て水の感触がなくなれば少しは楽になるかも・・・!)

女「そうだ女友ちゃん、背中ながしてあげるよ。」

女(・・・!!)

女(・・・力が入らなくて出られない・・・!!!)

女友「あれ?湯船からでたいの?だけど力が入らなくって出られないよね?」

女「・・・。」

女友「だいじょーぶ。私は一人で洗えるからゆっくり入ってて?」にやにや

女「・・・・・・。」
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 07:29:28.88 ID:b795MGbI0
女友「おまたせ!体洗い終わったから一緒に入ろ?」

どぼんっ

女「っっ!!」

女友「あれ?女ちゃんどうしたの?」

女「・・・。」

女友「わかった。水が動くとくすぐったいんでしょ♪」

女「・・・。」

女友「可哀想に・・・媚薬入りのボディソープを全身に付しみ込ませられちゃったんだから
しょうがないよね?」

女友「ほらっくすぐったいでしょ?」

女の周りの水を、てでわざと動かす女友

女「っっっっ・・・!!!」
131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 07:33:42.83 ID:b795MGbI0
女友「あれ?なんだか体が熱くなってる?
お水、ぬるめなのに汗かいちゃってるよ?」

女友「しかもここもまたぬるぬるになっちゃってるみたい・・・」さわっ

女「ひゃぁっ!」

女友「あれ?今の声なに??」くすくす

女「うぅ・・・」

女友「いまとっても可愛い声出さなかった・・・?」

女「・・・。」

女友「『ひゃぁっ!』だって・・・♪」

女「・・・。」
133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 07:39:45.22 ID:b795MGbI0
女友「ねぇ?このぬるぬるなっちゃってるところもう一回触ってあげるから、もう一回可愛い声出して?」

女「やだぁ・・・」

女友「いいじゃない♪私女ちゃんの可愛い喘ぎ声聞きたいなっ♪」さわさわ

女「んんんん・・・・・・ぁぁぁぁぁ・・・・・・!!!」

女友「あ、がまんしてるがまんしてる」くすくす

女「っっっっ・・・!!!ぁぁあ!!!」ピクッ

女友「あれ?こんどはぴくってなったよ?
わかった♪ほんとは気持ちいいんだ・・・♪」

女「うぅ・・・・・・。」

女友「そんな顔しないで?もう触らないから。
それとも触ってほしくってそんなに可愛くって切なそうな顔してるのかな・・・?」
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 07:49:18.52 ID:b795MGbI0
女友「ふふ・・・ここの近くのお湯までぬるぬるしてきちゃてる・・・」

女「・・・!」

女友「いいよ?私今、女ちゃんの汗とかぬるぬるがいっぱい混じったお湯に、女ちゃんと入れててすごくうれしいの・・・」

女友「ずっとこんなお風呂に入りたかったんだ・・・♪」

女「もう、やめてぇ・・・!」

女友「あれ?もうでちゃうの?折角なんだし、もうちょっと入ってようよ?」ずいっ

女「らっ乱暴にしないで・・・!!」

女(水がくすぐったい・・・!)

女友「もう。私が力ずくで襲ってるみたいな言い方しないでよ」

女友「・・・だけどそれもアリね・・・!」

女友「ねぇ?
女ちゃん的には無理矢理逝かされるのと、『お願い、早く逝かせてぇ!』って状態にされて逝かされるのどっちが好きなの?」

女「どっちも・・・いや・・・。」

女友「もぅ。結局は逝かされちゃうんだから好きな方選んだ方がお得なのに・・・」
137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 07:57:14.37 ID:b795MGbI0
女友「だけどこんなにぬるぬるになっちゃってるんじゃ洗ってあげた方がいいのかな・・・」

女友「あっいいコト思いついた!ちょっとまってて!」

ばしゃん!

女「っっ・・・!」

女(女友ちゃんが水から出るだけでくすぐったい・・・!)

シャワーのノズルを持って湯船に入る女友

じゃぼん!

女「っっっっ!!!!」

女友「じゃあ、これでぬるぬる取ってあげるね♪」

女「いやっ・・・くすぐったいからシャワーの水かけないで・・・!」
140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 08:01:57.06 ID:b795MGbI0
水がでてるシャワーを湯船の中に入れて、女の足の間に当てる女友・・・

女友「ほら?これでぬるぬる洗ってあげる♪」

女「ぁぁぁぁ・・・・・・。」

女(なんかすごくくすぐったい・・・)

女友「これなら逝く心配はないでしょ?」

女(うぅ・・・だけど変な感じがする・・・)

女友「どお、きもちい?」

女「うぅ・・・」
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 08:06:48.25 ID:b795MGbI0
女(なんかむずむずする・・・・・・)

女(だけど逝かされちゃうしんぱいはなさそう・・・)

女友「ふふっ・・・もうちょっとかな?」

女(あれ・・・この感じって・・・。)

女(・・・もしかしておしっこ・・・!)

女(どうしよう・・・湯船の中なのに・・・!!)

女友「あれ?どうしたの?そわそわしちゃって?」

女(うぅ・・・ここは正直にいうしかないか・・・(泣)
147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 08:28:32.00 ID:b795MGbI0
女「あっあの・・・」

女友「なぁに?」

女「トイレ・・・」

女友「おしっこしたいの?」

女「」こく・・・

女友「じゃぁ、ここでしていいよ?」

女「えっ・・・」

女友「だって、おしっこ漏らしちゃって、死ぬほど恥ずかしそうにしてる女ちゃん、
絶対可愛いもの♪」

女「やだっ・・・ゆるしてぇ・・・!!」

女友「大丈夫。お風呂の中でおしっこ漏らしちゃう恥ずかしい娘は私がもらってあげるから、ね?」
148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 08:29:22.28 ID:b795MGbI0
女「おねがい・・・シャワーそんなふうに動かさないで・・・!!
いやぁ・・・!ぁぁ・・・!!!」

女友「こらっ湯船の中からでようとしちゃだーめ♪」

女の後ろに回って、足で女の体を挟んで女を押さえたまま、シャワーを押し当てる女友

女友「つかまえた♪」

女「いやっ」ばしゃばしゃ

女「・・・!」

女友「ほら、暴れるとくすぐったくなってよけいにおしっこしたくなっちゃうよ?
暴れないとシャワーが当たりっぱなしでやっぱりおしっこしたくなっちゃうんだけど・・・。」

女「いや・・・」

女友「ほらっ、あきらめて漏らしちゃいなさい♪」
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 08:36:18.35 ID:b795MGbI0
女「んんっっ・・・」

女友「ほら・・・そろそろ限界でしょ?」

女「放して・・・でちゃうよ・・・」

女友「もうっ泣きそうになっちゃって・・・可愛いんだから♪
いいよ?好きなだけ漏らしちゃって?」

女「いやぁぁ・・・・もうだめぇぇ・・・」

女友「あーあ漏らしちゃった♪」

女「やだ・・・見ないでぇぇぇぇ・・・・・・」

女友「ふふっ女ちゃんのおしっこあったかい・・・♪」

女「・・・・・・。」

女友「お風呂の水・・・ちょっと黄色っぽくなっちゃったね。」

女「・・・。」
152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 08:45:51.88 ID:b795MGbI0
女「うぅ・・・ひどいよぉ・・・・・・。」

女友「大丈夫。こんな事で私は女ちゃんを嫌いになったりしないから。
それに、ずっとゆめだったんだ・・・女ちゃんの体液がいっぱい混じったお風呂に女ちゃんと一緒に入るのが。」

女友「私のゆめをかなえてくれて、ありがとっ♪」

女友「じゃあ、10数えたら出よっか?大丈夫。ちゃんとシャワーでながしてあげるから♪」

女「・・・。」

女友「このお湯は・・・もったいないけど捨てるしかないかな・・・」

女友「こんな事ならお風呂を念入りに洗ってから、私は湯船に入らないで女友ちゃんだけ入れればよかったかな?
そしたらこの水飲めたのに・・・。」

女「・・・。」

女友「じゃあ、シャワー浴びたら部屋に戻ろうか。肩かしてあげるから♪」
154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 08:55:11.21 ID:b795MGbI0
――女友の部屋

ベットの上に転がされる女・・・

女友「さてと、もうそろそろ寝る時間ね。」

女友「お風呂上がりだし、飲み物持ってきてあげる。」

女友「だけどその前に・・・」

女「んっ・・・んんんんーー!!!!」

女の口に薬を入れて、すぐに口と鼻を塞ぐ女友

女「こくん。」

女友「逃げられないように、もう一回力の入らなくなる薬を飲ませといてあげるね♪」

女「じゃあ、ちょっと待ってて?パジャマとか持ってくるから。」

女「・・・。」
155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 09:04:39.14 ID:b795MGbI0
女友「おまたせー」

女友「私の手作りのオレンジジュース持ってきたよ?
あと体につけるクリームとか下着とかパジャマとか・・・もちろん全部私が使ってるやつ」

女「・・・。」

女友「じゃあまず、クリーム塗ってあげる」

女「んっ・・・っっ・・!!」

女友「もう・・・普通にクリーム塗ってあげてるだけなのに必死でがまんしてるの・・・?
ちょっと媚薬が効きすぎちゃったのかな・・・?」

女「ああっっ・・・・・・!!」

女友「そんなに気持ちがいいなら、今すぐ逝かせてあげてもいいんだよ?」

女「」ふるふる

女友「そっか。残念♪」

女「・・・。」

女友「全身に塗り終わったら、こんどは下着とパジャマ着せてあげるね」
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 09:11:17.50 ID:b795MGbI0
――数分後。

女友「私の下着とパジャマを着た女ちゃん・・・とっても可愛い♪」

女友「それに女ちゃんが、いつも私が着てた下着と服を着てるってだけで・・・すごく興奮する。」

女友「・・・ねえ女ちゃん?いますぐ襲ってもいい?」

女「やめて・・・。」

女友「そっか。残念。」

女友「だけど一週間もしないうちに、女ちゃんは私が『襲いたい』って言ったら、『私をめちゃくちゃにしてぇ』っておねだりするような娘に
されちゃうわけだし・・・そう考えると貴重な女ちゃんが見られるって事で、これはこれでアリだよね!」

女「・・・・・・。」

女友「じゃあ最後にジュースを飲ませてあげるね。」
158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 09:18:39.07 ID:b795MGbI0
女友「ほんとは口移しで飲ませてあげたいんだけど、今の女ちゃんはそれじゃ飲んでくれないだろうし・・・」

ストロー付きのジュースを、ベットの上で壁に寄りかかってる女の口の近くに持って行く女友

女「おいし・・・い・・・。」ぱたん

女友「ごめんっ今度は睡眠薬いれちゃった」

女「すーすー・・・」

女友「今日はいろいろあったから早く寝かせてあげる♪
明日から毎日ずっと私に弄ばれちゃうわけだし・・・」

女友「じゃあ、私も女ちゃんを抱き枕にして寝ようかな。」

女友「だけどその前に・・・朝になったら薬が切れてるはずだから、また手足をしばっておいてあげないとね!」

女友「だってこの娘は・・・私の可愛いお人形さんなんだから♪」
159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 09:26:45.50 ID:b795MGbI0
女友「そうだ。この睡眠薬で朝までは起きられないはずだから、そのあいだずっとこれで責めてあげようかな」

ローターを女の足の間にいれて、スイッチをいれる女友

女友「これでよしっと
くすっ・・・気持ちよくなってるのに起きられないって、どんな気分なのかしら?」

女友「私にいろんな事されちゃった後だし・・・
ゆめの中でも私にいろんな事されちゃったりするのかな・・・」

女友「ゆめの中でも私にいろいろされちゃう女ちゃん可愛い・・・///」

女友「じゃあそろそろ私も寝よっと♪」

女友「お休み、女ちゃん」

女が縛られているベットに横になって、女を抱きしめたまま眠る女友・・・・・・。


―――監禁1日目。おしまい。

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 09:27:54.38 ID:b795MGbI0
キリがいいのでいったん寝ます・・・ごめんなさい。

ここまで読んでくれたから、支援してくださった方、
ありがとうございました!
164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 09:33:59.32 ID:q4TB7IRl0
>>1乙!!!
すげー良かった!また気が向いたら立ててくれ
166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 09:41:28.21 ID:ehL7gWwh0
素晴らしい

次スレ(2日目):

女友「私に監禁されて、必死で抵抗してる女ちゃん可愛い」女「」【R18】


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。