FC2ブログ

高木さん「あの2人…付き合ってるんだよ」

1: 以下、でVIPがお送りします 2016/10/25(火) 17:05:36.162 ID:m3yDmaGq0
西片(中井君と真野さん…最近仲いいな)

高木「あの2人…付き合ってるんだよ」

西片「ええっ!?」

高木「今ごろ屋上で2人っきりで…どんな感じなんだろうね。せ…」

西片(せ…?)
  (今ごろ屋上でせ…)

西片(屋上でセックス…)

高木「ね。私たちもやってみようか」

西片「えっ!?」


注目記事




5: 以下、でVIPがお送りします 2016/10/25(火) 17:09:05.699 ID:m3yDmaGq0
西片「な、なにいってるんだよ、高木さん」

西片(またオレをからかおうとしているんだな…)

高木「なにって、思ったことをいってるだけだよ」

西片「……」
  (…本気なのか? 本気でオレとせ…セックスを…!?)

高木「西片はいや?」

西片「えっ、嫌というか、その、まだ早いんじゃないかなとか、えっと」

高木「…私とじゃ、嫌?」

西片「そ、そういうわけじゃないけど!」

高木「じゃあ一緒にしようよ。……せ」

西片「…!」

高木「背中合わせでお昼ごはん」
6: 以下、でVIPがお送りします 2016/10/25(火) 17:10:20.092 ID:HouiFeRna
むしろしたい
10: 以下、でVIPがお送りします 2016/10/25(火) 17:12:29.544 ID:m3yDmaGq0
西片「……背中合わせ?」

高木「うん。なんだか青春って感じだよね」

西片「あ、ああ…そうだね…」

高木「どうしたの? 西片、顔真っ赤だけど」
   「もしかして…他のこと想像してた?」

西片「し、してないよ!」
   (くう、危ない。またからかわれるところだった…!)

高木「そう? ならいいけど」
   「それにしてもあの2人、もうセックスはしてるのかな」

西片「!?」
   「た、高木さん!? 急に何をいっているのさ!?」

高木「え? だからもうセックスしているのかなって」

西片(よ、よくも堂々とそんな言葉を…!)

高木「どうしたの西片。さらに顔が赤くなったけど」
11: 以下、でVIPがお送りします 2016/10/25(火) 17:15:23.344 ID:m3yDmaGq0
西片「いや…別に…」

高木「そんなに変な言葉かな。最近保健の授業で習ったけど」

西片(そ、それはそうだけど…)

高木「ね。西片も女子の大事なところ、触ってみたいって思うの?」

西片「えっ?」

高木「教科書に書いてあったから。ねえ、触ってみたいと思う?」

西片(大事なところって胸、か? 胸を触りたいと思うかどうか?)
   (落ち着け。ここで「はい」なんて答えたら、高木さんの思うつぼだ)
   (だからといって否定をしても、また「顔が赤い」「変な想像をしてる」とからかわれるのがオチ…!)

高木「…?」

西片(ならここは思い切って、攻めるべきだ!)
   「…いや、どうかな」

高木「…へえ?」

西片「高木さんのなら、触ってみたいけど」
   (キマッた…!)
12: 以下、でVIPがお送りします 2016/10/25(火) 17:19:00.247 ID:m3yDmaGq0
高木「……」

西片(ふふふ、動揺してる動揺してる。まさかこんな答えが返ってくるとは思わなかったんだろう)
   (変態と蔑むにはタイミングを逃しすぎている。まさか肯定するわけもないし…)

高木「いいよ」

西片「…え?」

高木「だから、いいよっていったの。私の大事なところ、触りたいんでしょ?」

西片「…何を」
   (何をいっているんだ、高木さん。オレが恥ずかしがって触るわけがないと? 女子の胸を揉むわけがないと? そもそも揉めるほど高木さんは胸があると?)
   (ええい、焦るな。混乱すればするほど高木さんの思うつぼなんだ。とにかく逆を突かなきゃいけない。触れるはずないと思っているなら…)

西片「じゃあ、遠慮なく触らせてもらうよ」

高木「うん、どうぞ」

西片(…どこまで本気なんだ? ほ、本当に触ってしまっていいのか…?)

高木「その代わり」
   「私の次は西片の大事なところ、触らせてね」
15: 以下、でVIPがお送りします 2016/10/25(火) 17:21:59.585 ID:m3yDmaGq0
西片「オレの大事なところって…」

高木「ん。だめ?」

西片「え、ええと…」
   (動揺しちゃだめだ。それこそが高木さんの作戦…!)
   「…いいよ、好きなだけ触らせてあげる」

高木「そっか。楽しみだなぁ」

西片「じゃあ、触るよ…!」
   (た、高木さんの胸…! よく見ればささやかながら膨らみもある。ああ、触れるんだ。女子の、それも高木さんのおっぱいを…!)

高木「…ふふ」
   「なーんてね。触らせるのは私の腕…」

西片「え?」もみっ

高木「……」

西片「……」
16: 以下、でVIPがお送りします 2016/10/25(火) 17:24:32.494 ID:m3yDmaGq0
西片(触らせるのは、私の腕…?)
   (はっ、そういえば高木さんは大事なところといっただけで部位まで指定していない。まんまと騙された…けど)

高木「……」

西片(どうしよう。いわれるのが遅くて触ってしまった…)もみもみ

高木「…西片」

西片(や、柔らかい。高木さん、ちゃんと胸あったんだ。むしろ手の大きさにフィットして、より興奮するというか…)もみもみ

高木「西片」

西片「あっ、はい!?」

高木「…触ったね」

西片「…ご、ごめん!!」

高木「約束だからね。次は西片の大事なところ触るよ」

西片「はは、オレの大事なところって、腕とか…っ!?」さわっ
17: 以下、でVIPがお送りします 2016/10/25(火) 17:26:18.906 ID:m3yDmaGq0
西片「た、高木さん。どこ触って…」

高木「…西片、すごい硬くなってるけど」

西片「ちょ、だめだって。あああ」

高木「西片だって、さんざん私の胸触ったでしょ。…ね、こうすると気持ちいいの?」

西片「た、高木さん落ち着い…」

高木「またおっきくなった。西片って、ほんと変態なんだね」

西片「まずい、まずいって…!」

高木「授業で習ったよ。こうすると、白いのが飛び出すんでしょ」

西片「た、高木さんっ!」

高木「いいよ、我慢しなくても」

西片「うわあっ…!」
21: 以下、でVIPがお送りします 2016/10/25(火) 17:31:02.436 ID:m3yDmaGq0
高木「…なーんてね」

西片「…え?」

高木「胸触られたから、意地になってみたの。ふふ、本気でいかされると思った?」

西片「ま、またからかわれたのか…」
   (でもオレも触っちゃったんだから、お互い様だな…)

高木「だめだよ、こんなところで出しちゃ」

西片「そ、そうだよね。学校の教室でこんなこと…」

高木「出す時は、ちゃんとわたしの中で出してね」

西片「そう高木さんの中で…え!?」

高木「今度西片の家に遊びに行くから」

西片「あっ、ちょっ、高木さん。待って!」

高木「…あ、西片」
   「今度私たちもやってみようか」

西片「な、なに? 背中合わせでお昼ご飯?」

高木「ううん…セックス」

西片「!?」

おわり

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。