FC2ブログ
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:31:30.01 ID:Kfgdeb8x0
アスカ「ね~シンジぃ~~シンジってばぁ」ムギュ

シンジ「」ガタガタガタ

アスカ「もっかいキスしよ? ね~ほら、んっ」キュ

シンジ「ご、ごめん、ほんの冗談のつもりで・・・」ガタガタ

アスカ「・・・・・・なによ、男なら責任取りなさいよ!」

シンジ「遊びだっていったのはアスカじゃないか!」

アスカ「そりゃそうだけど・・・なんか」

シンジ「なんか?」

アスカ「ベロチューって気持ちよすぎない?」キラキラ

シンジ「ハハハ・・・」(汗
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:35:17.96 ID:Kfgdeb8x0
アスカ「遊びでいいからさ、ほら、んちゅ~」

シンジ「でも、やっぱりこういうのは好きな人とするべきで・・・」ブルブル

アスカ「・・・っち、ぐだぐだ言わないで男なら一人や二人抱いときなさいよ。ヘタレ」

シンジ「・・・フケツだよ」

アスカ「じゃぁ何よ? 好きな人だったらキスしていいの?」

シンジ「そ、そりゃ当人同士の問題だしまぁ一般常識的にはいいんじゃないかな?」

アスカ「ふ~ん」

アスカ「じゃぁ好き///」ボソ

シンジ「のぉぉ!!」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:39:04.98 ID:Kfgdeb8x0
アスカ「好き好きステキ! 無敵のシンジさまぁ! お願いキスして?」

シンジ「こ、心にもないことを言わないでよ」ダラダラ

アスカ「本気なんですけど?」

シンジ「うそばっかり!」

アスカ「ウソならそもそもキスしないわよ!」

シンジ「ホントでも安直にキスしないでよ!」

アスカ「なによ! 好きならキスしていいじゃない! バカシンジ!」

シンジ「軽すぎだよ! もっとプロセスを大事にしようよアスカ!」

アスカ「あ、それ付き合うのはOKってこと? ひょっとして」

シンジ「ちがっ・・・そそそんなことはいってないよ!」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:42:58.91 ID:Kfgdeb8x0
アスカ「もぉぉ! ハッキリしなさいよ! 私のこと好きなの? そうじゃないの?」

シンジ「・・・ハハハ」ダラダラ

アスカ「キスするの!? しないの!?」

シンジ「・・・ハハハ」

アスカ「・・・・・・・」

シンジ「・・・」

マリ「・・・・・・」バリバリ

シンジ・アスカ「!!」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:45:16.92 ID:Kfgdeb8x0
マリ「!?」

シンジ「・・・・・・ッ!!」

マリ「!!」

アスカ「~~~~ッッ///」

マリ「??」

シンジ「!!」

マリ「!!!!」

アスカ「・・・・・・ッ!」

マリ「??」

シンジ「誰かなんとか言おうよ!!」

マリ「にゃはは、せんべい貰ってるよ」バリバリ
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:48:46.25 ID:Kfgdeb8x0
アスカ「い、いつからそこに・・・」

マリ「お姫とわんこくんがべろちゅーしてる時から」

アスカ「最初っからぁ!」

マリ「あんな女の顔になってる姫は始めて見たにゃん?」プスス

シンジ「~~~~~ッ!!」

マリ「羞恥に悶えるワンコくんナイス!! カワイイ!!」

アスカ「あ、あんた・・・分かってるんでしょうねぇ・・・」

マリ「うん? ああ、大丈夫大丈夫」

マリ「動画で撮ってる! 記録はばっちりですぞ姫!」

アスカ「ノォォォォ!!!」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:53:15.40 ID:Kfgdeb8x0
マリ「いや~姫はエロい顔でキスしますなぁ・・・」ニヤニヤ

アスカ「ちょ、再生するの止めなさい! 止めなさいぃ!!」

シンジ「逃げちゃダメだ逃げちゃだめだ逃げちゃダメだ・・・」ブツブツ

マリ「やれやれ、姫に先を越されるとは・・・おめでとう姫、式には呼んでね?」

アスカ「だ・れ・が? だ・れ・を?」

マリ「にゃはは、それじゃお邪魔虫はこのへんで・・・」

ガシッ

アスカ「・・・・・・」プルプル

マリ「ニャン?」

アスカ「・・・・・・ど、どうしたら黙っててくれるワケ?」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:56:36.34 ID:Kfgdeb8x0
マリ「・・・」

マリ「・・・はぁ、姫は酷いにゃぁ」

マリ「私は姫とわんこくんの仲をこんなに応援してるのに」キラキラ

アスカ「顔におもちゃにしてやるって書いてるわよ!!」

マリ「そんなことにゃいにゃ~~さ、どぞどぞ」

マリ「愛し合う二人はゆ~っくりラブラブちゅ~を続けるといい・・・」

アスカ「はっ! 誰が! 別に遊びよ遊び!!」

マリ「おやん?」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:58:51.65 ID:Kfgdeb8x0
アスカ「暇だから遊んでやっただけなんだから! こんなやつ別にどうでもいいし!」

マリ「おやおやん?」クスクス

アスカ「だ、だから変な噂流したらタダじゃ・・・」

マリ「かわいそうなワンコくん、姫に弄ばれたんだねん?」プニ

シンジ「ちょっ!! いきなり!」

アスカ「ちかぁぁぁいぃぃッッ!!」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:03:37.92 ID:Kfgdeb8x0
マリ「よしよし、それじゃ~マリさんが慰めにちゅ~をしてあげよう」クイッ

アスカ「待て」

マリ「はぐっ」

シンジ「」ガクブルガクブル

アスカ「あんまり調子乗ってるとガチで殺すわよヘンタイ女・・・」

マリ「おんやぁ? 遊びじゃなかったのかにゃ?」

アスカ「遊びですけどぉ? べ~つ~に~?」

マリ「じゃぁマリさんが遊んでも文句ないよね?」

アスカ「ど、動画撮るわよ!」

マリ「どうぞご自由に。わんこくんとマリにゃんの愛のメモリーを記録してちょんまげ」

アスカ「こ・の・あ・まぁぁ・・・」プルプル

アスカ「あんたも抵抗しなさいよ!!」

シンジ「」ガクブルガクブル
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:26:26.91 ID:Kfgdeb8x0
マリ「抵抗しないってことはワンコ君も私とべろちゅ~したいってことだよね?」

シンジ「そ、それはまぁ・・・」

アスカ「おいこら」

マリ「そいじゃま~本人の承諾もとったことだし」グイ

アスカ「待ちなさーーい!!」

マリ「あれ~邪魔するのかにゃ? 遊びじゃなかったのかにゃ? ひょっとして姫は本気で・・・」

アスカ「そ、そんなワケないでしょ!!」

ほしゅさんきゅ
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:29:38.49 ID:Kfgdeb8x0
マリ「そいじゃま~」

アリカ「あ~もぉ! いいわよ一回くらい! その代わりデータ消しなさいよ!」

マリ「ほいほ~い。ワンコくん覚悟はいいかい?」

シンジ「う・・・ええっと、ハハ、どうかな?」

マリ「ん」

シンジ「ぼ、僕の方から?」

マリ「え? 私から?」

シンジ「え? いやだって勢い的に・・・」

マリ「あ、ああ、そっか」

マリ「そいじゃ、ワンコくん、目を閉じてくれるかい?」

シンジ「う、うん」パチ

アスカ「」イライラ
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:31:17.27 ID:Kfgdeb8x0
シンジ「」ブルブル

マリ「・・・・・・」

シンジ「」ビクビク

マリ「・・・・・・」

アスカ「??」

シンジ「」ドキドキ

マリ「・・・・・・・・・・・・・・・」

シンジ「・・・??」チラ

マリ「・・・ぇっ//////」ボンッ
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:34:05.52 ID:Kfgdeb8x0
マリ「あ、アハハハハハハ///」

シンジ「あ、アハハ」

マリ「やだなぁもぉ冗談に決まってるじゃん!」ジタバタ

アスカ「・・・」ニヤ

マリ「姫も止めてよねぇもぉ!」パンパン

アスカ「・・・」ニヤニヤ

マリ「それじゃ~マリ姉さんはこれでおいとまするんで後はお若いので仲良くするにゃん!」

アスカ「・・・ええ、バイバイ」

アスカ「純情乙女ちゃん」プスス

マリ「」ピタリ
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:38:53.94 ID:Kfgdeb8x0
アスカ「普段はもぉ経験豊富でなんでも知ってるって感じなのに・・・」

アスカ「いざとなったらキスの一つも出来ないなんて・・・」

アスカ「ま~カワイラシ、意外な一面見ちゃった」クスクス

マリ「は、はぁ? ちがうし。姫の彼氏だから遠慮してあげただけだし」プルプル

アスカ「あれれ~? アタシさんざん遊びって言ってあげたのに?」

マリ「ま、マリ姉さんはお姫のホントの気持ちはなんでも知ってるんだにゃ?」

アスカ「そりゃどうも、ありがとう。でも良かったわ」

アスカ「これでシンジにネズミのフンくらいの度胸があったらマリちゃんの大事な大事なファーストキスがこんなトコで・・・」

マリ「お、お姫勘違いしてないかい? き、キスぐらい経験あるんですけど?」

アスカ「え~~ウソ!! ホントにぃ?」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:42:40.65 ID:Kfgdeb8x0
マリ「そ、そりゃ~もう何回も何回もあるし。朝から晩までべろちゅ~三昧だし」プルプル

アスカ「ふ~ん、そうなんだぁ?」

マリ「お、お姫も良かったね!! ようやくファーストキス出来たね!」

アスカ「は、はぁ? あんたバカぁ?」

アスカ「アタシこそそりゃキスなんて日常茶飯事に何回もしてるし」

マリ「え~~」

アスカ「べろちゅ~なんてさして珍しいもんじゃないわよ。柿ピーぐらい日常的だし!」

マリ「ほーー」ニヤニヤ

レイ「・・・・・・」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:48:01.87 ID:Kfgdeb8x0
シンジ「」ダラダラ

マリ「ま~私もべろちゅ~なんて慣れてるケドね。もう大安売りでうまい棒クラスだし」

アスカ「あっそ、そうですか。アタシもそんなレベルだけどね。もう飽きちゃったべろちゅ~」

マリ「これだけべろちゅ~してるともう普通のキスとか何も感じないよね。べろちゅ~じゃなきゃお子様キスだし」

アスカ「あ~そのレベル? あたしなんかもうべろちゅ~でもさして何も感じなくなっちゃったし。もうドキドキとかしないし」

マリ「あ~あ~そうですか、すごいねですね~!! 姫は!」

アスカ「いえいえそちらこそ!! さすがにゃ~にゃ~言って媚びてるだけあるわ!!」

マリ「にゃぁぁぁ!!!」

アスカ「ガーー!!!」

レイ「・・・・・・」

シンジ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・碇君」

シンジ「な、何?」

レイ「・・・べろちゅ~って、なに?」

シンジ「」ガッターン
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:51:58.01 ID:Kfgdeb8x0
レイ「それは、気持ちいいこと?」

シンジ「ま、まぁ」

レイ「べろちゅ~すると、ポカポカする?」

シンジ「ポカポカ?」

レイ「わたし、碇君とべろちゅ~したい」ガシッ

シンジ「はなやみっ!」

レイ「・・・」グググ

シンジ「い、痛い! 力強い! ちょ、ちょっと!!」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 23:57:12.40 ID:Kfgdeb8x0
レイ「・・・きて、碇君」グググ

シンジ「あ、アスカー!! アスカー!!」

アスカ「このトンビィィ!!」パシッ

マイ「泥棒にゃんこ!!」バチッ

レイ「あう」ドテ

アスカ・マリ「ハァハァハァ・・・」

シンジ「」ドキドキ

アスカ「で? えっと? なんだっけ?」ハァハァ

マリ「べろちゅ~くらい騒ぐまでもないよねって話」ハァハァ

アスカ「そうそう、そうだった・・・いいわよ別に、シンジとべろちゅ~しても」

マリ「お姫こそ、もういっかいわんこくんとべろちゅ~したいって言ってたじゃん」

レイ「わたしもべろちゅ~」

アスカ・マリ「あんたはダメ!!!」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:01:11.07 ID:iEEt3H780
レイ「でも、弐号機の人たちはべろちゅ~したわ」

アスカ「人括りにしたわね・・・」

マリ「わ、わたしはまだしてないんだけど!!」

レイ「わたしも碇君とべろちゅ~したい。どうしてダメなの?」

アスカ「・・・あんたはそのまま寝取る可能性がっ!」

レイ「寝取るって、何?」

マリ「ん~? なんだいお姫・・・」

アスカ「~~ッ!」プルプル

レイ「NTRって、何?」

アスカ「わかってるじゃんあんた!!」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:05:03.23 ID:iEEt3H780
レイ「碇君とべろちゅ~していいの? ダメなの?」

マリ「私のべろちゅ~権もまだ生きてるんだからね!!」

レイ「あなただけべろちゅ~するのは不公平。べろちゅ~したければしていいと思う」

マリ「そうだよ! べろちゅ~はべろちゅ~したい人のためのべろちゅ~で・・・」

アスカ「あんたらべろちゅ~べろちゅ~うっさいわよ! ゲシュタルト崩壊してくるわ!」

アルカ「ああもぉいい!! じゃ~一回ずつべろちゅ~すりゃいいでしょ!! それで平等!!」

マリ「イエーイ」パーン
レイ「」パーン
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:09:41.65 ID:iEEt3H780
マリ「そ、そいじゃま改めまして・・・」

レイ「碇君」ズイ

マリ「まて」

レイ「あう」

マリ「じゅ、順番的には私が先じゃないかにゃ?」

レイ「でも、あなた、歯にせんべいのカスが」

マリ「マジで!」モゴッ

レイ「じゃ、先に・・・」

マリ「それとれとは話が別にゃん? 私が先。待ってて」ガシッ

レイ「嫌」ガシ

マリ・レイ「」ゴゴゴゴゴ・・・

ミサト「」ヒック

シンジ「」ガクブル
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:14:02.24 ID:iEEt3H780
ミサト「シンジきゅ~ん」ヒック

シンジ「ミサトさ・・・臭ッ! 酒臭ッ!! あとニンニク臭っ!!」

ミサト「えへへ~~、餃子いっぱい食べてきた」ヒック

ミサト「なになに~~? みんなでキス合戦してたの? ガキのくせに~?」モジモジ

シンジ(こ、この流れはマズ・・・)

シンジ「アス・・・・・・」

アスカ「ヤバイ!! コンビニ行ってくる!!」

シンジ「アスカァァァァ!!! むぐっ」

ミサト「むふふ、私が大人のキスを教えて上げる」グググ

シンジ「っちょ・・・ミサトさ・・・臭っ!! 本気で臭っ!!」

レイ・マリ『私が先私が先が私が先が私』ドタバタドタバタ
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:20:31.71 ID:iEEt3H780
シンジ「あぁ、あぁぁ・・・・・・」

ミサト「むちゅ」

ミサト「じゅるじゅぱじゅぽジュルルレロレロンジュルジュバヌメロン」

レイ・マリ「!!!」

ミサト「はむっぬちゃっじゅぶちゅニュルブッちゅ・・・べろにゅむにゅムン」

レイ・マリ「・・・・・・」

ミサト「べちゃちゅグじゅんぐにゅれろにゅるんじゅばむぬんぴちゃじゅむん」

レイ・マリ「」ガタガタガタガタ

ミサト「んちゅ・・・ぷっはぁ!! ごっちゃんです」

シンジ「・・・」ピクピク
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:21:40.98 ID:iEEt3H780
ミサト「・・・・・・」ヒック

ミサト「」グルリ

ミサト「」ギラーン

レイ・マリ「!!!!」ゾゾゾゾ

ミサト「」ムクッ

ミサト「えへへ~~二人にも女のスキルをレクチャーしたげるぅ・・・」ヨタヨタ

マリ「ひぃぃぃ!!!」ズダダダ

レイ「」シュパタン!

ミサト「捕まえたぁぁ!!」ガシッ

マリ「ぎやぁぁぁ!!!!」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 00:23:39.62 ID:iEEt3H780
ミサト「ほれほれ~~、良いではないか良いではないか」

マリ「ちょ、やめ・・・本気でやめ・・・ぎゃぁぁぁ!!!」

レイ「・・・」ツンツン

シンジ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・」チュ

レイ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・お酒とニンニクくさい」


終わる

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ