FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 10:51:50.57 ID:wELtAlP80
俺「未来予知とか」

佐為「できません……」

俺「他人の考えてることがわかるとか」

佐為「それもできません……」

俺「なーんもできねぇんだな」

佐為「……で、でも囲碁なら!」

俺「知らないもん。ルール」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 10:54:24.08 ID:wELtAlP80
俺「ていうか囲碁ならって、お前そもそもいつの時代の人間?」

佐為「平安です!平安の都では、それはもう囲碁の指南として……」

俺「もういいよ。囲碁は」

佐為「すみません……」

俺「そろそろ学校行くけど……、お前って俺から離れたりできるの?」

佐為「どうなんでしょうか……?」

俺「ちょっとそっち行ってみろよ」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 10:56:20.92 ID:wELtAlP80
佐為「離れられるみたいですね」

俺「まだわからないよ。もうちょっとそっち行ってみて」

佐為「……あれ?……これ以上いけない歩けないんですが」

俺「……5メートルぐらい?離れられるの」

佐為「そう……なんですかね?」

俺「知らないよ。お前のことだもん」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 10:58:11.69 ID:wELtAlP80
学校

俺「(それにしてもテレパシーもできるとか……、お前もう何でもありか。)」

佐為「どうなんでしょうか……?私も転生したばかりでよくわからないんです……」

俺「(ていうかこれって俺の妄想……?だとしたら相当やばくない?精神的に)」

佐為「いえ、私は私として、確かに居ますよ?」

俺「(だからそれをどうやって証明すんだよ)」

佐為「それは……」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:00:39.70 ID:wELtAlP80
俺「(とりあえず、お前の証明だな。とりあえずな)」

佐為「証明といわれましても……どうすればいいんですか?」

俺「(お前が俺の妄想じゃないかをまず確かめるよ)」

俺「おーい、男ー」

男「ん?どうしたよ?」

俺「ちょっとこの紙に好きな漢字書いてくれない?俺に見えないように」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:03:53.25 ID:wELtAlP80
男「書いたけど?」

俺「(佐為。そいつの後ろに回って何が書いてあるか見える?)」

佐為「ちょっとまってください……。えっと……、楽って書いてありますね」

俺「男が書いたのって(楽)?」

男「……えっ?何でわかったの?マジック?すげぇよ!」

俺「(お前って……本当に俺の妄想じゃないんだね)」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:06:07.29 ID:wELtAlP80
佐為「だから何度もそうだと言ってるじゃないですか」

俺「(信じられるわけ無いだろ。普通に考えて)」

佐為「でもこれでやっと納得してくれたんですね。囲碁を打たせてくれるんですね?」

俺「いや、それはおかしい」

佐為「え?」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:09:39.58 ID:wELtAlP80
俺「(だからそもそも囲碁なんて知らないんだってば)」

佐為「じゃあ覚えましょう!教えますよ!絶対才能がありますって!」

俺「(打ちたいからって適当言うなよ。大体打つ場所もないし…………ん)」

佐為「……?どうしました?」

俺「(……やっぱり打ってみようか。)」

佐為「……え?……えぇっ!?いいんですか!?」

俺「(うん。とりあえず学校終わったら行ってみよう)」

佐為「やったー!すごく嬉しいです!……あぁ懐かしきあの感覚がまた味わえると思うと……胸が……、ってどこに行くんですか?」

俺「ん?……囲碁が打てる場所。……なんて言ったっけ?」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:14:31.69 ID:wELtAlP80
囲碁サロン


俺「(とりあえず来たものの……どうしようか)」

佐為「すごい!すごい!碁盤がこんなにいっぱい!……時代は変わっても囲碁に対する情熱は変わらないものですね!」

晴美「いらっしゃい。ここは初めてかしら?」

俺「あ、そうです。ていうかこういうところ初めてで……」

晴美「棋力はどれくらい……?」

俺「(……どれくらい?)」

佐為「どれくらい……なんでしょう……?」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:16:44.51 ID:wELtAlP80
俺「(うーん……、お前の実力もわからないしなぁ……)」

佐為「結構強いですよ!本当ですよ!」

俺「(よくわからないけど、こういうボード系って日々研究が進むんだろ?じゃあお前、圧倒的不利じゃん)」

佐為「それはっ!…………まぁそうなんですけど……」

俺「(とりあえず、明らかに弱そうな人とやるのが得策だよ…………えっと、あ)」

俺「あの僕と同じ位の子と打てますか」

晴美「え?……あ、ごめんね。あの子は……」

アキラ「……ん?」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:18:21.80 ID:wELtAlP80
アキラ「どうしたの?晴美さん」

晴美「えっと……、この子が、君とやりたいって……」

俺「迷惑だった?」

アキラ「うん。ぜんぜんいいよ!やろうか!」

晴美「ちょ、ちょっと!アキラくん!?」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:20:47.95 ID:wELtAlP80
アキラ「えっと……、棋力はどれくらい?」

俺「(またかよ。共通の合言葉かよ。もうめんどくさいな)」

俺「少なくても君よりは上……かな?」

アキラ「あははっ!すごい自信だね!……じゃあ握ろうか!」

俺「(何を……?握手?)」

佐為「碁石をですよ」



先番 俺 
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:23:38.02 ID:zfMZZ5vX0
俺さん小学生だったのか
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:25:03.85 ID:wELtAlP80
俺「(さて、何をすればいいんだ?)」

佐為「では……、右下スミ小目」

俺「(……お前……、わざとやってない……?)」

佐為「……?何のことですか?」

俺「(あのなぁ……、初心者の俺が小目とか言われてわかると思うか?)」

佐為「あ、あぁ……それじゃあ……えっと……どうすれば……?」

俺「(そのセンスで置きたいところを指せよ)」

佐為「で、では……ここ……」

アキラ「(……遅い)」

一手目 1分32秒
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:27:48.09 ID:wELtAlP80
10分後


俺「…………」パチッ

アキラ「…………」パチッ

俺「…………」パチッ

アキラ「…………」パチッ

俺「…………」パチッ

アキラ「…………」パチッ

俺「(これ、俺すっげぇ暇だな……)」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:29:49.49 ID:wELtAlP80
20分後


アキラ「………………」

俺「…………ん?」

アキラ「…………ま、負けました……」

俺「あ、えっと………か、勝ちました」

佐為「余計なことは言わなくていいんですよ?」

俺「(うるさい)」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:30:31.47 ID:3dZTfrs30
クソワロタ
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:32:25.66 ID:wELtAlP80
アキラ「し……信じられない……」

俺「(お前……子供相手にどんだけ本気で打ったんだよ?すげぇショック受けてるじゃん)」

佐為「いや……、この子……幼いながらも私に食らいついてきまして……」

俺「(それはこの子が強いの?お前が弱いの?)」

佐為「……どっちなんでしょうか……?研究が進んだとは言え、このレベルが当たり前となると……厳しいものがありますけど……」

アキラ「……き、君は……君はプロを目指しているのかい……?」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:34:46.33 ID:wELtAlP80
俺「いや、特にそんな気はないけど……」

アキラ「これだけ打てるのに!?何故だい!?」

俺「(何故って言われても……、ていうかプロを薦めるってことはやっぱりお前強いのか?)」

佐為「そう……なんですかね?」

俺「ち、ちなみにプロになるにはどうすればいいの?」

アキラ「え?……あぁ、プロになる気はあるんだね?……えっとね……プロになるには」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:39:45.27 ID:wELtAlP80
翌日 
日本棋院会館


俺「来週の院生試験の申し込みに着たんですが」

受付「あぁ、12月のかい?あれもう締め切りすぎてるから3月にならないと受けれないよ?」

俺「あ、そうなんですか……でも今すぐ受けたいんですが、なんとかならないですか?」

受付「ムリいっちゃいけないよ。規則は規則。3月にまたおいで」

塔矢行洋「(…………あれは……)」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:45:46.26 ID:wELtAlP80
行洋「……どうかしましたか?」

受付「こ、これは名人!……いえ、なんでもないんです!この子がちょっとゴネてるだけで」

行洋「君の名前は……?」

俺「俺ですけど……」

行洋「(この子がアキラの言っていた……)」

行洋「……私の推薦で受けさえてやってもらえませんか?」

受付「……え?」

行洋「いや……というより、今私が試験してもいいでしょうか?」

受付「……いやっ!その……いくら名人とは言え……規則でして……」

行洋「お願いします」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:49:03.74 ID:wELtAlP80
10分後

行洋「……それじゃあ今から試験を始めようとしよう。」

俺「(なんかよくわからないけど……これに勝てば院生になれるんだよな?)」

行洋「一応、私が試験管という事になっているが、君の本来の試験は来週だ。
     ……合格か、どうかはそのときに教える手はずになっているので、試験代を持って来週来るように」

俺「わ、わかりました……」

行洋「では5石置いて」

俺「(5石……?ってなんだ?……佐為?)」

佐為「……………………」

俺「(……?……佐為ってば……)」

佐為「………私あいてに置石ですと……?」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:53:01.07 ID:wELtAlP80
俺「(……で、どうすればいいんだよ……?)」

佐為「……黒石を5個持ってください」

俺「(……持ったけど……?)」

佐為「……右下に横一列に並べてください」

俺「(…………えっと、……こう?)」ポチポチポチポチポチ

行洋「!?」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:53:58.27 ID:fyqMzJvs0
ワロタwwww
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:54:27.16 ID:0EcdASzW0
これはいいwww
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:55:14.35 ID:wELtAlP80
佐為「で、お願いしますと言うのです」

俺「……お、お願いします……」

行洋「……ま、待ちたまえ」

俺「え?」

行洋「……君は囲碁のルールを知ってるのか?」

俺「(どうなんだよ?おい。怒ってるぞこの人)」

佐為「このままで勝てるからかかってこい。と言って下さい」

俺「(いえるかアホ!)」
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:55:16.37 ID:WLKox8PeO
喧嘩売りすぎだwwww
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:56:38.60 ID:BN89IoPri
これどう言う事?
82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:58:32.95 ID:fyqMzJvs0
ハンデをもらったけどハンデなんていらねぇよっていう場所に置いたと思えばいい
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 11:59:02.22 ID:wELtAlP80
行洋「君は……私を侮辱してるのか……?」

俺「(…………あぁもうすっげぇ怒ってるよ……どうしよう……)」

佐為「……案ずる事はありません。私は絶対に負けません。この様な人を舐めた棋士になど)」

俺「(そういうことじゃねぇんだよ!このままじゃ打てもしないだろ!)」

行洋「……君がそれでいいと言うならいいだろう。……ただ私は全力でいく。5石置いて勝てないようなら。それまでということだ」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:02:33.00 ID:wELtAlP80
佐為「では行きますよ。」

俺「(お前……これで負けたら……もう本当……あれだからな)」

佐為「わかっています。それではまず……」

佐為「右下スミ6列目」

俺「(……ここか?)」ポチ

行洋「………………」プルプルプルプル
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:05:16.99 ID:wELtAlP80
行洋「……いいだろう……君が互戦を希望してるのはよーくわかった……」

俺「(……は?何でまた怒ってるの?俺なんか間違った?)」

佐為「いいえ。何も間違ってません。誤ったのはこの男の最初の態度です」

行洋「仮にも……名人といわれる腕を味わっていくといい」パチッ
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:09:42.36 ID:wELtAlP80
行洋「(……アキラに勝ったと聞いたが、やはり子供は子供……)」ポチッ

俺「…………」ポチッ

行洋「(アキラでさえ2石置かないと私とは戦えないと言うのに……愚かな子だ)」ポチッ

俺「…………」ポチッ

行洋「(……せっかくの院生試験だと言うのに、愚かなプライドのせいで棒にふるか……それもいいだろう)」

俺「…………」ポチッ

行洋「…………………………………………」ポチッ

俺「…………」ポチッ

行洋「(…………………………あれ?)」
105: 転載禁止アフィざまあ 2012/03/29(木) 12:10:12.26 ID:vL/w9XJY0
あれれ~?
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:10:44.68 ID:bHJXP8Id0
萌えおっさん
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:14:24.77 ID:wELtAlP80
行洋「(……いかん。……これは…………いかん……)」ポチッ

俺「…………」ポチッ

行洋「(…………いかん。……これはまずいぞ……左辺から繋ぎたいが……いや、これは……)」

俺「…………」

行洋「(…………まずい……このままだと右上が完全に死ぬ……)」

俺「…………」

行洋「…………………………………………………………」ポチッ

俺「……」ポチッ

行洋「(…………まずい)」
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:15:01.41 ID:L5sfHN880
焦るおっさんかわゆすな~www
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:19:25.01 ID:wELtAlP80
行洋「…………」ポチッ

俺「…………」ポチッ

行洋「(……一応生きたが…………右辺は大損だ……。形勢は……私のガン不利……)」

俺「………………」

行洋「(…………この子はいったい……なんなんだ……?)」

俺「(…………このおっさん考えるの長いよ。マジで。)」
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:21:01.30 ID:wELtAlP80
行洋「………………」

俺「………………」

行洋「………………」

俺「………………あの……?」

行洋「………………なんだね?」

俺「横になりながら打ってもいいですかね……?」

行洋「…………ほう?」プルプルプル
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:21:36.56 ID:I5vKUqzNO
ガン不利wwwwwwww
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:21:43.37 ID:3dZTfrs30
おじさん涙目wwwwwwww
128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:21:58.06 ID:RHVaEH4d0
舐めプ過ぎwwww
130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:22:35.69 ID:CxpLKqMT0
無礼www
134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:25:05.49 ID:DabYLKMC0
サイが怒るだろこれはw
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:25:18.46 ID:wELtAlP80
10分後


俺「…………………………」

行洋「…………………………」

俺「…………………………」

行洋「…………………………」ポチッ

佐為「……あ、打ちました」

俺「……んぁ?……よっこいせ」ポチッ

行洋「……………」プルプル
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:28:13.62 ID:wELtAlP80
俺「(……で、どっちが勝ってるんだよ?)」

佐為「……まだわからないところですね。五分五分と言ったところでしょうか?」

俺「(やっぱりお前強かったんだな。名人だろ?この人)」

佐為「……えぇ、油断なら無い局面が続いてます」

行洋「………………」ポチッ

俺「(おっ?名人が打ったぞ?)」

佐為「……えぇ。それでは右下スミ9列目」

俺「…………」ポチッ

行洋「………………負けました」
153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:30:46.69 ID:wELtAlP80
佐為「さぁ名人が負けを認めましたよ?なんと言うのですか?高らかに。さぁ」

俺「(えっ……?……えっと……)」

俺「……か、勝ちました」

行洋「…………」プルプルプル
154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:31:08.30 ID:3dZTfrs30
クソワロタwwww
155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:31:10.19 ID:PVSMUygd0
トドメさしたか…
160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:31:56.27 ID:CxpLKqMT0
勝ちましたwww
171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:34:19.54 ID:wELtAlP80
行洋「言い訳を…………させてもらってもいいだろうか……?」

俺「……えっと…………、どうぞ……」

行洋「…………私は指導碁のつもりで打っていた。…………それはわかってくれるだろうか」

俺「…………そ、そうなんですか……」

行洋「…………負けが惜しいわけじゃないんだ。……ただ……日本の囲碁がこの程度だと……思ってほしくないだけだ」

俺「…………はぁ……」

行洋「…………次は互戦で打ちたいものだな」

佐為「今打ったではないか!」
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:35:15.07 ID:3mRiKW7d0
>>171
言いw訳w
174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:35:36.63 ID:3dZTfrs30
今打ったではないか!(迫真)
178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:36:52.24 ID:kiyuacNU0
や、やべえ
テラわろすwwwwwwwwwwwww
182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:39:08.04 ID:wELtAlP80
10分後


受付「……あ、先生!お疲れ様です!」

行洋「…………あぁ、……おつかれ」

受付「で、どうでしたか?あの子。先生の御眼鏡に適いましたか?」

行洋「…………あ、あぁ……私に勝ったよ……………………5石置いて」

受付「ほぉ!それはすごい!院生の中でもかなりの実力者だ!先が楽しみですな!」

行洋「………………そうだね……」

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:39:29.71 ID:lrTt/GA60
そうだねwwwwwwwwwww
187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:40:26.79 ID:dKOJD+DH0
5石置いてwwwwwwwwwww
188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:40:33.49 ID:dq2pYQF80
いや確かに5石置いたけどさ
196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:44:52.67 ID:wELtAlP80
翌日 俺の家


俺「……結局昨日のは合格だったのかよ?」

佐為「……少なくとも勝利したので、不合格ではないかと……あの打ち方はどうかと思いましたが」

俺「だって、長いんだもん。お前はいいよ?好きな碁だもん。そりゃ時間がたつの早いだろうさ
  でも、俺はひたすら見てるだけだぜ?お経聞いてるようなもんだよ。あれは」

テレビ『…………異例の事態で……』

俺「…………ん?」

テレビ『……棋士界は、塔矢行洋名人の突然の引退に混乱に包まれています!』

テレビ『詳しい続報は、また情報が入り次第お届けしたいと思います!』

俺「………………」

佐為「………………」

俺「………………おい」

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:48:11.47 ID:wELtAlP80
佐為「……………………」

俺「………………引退してるじゃん…………名人」

佐為「…………らしいですね」

俺「……らしいですねって……お前…………どんな勝ち方したんだよ……?」

佐為「……互戦ですよ……?…………お互い切磋琢磨しあいました」

俺「…………じゃあ何で引退してんだよ……」

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:48:46.88 ID:9RmWqUWv0
互戦クッソワロタ
213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:49:16.74 ID:Y+pyZTif0
あんな舐めプレイされてたら
214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:50:34.07 ID:PVSMUygd0
自分の態度が悪かったことに気づけwwwww
215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:50:43.61 ID:9RmWqUWv0
俺「横になりながら打ってもいいですかね………?」

行洋「…………………ほう?」プルプルプルプル

これはwww
222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:54:35.36 ID:wELtAlP80
一週間後 棋院会館


受付「えっと……君は合格だそうだ。名人が将来を楽しみにしてるって言っていたよ」

俺「あ、そうですか」

受付「えっとそれじゃあ先週言ったとおり、試験代と棋譜3枚はもってきてくれたかな?」

俺「あの、……調べたんですけど、プロ試験受けるのは院生じゃなくてもいいって……」

受付「……あぁ、外来のことかい?……うん。外来なら院生じゃなくても受けれるよ」

俺「じゃあ院生になるのやめますね。外来でまた来ます。それじゃありがとうございました」スタスタ

受付「…………え?」
223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:55:16.98 ID:q+VBngsN0
ちょwwww
224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:55:18.62 ID:3dZTfrs30
棋譜三枚もないしなwwww
232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 12:59:35.63 ID:wELtAlP80
俺の家


佐為「……うぅぅぅ……院生になったほうが絶対多く打てるのに……」

俺「お前の腕で院生なんて、ほかの人たちの迷惑以外の何物でもないだろ」

佐為「でも……打つ機会とか……くれないですよね……?」

俺「うーん、中学の入試もあるしなぁ……」

佐為「たまにでいいので……打たせてくれませんかぁ……」

俺「(手っ取り早くプロになれないんだけど、どうしようか……お金がほしい……)」
237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:02:43.68 ID:wELtAlP80
塔矢家


俺「というわけで、相談に来ました」

行洋「……君は……私のことを友達と思っているのか……?」

俺「いえ、良きライバルと思っています」

行洋「…………」プルプルプル

俺「(……あれ?怒ってる?)」

佐為「わざとやってませんか?」
239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:03:22.78 ID:AThwB+2K0
俺「いえ、良きライバルと思っています」

くっそわろたwwwwww
240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:03:43.50 ID:kkZ4LRDI0
怒るだろこれwwwwww
243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:07:46.58 ID:wELtAlP80
行洋「……そもそも君は……本当にプロになりたいのか?」

俺「なりたいです」

行洋「……勝手な憶測で申し訳ないのだが、私にはどうしてもそうは見えない」

俺「…………」

行洋「君の棋力は確かに目を見張る……というにはあまりに大きすぎる力であるが……どうも素直に賞賛できんのだ」

俺「…………」

行洋「……はっきり聞こう。……君はプロになってプロと対戦したいのか、それともお金がほしいだけなのか?」

俺「(…………もうほんとめんどくさい……囲碁は弱いくせに洞察力は無駄に鋭い……)」
245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:08:26.91 ID:AThwB+2K0
俺「(…………もうほんとめんどくさい……囲碁は弱いくせに洞察力は無駄に鋭い……)」

てめーの実力じゃねーだろwwwww
246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:08:49.13 ID:KToKY1gtO
弱いくせにwwwwwwwww
249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:12:25.98 ID:wELtAlP80
行洋「……まぁいいだろう……君がお金を稼ぎたいとも、プロになりたいとも言うのなら、ひとまずはプロ試験まで待たねばならん」

俺「そこまで待ちたくないんですが、なんとかなりませんか?名人」

行洋「都合のいいときだけ名人と呼ぶのはやめたまえ。それに私はもう名人ではない」

俺「行洋さん。なんとかなりませんか?」

行洋「……塔矢さんと呼びたまえ」

俺「(…………ほんっとこの人めんどくさいな。……俺に負けたくせに)」
256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:16:24.64 ID:wELtAlP80
行洋「ならば、中国の大会に出たまえ」

俺「……?中国ですか……?」

行洋「お金を稼ぎたいのなら、一番手っ取り早い。……知ってると思うが、日本ではアマチュアは大会に出られないことになっている」

俺「……え?そうなんですか?」

行洋「でないとプロが存在してる意味がないだろう?」

俺「あ、そうですね。なんでプロってあるんですか?」

行洋「…………碁の研究と、後世のための育成を目的としてプロが存在してるんだ」

俺「ふーん、……大会で賞金がもらえるのがプロだけなのと関係あるんですか?それ」

行洋「……君は少し黙りなさい」

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:20:26.43 ID:wELtAlP80
中国 北京


俺「来てしまったな。中国」

佐為「熱いですねー」
267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:23:06.43 ID:wELtAlP80

佐為「でも一人で来て大丈夫だったんですか?」

俺「んー、行洋がホテルとか手配してくれるって言ってたからたぶん大丈夫」

佐為「言葉とか大丈夫ですか?」

俺「……え?お前がいるじゃん」

佐為「…………え?」

俺「…………え?」

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:25:23.42 ID:wELtAlP80
佐為「あの……一応言っておきますが、中国語なんて私、ぜんっぜんわかりませんよ?」

俺「いやいや!何でだよ!わかるだろ?」

佐為「……逆にこっちがいやいや!ですよ!何でわかると思ってたんですか!?」

俺「そんなこと言い出したら、何でお前今日本語わかるんだよ!」

佐為「私の生まれは日本です!」

俺「現代語と古語を一緒にすんな!」

佐為「それは!……………………あれ?」
275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:29:10.58 ID:wELtAlP80
5分後

俺「……え、エクスキューズミー……」

通行人「……?○×△□×△○×△□×」

俺「(……どうだ?)」

佐為「さっぱりです」

俺「(ちっくしょぉぉおお!)」
278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:31:28.32 ID:wELtAlP80

俺「……で、だ」

佐為「……はい。」

俺「整理すると、お前が日本語をしゃべれるのは……ていうか喋る様に意思が俺に伝わるのは、俺が日本語を知ってるからでいいのか?」

佐為「……そうなんですかね……?」

俺「……なら俺はどうすればいい?……異国の地で一人ぼっちだぞ」

佐為「とりあえず囲碁打てるとこいきませんか?」

俺「…………お前……本当いい加減にしろよ?」
279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:33:45.80 ID:kkZ4LRDI0
お前もいい加減にしろwwww
281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:34:44.89 ID:wELtAlP80
碁会所


俺「何か漢字で碁って書いてたから入っちゃったじゃん……」

佐為「すごいですね!日本よりもさらに碁盤がいっぱいですよ!?」

俺「(お前はいいよな……寝る心配とかないから……ていうか受付どこだよ)」ウロウロ

楊海「……ん?」

283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:35:27.70 ID:WfOEsuEH0
外国語が趣味の楊海さんキター
285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:37:56.87 ID:wELtAlP80
5分後

楊海「……はっはっは!そうか!大会に出るために一人で来たのか!言葉もわからないのに行動力すごいな!」

俺「本当お恥ずかしい限りで……あ、あと日本語上手いですね……」

楊海「ん?あぁ俺は語学が趣味なんだよ。ほかにも韓国語とかできるぜ?ほかの言語も勉強中だ」

俺「(……この人が俺に憑けばよかったんだ)」

佐為「私は!?」
288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:41:15.92 ID:wELtAlP80
楊海「で、明日の大会にでるんだっけか?一応名前は北京カップになってるけど、アマプロ問わずだから世界中から集まってるんだぜ?」

俺「アマプロ問わずって結構珍しいんですか?」

楊海「うーん、ここじゃ珍しいってほどじゃないんだが、何せ賞金が高いからな。日本はもちろん、韓国からもプロが着てるぜ?」

俺「韓国にもプロがあるんですか?」

楊海「おうおうおう。そんなセリフ大会中に絶対言っちゃダメだぜ?喧嘩になっちまう」

俺「(……居るの?韓国にプロ)」

佐為「韓国ってどこですか……?」
297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:47:12.89 ID:wELtAlP80
楊海「よし!じゃあ今から俺が住んでるところに来ないか?」

俺「……え?」

楊海「そっちのホテルはほっといてよ。こっちにくれば棋士見習いがいっぱい居るぜ?お前と一緒の」

俺「(……うわっ……帰って寝たいんだけど……)」

佐為「いきましょう!ぜひいきましょう!」

楊海「どうだ?くるだろう?くるよな?よし決まりだ!さあ行くか!」

佐為「行きましょうか!」

俺「(……お前……本当……)」
305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:50:11.60 ID:wELtAlP80
棋士寮 楊海の部屋


楊海「よし、それじゃあみんなに紹介する前に、君の棋力を確かめるとするか!」

佐為「望むところです!」

俺「(……やっぱりこのパターンだよ!わかってたよもう!)」

楊海「置き石は……とりあえず5個から始めるか」

佐為「……はい?」

俺「(……で、このパターンだろ!ワンパなんだよ!)」
307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:53:51.29 ID:wELtAlP80

俺「(いいか……佐為)」

佐為「……何がですか?」

俺「(俺は今、とっても眠たいんだ……)」

佐為「……それがなにか……?」

俺「(行洋のときみたいにふざけたりしないで、全力でたたきつぶせ。できれば5分以内で)」

佐為「…………わかりました。では……、その者に10秒碁と伝えてください」

308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:54:50.53 ID:rJ9phqPL0
ひでぇwwwwwwww
309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 13:57:28.15 ID:wELtAlP80
俺「楊海さん。……10秒碁でもいいですか?」

楊海「おいおい。逆に聞くけどいいのか?俺はプロだぜ?」

佐為「そして……こう言うのです…………」ヒソヒソ

楊海「……わかった。じゃあ10秒碁だな」

俺「…………あ、それと1分切れ負けでお願いします」

楊海「一分切れ負け!?」
311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:00:32.96 ID:wELtAlP80
楊海「お前意味わかって言ってるのか!?俺もしまいには怒るぞ!?」

俺「なにかおかしいこと言いましたか?」

楊海「一手一秒で指しても最高で120手までだぞ!?お前五目並べやる気か!?」

俺「お願いします。これが最も得意な戦法なんです」

楊海「時間切れで相手を負かす戦法なんてあるわけねぇだろ!」
312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:00:54.53 ID:jY2m/8zjO
主が酷いと佐為も酷くなるんだな
313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:01:09.23 ID:Y+pyZTif0
一手10秒で合計1分長考したら負けってこと?
ハイスピードだな
318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:03:36.36 ID:wELtAlP80
俺「(こう言ってるけど……大丈夫なのか?)」

佐為「問題ありません。互戦ならまずムリですが、5石あるなら2分のうちに相手の戦意を喪失させることができます」

俺「(そりゃぁ早く終わればいいと思ったけど……2分てお前……)」

楊海「いいだろう!かかってこいよ!その高い鼻へし折ってやるよ!」

俺「(…………めっちゃ怒ってるし……)」

佐為「ではいきますよ。右上小目!」ピシッ!
324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:07:36.68 ID:wELtAlP80
楊海「」バチッ!

佐為「」スッ
俺「……」ポチ

楊海「」バチッ!

佐為「」スッ
俺「……」ポチ

楊海「」バチッ!

佐為「」スッ
俺「……」ポチ

楊海「」バチッ!

佐為「」スッ
俺「……」ポチ

楊海 残り1:29   俺  残り 0:46

327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:12:22.69 ID:wELtAlP80
楊海「」バチッ!

佐為「」スッ
俺「……」ポチッ!


楊海「」バチッ!

佐為「」スッ
俺「(おいっ!あと10秒だぞ!お前本当に勝てるのかよ!)」パチ

楊海「」バチッ!

佐為「……では、……この者にこう言って下さい」

楊海「(………………あ、あと7秒……)」

俺「…………」

俺「…………そ、そこまでして勝ちたいのですか……?」パチッ

楊海「!?」
330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:14:00.58 ID:llpdkG2Q0
佐為www
331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:14:07.62 ID:wELtAlP80
楊海「………………」

俺「………………」

佐為「………………」

楊海「…………俺の…………負けだ……」

楊海 残り0:39  俺 残り0:02
340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:18:55.34 ID:wELtAlP80
俺「(……あっぶねぇ……佐為……お前ほんっと……マジで……)」

佐為「…………」

楊海「……やられたよ……完敗だ……。1分を過ぎた時点で負けは確信した。」

俺「…………」

楊海「悪かった。君の実力も知らないくせに5石置けなんて言って。とんだ侮辱だったな」

俺「……い、いえ……」

楊海「……きみの一言……効いたよ……。いや、ショックを受けたな。時間切れを狙ってる自分に」

佐為「恥じることはありません。時間切れも堂々たる手です」

341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:19:22.38 ID:LHVUkiTP0
楊海「時間切れで相手を負かす戦法なんてあるわけねぇだろ!」

おまえwwwwww
353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:28:35.87 ID:wELtAlP80
楊海「君のレベルならここに居る奴らでも役者不足かもしれないな」

俺「俺ってそんなに強いんですか……?」

楊海「……?おかしなことを聞く奴だな。碁はあんなに喧嘩腰なのに」

俺「いや、眠くて……つい……ごめんなさい」

佐為「…………正直すぎです」

楊海「……ね、眠くて……?……あっはっはっは!お前はすごいな!よし、大会は明日だったな!?俺がマネージャーとしてついてやるよ!」

俺「……あれ?楊海さんも出場するんじゃないですか?」

楊海「取り消しだよ!お前には勝てないからな!それよりお前の碁を見たほうが面白い!」
357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:35:32.43 ID:wELtAlP80
大会当日


楊海「本当は予選を勝ち上ってこないと出場できないはずなんだが……」

俺「……これは……」

楊海「お前……一体なんなんだ……?いや……あの、実力を考えると……いや…」


日本棋院 塔矢行洋名人 特別推薦枠 『俺』



俺「(無条件でシードかよ……)」
359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:36:47.01 ID:KC+u9ozp0
塔矢行洋の至れり尽くせり巻www
365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:39:52.35 ID:wELtAlP80

中国人『あの塔矢行洋が推薦するこの俺ってのは誰なんだ……』ザワザワ

韓国人『前代未聞じゃないのか!?特別シード枠って……』ザワザワ

どっかの国『この俺とは……いったい…………』ザワザワ


会場「『この【俺】には要注目だな……』」ザワザワザワ




prrrrrrrrrrrrrr ガチャッ

行洋「……はい。塔矢行洋だが」

俺「何考えてるんですか?」
366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:40:32.28 ID:KJhmtYz60
友達かよwwwwww
367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:41:11.98 ID:s1wG7O8h0
普通に電話してんじゃねーよ
370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:42:36.19 ID:wELtAlP80
行洋「君は手っ取り早くプロになって金を稼ぎたいのだろう?」

俺「……一言もそんなこと言ってません」

行洋「君の目を見ればわかる。……そのドス黒く汚れた目は何より雄弁に語ったよ」

俺「…………まだ怒ってるんですか……?負けたこと………」

行洋「黙りなさい」
372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:44:13.57 ID:9RmWqUWv0
「黙りなさい」www
373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:44:14.00 ID:ute6Dajc0
すげえ嫌われてるwwwww
375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:44:44.34 ID:2RGGjODB0
>行洋「君の目を見ればわかる。……そのドス黒く汚れた目は何より雄弁に語ったよ」

言いすぎだろwwwww
376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:44:59.13 ID:wELtAlP80
行洋「とにかく、そこまで目立った君が、もしその大会で優勝したら……君は一躍スターになれるだろう」

俺「……まぁ……そうでしょうね……」

行洋「そして次に君が日本のプロではないということが知れ渡る」

俺「…………」

行洋「そこから先は展開が読める。日本棋院は何故この天才少年をプロにしないのか、と……そうなる」

俺「……な、なるほど」

行洋「つまり、プロ試験まで待てないのなら、プロより強いことを証明すればいいわけだ」
382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:49:05.82 ID:wELtAlP80
俺「まぁ名人に勝ってる時点で、日本で一番強いんですけどね」

行洋「あれは指導碁だ」

俺「……そういうスタンスで行くって決めたんですか?」

行洋「とにかく、その大会で優勝すれば君の望みが叶うというわけだ」

俺「…………意外といろいろ考えててくれたんですね」

行洋「……うむ。……できることなら中国でプロになりなさい。帰ってこなくていいから」

386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:50:21.49 ID:qDWKXVgc0
帰ってこなくていいからwwwwwwwww
387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:50:36.84 ID:s1wG7O8h0
本音が出たな
392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:55:13.88 ID:wELtAlP80
10分後


楊海「……今聞いてきたら、お前は3回戦からだそうだ」

俺「どんだけシードなんですか?」

楊海「お前は2回勝てば優勝だな。ていうかそもそも予選からして激戦だったんだがな」

俺「まぁありがたいんですかね……?」

楊海「ただ、その分油断は禁物だぞ?しょっぱなからトップクラスの棋士とあたるんだからな?」

俺「(だってさ……)」

佐為「任せてください!」
398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 14:59:29.95 ID:wELtAlP80
翌日 大会準決勝


楊海「お前の相手が決まったぜ?」

俺「……誰になったんですか?」

楊海「うちの棋院の9段だ。かなり強いぜ?名前はたぶん知らないと思うな。中国棋院だし」

俺「(ていうか、日本棋院でも行洋以外知らないけど……)」

楊海「楽しみにしてるぜ!お前の碁!」

俺「…………あ、楊海さん……中国語で勝ちましたってなんていうんですかね?」
399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:00:20.58 ID:AThwB+2K0
>俺「(ていうか、日本棋院でも行洋以外知らないけど……)」

他の棋院の人のプライドを叩き追ったな
401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:00:28.83 ID:dq2pYQF80
言うつもりなのか
406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:01:42.24 ID:qdwn18n+0
生きて日本に帰れないな
410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:04:48.17 ID:wELtAlP80
30分後


係員『それじゃ持ち時間3時間30分。コミは5目半』

楊海「~~~って意味だ」


係員『それでは開始してください』

俺「お願いします」

中国9段「お願いします」
414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:05:45.52 ID:wELtAlP80
俺「……」ポチ

9段「……」パチッ!!

俺「……」ポチ

9段「……」パチッ!!

俺「……」ポチ

9段「…………」パチッ!!

俺「……」ポチ

9段「………………」パチッ!!
416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:07:18.70 ID:wELtAlP80
5分後


俺「…………」

9段「……………………………………」

俺「…………」ゴソゴソゴソ

9段「…………………………!?」

俺「…………」ピコピコピコ   ←ゲームボーイ
418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:07:55.50 ID:AThwB+2K0
舐めプ入りまーすwwww
419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:08:01.30 ID:bHJXP8Id0
考えてるのはSAIだからな
422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:08:11.64 ID:ysdbCQ3Q0
ゲームボーイwwwwww
438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:11:26.15 ID:wELtAlP80
係員『ちょっちょっと君!?』

楊海「お前っ!?……マジか!?」

俺「え……?」

楊海「昨日あたりから……、いや初対面時からうすうす思ってたんだが、お前マジなのか!?そこまでか!?」

俺「……あれ?ゲームとか……ダメでした?本にすればよかったですかね?」

楊海「そういう事じゃねぇ!」
439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:12:30.66 ID:CxpLKqMT0
確か本を読むのはルール内だったか
部活の先輩キャラが読んでたよな
444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:14:20.85 ID:wELtAlP80
楊海「とりあえずそれをしまえ!失格になるぞ!?」

俺「(……といわれても…………わかんないかなぁ……この気持ち……ただ7時間座って眺めてるだけの苦痛……)」

俺「…………退席するのはいいんでしたっけ……?」

楊海「いいから碁に集中しろ!」
446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:15:58.28 ID:wELtAlP80
9段「…………」プルプルプルプル

俺「…………あ、そうだ……楊海さん」

楊海「……なんだよ?」

俺「俺トイレに行ってるんで、この人が打ったら電話してくれませんか?これ俺の番号です」

楊海「お前マジで真性だな!」
448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:16:38.82 ID:9RmWqUWv0
俺ブレなすぎwwwwwwwww
459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:19:59.27 ID:wELtAlP80
2時間後


9段「………………」

俺「(もうすっげぇ考えてるよ……この人…………ねぇ佐為……)」

佐為「はい。なんですか?」

俺「(今どっちが勝ってるの……?)」

佐為「……五分五分といったところですかね……?」

俺「(……もうお前それしか言わないよな。……なに?そういうと長く打てるとでも思ってるの?)」
464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:25:13.83 ID:wELtAlP80
俺「………………」

9段「………………」


楊海「………………」

楊海「(……まさか……ここまでとはな…………完全に9段の上を行ってる………
     いやそれどころか、9段の頭の上でビリージーンを踊ってる様なもんだな……)」

楊海「(……しかしひどい碁だ…………いや、内容は至高の一局なんだが……打ち方が汚すぎる……)」

楊海「(日本棋院のプロは、対局中にコンビニに行ってポテチを買ってくるのか……?よくわからん……こいつだけだと思いたいが……)」


俺「…………ふぅぁああ~」

9段「…………」ピクピクピク


楊海「(……こいつだけだな)」
474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:29:33.74 ID:wELtAlP80
30分後


9段『…………ま、まけ…………ぐぐっ……ま……け、ました……』

俺「……え?」

楊海「負けましたって言ったんだよ。いま」

俺「あ、そうなんですか……」

俺「…………」

俺『……勝ちました!』ニコ

9段『!?』ガタッ

475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:29:58.31 ID:yern/6Qt0
ガタッwwww
480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:30:19.17 ID:LHVUkiTP0
勝ちましたwwww
492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:32:28.36 ID:wELtAlP80

楊海『おちつけ!相手はただのガキだ!相手にするな!』ガシッ

9段『ふうぅ!ふうぅうぅ!!ふぅぅ!!』

俺「(……あれ?伝わってない……?発音おかしかったのかな?)」

俺「…………あー、……んっんっ!」

俺「…………」

俺『……勝ちましたぁ!』  ←かなり流暢

9段『ふうううううぅぅぅ!!!ふぅぅ!!!』

楊海「お前はもう黙っとけ!!」
493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:32:42.79 ID:hmUJKFAU0
はい一人壊しましたーwwww
498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:33:27.99 ID:FMCs5xRd0
対局するたびに俺が屑になっていくwwww
512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:38:37.45 ID:wELtAlP80
10分後


楊海「厳重注意だとよ…………9段の方に……」

俺「びっくりしましたよ……いきなり怒り出して……」

楊海「お前が中国語を聞いてきたのがこういうことだって最初からわかってたら、絶対教えなかったけどな」

俺「そんな事言わないでくださいよ」

楊海「……ちなみに決勝の相手はもう決まってるぞ。韓国のプロ高永夏だ。」

俺「…………韓国ですか……」

俺「…………」

俺「…………ちなみに韓国語で勝ちまs」

楊海「教えねぇよ!」
543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:47:47.31 ID:wELtAlP80
10分後 会場広場

司会『それでは、今回決勝まで上がってきた二人を紹介しましょう!』

司会『まずは、先に進出を決めた韓国棋院プロ!高永夏!』

高永夏「…………」ペコ

司会『続いて、打つ碁は至高!本人はドブ!打つたびに周囲の反感を買うアマチュア!俺!』

俺「………」ペコ


楊海「………酷い言われようだな」


会場「『ブーブーブー』」


楊海「(……何言われたか、わかってないでニコニコしてるのが、なおさら反感買ってるな……)」
551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:50:43.30 ID:csZGpI1xO
たった一回でその紹介かw
554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:52:02.31 ID:wELtAlP80

司会『それでは、まず先に高永夏プロからなにか一言をいただきましょうか』

通訳「~~~~~~」

高永夏『…………』

高永夏『……正直、この大会のレベルには失望した。』

楊海「!?」

高永夏『中国でもトップクラスと聞いていたが、こんな日本のアマチュアのチビが決勝に上がってくるなんて酷いもんだ』チラッ

俺「…………?」ニコ

高永夏『……戦う気もうせる』

通訳『……えっと……あ、~~~~~~~~~~だそうです……』


会場『『『『ブーーーーーーーーー!!!!!!!!』』』』


561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:56:23.66 ID:wELtAlP80
楊海「(……マジか……あいつ……異国の大会で、ここまで敵を作るなんて……正気の沙汰じゃない……)」
567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 15:58:49.65 ID:wELtAlP80

楊海「(……マジか……あいつ……異国の大会で、ここまで敵を作るなんて……正気の沙汰じゃない……)」

俺「…………ふぅあぁぁ~」

楊海「(……あいつは最初からどうしようもないが……、高永夏のは明らかに違う……、いったい何の狙いがあるんだ……?)」



司会『えぇでは次に、日本のアマチュアチビ!俺!どうぞ!』

俺「……?」

楊海「インタビューだよ!……なんか適当に話せ!」
573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:02:36.76 ID:wELtAlP80

俺「(……なんか話せって言われても……、どうしよう……)」

俺「………………」

俺「……えっと……、正直……囲碁にはあまり興味はありませんし……、中国にも興味ないです……、あ、あと韓国も……」

楊海「!?」


俺「何でこの大会に出たかって言うと……、賞金が……えへへ……ちょっと魅力だったんです」

俺「でも、出たからにはきっちり優勝したいと思います!応援よろしくお願いします!」



通訳「……………………えっと……」

通訳『…………、~~~~~~~~~~~だ、そうです……。』

高永夏『!?』

会場『!?!?!?』
589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:07:35.67 ID:wELtAlP80
10分後


楊海「お前、仮に優勝したとしても、帰り道気をつけたほうがいいぞ……?」

俺「楊海さんのところで泊めてくれるのでは……?」

楊海「いい根性だな。中国棋院の総本山で寝るか。翌日にはコンクリの中だな」

俺「……結局ホテル探さないといけないのか……」

佐為「自業自得ですよ」
590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:08:26.48 ID:ekhEtLmS0
こいつ絶対わざとやってるだろwwww
595: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:10:00.81 ID:8SEcw/FYO
もはや挑発の天才だな
佐為とこいつが組めば敵はいない
598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:15:17.75 ID:wELtAlP80
30分後 決勝

高永夏『…………』

俺「…………」

高永夏『……よう』

俺「……?」

高永夏『さっきは大そうな事言ってくれたな。……正直たまげたぜ』

俺「…………」ニコ

高永夏『…………』ピクピク

楊海「お前はすぐに煽る癖をやめろ」

俺「あ、煽ってませんよ?」
604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:18:05.43 ID:wELtAlP80
高永夏『中国や碁のことを馬鹿にしたのまではまだいい……、だが韓国を馬鹿にしたことだけは許せない』

高永夏『いいか?俺は韓国に興味がないって言ったことに対して怒ってるんじゃないぜ?』

高永夏『「あ、あと韓国」と、まるでおかしのオマケみたいに韓国を馬鹿にしたことに腹を立ててんだ。』

高永夏『いつまで日本が上位だと思っていやがる?そのふざけた考え、徹底的にぶち壊してやるから本気でかかってこいよ』


楊海「~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」

楊海「~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~、だそうだ」

俺「(…………長……)」
608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:22:26.97 ID:wELtAlP80
俺「……えっと…………」

俺「…………」

俺「……韓国のことを馬鹿にしてごめんなさい。オマケとか日本が上とかそんな事ぜんぜん思ってないです。」

俺「というより韓国ってよく知らなくて……、中国の隣にあるのは知ってるんですが……」

俺「とにかく非礼に当たったならお詫びします。」

俺「せっかく韓国に囲碁があるって知ったばかりなのに、こんな形で日本と韓国が不仲になるのは嫌です」

俺「だから仲良く対戦しましょう」ニコ



通訳「~~~~~~~~」

高永夏『……お前はマジで潰す』



611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:25:11.06 ID:gGJv3S7hO
煽りの天才だな
613: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:25:36.90 ID:nDvKv6sG0
中国の隣は北朝鮮www
610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:24:45.26 ID:wELtAlP80
試合開始


俺「お願いします」

高永夏『……お願いします』


先番 俺 

634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:31:04.22 ID:wELtAlP80
俺「…………」ポチ

高永夏『…………』パチッ!

俺「…………」ポチ

高永夏『…………』パチッ!


楊海「(……この一戦……見ものだな……煽ったおかげで、やる気をなくしてた高永夏が完全に本気だ……)」


俺「…………」ポチ

高永夏『………このクソチビには絶対負けねぇ』パチッ!

俺「(くっそ眠い……)」ポチ

佐為「!?」
644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:34:22.27 ID:wELtAlP80

高永夏『!?』

楊海「!?」

佐為「そ、そこじゃありません!」

俺「(……は?お前ここ指してたじゃん……)」

佐為「そ、その隣です!」

俺「(……知るかよ!お前っ!ほんっと!そのセンスが悪いんだよ!無駄にかっこつけやがって!指で指せよ!)」

佐為「い、今までこれで上手くいってたじゃないですか!」


楊海「(……これは……これで左辺下の攻防は完全に高永夏有利だ……何考えてるんだ……?こいつ)」
654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:37:38.72 ID:wELtAlP80
俺「(おまえ…………これ優勝できなかったら……俺完全に時間と金の無駄遣いだぞ……?)」

佐為「わ、わたしのせいじゃないですよ!」

俺「(…………仕方ない…………おい、佐為……お前ここから勝てるか?)」

佐為「……かなり…………厳しいですね……この者の底がまだ見えません……」

俺「(……絶対に勝て。…………それがお前の仕事だ。)」

佐為「…………わかりました」

俺「(よし…………俺は……俺の仕事をする……)」

655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:38:01.63 ID:JXc+JiIQ0
まさか…
666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:40:05.47 ID:wELtAlP80
俺「…………あの……」

楊海「……どうした……?」

俺「椅子持ってきてくれませんか……?3つほど」

楊海「…………一応聞くが、何でだ?」

俺「疲れたんで、横になりながら打ちます」



通訳『~~~~~~』

高永夏『!?』
667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:41:03.67 ID:SIUKV91N0
でたwwwww
668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:41:10.16 ID:kkmuUP9P0
本領発揮きたな・・・
674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:42:27.08 ID:wELtAlP80
俺「……それと前にこうやって横になりながら打って怒られたことがあるんで、さっきのポカはその代金ってことで許してくれませんかね?」

通訳『~~~~』

高永夏『……お前……面白いよ』

俺「……あ、あと楊海さん」

楊海「なんだよ!」

俺「中国ってピザのデリバリーとかありますかね?」
681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:44:27.94 ID:wELtAlP80
20分後


ピザ屋『……本当にこちらで合ってるんでしょうか……?』

俺「はいはい。合ってますよー、いくらですか?」

ピザ屋『ま、まいどあり……』



俺「……おっほっ!熱っ!うまっ!」ポチッ

高永夏『…………』プルプルプルプル
688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:46:20.98 ID:wELtAlP80
俺「(……佐為……形勢はどうなってる…………?)」

佐為「……かなりきわどいです…………でも、左辺上で高永夏が先を急いで、そこを制することができました……戦況はまさに五分です)」

俺「(……よし……あと少し……)」

高永夏『…………』イライライラッ
691: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:46:51.80 ID:ufN0C5zi0
屑すぎるwwww
697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:48:30.19 ID:NvTq/clo0
ある意味仕事してる
698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:48:39.99 ID:X8iQKJRL0
高度な心理戦だな
699: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:50:34.94 ID:wELtAlP80
佐為「……時間はまだ1時間以上余ってます……いっそのこと銭湯にでも行きますか……?」

俺「(……いやダメだ……、ここで俺たちが居なくなったら、高永夏は冷静さを取り戻す……)」

佐為「……ならどうするんですか?」

俺「(もっともっと怒らせる……冷静な思考なんて絶対できないような……かつ、失格にならないような煽りで……」

佐為「……そんな事できるんですか……?」

俺「(……やる。…………やらないと……俺たちの負けだ)」
702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:51:12.39 ID:kzBy4Zhp0
>佐為「……時間はまだ1時間以上余ってます……いっそのこと銭湯にでも行きますか……?」

てめえもかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
703: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:51:33.70 ID:+Mtmg1o90
佐為もクズだった
706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:52:17.36 ID:AThwB+2K0
>俺「(……いやダメだ……、ここで俺たちが居なくなったら、高永夏は冷静さを取り戻す……)」

この小学生すげぇ
714: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:53:21.81 ID:sFMbxQ6/0
数々の煽りを見てついに佐為も成長したか…
715: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 16:53:46.28 ID:hmUJKFAU0
サイもきづいたんだよ
神の一手は盤上に非ず
735: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:00:38.47 ID:wELtAlP80
そこからは『俺』の怒涛の煽りだった。



ピザを半分以上残しつつのカップラーメン

俺「……ふぅ~ふぅ~はふっはふっ!」ポチッ



夏だと言い張り、海パンと浮き輪を装備

俺「……夏ですね……高永夏なだけにね……」ポチッ



MDプレイヤーを装備しつつの時計の故意の押し忘れ

高永夏「おいっ!クロックを押せ!」

俺「…………♪♪」


どれもこれも既に反則になってもおかしくない手だが、小学生という事を考慮されて、まだ対局は続いていた。


だが、小学生であるがゆえに……どれも高永夏にミスを誘うことはできなかった。
745: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:04:29.06 ID:wELtAlP80
局面は既に小ヨセ間近。

形勢は、わずかに佐為不利。

『俺』の必死の煽りも

佐為の懸命な追い上げも

あと少しばかり足りなかった。
752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:07:00.42 ID:wELtAlP80
俺「(…………佐為……これ……俺たちの負けか……?)」

佐為「…………小ヨセに入ってしまうと……道はひとつです……逆転はありません」

俺「(……そっか……俺負けたのか…………)」

佐為「……負けたのは私です…………『俺』はよくやってくれました」

俺「(…………今まで適当にやってたのに、何でこんな見苦しい煽りなんてやったんだろう……)」
756: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:07:52.76 ID:SIUKV91N0
負けたんかーいwwwww
765: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:12:01.44 ID:wELtAlP80
高永夏『…………おい』

俺「…………?」

高永夏『散々好き勝手やってくれたよな?おい。負けたらお前どうなるかわかってんだろうな?』

俺「…………」

高永夏『バッシングの嵐だぜ?当たり前だよな?あんだけ調子にのってくれたんだ。』

高永夏『絶対に日本の新聞にも載るぜ?当然だよ。ここまで他国を馬鹿にしてくれたんだからな。』

高永夏『お前みたいな雑魚はここに居る勝ちはねぇんだよ。無様に負けを認めろ』

高永夏『そしたら俺がこう日本語で言ってやるから。お前の言葉こう言ってやるからよ』

俺「…………」

高永夏「……勝ちました」ニヤ

俺「……ブチッ」
767: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:13:07.86 ID:qdwn18n+0
高永夏「……勝ちました」ニヤ

wwwwww
778: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:18:07.84 ID:wELtAlP80
俺「(……なぁ……佐為……)」

佐為「……なんですか?」

俺「(……俺、結局最後の最後まで囲碁の面白さがかけらもわからなかったんだけど……)」

佐為「……それは……そうでしょうね……一回も打ってませんし」

俺「(今もぜんっぜん面白くないし、お金もらえないって言うなら即効で帰国するぐらいなんだけどさ)」

佐為「…………」

俺「(……もし、……もし仮に……俺が最初から真剣に囲碁をやってたら……ここでお前に何か……アドバイスとかできたのかな……?稚拙な煽りじゃなくてさ、本当のチームみたいに)」

782: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:19:05.67 ID:SIUKV91N0
おや?俺の様子が・・・・
788: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:22:04.77 ID:wELtAlP80
佐為「…………そうかもしれませんし……そうでないかもしれません……」

俺「(だよな…………無意味だよな……もしもの世界なんて……)」

佐為「…………はい」

俺「(だから……今できることを考えようぜ……)」

佐為「…………え?」

俺「(高永夏になくて、俺にあるもの……。それは……お前だよ佐為)」

佐為「…………どういうことですか?」

俺「(……佐為……お前…………物に触れられるか?)」
792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:23:05.91 ID:LHVUkiTP0
やっぱり屑なのかwww
798: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:24:19.50 ID:ufN0C5zi0
やはり「俺」は屑だったwwwwwwwww
803: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:26:02.87 ID:kkmuUP9P0
「偶然」に高永夏の手が動いて「偶然」変な所に置いたらいいのになあ
808: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:27:19.13 ID:wELtAlP80
佐為「……まさか…………私にイカサマをしろと……?」

俺「(…………お前って、平安の時に……アゲハマ?とにかく石を隠し持ってるって冤罪着せられて、それで自殺したんだろ……?)」

佐為「……そうですけど……」

俺「(……なら、やり返せば成仏できるんじゃないのか……?)」
811: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:28:00.89 ID:dCqkz6OC0
>>808
発想がおかしい
815: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:31:24.69 ID:wELtAlP80
佐為「絶対にそんな事したくありません!これでも棋士です!」

俺「(人に銭湯行けとか言ってたのはどこの棋士様だよ!)」

佐為「それとこれとは話が別です!大体私、物には触れられませんから!」

俺「(じゃあお前今どうやってそこに立ってるんだよ!地面には触れられるとか言うなよ!)」

佐為「こ、これは……浮いてるんですよ!」

俺「(ざけんな!)」


高永夏『……』イライラ



俺 残り20分
819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:34:51.78 ID:wELtAlP80
佐為「大体人のトラウマになってるのに、イカサマをしろとか普通言います!?」

俺「(しかたないだろ!ここまで煽っちゃったんだから!お前が責任取るか!?)」

佐為「そもそも煽りというのが、おかしかったんですよ!私も若干麻痺してましたけど!」

俺「(い、いまさらそれを言うか!?ていうかそれを言うならお前がきっちり逆転しとけば!)」

佐為「とにかく!イカサマなんて絶対聞けません!信じられないです!ヒカルならそんな事絶対言わなかった!」
821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:35:28.79 ID:kzBy4Zhp0
ヒカル・・・だと・・・?
823: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:35:46.49 ID:NLnWpb2b0
ヒカルの後なのコレ?
841: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:41:16.83 ID:wELtAlP80
俺「ヒカルならって、俺がそのヒカルだろうが!」


そう叫んだ途端。脳裏に凄まじいフラッシュバッグが走る
843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:41:55.92 ID:yIKWf8aj0
>>841
えっ・・・?
859: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:45:37.21 ID:wELtAlP80
ここじゃないどこか遠くの世界。

通ってる学校も、住んでるところも。

自分の性格までもが完全に違う。

でも、確かにそれは自分の記憶。

同じように佐為と出会うけど、囲碁を知って、面白さに気づいて、自分で打つようになる。

そんな別人のような自分の記憶。

でも、確かに覚えてる。

この悔しさ。



俺は……、以前……、こいつに負けてる。
871: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:48:36.38 ID:wELtAlP80
頭が軽い

囲碁の事は、よくわからないままだけど

何故だか、今打てば、こいつに負けないような気がする。

本当に不思議な感覚だ。

うん……。こいつには、もう絶対負けない。




そう思い、目を開け、佐為の方を見てみると。

そこにはひとつのセンスが落ちてただけだった。
890: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:52:53.59 ID:wELtAlP80
高永夏『お前……頭大丈夫か……?急に叫んだりして……』

…………

………………

……………………

「楊海さん。ごめんなさい。そこのセンス取ってもらっていいですか?」

楊海「……?あぁ、これか……いつの間に落としたんだ?」

「これ……俺、最初から持ってました?」

楊海「……?本当に大丈夫か……?……偉そうに盤面に突き刺してただろうが。」

「そうですか………………高永夏……」

高永夏『…………あ?なんだよ』



ヒカル「………勝つのは俺だ」 
919: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 17:59:44.24 ID:wELtAlP80
読み切れ。

小ヨセまで完璧に読みきれ。

コウを稼げ。活路を作れ。

まだ勝負は終わってない。



ヒカル「……」パチッ!

高永夏「(その手に活路はない……。死路だ)」パチッ

ヒカル「……」パチッ!

高永夏「…………」パチッ!

ヒカル「……」パチンッ!

高永夏「…………!」

946: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 18:06:16.31 ID:wELtAlP80
高永夏「(…………まずい……このヨミが…………嘘だろ……?)」

ヒカル「(……これで隅は殺した……)」

高永夏「(……もし繋いだら…………あの左辺に一眼作られる……)」

楊海「(これで小ヨセに入れば……、ヒカルの……1目半勝ちだ)」

高永夏「………………」

ヒカル「…………」

高永夏「…………ッぐ……」

ヒカル「…………」

高永夏「……ま、……まけ…………負けました……」



948: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 18:07:13.78 ID:SIUKV91N0
やりやがったwwwww俺wwwwwwww
973: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 18:10:36.75 ID:wELtAlP80
その言葉を聴いた途端。

何か重いものが堕ちたような……、ようやく達成できたというか……

なんというかとても大切なことを成し遂げたような……

そんな気がした。

今まで確かに碁を打っていたはずなのに

勝ちまでの道を読みきっていたはずなのに

今碁盤を見ると、ただの白黒模様にしか見えない。

でも、確かに勝った。

俺は、俺たちは勝ったんだ。

だから最後はちゃんと言おう。

あのセリフを、俺たちが確かに、チームとして存在したことの証として、

あの言葉を言ってやろう。

たっぷりと皮肉をこめて。憎たらしく。高らかに。


ヒカル「……俺たちは……、勝ちました」

ヒカルの後  完
977: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 18:10:51.66 ID:Cb/7y/iK0
勝ったあああい!
978: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 18:10:55.27 ID:NWzMaUxO0
おわったああああああああああああああああ

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年03月08日

    初期佐為なのに黒番の初手右下隅小目なのか…

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング