勇者「強くなりすぎた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:29:41.24 ID:R1zLSfFj0
母「起きなさ・・・」

勇者「今日は僕の16歳の誕生日だね母さん!」

母「え、ええ。今日は王・・・」

勇者「王様の所へ行く約束だったからもう行くね!」

勇者「行ってきます!」


母「ええええええ」


注目記事




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:35:41.95 ID:R1zLSfFj0
勇者「魔王を倒してきます」

王様「それでは仲間を・・・」

勇者「連れてくんですね!分かりました!」



勇者「ドキドキするな」

勇者「きっとみんな強いんだろうな」

勇者「仲間になる人達の足手まといにならないように頑張ろう!」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:37:33.58 ID:R1zLSfFj0
勇者「旅の仲間を探しに来ました!」

女性「それじゃこの一覧から選んでくれるかしら」

勇者「・・・」

勇者「・・・なんですかこれ」

女性「?」

勇者「みんなレベル1じゃないですか!」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:38:26.60 ID:Iid7spwp0
この勇者ウゼえw
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:42:30.17 ID:R1zLSfFj0
勇者「僕はこの日のために毎日血の滲むような特訓をしてきました」

勇者「それもこれも魔王を倒すためです、なのに!」

勇者「この人達揃いも揃って魔王嘗めてるんですか!」

女性「そ、そんなこと言っても・・・」

勇者「・・・もういいです、僧侶を一人お願いします」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:45:45.51 ID:R1zLSfFj0
僧侶「初めまして勇者様! 勇者様と旅できるなんて光栄です!」

勇者「なにができるの?」

僧侶「はい?」

勇者「君はなにができるの?」

僧侶「・・・す、すいません。まだなにも出来ないんです」

勇者「・・・回復は?」

僧侶「・・・すいません」

勇者「今までなにしてたの君」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:49:58.65 ID:lIS5MIC80
職務怠慢だよな
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:50:41.40 ID:R1zLSfFj0
勇者「せめて回復できる人が欲しかったから僧侶を指名したんだけどなー」

勇者「何故か女の人だし」

勇者「存在が癒しです、ってか! やかましいよ!」

僧侶「」ビクッ

勇者「・・・もういいです、行きましょう」

僧侶「あ、あの」

勇者「はい?」

僧侶「装備が、ないです・・・」

勇者「本当に旅に出る気あるの?」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:50:56.10 ID:eJ3+Yfl+0
こんな上司いるよな
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:54:27.10 ID:gNNDTfj20
不満言うのは正しいんだけど相手が違う
王様に文句言うのが正しいだろ
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:55:05.94 ID:R1zLSfFj0
僧侶「重ね重ねすいません・・・」

勇者「もういいですよ」

勇者「そりゃ布の服一枚で魔王を倒しに行こうとしてるの知った時は驚きましたけど」

勇者「僕もきつく言い過ぎました、これから強くなっていきましょう!」

僧侶「・・・! は、はい! 頑張ります!」

勇者「はあ・・・」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 17:59:44.80 ID:R1zLSfFj0
勇者「とりあえず近くの村まで行きましょう」

僧侶「そうですね」

勇者「戦闘になったら僕の後ろにいてくださいね」

僧侶「分かりまし・・・あ、早速魔物です!」

勇者「なにっ!」

魔物「ピキー」

勇者「・・・」

僧侶「ゆ、勇者様そんなに近寄ったら危ないですよ!」

勇者「」ズバッ
勇者「先を急ぎましょうか」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 18:03:27.30 ID:/1jCdsog0
僧侶「もう全部勇者一人でいいんじゃないかな」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 18:07:36.48 ID:R1zLSfFj0
勇者「僧侶さんのレベルを上げたいと思います」

僧侶「そ、そうですね! 私も早く一人前にならなきゃです!」

勇者「なのでこれからの戦闘はやっぱり僧侶さんにメインで戦ってもらいます」

僧侶「そ、そんな! 勇者様が倒してくれたら私にも経験値が・・・」

勇者「そんな甘い話あるわけないでしょ!」

僧侶「」ビクッ

勇者「何事も体を動かして慣れていくものです! 大丈夫、いざとなったら僕も手伝いますよ!」

僧侶「そうですね・・・私勇者様に甘えてました」
僧侶「頑張ってみます!」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 18:13:08.58 ID:R1zLSfFj0
僧侶「あ、早速魔物ですね!」

勇者「頑張ってくださいね!」

僧侶「はい! やー!」

魔物「ピキー!」

僧侶「う、うう」

僧侶「す、すいません勇者様! 私今まで動物も虐めたことなくて!」

勇者「はい?」

僧侶「この子を、その、こん棒で殴りつけるのは気が引けるというか・・・」

魔物「ピキー」

僧侶「ほら、この子もそんなに悪い子じゃなさそうですし」
僧侶「そ、それに私聖職者なんで殺生はいけないというか・・・」

勇者「・・・」イラッ
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 18:19:38.56 ID:R1zLSfFj0
勇者「隣の村に着きましたね」

僧侶「ううう・・・いっぱい殴りつけちゃいました・・・」
僧侶「夢に出そうです・・・」

勇者「レベル上がってよかったじゃないですか」
勇者「回復魔法は覚えませんでしたが」

僧侶「あはは、このままじゃ私戦士ですね」

勇者「あはは、笑い事ではないんだよ」

勇者「・・・宿屋に着いたら簡単なの教えます」

僧侶「ええ! 勇者様回復魔法も使えるんですか? 凄いです!」

勇者「はあ・・・」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 18:24:22.32 ID:R1zLSfFj0
宿屋「お二人様ですね、別々のお部屋になさいますか?」

勇者「いや、二人部屋でお願いします」

僧侶「!」
僧侶「ゆ、勇者様、破廉恥です!」

勇者「すいません、無駄遣いしなければ別々の部屋を頼めたんですが」

僧侶「もう! 無駄遣いはだめですよ!」

勇者「」イラッ

勇者「それじゃあ簡単なのから覚えていきましょう」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 18:25:42.13 ID:sia0OepO0
宿屋で回復魔法を教えてあげるかわりに夜伽を命じるんですね
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 18:30:33.74 ID:R1zLSfFj0
宿屋「昨晩はお楽しみでしたね」

僧侶「ブツブツ」

勇者「僧侶さん大丈夫ですか?」

僧侶「ああ、今話し掛けないでください! 忘れちゃいます!」

勇者(テストかよ!)
勇者(頑張ってるのは分かるんだけどな)

勇者「それじゃ次の村に向かいましょうか!」

僧侶「ブツブツ」
僧侶「え? なんですか?」

勇者「」イラッ
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 18:38:34.42 ID:R1zLSfFj0
勇者「次の町にはこの洞窟を通らないといけないんですね」

僧侶「でも道が塞がってますよ?」

勇者「そうですね・・・」
勇者「あれ、ここらへん空洞になってませんか?」

僧侶「確かに! 奥に道がありそうですね!」
僧侶「なにが仕掛けがあるんでしょうか」

勇者「せいっ!」ドガッ

僧侶「」
僧侶「ちょっ! 勇者様何体当たりしてるんですか!」

勇者「こうしてる間にも魔王は人々を苦しめているんです!」
勇者「壁があったら打ち破るのが勇者でしょう!」

僧侶「勇者様は頭が悪いのかもしれない」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 18:53:00.59 ID:R1zLSfFj0
僧侶「まさか本当に体当たりで通れるとは思いませんでした! 勇者様力持ちなんですね!」
僧侶「勇者様肩痛めてませんか?」

勇者「ちょっと無理しました」
勇者「あ、折角なので昨日教えたの使ってみてください!」

僧侶「はい! いきますよ!」

僧侶「ブツブツブツブツ」パアァ

勇者「や、やった! 出来るようになってるじゃないですか!」

僧侶「ブツブツブツブツ」パアァ

勇者「ちょっと時間かかりますけど徐々に慣れて早くなると思いますよ」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 19:01:05.50 ID:R1zLSfFj0
僧侶「は! ここは!?」

勇者「次の町です」

勇者「僧侶さん回復魔法のあとに気を失ってしまったんですよ」

僧侶「そうなんですか・・・」

勇者「いやいいんですよ」

勇者「二時間もかけて結局ほとんど回復しないうえに、気を失った僧侶さんを背負ってこの町まで運んできたことなんて全然気にしてないですよ」

僧侶「よかったー、勇者様優しいです!」

勇者「」イラッ
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 19:10:52.44 ID:R1zLSfFj0
僧侶「ここは城下街なんですね」

勇者「王様に謁見してきます、疲れてるなら僕一人で行きますが」

僧侶「いや、私も行きます!」

勇者「じゃあ行きましょう」



王様「・・・というわけで冠を取り返してきてほしいのじゃ」

勇者「一国を治めてる自覚あるんですか?」
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 19:13:15.52 ID:L9oxj4f70
勇者うぜええw
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 19:13:52.65 ID:hNmWLEIT0
正論過ぎてワロタ
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 19:23:50.90 ID:R1zLSfFj0
王様「え」

勇者「この国の人達はなぜここに住んでると思いますか? 安心だからですよ」

勇者「それが、たかが盗賊に王の証を奪われて」

勇者「それでどうして国民が安心できますか!」

王様「う、うむ」

勇者「しかもよその国の勇者に助けを求めて」

勇者「恥を知りなさい恥を!」

僧侶「ゆ、勇者様・・・」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 19:31:13.46 ID:R1zLSfFj0
僧侶「一時はどうなることかと思いましたよ」

僧侶「奥に引っ込もうとする王様を呼び止めてまで説教を続けるんですもん」

僧侶「最後の方王様半泣きでしたよ」

勇者「つい溜まってた怒りが・・・」

僧侶「もー、不満とか愚痴とか一人で抱え込まないでくださいね」

勇者「」イラッ

勇者「頼まれた以上、王様の面子もあるでしょうし冠を取り返しに行きましょう」

僧侶「行きましょう!」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 19:35:59.81 ID:R1zLSfFj0
勇者「忘れてましたけど戦闘は僧侶さんメインですよ」

僧侶「ええ!」

勇者「危なくなっても自分で回復魔法は使わないように」

僧侶「うう・・・勇者様回復してくださいね」

勇者「あ、魔物ですよ!」

僧侶「この辺りまで来ると結構グロテスクな魔物が増えますね・・・」

勇者「頑張ってください!」

僧侶「が、頑張ります! やー!」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 19:40:29.94 ID:R1zLSfFj0
僧侶「か、かかってきなさい! 私だって勇者様ご一行なんだから!」

勇者(ご一行・・・?)

魔物「がー!」ドガッ

僧侶「痛い!」

魔物「がー」ドガッ

僧侶「ごめんなさいごめんなさい!」

魔物「がー!」ドガッ

僧侶「ギャフン!」

勇者「ぱ、パーフェクトゲームされてる・・・」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 19:45:48.37 ID:R1zLSfFj0
僧侶「うーん」

勇者「大丈夫ですか?」

僧侶「はっ! やー!」ドガッ

勇者「」イラッ

僧侶「す、すいません勇者様! 魔物かと思って」

僧侶「ところでここは?」

勇者「盗賊のアジトです」

僧侶「ええ! ま、まだ心の準備が!」

勇者「僧侶さんは心の準備ができたらなにか変わるんですか?」
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 19:59:16.52 ID:R1zLSfFj0
僧侶「あ、あれ盗賊じゃないですか?」

勇者「あのパンツ覆面男は人質ですかね」

僧侶「そうじゃないですか? きっと身ぐるみ剥がされたんですよ」

勇者「なんて酷い奴らだ・・・!」
勇者「人質をなんとか助けないと!」

僧侶「そうですね!」
僧侶「盗賊の方々! 人質を解放しなさい!」

勇者「真正面から行ったらばれちゃうだろ」
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 20:05:12.67 ID:R1zLSfFj0
盗賊「なんだあいつら」

盗賊「まさか冠を取り返しにきたんじゃ・・・」

親分「なんだおまえらビビりやがって、ガキと女じゃねえか」

親分「それにいざって時は罠もあるしな」

盗賊(汚い、流石親分汚い)



僧侶「なんか人質と話してますよ」

勇者「きっと脅されてるんですよ」

僧侶「ひょっとして今がチャンスじゃないですか?」

僧侶「行きましょう!」

勇者「あ、また勝手に!」
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 21:23:33.79 ID:R1zLSfFj0
僧侶「やー!」

盗賊「なんかきましたよ」

親分「落としとけ」

盗賊「了解っす」

勇者「僧侶さん危ない!」

僧侶「え!?」

勇者「え」カパッ

勇者「おわあああああ」



盗賊「落とし穴間違えた」

親分「げへへ、お嬢さんこんにちは」

僧侶「あわわ・・・」
117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 21:31:25.43 ID:R1zLSfFj0
僧侶「あ、あなた人質じゃなかったんですか!?」

親分「え、俺?」

僧侶「人質じゃないってことは好き好んでそんな格好してるんですよね!」
僧侶「は、破廉恥です!」

親分「」

盗賊「ブフッ」

親分「あのなお嬢さん、自分の置かれてる状況分かってんのか?」

僧侶「い、いや! 近寄らないでください!」

親分「」イラッ
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 21:45:19.15 ID:R1zLSfFj0
親分「とっととずらかるぞ」

僧侶「うーん」

盗賊「この子うなされてますよ」

盗賊「可哀相に、変態に襲われる夢でも見てるんだろう」

親分「黙ってろ!」



勇者「待て」

親分「どうしてここに!?」

勇者「落としたんだから下にいるに決まってるだろ」
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 21:53:48.23 ID:R1zLSfFj0
勇者「省略」

僧侶「あれ? 私今までなにを」
勇者「何もしてないよ」

僧侶「え、でも・・・」

勇者「君は何もしなかったよ」

僧侶「・・・はい」

勇者「次の町に急ごう」

僧侶「そうですね!」

僧侶「私達の旅はまだ始まったばかり!」

未完
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 21:54:39.62 ID:PuBXxRZJ0
最後の行だけ読めない
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 21:57:38.97 ID:5TkcVAvy0
正直旅に出るまでが山だった
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:00:48.02 ID:R1zLSfFj0
>>126
俺も旅に出るまでが一番楽しかった
人生ってそういうもんだよね
129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:08:14.13 ID:PuBXxRZJ0
とりあえず乙

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。