FC2ブログ

クリスタ「訓練所で一番いい男子!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:14:43 ID:lwJCS1/6
今回もすぐ終わるよ。
多分

クリスタ「私たちも決めよう!」フンス

アニ「バカバカしい…。」

ユミル「ま、面白そうじゃん?」ニシシ

ミカサ「エレンに決まってる…。」フンフン

ミーナ「えー…。」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:17:49 ID:lwJCS1/6
クリスタ「はい!じゃあ早速かっこいいと思う男子を上げよう!!」ハイッ!

ミカサ「エレン。」サッ

ミーナ「流石に早いね…。」

クリスタ「はい!まずエレンが候補です!」キャルンッ

アニ(テンション高いなぁ…。)

ユミル「ん~、かっこいいと思う男子か…。」

ミーナ「ベルトルト…。」ボソッ

ユミル「あ、あぁっ!?何か言ったか?」

ミーナ「んーんー、何も?」ゲスガオ
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:19:46 ID:sdZ7z2Os
またあんたか、期待
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:21:56 ID:lwJCS1/6
クリスタ「今候補にあがってる男子はエレンとベルトルトです!」キャルン

ユミル「べ、ベルトルトを候補に入れんなよ!!」

ミカサ「どうどう。」

サシャ「そんなに照れなくてもいいじゃないですかー。」

ユミル「照れてない!!」

アニ(てかどっから沸いた!?)

サシャ「私はコニーがいいです!」

ミーナ「へー、やっぱr…。」

サシャ「なんせコニーは毎日私にパンをくれるからです!」

ユミル「あれはお前が奪い取ってるんだろ。」

サシャ「なっ!失敬な!」

クリスタ「残念ながら理由が理由なので候補にコニーはーーー!」デケデケデケデケ

クリスタ「入れられません!!!」ジャーーーーン

アニ(ホントにテンション高いな…。)
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:25:34 ID:lwJCS1/6
クリスタ「はい!他には!!」ハイハイッ

ユミル「アニ、お前は?」ニヤニヤ

アニ「な、なんでアタシに振るのさ!」ビクッ

ユミル「いやー?別にぃ?」ニヤニヤ

アニ(クッ、腹立つ…。)イラァッ

ミーナ「you言っちゃいなyo!!」グッ

アニ「み、ミーナまで!!」

クリスタ「はい!じゃあアニ!!」ビシィッ

アニ「え、え…、えと…。」モジモジ

ユミル「…。」ニヤニヤ

ミーナ「…。」ニヤニヤ

サシャ (・∀・)ニヤニヤ
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:30:15 ID:lwJCS1/6
アニ「え、エレン…///」ボソッ

クリスタ「はい!じゃあ適当に告白もしてもらったんで次は条件!」

クリスタ「いい男子に求める条件を各自考えてもらいマース!!」ビシッ

アニ「なっ…!」

ユミル「さー、頑張って条件考えるぞー。」ボウヨミ

アニ「お、おい!お前らからアタシに振ってきたんだぞ!!」

ミーナ「あー、何も聞こえなかったなー。」ボウヨミ

アニ「う、うぅ…。」チラッ

ミカサ「」サッ

アニ(か、顔そらされた…!)ガーン

サシャ「アニ。」ポンッ

アニ「さ、サシャ…!。」パァァァァ

サシャ「明日の朝昼晩、パン一つずつで皆には黙っていてあげます。」ゲスガオ

アニ「クソォォォォォォォォ!!!」ダンッ
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:34:10 ID:lwJCS1/6
-------

-----------

---------------

クリスタ「それでは!皆さん考えたと思うので!」

クリスタ「それぞれ提示してもらいたいと思います!!」ビシッ

クリスタ「それではミカサ…は抜かしてユミルから!!」

ミカサ「ちょ…。」

ユミル「私が考える条件はこれだな。」ドンッ

『高身長、もしくはそこそこの身長。』

ミーナ「ユミル…、やっぱりベルトルトの事が…!」

ユミル「ばっ…!そんな事ねぇよ!」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:39:20 ID:lwJCS1/6
アニ「でも高身長っていいよね。」

サシャ「エレンはそこまで身長高くないですよ。」

アニ「…!」キッ

サシャ「ふっ…。」サッ

クリスタ「それでは第一の条件が『そこそこ身長が高い』に決定しました!!」キャルーン

クリスタ「それでは次の条件を提示してもらいます!」

クリスタ「それではサシャ!」

ミカサ「わ、私は…?」

サシャ「はぁい!私が考える条件はこれです!!」ドン

『優しい』

一同「「「お~~~~!」」」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:42:11 ID:lwJCS1/6
ミーナ「意外…。」

ユミル「サシャの事だからもっと…こう…。」ンー

アニ「でも優しい事はいいことだよね。」

ユミル「んー、確かにな。」

ミカサ「エレンはいつでも優しい…。」

ミーナ「いや誰も聞いてないから…。」

ミカサ「そう…。」シュン

クリスタ「それでは条件2が『優しい』に決定しました!」

サシャ「えっへん!!」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:51:38 ID:lwJCS1/6
クリスタ「では次の条件ですが…。」グイッ

ミカサ「…。」

クリスタ「次の条件…。」グイッ

ミカサ「…。」

クリスタ「…ではミカサ…。」

ミカサ「…!!」パァァァァ

ユミル「けっ、どうせエレンとかだろうが。」

ミカサ「心配ない…、真剣に考えた…。」フンフン

ミカサ「私が考えた条件はこれ…。」ドン

『エ××、傍に居てくれる』

ミーナ「おー…!」

サシャ「確かにな…。」

ユミル(急いで書き直した感満載だな…。)
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:54:08 ID:lwJCS1/6
ミカサ「これが私が考えた条件…!!」ドヤァ

クリスタ「( ・∀・) イイネ!」

クリスタ「それでは第3の条件が『傍に居てくれる』に決定しました!」

クリスタ「それでは次の条件です!」ビシッ

クリスタ「それではアニ!!提示をお願いします!」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:59:08 ID:lwJCS1/6
アニ「アタシが考えた条件は…コレ。」パッ

『アタシより強×××、守ってくれる人・そこそこ強い』

ユミル(か、書き直してるー!!)ドーン

サシャ(アニより強い人なんてミカサぐらいしかいませんよ…。)

ミーナ(守ってくれる人って…。)

ミカサ(可愛い…。)

クリスタ「おー!中々いいですね!!」

クリスタ「それでは『守ってくれる・そこそこ強い』が条件に決定しました!!」バァーン

アニ「やった…!」ヨシッ
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:03:39 ID:lwJCS1/6
クリスタ「それでは今のところこの中から条件に当てはまる人を相談してもらいます!!」

ユミル「んーなるほどなー。」

アニ「この時点で結構振り落とされそうだよね…。」

サシャ「最初の『身長が高い』って大体どれくらいですか?」

ユミル「んー、170くらいかな?」

ミーナ「おー、ちょうどいいね。」

ユミル「だろ?」ヘヘッ
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:10:16 ID:lwJCS1/6
クリスタ「この時点でアルミンとコニーは選択外になるね。」

ミカサ「あとあの目障りなチビ…。」ボソッ

アニ「…?何か言った?」

ミカサ「いいえ…、何も…。」

アニ「…?そうかい。」

ミーナ「次の条件は『優しそう』か…。」

ミカサ「エレンは優しい…!」

アニ「…。」コクコク

ユミル「分かった分かった。」

サシャ「男子は基本優しいと思いますがね?」

クリスタ「んー、そうだよねー。」

ミーナ「脱落者無し、という事で!」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:15:47 ID:lwJCS1/6
ミーナ「次の条件もだいたいみんな当てはまりそうだけど…。」

ユミル「んー、そうだな。」

クリスタ「じゃあアニの条件は?」

サシャ「それもみんな訓練してますし!!」

ユミル「ごもっともで…。」

アニ「じゃあどうする?」

クリスタ「んー、じゃあそろそろ確信をつこう!」

ミカサ「確信?」

クリスタ「そ!やっぱり最後の条件はこれ!」ドンッ

『カッコイイ』ドォーーーーーーーーンッ

ユミル ( Д) ゜ ゜

ミカサ (; ゜ω゜)

アニ (;´д`)

ミーナ ( ;^ω^)
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:18:48 ID:lwJCS1/6
クリスタ「え、えっ!?何その顔…。」オロオロ

クリスタ「さ、サシャ!」バッ

サシャ (;・∀・)

クリスタ「サシャまで!!」ウワァァァァ

アニ「クリスタの口からそういう事が出るとは…。」

ミーナ「思わなかったなぁ…。」

ミカサ「ビックリした…。」

ユミル「」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:22:38 ID:lwJCS1/6
クリスタ「むー…!だってだって!!」プンスコ

アニ「まぁまぁ。」

ユミル「じゃ、じゃあ『カッコよくて』。」

サシャ「『高身長』で『優しい』。」

アニ「『傍に居てくれる』、そして『守ってくれる』。」

一同「「「ん~~??」」」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:25:51 ID:lwJCS1/6
ユミル「んーライナーは…。」

アニミカ「「(ヾノ・∀・`)ナイナイ」」

ユミル「だよなぁ…。」

==================

ライナー「うぃーーーーーくっし!!」ブワックシュッ

ベルトルト「うわ汚っ!!」ビクッ

エレン「なんだ?風邪か?」

ライナー「わからん…。」スビビ

==================

一同「「う~~~ん…。」」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:31:25 ID:lwJCS1/6
サシャ「身長が高いで真っ先に思いついたのはベルトルトなんですが…。」

サシャ「あれカッコイイですか?」

ミカサ「ブサイクではない…。」

クリスタ「でもカッコイイっていうわけでも…。」

ユミル「マルコもそんな感じだよな。」

=======================

ベルトルト「っぷし!!」クシュッ

ライナー「なんだ?お前もか?」

エレン「大変だ!マルコ!ライナーとベルトルトが…。」

マルコ「どうしたんだいエレ…くっしゅ!」クシュン

エレン「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

ジャン「うるさい、エレン。」ペラッ

========================

一同「「「う~~~~む…。」」」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:34:21 ID:lwJCS1/6
サシャ「他にいましたか?」

ミカサ「身長が高くて…。」

アニ「優しそうで…。」

クリスタ「守ってくれてそばにいてくれそうな人…。」

ユミル「そしてカッコイイ…。」

一同「「「ん~~~~?」」」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:38:58 ID:lwJCS1/6
ミーナ「あ…。」

ユミル「ん?どうしたミーナ。」

ミーナ「ジャンは?」

クリスタ「あ。」

ミーナ「カッコイイし…。」

アニ「確かに…。」

サシャ「ジャンはよく見ると整った顔立ちですよね。」

サシャ「悪人面ですけど。」

ユミル「確かにな。」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:43:26 ID:lwJCS1/6
クリスタ「じゃあ『訓練所で一番いい男子』はジャンでいい?」

ユミル「私は何の文句もないな。」

サシャ「私も!!」

ミカサ「次点でエレン…。」グッ

アニ「まだ言ってんのかい…。」

ミカサ「だって…。」ショボン

ミーナ「ジャンが一番かぁ…。」

===================

ジャン「ぢゅくしっ!!」ブシュッ

エレン「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!ジャンまで!!」

ジャン「うるさい、こんなもん寝れば治る。」グシグシ

ライナー「でもみんな一斉に風邪なんかひくか?」

ベルトルト「さぁ?」

マルコ「大事をとってみんなもう寝ようか?」

ジャン「それがいいかもな。」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:45:40 ID:lwJCS1/6
エレン「えー、もう寝るのか?」

ジャン「るせっ!早く自分のベットいけ!」シッシッ

エレン「ちぇ…。」ゴソゴソ

ライナー「じゃ、灯り消すぞ…。」フッ

一同「「「おやすみ…。」」」スッ…

========================

ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーー
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:52:06 ID:lwJCS1/6
===次の日===

ジャン「っかー!!」ゴロンッ

ジャン「…いい天気だ。」ゴロゴロ

ジャン「…!」ガバッ

ジャン「…。」キョロキョロ

ジャン(へへっ、誰もいないなっと…。)ゴソゴソ

ジャン「…。」カチッカチッ シュボッ

ジャン「…。」チリリッ…

ジャン「…っふーーー。」プカプカ

ジャン「あー…、いい日だ…。」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:55:32 ID:lwJCS1/6
ミーナ「ジャン。」ヒョコッ

ジャン「っぶわ!っととと!!!」グリグリ

ジャン「だ、誰…!ってミーナか…。」

ミーナ「わ、私じゃない方が良かった?」オロオロ

ジャン「いや、教官じゃないだけマシだ。」

ジャン「あー、もったいないな…。」クソッ

ミーナ「ご、ごめん…。」

ジャン「いーよ、ミーナのせいじゃないしな。」ゴソゴソ
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:59:11 ID:lwJCS1/6
ジャン「…。」シュボッ

ジャン「…ふー。」プカプカ

ミーナ「わ、私も一本いいかな…?」

ジャン「タバコは二十歳になってからだ。」スゥー

ジャン「はぁーー。」フゥー

ミーナ「じゃ、ジャンだって二十歳じゃないじゃん!!」

ジャン「俺はいいんだよ、カッコつけで吸ってるだけだ。」プカプカ

ミーナ「何それ。」

ジャン「男は幾つになってもカッコつけたいんだよ。」

ミーナ「( ´・∀・`)へー」

ジャン「馬鹿にしてるだろ…。」

ミーナ「別に?」

ジャン「けっ。」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 23:02:40 ID:lwJCS1/6
ジャン「で、なんか用があるんだろ?」

ミーナ「うっ、鋭い。」タジッ

ジャン「当たり前だ、ミーナから話しかけてくるなんて…。」スゥー

ジャン「っはー、用がある時くらいだろ。」フゥー

ジャン「この前だってそうだったしな。」

ミーナ「へー、凄いジャン!」

ジャン「お前な…。」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 23:06:33 ID:lwJCS1/6
ミーナ「まぁそうなんだけどね。」

ジャン「へー、聞かせてもらおうジャン。」ハハッ

ミーナ「実はね…。」

ミーナ「『訓練所で一番いい男子』にジャンが…。」モジモジ

ジャン「へー、凄いジャン。」プカプカ

ミーナ「ほ、ホントなんだから!!」

ジャン「ハッ、どっちだっていいよ。」スパー

ジャン「それだけか?」

ミーナ「う、うんそれだけだけど…。」

ジャン「そうか…、わざわざありがとな…。」グリグリ
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 23:10:01 ID:lwJCS1/6
ミーナ「じゃ、じゃあ私もう行くね…。」スッ

ジャン「ちょっと待て。」

ミーナ「な、何…?」

ジャン「一本やるよ、吸いたい時に吸え…。」スッ

ミーナ「あ、ありがと…!」

ジャン「じゃあな、教官には言うなよ。」

ミーナ「うん!またね!」タッ

ジャン(またね…か。)

ジャン(この壁の中の世界でもう一度顔が合わせられるか分からないが…。)

ジャン(ま、今はそんな事いいか…。)
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 23:13:09 ID:lwJCS1/6
ジャン「…。」ゴソゴソ

ジャン「あ…、あの一本で最後だった…。」

ジャン「あーー!次いつ手に入るかなー…。」ゴロンッ

ジャン「…ま、いいか。」ハハッ

ジャン「それにしても…。」

ジャン「まさか俺がな…。」

ジャン「みんなには黙っとこ…。」




終劇
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 23:16:03 ID:AWw7Bhy2
乙。面白かったです。
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 23:21:24 ID:pKkN1/go
乙、また書いてくれ
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 00:30:20 ID:rLo8KzSo
ジャンが一番だよな
スレ主は良く分かってる乙

関連記事
タグ:

コメント

  1. 名無し 2013年12月05日

    良かったなジョン!

  2. 以下、名無しが深夜にお送りします 2013年12月23日

    乙!! 
    面白かったです!リクエストで、『訓練所で一番おもしろいいい人!』お願いします。

  3. とあるSSの訪問者 2014年01月18日

    ジャン、イケメン!

    惚れましたわ。

  4. (・×・) 2014年07月06日

    スゲー・∀・

  5. とあるSSの訪問者 2014年11月09日

    まあ実質イケメンはジャンだな
    エレンは顔は整ってるけど隠しきれない犯罪・・・悪人面が凄いからな
    人相の悪さではピカイチなのはエレン

  6. ✨リヴァイ✨ 2015年02月13日

    ジャンって地味にイケメンだよね
    あとエレンはかわいいヨ!!

  7. とあるSSの訪問者 2015年03月09日

    ↑腐女子かよ

  8. とあるSSの訪問者 2015年08月18日

    おいジャンがかっこいいぞ最後ら辺

  9. とあるSSの訪問者 2016年03月31日

    良くも悪くもミカサ絡み以外は、至ってまともジャン

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング