FC2ブログ

神裂「彼にふさわしい女性になりたいのです」【前編】

2: 2013/05/23(木) 23:29:09.46 ID:uMrd7BbAO
土御門「彼っていうのは上やんのことか?」

神裂「その通りです」

土御門「ふさわしいっていうと…」

神裂「///」

土御門「」ニヤ

土御門「そーかそーかねーちんもとうとう素直になったのか~」ニヤニヤ

神裂「ち、違います!貴方の考えているようなことでは…」

土御門「じゃあ、どういうことぜよ?」

神裂「私のことについてなんですが…」



注目記事




4: 1 2013/05/23(木) 23:30:23.62 ID:AKdK16XY0
神裂「私はその…実年齢以上に見られてしまうことが多く…」

土御門「カンザキサンジュウハッサイ」ボソ


ズドンッ!


土御門「」

神裂「つぎは、当てます」ギロリ

土御門(け、拳圧だけで壁が…)ガクブル

神裂「そのためか以前天草式の面々がこのような会話を…」
5: 2013/05/23(木) 23:31:34.05 ID:uMrd7BbAO
ーーーーーーーーーー

建宮『いやーやっぱ五和ももっとグイグイ押していくべきだとおもうのよな』

牛深『やはり大精霊チラメイドで攻めていけばあの少年もイチコロのはずです!』

諫早『聞けば彼の好みの女性は年上のお姉さんタイプだとか』

野母崎『そう考えると五和にはメイド服よりももっと落ち着きのある服を着せるべきでは?』

建宮『いやいや、五和にメイド服は絶対なのよな』

香焼『年上といえば女教皇様も当てはまるっすよね』

牛深『女教皇様は色気より母性が溢れているからな』

建宮『ちがいないのよ』

6: 1 2013/05/23(木) 23:32:26.92 ID:AKdK16XY0
野母崎『うちの妻より母性がでてますしね』

香焼『この間なんて思わずお母さんって呼びそうになっちゃったんすよ』

諫早『私も呼んでみようかな』

建宮『それは、流石にまずいのよ』



アハハハハー


神裂『』チャキ
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/23(木) 23:35:44.38 ID:gqMBK0tlo
ねーちんSSとか期待しちゃう
9: 1 2013/05/23(木) 23:37:29.84 ID:AKdK16XY0
神裂「と、いうことがありまして」

土御門「そ、それは…」

土御門(天草式の大多数が入院とは聞いてたが、そんなことがあったとは…)

神裂「つまりですね、私も年相応にみられたいのです」

神裂「協力してくれますよね?」スッ

土御門「するする!協力させてもらうぜよ!だからお願い拳を下げてっ!」

神裂「そうですか。ではよろしくお願いします」スッ

土御門(目が本気だったにゃー…しかし、これはおもしろいことになりそうなんだぜい)

土御門(この多重スパイ・土御門元春
、亡き同胞のためにも、何としてもねーちんにメイド服着せてやるっ!)



ーーーーーーーーー


建宮「別に死んじゃあいねーのよ」

牛深「教皇代理?」

建宮「いや、なんでも」
10: 2013/05/23(木) 23:39:08.66 ID:uMrd7BbAO
土御門「しかし年相応と言われてもにゃー」

神裂「具体的には彼と並んで違和感のないような」

土御門「うーん。別に並んで立ってても変じゃないと思うが?」

神裂「いえ、建宮が…


ーーーーーーーー

建宮『上条当麻と女教皇様が仲良く並んでいても、年の離れた姉弟にしか見えんのよ』ハハハー

ーーーーーーーー

神裂「…と申していまして」

土御門「まあ、そうだわな」

神裂「あ?」

土御門「いえなにも」

11: 1 2013/05/23(木) 23:39:55.32 ID:AKdK16XY0
土御門「要約するとねーちんは上やんと仲良くなりたい。そして周りからお似合いだとみられたいってことだにゃー」

神裂「べ、別にお似合いだとは…」

土御門「じゃあ年の離れた姉弟でいいのか?」

神裂「それは嫌です!!」

土御門「ふっふっふ。それが本心かにゃー」ニヤニヤ

神裂「な…///」

土御門「ま、この土御門さんに任せとけ。そうと決まれば早速準備に取り掛かるとするかな」

神裂「準備とは?」

土御門「学園都市に向かう準備に決まってるぜよ!」キリッ
12: 2013/05/23(木) 23:42:29.83 ID:uMrd7BbAO
ーー学園都市ーー

上条「あ~今日もつかれたー」テクテク

上条「でも、珍しく卵は無事買えたし、スキルアウトや御坂にも絡まれていない」テクテク

上条「不幸の代名詞、上条さんにもようやく運がっ?」テクテク

上条「そんなまさか…って、もうこんな時間じゃねーか!インデックスのやつ腹すかしてんじゃ…いや絶対すかしてる」

上条「帰ったら噛みつきコースだなこりゃ…」

上条「ちくしょー!やっぱ最後まで気をぬいちゃダメってことかよ!」ダッ

13: 1 2013/05/23(木) 23:43:13.94 ID:AKdK16XY0
ーー上条宅ーー


ガチャッ


上条「ただいまインデックスっ!今すぐ晩飯つくるからっ!」

神裂「お帰りなさいませ」ニコッ

上条「間違えましたー!」


ガチャッ


神裂「なっ?あってますっ!ここは貴方の部屋ですよっ?!」


ガチャ


上条「えーと、神裂さん?貴方はこんなところで何やってるんでせう?」オソルオソル

神裂「話せばすこし長くなるのですが…」
14: 2013/05/23(木) 23:48:43.91 ID:uMrd7BbAO
神裂「実はですね、どこかの魔術結社が貴方の命を狙っていると情報がはいりまして」

上条「俺の命って、まさかグレムリンかっ?!」

神裂「いえ、今回は無名の魔術結社で、貴方を倒して名乗りを上げようと考えている輩らしく…」
15: 1 2013/05/23(木) 23:49:28.73 ID:AKdK16XY0

上条「俺なんか倒して有名になれんの?」

神裂「貴方は自分で思っている以上に重要視されていますからね」

上条「そうなのか」

神裂「そして貴方の身辺警護として私がここに居るわけなんですが。ちなみにインデックスは念の為イギリスでステイルが面倒をみています」

上条「そっかなら安心だ。ところで前は天草式が来てくれたけど今回は神裂1人なのか?」
16: 2013/05/23(木) 23:51:12.48 ID:uMrd7BbAO
神裂「え、ええ。後方のアックアの時とは違い、無名の魔術結社ですから、聖人が1人近くにいる。それだけで充分な効果を発揮すると考えまして」

神裂(本当は全部土御門が考えた嘘なのですが…)

上条「そうか…わざわざ俺のためにありがとうな」

神裂(信じきってますね。こうなると少し罪悪感が…)

上条「そういえば、学園都市にいる間は何処かに宿とかとってるのか?」

神裂「そ、そのことなのですが…」



神裂「ここにおいてはもらえないでしょうか?」


17: 1 2013/05/23(木) 23:51:55.15 ID:AKdK16XY0
上条「えっ?ここっ!?」

神裂「はい。やはり護衛対象である貴方の側にいるのが一番得策かと…」

神裂「だめ…でしょうか?」ウワメヅカイ

上条「!」ドキッ

上条(神裂の上目遣いがヤバすぎる!)

上条「あ、ああ。俺は全然かまわないぞ」

神裂「!」パァッ

神裂「ふ、不束者ですが暫くよろしくお願いします」ペコリ

上条「こちらこそよろしく」

神裂(や、やりましたよ土御門!第一段階クリアですっ!)
18: 2013/05/23(木) 23:55:23.99 ID:uMrd7BbAO
神裂「それとあの、かってに家に上がり込んだうえに台所もお借りしてしまったのですが…」

上条「台所?そういえばなんかいい匂いがするな」スンスン

神裂「貴方に食べていただこうとお夕飯をつくったのですが」

上条「まじでっ?上条さんは人に料理を作ってもらったのが久しぶりすぎて感謝感激ですよ」

神裂「喜んでもらえてなによりです」

神裂(土御門!貴方の作戦はなかなかですよ!)

上条「うおっ!魚の煮付けに肉じゃが、それに味噌汁まで」

神裂「あの、何か食べれないものでもありましたか?」

上条「いやいや、あんまりにも旨そうな料理だったからついな」

神裂(ほ、褒められました///)

神裂「そ、それでは並べますので貴方はそちらでお待ちください」

上条「おう!手洗ってくるよ」♪
19: 1 2013/05/23(木) 23:56:23.04 ID:AKdK16XY0
ーーーーーー
ーーー


上条「いやー、めちゃくちゃ美味かったよ」

神裂「喜んでもらえてなによりです」フフ
上条「そういえば神裂、荷物とかなさそうだけど、手ぶらできたのか?」

神裂「いえ、滞在地が決まり次第土御門から送られてくる手筈になっています。先ほど連絡をいれたのでそろそろくる頃かと…」

上条「そうなのか。ん?土御門からメールだ」

ーーーーーーーーーーー
from: 土御門
sub: にゃー

『手違いで荷物が届くのが明日の朝になりそうなんだにゃー。
悪いけど上やん、今日の分の寝巻きを貸してやってほしいんだぜ。
たのんだぜよ。
by.人生と書いて義妹と読む
20: 2013/05/23(木) 23:58:30.87 ID:uMrd7BbAO
上条「……」

神裂「……」

上条「だ、そうだけど…」

神裂「まあ、一晩くらいなら…」

上条「よかったら俺の服貸すけど?」

神裂「!」

神裂「いいのですかっ?」

上条「ああ、神裂もイギリスからずっと同じ服ってのはいやだろ?ジャージなら多分入ると思うし」

上条(上条さんとしては裸Yシャツなんてシチュエーションを期待したいのですが…そんなことしたら七天七刀でぼっこぼこだろうなぁ)

上条「とりあえずジャージ探しておくから先に風呂入ってろよ」

神裂「いえ、家主である貴方より先に入るのは…後片付けをしておきますので貴方からどうぞ」

上条「そうか?じゃあお先に」
21: 1 2013/05/23(木) 23:59:42.38 ID:AKdK16XY0
ーーーーーー


神裂「」カチャカチャ

神裂(兎に角第一段階クリアですね)

神裂(彼を騙す形になってしまいましたが…)カチャカチャ

神裂(土御門のいう第一段階、『上やんのお部屋にお泊まりなんだにゃー』と『手料理作って好感度UPUP!』)

神裂(この二つで掴みはバッチリ、と言っていましたが…)

神裂(荷物についてはどういうことでしょうか?)


ガチャ


上条「神裂、風呂いいぞー」

神裂「!」

神裂「ありがとうございます。では…」

上条「ジャージ見つけたら置いておくよ」

神裂「……覗かないでくださいね?」

上条「っ!、紳士の上条さんはそんなことしませんのよ!?」

神裂「ふふっ、わかっていますよ。」

神裂「それでは失礼します」
22: 2013/05/24(金) 00:03:09.63 ID:uO5SGiJAO
ーー風呂ーー

神裂「ふぅ」チャプッ

神裂「やはりお風呂は落ち着きますね」

神裂「………」

神裂「……この湯船に彼も浸かっていたのですよね」

神裂「はっ!」

神裂「私はいったいなにを?!///」


ジャージココニオイトクゾー


神裂「ひゃいっ!」

神裂「あ…」

神裂(『ひゃいっ!』などと恥ずかしい声を…///)

神裂(どうか聞かれていないことを願います…///)

23: 1 2013/05/24(金) 00:04:29.48 ID:Aaav11HQ0
上条「ジャージは見つかったけど、サイズ大丈夫かな?」

上条「神裂スタイルいいからなぁ」

上条「にしても、『ひゃいっ!』って」クスクス


ガチャ


上条「!」

神裂「あ、あの…」

上条「サイズ大丈夫だった、か…」

上条(ふぉぉーー?!)

上条(なにあのメロン?!ジャージの前しまってないじゃん!)

上条(みずみずしくハリのある白い肌とそこからのぞく谷間がヤバすぎる!!)

神裂「あ、あの?」

上条(このままじゃ上条さんの下条さんが大変なことに…)
24: 2013/05/24(金) 00:06:58.78 ID:uO5SGiJAO
神裂「あの!」ズイッ

上条「へっ?」

上条(はあぁぁーー??)

上条(メロンが、目の前にっ?つーかなにこのいい匂い!?同じシャンプーに石鹸だよねっ?どうなってんの?!)

神裂「大丈夫ですか?顔がずいぶんと赤いのですが」

上条「い、いやなんでもないぞっ?うん、なんもない、なんもない!」

神裂「?」

25: 1 2013/05/24(金) 00:08:47.58 ID:Aaav11HQ0
上条(あ、危なかった。もうすぐで上条さんの下条さんが我慢できなくなるかと…)

神裂「もう遅いですし、そろそろ寝ませんか?」

上条「あ、ああそうだな。それじゃ」ガチャ

神裂「はっ?いったいどちらへ?」

上条「風呂場だよ。上条さんちはベッドが一つしかないからな。インデックスの時みたいに浴槽で寝ることにします」

神裂「な、何故そうなるのですかっ?それなら私がそちらで寝るべきでしょう?」

上条「いやいや、女の子を風呂場寝かせれるワケないでしょうが」

神裂「お、女の子///」

神裂「…ではなく私なら大丈夫です。立ったまま眠ることだって可能ですから」

上条「それは凄い特技だけど!じゃなくて、上条さんは女の子にそんなことさせません!」

神裂「くっ、なかなか頑固ですね」ムムム
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 00:08:52.76 ID:6JoRsVo+o
なんだかんだで神裂さんは一番上条さんのタイプに近いよな
管理人さんっぽいしお姉さんだし
27: 2013/05/24(金) 00:11:06.70 ID:uO5SGiJAO
上条「そっちこそ…」ムムム

上条「!」

上条「じゃあ同じベッドでねるか!」

神裂「!?」

上条(流石にこの条件なら神裂もことわ…)

神裂「い、いいでしょう!」

上条「はっ?」

神裂「あまり気が進みませんが貴方がそう言うのなら仕方ありませんね///」

上条「 」

神裂「確かに襲撃を警戒するならそちらのほうが安全かもしれませんし///」

上条「 」


28: 2013/05/24(金) 00:13:33.59 ID:uO5SGiJAO
ーーーーーー
ーーー


上条(どうしてこうなった…)

上条(現在俺の背後では神裂が寝ている。うちにはベッドが一つしかないため当然同じベッドだ)

上条(万が一にでも触れたら大変なことになってしまうので俺はベッドの端ギリギリで神裂に背を向けている。神裂も壁の方を向いてできるだけ俺と距離をとって寝ている)

上条(そんなことするくらいならさっさと風呂で寝ればいいんだけど…自分から言い出した手前それもなんだかなぁ)

上条(それに…)ゴクッ

上条(『あれ』が頭からはなれねぇ!)

上条(流石に紳士である上条さんは寝ている女の子に変なことはしませんのよ?)

上条(でも…)

上条(見るだけなら…いい、よね?)チラッ

神裂「」スースー


29: 1 2013/05/24(金) 00:15:14.17 ID:Aaav11HQ0
上条(なあぁぁぁー??)

神裂「」スースー

上条(なんでこっち向いて寝てんのっ?!)

上条(つーかヤバイ!胸が!み、見えそうにっ!)

神裂「」

上条(おおぅ。なんか意外と寝顔可愛いな)

上条「」ゴクッ


ツン


神裂「っ」

上条「お、おぉ…」

上条(って俺はなにをやってるんだぁ!)

上条(……風呂場行こう)


ガチャ



神裂「………///」ホッペタオサエ
39: 2013/05/25(土) 21:16:11.42 ID:S9SYiIPAO
「くくく、これで第一プランは無事達成された」

「まさか、初日からあのようなことになろうとは…」

「まあいい、オレはオレのすべきことをやるだけだ」

舞夏「さっきからなに1人でブツブツ言ってんだー?正直きもちわるいぞー」

土御門「ちょっ!そういうこと言うのやめて!」

舞夏「ところで兄貴、さっき届いた荷物なんだけどなー」

土御門「おっと、人様の預かり物だから開けちゃダメだぜい」

舞夏「いやいやー、兄貴あてに届いたほうなんだが、『堕天使エロメイド』ってなんなんだー?」

40: 1 2013/05/25(土) 21:17:53.55 ID:/LFUv4pG0
土御門「あっ!いや…それは…」

舞夏「どうやら兄貴はまだメイドのなんたるかを理解してないようだなー。こうなったらその身体に教えこまなくては…」

土御門「い、痛いのは勘弁願いたいんだにゃー…」

舞夏「さーどうだろうなー?」フフフ





土御門「にゃーーー!!!」
41: 2013/05/25(土) 21:18:59.93 ID:S9SYiIPAO
ーーーーーーー

「…ま」

「…と…ま、みじょう…うま」

上条「…うん?」

神裂「ようやくお目覚めですか」

上条「か、神裂!?」

上条(ああ、そうだった。昨日から泊まってたんだっけ)

神裂「どうかしましたか?」

上条「いや、なんでもないよ。おはよう神裂」

神裂「おはようございます。朝食の支度ができていますよ」

上条「わざわざ作ってくれたのか、ありがとう」ニコッ

神裂「い、いえ、お世話になるのですからこれくらいは…///」


42: 1 2013/05/25(土) 21:21:51.83 ID:/LFUv4pG0
神裂「…ところで、何故貴方は結局浴槽で寝ているのですか?」

上条「えっと…」

神裂「な・ぜ・で・す・か?」ズイッ

上条「そ、それはあれですよ。慣れたここのほうが落ち着くからデスヨー」アハハー

神裂「…そうですか」

上条「神裂さーん?」

神裂「なんでもありません」ムス

上条「いや、そうじゃなくて」

神裂「?」

上条「近くない?」

神裂「!」バッ

神裂「と、ともかく朝食の支度ができていますのでっ///」スタスタ

上条「あ…はい」
43: 2013/05/25(土) 21:25:04.51 ID:S9SYiIPAO
神裂「……」モグモグ

上条「……」モグモグ

上条(気まずいな…)

上条(なんか神裂のやつ怒ってる…?)

上条(でも心当たりなんて…)ハッ

上条(まさかとは思うけど…)

上条(昨夜のことかっ?)ダラダラ

上条(いやいや、神裂はグッスリ眠ってたし、触れたりなんかしたら絶対に飛び起きる!)

上条(でも…それ以外に心当たりなんてないし)

上条(ここはひとつ…)
44: 1 2013/05/25(土) 21:27:06.87 ID:/LFUv4pG0
上条「な、なあ神裂、昨日はよく眠れたか?」

神裂「?、ええ、おかげさまでグッスリと」

上条「そっかならよかった。なれない布団とか時差ボケとかであんまり寝れなかったんじゃないかと心配したんだけど…」

上条(このぶんだと大丈夫かな…?)

神裂「ご心配には及びません。しかし、昨夜はずいぶんと大きな虫に頬を刺されてしまいましたが」

上条(はいアウトー!)

上条「そ、そっかー、そんな虫がいたんだー」アセアセ

神裂「ええ、その後すぐに風呂場のほうで睡眠をとっていたご様子で。貴方は刺されませんでしたか?」

上条「あ、はは」

神裂「」ジィッ
45: 2013/05/25(土) 21:29:31.37 ID:S9SYiIPAO
上条「すみませんでしたぁー!!」ドゲザッ

神裂「!?」

上条「ほんっとうにごめん!」

神裂「あ、あのなにもそこまでしなくとも…」

上条「魔がさしたっていうか、あんまりにも神裂の寝顔が可愛かったからつい」

神裂「か、かわいいって///」

上条「なんでもするからどうか怒りをお鎮めくださいっ!」

神裂「し、しかたありませんね。そこまで言うなら今回のことは目をつむります」

神裂(かわいいって言われた、かわいいって言われた///)

上条「ありがとうございますっ!神裂サマ!」ドゲザッ

神裂「もう頭をあげてくださいっ」

46: 1 2013/05/25(土) 21:30:19.91 ID:/LFUv4pG0
神裂「そ、そろそろ学校に行かなくていいのですか?」

上条「えっ?」

上条「うわっ!もうこんな時間じゃねえか!」

上条「それじゃあ行ってくるな」

神裂「あ、少々お待ちを」

上条「?」

神裂「お弁当です。よかったらどうぞ」スッ

上条「お弁当まで用意してくれるなんて…ほんとにありがとな!」

神裂「それより気をつけて行ってくださいね」

上条「ああ」

神裂(これではまるで夫婦のようですね///)
48: 2013/05/25(土) 21:32:48.86 ID:S9SYiIPAO
上条「朝起こしてもらって、朝飯に弁当に、それに行ってらっしゃいなんて…」

神裂「!」

神裂(ま、まさか彼も私と同じように考えて…///)

上条「なんかお母さんみたいだな」ニカッ

神裂「 」

上条「それじゃあ行ってくるよ。出かけるなら鍵はポストに入れておいてくれ」

ガチャ

神裂「 」

神裂「……おかあ…さん…」

神裂「」ガクッ

49: 1 2013/05/25(土) 21:36:05.62 ID:/LFUv4pG0
ーーとある高校ーー


上条「よーす」

青ピ「おはよー上やん」

土御門「…よー」

上条「土御門はどうしたんだ?」

青ピ「さあ?来てからずっとこんな調子なんよ」

土御門「なんでもないんだぜい…」

上条(おい)ヒソヒソ

土御門(?)

上条(やっぱりあれか?例の魔術結社関連か?)ヒソヒソ

土御門(あ、ああ違うんだにゃー。オレがちょっとしくじったってだけで)ヒソヒソ

青ピ「なにをコソコソ話してるん?僕も入れてーな」
50: 2013/05/25(土) 21:39:15.86 ID:S9SYiIPAO
上条「大した話じゃねえよ」

青ピ「ホンマかなぁ?なんや朝からいやらしい話でもしてたんやあらへんの?」

上条「お前と一緒にすんじゃねえ!」

吹寄「おい!貴様らまた朝っぱらからくだらない話でもしているのかっ!」

上条「よっす、吹寄」

吹寄「ん、ああ、おはよう。貴様から挨拶してくるとは珍しいな」

青ピ「なんかイイことでもあったんか上やん?」

上条「べ、別になんもねえよ!」

青ピ「おや?この焦り具合は少しおかしいで?」

吹寄「この様子だとまた何かあったようね」

土御門「詳しく話すんだにゃー!」

上条「土御門?!いつの間に復活しやがった!?」


ギャーギャー
ワーワー


小萌「な、何事ですかーっ??喧嘩はメッなのですよー!」

51: 2013/05/25(土) 21:42:42.39 ID:S9SYiIPAO
ーーーーーー
ーーー


土御門(さてと、今の内にライバル候補の整理でもしとくかな)

土御門(最大の障害である禁書目録はイギリスに送ったし、五和を筆頭とした魔術師連中も学園都市にはいないと)

土御門(一部の魔術師なら無理にでも来そうだけど、それも数は限られてくるな)

土御門(うちのクラスでいえば小萌先生と吹寄くらいかにゃー?)

土御門(まあ、この2人なら大した問題にはなりそうもないな)

土御門(つまり現在の最大の敵といえば、常盤台の『超電磁砲』及びその軍用クローン『妹達』、か)

土御門(うーん、どうしたらもんかにゃー)

55: 1 2013/05/25(土) 21:52:41.75 ID:UJNrPXG10
キーンコーンカーンコーン


土御門(おっと)

小萌「はいはーい、お昼休みなのですよー。皆さんあんまりはしゃぎすぎては…」


コウバイヘイソゲー
バカッ
オシテンジャネーヨ
ノケノケージャマダジャマダー


小萌「で、ですからはしゃいじゃいけませんよー」

青ピ「はぁー。慌てる小萌センセーもかわええなぁ」クネクネ

上条「小萌先生も大変だな。こんな変態の担任だなんて」

青ピ「なにゆーてんの、1番迷惑かけてんの上やんやないの」

上条「はぁ?どう考えても俺よりお前のほうが迷惑かけてるだろ」

姫神「どっちもどっち」
56: 2013/05/25(土) 21:58:18.74 ID:S9SYiIPAO
上条「よう、姫神」

姫神「上条くん、今日はお弁当?」

上条「まあな」

姫神「私もここで食べていい?」

上条「ご飯はみんなで食ったほうが美味いしな」

吹寄「なら私もここで食べていいかしら?」

青ピ「ふっきーまた通販ものの変なパンかいな」

吹寄「変なパンとはなによ。このパンには数十種類の栄養素が入っていて、食べるだけで脳の演算能力が向上するんだから」

青ピ「そんな眉唾もんのパンよりうちのパン買ってえな」

吹寄「貴様に進められるとどうも購買意欲が削がれるのよね」

青ピ「ヒドイっ!」

57: 1 2013/05/25(土) 21:59:09.78 ID:UJNrPXG10
上条「そういえば土御門は?」

青ピ「ツッチーなら連絡するところがあるとかゆーてどっかいったで」

上条「そっか」

上条(魔術師関連で何か進展でもあったのか?)

姫神「上条くん、よかったら私の作った里芋の煮っころがし、食べない?」

上条「いいのか?」

姫神「うん。その代わり私にも何かちょうだい」

上条「それじゃあ好きなのとってくれ」スッ

青ピ「僕ともおかず交換してーな」

上条「お前パンじゃん」

青ピ「ヒドイな上やん、こないだ僕の一押しのオカズあげたのに…」

上条「うるせーよ!」

吹寄「食事中くらい静かにしろっ!」
58: 2013/05/25(土) 22:01:52.86 ID:S9SYiIPAO
姫神「あれ?」

上条「どうかしたか?」

姫神「上条くんのお弁当、いつもより丁寧」

吹寄「そういえばそうね。彩りや栄養バランスがよく考えられているみたいだけど」

上条「そ、そりゃあ上条さんだって健康に気をつかったりしますよ」

青ピ「ほほう?なにやら怪しい気配が」

上条「な、なにを言ってるんだよ青髪」ハハハー

青ピ「女の匂いがするっ!」

姫神「!」ガタッ
吹寄「!」ガタッ

上条「女なんか…って姫神?吹寄?」

姫神「詳しく話を聞かしてほしい…」

吹寄「貴様はまたか…」

59: 1 2013/05/25(土) 22:04:30.01 ID:UJNrPXG10
マタカ
バクハツシヤガレ
カノジョナンテゲンソウダ…


上条「なんで、そんなに殺気だってるんでせう?」

青ピ「それは上やんに原因があると思うんやけど?」ユラッ

上条「いやいや、どう考えてもお前が余計なこと言うからだろっ!」

姫神「青髪くんの発言に対して『余計なこと』?それはつまり…」

上条「姫神さーん?」

青ピ「覚悟はええよな?」

上条「……ふっ」


ダッ


青ピ「あっ!弁当持って逃げたっ!」


オイカケロッ!
カミジョウカラ ベントウヲ ウバイトレ!
ジブンバッカリ オイシイオモイ シヤガッテ!

フコウダーッ
60: 2013/05/25(土) 22:07:48.19 ID:S9SYiIPAO
ーー屋上ーー

土御門「上やんとの生活はどんな調子かにゃー?」

神裂『ふふふ…』

土御門「おーい?ねーちんどうかしたか?」

神裂『おかあさんですか…ふふふ…しょせんおかあさんなのですね』

土御門(上やん、なにを言ったんだ…」)

土御門「ねーちん落ち着け。なにがあったかは知らんがほうけている場合じゃないぞ」

神裂『は?はあ…』

土御門「ねーちんがそうやってぼーっとしてる間にも上やんのまわりでは女の子がよってたかって上やんを狙っているんだぞ」

神裂『!、さ、さすがにそのような…』

土御門「否定できるか?」

土御門(ちなみに俺は無理だにゃー)

61: 1 2013/05/25(土) 22:08:55.57 ID:UJNrPXG10
ーーーーーー


上条「やっとまいたか…」

上条「っと?!」

女子生徒「きゃっ」カイダンラッカ

上条「危ないっ」ササエッ


ガシッ


上条「大丈夫かっ?」

女子生徒「は、はい」

上条「そっか、ならよかった」ニカッ

女子生徒「///」

上条「じゃあ気をつけろよ」

女子生徒「あ、ありがとうございました!///」ペコリ




女子生徒「…かっこいい///」


ーーーーーー

62: 2013/05/25(土) 22:10:53.85 ID:S9SYiIPAO
神裂『………』

土御門「それにな、上やんを狙う女には年下の子だっているんだぜい」

神裂『年…下…』

土御門「ねーちんがどれだけ苦労しようが、どれだけ努力しようが手に入らないステータスだ」

神裂『くっ…』

土御門「だからこそねーちんは自分のもつアイデンティティを前面に押し出すべきなんだぜい」

神裂『私の…アイデンティティとは?』

土御門「はぁー、ちっとは五和を見習ってグイグイ押していくべきだぜい」

神裂『ぐ、具体的には?』

土御門「挟んで擦れ!」

神裂『はさ…?こするとは?」
63: 1 2013/05/25(土) 22:13:31.22 ID:UJNrPXG10
土御門「ま、とりあえず、あんまり大人ぶらずに振る舞ってみればいいんじゃないかにゃー」

神裂『…わかりました』

土御門「昼休みも終わるし、切るぞ」

ブチッ


ーーーーーー


神裂「……」

神裂「とりあえず、五和を見習って家庭的な振る舞いを…」
64: 2013/05/25(土) 22:15:08.52 ID:S9SYiIPAO
ーーーーーー
ーーー


小萌「はいはーい、それじゃあ皆さん今日はこれでお別れなのですよー」

小萌「明日はお休みですけどハメをはずしちゃいけませんよー?」

青ピ「はーい。わっかりましたー!」

上条「明日は珍しく補習もないし、ゆっくりできるなー」


吹寄「そういう時こそしっかり自学自習しなさい」

土御門「上やんにも色々あるからにゃー」

青ピ「また女の子とフラグ建てる気か…」

上条(つっても魔術師のほうをどうにかしなくちゃいけないんだけど)

65: 1 2013/05/25(土) 22:16:32.46 ID:UJNrPXG10
ーー上条宅ーー

神裂「洗濯物もたたみ終えましたし、次はお掃除でもしましょうか」

神裂「といっても案外綺麗に片付いていますね…」

神裂「見えない所の掃除を重点的に頑張りますか」

神裂「まずはベッドの下からですね」

神裂「?何か奥に…」

神裂「なんでしょうか?」


ゴソゴソ


神裂「こ、これは…」
66: 2013/05/25(土) 22:37:20.82 ID:S9SYiIPAO
『金髪巨乳~エロティックインフェルノー!~』

『巨乳シスターさんのご奉仕いたしませですよ~』

神裂「///」

神裂「こ、こんな、卑猥な…」
神裂「し、しかしこれで彼が巨乳好きだと…」

神裂「!、奥にまだ…」


ゴソゴソ


神裂「こちらは…」

『ロリコン必見!驚愕のロリっぷり』

『ロリコン歓喜!これが真のエロリだっ!』

『~チャイルドエラー・激ロリペロペロ丸~』


神裂「…な、…そん…な」
68: 1 2013/05/25(土) 22:39:27.90 ID:UJNrPXG10
ガチャ


上条「ただいまー」

上条「神裂?なにやってんだ、そんなとこで」

上条「あっ」

神裂「上条…当麻…」

上条「ち、違うぞ神裂!そ、それは俺のじゃなくてだな…」

神裂「貴方は…年下のほうが良いのですか…?」

上条「それは青髪が無理矢理押し付けたやつでだあって俺の趣味ってわけじゃ…」

神裂「ロリ…子ども…」ブツブツ

上条「か、神裂さーん??」

神裂「ふふ、やはり私では…」ブツブツ

神裂「うわぁぁーーーん」バンッ

上条「ぎゃんっ!」


ダダダッ


上条「」チーン
69: 2013/05/25(土) 22:43:31.62 ID:S9SYiIPAO
ーー土御門宅ーー

土御門「…で上やん家を飛び出してきたと」

神裂「…はい」ショボン

土御門(青ピの貸したやつだろうなー、おそらく)

神裂「やはり私のような…その…年上ではダメなのでしょうか?」

土御門「そんなことはないはずだけどにゃー」

神裂「しかし、彼の所持していた……本は…///」

土御門(しかたないな)

土御門「おっほん、ねーちん。実はあのロリ本なんだけどにゃー。オレが上やんに無理矢理押し付けたもんなんだぜい」

神裂「…は?」

土御門「だから上やんの趣味とは全くの別物。アレはオレが隠すために上やんに預かってもらってたんだにゃー」

神裂「つまり、彼が好きなのは年下ではなく…」

土御門「年上のおねーさんタイプなんだぜい!」バンッ

70: 1 2013/05/25(土) 22:45:04.85 ID:UJNrPXG10
神裂「っ!」

土御門「いきなり出て行って上やんも心配してるはずだぜい?」

神裂「そ、そうですね!彼の趣味が年上なら私にもチャンスが…」

土御門(ようやく面白くなりそうだにゃー)ニヤニヤ

神裂「一度彼の部屋に戻ってキチンと話をしてきます」スタ

土御門「おっとねーちん、荷物を渡しとくぜよ」

神裂「ありがとうございます。では」

ガチャ

土御門「これでねーちんにも多少のエロ知識が身についてくれればなー」
72: 1 2013/05/25(土) 22:47:43.96 ID:UJNrPXG10
神裂「失礼します」

神裂「先程はすみませんでした。つい取り乱してしまい…」

神裂「貴方もその…男性ならしかたのないものですしね///」

神裂「…あの?」

上条「」チーン

神裂「気絶…してますね。強く突き飛ばしすぎたようです。どうしましょう…」

神裂「と、とりあえずこちらの本はどうしましょう…」

神裂「元は土御門の物のようですし彼に返しましょうか」


ガチャ
73: 2013/05/25(土) 22:50:16.88 ID:S9SYiIPAO
ガチャ


神裂「これでよし。彼は…」

上条「」チーン

神裂「……」

神裂「と、とりあえず、寝かして」

神裂「人は寝ているときは無防備になるといいますが…」

ツン

神裂「お、おぉ」

神裂「起きてませんよね…?」

神裂「……」

ツン
ツンツン

上条「う…うん…?」

神裂「!」

74: 1 2013/05/25(土) 22:51:49.53 ID:UJNrPXG10
上条「あ…れ?神裂?」

神裂「お、お目覚めですか///」

上条(この頭の下にある柔らかい感触は…)


ムニッ


神裂「んっ!」

上条(ふぁっ??何これ?もしかして膝枕ってやつですかっ?)

上条「あ、あれ?なんでこんなことになってんの!?」

神裂「覚えてないのですか?」

上条「た、確か帰ってきてそれで…あれ?」

上条「なんか非常にヤバイことがあったような…」

上条「あれー?」
75: 2013/05/25(土) 22:52:56.26 ID:S9SYiIPAO
神裂「ま、魔術師です!!」

上条「魔術師?」

神裂「え、ええ。どうやら貴方は魔術師の攻撃を受けて気絶してしまったようですね」アセアセ

上条「そ、そうなのか?」

神裂「そうなのです!」

上条「そ、そっか。それでその魔術師は…」

神裂「貴方が気にする必要はありません!」

上条「でも…」

神裂「あ・り・ま・せ・ん!」

上条「はい!」

神裂(なんとか誤魔化せました…)

76: 1 2013/05/25(土) 22:54:23.08 ID:UJNrPXG10
上条「ところで神裂さん。何故わたくしは膝枕などされているのでしょうか?」

神裂「っは!そ、それは貴方を介抱しようと…///」

神裂「ご迷惑でしたかっ?」

上条「いやいや!幸せすぎてずっとこのままがいいなんて…いやウソですゴメンナサイっ!」シュタッ

神裂「幸せだなんて…貴方さえよければ何時でも…///」ボソボソ

上条「はい?」

神裂「な、なんでもありません!」

上条「はあ…」
77: 2013/05/25(土) 22:55:53.72 ID:S9SYiIPAO
ーー土御門宅ーー

土御門「ねーちんももっと押していけよっ」キキミミタテ

土御門「ま、ねーちんじゃしょうがないか」


ガチャ


舞夏「兄貴ーいるかー?」

土御門「いるぜよー」

舞夏「そっかーよかったぞー」

土御門「なんだにゃー。もしかして会いたくて仕方なかったのかにゃー?」

舞夏「いやいやそんなことはないんだが。ポストにこんな物が入ってたんだぞー」

ドサッ

土御門「なっ!」

78: 1 2013/05/25(土) 22:56:56.72 ID:UJNrPXG10
舞夏「ロリ物の本がこんなにもなー、その上巨乳シスターさんのまであるではないかー」

土御門「舞夏、それは違うんだぜい…」

舞夏「なにが違うんだー?エロメイドの次はエロシスターとは、流石の私も驚きだなー」

舞夏「となりの暴食シスターに感化されたのかー?」

土御門「舞夏…」

舞夏「こうなったら兄貴にはしっかりしたお仕置きが必要なようだなー」ゴゴゴ

土御門「」ガクブル

舞夏「昨日のよりキツイから覚悟するんだなー」ニヤッ




土御門「ぎにゃーーー!!!」
79: 2013/05/25(土) 22:58:53.09 ID:S9SYiIPAO
ーー夕食ーー

上条「そういえばさ、神裂」

神裂「なんでしょう?」

上条「さっきみたいに魔術師は近くにきてるのか?もしそうならこっちからも仕掛けたほうがいいんじゃないか?」

神裂「な、なにを言っているのですか!貴方がいくら修羅場をくぐってきたからといっても貴方は魔術に関して素人でしょう!」

神裂「ですから、ここは私や土御門に任せて貴方は普段どおりの生活を過ごしていただければ…」

上条「でもさ神裂、やっぱり俺が狙われてるってことは俺の周りにいる人も危険に晒されるかもしれないんだろ」

上条「もしかしたら神裂や土御門が俺の代わりに攻撃されたり、俺の友達が狙われたりするかもしれない」

上条「俺のせいで誰かが不幸になるなんて俺は嫌なんだ」

80: 1 2013/05/25(土) 22:59:43.29 ID:UJNrPXG10
神裂「上条当麻…」

神裂(ど、ど、どうしましょう)オロオロ

神裂(今更貴方が魔術結社に狙われているのはウソでした、なんて口が裂けても言えません)オロオロ

神裂(彼が魔術師に攻撃された、というのはあながち間違ってはいませんが…)

神裂(突き飛ばしたのは私ですし…)

上条「神裂」ガシッ

神裂「!」

上条「受身なんかじゃダメだ。何か俺にできることはないか?」

神裂(も、もう誤魔化すなんて)

神裂「あ、あの…実は…「ないぜよ!!」バーン
82: 2013/05/25(土) 23:02:39.10 ID:S9SYiIPAO
上条「土御門っ?!」

土御門「上やんができることなんて皆無。むしろその右手のせいでこっちの作戦まで破綻しかねないんだぜい?」

上条「いやお前どっから…」

土御門「当然ベランダからだにゃー」

上条「ベランダから入るのが当然なんて言ってんじゃねーよ!」

神裂(あの土御門…)ヒソヒソ

土御門(ねーちん、こんなとこで諦めていいのか?)ヒソヒソ

神裂(!)

土御門(せっかくこれだけ上やんの近くにこれたのにその地位を手放すのか?)ヒソヒソ

神裂(……)

土御門(まあ、見ていろ)ヒソヒソ

83: 1 2013/05/25(土) 23:04:05.24 ID:UJNrPXG10
上条「土御門やっぱりさ…」

土御門「上やんが言いたいことはわかってる」

上条「なら…」

土御門「安心しろ、オレもねーちんもプロだそれで怪我したらそれは当然自分のせい」

土御門「上やんの周りにいる奴らのことも心配はない。学校や他の場所ではオレが目を光らせている」

上条「…でも今日みたいに帰る途中で気を抜いた瞬間とかを狙われて、関係ない人を巻き込むかもしれないし」

土御門「上やん、そんなに心配なら…











明日っから毎日ねーちんと登下校すればいいんだぜい!」ビシッ
84: 2013/05/25(土) 23:06:38.00 ID:S9SYiIPAO
神上「「はああぁぁぁ??」」

神裂「なぜそうなるのですか!土御門!」

上条「なにシリアスな場面でふざけたこと言ってんだ!」

土御門(おい、ねーちん。そうすれば上やんとの距離もぐーっと縮まるし、毎日登下校を共にするなんてそれこそ『学生カップル』そのものだぜい?)

神裂(!)

神裂「しかたありませんね、その案でいきましょう///」

上条「神裂さーん?!なんでイキナリ手のひら返し??っていうかそれただの羞恥プレイっ!」

土御門「『周』りに『知』られることとそれに伴う『羞恥』。うまいこと掛けたもんだにゃー」

上条「そんなつもりは毛頭なかったんですがっ?」

神裂「貴方は、私と並んで歩くのがやはり恥ずかしいのですね…」ズーン

86: 1 2013/05/25(土) 23:09:12.52 ID:UJNrPXG10
土御門「あー!上やんがねーちんを泣かしたー」

上条「小学生みたいなこと言ってんじゃねえ!」

神裂「え、えーん///」

上条「神裂も嘘泣きはいいから!それに照れるなら初めからしないのっ!」

土御門「何時までこの茶番続ける気かにゃー?」

上条「茶番って言いやがったよ、この野郎!」

神裂「」ジッ
土御門「」ジッ

上条「うっ…」
87: 2013/05/25(土) 23:10:02.55 ID:S9SYiIPAO
上条「わかったよ!それでいこう!」

土御門「じゃお疲れー」スタスタ

神裂「それでは片付けますね」カチャカチャ

上条「なんなんだよっ!」



神裂(明日から毎日彼の見送りと出迎えを…///)

ーーーーーーーーー

土御門(あれ?これじゃあ余計に保護者っぽいんじゃ…)

89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 23:15:29.53 ID:QU3jV1WAO
乙です。
上裂はこのじれったさもいい、奥手同士が段々近づいていくのがねぇ。
95: 1 2013/05/26(日) 21:32:06.04 ID:+sZs3I5W0
ーーーーーー

神裂「お風呂頂きました」

上条「ああ」

上条(着物の神裂も色っぽいな)

上条(ほんのり赤らんだ肌にチラりと見える鎖骨のあたりがとくに…)ゴクッ

神裂「…あの、明日からなんですが」

神裂(登下校を共にするなんて、楽しみですね///)

上条「登下校だっけ。本当にするのか?」

神裂「あたりまえですっ!貴方と貴方の周りの方を護衛しなければなりませんから」

上条「それはありがたいんだけどな…」

神裂「というわけで明日からよろしくお願いしますね」

上条「いや、明日は学校休みなんだけど」

神裂「…は?」

上条「明日は土曜日だからな、学校は月曜日からだぞ?」

神裂「そ、そうだったのですか…」

神裂(せ、せっかくの登下校が学生カップルが…)

上条「なんか落ち込んでないか?」

神裂「いえ、そんなことは…」

96: 2013/05/26(日) 21:35:50.22 ID:mPegfgHAO
上条「じゃあもう寝るよ」

神裂「…また貴方は浴槽でおやすみになるのですか…」

上条「ま、まあな」

上条(一緒のベッドで寝れるわけねーだろっ)

神裂「やはり家主を差し置いて私がベッドで寝るというのはいかがなものかと…」

上条「!、 じゃあ明日は布団でも買いに行くか」

神裂「お布団ですか?」

上条「ああ、そうすれば神裂も気負う必要はなくなるだろ」

神裂(私は同じベッドでもいいのですが…)

神裂(!、これは、もしや2人で買い物に行くということでは…)

神裂(つまり…)

97: 1 2013/05/26(日) 21:36:48.48 ID:+sZs3I5W0
神裂「そ、そうですね!それでは明日は2人でお買い物に行きましょう!」

上条「ついでに神裂の服もみないか?」

神裂「服ですか?私は着物といつものがあれば充分なのですが」

上条「でも、学園都市じゃあの格好カナリ目立つっていうか…」

神裂「しかしあれは魔術的な…はっ!」

神裂(もしやこれはチャンスなのでは?彼好みの服を着ればいくら鈍い彼とて少なからず意識してくれるかも…)

98: 2013/05/26(日) 21:38:49.12 ID:mPegfgHAO
上条「あー、そういやあの格好って魔術的な意味があるんだっけ?」

神裂「大丈夫です!」

上条「えっ?」

神裂「服装による影響など微々たるもの、この街に溶け混むならそれらしい服装をするべきですしね」

上条「えーと、そうなの?」

神裂「そうなのです!」

上条「そうなんだ…」

上条(ゴリ押しされた気が…)

神裂「細かいことは別にいいでしょう。ともかく明日は忙しくなりそうですし、もう眠りましょうか」

上条「それもそうか、じゃあおやすみ」

神裂「はい、おやすみなさい」
99: 1 2013/05/26(日) 21:41:35.56 ID:+sZs3I5W0
神裂(明日は彼と買い物ですか…)

神裂(これはもしや…で、『でーと』というものでは…)

神裂(///)

神裂(…?『でーと』は何をすればいいのでしょうか?)


ーーーーーーーーーーーー


上条(思わぬ出費になっちゃうな~)

上条(…まあ、これで神裂も納得するならいいんだけど)

上条(もし俺が布団買うって言わなかったら?)

上条(最終的には同じベッドで寝ていたんじゃ…)

上条(もしかしたら、とてつもなくもったいないことを…)

上条(はっ?)

上条(いやいや、もったいないってなんだよっ!)


上条(…だめだ、寝よ)
100: 2013/05/26(日) 21:42:16.26 ID:mPegfgHAO
ーーーーーー
ーーー


上条「ふぁ~、おはよう神裂」

神裂「おはようございます」

上条「また朝ご飯作ってくれたのか」

神裂「ええ、お口に合うかわかりませんが…」

上条「神裂の作るご飯ならなんでも美味しいよ」ニコッ

神裂「///」

上条「じゃあ洗濯物を干したら出かけようか」

神裂「そうですね」

101: 1 2013/05/26(日) 21:43:09.01 ID:+sZs3I5W0
ーーーーーー
ーーー



ザワザワ
ナニアレ スゲービジン
オッパイ!
ハマヅラ…?
イヤ…アノネ…


上条(すげーみられてる。当然っちゃ当然なんだけど)

神裂「何やら騒がしいですね」

上条「あ、ああ。とりあえず布団を見に行こう」スタスタ

神裂「?、ええ」
102: 2013/05/26(日) 21:45:33.83 ID:mPegfgHAO
ーーーーーー
ーーー


神裂「…いいものが見つかってよかったですね」ズーン

上条「あ、ああ」

上条(神裂のやつカナリ落ち込んでるな…)

上条(やっぱり俺の姉にみられたのがそうとうショックだったのか)

神裂(やはり私と彼では姉弟にしか見えないのですね…)

上条(どうにかして元気づけないとな)

上条「神裂、次は神裂の服を見に行こうぜ」

神裂「はぁ…」

上条「布団も配達してくれるしこれからパッーと買い物とかしてさ」

神裂「え、えぇ」

上条「じゃあ決まり!」

神裂「あっ、あの…」

神裂(随分強引な…)
103: 1 2013/05/26(日) 21:46:29.04 ID:+sZs3I5W0
ーーセブンスミストーー

神裂「わ、私に、こんな服似合うでしょうか…」

上条「神裂はスタイルいいから何着てもさまになるよ。とりあえずいくつか気になったのを試着してみろよ」

神裂「はぁ、しかしどの服も左右対象なのですね…」

上条「神裂さんの服が特殊すぎるんですよ…」

神裂「と、とりあえずいくつか見てみます」
104: 2013/05/26(日) 21:49:27.21 ID:mPegfgHAO
ーー試着室ーー

神裂「さて、いくつか選んでみましたが…」

神裂「…下着はこれでいいのでしょうか///」

神裂「か、彼の所持していた本にはこのような下着が多々ありましたし…///」

神裂「流石に紐のような物まで着る勇気はありませんが…」

シタギチャクヨウ

神裂「……」

神裂「さ、流石に真紅のスケスケは///」

神裂「こちらはどうでしょうか」

キガエ

神裂「……」

神裂「ま、まあ先ほどよりは…」

クルクル

神裂「……///」

神裂「これにしましょう」

105: 1 2013/05/26(日) 21:50:40.58 ID:+sZs3I5W0
ーーーーーー
ーーー


シャッ

神裂「あ、 あのとりあえずこれでどうでしょうか?」

上条「 」

上条(神裂のタートルネック、おっぱいが強調されすぎじゃね!?いつもより露出が少ないのに黒の布地と白い肌とのコントラストが色っぽさを…)

神裂「あの、何か言ってください」

上条「い、いや、神裂が普通のジーンズ履いてると新鮮だな~と思って」

神裂「変、ですか…?」

上条「変じゃない変じゃない、すっげー似合ってる!」

神裂「で、ではこれと、あといくつか買ってきます///」

上条「そのまま着てくのか?」

神裂「ええ、これならあまり目立たないでしょうし」

上条(いやいやそっちはそっちで目を引くんだよな。胸のとこだけボーダーの間隔が伸びてるもん)

神裂「」ニコニコ

上条(まあ元気になったみたいだしいっか)

??「ちょっとアンタ!」

106: 2013/05/26(日) 21:53:42.24 ID:mPegfgHAO
上条「ん?げっ!」

美琴「げっ!っとはなによ、げっ!っとは!」

上条「奇遇ですね御坂サン」アハハ

美琴「ふん。にしてもアンタがこんな時間にこんなとこにいるなんて珍しいわね。補習はどうしたのよ?サボり?」

上条「いやいや、上条さんが毎週毎週補習を受けてるわけないでしょうが」

美琴「えっ…」

上条「なんだよそのまさかって顔はっ!?」

美琴「天変地異の前触れかしら…」

上条「失礼すぎんだろっ!」

美琴「冗談よ。それよりアンタ暇?そ、それならちょっとつ、付き合って欲しいんだけど…///」

上条「あー上条さんはお買い物の最中でして…」

107: 1 2013/05/26(日) 21:55:34.00 ID:+sZs3I5W0
美琴「じゃ、じゃあ私も付き合うからさ」

上条「うーん」

上条(神裂もいるし万が一魔術師との戦いになったら…)

神裂「上条当麻?」

上条「!、会計終わったのか」

美琴「ちょっと!誰よこの女!?」

神裂「いったい誰ですかこちらの少女は?」

美琴(…巨乳)チラッ
神裂(……年下)チラッ

美琴(敵かっ!)バチバチ
神裂(敵ですかっ!)バチバチ

上条「あれ?電撃と殺気が…」

神裂(ここは先手を打たねば…)

神裂「では、お買い物の続きをしょうか」ムニュウ

上琴「「!!!」」

上条「か、か、神裂さん?あの…」

神裂「はいっ、なんですか?」ムニュウ

上条(ヤバイヤバイヤバイヤバイ)

美琴「な、何やってんのよ!?こんな人の多い場所でっ!」

キャーナカイー
ウラヤマスギル
オッパイオッパイ
チョウシニサラセ!
ギャーッ

上条「ほ、ほら御坂の言うとおり人目もあるし…」

神裂「で、でーとはこういうものでは?///」

上条「で…「デートぉぉぉ??」

108: 2013/05/26(日) 21:59:39.09 ID:mPegfgHAO
美琴「で、で、デートってなによっ!!」

上条「いや、デートっていうか…」

神裂「貴女には関係ありません。さあ行きましょう」グイッ

上条「お、おい神裂っ」

美琴「ちょっとそいつ嫌がってるじゃない!」

神裂「そうなのですか?」ムネアテウワメヅカイ
上条「いや…///」

美琴「デレデレすんなっ!」ビリビリ

神裂「!」

上条「あぶねっ!」パキィッ


109: 2013/05/26(日) 22:01:21.58 ID:mPegfgHAO
上条「おい、御坂危ねえだろっ」

美琴「どうせ当たらないでしょっ」

上条「神裂に当たったらどうするんだよ!」

美琴「!、そ、それは…」

神裂「…」

上条「御坂」

美琴「ご、ごめんなさい」

神裂「…いえ、私も大人気なかったようです。すみません」パッ

上条(あっ…)

110: 1 2013/05/26(日) 22:03:01.39 ID:+sZs3I5W0
美琴「結局こっちの人は誰なのよ?」

上条「神裂っていってな、えーっとな…魔術師だ」

神裂「!、あの…」

上条「心配はいらないよ。こいつは御坂っていってハワイとかでグレムリンと闘ってるから」

神裂「そうですか…」

美琴「えーと神裂さん?よろしくお願いします」

神裂「御坂さんでよろしいのですね?こちらこそよろしくお願いします」


美琴「ところで神裂さんはなんで学園都市に?まさかまたこいつを狙うやつが…」

上条「違う違う、ちょっとした観光だよ。観光」

神裂(あの…)ヒソ

上条(関係ないやつを巻き込みたくないからな。合わせてくれ)ヒソヒソ

神裂(…わかりました)

神裂「そうなんです。それで、彼に案内を頼んでいるんですよ」

美琴「ふーん、そうなんだ」

美琴「!、じゃあ、私も付き合っていい?」

上条「御坂もか?いいんじゃないか?なあ神裂」

神裂「!、そうですね…」

神裂(彼と2人きりでなくなるのはすこし残念ですが…)

神裂(ライバル候補のことを調べるのまた重要なこと)

神裂「では一緒に行きましょうか」ニッコリ

美琴「よろしくね」ニコ

美琴(この人がこいつとどんな関係か見極めないと…)

神裂「ふふふ」
美琴「ふふふ」

上条「仲良きことはいいことだ」ウンウン
111: 2013/05/26(日) 22:11:57.05 ID:mPegfgHAO
上条「これからどこ行こうか」
美琴「そうねー」

神裂「あなた達が2人で出かけた場所などは?」

美琴「!」

上条「俺と御坂が?んー2人でっていうと携帯のペア契約した時くらいか?」

神裂「ペア契約ですかっ?」

上条「ああ、御坂がどうしてもペア契約で貰えるストラップが欲しいって言うから」

美琴「い、いいじゃない別に」
美琴(この人さりげなくさぐってる?)
112: 1 2013/05/26(日) 22:13:42.50 ID:+sZs3I5W0
神裂(おそらくストラップなどただの口実。『ペア』というのが本来の目的でしょうね)

上条「あとはよく行く公園かな」

神裂「公園ですか?」

上条「近道でさ、よく通るんだ。御坂もそこでよく無銭飲食を…」

美琴「なーに言ってんのかしら~」ビリビリ

上条「お、落ち着けって…」

美琴「そういえば、2人で食事したこともあったわよねぇ?」

上条「ん?ああ、ホットドッグか。常盤台御用達なだけあってあれは美味かったな」

美琴「し、しかも、か、か、間接キスまで…///」ボソボソ

上条「なんか言ったか?」

神裂(間接キス?!いえ、まさか…)


上条「しかし公園ってのもな…」

美琴「とりあえずファミレスでも行って決めない?そろそろお昼だし」

上条「もうそんな時間か。神裂もそれでいいか?」

神裂「ファミレスですか?初めて行きますね」

美琴「神裂さんファミレス行ったことないの?」

神裂「ええ、そういった施設にはあまり縁がなく…」

美琴「今時珍しいわね」

上条「まあ、いろいろあるんだよ」

神裂(もしや、こういった経験のなさが私を年相応にみせないのでしょうか…)

美琴(神裂さんっていったいいくつなんだろ?私より一回りくらい上よね、きっと)
113: 2013/05/26(日) 22:17:26.48 ID:mPegfgHAO
ーーファミレスーー

店員「いらっしゃいま…せ…」

店員(せ、聖人?御坂さんに彼までも…な、何故)

上条「あのー3人なんですけど」

店員「はっ!はいどうぞこちらへ…」

美琴「どうかした神裂さん?」

神裂「い、いえ。なにも…」

神裂(この人は魔術師?おそらくアステカの変装術式でしょうか?確か土御門の知り合いだとか)ジロッ

店員「…」ガクガク

神裂(害はなさそうですし問題ないでしょう)

店員(殺気が消えた?無害判定されたのでしょうか…)

114: 1 2013/05/26(日) 22:19:38.35 ID:+sZs3I5W0
店員「こ、こちらの席にどうぞ」

上条「とりあえずドリンクバー3人、あとはまた後で注文します」

店員「は、はい。お決まりになられましたらお呼びください」ピュー

上条「すごい勢いで去ってったな」

美琴「新人だったんじゃない?緊張してたみたいだし」

上条「そっか。あ、ドリンクバー行くけど2人は何がいい?」

美琴「じゃあオレンジジュースお願い」スワリツツ

神裂「何があるのでしょうか?」ムカイニスワリ

上条「ジュース類に麦茶、烏龍茶、アイスコーヒーに紅茶に…結構いろいろあるぞ」

神裂「では烏龍茶をお願いします」

上条「りょーかいでーす」
115: 2013/05/26(日) 22:21:03.97 ID:mPegfgHAO
神裂「………」

美琴「………」

神琴「「きまずい…」

美琴(いや…躊躇ってる場合じゃないわね。アイツとどんな関係か聞き出さなくちゃ)

美琴「ね、ねえ、神裂さん」

神裂「はい」

美琴「神裂さんはさ、あ、アイツのことどう思ってるの?その、魔術とか抜きで」

神裂「どうと言われても…」

神裂「彼には返しきれないほどの恩がありまして…」

美琴「はぁ、ほんと色んなとこで人だすけしてんのね。あのバカは…」

神裂「と言うと?」

美琴「私もアイツに助けられた口ってわけ」

美琴「危ないっていうのに人のために自分の命危険にさらしてさ」

116: 1 2013/05/26(日) 22:23:00.99 ID:+sZs3I5W0
神裂「彼らしいといえば彼らしいですが」クス

美琴「まあ、そうよね」

美琴「だから惹かれたのかもね」ボソッ

神裂「?」

美琴「ううん」

上条「戻りましたよー」

上条「はい、オレンジと烏龍茶」

美琴「サンキュー」

神裂「ありがとうごさいます」

美琴(あれ?)

神裂(彼はいったいどちらに座る気でしょう?)


上条「じゃあ神裂、ちょっと詰めてくれ」

神琴「「!!」」

神裂「は、はい!」イソイソ

美琴「こ、こっちのほうが空いてるわよ。そっちは荷物もあるし」イソイソ

上条「それも、そうか。じゃあ隣失礼するよ」

神裂「あなたは、私の隣に座りたくないのですか…」ショボン

上条「えっ、ええ?」

美琴「ちょっと!こっちにすわるんでしょっ!?」

上条「御坂さん!?いったいどうしたんですかっ?」

神裂「上条当麻!」

上条「あー、もうじゃあこれで!」
118: 2013/05/26(日) 22:25:25.80 ID:mPegfgHAO
神裂(結果…)

美琴(この人と隣でコイツは向かい側ね…)

上条「注文とるぞー」

ピンポーン

店員「は、はい」

上条「ハンバーグセットを一つ」

美琴「私は和風パスタを」

神裂「私は…このシーフードカレーをお願いします」

店員「かしこまりました」

店員「ご注文繰り返させていただきます。ハンバーグセットがお一つ、和風パスタがお一つ、シーフードカレーがお一つ。以上でよろしかったでしょうか?」

上条「はい」

店員「少々お待ちください」ピュー

美琴「ほんとに逃げるように去っていったわね…」

119: 1 2013/05/26(日) 22:27:35.45 ID:+sZs3I5W0
ーーーーーー
ーーー


上条(なんだろう、2人の視線が痛い)

神裂「……」
美琴「……」

上条(なんか、時々睨みあってるし…)

上条(なんか話題話題…)

上条「そうだっ!神裂、ファミレスはどうだ?」

神裂「?、中々美味しいですね。しかしオルソラの料理のほうが上ですが」

上条「まあ、オルソラの料理と比べるのはな…」

美琴(誰よオルソラって!内話で盛り上がらないでほしいわね)

神裂「!」

神裂「あ、あの上条当麻///」

上条「ん?」

神裂「よければ食べ比べなどはいかがですか?///」

美琴「!」

美琴(まさか…)

上条「ああ、いいぞ」

神裂「で、では。あーん///」

上条「 」

神裂「口を開けてください。でないとたべれませんよ?」

美琴「ちょっと!な、なんでそんな、あ、あーんなんてことっ。そいつが自分でとって食べればいいでしょっ!」

神裂「見てわかりませんか?彼はお箸を使っています。そして私の料理はカレー、この場にスプーンは一つ。するとこうなるのは当然のことです」

美琴「そいつがあなたのスプーンをとって自分ですくえばいいでしょうがっ!」

神裂「なるほど、思いつきませんでした。しかしすでにすくってしまっていますし後は彼が口を開け食べるだけですから」

美琴「なっ」

神裂「あーん」

上条「あむ///」

神裂「どうですか?///」

上条「お、美味しいです///」

上条(これって間接キスってやつじゃ…)

120: 2013/05/26(日) 22:31:53.95 ID:mPegfgHAO
美琴(なら…)

美琴「アンタのそれ美味しそうね!一口貰える?」

神裂「!」

神裂(まさか…)

美琴(ふふ、そっちがそうするなら私はしてもらうわ!)

上条「あ、ああいいぞ。ほら」スッ

美琴(やっぱりあ、あーんは無いか。なら…)

美琴「あ、お箸落としちゃった~」ポロッ

美琴「代わりのもないし…」

店員「どうぞっ!」シュタッ

サッ

美琴「…どうも」

店員「いえ」ニコッ

美琴「………」

美琴(なんで…)ガクッ

129: 2013/05/28(火) 22:39:46.46 ID:vqEB8WxAO
ーーーーーー

アリガトーゴザイマシター

美琴「次はゲーセンにでもいこっか」

神裂「ゲーセン…ですか?」

上条「神裂はゲーセンも初めてか」

神裂「どういった場所なのですか」

美琴「クレーンとか、パンチングマシーンとか…まあ、行ってみればわかるわ」

上条「じゃあ荷物はロッカーに預けて…」

130: 1 2013/05/28(火) 22:42:38.58 ID:Upo1d6A/0
ーーゲーセンーー


神裂「…随分と騒がしところですね」

上条「しばらく遊んでると慣れてくるよ」

美琴「じゃあ、私はちょろっーと稼いでくるわね~」

上条「稼ぐってなにを?」

美琴「打ち出し用のコイン」

上条「お前…ゲーセンからパクッてたのか」

美琴「ちょっと人聞きの悪いこと言わないでよっ!ちょーっと借りてるだけなんだから」

上条「はぁ…ほどほどにな」

美琴「わかってるって。また後でねー」ヒラヒラ

上条「御坂もしょうがないな。神裂は何か興味ありそうなのないか?」

神裂「そうですね、あちらのぬいぐるみの入ったものは何ですか?」

上条「UFOキャッチャーか、よし」

神裂「?」

上条「まあ、見てろって」

チャリン
ウィーン

上条「よし!いい感じ」

ヒュルヒュルヒュルヒュル

上条「掴め!」

ガツンッ

上条「ああっ?」
132: 1 2013/05/28(火) 22:48:25.98 ID:Upo1d6A/0
上条「不幸だ…爪が引っかかるなんて…」

神裂「つまりこれを操って中の物を取ればいいのですね?」

上条「簡単に言うけど結構むずいんだぞ?」

神裂「そうですか?…!」

神裂「では、あなたが教えて下さい、手取り足取り…ね」

上条「どうやって…」


ムニッ


上条「!?」

神裂「こうして私の手を貴方の手の下に重ねれば…///」

上条(う、後ろから、柔らかいものが…)ドキドキ

神裂「お願いします///」

上条「は、はいっ!」


ウィーン
ゴトゴト


神裂「とれましたっ!」

上条「おおっ!」
133: 2013/05/28(火) 22:51:59.24 ID:vqEB8WxAO
神裂「ふたつとれてしまいましたね」

上条「白と黒の仔犬のストラップか」

神裂「よければお一ついかがです?」

上条「いいのか?」

神裂「はい。お、お揃いの物をもつのもいいではありませんか//」

上条「…そっか。ありがとう」ニコッ

神裂「///」

美琴「いやー大量大量」テクテク

上条「!、よう、そんなにとれたのか」

美琴「まあね、これでしばらくは困らないわ」

上条「お前、そんな頻繁に撃ってんのか…」

美琴「なっ!私だってアンタぐらいにしかめったに人には撃たないわよ!」

上条「いや、俺にも撃つなよ…って他の人にも撃ってんのっ?!」

美琴「いちいちうるさいわね。それよりあれやらない?パンチングマシーン」
135: 1 2013/05/28(火) 22:53:42.07 ID:Upo1d6A/0
上条「パンチングマシーンか…面白そうだな」

美琴「じゃあ私から」

美琴「ふうーっ」

美琴「…チェストぉぉぉ!!!」


ドコン!


上条「うぉいっ!なに蹴ってんのっ?!」

美琴「こっちのほうが強く測れるのよ」

上条「そこまでして高得点だしたいのっ!?」

美琴「細かいわねー。次は神裂さんやってみたら?」

神裂「では…」

上条「蹴っちゃだめだからなっ?」

神裂「わかっていますよ」

神裂「ふーー」

上条(あれ?聖人って…)
137: 2013/05/28(火) 22:56:56.33 ID:vqEB8WxAO
神裂「破っ!」

ゴシャッ!!

美琴「!!!」

神裂「えっ?」

上条「神裂さーん!なに本気だしてんのっ?!」

神裂「手加減しましたよっ??」オロオロ

ビービー

上条「やばっ!」

美琴「逃げるわよっ!」ダッ

神裂「ええっ?」

ビービービービー

138: 1 2013/05/28(火) 22:58:48.54 ID:Upo1d6A/0
ーーーーーー

美琴「か、神裂さんのそれって…肉体強化の魔術か何か?」ハァハァ

神裂「いえ、生まれつきでして」

美琴「…すごいわね」ハァハァ

美琴「ふー。もうこんな時間だし私そろそろ帰るわ。寮も近いし」

上条「そっか、じゃあな御坂」

神裂「本日はありがとうございました」

美琴「こっちこそ」

美琴「私、負けないから」ボソッ

神裂「!」

神裂「…こちらこそ」

上条「じゃあなー」

美琴「ばいばーい」



美琴「ふぅ、ライバルか…」

美琴「…ん?」

美琴「なんであの2人同じ方向に帰ってんの?」


美琴「偶然よね。きっと…」
139: 2013/05/28(火) 23:00:09.19 ID:vqEB8WxAO
ーー帰路ーー

上条「今日は楽しかったなー」

神裂「そうですね」

神裂(今回はカナリカップルっぽいのでは…?)

上条「御坂とも仲良さそうでよかったよ」

神裂「彼女には負けられません…」

上条「?」

神裂「いえ、ほらもう着きましたよ」

140: 1 2013/05/28(火) 23:02:58.14 ID:Upo1d6A/0
ーーーーーー

チーン
ガー

上条「そういや布団…」

土御門「よう上やん」

上条「!、土御門」

土御門「布団ならオレが受け取って上やんの部屋ん中に入れといたぜい」

上条「そっか、サンキューな」

土御門「別に構わないぜよ。それよりねーちん、ちょっといいか?」

神裂「はい」

上条「…じゃあ俺は部屋にいるよ」

土御門「悪いな」


ガチャ


上条「…そういや神裂の荷物ロッカーに入れっぱなしだ」

上条「とりに行くか。えーと、土御門に後でメールしとくか」タッ
141: 2013/05/28(火) 23:06:22.48 ID:vqEB8WxAO
ーー土御門宅ーー

土御門「…で、ねーちん。どこまですすんだ?」

神裂「中々いい調子です」

土御門「具体的には?」

神裂「今日は…服を買ったりファミレスで食事をしたりゲームセンターで遊んだりと…」

土御門「中学生かっ!!」

神裂「!?」

神裂「ま、まってください、他にも手を繋いだり、後は…名前で呼ぼうとも考えています!」

土御門「だから中学生かっ!!」

神裂「ええっ?」

土御門「…はぁ。ねーちん、思った以上に進展がなさすぎる」

神裂「そんな…」

土御門「ま、そんな奥手の2人のためにプレゼントを部屋に置いといたからよかったら使ってくれ」ニヤニヤ

神裂「はあ」

土御門「もたもたしてると他のやつに上やんをとられるぞ」

神裂「!」

神裂「失礼しますっ」

土御門「さてさて今夜はどこまで進むかにゃー……ん?」

142: 1 2013/05/28(火) 23:08:51.04 ID:Upo1d6A/0
ーー上条宅ーー

神裂「戻りました」

神裂「?、上条当麻?お風呂ですか?」

神裂「…おや、これは?」

神裂「土御門の言っていたプレゼントでしょうか?中身は…小さな包み紙がいくつも」

神裂「説明書が……」

神裂「///」ボンッ

神裂「なっ、…///」

神裂「こ、これは…」


バンッ


土御門「ねーちん大変だっ!!」

神裂「土御門!なんですかこれはっ!」

土御門「っ!今はそれどころじゃないっ!上やんが狙われてる!」

神裂「!?、どういうことですかっ?まさか本当に…」

土御門「魔術師が街に入り込んだらしい」

土御門「上やんからメールで忘れ物をとりに行くとあったが、心当たりはっ?」

神裂「!、ありますが、敵は何者ですっ?!」


土御門「敵は……
144: 2013/05/28(火) 23:12:43.88 ID:vqEB8WxAO
上条「あったあったー」

上条「せっかく神裂が買った服だからな、忘れなくてよかったぁ」

上条「にしても早く帰らないと、ほとんど人がいないしな」

上条「…?人が、いない?」

上条「!」ゾクッ

上条(ヤバイ、まさか…『人払い』かっ!)

上条(くそっ!迂闊だった!敵は何処だ?)

上条(俺が1人になるのを狙ってたのか…)

上条(とりあえず背後からの不意打ちを警戒してロッカーに背中を預けて…)ドン

『ふふふふふふー甘いですよー』

上条(声!何処だ何処にいる)
キョロキョロ

『そんなにキョロキョロしなくても、…貴方の後ろですよ!』

146: 1 2013/05/28(火) 23:15:42.12 ID:Upo1d6A/0
上条「まさかっ…」


バンッ


上条「大型ロッカーの…中っ?!」


ガツンッ!


上条「がっ」ドサッ


??「ふふふ」

??「いよっしゃあーー!!上条当麻ゲットぉぉ!!」

??「さーて、今の内に既成事実でもつくっちゃいましょうかー」シタナメズリ

??「えっへっへー、そうしてしまえば彼のことですから、私のため、そして英国のために働いてくれるでしょう」

??「えへへー」ジュルリ

神裂「そうはさせませんよ」

??「!?」
147: 2013/05/28(火) 23:22:02.75 ID:vqEB8WxAO
神裂「彼に手を出させませんよ。『新たなる光』のレッサー」

レッサー「やはり来ましたか。聖人・神裂火織」

レッサー「しかし、そうは問屋がおろしません!『鋼の手袋verレッサーカスタムEX』の力を…」

ズガンッ!


レッサー「………」

神裂「三秒だけ待ちます。三秒過ぎたあと、貴女の姿はあの吹きとんだロッカーと同じです」ゴゴゴ

レッサー(ヤバイヤバイヤバイ)

神裂「さ…「サヨナラー!!」ピュー

神裂「…潔いよいですね」

神裂「上条当麻」

神裂「…気絶してしまっていますね」

神裂「起きて下さい。上条当麻」

上条「」

148: 1 2013/05/28(火) 23:24:16.59 ID:Upo1d6A/0
神裂「当麻さーん?朝ですよー?」

神裂「///」テレテレ

神裂「と、う、ま~」

上条「…ん、」

神裂「!」

上条「かん…ざき…?」

神裂「大丈夫ですか上条当麻?」キリッ

上条「確か…忘れ物をとりにきて…」

上条「!、そうだ魔術師はっ?!」

神裂「ご安心を。すでに私が追い払いましたから」

上条「まじか…」

神裂「大したことのない相手でしたから。上条当麻、そんなことより怪我の具合は?」

上条「いや、大したことなさそうだ。すこし殴られたとこが痛むくらいだな」サスサス

神裂「それはよかっです」フゥ
149: 2013/05/28(火) 23:26:05.89 ID:vqEB8WxAO
上条「それよりさ神裂さっき俺のこと名前で呼んでなかったか?」

神裂「き、聞いていたのですかっ?」

上条「ぼんやりとだけど聞こえてさ」

神裂「あ、あの…その、すみません…」

上条「別に謝る必要なんかないよ。神裂っていつも俺のことフルネームで呼ぶから少し距離が縮まった気がしてむしろ嬉しかったぞ?」

神裂「で、では、これからも名前でお呼びしても…?」

上条「俺は全然かまわないよ」

神裂「///」

神裂「と、当麻!」

150: 1 2013/05/28(火) 23:27:05.96 ID:Upo1d6A/0
上条「なんか新鮮だな///」

神裂「そうですね///」

上条「っと、この状況どうしよう。ロッカーとかズタボロだし…」

神裂「『人払い』もきれていますからこのままでは人が集まってしまいます。仕方がありませんがここは帰りましょう」

上条「いいのか?」?

神裂「大丈夫ですよ。…ね?」ジロッ

レッサー「」ビクッ

上条「?、神裂がそう言うなら…」
151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/28(火) 23:30:33.91 ID:9BxHZAqUo
ねーちん可愛い
152: 1 2013/05/28(火) 23:31:24.85 ID:Upo1d6A/0
ーーーーーー


土御門「よう上やん、無事だったか」

上条「なんとかな…神裂が来てくれなかったらやばかったかもだけど」

土御門「そうか…ねーちん敵はどうした?」

神裂「充分脅しをかけましたのでこれ以上手をだすとは…」

土御門(油断するなよ…上やんを狙っているのはレッサーだけじゃないからな)ヒソ

神裂(わかっています。私もこれ以上遅れを取る気はありません)ゴゴゴ

土御門「お、おお…」

土御門(なんか燃えてるぜよ…)

神裂「それでは当麻の傷の手当がありますので失礼します」

上条「じゃあな」

土御門「おう」




土御門「『当麻』…か」

土御門「ねーちんも中学生じゃないんだからにゃー」ニヤニヤ
153: 2013/05/28(火) 23:34:31.55 ID:vqEB8WxAO
ーーーーーー
神裂「それでは頭を見せて下さい」

上条「ああ」スッ

神裂「少しコブになってますが大したことはなさそうですね」

上条「そっか、サンキュー」

神裂「それより、この無数の噛み跡のほうが…」

上条「あははー」アセアセ

神裂「あの子にも困ったものですね…」ハァ

上条「そ、それより夕飯の支度でもするか」

神裂「それなら出かける前に作り置きをしておきましたので、温めるだけですみますよ」

上条「いつの間に…」

上条「ほんと神裂はいいお嫁さんになるな」

神裂「お、お嫁さんっ?!」

神裂「そんなお嫁さんだなんて///」

神裂「貴方さえよければいつでも…」ボソボソ

上条「?」

ーーーーーー
ーーー


154: 2013/05/28(火) 23:37:08.58 ID:vqEB8WxAO
ーー風呂ーー

神裂「ふぅ」チャプッ

神裂「やはりもっと積極的にいかなければならないのでしょうか…」

神裂「今日の御坂さんのように少しづつ距離を縮めてくる人もいますし、レッサーのように強引な手段をとる人もいるかもしれません…」

神裂「……私もそろそろ覚悟を決めなくてはいけませんね」ザプッ




神裂(それよりも気になるのはレッサーの口ぶりですね…)

神裂(私が彼の為に動くこと…いえ彼のもとにいるのを知っていた)

神裂(私がここにいることを知っているのは極少数。つまり誰かが情報をリークした…?)

155: 1 2013/05/28(火) 23:38:40.63 ID:Upo1d6A/0
神裂「いいお湯でした」

神裂「おや?」

上条「」スースー

神裂「もう寝てしまったのですか。まあ、今日は色々ありましたし仕方ありませんね」

神裂「新しいお布団の具合はどうですか?当麻」

上条「」スースー

神裂「気持ち良さそうですね」フフッ

神裂「さて、私もそろそろ寝ましょうか」

神裂「おやすみなさい、当麻」

上条「」


パチッ


神裂「………」

神裂「当麻………好きです」

神裂「///」

神裂「ずるいですね…」

神裂「もう寝ますっ」ガバッ


神裂「」スースー









上条(……マジか///)
162: 1 2013/05/30(木) 22:00:53.47 ID:nVjNyODO0
ーーーーーー


上条「…ん、何時だ…?」

上条「げっ、まだ5時前かよ…」

上条「……全然寝れなかった」

上条「神裂は…」

神裂「」スースー

上条「まだ寝てるか…」

上条「駄目だ。寝れない…」

上条「起きるか」ガバッ

上条「ふぁ~、洗濯物でも片付けるか」

上条「しかし、昨日の夜、神裂が言ってたのって…」

上条「夢じゃ…ないよな///」

上条「いやいや、でもそういう意味じゃないかも」

上条「…じゃあどういう意味があるんだよ…」
163: 2013/05/30(木) 22:03:46.53 ID:A26hlsgAO
上条「そう!聞き間違い!聞き間違いだよ!」

上条「そもそも神裂が俺のこと好きなわけないって。うん!……ん?神裂のズボンから何か…」ヒョイ

コン○ーム

上条「………は?」

上条「いやいやいやいや、なんでこんなもん…」

上条「……」

~~~~~~~~~~~

神裂『当麻ぁ///』

上条『神裂…』

神裂『私…当麻になら///』

上条『神…裂…』

神裂『ん…ひゃっ!そ、そんなに強く…』

上条『神裂ぃぃぃぃぃ!!!』

神裂『んっ!…あぁっ///』


アハーン
ウフーン


~~~~~~~~~~~

164: 1 2013/05/30(木) 22:10:45.17 ID:nVjNyODO0
上条「……」

上条「はっ!お、俺はなにを…」

ガチャ

神裂「おや、当麻」

上条「!、お、おはよう神裂」サッ

神裂「おはようございます。つかぬ事をお聞きしますが、何故私が昨日履いていたジーンズを強く握りしめているのですか?」

上条「へ?あっ!いや違うぞ!」

神裂「…」ジッ

上条「せ、洗濯をしようとだな…」アセアセ

神裂「ふふっ、わかっていますよ」

神裂「では私は朝食の支度をしてきますのでこちらはお願いしますね」

上条「あ、ああ」

神裂「!、こ、こちらの下着は後ほど自分でしますのでっ」パッ

ガチャ



上条(黒だった)
165: 2013/05/30(木) 22:12:32.90 ID:A26hlsgAO
ーーーーーー

神裂「それにしても、今朝はずいぶんと早かったのですね?」

上条「あ、ああ。ちょっと目が冴えてな…」

上条(昨夜の件と今朝見つけた『これ』……やっぱりそういうことなのか?)

神裂「あの、昨日の件なのですが…」

上条「き、昨日のっ!?」

神裂「はい、昨夜の襲撃の件です」

上条「あっ、あぁ、そっちか」

神裂「他に何が?」

上条「いや!なんでもないぞ?」

神裂「?、それでその件について土御門と少し調査をしようかと思いまして、後ほど出かけようかと」

上条「そうか、俺も出かけようと思ってたし」

上条(1人で考えるより誰かに相談したほうがいいよな)


ーーーーーー
ーーー


166: 1 2013/05/30(木) 22:15:49.09 ID:nVjNyODO0
ーーファミレスーー

浜面「よう大将!」

上条「よう浜面、悪いな急に呼び出して……ん?」

一方「………」

上条「一方通行も来てくれたのか」

浜面「くる途中で見かけたから連れてきた」

一方「ッたく、なンでお前らと…」

浜面「そういうなって。で大将、相談ってのは?」

上条「ああ、結構深刻な話なんだけどさ…」

浜一「「!!」」

浜面(また魔術ってやつか…)

一方(そういや、昨夜この近くのコインロッカーがボロボロにされてたとか…)

上条「2人とも?」

浜面「水くせえじゃねぇか大将!!」

上条「!?」

浜面「俺達はグレムリンとかサイボーグとかと共に闘った仲間だろっ!」

一方「三下2号の言うとおりだァ。なんでこいつに相談してオレには言わねェ?オレもテメェには借りがあンだからよォ困ッてるッてンなら力を貸すぞ」

上条「お前ら…」ウルウル

一方「泣いてンじゃねェよ、ヒーロー」ハッ

浜面「その涙は全てが解決したときまでとっとけよ」ハハッ




店員(早く帰ってくれませんかね、あの変人ども)
168: 2013/05/30(木) 22:19:06.65 ID:A26hlsgAO
浜面「で、そろそろ本題に入るか」

上条「実はな…」

浜一「「………」」

上条「女の人に好意を寄せられてるかもしれないんだ」キリッ

浜面(……なに言ってんの?)
一方(……なに言ッてンだァ?)

上条「おーい?」

浜面「タイム」

上条「おっ、おう…」

浜面(あの人なに言ってんの?)ヒソヒソ

一方(つーか相談ッて魔術とかじゃねェのか?)ヒソヒソ

浜面(俺もてっきりそっち系だと…)ヒソヒソ

一方(…まァ、続きを聞くか)ヒソヒソ

浜面(ああ)ヒソヒソ

一方「続けろォ」

169: 1 2013/05/30(木) 22:20:48.91 ID:nVjNyODO0
上条「続けろって終わりだけど?」

浜面「はぁっ!?」
一方「はァッ!?」

上条「いやだから今日相談したいのはそれがほんとかどうかってことを確認したくて…」

一方「うし、それほんとだわ、お疲れお疲れー」

浜面「あー帰って滝壺とイチャつこーっと」

上条「ちょっとまてよっ!てきとうすぎるだろ!!後浜面はもげろっ!」

浜面「なんでだよっ!」

一方「なンかどうでもいいわァ」グデーン

上条「だから相談に乗ってくれってば!」
170: 2013/05/30(木) 22:23:17.86 ID:A26hlsgAO
ーーーーーー

浜面「オッケーオッケー、じゃあ始めようか、大将の恋愛相談」

上条「恋愛っていうほどでは…」

一方「つーか誰だよその相手」

浜面「どうせ、また巨乳なんだろ!裏山死ね!」

上条「死なねえよ!まあ巨乳だけど…」

一方(ッてことはあのシスターやオリジナルじゃねェのか?)

浜面「でもなんで好意を持たれてると思ったんだ?」

上条「好きって言われた」

浜面「確定的じゃねえかっ!!」

上条「いやいやそういう意味じゃないかもしれないだろ」

一方(こいつに限ッてそれはねェだろ)

浜面「っていうか、告白されたんならそこで返事して終わりじゃね?」

上条「いや、俺寝てたし」

浜面「はぁっ!?」

171: 1 2013/05/30(木) 22:24:40.36 ID:JdEThWMl0
浜面「ゴメン、意味がわからない…」

一方「ッチ、これだから三下は…」

浜面「えっ、お前わかったの?」

一方「……すンませーン、コーヒー一つ」

浜面「わかってねぇじゃねえか!」

一方「あッ?」ギロッ

浜面「いえ…」

上条「だからな、俺が夜寝てる時にボソっと呟くように」

浜面「つまり相手は大将に直接言ったつもりはなかったってことか」

上条「だからその意味をわかりかねて相談に…」

一方「ちょッとまて!」

一方「『夜寝てる時』ッつーのはどォいうことだァ?」

上条「ああ、そいつ俺の家に泊まってるんだ」

浜面「なにその状況」

上条「そいつ…『外』から来ててさ、こっちにいる間は俺の部屋で生活してんの」

一方「………」

浜面「…それただの同棲じゃん」

上条「えっ?」
172: 2013/05/30(木) 22:26:52.97 ID:A26hlsgAO
浜面「ただのノロケじゃねえの?」

上条「なんでノロケになるんだよ」

浜面「だってよ、同棲してる巨乳の女に告白まがいのことされたんだぞ?もはやあれだよ、いつヤるの?今でしょっ!だよ」

上条「」ピクッ

一方「お前の頭ン中はンなことしかねェのか」

浜面「俺だったら我慢できないもん」

一方「はァ…。どうしたァ三下?」

上条「いや、実は…さ。そいつこんなの持ってたんだよ」スッ

コ○ドーム

浜一「「………」」

上条「………」

浜一「「………」」

上条「なんか言えよっ!」

浜面「いや…だってこれは…」

一方「…あァ」

173: 1 2013/05/30(木) 22:30:59.25 ID:JdEThWMl0
上条「いやいや、そいつ普段は真面目でこんなもん持ちあるく奴じゃねぇんだよ?」

上条「でも、なんか最近はさ…なんかこう女の子らしくて、家庭的で…。上条さんの心にぐっとくる感じ的な?」

浜面「的な?じゃねえよっ!」

一方「おィ、タイムだァ」

上条「おう?」

浜面(なんだよ?)ヒソヒソ

一方(つーかよォ、この話どォ考えても相手は狙ッてきてンだろ)ヒソヒソ

浜面(だよな)ヒソヒソ

一方(三下のこと狙う女は多いからなァ。『外』からわざわざくるッてことはそンだけ本気できてンだろ)ヒソヒソ

浜面(だよなぁ。でもどうすんの?)ヒソヒソ

一方(どうしよォもねェだろ。こいつは三下の問題だ。オレ達が下手に手出ししちゃいけねェ)ヒソヒソ

浜面(つーか手の出しようもねえしな)ヒソヒソ

一方(だけどよォ他の奴にこのこと言うンじゃねェぞ?)ヒソヒソ

浜面(なんで?)ヒソヒソ

一方(さっきも言ったが三下のことを狙う女は多い。ざッと一万弱だ)ヒソヒソ

浜面(そんなに!?…流石にそれは…)ヒソヒソ

一方(無いといいきれるか?)ヒソヒソ

浜面(無理だな)ヒソヒソ

一方(ともかく、このことが公になれば戦争だッて起こりかねねェぞ)ヒソヒソ

浜面(大将争奪戦か…)ヒソヒソ

上条「なあ、まだ終わらないのか?」
174: 2013/05/30(木) 22:31:53.66 ID:A26hlsgAO
一方「いや、もゥすンだ」

浜面「ああ」

一方「で、三下テメェはどうしたいンだ?」

上条「どうって…。神裂だって仕事で学園都市にきてるわけだし…」

浜面「仕事?」

上条「詳しくは話せないけどそいつ魔術側の人間でさ、色々あるんだよ」

一方(どォせ、こいつと会うための口実だろォな)

店員「コーヒーお待たせしましたー」コト

一方「おォ、あと山盛りチキンとギガポテトとミックスピザ追加」

上条「よく食うな」

一方「朝飯食ッてねェンだよ。お前らもてきとうに頼め。オレのおごりだァ」

上条「いいのかっ!」

浜面「じゃあ俺ステーキ!」

上条「上条さんは…ミックスグリルで!」

店員「かしこまりましたー」

浜面「いやー、第一位様々ですよ」

上条「この恩は一生忘れない!」

一方「いちいち、大げさなンだよ」ゴクッ

175: 1 2013/05/30(木) 22:33:12.51 ID:JdEThWMl0
ーーーーーー

浜面「話戻すけどさ、そんなに気になるなら直接聞けばいいんじゃね?お前俺のこと好きなの?って」モグモグ

一方「バカじゃねェの」モグモグ

上条「それで違ってたら俺、ただの自意識過剰じゃねえか」モグモグ

浜面「でもさ、カマかけながら探り入れたりするよりよっぽどましじゃね?」

浜面「つーか大将的にはその女、どストライクなんだろ?むしろ大将から告っちゃえよ」

上条「告白って、お前なぁ」

浜面「好きか嫌いかでいえばどっちだよ」

上条「そりゃ…まあ好きだけど…」

浜面「ほらぁ!」

上条「なんだよ、ほらって」

浜面「じゃあさ、その相手のこと考えて。最近可愛かったってとことか」ホラホラ

上条「可愛かったとこ…」

上条(一緒に服買いに行ったり、UFOキャッチャーで喜んだり…)

上条(ジャージから零れそうな胸に……無防備な寝顔)

上条「///」

一方「なにニヤニヤしてンですかァ?」

上条「なっ!ニヤニヤなんて…」

浜面「いやいやカナリ緩みきってたぞ?」

上条「まじ?」

浜一「「まじ」」
176: 2013/05/30(木) 22:43:32.58 ID:A26hlsgAO
浜面「なあ大将、自分の気持ちには正直になったほうがいいぞ?グダグダ悩んで後で後悔しても遅いんだからさ」

上条「うーん」

一方「コーヒーおかわりお願いしまァす」
177: 1 2013/05/30(木) 22:44:30.54 ID:xM+AZlHR0
浜面「何より相手の女もさ、自分の気持ち伝えようとしてたんだろ?大将はそれに気付きかけてんのに知らない振りでもするのかよ」

上条「……」

一方「あァ?豆が無い?おいおい何いッちゃッてンですかァ?この三下店員がよォ!」

浜面「そんなのはテメェのするようなことじゃないだろっ!男なら根性みせろよっ!ヒーローォォォ!!」

一方「焙煎?十分ほどまて?それならそうと最初ッから言ィやがれェ!!」

浜面「うるせぇぇぇ!!!」

一方「お前がなァァァ!!!」ベクトルパンチ

浜面「そげぶっ!?」
178: 2013/05/30(木) 22:48:41.58 ID:A26hlsgAO
------

上条「大丈夫か?」

浜面「…なんで」ボロボロ

一方「おィ三下ァ」

上条「?」
179: 1 2013/05/30(木) 22:49:35.45 ID:xM+AZlHR0
一方「お前はどォしたいンだよ。そォやッていつまでもグダグダ悩ンでるつもりか?そォやッて後で後悔したりするンじゃねェのか?」

上条「!」

浜面「それさっき俺が言ったよね」

一方「テメェは相手の気持ちに気付いてンだろォ?知らない振りでもして何もなかッたみたいに過ごす気かァ?」

上条「……」

浜面「それもさっき俺が言ったよね?ね?」

一方「そンなのはテメェのすることじゃねェだろォ!男なら根性みせやがれよォ!なァヒーローォォ!!!」

上条「っ!」

浜面「それもさっき俺が言ったぁぁ!!俺が言ったのにぃぃ!!!」

一方「うるせェ!!」ベクトルチョップ

浜面「そげぶぅっ!」バチコーン!

上条「一方通行…」

一方「ヒーローォ…」

浜面「」チーン
180: 2013/05/30(木) 22:51:21.99 ID:A26hlsgAO
上条「俺…自分の気持ちと向き会ってみるよ」

一方「おォ」

上条「今日はありがとう」

一方「気にすンなァ。またなンかあッたら呼べ、力を貸すぞォ」

上条「…ああ」

上条「じゃあ俺はこれで」

一方「おゥ」




一方「世話がやけンなァ…」




浜面「最初に、相談されたのって俺だったよね…?」

197: 1 2013/06/01(土) 22:45:24.53 ID:U2qzyh1p0
ーー土御門宅ーー


土御門「…なるほど。ねーちんが学園都市で上やんに近づいていることがばれてると」

神裂「はい。レッサーの口振りからするとそうなりますね」

土御門「しっかし、このことを知ってるのは当事者の2人を除けばオレとステイル、最大主教くらいじゃないかにゃー?」

神裂「私が仕事で出かけていることは女子寮の人達も知っていますが、彼のもとへいることを知っているのはそれくらいかと…」

神裂「…まさかとは思いますが貴方ではないですよね?土御門」

土御門「なんでオレがそんなことしなきゃいけないんだにゃー?」

神裂「貴方ならおもしろおかしく引っ掻き回そうと情報をばら撒きかねませんし」

土御門「ひどい偏見だにゃー。だいたいそんなことするくらいなら建宮に協力を仰いで、ピンポイントで五和を呼ぶ……あぁっ!ウソウソ!ねーちんウソだから刀置いてっ!」

神裂「はぁ…ともかく貴方ではないのですね?」チャキ

土御門「当然だぜい!」
206: 2013/06/05(水) 19:59:20.60 ID:gg/8+adAO
神裂「ではステイルか最大主教のどちらかが?」

土御門「それも考えにくいにゃー…なにせあの2人がレッサーに情報をリークするメリットがないからな」

神裂「最大主教ならおもしろがって言いふらしそうですが…」

土御門「すでに過ぎたことを言っても仕方ない。問題は他の奴らより先にねーちんが上やんをモノにするということだにゃー」

神裂「はい!」

土御門「…きゅ、急に積極的になったか?」

神裂「ええ、どうやらライバルは魔術側だけではすまないようですし」

土御門(なるほど、誰かと接触したってことか…)
207: 1 2013/06/05(水) 20:02:38.55 ID:7wpNBpsy0
土御門「そういや、オレからのプレゼントはどうだったかにゃー?」ニヤニヤ

神裂「!」

神裂「そ、そうです!なんなんですかあれはっ!」

土御門「いやー、よかれと思って置いておいたんだけどにゃー」ニヤニヤ

神裂「余計なお世話ですっ!ともかく返します!」ゴソゴソ

土御門「つまらんぜよ」

神裂「……」

土御門「?、どうしたねーちん。顔が真っ青だが…」

神裂「ど、ど、ど、どうしましょう…昨日はいていたジーンズのポケットに入れっぱなしに…」

土御門「……!ねーちんまさか…」

神裂「今日の洗濯は彼が…」

土御門「Oh…」

神裂「こ、このままでは彼に誤解されて…」オロオロ

土御門「落ち着けねーちん、上やんが気付いているとは限らない。部屋に戻って探してこい」

神裂「はい!」シュタッ
208: 2013/06/05(水) 20:06:00.33 ID:gg/8+adAO
ーーーーーーーーー

神裂「……ありませんでした」ズーン

土御門「これは上やんが見つけて持ち去ったと考えるべきか…」

神裂「うぅ、これではただの痴女ではありませんか…」

土御門「もともとそう思われても仕方ない格好してたにゃー」

神裂「………」

土御門(言い返す気すらないのか…)

土御門「………」

土御門「ねーちん。こうなったら腹くくるしかないぜよ!」

神裂「!」

土御門「ここまできたらもう後には引けない。覚悟を決めろ!神裂火織!」

神裂「わ、わかりました…」

土御門「よし!ではこの堕天使エロメイドを…」

神裂「それはいりません!!」

土御門「せっかく舞夏から取り返したのに…」

神裂「と、ともかく…その…少し考えます。…では」

ガチャ

土御門「……」

土御門「はぁ…。多分今日も無理そうだにゃー。こうなったら上やんのほうをけしかけるか…?」

209: 1 2013/06/05(水) 20:08:26.22 ID:7wpNBpsy0
ーーとある公園ーー


上条「…はぁ」

上条「一方通行にはああ言ったけど…」

上条「正直、よくわかんねえなぁ…」

??「あら?」

上条「ん?よう白井」

黒子「ごきげんよう、類人猿さん」

上条「いい加減その呼び方やめてくれ…。風紀委員の仕事か?」

黒子「ええ、どうやらこの付近で怪しげなツンツン頭の高校生ぐらいの男性が婦女子をたぶらかしているとか……。お話をお聞きしても?」

上条「まてまて!俺は何もしてないぞ!」

黒子「冗談ですの。実は先日この街のIDを持たない人間がいたとかでパトロールを」

上条(昨日の魔術師か…)

黒子「心当たりでも?」

上条「いや、それより気をつけろよ。白井って結構無茶しそうだし」

黒子「貴方に言われなくともわかっています。というか、貴方にだけは言われたくありませんわ」

上条「あははー」

黒子「それより貴方こそ何を?」

上条「ちょっと考えごとっていうか悩みごとっていうか…」

黒子「よろしければご相談にのりますわよ?」

上条「!、いやでも、中学生に話すようなことじゃないし…」

黒子「これでも人生経験はそれなりに積んでいますし、女性の意見も必要なのではありませんの?」

上条「!、なんで…」

黒子「貴方のことですからどうせ女性関係ではないかと思っただけですの」

上条「俺ってそんなに女性関係で問題おこしてはないけど?」

黒子「それを本気で言っているなら貴方の精神を疑いますわ…」

上条「?」

黒子「ちなみに、貴方の悩みごとにお姉様は関わっておいでで?」

上条「御坂が?関係ないけど、なんで?」

黒子「いえ、それでしたらなにも問題ありませんの」

黒子(お姉様が関わっているとなると今すぐこの男を処分しなければいけませんでしたが…)

黒子(別の女性となら、むしろこの男と早々にくっ付けてお姉様を引き剥がし)

黒子(失恋にて傷心のお姉様の心のスキマをわたくしの『愛』で埋め)

黒子(そしてわたくしとお姉様は次のステップへと足を踏み出しついに…)

黒子「ぐへへへへへ」ジュルリ

上条「し、白井さーん?」
210: 2013/06/05(水) 20:10:04.29 ID:gg/8+adAO
黒子「失礼。少し取り乱してしまいました」

上条「お、おう。大丈夫か?」

黒子「問題ありませんの。」

黒子「それよりも貴方の悩みごととは?」

上条「実は…」

ーーーーーー
ーーー


211: 1 2013/06/05(水) 20:12:42.60 ID:7wpNBpsy0
黒子「…つまり相手の女性は貴方を好きかもしれないけど、確信は無い。貴方は貴方で相手の方を女性として好きかわからない、ということですの…」

上条「まあ、そうだな」

上条(流石に『外』から来たことや『あれ』のことは話せないな)

黒子「ふむ…」

黒子(この鈍感王である類人猿が『好きかもしれない』と思うほどならお相手の方は十中八九この方に好意を抱いていますわね…)

黒子(問題はこの男が相手の女性をどう思っているか…)

黒子(女性として好意を抱いているなら今すぐにでも類人猿を焚き付けてくっ付けてしまいたいですが…)

黒子(早とちりで失敗。そのすきにお姉様が動かれても困ります…)

黒子(どうしたものでしょう)

黒子「はぁ」

上条(やっぱり年下の子に相談したのは間違いか…)


上条「ありがとう白井。話聞いてくれただけでも感謝するよ」

黒子「いえ、お役にたてず申し訳ありません…」

上条「そんなことないよ、1人でぼーと考えるよりスッキリしたし」

黒子「!、そうですわ。わたくしの連絡先を教えておきますので何かありしだい、随時ご相談にのりますの!」

上条「いや、そこまでしてくれなくても…」

黒子「貴方のことですから1人で悩みこんで問題を放置、もしくはてきとうにすましかねませんから」

上条「そう言われると…。じゃあ頼むよ」

黒子「はい。ちなみにご相談がある場合は『くれぐれも』お姉様に相談しませんようお願いします」

上条「いいけど…なんで?」

黒子「な・ん・で・も!ですの。ともかくお姉様ではなくわたくしにご連絡を」

上条「あ、ああわかったよ。御坂には言わないようにする」

黒子「それではわたくしはこれで。パトロールの続きをいたしませんと」

上条「悪いな、仕事中に」

黒子「いえ、では」ヒュン

上条「俺も帰るか。にしても白井ってあそこまでいい奴だったんだ…」


ーーーーーーーー



黒子「これでお姉様からあの類人猿を引き剥がせますのぉぉぉぉ!!」オーッホホホ
212: 2013/06/05(水) 20:20:01.35 ID:gg/8+adAO
ーー上条宅ーー

神裂「はぁ…」グデーン

神裂「どうしましょう…」ゴロゴロ

神裂「このままでは彼に誤解されて…」

神裂「いえ、もしかしたら軽蔑されるかも…」マクラダキッ

神裂「彼に嫌われたら…」ギュー

神裂「………」

神裂「悩んでいても仕方ありません。そろそろお夕飯の支度でも」

ガチャ

神裂「おや?何もありませんね。お買い物にでも行きましょうか」

神裂「…まるで夫のために働く妻の様ですね///」







神裂「……彼に嫌われてなければですが」ズーン

213: 1 2013/06/05(水) 20:22:50.84 ID:7wpNBpsy0
ーーーーーー
ーーー


神裂「スーパーは確かあちらでしたね」

神裂「しかしどうしましょう…」

神裂「……そもそも、よく考えればそんなに気に病む必要などないのでは?」

神裂「そうですよ。『あれ』は土御門がイタズラで用意したものであって私には関係ないじゃないですか!」

神裂「彼に聞かれたらそう言えばいいだけの話ですよ」

神裂「少し考えすぎてしまいましたね」フフ

男1「おいおいねーちゃん今ひま~?」

神裂「!、なんですか貴方達は?」

男2「うっわ!なにこのオッパイ!すっげえ柔らかそう!」

男3「オレらとイイコトしない~?帰りは送ってくからさ~」

男4「ま、いつ帰れるかわかんないけど」

男達「ぎゃはははー!」

神裂「ちっ!」

男5「でもちょっと年行き過ぎじゃね?オレは中学生くらいがいいんだけど…」

神裂「」ピキッ

神裂「誰が…「なにやってんだ!テメーら!!」
215: 2013/06/05(水) 20:27:21.22 ID:gg/8+adAO
神裂「当麻!」

男1「あ?なんなんですかー?」

男3「かっこい~。ヒーロー登場ってかんじ~?」

男2「おいおい、格好つけたいなら相手みてやれよな~」

上条「はっ。悪いことは言わねえから早くどっかいけよ」

男4「あっ?何言ってんだ…」

上条「親切心で教えてやることだから、一語一句完全に覚えておくんだ。そうしないと命の保証もできない」

上条「この世の中には関わりあっちゃあならないものがある。アンタらは今、そいつの一歩手前まで踏み込んでいる」

上条「あと一歩だ。その距離でアンタらは終わる。そいつを理解したら、ここは素直に回れ右しておけ!」

男5(どっかのチンピラが言ってたような…)

神裂「きゃ、きゃーん、こわーい、当麻ぁ///」ムニュ

上条「………はっ?」

男1「…は、はぁぁぁぁ!?」

男2「テメェ!オレのオッパイになにしてんだよぉぉぉ!!」

上条「こっちが聞きたいんですけどぉぉぉぉぉぉ!?」

神裂「たすけてー当麻ぁ///」ムニュー

上条「神裂さーん!?あなた強いでしょっ?ものスッゴイ強いでしょー!?」

神裂「ほら、今は服があれですから、力が…」

上条「昨日パンチングマシーンぶっ壊してたじゃないですかぁぁぁ!!」

男5「ゴチャゴチャうっせんだよぉぉぉぉ!!」

男3「死刑確定だゴラぁぁぁぁぁ!!」

上条「不幸だぁぁぁぁぁ!!!」ダダダダダッ
216: 1 2013/06/05(水) 20:29:13.01 ID:7wpNBpsy0
ーー路地裏ーー

上条「」ゼェゼェ

神裂「大丈夫ですか?」

上条「か、神、裂…」ゼェゼェ

神裂「落ち着いて、ゆっくりと息をととのえて」

上条「スーハー、スーハー」

上条「…」

神裂「落ち着きましたか?」

上条「落ち着いたけど!落ち着いたけども!」

神裂「そんなに声を荒げてはまた息が切れますよ?」

上条「いったいどういうことですかっ?」

神裂「その…つい」

上条「ついって…」

神裂「だ、だって、貴方が助けに入ってくれたのですから…。その、少しくらい甘えたくなりまして///」

上条「お、おぉ…」

上条「じゃなくて!あんな、あいつらを挑発するようなマネしなくても…」

神裂「そのようなことをした覚えはありませんが?」

上条(無自覚ですか…)

上条「はぁ……。もういいや。つーか何してたの?土御門と調査だったんじゃあ?」

神裂「それはすでに終わりましたのでお夕飯のお買い物に行こうかと…。貴方のほうの用事は終わったのですか?」

上条「あ、あぁ。まあ…な」

神裂「そうですか。では一緒にお買い物に行きますか?」

上条「…そうだな!」

上条(別に今すぐ結論を出さなくても…いいよな)
217: 2013/06/05(水) 20:33:50.85 ID:gg/8+adAO
ーー夜ーー

上条「さてと…じゃあそろそろ寝ますか」

神裂「明日は学校ですよね?当麻」

上条「ああ、そういや見送りしてくれるんだっけ」

神裂「え、ええ」

神裂(とうとうこの日が…///)

上条「昨日みたいな不意打ちに周りの人が巻き込まれたら大変だし…その、よろしくたのむよ///」

上条(この年で見送りはちょっと恥ずかしいけど)

神裂「………」

上条「神裂?どうかしたか?」

神裂「!、いえ、なにも」

上条「そっか?ならいいけど…」

神裂「なんでもありませんよ。それではおやすみなさい」

上条「おう、おやすみ」



神裂(この様子だと嫌われているということはなさそうですが…)

神裂(しかし、彼が持っているのなら、彼から話をふってもらわなければ言い訳のしようがありませんね…)

神裂(どうしましょうか…)



上条(やっぱ聞けないよなぁ…)

上条(神裂から何かあるとおもったけどなにもないし)

上条(………まさかとは思うけど、『これ』俺のなんじゃ…)

上条(……だとしたらやばくね?神裂が見つけたってことになるよな…)

上条(まずい…これはカナリまずいぞ!)

上条(神裂にあらぬ誤解を…)

上条(…誤解じゃないかもしれないんだよな)

上条(あぁ~!記憶喪失が疎ましい!!)

ーーーーーー
ーーー


218: 1 2013/06/05(水) 20:35:59.19 ID:7wpNBpsy0
神裂「おはようございます。当麻」

上条「あ、あぁ、おはよう神裂」ゴシゴシ

神裂「大丈夫ですか?ずいぶんと眠そうですが」

上条「大丈夫だよ」

上条(考えてたら寝付けなかったんだよな…)

神裂「そうですか?では早く支度を済ませて学校に行きましょう!」

上条「ああ」

ーーーーーーーーー

上条「……」

神裂「ふんふふん♪」ニコニコ

上条「あのー神裂さん?」

神裂「はいっ!」ニコニコ

上条「腕まで組む必要はあるんでせうか?」

神裂「いいじゃないですか♪」

上条「いや、流石に周りの目がね…」


キャーナカイイー
アサカラアツイネー
ナニアレ…
バクハツスレバイイノニ


神裂「貴方は私と歩くのが嫌なのですか?」シュン

上条「」ドキッ

上条「そ、そんなことはないぞ?」

神裂「では腕を組んでいても?」

上条「いいけど、学校の近くではやめような?知り合いに見られるとややこしくなりそうだし…」

神裂「そうですね…。土御門におもしろおかしく言われかねませんし」

神裂「ではこの辺りで私は引き返します。その…帰りは」

上条「えっとじゃあ4時ごろまたこの辺で待っててくれるか?」

神裂「はいっ!」

上条「じゃあまた後で」
219: 2013/06/05(水) 20:39:12.63 ID:gg/8+adAO
ーーーーーー

土御門「いやー朝から面白いもんみれたにゃー。あとつけてたのにねーちんも気づかないし」ククク

土御門「さてと、学校でこの写真を青ピ達に見せたらどうなるかにゃー?」トントン

土御門「ん?」クルッ

神裂「」ニコッ

土御門「さらばっ!」ダッ

神裂「待ちなさい!このド素人がぁぁぁぁ!!」

土御門「ぎにゃーぁぁぁ!!」
220: 1 2013/06/05(水) 20:40:03.41 ID:7wpNBpsy0
ーー教室前ーー

上条「よう吹寄」

吹寄「上条?珍しいわね。貴様が月曜の朝にギリギリじゃないなんて」

上条「今日はバスに乗り遅れなかったし、バイクと事故りそうにもならず信号は赤と青の半々くらいだったんだよ。すごいだろ」フフン

吹寄「すごいって…。貴様、普通の人間はそれが当たり前よ」

上条「上条さんは不幸に付きまとわれてますから普通に人には当たり前のことが特別なんですよ…」

吹寄「そうやって何でもかんでも不幸のせいにするなっ!」

小萌「上条ちゃーん、吹寄ちゃーん、おはよーなのです。そろそろ朝のHRを始めますから教室に入りましょうねー」

上吹「「はーい」」
221: 2013/06/05(水) 20:43:32.00 ID:gg/8+adAO
ーー放課後ーー

小萌「はーい、それじゃあみなさん気を付けて帰るのですよー」

ガヤガヤ

上条「さてと…」

小萌「上条ちゃん、すみませんけどこのプリント、土御門ちゃんに届けてくれませんか?」

上条「いいですよ。にしても無断欠席とはあいつも、中々の困りものですね」

小萌「うーん。上条ちゃんほどではないと思いますが…」

上条「あははー。じゃあこのプリント届けときますんで、サイナラー」

小萌「あっ…。まったくもう上条ちゃんは…」

222: 1 2013/06/05(水) 20:46:04.55 ID:7wpNBpsy0
ーーーーーー


上条「…えーと、今朝別れたのはこの辺だから…」

神裂「当麻!」

上条「よう。待たせたか?」

神裂「いえ、私も先ほどきたところです」

神裂(本当は1時間ほど前から待っていましたが…)

上条「そっか。神裂のことだから1時間くらい前から待ってたりしてたそうだなーって思ってたけど…」

神裂「そ、そんなわけないじゃありませんか」アセアセ

上条「だよなー」ハハッ

上条「それじゃあ少し寄り道して帰るか」

神裂「はい」

ーー スーパー ーー

神裂「…寄り道とはスーパーのことですか…」

上条「今日はタイムセールがあるからなー。時間も充分間に合ったし、お一人様一パックの卵を手に入れる!」

神裂「はあ」

神裂(期待していた寄り道とはだいぶ違うような…)


タイムセールハジメマース


上条「!、よし、いくぞ神裂!」

神裂「え、ええ」

223: 2013/06/05(水) 20:53:44.73 ID:gg/8+adAO
-------

上条「いやー神裂のおかげで余裕でゲットできたなー」

神裂「あの程度の人混みなどたいしたことありません」

上条「流石天草式トップ」

神裂「今は建宮に任せきりですが」

上条「そうなのか」
224: 1 2013/06/05(水) 20:55:40.66 ID:7wpNBpsy0
上条「あっ、クレープ売ってる。食べてかないか?」

神裂「いいですよ」

上条「最近この辺で移動販売してるって聞いてさ機会があれば食べたいなーって思ってたんだ。さて、何にしよっかなー」

神裂「私はこの抹茶小豆にします」

上条「じゃあ俺はストロベリーにしようかな」

店員「いらっしゃいませー」

上条「すみませーん、ストロベリーと抹茶小豆のクレープを一つずつ」

店員「かしこまりましたー。ただ今キャンペーン中でして、男女ペアのお客様に遊園地の優待券をお配りしているんです。よろしければどうぞ」

上条「遊園地か…そういや最近第六学区にオープンしたって聞いたな」

店員「はい。カップルをターゲットとしたアトラクションを多数揃えているらしくよろしければお二人でぜひ」ニコッ

上条「かっ」

神裂「カップルですかっ?」

店員「あっ、失礼しました。ずいぶんと仲良くみえたのでつい…」

神裂「い、いえ、問題ありませんっ」

神裂(当麻とカップル///)
225: 2013/06/05(水) 20:59:43.97 ID:gg/8+adAO
上条「じゃ、じゃああっちのベンチで食べよっか///」

神裂「そ、そうですね///」

上条(カップルか…なんか照れるな)モグモグ

神裂(彼といてカップルと言われたのは初めてです///)モグモグ

神裂(どうしましょう、頬の緩みがおさまりません///)

上条「神裂」

神裂「!」

上条「口の端にクリームついてるぞ」フキフキ

神裂「えっ!」

上条「はいとれた」ニコッ

神裂「あ、ありがとうございます///」

神裂(な、なんという失態を///)

神裂「!」ピーン

神裂「と、当麻!貴方の頬にもクリームが」

上条「えっ、まじ?」ゴシゴシ

上条「とれた?」

神裂「いえまだ。少しじっとして下さい」

上条「おう」


チュッ


上条「……へっ?」

神裂「とれましたよ///」

上条「え、…あ…」

上条「…ありがとう///」
226: 1 2013/06/05(水) 21:02:30.05 ID:7wpNBpsy0
ーー帰路ーー

神裂(どうしましょう)

神裂(先程の一件から会話がなくなってしまいました…)

神裂(彼も…)

上条「………」ボーッ

神裂(あんな調子に…)



上条(…やばい)

上条(やばい、やばいよ、やばいんですよ!)

上条(なに、さっきの神裂の行動!
ほ、ホッペに…///)

上条(どういうこと?いやマジで。…まさか魔術師!?)

上条(…はないよな。流石に)

上条(でも、それじゃあ…ほんとにカップルみたいな…)

上条(神裂も黙っちゃってるし…)

上条(なんか話題、話題っ)

上条「あ、あのさ、神裂」

神裂「は、はいっ!」

上条「今日の晩ご飯なににしようか?」

神裂「せっかく卵を買ったのですし卵料理にしましょうか」

上条「そうだな」

神裂「……」

上条「……」

上条(終わったー!もう会話終わっちゃったよ!)

上条(なんか他に…)

神裂「当麻」

上条「な、なんだ?」

神裂「もう寮につきましたよ?」

上条「あ、ああ…」


ーーーーーーーーー

ガチャ

上条「ただいまー」

神裂「おかえりなさい」

上条「神裂もおかえり」

神裂「た、ただいま帰りました///」

上条「そうだ、今日土御門の奴休みだったんだけど、何か知ってるか?」

神裂「……さあ?私は何も」

上条「魔術師関連じゃなかったのか。…まあいいや、プリント届けてくるよ」

神裂「わかりました」

ガチャ

228: 2013/06/05(水) 21:13:24.84 ID:gg/8+adAO
神裂「私は当麻のお弁当箱を洗いましょうか」カバンゴソゴソ

神裂「おや?これは…」

コンドー○

神裂「……やはり彼が持っていましたか」


ガチャ

神裂「!」

上条「土御門の奴部屋にもいなかった…」

上条「あっ」

神裂「あの、これは…」

上条「いや、それはだな…」

上条「それは俺のじゃなくて」アセアセ

神裂「し、知っています」

上条「えっ!じゃ、じゃあやっぱり神裂の…」

神裂「ち、違いますよっ?これは土御門がイタズラで用意したもので…」

上条「…えっ?えっ!」
229: 1 2013/06/05(水) 21:14:35.63 ID:7wpNBpsy0
ーーーーーー
ーーー



上条「ったく、土御門の奴もイタズラが過ぎるよ」

神裂「まったくですね」

上条「いやー、でもこれでスッキリしたな」

神裂「誤解されずにすんでよかったです。それでは食事の支度をしますね」

上条「俺はちょっと電話するから外に出てるな」

神裂「電話なら部屋ですればいいではありませんか」

上条「ちょっとプライベートなことなんだよ」

神裂「…そうですか」

ガララッ

上条(昨日の今日で相談することになるとは…)

プルルルル

ガチャ

上条「あっ、もしもし俺だけど、今いいか?」
230: 2013/06/05(水) 21:17:58.08 ID:gg/8+adAO
黒子『あいにく“俺”さんという方に心当たりがございませんの』

上条「ああー、上条です、か・み・じょ・う~」

黒子『はいはいわかっております』

上条「わかってるならいいじゃん…」

黒子『電話しておいて名乗らないなんて非常識だとは思いません?』

上条「次からは気を付けます…」

黒子『わかればよろしいんですの。それよりも電話を掛けてきたということは何かご相談がお有りで?』

上条「まあ…な。昨日の今日で悪いけどいいかな?」

黒子『ええ、今ならお姉様もいらっしゃいませんし大丈夫ですの』

上条「?、御坂がいると都合が悪いのか?」

黒子『い、いえ、別にそういうわけではありませんが…』ゴニョゴニョ

上条「おーい」

黒子『と、ともかく、相談するんですのっ?しないんですのっ?』

上条「します!させていただきます!」

231: 1 2013/06/05(水) 21:21:53.13 ID:7wpNBpsy0
上条「じゃあちょっと聞きたいんだけど。白井ってさ、その…男の人にキスとかしたことある?」

黒子『…喧嘩売ってますの?わたくしはお姉様一筋!殿方相手にベーゼなど考えただけでも鳥肌ものですの!なぜならわたくしの初めてはお姉様に捧げると決めておりますからっ!!』

上条「そ、そうか…」

黒子『…って、貴方まさかとは思いますが…』

上条「いやいやキスっていってもホッペにだからなっ?」

黒子『…ちなみにそれはどちらから?』

上条「向こうです。でもクレープ食べたときにホッペについたクリームを取ろうとしてだな」

黒子『…上条さん。いえ、この鈍感女泣かせ類人猿さん』

上条「なにその酷い名称!?」

黒子『普通にクレープをお食べになって頬っぺたにクリームがつくとお思いで?』

上条「……普通はつかないよな」

黒子『よっぽどかぶりついて食べない限りはありえませんの。それはつまり…』

上条「つまり?」

黒子『貴方にキスをすることが目的だったんですの!

上条「なっ…いやまさか」

黒子『本当にクリームを取るのが目的ならわざわざそんなことしなくても拭きとればいいだけではありませんか?』

上条「……うん」

黒子『もうお相手の方の気持ちは貴方の勘違いや思い過ごしなどではありません。すでにお気付きでしょう?』

上条「……」

黒子『貴方もそのお気持ちに応えて差し上げるべきだとは思いませんか?』

上条「俺の…気持ち」

黒子『!』

黒子『申し訳ありませんがお姉様がお帰りになられたのでこれで失礼します』

上条「あ、ああ。そうか」

黒子『では』

上条「白井!」

黒子『?』

上条「…ありがとう」

黒子『…いえ。お役にたてたなら光栄です。ご武運を』

上条「ああ」

ブツ

ーーーーーーーーー

ツーツー

黒子「…いつの間にか素直に彼の恋路を応援していますわね」

黒子「申し訳ありません、お姉様」ボソッ

美琴「電話、風紀委員の仕事?」

黒子「いえ、ちょっとした野暮用で」

美琴「そう、なんかあったら私にも言いなさいよ?」

黒子「ええ、もちろんです」
232: 2013/06/05(水) 21:23:21.07 ID:gg/8+adAO
ガララッ

神裂「当麻、夕御飯の支度ができましたよ?」

上条「わかった今行く」

神裂「ふんふふ~ん♪」カチャカチャ

上条「あのさ、神裂」

神裂「はい、なんでしょう?」

上条「次の日曜日さ、遊園地行かないか?せっかく優待券もらったんだし」

神裂「そ、それはもしや、男女のペアをターゲットにしてると言っていた…」

上条「ああ、ダメか?」

神裂「私とでいいのですか?」

上条「神裂と行きたいんだ」

神裂「っ!ぜ、是非お願いします!」

上条「じゃあ約束な」

神裂「はいっ!」




上条(俺の気持ち……か)

上条(よしっ!)

233: 1 2013/06/05(水) 21:27:09.75 ID:7wpNBpsy0
今日はここまでにします。
そろそろ2人にはくっ付いていちゃラブに入って貰おうかと…
242: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 02:15:58.22 ID:X4O5gniAO
乙です。
いちゃいちゃ楽しみ。
245: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 15:51:38.74 ID:1cfj2OHDo
ねーちん可愛いよねーちん
265: 1 2013/06/08(土) 23:10:24.22 ID:wo80uuE10
ーー土曜日・ファミレスーー


上条「悪いな、わざわざ集まってもらって」

一方「問題ねェ」

浜面「それはいいけどこっちの子は誰?」

黒子「白井黒子と申します。上条さんから恋愛相談を受けてここに」

一方「あン?白井黒子だァ?」

浜面「知ってんの?」

一方「なンだその白いのか黒いのかはっきりしねェ名前はよォ。つーかそのババア声もなンなンですかァ?中学生とは思えねェな」ケラケラ

黒子「バっ!…いったいなんなんですの!この白モヤシはっ!?」

浜面「ぶはっ!し、白モヤシ…」ハハハッ

一方「あァ?テメェらまとめて愉快なオブジェにされたいンですかァ?」

浜面「俺も!?」

黒子「ずいぶんと自信がおありのようですが、わたくしこうみえてもLevel4のテレポーターですのよ?」

一方「へェ、そりゃァ、すげェなァ」ニヤニヤ

上条「白井、白井」チョイチョイ

黒子「なんですのっ?」

上条「こいつ、第一位」

黒子「………はっ?」

上条「だから、学園都市の第一位」

一方「うェーい」

黒子「ま、マジですの…?」

一方「マジでェす」

一方「で、Level4のテレポーターさンは、オレと喧嘩がしたいンでしたっけェ?」ニヤニヤ

黒子「くっ…」
266: 2013/06/08(土) 23:14:13.01 ID:jhXcibWAO
上条「まあまあ、落ち着けよ一方通行。元はと言えばお前に非があったんだし」

一方「チッ、三下がそォいうなら…」

黒子「わたくしもモヤシなどと申し訳ありませんでした」

一方「あァ?別に気にしてねェよ」

浜面「収まってよかったぜ。こんなとこで暴れられたらどうしようもねえからな」

黒子「貴方も高位能力者ですの?」

浜面「俺?俺はただのLevel0の「ドリンクバー往復係だァ」

浜面「ちょっとぉぉぉ!?何勝手に変な名前つけてくれてんのぉぉ??」

黒子「よろしくお願いします。ドリンクバー往復係さん」ニコッ

浜面「違うからっ!そんな変な名前じゃないからねっ!?」

一方「いいから、サッサとドリンクバー行ってこいよ」

浜面「扱いが雑すぎるっ!」

上条「じゃあ俺メロンソーダ」

黒子「わたくしはミルクティーを」

一方「ブレンドコーヒー注文しとけ」

浜面「もうなんなのお前らっ!」

271: 270違います。一緒にされるなんておこがましいです… 2013/06/08(土) 23:22:55.56 ID:wo80uuE10
ーーーーーー

黒子「…で浜面さんと言うんですわね」

浜面「おう。よろしくな、白井…ちゃん?でいいか?」

黒子「ええ、構いませんの」

一方「じゃあ、オセロかパンダかシマウマか、好きなの選べ」

黒子「…いったいなんの選択肢ですの?」

一方「オマエの呼び名以外ねェだろォが」

黒子「仮にそう呼ばれても絶対に返事をしませんので」

一方「つまンねェオセロだなァ…」

黒子「……」

一方「おィ馬面ァ。オレのコーヒーはどうしたァ?」

浜面「だれが馬面だ!だれが!つーか注文ぐらい自分でしろっ!」

一方「ドリンクバーのでいいからもってこォい。カフェインが足りねェ」

浜面「わかりましたよっ!行けばいいんでしょ、行けばっ!」フン

黒子「本当にドリンクバー往復係なんですね…」

一方「あいつは、この時が一番輝いてンだ」
272: 2013/06/08(土) 23:28:20.73 ID:jhXcibWAO
上条「あのー、そろそろ本題に入らせていただいても?」

一方「そういやァオマエの相談の為に集まッたンだっけなァ…」

上条「思い出したように言わないでっ!」

一方「よし。話せ」

黒子「浜面さんが戻っていませんが?」

一方「どォでもいい」

上条「まあ、別にいいだろ」

黒子「そうなんですの?」

浜面「よくないよっ!なんで仲間はずれにするかなぁ!?」

一方「オセェぞ!三下!」

浜面「お前のせいだろっ!」

一方「あっ?」ギロッ

浜面「…いえなんでも」

上条「それでさ、この間の続きなんだけど…」

黒子「なにか進展はおありで?」

浜面「ほんとにスルーして進むのっ?」

273: 1 2013/06/08(土) 23:32:23.76 ID:wo80uuE10
一方「つーかまだくっ付いてなかったのか」

浜面「大将が前に相談してきてからもうすぐ一週間だぜ?なんの進展もなかったの?」

上条「そんなことはねえよ?結構距離は縮まってきてると思うし」

一方(いまさらなにを言ッてンだって感じだなァ…)

上条「それでさ…その…明日2人で遊園地に行こうかと思ってるんだ」

黒子「それはつまり…」

上条「えっと…そこで、自分の気持ちを伝えようかな…と思っております。はい///」

一浜黒「「「おおー!」」」

一方「ようやくかァ…」

浜面「頑張れよ大将!」

黒子「応援しておりますわ」

上条「それでさ、明日上手くいくようにアドバイスがほしいんだよ」

一方「ンなもン当たって砕ければいいだけだろォが」

浜面「いやいや砕けちゃダメだから」

上条「ほら、俺って不幸体質だろ?それ以外にもこういう経験って今までないからさ、3人の意見を聞きたいんだよ」

一方「はン、第一位の頭脳の見せ所かァ」

浜面「当たって砕けろとか言ってたやつがなに言ってんだか」

一方「Level0の浜面くンこそいいアドバイスができるンですかァ?」

浜面「ほら、だって俺ってリア充じゃん?お前らにはいない彼女いるじゃん?」ドヤァ

一方「じゃンじゃン、じゃンじゃンうっせェンだよォ!三下がァ!」
275: 2013/06/08(土) 23:34:57.03 ID:jhXcibWAO
黒子「他の人の迷惑になりますわよ。それより、遊園地というと最近第6学区にオープンしたカップルをターゲットにしているところですの?」

上条「ああそうだよ。優待券もらってさ」

黒子「それでしたら、男女ペアで楽しむアトラクションが多いと聞きますし、普通にまわるだけでも充分だとは思いますが…」

一方「それができねェのがコイツなンだよなァ」

黒子「ですわね」

上条「ひどいこと言われてるのに言い返せない…」

黒子「ともかくアドバイスというより注意点はいくつかありますわね」

上条「注意点?」

黒子「お相手は確か年上の方でしょう?それでしたら上条さんも相応の態度でいくべきですの」

上条「というと?」

黒子「まずは上条さんがしっかりしているというところ見せるべきですの。お相手が年上だからといって甘えてはなりませんわよ?」

上条「はあ…」

黒子「むしろ引っ張っていって頼りになる、とアピールすべきです」

黒子「次は礼儀作法でしょうか。失礼ですが上条さんは女性の扱いがあまり御上手ではありませんし」

一方「事実だから失礼でもなンでもねェな」ケラケラ

上条「お前には言われたくない」

黒子「はいはい、たとえば女性が席につく時にはどういう心構えが必要だと思います?」

276: 1 2013/06/08(土) 23:37:43.27 ID:wo80uuE10
浜面「はい!座る前にハンケチを華麗にしく!」

上条「ハンケチってなんだよ」

一方「つーかオマエハンカチなンか持ち歩くのか?」

浜面「そうだった」テヘ

黒子「ハンカチくらいは最低限持ち歩きましょう。服でゴシゴシ手を拭いてるところなんて見たら幻滅ですわよ」

上条「よし、ハンカチティッシュは忘れずに、と」メモメモ

浜面「遠足かっ」

黒子「まあ、屋外のベンチなら相手が座る位置を手で払ったりするべきですわね。屋内の…たとえばこのようなファミレスなら女性の方を上座、つまり店の奥側に、先に座らせるのがマナーです」

上条「へえー」

黒子「イスが固定されていないなら、相手のイスを引いてし差し上げ適度な気遣いをします」

上条「適度な気遣い、と」メモメモ

黒子「あとは会話にも気を付けてくださいな」

浜面「会話に困れば天気の話かしりとりでもすれば?」

黒子「それは最終的な会話の墓場ですの…。女性と2人きりだというのなら他の女性を話題にあげるのは絶っ対にタブーですの!上条さんは特に!」

上条「なんでだめなの?」

浜面「大将それは流石にダメだぜ?」

一方「女はそれで気ィ悪くするからなァ…」

黒子「お2人はよくご理解しているご様子で」

浜面「まあな」

一方「学園都市第一位なめンじゃねェよ」

浜面(アイテムのだれかといるときに他のメンバーの話するとどいつも機嫌悪くなるからな…。特にフレメアの話した時の滝壺とか)

一方(あのガキに番外個体の話すると時々機嫌悪くなるので経験ずみだァ…)
277: 2013/06/08(土) 23:38:48.11 ID:jhXcibWAO
上条「じゃあその辺も気を付けるよ」

黒子「あとは時間厳守ですのよ?」

上条「それは大丈夫かな」

一方「何時ごろから行くつもりだァ?」

上条「開園時刻が9時半だから10時ごろかな」

一方「…そうかァ」

上条「…それで、そのー…」

浜面「告白なら夕方の観覧車のなかでだろっ!」

上条「!、やっぱそうっ?」

黒子「ベタすぎません?」

浜面「そんなことないって!」

浜面「あれだろ、こう夕陽に照らされて、『今日は楽しかったね』。『ああ、そうだな』とか言いながら、急に真剣な顔になってさぁ…」

一方「きめェ」

黒子「妄想爆発ですわね」

浜面「うるせえよっ!それで2人きりの密室で愛の告白を…」

一方「コーヒー無くなったから入れてこォい」

浜面「なに!お前ら俺に恨みでもあんのっ?」

黒子「ともかく、告白なら場所とタイミングを間違えないように」

上条「わかった。今日はありがとうな。俺、明日は頑張るよ」

一方「男みせてこォい」

黒子「頑張ってくださいな」

浜面「成功したらメールしろよ!」

上条「おう!じゃあなー」

278: 1 2013/06/08(土) 23:41:13.37 ID:wo80uuE10
ーーーーーーーーー


黒子「成功するといいですわね」

浜面「するんじゃね?大将のことだし」

黒子「それにしても、このことで何人の女性が泣くことになるのか考えただけで恐ろしいですの…」

浜面「確かに…」

一方「………」

浜面「?、どうかしたか第一位」

一方「おィ白黒ォ、オマエ明日暇か?」

黒子「え、ええ。明日は特に用事はありませんが…。それが何か?」

一方「よォし。じゃあ付き合え」

浜面「!、お前まさか…」

一方「明日は奴等のあとをつける」

黒子「あまりいいご趣味とは思えませんが…」

一方「ちげェよ。三下のことだからどォせ厄介事にまきこまれンだろォ。それをオレ達が陰でサポートすンだよ」

黒子「なるほど…。でしたらわたくしもおつきあいいたします」

浜面「はーいはーい!俺も行きたい!」

一方「却下だァ」

浜面「なんでだよっ!」

一方「オマエがいると余計に問題がありそォだからなァ」

浜面「さっきから俺の扱いひど過ぎんだろっ!」
279: 2013/06/08(土) 23:42:07.45 ID:jhXcibWAO
黒子「まあまあ落ちついてくださいませ。しかし浜面さんはどなたかお相手がおいでで?」

浜面「あー、そういや滝壺は明日調整かなんかで忙しいって言ってたな…」

一方「ババアかチビでいいじゃねェか」

浜面「いやだよ、あいつら連れてったらそれこそ問題あるぞ」

黒子「いったいどのような方ですの…」

浜面「いろいろとぶっ飛んでるんだよ…」

一方「ま、来るなら勝手にしろォ」

浜面「誰か適当な奴に頼むか…」

黒子「最悪お1人で来られては?」

浜面「なんの罰ゲームそれっ!?」

一方「明日は三下にばれねェように変装してこいよォ」

黒子「10時ごろに来るといっていましたし1時間程前には集まりましょうか」

一方「よしっ!明日は気合入れてくぞォ!」

黒子「はいですのっ!」

浜面「よっしゃあ!」

281: 1 2013/06/08(土) 23:46:07.61 ID:wo80uuE10
ーー翌日ーー

黒子「ふぅ、よかったですの無事9時前につきました。」

黒子「流石にお姉様に私服で出かけるのを見咎められたときはどうしようかと思いましたが…」

黒子「無事まくことができたのでよしとしましょう」

黒子「さて、第一位様は…」キョロキョロ

黒子「えっ…」

黒のニット帽グラサンマスクの男「……」

黒子「…まさかとは思いますがあれではありませんよね」

グラサンマスク「!」

黒子「ちょ、こっちに来ますのっ?」

グラサンマスク「よォオセロ、なかなか早ェじゃねェか」

黒子「…やはり第一位様でしたのね」

一方「どォよ、この完璧な変装」ドヤァ

黒子(表情は見えませんが絶対にドヤ顔してますの…)

黒子「というよりそのような格好
では余計目立ちますのよ?」

一方「あン?」

黒子「変装というよりただの変質者ですの」

一方「あァ!?オレのどこをどォ見れば変質者なンですかァ!」

黒子「どこをどう見れば変質者に見えないんですのっ!?」

黒子「そんな格好をした人がいればすぐに通報モノですの。上条さん達にもすぐにバレてしまいます」

一方「えェ…。じゃあどォすりゃいいンだよ」

黒子「普段とはかけ離れた格好をすればおいそれと気付かれることはありません。変装とはそういうものですの」

黒子「わたくしも本日は常盤台の制服ではなくショートパンツやカーディガンを着用し、髪型だっていつものツインではなくポニーにしてきたというのに…」

一方「ふゥン」

黒子「ふぅん、ではなく!ほら貴方も今から少しでもマシな格好になってくださいませ!」

一方「でもよォ、この頭と目はどォにかしねェとよォ…」

黒子「とりあえずマスクは外してニット帽は…中でお土産のキャップを買いましょう。グラサンは仕方ありませんしそのままで」

一方「めンどくせェ…」
282: 2013/06/08(土) 23:47:38.61 ID:jhXcibWAO
一方「つーかよォ、なンでオマエそンなに詳しいンだ?」

黒子「えっ、そ、それは…。!、そう、風紀委員の関係でっ」アセアセ

黒子(お姉様のストーキングで培ったモノとは口が裂けても言えませんの…)

一方「なに、オマエ風紀委員だったのか」

黒子「そういえば言ってませんでしたわね」

一方「どォでもいいがなァ」

黒子「言うと思いました…」

浜面「おーい!」

一方「三下かァ…」

浜面「よっす。白井ちゃん、第一位も」

一方「なンなンですかァ浜面くゥン。結局1人できたのかよ」

浜面「ちげぇよ。ちゃんと女の子誘ってきたわっ」

一方「うわっ、彼女差し置いて他の女と遊ぶとか、悪党だねェ浜面くゥン」ニヤニヤ

浜面「はっ?ちげぇし、そんなをじゃねぇし」

黒子「どうでもいいですから浜面さんもその変質者スタイルをどうにかしてください…」

黒のニット帽グラサンマスクの浜面「へっ?」

284: 2013/06/08(土) 23:54:58.05 ID:jhXcibWAO
ーーーーーー


黒子「そろそろ開園時刻ですわね」

??「わりー浜ちゃん、遅れたー!」タッタッタ

浜面「おっ、来たか」

一方「あァ?」

黒子「あちらの女性が浜面さんのお連れの方ですの?」

黒夜「ごめんごめん、出かけるのにちょっと手間どっちゃっ…て…」

一方「よォ、黒夜ちゃンじゃねェのォ。いったいどォしたンですかァ、そンなおめかししちゃってよォ」ニヤニヤ

黒夜「な、だ、第一位っ?なンでテメェがここにっ!?」

一方「あっ?オマエ浜面に誘われて来たンじゃねェのか?」

黒夜「そ、そうだけどよ、どういうことだよっ!」

ーーーーーー
ーーー


285: 1 2013/06/08(土) 23:57:02.31 ID:wo80uuE10
黒夜「ほほぅつまり私はそんなことに付き合わされたってことか…」

黒子「説明しなかったんですの?」

浜面「してなかったっけ?」

黒夜「されてねェよっ!」

黒夜(クソっ!これじゃあ楽しみにしてワンピースとか着てきた私がバカみてぇじゃねぇか…)

浜面「おーい、黒夜?」

黒夜「うっせェ!しねっ!」ボシュッ

浜面「アブねっ!いきなり能力使うなよっ」

黒夜「うっせンだよォォォ!!」ボシュッボシュッ

浜面「危ないからっ!それマジで危ないからねっ!?」

一方「なにやってンだかァ…」

黒子「!、来ましたわっ」

一方「マジかァ!よォし作戦決行だァ!」

黒子「はいですの!」

浜面「その前に俺を助けてぇぇ!」ダダダッ

黒夜「逃げンなァァァ!!」ボシュッボシュッボシュッ

浜面「不幸だぁぁぁ!!」
340: 1 2013/06/10(月) 23:13:08.73 ID:JI/ENpcx0
ーーーーーー


上条「おおー、すげえなこれは」

神裂「」キラキラ

上条「神裂?」トントン

神裂「は、はいっ!」

上条「楽しみだな」ニコッ

神裂「はいっ」ニコッ

上条「じゃあさっさと入場手続きを済ましちゃおう」

ーーーーーーーーー


一方「はたから見れば完全にカップルだろ、あれは」

黒子「ですわね」

浜面「おっ、入ってくぞ」

一方「間を空けてオレたちもついてくぞ」

黒夜「なんで私がこんなこと…」ブツブツ
341: 2013/06/10(月) 23:14:08.51 ID:KVPAhOQAO
係員「それでは優待券をお持ちですのではこちらのリストバンドをお付けください」

上条「なにこれ?」

係員「こちらのリストバンドをお付けになられた男女ペアのお客様には特定のアトラクションでスペシャルサービスが受けることができるようになっております」

上条「スペシャルサービスって?」

係員「それは受けてからのお楽しみですよ」フフフ

上条「そうですか…」

係員「それではお楽しみください!」

上条「スペシャルサービスってどんなのだろうな」

神裂「当麻とならどのようなものでもきっと楽しいですよ」ニコッ

上条「神裂…///」

ーーーーーーーーー

一方「ほらよっ、優待券だ」

黒子「どうしたんですの、これ?」

一方「第一位なめンなァ…」

浜面「なんだかんだ言って俺たちの分も用意してくれてる一方ちゃんマジツンデレ」

一方「オマエは後で覚えとけよォ…」

黒子「早くしませんと2人を見失いますの」

黒夜「マジめんどい…」

342: 1 2013/06/10(月) 23:16:10.14 ID:JI/ENpcx0
上条「何から乗ろうか」

神裂「そうですね…」

上条「まあ来たばっかだし、まずはゆるいのから…」

神裂「あれはどうでしょうか」ユビサシ

上条「あれ?」

『ジェットコースター』


ギャァァァー!!
シヌゥゥー!!
ノウマクサマンダホンダラソワカ…


上条「…神裂さーん、あれはどう考えても初っ端に乗るようなものではないと思いますが…」

神裂「そうなのですか?」

上条「学園都市製の絶叫アトラクションなんてトラウマ作るレベルですからねっ!」

神裂「しかしパンフレットによるとアレは…スペシャルサービス対応のもののようですし///」

上条「えっ…そ、そうなのか…」

上条「……」

上条「よし行くか!」


ーーーーーーーーー

黒子「ジェットコースターのほうに向かって行きますわね」

黒夜「いきなり絶叫系とか、あの野郎もなかなか頭のネジ外れてんじゃねぇの」

浜面「なんかとんでもなくクレイジーな見た目なんだけど…。なにあのコース。ぐにゃんぐにゃんじゃん、イキナリ止まったりしてんじゃん」

一方「それが売りなンだろォ」

黒夜「面白そうだしいいんじゃね」

黒子「あれくらいなら大丈夫ではありませんの」

浜面「えっ、俺の感覚がおかしいの…?」
343: 2013/06/10(月) 23:19:14.54 ID:KVPAhOQAO
係員「では安全バーを下ろしますので」

上条「は、はい///」

係員「女性の方もよろしいですか?」

神裂「え、ええ。構いません///」

係員「それではお楽しみください」

ウィーン

上条「えっーとさ///」

神裂「はい///」

上条「近いよね///」ギュッ

神裂「ですね///」ギュッ

上条(スペシャルサービスってこういうことなのっ?確かにこの密着感はカナリ嬉しいけどさ///)

神裂「当麻?もしかして怖いのですか?」

上条「へっ?ま、まさかそんなわけ」

ガコン

上条「おっと動きだしたな。神裂は大丈夫なのか?」

神裂「まあ宇宙からの落下や飛行機からの飛び降りに比べれば大したことはなさそうですし」

上条「確かに、音速旅客機に比べればこれくらぃぃぃぃ!!??」

神裂「きゅ、急に打ち出すようにはやくっ…」

上条「うぉっ!横から重圧がっ…」

ムニュ

上条「!?」

神裂「だ、大丈夫ですか?」

上条「はいっ!」

上条(やばい!密着してるうえに遠心力で更にくっついて神裂の胸が…)

上条(これが本当のスペシャルサービスだったのかぁぁぁ!)


ーーーーーーーーー

浜面「あばばばば」

一方「よるンじゃねェ!」グリグリ

黒夜「なんで私の隣がオマエなんだ?」

黒子「さあ?」

344: 1 2013/06/10(月) 23:20:56.89 ID:E+mxltHB0
ーーーーーー


上条「まだ心臓がドキドキしてる…」

神裂「次はもう少しおとなしいものにしましょうか」

上条(ドキドキしてるのは別の理由なのですが…)

神裂「アレはどうですか?」

上条「ん?シューティングか。神裂ああいうの得意なのか?」

神裂「射撃はそれ程得意ではありませんが、遊びですからね」

上条「ほぅ、なら勝負でもするか」

神裂「勝負ですか?」

上条「ああ、どっちが多く得点を取れるか競って負けたほうは罰ゲームだ」

神裂「受けて立ちましょう。それで罰ゲームはいったいなにを?」

上条「さっきお土産屋の前を通った時に面白いものを見つけたんだ。ちょっと待っててくれ」タッ

神裂「面白いもの…ですか?」

ーーーーーーーーー

浜面「…気持ち悪い」ウプ

黒夜「だらしねぇなぁ浜ちゃんは」ケラケラ

浜面「だってこいつが…」

一方「まて!三下の奴1人でどっか行くぞ」

黒子「お手洗いではございませんの?」

一方「いや、土産物屋かァ?あそこは」

黒子「いったいなにをしているのでしょう?」

黒夜「あっ、出てきた」
345: 2013/06/10(月) 23:23:10.96 ID:KVPAhOQAO
ーーーーーー

上条「じゃーん!」

神裂「…なんですかこれは」

上条「ウサギの付け耳。負けたほうは次のアトラクションまでこれを付けて過ごす。どうだ?」

神裂「別に構いませんが…、何故遊園地にこんな物が…」

上条「なんでも別のとこにある動物園と業務提携を結んでいてお互いのグッズを置いてたりするんだって。ほら優待券貰ったクレープ屋もチェーン店だしてるだろ」

神裂「なるほど…。しかしいいのですか、貴方が負けたらこれをつけるのですよ?」

上条「負けたら…だろ?こうみえてもシューティングゲームは結構得意なんだよ。ゲーセンでよくやってたし」

上条(それに機械音痴らしい神裂が最新のゲームを扱いきれるとは思えないし)

神裂「そうなのですか…。まあ、貴方の場合いつもの不幸でそれをつける羽目になりそうですが」フフ

上条「最近はあんまり不幸な目に遭ってないから心配には及ばねえよ」フフン

神裂「では勝負といきましょうか」

上条「のぞむところだ!」

346: 1 2013/06/10(月) 23:25:39.06 ID:E+mxltHB0
ーーーーーーーーー

黒子「何故付け耳が出てきたのでしょう…」

黒夜「嫌なもン思い出しちまったァ…」

一方「どォやら負けたほうは罰ゲームでアレをつけるらしィな」

浜面「会話の内容聞こえたの!?」

一方「ベクトル操作で空気いじって音の伝達する方向を操ればワケねェよ」

浜面「ベクトル操作マジチート」

黒子「なんてストーキングに向いた能力ですの…」

黒夜「いや、ただの能力の無駄遣いだろ…」

一方「さて、オレ達も行くぞォ!」

浜面「わざわざ行く必要なくね?」

一方「三下をサポートして勝たせンだよ」

黒子「そんなにあの女性の付け耳姿が見たいのですか?」

一方「ちげェよ。オマエらは三下の付け耳姿が見てェのか?」

黒浜黒「「「………」」」

黒子「それは…」

黒夜「正直気持ち悪い…」

浜面「頑張れ一方通行。大将の面目はお前の肩にかかってる」

一方「はン。言われなくともわかってンだよ」
347: 2013/06/10(月) 23:27:24.72 ID:KVPAhOQAO
ーーーーーー

上条「どうやらトロッコに乗って動きながら、設置されたポイントを撃つってわけか」

神裂「中は暗くなっているのですね」

上条「多分、銃の先端が目標の方にちゃんと向いてるかわかりやすくするためじゃないか。ほら、赤い光が出てるだろ」

神裂「なるほど、これを向けて撃てばいいのですか」

係員「では次のグループ発車しまーす」

上条「よし、勝負開始だ!」チャキ

神裂「負けませんからね!」チャキ

ーーーーーーーーー

浜面「大将達、先のトロッコに乗ってっちゃったけどどうすんの?」

一方「光を反射して姿を隠す。そのまま近づいてあいつらの撃った赤い光を操作して三下のはポイントを取らせて女のは変な方向に飛ばす」

黒夜「必死だな…」

一方「せっかくだからオマエらも勝負しろよ。負けたら罰ゲームだ」

黒夜「はぁ!?誰がンなことするかっ」

浜面「いいねそれ!」

黒夜「えっ…」

黒子「おもしろそうですわね」

黒夜「うそっ?マジでやんの??」

一方「あれあれェ?もしかして黒夜ちゃンは負けるのが怖いンですかァ?」ニヤニヤ

黒夜「なっ!いいじゃねェか、やってやンよォ!」

一方(ちょれェ)ケラケラ

348: 1 2013/06/10(月) 23:29:13.38 ID:E+mxltHB0
上条「よっ!ほっ!」バシュバシュ


ピローン
ピロローン

神裂「くっ!はっ!」バシュバシュ


ハズレダヨーン
ギャハハハ

神裂「何故、当たら、ないのですっ」バシュバシュ


ドコネラッテンダヨ
コノドシロウトガッ
ギャハハハ

神裂「」ビキビキ

上条「よっしゃあ!ラストだぁ!」バシュン!

ピロリロリーン!

ーーーーーー

上条「さーて、俺の勝ちだな」フフン

神裂「おかしいです…。あきらかに作為的なものがありました…」ズーン

上条「ともかく負けは負けだからな、はい罰ゲーム」スッ

神裂「ほんとにつけるのですか…?」

上条「当然」

神裂「むぅ…。仕方ありません」スッ

上条「お、おぉ…」

付け耳神裂「ど、どうですか///」

上条「グッジョブです!」グッ

付け耳神裂「恥ずかしいですから早く次のに行きましょう///」

上条「えぇ~、もっとゆっくり…」

付け耳神裂「は・や・く!///」

上条「はぁい…」
349: 2013/06/10(月) 23:30:33.75 ID:KVPAhOQAO
ーーーーーーーーー

一方「よし、目的は無事達成したぜ…」

黒子「こちらも済みましたの」

一方「あン?」クルッ

ネコ耳浜面「……」

一方「…おィ。なンなンだこれはよォ…」

ネコ耳浜面「…俺が聞きたいよ」

黒夜「ぎゃはははっ!!おもしろすぎんだろ浜ちゃんっ!」

ネコ耳浜面「なにこれ!?どう考えても黒夜の役じゃねえの!?なんで俺がこんな罰ゲーム受けなきゃいけないの!?」

一方「しるかボケェ!ンなもン見せられたこっちが罰ゲームなンだよっ!!」

黒夜「やべェ!超おもしれェ!写メって絹旗ちゃンにメールしよっと!」

ネコ耳浜面「それはだめぇぇ!!」

黒子「カオスですの…」

350: 1 2013/06/10(月) 23:32:58.62 ID:E+mxltHB0
『ホラー☆ハウスだZE』

上条「ずいぶんと明るい感じのお化け屋敷だな…」

付け耳神裂「次はここにしますよっ!」

上条「せっかく可愛いいんだからこんな人目につかないとこ選ばなくても…」

付け耳神裂「かっ、可愛いって///」

付け耳神裂「…その手には乗りませんよっ!これが終わったらコレは外すんですから!」

上条「ちぇっ」

付け耳神裂「ま、まあ2人きりのときになら…///」ゴニョゴニョ

上条「あっ、ここスペシャルサービス対応だって」

付け耳神裂「先程と同じようなものでしょうか?」

上条「さっきと…同じ///」

付け耳神裂「当麻?」

上条「いやいや、なにも考えてないぞっ!?」

付け耳神裂「?、ともかく入りましょうか」

上条「そ、そうだな」

ーーーーーーーーー

一方「お化け屋敷か」

黒夜「なんだよ、怖いのか?第一位様?」ニヤニヤ

一方「いや、ねみィ…」

黒子「えぇー…」

一方「あれならついてく必要ねェだろ。ちょっとあっちで寝てくるからあいつら出てきたら起こしてくれェ」スタスタ

黒夜「つまんねぇやつだな」

黒子「どうしましょうか?」

黒夜「せっかくだし入ろうぜ。ほら浜ちゃんも」

ネコ耳浜面「まあ、見失なっても困るし、俺達も入るか」

黒子「それよりもいいかげん外したらどうですの…。それ」

ネコ耳浜面「あっ、忘れてた」

黒夜「激写」カシャッ
351: 2013/06/10(月) 23:35:49.91 ID:KVPAhOQAO
ーーーーーー
ーーー


上条「おぉ…。外見とは裏腹にずいぶんと…」

付け耳神裂「恐ろしい?」

上条「いやっ!?そんなことはないぞっ?」

付け耳神裂「そんなに強がらなくとも」

上条「いやいや、こんなのアックアやミーシャと比べればそんなに怖くは…」

付け耳神裂「では少しは怖いと」

上条「誘導尋問!?」

付け耳神裂「自爆だと思いますが…」

上条(実際のところ神裂がシュール過ぎて恐怖も半減なんだけど)

付け耳神裂「で、でしたらこうすれば///」ギュッ

上条「?」

付け耳神裂「これならお互いに何かあっても大丈夫ですから///」

上条「神裂、どうかした?」

付け耳神裂「へ?あの…」チラッ


ナニモナイヨ


付け耳神裂「え?ではこの感触は…?」ニギ

上条「なんかあるのか?」

付け耳神裂「いえ、まさか、オカルトなら私の分野ですよね?なら、なんですかこの右手に伝わる人の手の感触は…?」ニギニギ

上条「おーい?」

神裂「いやぁぁぁ!??なんですかこれはっ??離れないぃぃ!??」

352: 1 2013/06/10(月) 23:37:23.59 ID:raw9ZAQb0
上条「おい!どうしたんだ!?」

付け耳神裂「当麻ぁぁ!!」ダキッ

上条「!??」

付け耳神裂「ホンモノっ?ホンモノの当麻ですよね!?」

上条「あ、あぁ」

付け耳神裂「よかったぁ」

上条(えっ、何?どういう状況?神裂が急に怯えて…って胸がぁ!神裂の胸の感触がぁ!)

付け耳神裂(?右手の感触が消えた…?どうして急に…?)

上条「あ、あのー神裂さん?」

付け耳神裂「あ、いやっ。その…も、もう少しこうしていても?///」

上条「大歓迎です!…じゃなくて大丈夫か?急に怯えだして」

付け耳神裂「す、すみません!お恥ずかしい所を///」

上条「いや、いいけど。あんまり怖いなら出るか?途中で出れるみたいだけど…」

付け耳神裂「そんな途中で投げ出すような真似できません!そ、それに当麻にこうして触れていると平気なようですし///」

上条「そ、そうなのっ?でも少し歩きづらいからさ…」

付け耳神裂「ではこうして腕を組めば…」ムニュゥ

上条(ま、また腕に神裂の感触がぁ!)

付け耳神裂(ホンモノの当麻の感触…。なんだか安心します)
353: 2013/06/10(月) 23:39:04.63 ID:KVPAhOQAO
ーーーーーーーーー

イヤァァァ!

浜面「!、今のって大将のツレの女の声じゃ…」

黒子「凛々しそうな方でしたが…」

黒夜「そんなに怖いのか…。ここのお化け屋敷は…」


係員(さっきの付け耳したカップルか…)

係員(多分入ってすぐだし『見えない手』だな)

係員(リストバンドつけたカップル限定のスペシャルサービス。腕にしたリストバンドから流れる特殊な電気と、このお化け屋敷特有の温度や磁場を操る特殊システム)

係員(その二つで女の手には誰かの手の感触があるように感じ、それをなくすにはペアのリストバンドをつけた男と接触し続けるしかない…)

係員(で、カップルはより仲良くなるっ算段だ。ほんと科学の力ってすげーな)

係員(ただ電撃使いにだけは効きづらいってのが難点だか…)

354: 1 2013/06/10(月) 23:41:19.75 ID:raw9ZAQb0
ーーーーーー
ーーー


上条「よ、ようやく出口か…」

神裂「え、えぇどうやらそのようで…」

上条(これは怖過ぎだろっ!これならアックアとかのほうがまだましだったかも…)

神裂(私としたことがなんと恥ずかしい真似を…。これが学園都市のチカラですか…)

上条「あー、そろそろ昼飯にしないか?もう1時過ぎてるし」

神裂「そうですね、一度休憩しましょうか」

上条(ふっ、ここでアドバイスをいかしてやってやるぜ!)
355: 2013/06/10(月) 23:43:29.91 ID:KVPAhOQAO
ーーーーーー

上条「……」ムスッ

神裂「中々美味しかったですね」ニコニコ

上条「…あぁ」

神裂「気の利いたサービスなど随分と本格的でしたし」

上条(ダメだ白井のアドバイスをことごとくボーイに先にやられたっ!いったいどうしたら…)ウーン

神裂「当麻?大丈夫ですか?」

上条「えっ、あぁ、なんでもないよ」

神裂「ですが、ものものしい顔をしていますよ?」

上条「そんなことは…」ピトッ

上条「!?」

神裂「熱はなさそうですが…」

上条(か、神裂の手、柔らかいな…)

神裂「ご気分がすぐれないのなら何処かで少し休憩でも」

上条「いやいや!大丈夫だから」

神裂「そう…ですか?でしたら次はあれに乗りませんか?」

上条「あれって?」

356: 1 2013/06/10(月) 23:45:43.41 ID:raw9ZAQb0
『特大観覧車』

上条「お、おぉ…」

神裂「あれでしたらゆっくりしていますし、どうですか?」

上条「そ、そうですネ…」

神裂「では行きましょう!」

上条「Oh……」

ーーーーーーーーー

一方「なにやってンですかァ!オマエらはよォ!?」

浜面「しかたねぇだろこいつら急に気絶したりどっかいったりしたんだもん!」

黒子「あ、あたりまえですのっ!黒夜さんの右手がイキナリとれたんですのよっ!?ポロっと!こう、ポロっと!」

黒夜「だ、だって、右手に変な感触したンだもン!接続切るだろっ普通!」

黒子「知りませんのっ!そんなこと!」

黒夜「そっちこそイキナリ目の前から消えンなよっ!何事かと思っただろォ!?」

黒子「イキナリあんなもの見せられては逃げ出すにきまってますのっ!」

一方「ゴチャゴチャうっせェぞォ!!オマエらのせィで三下達見失っただろォがァ!!」

黒子「貴方が居眠りしていたからでしょうっ?」

黒夜「白井ちゃンの言うとォりだなァ!第一位!」

一方「オッケェオッケェ!ブラックコンビィ!オマエら愉快なオブジェ決定ェだァ!!」

浜面「おいっ!大将達いたぞっ!」

黒一黒「「「!!!」」」
357: 2013/06/10(月) 23:46:46.74 ID:KVPAhOQAO
一方「おィおィ三下の奴なンでもォ観覧車に向かってンですかァ?」

浜面「告白するにはまだ時間が早いだろ」

黒子「どうやら女性の方が引っ張っているご様子ですが…」

黒夜「流石に同じやつ乗って告白はねぇだろ」

一方「ともかく、白黒ォ、テレポートで先回りするぞ」

黒子「はいですの」ヒュン

浜面「俺たちはバレねえように後ろからだ」

黒夜「おうっ!」

ーーーーーー
ーーー


358: 1 2013/06/10(月) 23:48:44.04 ID:raw9ZAQb0
神裂「見てください当麻、だんだんと地上から遠ざかっていきますよ」

上条「…そうだな」

神裂「先程乗ったジェットコースターよりも高く上がりましたね」

上条「ほんとだな」

上条(…どうしよう)

上条(流石に今言うのは早すぎるよな…。だけどまた後でもう一度乗って言うってのも変な気がするし…)

上条(せっかくもらったアドバイスが、全くいかせてない…)

神裂「当麻!」

上条「!」

神裂「やはり変ですよ?ずっとうわの空ですし」

上条「いやっ、それは…」

神裂「もしかして…あまり楽しくありませんでしたか?」

上条「なっ!そんなことあるわけないだろっ!」

神裂「でしたら…」

上条「神裂!」

神裂「?」

上条(はっ、なにをゴチャゴチャ悩んでんだよ上条当麻!一方通行や白井の言葉を思い出せ!…男をみせるんだろっ!)

上条「神裂。俺は…」


グラッ!


上神「「!??」」
359: 2013/06/10(月) 23:50:00.16 ID:KVPAhOQAO
ーーーーーーーーー

浜面「な、なんだっ?」

黒夜「おぃおぃ、とまってんじゃねぇか、観覧車」

浜面「なんか大将が急に立ち上がったから覚悟決めたと思ったのによ」

黒夜「あいつが原因か?」

浜面「流石にそれは…」

ーーーーーーーーー

黒子「…ありえそうですわね」

一方「三下の不幸っぷりならありえねェこともねェだろ」

黒子「それにしても他のアトラクションは動いていますのに…」

一方「あれだろォ、こいつ自体のトラブルか他のやつは電力供給が別になってるとかなァ」

黒子「ジェットコースターなどは非常用の電力で動かしているか別の電源を利用して電気トラブルに対処していると?」

一方「万が一の事故や電気的なテロに対応してンじゃねェのか」

黒子「なるほど」

一方「にしてもツイてねェなァ三下は…」

黒子「えぇ…」

360: 2013/06/10(月) 23:57:25.18 ID:KVPAhOQAO
上条「な、なんだ?」

『ただいま電気トラブルが発生したため一部のアトラクションを一時緊急停止しております。非常用の電源に切り替えるまで暫くお待ちください。お客様には大変ご迷惑をおかけしてまことに申し訳ありません』

神裂「電気トラブルですか…」

上条「ついてないな…」

神裂「まあ、きっとすぐに動きますよ。それより先程なにか言いかけて…」

上条「あぁーっ、えっとな…」

神裂「?」

上条「……よし」

上条「あの…「当麻!」

上条「…なんでしょう神裂さん」

神裂「何故そのように泣きそうにっ?」

上条「なんでもありませんことよ…」

神裂「おほん…では、あの、いいですか?」

上条「どうぞ?」

神裂「……当麻、私は…貴方が好きですっ!!」

361: 1 2013/06/11(火) 00:01:31.09 ID:JebhV22m0
上条「………はっ?」

神裂「以前から貴方のことを想うと胸が苦しくなり、貴方の近くに居たいと…貴方と共に在りたいという思いが私の中でどんどん大きくなり」

上条「えっ、えっ?」

神裂「恩返しや、護衛などと言い訳を並べてまで貴方の側にいようとしました」

上条「神裂…」

神裂「私は…貴方のことが、当麻のことが好きです!」

上条「……」

神裂(あぁ、とうとう言ってしまいました///)

神裂(当麻はどう思って…)

上条「神裂!」

神裂「はっ、はい!」

上条「俺も…俺もお前のことが好きだっ!!」

神裂「えっ…」

上条「俺も、俺の中で神裂がどんどん大きくなるのを感じて、初めは自分の気持ちに気付かなかったけど、今はハッキリ言える。俺は神裂が好きなんだ!」

神裂「当…麻」

上条「後だしになっちまったけど、俺と…俺と付き合ってくれっ!!」

神裂「はい…はいっ!当麻っ!こちらこそ…こちらこそお願いしますっ!!」

上条「ほんとかっ?」

神裂「当然ですっ!」ダキッ


グラッ


上条「おっと」ギュ

神裂「これからもよろしくお願いします!当麻っ!」

上条「ああ!」

362: 2013/06/11(火) 00:04:58.61 ID:PO2dIaeAO
ーーーーーーーーー

浜面「きたぁぁぁーーー」

黒夜「抱き合ってンじゃねェかよォ!!」

浜面「大将ぉ…やったんだなぁ…」グスッ

黒夜「なんで浜ちゃんが泣いてんだよぉ…」ゴシゴシ

浜面「黒夜だって」

黒夜「ばっ!これはちげェよ!」

ーーーーーーーーー

黒子「…どうやら無事成功したご様子で」

一方「よかったァ…ほンとよかったなァ。ヒーローォ…」グスッグス

黒子(えっ…まじ泣きしてますの?)

一方「とォとォあいつも一歩踏み出したンだなァ…」グスッ

黒子「貴方は上条さんの親ですの…?」

一方「よかったァ…」グスッ

黒子「はぁ…。でも本当によかったんですの」

363: 1 2013/06/11(火) 00:06:08.38 ID:JebhV22m0
ーーーーーー
ーーー


上条「///」

神裂「///」

『大変申し訳ございませんが、ただいまより緊急メンテナンスを行うため本日は閉園とさせて頂きます。本日ご来場のお客様には後日謝罪させて頂きますのでなにとぞご協力願います』

上条「えっと、こんなことになっちゃったし、今日はもう帰ろうか?///」

神裂「そ、そうですね。そうしましょう///」

上条「また、今度別の日にこよっか///」

神裂「はい///」

上条「じゃあ」

神裂「帰りましょうか」

上条「だな」

神裂「そのまえに当麻」

上条「ん?」


チュッ


上条「ふぁっ!?///」

神裂「ふふっ、私の初めてですよ///」

上条「えっ…と///」

上条「ごちそうさま?」

神裂「こちらこそ」ニコッ
364: 2013/06/11(火) 00:09:08.51 ID:PO2dIaeAO
今日はここまでにします。
なんかめっちゃスレ伸びててビビった。
次からは付き合った2人を書いていきます。
イチャラブ有りエロ有り修羅場有りでやっていきます。
368: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 00:16:14.70 ID:412DZ0RAO
乙です。
キター!いいねェいいねェ最っ高だねェ。
376: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 10:24:18.15 ID:iW9LgqWb0
乙したー!!
次回はイチャエロで、最大障害の美琴かぁ……頑張れ!!
次スレ:

神裂「彼にふさわしい女性になりたいのです」【後編】


 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

修羅場か、、、ねーちんのイチャラブ楽しみだけど、
あんまり、御坂をいじめてほしくないな


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。