FC2ブログ

男「幼馴染を無視しつつ他の女の子をちやほやしよう」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 23:49:47.08 ID:yT4ytoznO
男「小さい頃は『ずっと仲良しでいようね!』とか言って来た幼馴染が最近そっけないんだ」

友「キミ以外に気になる人でも出来たんじゃない?」

男「……やっぱりそう思うか」

友「そういえば最近、転校生クンとよく話してるね」

男「うっ……」ズキッ

友「どうしたのさ、頭押さえて」

男「べ、別に付き合ってた訳じゃ無いのに、何なんだこのダメージはッ」

男「くそうっ! あんな奴こっちから願い下げだぁっ!! もう知らんッ! うわーんっ!!」ダッ

友「……行っちゃった」

友「なんか余計な事言っちゃったかな、ボク」


注目記事




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:01:11.44 ID:nLH1xkLkO
―翌日・通学路―

男「そういや幼馴染と一緒に学校行かなくなったな」

男「自然と疎遠になる物なのかなぁ……」

友「ブツブツ言いながらどうしたの? 怖いよ?」

男「おわぁッ! ……って友か」

友「独り言なんてアブナイ人みたいだから止めなよ」

男「そうだな……」

友「元気無いね」

男「ははは……」

幼馴染「おはよっ」

友「あ、幼馴染さん。おはよう」

男「!?」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:06:28.08 ID:egeJxvaYO
幼馴染「おはよ、男」

男「……」

幼馴染「男?」

男「友。俺、先行くわ」スタスタ

幼馴染「え……」

友「あの、ごめん幼馴染さん。ボク用あるから先行くね」

友「男、待ってよ!」タタタッ

幼馴染「……どうしたのよ、あいつ」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:17:32.43 ID:nLH1xkLkO
友「追い付いた……。急にどうしたのさ?」ハァハァ

男「……」

友「黙ってたら分からないよ。ボクは超能力者でも魔法使いでも無いんだからね」

男「……どう接したら良いか分かんなくて」ボソッ

友「はあ、それで……」

男「無視しようと思ったんじゃ無いんだぞ! ただ、何言って良いか分かんないし、あいつの顔もまともに見られないし……っ」

友「良いんじゃないかな」

男「は?」

友「元は向こうがそっけ無かったんでしょ?」

友「だったら、無視は行き過ぎかもだけど、キミもそっけなくしてみたらどうかな?」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:26:19.85 ID:nLH1xkLkO
―昼休み―

男「と言う訳で、幼馴染と距離を置く事にしました」

友「ひょっとして、授業中ずっと考えてた?」

男「まあな」

友「威張る事かな」

男「俺にとっては断腸の思いでだな……」

友「それよりご飯行こうよ」

男「そうだな。幼馴染は弁当だから食堂行こうぜ!」

友「良いね。学食久し振りだよ」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:36:05.18 ID:nLH1xkLkO
―食堂―

男「お姉さん、親子丼一つ」キリッ

おばちゃん「はいはい、ご飯多めね」

友「Bランチ、ごはん少なめでお願いしまーす」

おばちゃん「あら友ちゃんっ。アンタ小さいんだから、沢山食べて大きくならなきゃ駄目よ!」

友「ははは……」

?「あ、あの……ね……ん……さい……」

男「ん?」

?「あうぅ……」

男(この子、同じクラスの地味子さん……だっけ)
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:46:13.74 ID:nLH1xkLkO
地味子「あの、すみません……っ」

男「……」チラッ

男(きつねうどんか)

男「おばちゃん、この子きつねうどんだって!」

地味子「ふぇっ……?」

おばちゃん「はいよ。きつねうどんねー」

男「よーし、友! 早く席キープに行くぞっ!」

地味子「あ、あの……っ」

男「ん?」

地味子「あ、あ、あり……がとう、ございます……」

男「おう。こぼすなよ!」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:52:05.84 ID:nLH1xkLkO
友「優しいね」

男「あのままじゃ、後ろがつかえるだろ」

友「ふふ。そうだね」クスクス

男「なんだよ……」

友「別にー。……ところでさ、彼女ちゃんと席取れるか不安じゃない?」

男「……それは、確かに」

友「どうしようか」

男「俺、ちょっと声掛けてみる」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:56:40.65 ID:nLH1xkLkO
男「あのっ」

地味子「は、はいっ」ビクッ

男「良かったら一緒に食べない?」

地味子「……いいの?」

男「もちろんっ」

地味子「……」

男「……」

地味子「……それじゃあ、一緒に……」

男「良かった。あっちで席キープしてるから着いて来て!」

地味子「う、うん」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 01:04:21.76 ID:nLH1xkLkO
男「お待たせー」

友「おかえり」

地味子「こ、こんにちは……」

友「こんにちは」

友「ちゃんと話すのは初めてだったかな。ボクは友、で、彼は男」

地味子「あの、地味子です。宜しくお願いします」

友「うん。宜しく」

男「冷めないうちに早く食べようぜ!」

地味子「あ、うん。そうだね」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 01:13:47.11 ID:nLH1xkLkO
―屋上―

幼馴染「……」ムッスー

転校生「どうしたの、幼馴染さん?」

幼馴染「別にぃ……」

転校生「……あ、そうだ。昨日教えてくれた通りにやったら、上手く出来たよ」

幼馴染「ほんと?」

転校生「うん。やっぱり先生が良かったのかな……、なんてね。へへへ……」

幼馴染「ふっふーん。まぁねー」

転校生「ありがとう、幼馴染さん」

幼馴染「任せといてよっ」

モブ1「あーっ。幼馴染ぃ、また転校生君とお弁当食べてるーっ」

モブ2「なぁーにぃーっ! 私達も混ぜなさいよっ!!」

幼馴染「あ、あんた達、何時の間に……」

転校生「良いよ。みんなで食べよう」

幼馴染「むう……」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 01:23:13.18 ID:nLH1xkLkO
―――
――


男「ごちそうさま!」ガチャ

友「相変わらずゆっくり食べるね」

男「味わってるからな」

地味子「ごちそうさまでした」カチャ

男「お粗末様でした」

友「キミが作った訳じゃ無いだろ」

男「まあ良いじゃん」

地味子「あの、誘ってくれてありがとう。すごく……、その、楽しかった」

男「そっか。じゃ食堂来る時は、また一緒に食べようぜ」

地味子「良いの?」

男「もちろん!」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 01:27:27.47 ID:nLH1xkLkO
地味子「あの、でも、私……、普段お弁当だから……」

友「なら食堂使って食べれば?」

地味子「いいのかな……?」

友「良いんじゃない? 結構やってる人居るし」

地味子「それなら……」

男「じゃ明日も昼一緒にだな」

地味子「うんっ。よ、宜しく……ね?」

男「おうっ」

友「うん。宜しく」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 01:38:22.04 ID:nLH1xkLkO
―廊下―

男「いやー。まさか、きつねうどんにちくわがトッピングされてる何てなぁ」

友「ちくわ美味しいよね」

地味子「わ、私も好きですよ。ちくわ……」

幼馴染「あ……」

男「!?」

幼馴染「男、今朝どうして無視したの」

男「……」

幼馴染「黙ってないで何か言いなさいよ!」

地味子「キャッ……」

友「急に大きな声ださないでよ、幼馴染さん」

幼馴染「あ、ごめん……」

男「友、トイレ寄るから先行ってて」スタスタ

友「うん、わかった」

幼馴染「あ、ちょっと! 男っ!!」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 01:39:52.42 ID:nLH1xkLkO
―廊下―

男「いやー。まさか、きつねうどんにちくわがトッピングされてる何てなぁ」

友「ちくわ美味しいよね」

地味子「わ、私も好きですよ。ちくわ……」

幼馴染「あ……」

男「!?」

幼馴染「男、今朝どうして無視したの」

男「……」

幼馴染「黙ってないで何か言いなさいよ!」

地味子「キャッ……」

友「急に大きな声ださないでよ、幼馴染さん」

幼馴染「あ、ごめん……」

男「友、トイレ寄るから先行ってて」スタスタ

友「うん、わかった」

幼馴染「あ、ちょっと! 男っ!!」
42: ごめんみすった 2012/04/06(金) 01:51:59.16 ID:nLH1xkLkO
男(だめだ……。やっぱり何を喋って良いか分からない……)ガックリ

ぽんぽん

男「お?」

?「もうっ。やっと気付いた」

男「あれ、委員長?」

委員長「さっきからずっと呼んでたのですよ」

男「そうだったの? ごめん、気付かなくて」

委員長「……何かありました?」

男「べ、別に何も無いよ!」

委員長「……」

男「……」タラー

委員長「……貴方が言いたくないなら構いません。それで、男君」

男「な、なに?」

委員長「機材運ぶの手伝ってくれませんか? 私だけじゃ重くて」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 02:02:17.60 ID:nLH1xkLkO
―――
――


―教室―

委員長「ありがとう。助かりました」

男「結構重かったね。指が痺れそう」

委員長「マッサージしましょうか?」スッ

男「い、いいよっ、そんな気を使わなくても!」

委員長「でも指が……」

男「平気平気。すぐ治るって!」

友「教室で何やってんの」

男「友ッ!? こ、これは別にっ。ただ手伝いをしただけで……っ」

友「はいはい。分かってるよ」

委員長「ふふふ……」



幼馴染「…………」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 02:17:56.86 ID:nLH1xkLkO
―放課後―

男「何か今日一日、無駄に空回ってた気がする」

友「気のせいじゃ無いと思うよ」

男「俺、メンタル弱いなぁ」

友「あのさ。ボクだって好きな人が急に別の人に乗り換えたら、簡単には立ち直れないと思う」

友「だから今は全力で空回ってても良いと思うんだ」

男「……そうかな」

友「きっと何時か上手い事ギアが噛み合うよ」

男「……」

友「えへへ……。中々良い事言ったね、ボク」

男「……そうだな」

友「帰ろっか」

男「おうっ」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 02:29:30.88 ID:nLH1xkLkO
友「あ……」

男「ん?」

友「何でもないっ。ね、あっちの通りに美味しいたい焼き屋さんがあるから寄ってこうよ!」グイッ

男「わ、分かったっ。行くから引っ張るなよ!」



幼馴染「でね、あいつったら肉が無いからってカレーにちくわ入れるのよ。信じらんないっ!」

転校生「ははは。それはそれでちょっと興味あるかな」



友「……」チラッ

男「どうしたん?」

友「ううん、何でも無い。行こっ」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 02:39:25.88 ID:nLH1xkLkO
―たい焼き屋―

?「おおっと、こんにちは! 男さん。今帰りですか?」

男「あ……幼馴染の、妹さん……」

幼妹「えっ、私なにかしました!?」

友「あー。キミは何も悪く無いから気にしないで」

幼妹「でも、急に元気無くなったじゃないですか!」

男「はは……。本当に幼妹ちゃんのせいじゃないから気にしないで」

幼妹「そうだ! 甘い物食べたら元気になりますよっ!」

幼妹「これ食べて下さい!」グイッ

男「モガッ」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 02:47:29.21 ID:nLH1xkLkO
男「……」モクモグ

男「……うん。旨い」

幼妹「良かった! ここのカスタード、私も大好きなんですっ」

男「そうなんだ。って、食べ掛けの貰っちゃったけど良いの!?」

幼妹「え? 何かいけない事あります?」

男「それは……その……」

幼妹「あ、そうか。私の分無くなっちゃいましたね」

男「……」

友「ふふ。幼妹ちゃん、男が奢ってくれるって」

幼妹「ほんとですか!? じゃあ私、カスタードが良いっ!」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 02:57:48.95 ID:nLH1xkLkO
―――
――


男「はい、幼妹ちゃん」スッ

幼妹「ありがとうございますっ」

男「友は何にしたんだ?」

友「ボクは小倉。男は?」

男「マヨチーズ!」

幼妹「……邪道ですね」

友「邪道だね」

男「邪道って……。さっきカスタード貰ったからバランス考えたんだぞ?」

友「……ふふ」クスッ

幼妹「えへへ……」

男「?」

幼妹「少し元気出たみたいで安心しました」

男「はは……参ったな」
56: 正直友の性別決めかねてる 2012/04/06(金) 03:06:09.87 ID:nLH1xkLkO
―帰路―

幼妹「今日はごちそうさまでした!」ペコッ

男「幼妹ちゃんこそありがとう。元気付けてくれてさ」

幼妹「そんな! 私、何もしてませんよっ」

男「幼妹ちゃんのくれたたい焼き、美味しかったよ。お陰で凄い元気になった」

幼妹「あ……」カアッ


幼妹「あ、あのっ、私っ、門限なんで帰りますねっ!!」アタフタ

男「家隣だし送るよ」

幼妹「だ、だだだだいじょーぶですっ! それじゃ!!」タタタ…

男「行っちゃった」

友「……」ジー

男「なに?」

友「天然ジゴロ……」ボソ
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 03:12:46.14 ID:nLH1xkLkO
―男宅―

男「ただいまー」

?「お帰りー」

男「あれ、姉さん帰ってたの?」

姉「旦那の墓参り序でに寄ったのよ。おはぎ食べる?」

たたたっ

?「叔父さんおかえりなさーいっ!」ダキッ

男「わっ」フラッ

バターンッ
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 03:18:55.28 ID:nLH1xkLkO
男「いつつ……」

?「叔父さん、大丈夫……?」

男「姪か……。急に抱きつくと危ないだろ?」

姪「ごめんなさい……」シュン

姉「そうよー。頭打って男の足りない頭が、益々足りなくなったらどうするの?」

男「姉さん!」

姪「うう……叔父さん、頭痛くない? 頭平気?」

男「え、うん大丈夫だよ」

姪「よかったぁー」ホッ
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 03:33:15.99 ID:nLH1xkLkO
男「それにしても久し振りだな」ナデナデ

姪「えへへぇ……」

男「前に会ったのは去年の正月だっけ」ナデナデ

姉「今年はおたふく風邪で帰省出来なかったもんね。良かったわね、姪。大好きな叔父さんに会えて」クスクス

姪「ま、ママっ!」

男「ははは。にしても見違えたよ、姪。大きくなったな」ナデナデ

姪「うんっ。姪、九九もわり算もできるよ!」

姪「それに……お料理も、ちょっと覚えた……」ポッ

男「おおっ。姪はきっと良いお嫁さんになれるな!」

姪「ほんとに!?」

男「ああ。ほんとほんと」

姪「えへへぇ……お嫁さんかぁ……」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 03:42:08.25 ID:nLH1xkLkO
―夜―

姪「叔父さん! 算数教えて!」

男「おう!」

・・・

姪「叔父さん! ご飯食べるからだっこぉ」

男「お、おう」

・・・

姪「叔父さん! ご本読んで!」

男「おう」

・・・

姪「叔父さん! お風呂入ろ!」

男「お、え、それはお母さんと入りなさい!」

姪「ぶー。叔父さんのいじわるっ!」プイッ
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 03:49:33.83 ID:nLH1xkLkO
姉「もうべったりね」

男「疲れた……」

母「家に居てもゲームばかりしてるから体力落ちてるのよ。良い運動と思って諦めなさい」

父「お爺ちゃん姪ちゃんに構って貰えなくて寂しい」

姪「姪、お爺ちゃんも大好きだよ?」

父「そうか! よーし、お爺ちゃん姪ちゃんにお小遣いあげちゃう!」

姉「お父さん!」

父「う……すまん、調子に乗りました」

男「はは……」

男(疲れるけど、良いな。こういうのって)
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 04:02:01.41 ID:nLH1xkLkO
―通学路―

男「と言う事が帰ってからあったんだ」

友「楽しそうなお姉さんだね」

男「年離れてるから、姉って感じがあんまりしないんだけどな」

男「俺がガキの頃に結婚して家出てったし、親戚のお姉さんみたいな?」

友「ふふっ」

男「ん?」

友「今日は凄い元気だから、なんか面白くて」

男「おう。今日から俺は生まれ変わるぜ!」

男「何時までもウジウジしてないで、もっと能動的に楽しい事に首を突っ込むんだ!」

友「そこに、ボクは居て良いのかい?」

男「当たり前だろ!」

友「ありがとう、男」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 04:10:38.05 ID:nLH1xkLkO
幼妹「男さん!」タタタッ

男「おう、おはよう幼妹ちゃん」

幼妹「今日、予定ありますか?」

男「いや、特には」

幼妹「ほんとですかっ? なら、たい焼き食べに行きません?」

男「良いよ。じゃあ学校終わったらメールするね……」

男「あ、そう言えば幼妹ちゃんのアドレス知らないや」

幼妹「交換しましょう! 必要ですもんねっ!」

男「おけー」ピッ

幼妹「……」ピッ

幼妹(や、やった! 男さんのアドレス……っ)

男「うん、登録完了。じゃあ放課後にね」

幼妹「は、はい! じ、じゃあ私学校あっちなんで!」タタタッ
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 04:17:30.56 ID:nLH1xkLkO
友「台風みたいな子だね……」

男「はは。なんか一緒に居ると元気出るよな、幼妹ちゃん」

友「キミの事慕ってるみたいだし、相性良いんじゃない?」

男「まさか。あのくらいの頃は身近な年上の男に憧れるもんって言うだろ。その類いの延長だよ」

友「……男」

男「どした?」

友「愚直は美徳だけど、愚鈍は罪だよ」

男「?」

友「はあ……」

?「あ……」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 04:28:26.36 ID:nLH1xkLkO
地味子「あの、おはよう、男君、友さん……」

男「おはよっ、地味子さん!」

友「おはよう、地味子さん」

地味子「えっと、一緒に行っても、良いかな?」

男「もちろん!」

友「地味子さんはバスなんだね」

地味子「うん。私の家、住宅街の、奥の方だから……」
男「へー、結構遠くから通ってるんだ」

友「朝大変そうだね」

地味子「通い初めは大変だったけど、もう慣れたよ」

男「徒歩の俺でも朝辛いのに、地味子さんは凄いな!」

地味子「ふえっ!? そんな、凄くなんてないよ……」

友「キミが朝辛いのは夜更かししてゲームやってるからだろ」

男「くっ……」
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 04:40:03.33 ID:nLH1xkLkO
地味子「男君ゲームやるんだ」

男「男子の嗜みだからな。地味子さんもやるの?」

地味子「うん。弟がやるから、私も、一緒にやる事あるんだ」

友「どんなゲームやってるのか気になるね」

地味子「えっと……おっきいモンスター退治して、素材集めて、武具を作るゲームなんだけど……」

男(類似品が多すぎて特定出来ない……)

地味子「でも、私ヘタだから、いっつも弟に迷惑掛けて……」

友「なら男が教えて貰ったら? 嗜みって言うくらいの腕はあるんでしょ?」

男「おう。ゲームは嗜みだからな」

地味子「じ、じゃあ、お願いしても、良い……?」

男「任せとけッ!」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 04:48:21.83 ID:nLH1xkLkO
男「じゃ、次の休みにネカフェのパーティールーム借りて遊び倒すか!」

友「頑張ってね」

男「何言ってんの、友も来るんだぞ?」

友「さも当たり前みたいな顔で言うね、キミ」

男「地味子さん、ゲームの名前とハード詳しく知りたいから、アドレス交換しない?」

地味子「えっと、良いの?」

男「事前準備の為にご協力下さい」

地味子「じゃあ、はい……」ピッ

友「週末集まるならボクも連絡先知りたいんだけど、良いかな?」

地味子「うん。良いよ」ピッ

友「ありがと。男に変なメール送られて来たら、ボクに相談してね?」

地味子「うふふ。うん、分かった」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 04:55:08.37 ID:nLH1xkLkO
幼馴染「……」

幼馴染(なんなのよ、男のやつ……)

幼馴染(昨日は無視して、今日は妹やクラスの子と楽しそうにして……)

幼馴染「はあ……」

モブ1「あれぇ、幼馴染ちゃん溜め息ぃ?」

モブ2「なぁーにぃーっ! 朝から暗い空気出さないでよ! 幸せが逃げるわよ!」

幼馴染「あはは……昨日夜更かしして疲れ抜けてないのかな……」

モブ1「ナニソレウケルー」

モブ2「あ、転校生君だ! 転校生くーん!!」

幼馴染「……はあ」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 05:01:49.73 ID:nLH1xkLkO
友「……」チラッ

幼馴染「!?」

幼馴染(友さん、こっち見てた……?)

モブ1「転校生くぅん、一緒ガッコ行こぉ」

転校生「おはよう。うん、良いよ」

モブ2「朝から美少年爽やかスマイルいただきましたーッ!! カーッ! たまらんっ!!!」

転校生「あ、あはは……」

幼馴染(なんで私を見てたの……?)

幼馴染(あ、男もこっち見た)

幼馴染(え……)

幼馴染(どうして早足になってるのよ。どうして……?)

転校生「幼馴染さん?」

幼馴染「あ。お、おはよう……」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 05:09:14.46 ID:nLH1xkLkO
転校生「調子悪そうだけど大丈夫?」

幼馴染「あ、その……、えっと……」

モブ1「昨日夜更かししたんだってぇ」

幼馴染「う、うん。小説読んでたらハマっちゃってさ! 寝よ寝よーって思ってたのに、気が付いたら夜明け前だったの!」ワタワタ

転校生「……そうなんだ。そんなに面白い小説なら興味あるな」

幼馴染「そう? なら今度貸してあげるっ」

モブ2「私は転校生君に興味深々だなッ!!」

モブ1「ナニソレウケルー」

幼馴染(はあ……何言ってるんだろ、私……)
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 05:19:13.74 ID:nLH1xkLkO
―教室―

委員長「おはよう、男君」

男「おはよー」

委員長「はい、これ」ガサッ

男「なにこれ?」

委員長「昨日のお礼です」

男「わ、何か高そうなチョコだな」

委員長「贈り物にあった物から幾つか包んだだけですけどね」

男「荷物持っただけなのに良いの?」

委員長「声を掛けて手伝ってくれたのは貴方だけでした。だから、その感謝の証みたいな物です」

男「律儀だなぁ。でも甘い物は好物だから、有り難くいただきます!」

委員長「喜んでいただけたのなら幸いです」
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 05:29:38.97 ID:nLH1xkLkO
友「あ、良いなー」

男「羨ましかろう。情けは人ためならず、だっけ? そういう事だな」

委員長「あら、うふふ……」

友「一個貰って良い?」

男「えっと……」チラッ

委員長「構いませんよ」

男「許しが出たぞ。感謝して食えよ」

友「ありがと」パクッ

男「旨い?」

友「うん、美味しいよ」モグモグ

委員長「それは良かった」

友「ふふ。そうだね、乙女の恥じらいと恋心の味がするよ」

男「へ?」

友「……」モグモグ

委員長「……っっ。そ、それでは私は失礼しますねっ!」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 05:34:24.30 ID:nLH1xkLkO
男「どうしたんだ、委員長」

友「キミも大概だよね」

男「どういう事だよ」

友「そのチョコ、専門店でバラ売りしてるヤツだよ」

男「え?」

友「たぶんキミの為に買って来たんだろうね」

男「おいおいマジか」

友「もう他の人にあげないで、大切に食べるんだよ?」

男「お、おう……」
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 05:44:46.26 ID:nLH1xkLkO
幼馴染「おはよう……」

友「あ、おはよう」

男「……おう」

幼馴染(あ……)

転校生「男君、おはよう」

男「おっす」

幼馴染(あれ……私に挨拶したの? それとも転校生君に?)

男「そうだ友、昨日姪に付きっきりで課題半端なんだよ、見せてくれ!」

幼馴染(姪って誰? 女の子の名前よね……)

幼馴染(はっ)

幼馴染「か、課題なら私が……っ」

男「友、頼むっ!」

友「仕方ないなぁ……」

幼馴染(……なんで、なんで無視するの……?)
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 05:50:15.44 ID:nLH1xkLkO
モブ1「何か感じ悪くなーい?」

モブ2「幼馴染、あいつとケンカでもした?」

幼馴染「ううん……」

転校生(幼馴染さん……辛そうだ)

モブ2「ケンカはいかん! ケンカしたなら早く仲直りしなさい!!」

幼馴染「だ、大丈夫っ。ケンカなんてしてないよ!」

モブ1「ナニソレウケルー」

幼馴染(ケンカ……じゃ無いよね、男……)
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 06:00:46.95 ID:nLH1xkLkO
友「ねぇ、男」

男「なんだ?」

友「今のはちょっと酷くない?」

男「あいつが彼氏と居るのに馴々しくは出来ないよ……」

友「はぁ……」

男「どした?」

友「うん。そうだね」

男「何だよ」

友「別にー。はいノート」

男「助かる! 今度何か奢るな!」

友「はいはい。期待してるよ」

友(……ま、いいか)
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 06:07:20.07 ID:nLH1xkLkO
―昼休み―

男「友、食堂行こうぜ!」

友「うん。さ、地味子さんも行こ?」

地味子「ほんとに良いの?」

男「良いも何も、昨日約束しただろ?」

友「そうだね。約束は守らないとね」クスッ

地味子「そ、それじゃあ、お弁当持って来ます……っ」
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 06:16:08.92 ID:nLH1xkLkO
転校生「あ、あの!」

男「おう。どした?」

転校生「話が……あるんだ」

男「……後でじゃ駄目か?」

転校生「出来れば、直ぐに」

男「そっか……。友」

友「なんだい?」

男「先行って席キープしといてくんない?」

友「……分かった」

男「じゃ、行こうか」

転校生「え?」

男「ここじゃ話し難いんじゃ無いのか?」

幼馴染「……」

転校生「……そうだね。中庭に行こう」
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 06:23:07.29 ID:nLH1xkLkO
―中庭―

男「それで、話って?」

転校生「えっと、幼馴染さんの事で……」

男「まあ、そうだよなぁ……」

転校生「男君と話出来ない事が辛そうなんだ。だから、ケンカしてるなら仲直りして欲しい」

男「……」

転校生「僕が口出しする様な事じゃ無いのは分かってる。けど、話すらしない状態じゃ仲直りなんて出来ないから……!」

男「……お前、良い奴だな」

転校生「今は僕の事じゃなくて、幼馴染さんの話をっ!」

男「俺と幼馴染はケンカなんかして無いよ」
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 06:32:00.67 ID:nLH1xkLkO
転校生「だったら何で!?」

男「んー、なんつーか、さ」

転校生「……」

男「お前は自分の恋人が他の奴と仲良くしてるのって平気なタイプ?」

転校生「え? それは……嫌、かな……」

男「まあ、そんな感じだよ。だから幼馴染とは今までみたいに馴々しくできない」

転校生「……君は、それで良いの?」

男「良いも何も、選んだのはあいつだしな」

男「今は慣れて無いから上手く話せないけど、じきに良い感じの距離感になれると思う」

転校生「……」
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 06:41:30.13 ID:nLH1xkLkO
男「ま、お前が良い奴っぽくて良かったよ」

転校生「……」

男「幼馴染は、さ」

転校生「うん……」

男「結構怒りっぽかったり、見栄っ張りなとこあるけど、根は凄い良い奴なんだ」

転校生「うん……」

男「幼馴染の事、頼むな」

転校生「うん……。って、え?」

男「じゃ、俺は行くわ」

転校生「あ、ちょっと……!」

転校生「……」

転校生(僕の、僕の所為だ。二人がケンカしたの)

転校生(僕が幼馴染さんと居るから……)
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 06:52:08.62 ID:nLH1xkLkO
―食堂―

友「早かったね」

男「はは……」

地味子「あ、席、こっちです」カタッ

男「お、ありがとな」

友「……で、キミは何食べるの?」

男「悪いっ! 空腹に負けてパン買って先に食っちまった!」

地味子「え、そうなんですか?」

友「……そう」

男「ほんとごめんな!」

地味子「し、仕方無いですよ。男の子なんですからっ」

友「そうだね。じゃ、待たせた挙げ句フライングした男は、飲み物でも買って来てよ」チャリン

男「ったく、しょうがねぇな。行ってやんよ! 地味子さんは何が良い?」

地味子「わ、私はいいですよっ」

男「いいから、いいから。ほれ、言ってみ?」
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 07:00:30.65 ID:nLH1xkLkO
―購買―

ユーガットァメイル

男「ん、メールだ」

『身体保たないから、せめてカロメでも良いから飲むように。 ―友―』

男「……」

男「ありがとな……」ボソッ
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 07:20:20.13 ID:nLH1xkLkO
―五限・体育―

男「……」

男(体育だった事は覚えたけど、まさか持久走とは……)フラフラ


男(昼抜いたこと転校生に悟られない様にする為とはいえ、こりゃ参加しないでサボれば良かったか……?)

男(あー、何か視界が白い……)

男(……もう、駄目……だ……)グラッ

ドサッ

「せ、先生! 男君が!」

「どうした!?」

「男っ!?」

「わ、私が保健室連れて……」

「私が連れて行きます」

「ボクも手伝うよ」

「お願い」

「……」
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 07:26:19.39 ID:nLH1xkLkO
―――
――


『おとこは、わたしのことすき?』

『うーん……うん。えへへ……』

『もうっ。こういうときは、おうっ! って男らしくいわなきゃだめ!』

『でも……』

『むう……っ』

『お、おう!』

『えへへっ。わたしもおとこがすき!』

『ずっとなかよしでいようね、おとこ!』

『おう!』

・・・
119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 07:35:24.32 ID:nLH1xkLkO
―保健室―

男「……夢か」

委員長「やっと目が覚めましたか」

男「委員長。……それに、友も」

友「おはよ」

委員長「友さんから聞きました。昼食抜いて、なぜ無理をしたのですか?」

男「友、話したの?」

友「……ごめん」

委員長「理由までは聞いてませんが、あまり無理をしないで下さい」

男「……」

友「ボク、先生に男が目覚めたって報告して来るよ。ついでに飲み物も買ってくるね」

男「おう。ありがとな」

友「委員長さん。男を宜しく」ガタッ

委員長「分かりました」
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 07:39:54.12 ID:nLH1xkLkO
―保健室前―

友「入らないの?」

幼馴染「……」

転校生「……」

友「……ま、いいけどね」

幼馴染「あ、あの! 男、何で倒れたの?」

友「……」

幼馴染「……」

転校生「僕の所為、だよね」

幼馴染「え、なんで転校生君の……?」
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 07:47:16.32 ID:nLH1xkLkO
友「……違うよ」

転校生「けどっ!」

友「男は……。男は昨日、久し振りに里帰りした姉と、その娘の相手で疲れていた」

友「その疲れが抜け切らずに無理するから倒れただけだよ」

友(まあ、ウソでは無いよね。今朝疲れてたって言ってたし)

転校生「……本当?」

友「うん。ウソでは無いね」

幼馴染「そう……なんだ……」ホッ

友「で、もう行って良いかな? 早く報告済ませたいんだけど」

幼馴染「あ、うんっ。引き止めてごめんね」

友「べつにいいよ」

友(ごめんね、か……)
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 07:55:02.07 ID:nLH1xkLkO
―保健室―

男「友のやつ遅いな……」

委員長「……」

男「なんつーか、倒れたおかげでベッドの上でサボれるなんて嬉しいサプライズだね」

委員長「……」

男「……」

委員長「……」

男「あの、委員長」

委員長「……あまり」

男「……」

委員長「あまり心配させないで下さい……!」

男「ご、ごめん……」
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 08:03:38.81 ID:nLH1xkLkO
委員長「本当に反省してますか?」

男「してるしてる!」

委員長「本当に?」

男「反省してる!」

委員長「分かりました。信じます」

男「良かった……」グウゥ

男「あ……」

男「安心したらお腹空いてきちゃった……」

委員長「ふふっ。本当に貴方は仕方のない人ですね」

男「ははは……」
128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 08:10:17.18 ID:nLH1xkLkO
委員長「実は今朝のチョコがまだあるんですよ」

男「……」

委員長「食べたいですか?」

男「た、食べたいなぁー」

委員長「ふふ。良いですよ」

男「良いの?」

委員長「ええ。はい、どうぞ」スッ

男「ありがとう、委員長!」

委員長「うふふ……やっぱりダメです」ヒョイ

男「そんな!」
130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 08:17:29.34 ID:nLH1xkLkO
委員長「私、実は結構いじわるなんですよ」プチプチ

男「うん。今知った……ってなんでシャツのボタン外してるのかな?」

委員長「だから、チョコをここに……」ムニッ

男「い、委員長……、なんでチョコを胸に挟んでるの……?」

委員長「はい、どうぞ」

男「どうぞって、ちょっと、なに? え? どゆこと?」

委員長「チョコですよ。食べて下さい」

男「でも胸に挟んでたら……」

委員長「男君……。早く食べないと、先生が来ますよ?」
133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 08:22:49.83 ID:nLH1xkLkO
委員長「私の服がはだけた状態を見て、先生どう思うでしょうね」クスッ

男「なにそれこわい」

委員長「はやく……して下さい……」

男「わ、分かったよっ」ソローッ

委員長「ま、待って」

男「え?」

委員長「本当に反省してるなら、手を使わずに食べて下さい……」

男「……」

委員長「……」

男「……へ?」
138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 08:27:48.07 ID:nLH1xkLkO
男「手を使わずにって……」

委員長「口で直接、です」

男「い、いや、さすがにそれはマズイ!」

委員長「早くして下さいっ。もう、溶けて来てるんです……」

男「……本当に良いの?」

委員長「……」コクン

男「分かった。い、いただきます」

男(色々な意味で)
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 08:35:56.64 ID:nLH1xkLkO
ぽふっ

委員長「ひゃっ」ピクッ

男「ん……」パクッ

男(なんだろう、チョコとは違うすごい良い匂い)

委員長「……溶けたチョコも、ちゃんと舐め取って下さいね?」

男(マジか!?)

男「ほ、本当に舐めるぞ?」

委員長「ええ。どうぞ」

男「じ、じゃあ……」ペロッ

委員長「ん……」ゾクッ

委員長「……」

委員長「男、君……」ナデナデ

男「い、委員長……?」
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 08:46:17.59 ID:nLH1xkLkO
男(頭、撫でられてる……)

委員長「眠ってる間、男君泣いてました」ナデナデ

委員長「なぜ泣いていたか、私は分かりません」ナデナデ

委員長「なぜ食事が喉を通らない程思い悩んでいたか、私は知りません」ナデナデ

男「!?」

委員長「ですが……」ギューッ

男(今度は抱き締めてきた……)

委員長「そんな貴方を心配する人が居る事を知って下さい」

男(委員長……)

委員長「そして貴方を心配する人に、もっと甘えて下さいね……」

男「……うん」
148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 08:53:10.85 ID:nLH1xkLkO
男(情けないことに、俺は委員長の前で少しだけ、本当に少しだけ泣いた)

男(そのあいだ委員長は何も言わずに俺の頭を撫で続けてくれていた……)

―――
――


委員長「落ち着きました?」

男「ん……」

委員長「チョコ、綺麗に食べてくれましたね」

男「あんな状況でお恥ずかしい限りでございます……」
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 09:02:12.95 ID:nLH1xkLkO
男「ところでさ」

委員長「何でしょうか?」

男「まさかと思うけど、わざわざ俺を抱き締める為にあんな事を……?」

委員長「いけませんか?」

男「いけなくは無いけど……」

委員長「悲しい時は誰かの胸で泣くものです」

委員長「ですが男君が素直に私の胸で泣いてくれるとは思わなかったもので」

委員長「それに……」

委員長「私、結構いじわるなんですよ」クスッ

男「……へへ」グスッ

男「うん。……知ってるよ」
152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 09:13:09.60 ID:nLH1xkLkO
―放課後・保健室―

友「鞄持って来たよ」

男「ありー」

友「その様子だと元気みたいだね」

男「完全復活! ……とはいかないけど、だいぶ楽になったよ」

友「……幼妹さんとの約束はどうすんだい?」

男「行くよ。腹減ってるしな」

友「ふふ。そうだね」

男「先にたい焼き屋に行くってメールしといたから、早く行こうぜ!」

友「……いや、ボクは止めておくよ。毎日はさすがにね」

男「そっか……。じゃ、また明日なっ!」

友「うん。バイバイ」
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 09:24:25.42 ID:nLH1xkLkO
―たい焼き屋―

幼妹「お待たせしました、男さん!」ゼーゼー

男「えっと……お茶飲む?」

幼妹「いただきますッ!」ゴクゴクゴク

幼妹「ぷはぁーっ」

幼妹「ありがとうございましたっ!」

男「そんな一気に飲むと身体に悪いんじゃ……」

幼妹「男さんがくれた物が身体に悪い訳無いじゃないですか!!」

男「は、はは……」
158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 09:30:49.72 ID:nLH1xkLkO
男「そうだ、たい焼き買っておいたよ」

幼妹「ほんとですか!?」

男「はい、カスタード」

幼妹「もしかして、私が好きなの覚えててくれたんですか?」

男「さすがに昨日の事は忘れないって」

幼妹「男さん……」ジーン

男「幼妹ちゃん……?」

幼妹「わ、わたし、感激しちゃって……」

幼妹「あのっ。すごい嬉しいですっ! 感激ですっ!」
160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 09:38:26.81 ID:nLH1xkLkO
男「よ、喜んで貰えたなら嬉しいな」

幼妹「はいっ」

男「冷める前に食べよ?」

幼妹「いただきますっ!」パクッ

男「いただきます」パクッ

幼妹「えへへ……。美味しいですね!」モグモグ

男「うん。良い店教えてもらったな」モグモグ

幼妹「男さんは何にしたんですか?」

男「チョコクリーム」

幼妹「おおっ。今日は普通なんですねっ」

男「まあね」

幼妹「……」ジーッ
162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 09:44:13.91 ID:nLH1xkLkO
男「……幼妹ちゃん?」

幼妹「……」ジーッ

男「えっと、一口食べる?」

幼妹「はい! 是非っ!!」

男「じゃあ……っと」

幼妹「あっ」

男「ん?」

幼妹「あのう……、ちぎるんですか?」

男「あ、触ったら汚いか」

幼妹「そ、そんなこと!」
幼妹「……はっ」ピコーンッ
164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 09:50:39.85 ID:nLH1xkLkO
幼妹「あ、あのう……」モジモジ

幼妹「食べさせてくれませんか……?」

男「食べさせる?」

幼妹「はいっ」

男「食べさせるって……。はい、アーンって奴?」

幼妹「それ以外ありませんっ!」

男「お、俺がそんな事して良いの……?」

幼妹「寧ろ男さん以外にされたく無いくらいですっ!」

男「お、おう……」

幼妹「して、くれませんか……?」
169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 10:02:57.76 ID:nLH1xkLkO
幼妹「やっぱり私の様な騒々しいだけの子に、そんな恋人みたいな事できませんよね……」ガックリ

男「ま、待って。やる、やるからそんなに落ち込まないでっ!」

幼妹「ほんとっ!?」シャキーン!

男(あれ。俺、早まった?)

幼妹「ではではお願いしますっ!」

男「それじゃ、やるよ?」

幼妹「はいっ」

男「……はい、アーン」

幼妹「……」

男「目は閉じなくて良いんじゃない?」

幼妹「そ、そうでしたねっ!」
171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 10:10:14.59 ID:nLH1xkLkO
幼妹「それじゃ改めてまして、宜しくお願いしますっ」

男「うん。はい、アーン」

幼妹「アーン」パクッ

男「美味しい?」

幼妹「はいっ! だいしゅきでふっ!」モグモグ

男「そう。良かった」

幼妹「……」モグモグ

男「美味しいね」モグモグ

幼妹「……」コクン

男「幼妹ちゃん、どうかした?」
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 10:18:54.41 ID:nLH1xkLkO
幼妹「……あの」

男「なに?」

幼妹「私も……食べて下さい……」

男「なッ!?」

幼妹「あ、あ、あああああーッ!!」

幼妹「私じゃなくて、私のたい焼きも、ですっ!!」

男「あ、ああ。たい焼きね」ホッ

男(保健室での事を思い出してしまった……)

男(ああっ、もう! 相手は中学生だぞ、何考えてんだ!!)

幼妹「だめ……ですか?」

男「駄目じゃないよ。俺もカスタード好きだから嬉しいな」

幼妹「よかったぁ……」ホッ
175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 10:31:49.73 ID:nLH1xkLkO
幼妹「そ、それじゃ……あの……」

幼妹「あ、アーンして、下さい……」

男「う、うん」アーン

幼妹「はい、どうぞ」

男「ん」パクッ

男「……」モグモグ

男(これは想像以上に恥ずかしい……)

男(なにより周りから感じる怨嗟の念が半端ないぞ)

幼妹「美味しい……ですか?」

男「うん。美味しいよ」

幼妹「よかったぁ……」ニコッ

男(ま、この笑顔が見られたんだから良いか)
178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 10:44:14.13 ID:nLH1xkLkO
幼妹「ごちそうさまでした!」

男「うん。ごちそうさま」

幼妹「あのっ、たい焼き代を!」ゴソゴソ

男「昨日たい焼き貰ったお礼だから、要らないよ」

幼妹「でも食べ掛けでしたよ?」

男「いいから、いいから」

幼妹「食べ……掛け」

幼妹(あれ? 食べ掛けといえば、さっき恋人みたいにアーンってやったあと、普通に食べてたよね? これってお互いに間接キスしあったってことじゃない?)

幼妹(間接と間接。これってもう直接と言っても差し支え無いよね。って事は私、男さんとキスしちゃったって事? キスしちゃった!?)

幼妹(え、ウソ、どうしよう。お姉ちゃんごめんなさい、男さんは私が美味しくいただきました。まじで美味しかったです。ファーストキスはカスタードの味でした)

幼妹「……」

男「幼妹ちゃん?」
179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 10:51:13.27 ID:nLH1xkLkO
幼妹「は、はいっ!?」

男「急に黙ってどうしたの?」

幼妹「あ、えっと、そのっ」

男「?」

幼妹「あまり遅くなると怒られるから、もう帰りますね!」タタタッ

男「あ、幼妹ちゃん!」

男「……」

男「帰り道同じなんだから、一緒に帰れば良いのに」

男「……まあ良いか。俺もかえろう」
180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 10:58:32.94 ID:nLH1xkLkO
幼馴染「あ、幼妹」

幼妹「ひゃあっ!?」

幼妹「……って、お姉ちゃん!?」

幼妹「……と、どちら様ですか……?」

幼馴染「えっと……同じクラスの転校生君」

転校生「幼馴染さんと同じクラスの転校生です。宜しく」

幼妹「……」ペコッ

幼馴染「もう夕方よ。こんな時間まで何してたのよ」

幼妹「……そっか」

幼馴染「そっか?」
183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 11:09:07.80 ID:nLH1xkLkO
幼妹「だから昨日、元気なかったんだ……」

幼馴染「ちょっと幼妹、聞いてるの?」

幼妹「お姉ちゃんこそ夕方まで、クラスメイトと何をやってたんですか?」

幼馴染「ちょっと。聞いてるのは私よ!」

幼妹「ごめんなさいなんて思わなきゃ良かった……」グスッ

幼馴染「さっきからどうしたの、幼妹?」

幼妹「好きだって言っちゃえば良かった……」ポロッ

幼馴染「ど、どうさたのよ急に!」

幼妹「私は男さんとデートしてました! お姉ちゃんとそこの人と同じよっ!!」

幼馴染「え……」

幼妹「ウソつきっ!!」ダッ
186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 11:15:33.90 ID:Kcb46T4k0
萌えてきた
187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 11:15:39.25 ID:nLH1xkLkO
幼馴染「男とデートって何……?」

幼馴染「ウソつきって何よ……」

幼馴染「なんなのよ、一体……」

転校生「幼馴染さん……」

幼馴染「ごめん……。ちょっと一人にしてもらえるかな……」

転校生「……うん」

転校生「今は行くよ。けど、絶対一人で抱え込まないでね」

幼馴染「……ありがと」

転校生「また明日」

幼馴染「うん。バイバイ……」
189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 11:24:34.87 ID:nLH1xkLkO
幼馴染(幼妹が男と……)

幼馴染(いつからあの二人がそんな関係に?)

幼馴染(二人がそんな関係だなんて聞いたの初めてよ……)

幼馴染(思えば幼妹は何時も男の事を聞いて来た)

幼馴染(……そうだ。幼妹はずっと男が好きだったんだ……)

幼馴染(ずっと小さな頃から、ずっと想い続けてたんだ……)

幼馴染(でも男は?)

幼馴染(あいつが幼妹の事聞いて来た事なんかあった……?)

幼馴染(……あれ)

幼馴染(私、いつ男と話したっけ)

幼馴染(……私、ここの所転校生君とばかり居て、男と話してない…………)
192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 11:34:34.39 ID:nLH1xkLkO
―商店街―

姉「これは良いタイミングで会ったわね」

男「俺としては最悪のタイミングなんだけど」

姉「まーまー。良いから荷物持ってよ」

姪「まーまー!」キャッキャッ

男「ったく。ま、良いけどさ」

姉「さっすが我が弟ねっ」

姪「姪も持つーっ」

姉「うふふ。叔父さんが全部持ってくれるから大丈夫よ」

男「全部かよ!」

姪「叔父さんすごーいっ」

男「う……。おっし、叔父さん全部持っちゃうぞー!」
197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 11:48:20.61 ID:nLH1xkLkO
―姉宅―

姉「お疲れ様。さっすが男の子、頼りになるわ!」

男「ぉぅょ……」ゼーハー ゼーハー

姪「叔父さん大丈夫?」

男「はは……。このくらいなんて事ないぜ」ハーハー

姪「姪、ジュース持ってきたげるっ」トタトタ

男「ありがとー」

男「……」

姉「……で、何で倒れたのよ」

男「やっぱそれか」
200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 11:58:11.26 ID:nLH1xkLkO
姉「電話に出たのが私だったから、母さん達は知らないわ」

姉「でもね、あんたの答えよっては母さん達に報告しなきゃいけなくなる」

姉「あんたみたいな健康体が倒れるなんて、一体何があったの……?」

男「……実は……昼抜いた直後に出た持久走が思った以上にキツくて……」

姉「それは学校側から聞いたわ」

姉「私が聞きたいのは、あんたが昼を抜いた理由よ」

男「それは……」
203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:12:42.61 ID:nLH1xkLkO
姉「心配なのよ……」

男「……」

姉「昨日のあんた、たまに酷い顔してたのよ?」

男「顔面偏差値は並だと思うけど……」

姉「茶化さないで」

男「ご、ごめん……」

姉「昨日のあんたね……。たまに、私が旦那亡くした時と同じ顔してる事があったの」

男「……」

姉「私には言えない?」

男「ごめん……」

姉「そう……」

男「俺、ちゃんと自分の力で乗り越えたいんだ……」
姉「……分かったわ」
205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:23:26.18 ID:nLH1xkLkO
姪「ジュース持ってきたよー!」トタトタ

姉「……」

姪「ママ……?」

姉「うふふ……。姪は良い子ねーっ」ギューッ

姪「ママ、どうしたの?」

姉「姪が娘で本当に良かったわ……」

姪「うん。姪もママがママで良かったよ?」

姉「……男」

男「……」

姉「何あったかはもう聞かない。だから……」

男「……」

姉「頑張りな」

男「……おうっ」
211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:36:39.08 ID:nLH1xkLkO
―男宅―

男「悪いな姉さん。バイクで家まで送って貰っちゃって」

姉「いーのいーの。あたしだって一応保護者なんだから」

男「一応って……」

姉「学校の事は黙っとくから上手くやんなよ」

男「おう!」

姉「あはは。それじゃ、母さんに宜しくね」

男「分かった。それじゃお休み、姉さん」

姉「お休みー」ブロロロロ…
213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:45:51.23 ID:nLH1xkLkO
―幼馴染宅―

幼馴染(バイクの音……)

幼馴染(そういえば男のお姉さん、たまにバイクで帰省してたな……)

幼馴染(……)カラカラ…

幼馴染「男とお姉さんだ……」

幼馴染(……)

幼馴染(昔はあそこに私も居たんだよね)

幼馴染(……はは)

幼馴染(私、何泣いてんだろ)

幼馴染(いくら泣いたって、できた溝は埋まらないのに……)
216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:53:51.49 ID:nLH1xkLkO
―休日―

幼馴染(家に居ても妹と気まずいからって市街に出てきたは良いけど……)

幼馴染(正直、退屈……)


男「……」

男(なんて事だ。幼馴染を発見してしまった……)

男(なんか可愛いカッコしてるし、やっぱり転校生とデートだよなぁ)

男(無視してしまいたいけど、ここ数日ずっと話せてないし、いい加減声掛けないとマズだろうし……)ブツブツ

幼馴染「……男」

男「あ」
217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 13:03:56.83 ID:nLH1xkLkO
男「よ、よう……」

幼馴染「!?」ジワッ

男「どっ、どうした?」

幼馴染「な、なんでもないっ」ゴシゴシッ

幼馴染「なんかすごく懐かしくて……」

男「懐かしい?」

幼馴染「ううん、なんでもっ。それより市街出るなんて珍しいね。どうしたの?」

男「この後、友たちと遊ぶ約束してるんだ」

幼馴染「そうなんだ。ね、ねぇ良かったら私も……」

男「幼馴染は転校生とデートなんだろ? 邪魔したら悪いから、俺行くな」

幼馴染「え……」

男「じゃ、また明日学校で!」タタタッ

幼馴染「違う、違うよ。男……」
222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 13:12:31.41 ID:nLH1xkLkO
幼馴染「そ、そうだ、電話して誤解説かなきゃ……っ」ピッ

幼馴染(……でも何て言えばいいの?)

幼馴染(今日はデートじゃない?)

幼馴染(今日はって何?)

幼馴染(何て言えば良いの?)

幼馴染(じ、じゃあメールで!)

幼馴染(えっと……『妹とケンカして出て来ただけだからデートじゃないよ』っと)ピピピッ

幼馴染(……デートじゃないから何?)

幼馴染(男には関係無い事じゃない……)

幼馴染(どうしよう……。もう、どうしたら良いか分かんないよ……)
233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 13:25:28.76 ID:nLH1xkLkO
―駅前―

幼馴染(コソコソ後をつけるなんて、何やってんだろ、私……)

幼馴染(あ、男の所に誰か来たっ)



友「おや、遅れたかな」

男「いんや。まだ予定より30分早い」

友「キミが予定より前に来るなんて珍しいね」

男「最近姉さんが家に来るから、さっさと出て来たんだ」

友「なるほど。姉が来たら姪の相手をさせられて遅刻する可能性があるから……って所だね」

男「お前、何者だよ……」

男「しかし、だな」

友「?」

男「制服以外の友っていうのも、新鮮というか、何と言うか……」
236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 13:35:17.66 ID:nLH1xkLkO
友「ふふ。このくらいは嗜みだよ」

男「……」ジー

友「その目はトモダチを見る目とは言い難い気がするんだけど」クスッ

男「あ、えっと、うん……」

男「なんつーか、似合ってる。可愛い」

友「なっ!?」

友「ば、バッカじゃないかなっ、キミ! トモダチを口説いてどうするのさ!!」

友「それに今日の主役はボクじゃなくて地味子さんだよ。そういう事は彼女に言ってやりなよ!」

男「な、なに怒ってんだ……」
237: 私服はご想像にお任せします 2012/04/06(金) 13:44:38.32 ID:nLH1xkLkO
幼馴染(誰、あの可愛い子!?)

幼馴染(友さんと遊ぶって行ってたクセに、あいつデートしてるじゃないっ!)

幼馴染(あれ、また男に誰か駆け寄ってる……)



地味子「お待たせしましたぁー」ハァハァ…

男「……」

友「……」

地味子「えっと、どうかしました?」

男「……まさか、地味子さん?」

友「女は化けるね……」

地味子「え? え?」アタフタ
243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 13:58:35.51 ID:nLH1xkLkO
友「髪型一つでこうも印象が変わるとはね。化粧も自然だし……」

地味子「あうぅ……。これは今日の事を話したら姉に色々されて……」

男(『姉に色々されて……』の部分だけ録音したい)

友「服も全体の印象を崩さない清楚で可愛らしい感じ……」

友(完全に男受けの何たるかを理解した人物のチョイスだね。地味子姉、まったく恐ろしい慧眼だよ)

男「と、とりあえず行かない? 何かさっきから視線を感じるし」

友「そうだね」

地味子「は、はいっ」
245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 14:12:12.78 ID:nLH1xkLkO
―ネカフェ―

友「パーティールームだよね?」

男「おう!」

友「受付でゲーム画面見せたら割引ってパックがあるよ」

男「フードサービス付きか。地味子さん、これで良い?」

地味子「は、はいっ。よく分からないので、お任せしますっ」

友「決まりだね。受付行くから、ゲーム起動しておいて」

男「あいよー」

地味子「はい。お願いしますっ」



幼馴染(結局こんな所までついて来てしまった……)
247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 14:22:28.61 ID:nLH1xkLkO
幼馴染(男の奴……可愛い女の子二人も連れてネカフェなんて何考えてるの?)
幼馴染(……)

幼馴染(はっ。ま、まさか個室に連れ込んでえっちな事する気じゃ……っ)

幼馴染(で、でもこういう所、外から見える様になってるから……)

幼馴染(どうしよう。もしそうなら止めなきゃ! 見つかったら警察に捕まっちゃう!)

「三名様パーティールームのご利用ですね」

幼馴染(や、やっぱり個室行くんだ! どうしよう、止めないとっ!)
310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:45:33.28 ID:nLH1xkLkO
男「荷物置いたら飲み物取りに行こうぜ」

友「ボクはブランケット取りに行くから、飲み物任せて良い?」

男「ブランケット? 寒く無いのに何で?」

友「……すけべ」

男「どうして!?」

友「素で分かってないんだ……」

友「ま、いいか。地味子さんもブランケット居るよね?」

地味子「え?」

友「……あのねぇ。その格好で座椅子座ったら、下着見えるよ?」

地味子「す、すみませんっ。私にも一枚お願いしますっ」
314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:51:56.72 ID:nLH1xkLkO
友「ドリンクバーの使い方は男から聞いてね」ガチャ

地味子「は、はい」

友「あ、男はカクテル禁止ね」

男「俺からドリンクバーの楽しみを奪う気か!?」

友「責任もって全部飲むなら良いよ。地味子さん、男がジュース混ぜないよに見張っといて」

地味子「混ぜる?」

友「ドリンクバー行けば分かると思う。じゃあね」バタン
321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:03:00.88 ID:nLH1xkLkO
友「あ」

幼馴染「あ」

友「……」

幼馴染(見つかるの早すぎ! あ、いやでも自然に振る舞えば良いんじゃない? 別に尾行した事までばれた訳じゃないんだし)

幼馴染(そうよね、偶然ネカフェに入ったら男のデート相手と遭遇した。それだけ。よしっ)

友「奇遇だね、幼馴染さん」クスッ

幼馴染「え……?」

友「分からない? ボクだよ」

幼馴染「まさか、友さん……?」

友「まさか、か。存外失礼だよね、キミ」
324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:12:40.22 ID:nLH1xkLkO
幼馴染「ご、ごめんなさい」

友「尾けてきた?」

幼馴染「え、あ、ははは……まさかー」

友「……そう」

幼馴染「と、友さんはデート?」

友(ああ、やっぱり尾けてきたんだ)

友「ううん。地味子さんのゲームスキルアップ講習」

幼馴染「地味子さんの?」

友「うん。男と地味子さんとボクとで来てるんだ」

幼馴染「……え、ええぇっ!?」

幼馴染(あ、ああ、あ、あの子が地味子さん? ウソ? クラスの美少女ヒエラルキーに下剋上出すレベルじゃないっ!?)

友「幼馴染さん、声大きいよ……」
329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:18:08.38 ID:nLH1xkLkO
友「幼馴染さんは涼みにでも来たの?」

幼馴染「ま、まあ、そんな感じよ」

友「……」

幼馴染(妙なプレッシャー……。見た目は可愛らしいけど、間違いない。この子は友さんだ)

幼馴染(うう……気まずい……)

友「ねえ、幼馴染さん」

幼馴染「な、なに?」
331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:24:11.12 ID:nLH1xkLkO
友「恋の寿命は3年って知ってる?」

幼馴染「急になに……?」

友「恋慕は募るもの、愛情は育むものって知ってる?」

幼馴染「だから急になによっ」

友「キミは育てたのかな、って思ってさ」

友「付き合いの長い男とキミはちゃんと育てたのかな。愛情を」

幼馴染「……」
337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:32:22.64 ID:nLH1xkLkO
友「ま、今更か」クスッ

友「それに、もう関係無いよね」

友「キミは男を見てなかったんだし、男もキミだけに向けていたベクトルを分散し始めた」

幼馴染「どういう事よ……っ」

友「男は自分の周りに魅力的な異性が居る事を知ったのさ」

友「もう、男はキミだけを見ない」

友「どんなにあがこうと、キミはもう男を縛り付けられない」

幼馴染「……っ」

友「どうしたの? 縄を解いたのはキミじゃないか」

友「キミが何を隠してるのかは知らないけど、もう、元通りにはならないよ」

友「絶対に……」クスッ
344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:39:46.87 ID:nLH1xkLkO
友「……」

幼馴染「――――ッ」ダッ

アリガトーゴザイマシター

友「……」

友「ちょっと、やりすぎたかな……」

友(ふふ。つくづくボクもお人好しだね。ちょっと塩を送り過ぎたかな)

友(……)

友(幼馴染さん。ボクはこれでもキミに結構感謝してるんだよ)

友(キミが居たから。男がキミだけを見てたから、ボクは男とトモダチになれたんだからね)

友「……ふふっ」
354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:53:51.13 ID:nLH1xkLkO
―パーティールーム―

友「お待たせ」

男「結構時間掛かったな」

友「どうせ男がカクテルしてると思って漫画を物色してたんだ」

男「ぐっ……。しかし今回は監視の目があったから、メロンソーダのストレートなんだぜ」

地味子「阻止しました!」

友「ストレートが普通なんだよ、男……」

友「そうだ。はい地味子さん。ブランケット」

地味子「あ、ありがとうございますっ」

男「友はミルクティーで良かったんだよな」

友「うん、ありがとう。それじゃ始めようか」
356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:04:29.35 ID:nLH1xkLkO
―――
――


男「……」

友「驚いたね」

男「ああ」

友「吸収の良さ、センス、気配り。かなり高水準だよ」

男「俺も6時間で2ndのランクに追い付かれるとは思わなかった……」

地味子「こ、これでも弟と比べると全然下手くそですよっ?」

友「でも弟さんって、俺より強い奴に会いに行くゲームのランカーなんだよね」

男「俺、弟子入りしようかな……」

地味子「あうぅ……ごめんなさい……っ」
361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:13:57.13 ID:nLH1xkLkO
―バス停―

地味子「今日1日ありがとうございましたっ」ペコッ

男「こちらこそ」

友「気を付けて帰ってね」

地味子「今日、すっごく楽しかったですっ。お二人のおかげで弟の鼻をあかせるかもっ、ですよ」ニコッ

男「へへ……。俺も楽しかったよ。素材もガッツリ手に入ったしな!」

友「ボクも楽しかった。また遊ぼうね」

地味子「えへへ……その時は宜しくお願いしますね」

男「おう。じゃ、また明日な!」
友「またね。バイバイ」

地味子「はいっ。また明日!」
364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:25:34.72 ID:nLH1xkLkO
―駅前―

友「お疲れさま。コーラで良かったよね」

男「お、気が利くな」プシュッ

友「楽しかったね」

男「おう」ゴクゴクゴク

友「こういうの、良いね」

男「何が?」

友「トモダチと遊ぶって事だよ」

男「……そうだな」

友「じゃ、ボクも帰るね」

男「おうっ。またな!」

友「バイバイ。またね」

男「……またな、友」
370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:34:42.07 ID:nLH1xkLkO
?「もうッ。行かないって言ってるじゃないか!」

大学生1「良いじゃん、遊びに行こうよ」

大学生2「そこのクラブ。たのすぃーよぉ?」

?「ぼっ……私、未成年ですから!」

大学生1「ノンアルコールカクテルあるから未成年でも問題無いって!」

大学生2「だいたいそんなやらすぃーカッコしてさぁ。誘ってんだろぉ?」

?「誘ってません! いい加減にしないと大声出しますよっ!」

大学生2「ふへへ。やってみればぁー」

?(サイアク……だから市街は嫌なんだ……)

?(!?)

?(あの人……っ)
378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:40:55.78 ID:nLH1xkLkO
?「男君っ!」

男「へ?」

?「待ち合わせに遅れるなんて酷いよ!」

男「え、君だれ?」

?「シッ。すいません、合わせて下さい。しつこい人に絡まれてるんです」ヒソヒソ

男「……分かった。名前は?」ヒソヒソ

少女「少女です。今は呼び捨てでお願いします」ヒソヒソ

男「……」コクッ

少女「……ありがとう」
380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:48:47.87 ID:nLH1xkLkO
男「ご、ごめんな少女。電車が混んでてさー」

少女「電車は混んでも遅れないよっ」

大学生2「えー、だれ、カレスィー?」

大学生1「そんなガキより俺達と良い事しようよー」

男「本当にしつこいな」ボソッ

少女「ごめん。巻き込んで……」コソコソ

男「ったく……」ギュッ

少女(……手……握ってきた……)

男「こういう時はな」

少女「?」

男「交番近くまで走って逃げる!」ダッ

少女「わっ!」グイッ

大学生1「ちょっ! 待てやコラァッ!!」

大学生2「えー、はしんのぉー?」
397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:08:17.44 ID:nLH1xkLkO
―――
――


少女「はははっ……さすが交番近くで悲鳴上げたら逃げ行ったね、あいつら」ハァハァ

男「おかげで俺達も追われたけどな……」ハァハァ

少女「……ごめん。でも助かったよ」

男「そりゃ良かった」

少女「まったく。これだから市街は……」

男「……」

少女「ちょっと買い物しに来ただけでナンパなんて、本当に面倒臭い……」

男「……ところでさ」

少女「なに?」

男「初対面だよな? 何で俺の名前知ってるんだ」

少女「……っ」

少女「ぐ、偶然だよ! 適当に名前呼んだら合ってたっていうか、なんて言うか……」

男「……ほう」
402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:18:12.84 ID:nLH1xkLkO
男「……」

少女「……ははは…………」

男「はあ……」

少女「……」

男「まあ良いや。じゃ、俺行くな」

少女「え?」

男「あとナンパが嫌なら、もっとおとなしい服選べよ」

少女「あ、うん……分かった」

男「じゃ」

少女「うん……じゃあね」

少女(良かったぁ……)ホッ
411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:26:41.76 ID:nLH1xkLkO
―男宅―

男「ただいまー」

姪「叔父さん!」トテトテ

男「おー、今日も来てたのか」ナデナデ

姉「ちょっと家の荷物増えて手狭になってきたから、実家に季節物の服しまいに来たのよ」

男「義兄さんのアトリエにしまえば良いじゃん」

姉「あそこは、ね……。ちょっと思い出が多すぎるからさー」ハハハ

男「……そうか」

姪「叔父さん、遊ぼっ!」

男「あ、ああ。シャワー浴びるから待っててくれるか?」

姪「うんっ!」
419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:39:15.16 ID:nLH1xkLkO
―翌日・通学路―

男「眠い……」

友「元気無いね」

男「遅くまで姉さんの愚痴に付き合わされた……」

男「今日は姪の学校あるのに何考えてんだろ、あの人」

友「きっと大人には大人の悩みがあるんだよ」

男「そんなものかな……」

地味子「お、おはよう男君、友さんっ」

男「おはよう」

委員長「元気ありませんね。どうしました?」

友「ふふ。朝から随分賑やかだね」
420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:41:06.22 ID:gLu0N1rx0
もう幼なじみがかるく空気な件
423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:44:45.70 ID:RxfXTN0c0
>>420
誰だよそれ
424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:47:00.96 ID:nLH1xkLkO
委員長「まだ体調が戻りませんか?」

友「寝不足らしいよ」

地味子「遅くまでゲームやってたの?」

男「ゲームならどれだけ良かったか……」

友「人生の経験値は増えたんじゃない?」クスッ

男「愚痴聞きのレベルが上がるんだな」

委員長「将来約に立ちそうなレベルですね」フフッ
429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:57:05.42 ID:nLH1xkLkO
幼馴染(あっちは楽しそうだな……)

幼馴染(昔は友さんが居た場所に私が居たんだよね……)

幼馴染(……悔しいな)

幼馴染(例え何を言っても惨めな思いする。そう分かってても、吐き出してしまえば良かった……)

転校生「……」

モブ1「あれぇー、何か二人して暗くなぁーい?」

モブ2「なぁーにぃーっ!? ケンカかっ? 今度は転校生君と幼馴染かケンカなのか!!」

幼馴染「あはは、ないない。ケンカなんてしてないよ」

転校生「うん。ケンカじゃないよ。僕は少し電車に酔っただけ」ニコッ

モブ2「三半規管弱い美少年の爽やかスマイルいただきましたあああぁっ!!」

モブ1「ナニソレウケルー」
436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:06:53.56 ID:nLH1xkLkO
ユーガットァメイル

男「あ、メール」

友「キミ、デフォの音使ってるんだ……」

男「良いだろ、好きなんだから」ピ

『大事な話がある。10時に部室棟二階の男子トイレに来い ――』

男「……」

友「……どうしたんだい?」

男「ん? はは、ただの迷惑メールだったわ」

男(未登録アドレス……本当にイタズラか……?)

友「眉間にしわが寄る様な迷惑メール、ね……」
437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:10:48.99 ID:MLT7WNpu0
これは....
442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:14:23.30 ID:nLH1xkLkO
―10時・部室棟―

男「前に一度倒れたおかげか、保健室行くと言えば簡単に抜け出せたぜ!」

男「……よし、とにかく指示された場所を見に行こう」

男(ただのイタズラなら帰る。そうでなければ話を聞く)

男(ヤバそうならダッシュで逃げる!)

男(行くぞっ!)
445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:19:08.39 ID:nLH1xkLkO
ガチャ……

男「き、来たぞ! 居るんだろ、出て来いよ!」

男(ウソです怖いの嫌いです出来れば平和な日常を安穏と生きたいです)

ガタッ

男「!?」

男「奥の個室……?」

男「……」

男「開けるぞ……っ」ガチャ

グイッ

男「うわぁっ!?」
456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:25:18.61 ID:nLH1xkLkO
バタンっ

男「いつつ……」

?「いきなり大声出すな、馬鹿! わざわざ見つからない様に呼んだ意味無くなるだろっ!!」

男「お前だって大声出してるじゃないか……」

男「……あれ、お前……少女……?」

少女「今気付くの遅い!」

男「え、何でお前が?」

少女「シッ。人が少ない時間だけど、万が一にも見つかりたくないんだ」

男「……わ、分かった」
471: 過去話と思われていたものは現在進行形の話でした 2012/04/06(金) 23:35:34.64 ID:nLH1xkLkO
男「で、何でお前がここに居るんだよ……」

少女「ぼ……、私もこの学校に通ってるんだから、居てもおかしく無いよ」

男「へ? お前みたいな目立つ奴、この学校で見た事無いぞ」

少女「ああっ、もういいやっ! 説明面倒っ!」バサッ

男「カツラ……」

男「って、その頭……まさか、お前……」

?「やっと分かった?」

男「なんで? さっき教室に居ただろ……」

男「転校生……」
486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:41:23.22 ID:nLH1xkLkO
転校生?「うん。転校生は今教室に居るよ」

男「え、でもお前、え、なに? ドッキリ?」

転校生?「教室に居るのは僕の姉。で、僕は弟」

男「姉? 弟?」

転弟「双子なんだ。僕達」

男「双子? 姉が弟で弟が姉で?」

転弟「……一度落ち着こうか」
502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:56:10.37 ID:nLH1xkLkO
―――
――


男「でだ、弟君」

転弟「うん」

男「状況を一から説明して貰えないか」

転弟「分かった。落ち着いて聞いてね」

転弟「僕ら姉弟は、姉が主にこの高校。僕が主に女子校に通ってるんだ」

男「ごめん、この段階でギブアップしたい」

転弟「もうっ、ちゃんと聞いてっ」

男「お、おう……」

転弟「あべこべに学校にかよってる理由は簡単だよ。学力の問題」

転弟「姉さんが女子校に行くには、ちょっと学力が足りなかったんだ」

転弟「でも、僕の学力なら足りたって訳」

転弟「それで女子校の試験を僕が代わりに受けて、姉さんは僕が通うこの学校の試験を受けた、と」

男「オウフ」
506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:03:24.71 ID:kBy4O5qsO
男「で、でもさっき主に姉さんがこっちに通ってるって……」

転弟「……」

男「弟君?」

転弟「ごめんなさい!」

男「へ?」

転弟「全部……、全部あの愚姉が悪いんです!!」

男「どゆこと?」

転弟「じ、実は……その……」

転弟「姉が着替えてる所を幼馴染さんが見てしまって……」

転弟「バレちゃったんです。入れ替わってる事が彼女に……」
511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:09:04.38 ID:kBy4O5qsO
男「幼馴染が、転校生が入れ替わってた事を知ってた……?」

男「え、別にたいした事なくない?」

転弟「な、何言ってるんですか! 女子校に男性が通ってるんですよ! 大問題じゃないですか!!」

男「そうか……お前女子校に……くくっ」プッ

転弟「笑わないで下さい!」
520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:23:56.64 ID:kBy4O5qsO
転弟「とにかくっ」

男「は、はいっ」ビクッ

転弟「幼馴染さんは秘密をバラさず、逆に秘密を共有したんです」

転弟「結果二人はあのように親密になりました」

男「親密ってレベルじゃ無い様な……」

転弟「男君、仲の良い女子同士の距離感舐めてますね」

転弟「親密なら、男女なら憚られる距離なんて簡単にぶち抜いて来るですよ、あいつら」

男「そうなのか……」

転弟「姉さんが幼馴染さんを独占した所為で男君にあらぬ疑いを持たせ、更に僕への報告を怠った所為で男君が体育で倒れるハメになった……」

男「……」

転弟「……体育の前、呼び出して変な事言ってごめんなさい!」

転弟「これは僕が無知だったからいけないんですっ。身体で償えと言うなら償います! 本当にごめんなさい!」
526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:31:20.19 ID:kBy4O5qsO
男「……あのさ」

転弟「はいっ」

男「体育のあった日は、ずっとお前が転校生だったんだよな」

転弟「はい。体育みたいに着替えのある日は入れ替わってます」

男「じゃあ、俺を気に掛けてくれてた日はお前で、幼馴染とイチャコラしてた日は姉だったのか……」

転弟「不出来な姉で本当にに申し訳ありません……」

男「……弟君」

転弟「……」

男「お前、やっぱり良い奴だな!」

転弟「え……」ドキッ
539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:39:57.04 ID:kBy4O5qsO
転弟(ば、はかっ! 何でドキドキしてるんだよ!)

転弟(女装は好きだけど、僕はノーマルだぞ! 女子校通える時だってハーレムだぜヒャッホイ! とか言ってたろ!)

男「どうした?」

転弟(でもこの人、面識の無い僕をガラの悪い人から助けてくれたし、今だってこうして真摯に話を聞いてくれてる……)

男「おーい」

転弟(そういえば一緒に逃げてる時、手を引いてくれてたんだよね。あの時、ちょっと格好良かったな)

男「急に黙られると困るんだけど……」

転弟「す、すみませんっ! 少し妄想の世界に踏み込んでました!!」カアッ
548: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:48:32.64 ID:kBy4O5qsO
男「妄想の世界?」

転弟「すみません忘れて下さい」

男「話はだいたい分かったよ。で、弟君はどうしたいんだ?」

転弟「どうって……」

男「謝罪の為だけにリスクおかしてここに来た訳じゃ無いんだろ?」

転弟「……はい」

転弟「僕はもう……入れ替わりを止めたいんです。だから男さん。僕に協力して下さい!」
552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:56:51.13 ID:kBy4O5qsO
男「協力かぁ」

転弟「ダメ……ですか?」

男「うーん」

転弟「あ、なら。誤解の最大要因となった姉さんにお仕置きって名目ならどうでしょう?」

男「頑張ろうな、兄弟!」

転弟「変わり身早いですね」

男「今日から俺達は、残念な姉に苦労させられる弟同盟だ!」

転弟「は、はあ……」

男「つー訳で今から敬語禁止な。名前も呼び捨てで行こう」

転弟「……うん、分かった。宜しくね、男」

男「ああ、宜しくな。転弟!」
570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:27:39.80 ID:kBy4O5qsO
男「話もまとまったし、俺はそろそろ教室戻るな」

転弟「うん。ありがとう」

男「礼なんて要らないよ。何しろ俺達は『残念な姉に苦労させられる弟同盟』だからな!」

転弟「ううん。そうじゃなくて、僕の話を聞いてくれつ、信じてくれてありがとうって意味」

転弟「って、言わせんな、恥ずかしいっ!」

男「……お、おう」

転弟「とりあえず姉に入れ替わり止めさせる為のプランを煮詰めたいから、放課後にどこかで待ち合わせね!」

男「分かった。じゃあ放課後にな」
573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:34:38.77 ID:kBy4O5qsO
―昼休み―

友「男、地味子さん。食堂行くよ」

男「分かった」

地味子「はいっ」

委員長「男君、今日は私も同席して構わない?」

男「おう。俺は構わないぜ」

友「ボクは歓迎だよ」

地味子「わ、私も、です」

委員長「ありがとう」

男「でも、どうして急に?」

委員長「男君にどうしても聞きたい事があるの」クスッ

男(なんか嫌な予感がする……)
576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:45:37.18 ID:kBy4O5qsO
―食堂―

男「ごちそうさま。それで委員長、話って何?」

委員長「食事の場で言うのは気が引けますが……」

男「……」

委員長「男君、保健室行かずに何処に行ってたのですか?」

男「う……」

委員長「教室に戻って来た貴方から、強い芳香剤の香りがしました」

委員長「香りはレモン系。保健室に最も近いお手洗いは職員用で、芳香剤が男女共用ならフローラルの筈なんです」

委員長「安いレモン系の芳香剤は主に部室棟で使われていたと思うのですが、男君は保健室に行かず何処に行っていたのでしょうか?」

男「え、えーっと」

友「サボり、か」

地味子「えっ、皆さん心配してたんですよっ」

委員長「ええ。私達の心配を余所に、何処で何をしていたのか……」

委員長「是非お聞かせ下さい」ニコッ

男(目が笑ってない……)
577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:50:10.21 ID:jGnn+Sov0
委員長すげ
578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:55:21.04 ID:hBu9PzoSO
委員長はヤンデレの素質しかないなww
579: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:58:17.83 ID:kBy4O5qsO
―――
――


―放課後・たい焼き屋―

男「すまん、全部ゲロった!」

転弟:少女フォーム「君って奴は……」

友「まあ……」

地味子「喋りますよね、あの尋問は……」

委員長「うふふ……」

男「でも、この三人は信用出来る……筈。だから大丈夫!」

少女「今、『筈』ってちっちゃく言わなかった!?」

男「まあまあ。何かやるなら頭数って大事やん?」ドヤァ

委員長「踏んで良いですか?」

友「許可」

地味子「だ、だめだよ!」

少女「僕が今まで必死に隠してきた秘密がぁ……」シクシク
582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:08:05.29 ID:kBy4O5qsO
地味子「で、でもすごい話ですよねっ」

地味子「双子で入れ替わりで、着替え見られるまで、誰にも気付かれ無かったんですよっ」

友「そうだね。酷い話だよ」

男「そう言う割りに、友はあまり驚いてなかった様な……」

友「今まで不自然だと感じてた事が、輪郭を得ただけだからね」

委員長「私も友さんと同意見です」

男(委員長なら匂いで分かりそうな気がする)

委員長「どうしました?」ニッコリ

男「その笑顔が怖いです」
587: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:18:50.45 ID:kBy4O5qsO
少女「……ねえ、男」

男「どした?」

少女「これだけバレたから踏ん切り付いたよ」

男「踏ん切り?」

少女「もう一人、真実を知って貰いたい人が居るんだ」

友「……ああ。確かに、必要だね」

男「な、なんだよ分かった様な顔してっ」

友「様な、じゃなくて分かったんだよ」

男「くっ……」

友「幼妹ちゃんだよね。転弟クン……?」

少女「……ああ」

少女「僕ら姉弟がやった事で……。僕が幼馴染さんと一緒に居た事で、酷く傷付けてしまったから……」
593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:30:47.96 ID:kBy4O5qsO
―――
――


カクカクシカジカ

少女「ごめんなさいっ、幼妹さん!」

幼妹「……」

幼妹「え、えっと、これ……何かの冗談ですか……?」

男「……全部本当だよ」

幼妹「だ、だってこの女の子が、お姉ちゃんと一緒に居た男の人だなんて……」

友「確かに俄かには信じがたいよね」

少女「だ、だったら胸を触れば分かるよ!」

委員長「男装出来る女性と入れ替わっているのでは、胸を判断基準にするのは難しいかと」

少女「ま、まさか……下の方を触らせろって言う気じゃ……」

友「……」クスッ

委員長「……」ニコッ
598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:41:52.02 ID:kBy4O5qsO
委員長「冗談はさておき、肩の骨格や指の感じは男性的ですよ」

委員長「かなり気を使って手入れしているみたいなので、指は簡単に判別できませんが」

委員長「あと決定的なのは喉仏ですね。全く発達してませんが、確かにあります。触れば多分すぐ判断出来るでしょう」

男「すげぇ」

少女「ほっ……」

友「ちぇーっ」

幼妹「じ、じゃあ私確かめます! 良いですよね!」

少女「うん」

ペタペタさわさわ

友「あ、固まった」

幼妹「……ショックです…………こんな可愛い子が男の子だなんて……」

地味子「だ、大丈夫だよ、双子なんだからっ」

男「フォローにすらなってないぞ」
603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:54:47.91 ID:kBy4O5qsO
男「そろそろ本題に入ろうか」

幼妹「本題ですか?」

少女「僕の姉に入れ替わりを止めさせ、且つ反省させる事だよ」

委員長「止めさせるだけなら簡単そうですが……」

友「反省となると難しいね」

少女「自分の配慮が足りない行動で、どれだけ深く他人を傷つけたか理解して貰えれば良いんだ」

幼妹「あの、姉ちゃんも友達が出来たからって男さんを蔑ろにして傷付けました」

男「……」

幼妹「幾ら秘密を共有したからって、あまりにあんまりです!」

友「ま、そうかもね」

委員長「……」

地味子「え、えっと……良いかな?」
605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:59:51.30 ID:kBy4O5qsO
少女「なに?」

地味子「あのね、男君に聞きたい事があるんだ」

男「おう」

地味子「えっと、男君が幼馴染さんと仲良かった頃、幼馴染さんに親しい友人って男君以外居た?」

男「……親しいっていうのは、居なかったと思う」

地味子「……やっぱり」

少女「やっぱり?」
607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:08:37.09 ID:kBy4O5qsO
地味子「私、親しい友人って殆ど居ないから、良く分かるよ」

地味子「幼馴染さん、きっと嬉しかったんだよ」

幼妹「嬉しかった、ですか?」

地味子「うん。あのね、友達って出来ると凄い嬉しいんだ」

地味子「生活の優先順位がね、友達中心になるの」

地味子「私もそう。家族と遊ぶより、男君と沢山遊びたい。弟よりも男君、友さんとゲームしてるのがすごく楽しい」

地味子「だから……きっと……、幼馴染さんも同じだったんじゃないかな……」

友「何時でも会える家族の様な男より、初めて出来た同性の親友に優先順位がシフト、ね」

委員長「一理ありますね」

地味子「男君は、どう思う……?」

男「俺は……」
611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:19:33.27 ID:kBy4O5qsO
男「俺は……」

男「……うん。俺も地味子さんと同じだよ」

友「……」

男「幼馴染と仲良かった頃は、俺ってただのクラスの賑やかしだった」

男「あの頃は友以外に特別親しい友人は居なかったし、別にそれで良かったんだ」

男「俺には幼馴染が居る。だから他は適当で良い……そう思ってた」

男「けど、こうやって友人と呼べる人が出来て。地味子さんの話を聞いて分かったよ」

男「俺と幼馴染は、お互い自由を縛ってただけなんだって」

友「……それがキミの答えかい?」
614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:30:28.64 ID:kBy4O5qsO
男「おう!」

友「それで、キミはどうしたい?」

男「このままじゃ転姉に依存してしまうと思う」

男「だから、そうなる前に一度関係を全部ぶっ壊すっ!!」

友「ふふ……」

男「友?」

友「上出来だよ、親友」クスッ

友「今回の件、公になれば事件性もあるし、マスコミの恰好の餌だ」

友「一度嗅ぎ付けられたら、転姉と繋がりのある幼馴染さんはきっと吊し上げの対象に加わるだろう」
618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:42:45.80 ID:kBy4O5qsO
友「だから目的はあくまで関係のリセットと、転姉の自主的な入れ替わりの辞退」

少女「ああ。僕ら姉弟は入れ替わりをやってる都合上、狭いコミュニティで行動してる」

少女「それを解消し広いコミュニティを持てば、ボロを出さない為に入れ替わりの辞退へ持って行けるかも知れない」

委員長「秘密が秘密じゃなくなれば、幼馴染さんも依存じゃない友人になれるかも知れない……」

地味子「すごい! なんか上手く行きそうな気がしますっ」

少女「コミュニティの拡張は入れ替わり時に僕が行い……」

委員長「転姉が登校してる時は私達が行う……」

友「そして情報を処理仕切れなくする訳だね」
620: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:50:20.53 ID:kBy4O5qsO
友「気付かれず悟られず、手のひらの上で平和的に」クスッ

委員長「そして誰も不幸にする事無く。ですね」ニコッ

少女「……」

男「……」

少女「……凄い友人だね」

男「そ、そうだな……」

地味子「友さんと委員長さんかっこいい……」

幼妹「……」
624: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:58:33.47 ID:kBy4O5qsO
―――
――


地味子「あ、そろそろ門限だから帰らないとっ」

委員長「プランもまとまった事ですし、解散しましょうか」

友「うん。そうだね」

少女「……男」

男「ん?」

少女「ありがとう」

男「おう。上手く行ったら、ちゃんと学校でも友達やろうな!」

少女「……ああ!」
626: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 04:05:22.09 ID:kBy4O5qsO
幼妹「……」

男「幼妹?」

幼妹「……あ、はいっ! 何ですか?」

男「帰ろ。送るよ」

幼妹「は、はいっ。ありがとうございます!」
630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 04:12:26.20 ID:kBy4O5qsO
―帰路―

幼妹「……」

男「……」

幼妹「あの……」

男「なに?」

幼妹「昔みたいに、手を繋いで貰って良いですか?」

男「良いよ」スッ

幼妹「……」ギュッ

男「そういえばさ。小さい頃にこうやって手を繋いで、学校から帰った事があったね」

幼妹「……はい」

男「懐かしいな……」

幼妹「……はい」
631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 04:16:34.34 ID:kBy4O5qsO
幼妹「男さん……わたし、わたし……っ」グスッ

男「……」

幼妹「お姉ちゃんに……、酷い事、言っぢゃっだんでず……っ」ズビーッ

男「……はい、ハンカチ」

幼妹「ずびばぜん……」チーンッ
634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 04:25:11.19 ID:kBy4O5qsO
―公園―

男「落ち着いた?」

幼妹「……はいっ」シュン

幼妹(恥ずかしいっ! 恥ずかしいよ! もうお嫁に行けない!)

幼妹(あれ、でも男さんが貰ってくれれば問題無いんじゃない? 寧ろ願ったり叶ったりよ。パーフェクトライフプラン完成の瞬間?)

男「好み分からないからホットミルクティーにしたけ飲む?」スッ

幼妹「は、はいっ! 是非貰って下さいっ!!」

男「え、えっと……」

幼妹(またやっちゃったあああああぁぁぁっ!!)
643: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 04:48:32.26 ID:kBy4O5qsO
幼妹「えっとですねっ、これは、なんて言うか!」

幼妹(そうだ! ミルクティーくれるって言ってた!)

幼妹「あの! 飲み物の代金です。是非貰って下さい! あ、あれっ? 小銭無い!?」ゴソゴソ

男「はは……お金は良いよ。寄り道に付き合ってくれたお礼」

幼妹「え、えへへ……ありがとうございます……」

男「……」

幼妹「……あの」

男「うん。ゆっくり、落ち着いて話してみて」

幼妹「はい……」
645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 05:03:40.26 ID:kBy4O5qsO
幼妹「初めてたい焼き屋さんで会った日の事覚えてます?」

男「もちろん。いきなりたい焼きを口に突っ込んで来たんだよね」

幼妹「うう……。だってその時の男さん、今にも消えてしまいそうなくらい元気無かったんだもん……」

男「……そうだったね」

幼妹「それで、元気の無い男さんを見た翌日、男さんとたい焼き屋さんで別れた後……」

幼妹「お姉ちゃんと転弟さんが一緒に居るの見て、それで……」

幼妹「二人が付き合ってるんだって勘違いしちゃって、私……。お姉ちゃんにウソつきって言っちゃったんです……」
647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 05:18:01.22 ID:kBy4O5qsO
男「ウソつき……?」

幼妹「お姉ちゃん男さんと、ずっと仲良しでいようって約束したのに、それを……」

幼妹「私、勝手に裏切られたと思っちゃって……」

男「幼妹ちゃん……」

幼妹「わ、わたしっ……お姉ちゃんだから、男さんの事あきらめられたのにっ」

幼妹「なのに彼氏作って……男さんがあんなになってるの見て……そんなの許せなくて……っ!」

幼妹「だから……ウソつきって……わたし……うう」

幼妹「お姉ちゃん、彼氏作ってなかったのに……勝手に勘違いしただけなのに……」

幼妹「わたし……わたし……っ!」
650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 05:27:47.95 ID:kBy4O5qsO
男「……」

幼妹「うう……」グスッ

男「幼妹ちゃん」

幼妹「……はい」

男「きっとね、ずっと仲良しでいようって約束は、恋人になろう。とか、結婚しよう。って意味だけじゃ無いと思うんだ」

幼妹「?」

男「もちろん、恋人や結婚って意味も含まれると思うよ」

男「けどね。仲良しでいようって事は、それだけじゃ無いんだ」

男「それは友達だったり、クラスメイトだったり。臭いけどさ、仲間だったり」

男「そういう事をひっくるめて仲良しって意味なんじゃないかな。って俺は思う」

男「うーん。いや、そう思える様になった。かな」
652: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 05:39:07.04 ID:kBy4O5qsO
男「そう考えれば幼馴染はウソつきじゃない。俺が勝手に勘違いしただけなんだ」

幼妹「……」

男「だから、二人で謝りに行かない?」

幼妹「謝りに……?」

男「そう。勘違いした者同士謝りに」

幼妹「……」

男「俺も幼馴染に酷い事たくさんしてしまった。きっと凄い傷付けた」

男「だから謝ろう?」

幼妹「……はい」

男「よし。そうと決まれば、早速行こうか!」

幼妹「え、今日ですか!?」

男「今日謝って許してくれたら、明日から。明日謝るより1日多く仲良くなれるんだぜ?」

幼妹「……はいっ! 行きましょう!!」
658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 05:49:22.10 ID:kBy4O5qsO
―幼馴染宅―

幼妹「ただいま!」

幼母「遅かったわね、部活?」

幼妹「うん、部活みたいなものかな」

男「ご無沙汰してます、おばさん」

幼母「あら久し振りじゃない! 元気そうねぇ」

幼妹「男さんに送って貰ったのっ!」

幼母「そうなの? 悪いわねぇ。お茶でも飲んでく?」

男「えっと、もう遅いので今日は……」

幼妹「もーっ。男さん困ってるから止めてよー! それよりお姉ちゃんいる?」

幼母「幼馴染なら部屋に居るわよ」

幼妹「わかった! 行こ、男さん!」

男「うん。すいません、お邪魔します」

ドタドタドタ
662: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 05:57:34.67 ID:kBy4O5qsO
コンコン

幼妹「入るよ!」ガチャッ

幼馴染「きゃあっ」

幼馴染「な、なに? 返事聞く前に空けないでよっ」

幼馴染「……」

幼馴染「お、男……?」

男「よ。学校振り」

幼馴染「な、なんで急に来るの? まさか幼妹がなんかしちゃった!?」

幼妹「むうぅ」

男「ちょっと用があって来た。入るぞ」

幼馴染「う、うん……」
666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 06:06:33.63 ID:kBy4O5qsO
男「用って言っても、ちょっと話があるだけなんだけどな」

幼馴染「そ、そうなんだ……」

幼馴染(幼妹とデートしてたみたいだし、まさか交際報告……?)ズキッ

幼馴染(うう……なんだろ、お腹痛い)

幼馴染(鼓動も早くなってきた。顔も熱い……)

幼馴染(やだな……聞きたくないな……)

幼妹「あのね、お姉ちゃん。聞いてくれる?」

幼馴染「うん……」

男「幼馴染!」

幼妹「お姉ちゃん!」

幼馴染「や、やだっやっぱりききたくっ」

男・幼妹「ごめんなさいっ!!」ドゲザ

幼馴染「な……い……」

幼馴染「……え?」
668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 06:15:37.42 ID:kBy4O5qsO
男「俺、幼馴染が転校生と仲良くしてるの見て、大切な人奪われた気持ちになって幼馴染に酷い事した!」

幼妹「私、お姉ちゃんが男さん裏切って恋人作ったって思い混んで酷い事言った!」

男・幼妹「すいませんっしたあッ!!」ドゲザ

幼馴染「え……? えっ?」

幼馴染「なにがどうなってるのっ?」
671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 06:26:16.63 ID:kBy4O5qsO
―――
――


幼馴染「ふふふ……」

男「……」ズキズキ

幼妹「……」ズキズキ

幼馴染「二人ともおでこ真っ赤だよ……」

男「お前だって鼻と目真っ赤じゃん」

幼妹「男さんは女泣かせですね」

幼馴染「幼妹っ」

幼妹「わわっ。男さん、お姉ちゃんが怒った!」ススッ

幼馴染「もうっ! 男の後ろに隠れないの!」
674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 06:33:49.93 ID:kBy4O5qsO
男「あ、そうだ」

幼妹「あ、そういえば!」

ガサガサ

男「お詫びの品……だったんだけど、仲直りの品になったな」

幼妹「そうですね」

幼馴染「?」

男「たい焼き買って来たんだ。はい」

幼馴染「良いの?」

幼妹「うん! 私の行き付けのお店だよっ!」

幼馴染「そうなんだ……」

幼妹「こっちがカスタードで……」

男「これがチーズちくわ」

幼馴染「ふふっ……」

男「な、なんだよ……」

幼馴染「相変わらずちくわ好きなんだから」クスッ
678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 06:53:27.36 ID:kBy4O5qsO
幼馴染「もう……可笑しくって、涙出て来ちゃったよ……」ポロポロ

男「へへへ……」

幼馴染「ほんと、男は最後の最後で……」ポロポロ

男「締まんないよな、俺……」ハハハ…

幼馴染「やっぱり男は私が居ないとダメね」クスッ

幼妹「むうぅ! 男さんには私が付いてるから大丈夫だよっ!」

幼馴染「なっ!?」

幼妹「お姉ちゃん達の約束は仲良しで居る事なんでしょ? だったら私が男を好きでも良いじゃない!」

幼馴染「仲良し? 約束……」

幼馴染「……っ!!」
686: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 07:04:28.56 ID:kBy4O5qsO
幼馴染「ずっと……覚えてたの……?」

男「俺は倒れた時に思い出した。ずっと覚えたのは、幼妹ちゃんだよ」

幼妹「ふふん」

幼馴染「そっか……」

幼馴染「きっと私達には当たり前過ぎて忘れちゃってたんだね」

男「うん。だから、失ってやっと思い出せた」

幼馴染「私、今の今まで忘れてたなんて酷い奴だね」

男「幼馴染は失いきれてなかったから、思い出せなかったんじゃないかな」

幼馴染「……そうかな」

男「そうだよ……きっと」
690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 07:09:40.44 ID:kBy4O5qsO
幼妹「私忘れて、なに雰囲気作ってるのっ!!」

幼妹「男さんもいい加減私の告白の返事して下さいっ!」

男「幼妹ちゃんはまだ中学生だから……」

幼妹「なら幾つから私を女として見てくれますか!?」

男「え、えっと……18歳、とか?」

幼馴染「なにそれ!? 私も対象外じゃない!」

幼妹「じゃあ男さん、私が18になるまで恋人作らないで下さい!」

幼馴染「ねぇ、私も対象外なの? なんでっ?」

男「お前ら落ち着けっ!」
694: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 07:14:45.18 ID:kBy4O5qsO
―後日―

モブ1「ナニソレウケルー」

地味子「ナニソレウケルー?」

モブ1「ナニソレウケルー!」

地味子・モブ1「ナニソレウケルー!!」

モブ2「あんたら仲良いなっ!!」
697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 07:19:36.62 ID:kBy4O5qsO
転弟「男、食堂行かない?」

男「じゃ、他の連中も誘おう」

友「ならボクが声を掛けておくよ」

モブ2「ぼ、僕としては男と二人きりと言うのも吝かでは無いのだけど……」

モブ2「みぃたいなぁっ!?」

転弟「勝手に心の声を作らないでよ!!」
700: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 07:24:39.45 ID:kBy4O5qsO
地味子「モブ1さんと話してると外人さんと話してるみたいです!」

委員長「貴女は汚れては駄目よ!」

モブ1「失敬な」

友「ふふふ……」

委員長「友さんからも何か言ってっ」

地味子「え、えっとカワイー?」

モブ1「チョーカワイー!」
704: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 07:33:48.01 ID:kBy4O5qsO
―後日―

地味子「友さん! 凄い可愛いのをオニカワって言うらしいですよっ」

友「へー」

地味子「だから友さんの私服姿はオニカワですねっ!」

友「ボクにそういう形容はしないで!」

委員長「地味子さん……」シクシク

転姉「……なにこれ」
706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 07:43:14.26 ID:kBy4O5qsO
幼馴染「あ、転校生君」

転姉「幼馴染さん、昨日何があったの?」

幼馴染「え、私と男が仲直りしたってモブ2ちゃんが騒いで、転弟君と男達とでお昼食べたり、雑談しただけだよ?」

転姉「え、き、聞いてないよ、それ?」

幼馴染「そうなんだ……」

転姉「昨日、弟は帰ってすぐ疲れたって寝ちゃったから……」

幼馴染「うん。体育の時、男と全力で競ってたみたいだったもん。あれは疲れるよ」

男「転校生! 飲み物買いに行かない?」

転姉「あ、うん。良いよ」

転姉(何時の間に仲良くなったの、あいつ?)
709: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 07:52:27.79 ID:kBy4O5qsO
男「何飲む?」

転姉「えーっと……お茶かな」

男「じゃ、約束通り奢るわ」チャリン

転姉「あ、そ、そうだったね! ありがとう」

男「次は負けないからな!」

モブ2「取出し口に手を伸ばし二人の指先が触れる。お互い顔を見合わせ、そして視線を外す」

モブ2「心なしか僕の顔が熱い。きっと彼に触れ、そして目があってしまったからだ……」

モブ2「みぃたいなぁっ!?」

転姉「や、止めてよっ」カアッ
713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 08:02:20.99 ID:kBy4O5qsO
―転校生宅―

転姉「ち、ちょって転弟!」

転弟「なに、姉さん」

転姉「あんた学校で何しでかしたのよ!」

転弟「何って……別に何時も通り過ごしたけど」

転姉「ちっとも何時も通りじゃない!」

転姉「急に男君と仲良くしたり、クラスの女子と遊んだり……」

転姉「何か変化あったらちゃんと報告してよね!」

転弟「姉さんだってちょくちょく報告サボるじゃない。僕、女子高の課題あるから、話はまた後でね」

転姉「あ、ちょっと! 転弟っ!!」

転姉「……もうっ」
716: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 08:08:25.93 ID:kBy4O5qsO
―後日・たい焼き屋―

少女「お待たせ」

男「どうだった?」

少女「かなり混乱してた」

友「だろうね」

委員長「モブ1さんと、モブ2さんが私達とも交流を持ちましたからね。予想より環境の変化が激しいと思います」

地味子「モブ1さんのメール、何書いてるか読めません……」

幼妹「うわ、ギャル文字まだ使ってる人いたんだ……」
719: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 08:17:28.18 ID:kBy4O5qsO
委員長「少女さんは手筈通りやってますか?」

少女「抜かり無いよ」

男「転弟なんかやってるの?」

少女「やってると言うか、やらない事をやってると言うか……」

男「どういう事だ?」

少女「姉さんの受けたテスト見て、学力調整してるんだよ」

委員長「姉が女子高にのみ通う様になった際、急に学力が落ちたら不自然ですよね。その為の準備です」

友「さすがだね。本当に抜かりないよ」
721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 08:28:16.90 ID:kBy4O5qsO
男「ところで、ずっと気になってたんだけど……」

少女「うん?」

男「俺達で集まる時は女装しなくても良いんじゃないか?」

少女「えっ」

男「なんだその反応」

少女「いや、これ趣味みたいな物だし……」

男「趣味か!?」

地味子「幼妹ちゃんのおかげで、メール解読出来ましたっ!」

幼妹「えっと……可愛いは正義って書いてますねっ!」

友「あー、可愛ければ大概の事が許されるからねー」

委員長「地味子さん……」
725: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 08:43:34.35 ID:kBy4O5qsO
―後日―

モブ2「地味子さん、かけ算に興味無い?」

地味子「か、かけ算くらいできますよっ!」

モブ1「さすがにそれは止めて」

地味子「あ、モブ1さんっ。弟がまた遊びたいって言ってましたよ」

モブ1「え? う、うん。じゃあ、今度遊びに行って良い?」

地味子「はい、もちろんです!」

転姉「一体なにがあった」
726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 08:51:45.54 ID:kBy4O5qsO
友「ふふっ、随分と困惑してるみたい」

男「取り巻きがあれは、さすがに気の毒だな」

委員長「昨日まで茶髪だったモブ1さんが、翌日黒髪に戻してナチュラルメイクですからね」

男「怪しいとは思ってたけど、モブ2さん腐ってたしな」

友「そういえば地味子さんが、お祭りに誘われたって言ってたよ」

委員長「良いですね、お祭り。あの様子なら安心です」
731: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 08:56:05.92 ID:kBy4O5qsO
幼馴染「驚きだよね、モブ1ちゃん」

転姉「うん……」

幼馴染「大丈夫?」

転姉「ちょっと頭痛いかも」

幼馴染「保健室行く?」

転姉「そうしようかな……」
733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 09:02:17.87 ID:kBy4O5qsO
―転校生宅―

転姉「ただいま……」

転弟「お帰り」

転姉「疲れたーっ」

転弟「疲れてる所に悪いんだけど……」

転姉「なにー」

転弟「成績落ちて来ちゃった」テヘペロ

転姉「あーそー」

転弟「あれ、怒らないの?」

転姉「もうそんな気力も無いわ……」
737: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 09:10:57.48 ID:kBy4O5qsO
転姉「女子高どうだったー?」

転弟「何時も通りだよ」

転姉「何時も通りかぁ。良いわねー」

転弟「そっちは?」

転姉「モブ1さんが地味子さん風にイメチェンして、モブ2さんがかけ算がどうとか言ってたわー」

転姉「……変わらないのは幼馴染さんだけね」

転弟「そうか。じゃあ次の体育ある日は気を付けないと」

転姉「……転弟」

転弟「なに、姉さん」

転姉「……あのさ。止めない? 入れ替わるの…………」
744: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 09:21:12.50 ID:kBy4O5qsO
転弟「幼馴染さんは良いの?」

転姉「今日ね、すごい心配されちゃった」

転姉「周りの変化に対応出来てないの、バレてるっぽい」

転弟「一番身近な友人だからね」

転姉「心配させ過ぎるのも良くないかな……ってね。ちょっと考えた」

転姉「それに学校違っても会えるしさ……」

転弟「だとしたら姉さんは、転姉として幼馴染さんや男君達と新しく関係を作れるね」

転姉「はは……良いわね、それ」

転弟「ちょっと羨ましいな……」ボソッ
749: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 09:36:22.27 ID:kBy4O5qsO
転姉「それで、転弟はどうなの?」

転弟「……僕は良いよ。止めても」

転姉「転弟……」

転弟「姉さん?」

転姉「私の我が儘に付き合わせて入れ替わったのに、また私の我が儘で止めちゃう事になってごめんね」

転弟「はは。もう慣れちゃったよ」

転姉「ん……ありがと」

転姉「あんたは本当に良く出来た弟よ……」
754: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 09:45:47.65 ID:kBy4O5qsO
ユーガットァメイル

『姉さんが入れ替わりを止めるってさ ―転弟―』

ピッ

『わかった。これでお前の家に遊びに行けるな ―男―』

ユーガットァメイル

『うん。待ってるよ ―転弟―』
761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 09:59:27.58 ID:kBy4O5qsO
―数日後・市街駅前―

転校生「お待たせっ」

少女「ごめんね、弟がメイクに手間取っちゃって……」

幼馴染「あはは。そんなに待ってないよ」

男「しかしさすが双子だな。そっくりだ……」

転校生「ま、僕の方が可愛いけどね」

少女「なによ短小のクセにっ」

転校生「な!? 姉さんだって絶壁じゃないか!」

転校生・少女「くっ……」

友「ふふっ。さすが双子だね。良く理解しあってる」
766: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 10:07:18.75 ID:kBy4O5qsO
男「今日、委員長は?」

友「地味子ちゃんと買い物だって」

幼馴染「モブ2ちゃんはイベントがどうのって言ってたよ」

転校生「モブ1ちゃんは地味子ちゃんの弟君とデートだって」

少女「幼妹ちゃんは受験勉強よね」

男「残ったのは俺達暇人sか」
770: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 10:15:14.66 ID:kBy4O5qsO
男「じゃ、買い出し行くか」

少女「なんで他校の私が、貴方達の文化祭の買い出しを手伝ってるのよ……」

転校生「朝から張り切って準備してたクセに……」

友「可愛いね、少女さんは」

男「ああ。可愛いな」

幼馴染「オニカワ……だっけ?」

少女「や、止めてよっ! 転校生も変な事言わないで!」
783: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 10:48:32.47 ID:kBy4O5qsO
男(結果だけ言うと、入れ替わりは簡単に止めさせる事が出来た)

男(そして新しい環境に慣れた頃、俺達は幼馴染と姉の少女に種明かしをした)

男(幼馴染は話の始めこそ怒っていたが、事情を話し出した辺りで申し訳なさそうに俺に謝り)

男(少女さんは、事情を聞いて直ぐに謝罪してきた)
784: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 10:50:55.36 ID:kBy4O5qsO
男(彼女も誰かを傷つけたくてやった訳じゃない)

男(少女さんにとって幼馴染は唯一心を許せる相手だったし、少しでも長く一緒に居たいと思う気持ちは理解できる)

男(まあ、その所為でこんな面倒な事になったのだが)
785: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 10:52:42.10 ID:kBy4O5qsO
男(友は『友人が増えて視野も大きく広がったんだから、結果的に良かったんじゃない?』と静かに笑っていた)

男(友があの笑い方をする時は大抵何か裏がある時だ)

男(でも気にしたら駄目な気がするので考えない事にする)
790: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 11:00:35.27 ID:kBy4O5qsO
友「そういえば幼妹ちゃんから聞いたんだけど、男は18歳以上じゃないと彼女にしないって本当?」

男「あー、いつぞやにそんな事言った気がする」

友「じゃあ来年か……」

男「来年がどうした?」

友「来年は血の雨が降りそうだと思ってね……」

男「なに恐ろしい事言ってるんだ、お前」

幼馴染「友、正確には幼妹が18になるまで、よ」

友「あ、そうなんだ。じゃあ大丈夫だね」クスッ
792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 11:12:47.58 ID:kBy4O5qsO
転校生「なになに? なんの話?」

友「男が幼妹ちゃんが18歳になるまで彼女作らないって話だよ」

転校生「へぇ。幼妹ちゃんが男を予約したんだ」

男「予約って……」

少女「彼氏は年齢制限無いの?」

男「何言ってんだ、あんた」

少女「いや、なんとなく……」チラッ

転校生「何故僕を見る」
803: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 11:43:41.49 ID:kBy4O5qsO
―帰路―

幼馴染「今日は色々大変だったね」

男「あいつらモブ2さんに毒され過ぎだ。だいたい転校生は女装好きであって、男色じゃないってのに」

幼馴染「ああやって下らない事で騒げるのが楽しいんだと思う」

男「そういうもんかな」

幼馴染「そうじゃないかな。だって、秘密なんて関係無い友人なんだよ?」

男「……そうだな」

幼馴染「ね?」

男「ん?」

幼馴染「ありがとね」

男「なにが?」

幼馴染「色々!」

男「色々か」

幼馴染「うん。色々っ」
814: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 12:22:54.86 ID:kBy4O5qsO
幼馴染「そういえば……」

男「ん?」

幼馴染「本当に幼妹が18になるまで彼女作らないの?」

男「あれは一方的に言われただけだしなぁ……」

幼馴染「正直な話、幼妹の事どう思ってるかな」

男「……好きだけど彼女にって考えると悩む」

幼馴染「そうなんだ……」

男「きっと俺自身がガキなのもあるんだろうな。傷付けたくないから逃げてるっつーかさ」

幼馴染「じゃあさ、逃げられないくらい追い掛けたら諦める?」

男「そこまでされたら腹括ると思う」

幼馴染「……ふーん」

男「……何か企んだ?」

幼馴染「どうかなー。まあ明日を楽しみにしててよ」

幼馴染「取り敢えずみんなにメールしとこっと」ボソッ

男(……不安だ)
815: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 12:24:43.23 ID:kBy4O5qsO
共通ルート
normalend

的な話 おわり
816: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 12:25:18.88 ID:iAs1j7nv0
取りあえず幼馴染ルートを
889: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 18:51:17.67 ID:kBy4O5qsO
少女「ごめんね、男君。本当は私、貴方の事が聞きたくて幼馴染ちゃんに近付いたの……」

男「少女さん、急にどうしたの?」

少女「わ、私ね……、君が……」ピト

少女「君の事が……。好きなんだ……」ギュッ

男「ま、待ってっ? 俺、少女さんの事よく知らないし……っ!」オドオド

少女「なら、これから知れば良いよ。ね? ダメ?」ジーッ
895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 19:01:27.85 ID:kBy4O5qsO
男(やわらかそうな唇……)ゴクッ

男「ほ、本当に良いの……?」

少女「だめ……」

少女「まだ……だめ……」カアッ

男「う、うん……」

少女「ね、触って? 僕、凄いドキドキしてるんだよ?」ニギッ

男「あ、手を……」

男(ブラウスの裾を上げて、俺の手を胸元に……っ)

男「ぶ、ブラ付けてないんだね」サワッ

男(……ん? 僕ってさっき言わなかったか……?)
少女「うん。僕には必要無いから……」ドキドキ
898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 19:09:42.81 ID:kBy4O5qsO
少女「……どうしたの、男?」

男「少女ちゃん、だよね?」

少女「忘れたの? 初めて会った時に名乗ったじゃない……」

少女「僕が少女だって……」

男「で、でもっ」

少女「男……君に触られてたら、僕……我慢出来なくなって来たよ……」

男「え、我慢? なにがっ!?」

少女「僕の……初めての人になって、男……」

男「ちょっ!? 待って! うわあああああぁぁっッッ!!!!」
903: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 19:15:46.75 ID:kBy4O5qsO
―教室―

男「うわあああああぁぁっッッ!!!!」ガタッ

男「あああ……あ、あれ……?」

教師「……あー、男」

男「あ、あははは」

教師「特別に許すから、保健室行って良いぞ」

男「い、いえ! 俺、勉強大好きですから!!」ガタッ

友「ふふ……」クスクス…

委員長「……」

幼馴染「ちょっと、どうしたのよ男?」ヒソヒソ

男「悪夢を見た……」ボソッ
906: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 19:26:40.73 ID:kBy4O5qsO
―昼休み―

転校生「男、食堂行こうよ」ポン

男「うわぁっ!?」ビクッ

転校生「ど、どうした?」

男「あ……あははは」ポリポリ

幼馴染「なんか怖い夢見たらしいよー」

地味子「わ、分かるよ、私っ。怖い夢見たら、つい自意識過剰になるよねっ?」

委員長「うふふ。それなら私が側に居てあげますよ」

友「それは心強そうだね」クスッ

男「お前ら俺で遊んでるだろ……」
909: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 19:35:28.30 ID:kBy4O5qsO
―放課後―

男「――って夢を見たんだよ」

友「わざわざ呼び出しておいて何を言うのかと思えば……」

男「吐き出さないと溜め込みそうでさ。こんな話できるのお前しか居ないから……」

友「……はあ。キミってヤツは」

友「たぶん悪夢の原因は、文化祭のコスプレ喫茶だね」

男「……地味子ちゃんと転校生が人気を独占した、あれか…………」
913: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 19:47:57.03 ID:kBy4O5qsO
男「モブ2ちゃんが七孔噴血し、転校生が女装王子の称号を得た、あの文化祭……」

友「実際、転校生クン可愛かったからね」

男「メイド地味子ちゃんが、ずっと地味子ちゃんだとバレなかったのは驚いたよな」

友「あれは少し可哀想だったね……」

友「さておき。キミの見た夢は、女装した転校生クン印象が強すぎて見た物なんじゃないかな」

友「少女ちゃんに変装してた時期にも交流があった訳だし」

男「なるほど……」
915: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 19:51:19.74 ID:kBy4O5qsO
友「じゃ、行こうか」

男「ん?」

友「キミの与太話に付き合ったんだから、今度はボクの用事に付き合ってよ」

男「おう、良いぜ。買い物か?」

友「うん。欲しい画材があるんだ」

男「分かった、早く済ませてたい焼き食って帰ろう」

友「ふふ、そうだね」
917: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 19:57:14.57 ID:kBy4O5qsO
―画材屋―

男「絵の具って結構高いんだな……」

友「絵の具、ねぇ……」

友「キミが見てるのはアクリル。普段使う様な水彩は手頃な価格だよ」

男「違いが分からん……」

友「キミね……」

友「ま、いいか。それじゃボクはレジ行くから、適当に見ててよ」

男「あいよー」
923: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:07:51.00 ID:kBy4O5qsO
―帰路―

男「お前、絵とか描くんだな」

友「一応美大志望だったからね」

男「だった?」

友「趣味で描くだけにしようと思ったんだ」

男「そうなのか……」

友「それに、自由に絵を描ける環境にするには、家が狭すぎるんだ」

男「一人暮らしだもんな」

友「羨ましいかい?」

男「ちょっと憧れる」

友「ふふふ……」クスッ
926: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:09:50.76 ID:kBy4O5qsO
―駅前―

男「……」

友「どうしたの?」

男「ん、ちょっと。な」

友「じゃ、またね」

男「おう。またな」
928: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:13:48.13 ID:kBy4O5qsO
男(結構高い絵の具買って、趣味は無いよな……)

男(……よしっ)

ピッ

男「あ、姉さん? 実は相談したい事があるんだ」

姉『どうしたのよ。珍しい』

男「電話じゃ話難いから、家行って良い?」

姉『もちろん! 姪も喜ぶし、大歓迎よ』

男「分かった。直ぐ行くよ」ピッ

男「よしっ」
931: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:24:45.90 ID:kBy4O5qsO
―姉宅―

姪「叔父さん、いらっしゃいっ!」

男「よ、姪ちゃん。久し振り」

姉「いらっしゃい。あんたから来るなんて珍しいわね。初めてじゃない?」

男「かもね」

姉「それで、電話じゃ出来ない話って何?」

男「……あのさ。義兄さんのアトリエ、使っても良いかな……」

姉「……どうしたのよ、急に?」
933: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:31:16.51 ID:kBy4O5qsO
男「友達に絵描いてる奴が居るんだけど、そいつ訳あって一人暮らししてるんだ」

男「それで、家が狭いらしく、帰っても絵が描けないみたいで……」

姉「だから場所だけでも。って事ね……」

男「む、無理なら良いんだ! あそこは姉さんと義兄さんの思い出の場所でもあるし」

姉「そうね……」

姉「ねえ男。その友達って、女の子?」

男「そ、そうだけど……」

姉「そっか。ふふ……あんたがねぇ……」
934: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:32:12.09 ID:5JL5fJbF0
きたこれ!
友ルート確定
937: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:37:10.30 ID:kBy4O5qsO
姉「良いわ。少し片付ける必要があるから、実際使えるのは週末からになると思う」

男「良いの、姉さん?」

姉「アトリエ空にするよりも、絵を描く人が居た方があの人もきっと喜んでくれる」

姉「それに、あんたが女の子の為に頑張ってるんですもの。協力するわよ」

男「あ、ありがとう!」

姉「家賃は取らないけど、かわりにちゃんと掃除する事」

男「おう!」

姉「あと、私にその女の子をちゃんと紹介する。それが条件。分かった?」

男「分かった。今度連れて来るよ! ありがとう、姉さん!!」
939: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:42:27.46 ID:kBy4O5qsO
―後日―

友「本当に良いのかい?」

男「お節介だったかな……」

友「そんなこと無い。嬉しいよ」

男「よかった……」

友「いきなり駅に来いなんて言うからね。何事かと思ったよ」

男「実は余計な事なんじゃないかって、少し思ってさ。ずっと言いだせなかったんだ」

友「ふふ……キミの好意をボクが無下にすると思うかい?」

男「心配は心配だったんだよ! さ、鍵取りに行くから、着いて来てくれよ」

友「うん。良いよ」
943: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:48:50.80 ID:kBy4O5qsO
―姉宅―

友「はじめましてお姉さん。ボクは友と言います」ニコッ

姉「は、はじめまして……」

姉「ち、ちょっと男っ、どこでこんな美人捕まえたのよっ」ヒソヒソ

男「どこで……って。学校で?」

友「どうかしましたか?」

姉「あ、ああ、いえ! これアトリエの鍵と地図。はいっ」

友「ありがとうございます」

友「……あの、事情は男から聞いています」

友「見ず知らずのボクに、そのアトリエを貸して頂けるなんて、感謝してもしきれません」

友「本当に、ありがとうございます」

姉「あ、頭を上げて。ね、お願いっ」

姉「あのアトリエは思い出の場所だけど、誰かに使って貰った方が旦那も喜ぶわ」
944: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:54:03.90 ID:kBy4O5qsO
姉「その誰かが貴女だったのよ。だからお願い、頭を上げてっ」

友「ありがとうございます、お姉さん……」

姉「男、絶対逃がしたら駄目よ……」ヒソヒソ

男「なんの話だよ……」

姉「それじゃ案内はこの愚弟がしてくれるから!」

姉「ほら、行ってきな。分からなくなったら地図を見るのよ!」バンッ

男「いつっ。ったく。じゃ、行ってくる」

姪「叔父さん、おねーちゃん、バイバーイ」

友「うん。バイバイ」

姉「車に気を付けるのよー」

男「あいよー」
945: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 20:56:05.45 ID:kBy4O5qsO
友「良いお姉さんだね」

男「かもな」

友「ふふ……」クスッ

男「ここからだとバスに乗る必要があるから、急ごうぜ!」

友「いいよ。急ごう」
947: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:00:53.62 ID:kBy4O5qsO
―アトリエ―

男「到着っと。ガス電気水道は繋がってるって言ってたから、電気点けよう」

友「結構広いんだね。ロフトもある」

男「そこは確か仮眠用のスペースだわ」

友「男、来た事あるの?」

男「ガキの頃にな。ガキの頃はすげー広く感じたけど、今みるとそうでも無いんだなぁ」

友「成長の証だね」

男「だな。ほい、電気点灯っと。あとは水道の錆び取りしないと……」

友「ボクも手伝うよ」
948: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:06:04.65 ID:kBy4O5qsO
―夜―

男「本格的に片付けしてたら、もう外真っ暗じゃん」

友「うん。そろそろ帰ろうか」



―バス停―

男「最終、18時……だと……?」

友「ははは……さすが住宅街の外れ……」
952: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:12:19.05 ID:kBy4O5qsO
―アトリエ―

男「結局、ここに戻る以外無い訳で」

友「今日は泊まるしか無いか」

男「ロフトのベッド一つだし、俺は来客用のソファー使うよ」

友「一緒に寝ないの?」クスッ

男「良いの!?」

友「ふふ。もうすこし狼狽えてくれたら、一緒に寝ても良かったのに」

男「選択肢やり直しを要求するっ!」

友「はいはい。ボクはシャワーを使わせて貰うよ」
957: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:17:02.47 ID:kBy4O5qsO
―夜―

友「覗きに来ると思ってた」

男「それは人の道から外れてるかなと思いまして」

友「ふふ。ま、ボクの起伏の少ない身体を見てもつまらないだろうけど」

男「ちっちゃいもんな」

友「失礼だよね、キミ」

男「身長の事だぞ?」

友「……ばか」

男「知ってる。さ、始発で帰るんだから、早く寝よ」

友「そうだね」
961: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:21:20.18 ID:kBy4O5qsO
友「ところでさ、なんでソファーにタオルケット被せてるの?」

男「あー、予備の毛布が無いらしく……」

友「……あのさ」

男「なんでしょう」

友「そんな話を聞いて、ボクがキミをここで寝かせると思う?」

男「……」

友「いこ。特別に許してあげるよ」

男「良いのか?」

友「キミは大切な人だからね」クスッ
964: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:27:39.49 ID:kBy4O5qsO
―ロフト―

友「シングルサイズだから、さすがに狭いね……」

男「もう少し端に寄ろうか?」モゾ

友「それ以上寄ったら落ちるだろ……」

男「それは、そうだけど……」

友「……少し、冷えるね」

男「お、おう」

友「……ふふ。ね、実は隠してたんだけど。ボク、抱き枕が無いと眠れないんだ」

男「……」

友「良い……かな?」
969: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:37:04.66 ID:kBy4O5qsO
友「キミは強引だったり消極的だったり、ふざけたり真面目だったり」

友「今まで会った誰より面白いね」

男「……」

友「……無口」

男「今は抱き枕だからな」

友「転校生クンとの情事は夢に見ても、ボクには何も感じ無い?」

男「友は大切な友達だから……」

友「ふふ。そうだね、一線を越えたら、ボク達はトモダチじゃいられなくなる」

友「でも……」

友「ボクは、それでも良いかなって、少しだけ思ってるよ」
973: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:45:07.86 ID:kBy4O5qsO
男「それ、どういう……」

友「まだ輪郭のぼやけた状態なんだ」

友「どこに居ても浮いていたボクの隣に居てくれたキミ」

友「ボクの為にこのアトリエを使わせてくれる様、頼んでくれたキミに」

友「ボクは、恋をしそうになってる」

男「……」

友「ねえ。このぼやけた輪郭、キミは確かな物にしてくれる?」

男「誘ってるのか?」

友「ふふ……そうだよ。わからない?」
978: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:52:08.07 ID:kBy4O5qsO
男「良いんだな」ガシッ

友「うん。ボクに恋をさせてくれるなら」

男「……無理矢理するかも知れないんだぞ」

友「キミに組み伏せられたら、抵抗出来ないね」クスッ

男「……」

友「どうしたんだい?」

男「俺の気持ちは考えないのか?」

友「必ず夢中にさせる自信があるよ」

男「そう言うと思った」

友「男」

男「……」

友「ボクに、恋をさせて……」
982: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:57:29.54 ID:kBy4O5qsO
友「……ん」チュッ

男「……震えてる?」

友「当たり前だろ……初めてキスしたんだ……」

男「……じゃ、こっから全部、初めてなんだな……」

友「頑張り過ぎないでね」

男「たぶん……無理!」

(後略)
983: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 21:57:50.84 ID:cSLq+kgv0
おい
989: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 22:03:36.87 ID:kBy4O5qsO
―――
――


男(毛布の予備は無いのにシーツのかえは準備してるなんつ……)

男(姉さん、何考えてんだ……)

男(……まあ、思惑通り使う事になったんだけどさ)

友「シーツあった?」

男「ああ。なぜかシーツだけはあった」

友「ふふ。乗せられたのはボク達だったのかな」

友「それより、汗が冷える前にシャワーを浴びないか?」

男「一緒に?」

友「当たり前だろ。ボクはキミに恋しているのだから……」クスッ
994: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 22:07:16.81 ID:kBy4O5qsO
その後、友は美大、男は大学に入学
男は事務経理を学び、妻となった友と画廊の経営をしているのだそうじや
めでたしめでたし
997: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 22:09:30.17 ID:kBy4O5qsO
蛇足おわり

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。