時雨「三人目の提督」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 20:08:22.67 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.1  天候:晴れ 時雨記す】


新しい提督が着任。

秘書艦には僕を選んでくれた。

読書とお酒を嗜むのが趣味とは提督自身の談。

何だか気が合いそうでほっとしたよ。

提督の文才に目をつけた上層部の命で、ここに異動になったようだ。

この鎮守府では3人目の提督だね。

今回は長続きしてくれるといいけど。


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1441796902


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 20:09:08.78 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.2  天候:晴れ 時雨記す】


提督に鎮守府内を案内して周った。

「孤島の鎮守府とは珍しい」

どうやら落ち着いた雰囲気が気にいってくれたみたいだね。

提督の主な業務は戦史の執筆だという。

ここは出撃も少ないから、毎日が静かさ。

そういえば、前の提督が書いていた戦史はどうなったのかな。
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 20:09:53.47 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.3  天候:晴れ 時雨記す】


夜、提督の部屋でお酒を御馳走になった。

りんごの芳淳な香りが特徴的だった。

カルヴァドスというらしい。

わざわざグラスをお湯で温めてくれて嬉しかったよ。

肌寒いこれからの時期にはいいかもしれないね。

不意に、夕立がブランデー派だったことを思い出す。

元気にしてるかな。
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 20:10:24.71 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.33  天候:曇り 時雨記す】


提督の部屋から言い争うような声を聞く。

軍の上層部と電話でもしてるのかな。

聞き耳を立てたわけではないけど、戦友とか真実とか聞こえた。

どうもここに来る提督達は軍との折り合いが悪いみたいだね。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 20:11:01.77 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.34  天候:曇り 時雨記す】


今日は本土から新しい仲間が来た。

航空母艦の加賀さんというらしい。

礼儀正しいけど、どこか冷たさを感じる艦娘だ。

提督の警護のために軍に派遣されたみたいだね。

護衛なら秘書艦の僕がしてもいいと思うけど。

しばらくは提督について回るようだ。
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 20:11:39.55 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.35  天候:曇り 時雨記す】


提督に相談を受けた。

昨夜、部屋に来たかと質問される。

首を横に振ると、どこか物憂げな表情を浮かべていた。

聞けば、廊下で軋むような音が何度もしたそうだ。

この鎮守府ができてだいぶ年月が立っている。

妖精さんに、改装してもらうのもいいかもしれないね。

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 20:12:15.53 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.40  天候:曇り 時雨記す】


朝から提督の姿が見えなかった。

僕の心配をよそに、昼には食堂で親子丼をかきこんでいた。

気分転換に島を散歩していたそうだ。

嵐が近付いているのであまり出歩かないよう注意した。

加賀さんにも、目の届くところにいるよう小言を言われていた。

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 20:12:57.11 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.44 天候:雨 時雨記す】


窓に勢いよく雨粒が叩きつけられている。

この島も今夜には暴風圏に入るだろう。

なのに提督は「合羽と懐中電灯はないか」と聞いてくる。

鎮守府の外周点検に使うと言っていたけど、無いと伝えた。

最近の提督はどこか様子がおかしい。

特に、加賀さんを避けているような節が見受けられる。

この島は静かだから、気が滅入っているのかな。

またお酒に誘って欲しいな。

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 20:13:35.05 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.45  天候:雨 時雨記す】


外は真っ白な水煙で覆われて何も見えない。

豪雨のせいで、一切の音がかき消されている。

それなのに提督の姿が見当たらない。

なんだか嫌な予感がする。

加賀さんが探しに行こうとしていたので引きとめた。

僕は提督の部屋で手掛かりを探すことにした。

金庫が開放されてるから、何かを持ちだしたんだね。

机上には・・・戦史かな?

書類が散らばっている。

クローゼットから外套が無くなっていた。

提督が何を考えているのか僕には分からないよ。

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 22:59:32.63 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.46  天候:雨 時雨記す】


夕方頃に訃報があった。

提督の遺体が崖の下で発見されたようだ。

遺体は傷だらけで所持品は特に発見できなかった。

軍の見解では港の様子を点検中の事故だという。

高波にさらわれ、何度も崖に打ちつけられた際の傷だそうだ。

この島は常に離岸流が発生しているんだけど。

潮流に逆らってまで崖に打ちつけられることがあるのかな。


僕が提督を止めていればこんなことには・・・

加賀さんは本土へ帰り、僕も異動を言い渡された。

ああ・・・いやな雨だね。

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:02:55.32 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.1  天候:晴れ 提督記す】


新しい鎮守府に着任した。

秘書艦には時雨を選んだ。

落ち着きがあり、気の利きそうな印象を受けた。

自己紹介で読書とお酒が趣味の旨を伝えた。

時雨とはうまくやっていけそうだ。

上層部は、俺にこの孤島で戦史を編纂しろという。

戦績より文才を見込まれたというわけで、少し情けない。

この鎮守府では俺が3人目にあたるそうだ。

前の2人は持病の悪化でお亡くなりになったとか。
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:05:45.87 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.2  天候:晴れ 提督記す】


時雨に鎮守府内を案内して貰った。

孤島の鎮守府とはまるでミステリの舞台じゃないか。

冗談はさておき、都会より静かでのんびりできそうだ。

ここは出撃も少なく、戦史の編纂にはもってこいの環境だ。

あとで、前任者が書いていた戦史でも探してみるか。
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:08:33.81 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.3  天候:晴れ 提督記す】


夜、時雨を招いて酒をふるまった。

フルーティーな香りなら酒に疎くとも飲めるかもしれない。

カルヴァドスを選ぶ。

グラスを湯で温め、香りを際立たせるようにした。

時雨が気にいってくれたようでなによりだ。

この部屋にはいっぱい酒瓶が飾ってある。

前任者もいい趣味をしているじゃないか。

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:12:26.71 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.33  天候:曇り 提督記す】


まったく、上層部の奴らときたら頭にくる。

渡された資料と前任者の戦史にはいくつか食い違いがあった。

惨敗したはずの海戦で勝利を挙げていたり。

不正献金事件の件を削除するよう指示があったり。

真実を書かずに何が戦史なものか。

これでは轟沈した、戦友の艦娘も浮かばれまい。

幸いにも、前任者は俺と同じく正しい歴史を残したかったようだ。


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:15:20.51 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.34  天候:曇り 提督記す】


今日は本土から新しい艦娘が来た。

航空母艦の加賀だ。

礼儀正しいが、どこか見下すような態度を感じる。

警護のためというが、おおかた俺の監視にでも来たのだろう。

上層部に喧嘩を売ったのはまずかったか。

しばらくは俺について回るようだ。

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:18:36.85 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.35  天候:曇り 提督記す】


昨夜、戦史の編纂中に部屋の前で物音を聞いた。

いや、あれは確かに足音だった。

入ってくるよう声をかけるも、返事はなかった。

時雨曰く、鎮守府が古いのでそのせいではないかとのことだ。

ただの考えすぎか。
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:22:18.96 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.40  天候:曇り 提督記す】


加賀の目を盗んで、島の探索に出る。

港のほうへ行くと、花束を持った夕立に声をかけられた。

聞けば、夕立は以前この鎮守府で秘書艦を務めていたそうだ。

前任者が亡くなって異動したとか。

奇遇にも今日がその命日というわけだ。

更に、港で浮かんでいる前任者の遺体を見つけたのも夕立だった。

軍からは執務中の病死だと報告を受けている。

これは一体どういうことなのか。

昼は食堂で時雨と加賀に何か言われたが、頭に入らなかった。
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:25:29.28 ID:n1RWxm7C0
【執務日誌No.44 天候:雨 提督記す】


ひどい雨だ。

この島も今夜には暴風圏に入る。

だが俺は鎮守府を出ることにした。

昨夜、加賀から戦史を置いて本土に帰るよう指示を受けた。

軍は俺の書いた「真実」があまり気に入らないと見える。

俺はこの戦史を世間に公表することに決めた。

本土に戻って青葉に情報をリークしてもらう。

それが前任者への手向けであり、世の中の為だ。
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:29:12.58 ID:n1RWxm7C0
時雨に合羽と懐中電灯を貰おうとしたが、断られた。

さすがに不審がられてしまったか。

仕方なく、外套を羽織り持てるだけの書類をポケットにねじこむ。

念の為に金庫の拳銃をベルトに差していく。

加賀の姿は見えない。

港の船に乗るなら今しかない。

思えば、時雨には心配をかけてしまった。

ほとぼりが冷めたら、バーに誘って一杯やろう。



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:30:14.80 ID:n1RWxm7C0
読んでくれた皆様ありがとうございました。
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 00:07:21.63 ID:rf86J6PtO
果たして事故死か謀殺か
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 02:51:03.95 ID:lpwsrp3xo

いい雰囲気だった

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア