FC2ブログ

恵美「魔王、私はあなたを許さない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:07:45.31 ID:QrREIwK3O
恵美「私はあなたが今までしてきたことを、一日だって忘れたことはないわ」

恵美「そして私は勇者、あなた魔王・・・私にはあなたの魔手からこの世界を守る義務がある」

恵美「だからそのためにも、私はあなたを常に監視できる状態を維持しなければいけないのよ!」




真奥「分かったから頭洗ってやってる時くらい黙れよ。泡が口に入るぞ?」ワシャワシャ

恵美「ちょ、もう少し優しくやりなさいよ! 髪が傷むでしょ!?」プンスカ


注目記事




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:17:00.52 ID:QrREIwK3O
恵美「お風呂入ったらなんだか冷たいものが食べたくなったわね」

真奥「バイトの帰りにアイス買ってきたぞ。お前が前に食べたいって言ってたやつ」

恵美「なっ、それは駅前の限定アイス!」

真奥「一個しか買えなかったからお前にやるよ」

恵美「ふっ、騙されないわよ。そうやって油断させてアイスの中に入れた毒で私を殺す気ね。姑息よ、魔王」

真奥「別に何も入ってねーよ」

恵美「なら何も入ってないと証明して貰うわよ」

恵美「本当に何も入っていないなら・・・そのアイス私と一緒に食べなさい!」ビシィ
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:22:43.02 ID:QrREIwK3O
真奥「分かった。じゃあスプーン持ってくる」

恵美「ちょっと、何スプーンを二本用意してるのよ!」

真奥「いや、二人で食べるんだろ?」

恵美「洗う手間が増えるじゃない! さては洗い物を増やして私を疲労させるつもりね・・・汚いわよ、魔王!」

真奥「いや、スプーンの一本も二本も洗う手間はそんなに変わらんと思うが・・・てか俺が洗うし」

恵美「いいから一本で十分よ!」

真奥「じゃあどうやって二人で食べるんだ?」

恵美「お互いにあ、あーんすればいいじゃない」///

真奥「お前、なんか顔赤いぞ?」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:26:12.13 ID:SHLqRoDY0
かわいい
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:28:13.70 ID:Rnunh2S80
何デレだよw
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:28:33.80 ID:QrREIwK3O
真奥「アイスも食べたし、歯もみがいたし・・・明日はお互い仕事早いからもう寝るか」

恵美「本当は不本意だけど今はその提案に乗ってあげるわ。あなたとはベストの状態で決着をつけたいからね」

恵美「じゃあすぐに寝室に・・・うっ!」ウズクマリー

真奥「どうした、邪気眼か?」

恵美「わ、忘れていた・・・」

真奥「?」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:36:01.52 ID:QrREIwK3O
恵美「今日は月に一度、私の力が極端に落ちる日・・・今の私は何の力もない、か弱いただの乙女と変わらないわ」ブルブル

真奥「さいですか」

恵美「もし今、魔王に襲われたらきっと何も抵抗できないでしょうね・・・魔王がどんな嫌らしいことをして来ても、私にはそれに抗う術はないわ」

恵美「まさかこんな今からベッドに向かう時に気づくなんて・・・不覚!」ユカドン

真奥「・・・」

恵美「・・・」チラッ

真奥「・・・」

恵美「あー魔王は外道だからきっと襲ってくるわーどうしよー私、勇者なのに悔しいー」チラチラッ

真奥「・・・はぁ」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:40:27.27 ID:NN3W4RuG0
誘ってんじゃねえかwwww
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:42:43.63 ID:QrREIwK3O
真奥「下らないことやってないで寝るぞ」

恵美「なっ、私に情けをかけるつもり!」

真奥「さっきも言ったが明日お互いに早いだろ。夜更かしはダメだ」

恵美「ふっ、私を見くびらないで欲しいわね。例え力がなくても私は勇者よ! 何時でも戦う覚悟はできてるわ!」

真奥「はいはい」シンシツノドアオープン

恵美「え、ちょ、ほ、本当に襲わないの? この千載一遇のチャンスを?(汗」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:46:08.51 ID:QrREIwK3O
真奥「悪いが俺はもう眠いんだ。今日も早かったしな・・・」

恵美「・・・」

真奥「・・・」

恵美「・・・」ソデクイクイ

真奥「・・・」

真奥「・・・たくっ、先にベッド行って待ってろ」

恵美「!」パァァ
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:51:12.04 ID:QrREIwK3O
恵美「やはり来たわね、魔王! 弱った私に牙を向けるなんてやはりあなたは姑息よ、外道よ、卑怯者よ!」

恵美「だけど私は勇者! 簡単には屈しないわ!」

恵美「くっ、もう魔力を使ってきたわね・・・ああ、魔王の魔力で身体が勝手にベッドに向かう~あ~れ~」

真奥(スキップして寝室に入ってた)
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:58:55.96 ID:QrREIwK3O
恵美(その後、ベッドという名の戦場で私と魔王のバトルが開始された)

恵美(魔王の力は強く逞しく激しかった。しかし私は諦めなかった)

恵美(なぜなら私は勇者だからだ。例えどんなに不利な状況でも勇者が魔王にやられるなんてこっはあってはならないのである)

恵美(何度も何度も挑み・・・そして朝を向かえた)


チュンチュン
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:03:23.49 ID:QrREIwK3O
恵美(・・・激しい戦いだったわ。壊れなかった私を褒めてあげたい)

真奥「ZZZ・・・」

恵美(気楽に寝てるわね。勇者の隣でこんな無防備な姿を晒すなんて魔王としての自覚に欠けているんじゃない?)

恵美(もう力は戻っている・・・やるなら今がチャンス!)
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:07:38.26 ID:HVD3VzQx0
恵美(・・・激しい戦いだったわ。壊れなかった私を褒めてあげたい)

可愛すぎるwwwww
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:07:34.53 ID:QrREIwK3O
真奥(・・・)

チュチュ

真奥(ん・・・なんか息苦しいような)

チュ・・・ンッ・・・チュバ

真奥(しかも口の辺りが・・・まさか!?)

真奥「・・・むっ! んんっ!?」

恵美「んんっ・・・んちゅ・・・はっ、起きたわね!?」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:13:18.00 ID:QrREIwK3O
真奥「はぁ、はぁ・・・目覚めのキスにしては少し過激じゃないか?」

恵美「勘違いしないで! 勇者はチャンスを逃さないものよ。今のは寝ているあなたをキスで窒息させようとしただけなんだから!」

恵美「それなのに途中で起きるなんて・・・運が良かったわね、魔王!」

真奥「そうか。とりあえずおはよう」

恵美「あ、うん。おはよう」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:17:21.12 ID:QrREIwK3O
恵美「財布と鍵は持った?」

真奥「ああ」

恵美「ハンカチとちり紙は?」

真奥「ポケットに入ってる」

恵美「ちっ、忘れものはなしか・・・仕事場に行ってから気づいて困ればよかったのに」

真奥「何時も出かけにお前がチェックしてくれてるからな」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:22:10.77 ID:QrREIwK3O
恵美「だけど魔王、やはりあなたは愚かよ。一番大事なものを忘れてるわ」

真奥「あれ、まだなんか忘れてたっけ?」

恵美「これよ、これ・・・んっ」

真奥「・・・途中まで一緒なんだから別にここでやらなくてもいいんじゃね?」

恵美「あなた、それでよく魔王を名乗れたわね。こういうのは玄関前でするものなの」

恵美「それに外は・・・ほら、周りに人いるし・・・(ゴニョゴニョ」///

真奥「はいはい。わかったよ」

チュ
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:28:36.19 ID:QrREIwK3O
真奥「じゃあここで別れるか。帰りは昨日と同じくらいだと思う」

恵美「せいぜい汗水流して働くことね。なにせ生活がかかってるんだから」

真奥「おう、お前も仕事頑張れよ」

恵美「・・・だけど無理はし過ぎないでよ。あなたとは万全の状態で決着をつけたいから。分かったわね?」

真奥「はいはい。じゃーな」ノシ

恵美「本当に私にやられる前に倒れないでよ。あなたを倒すのは私なんだからね」ノシ
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:34:20.28 ID:QrREIwK3O
梨香「ねえ、恵美。最近どうなのよ?」

恵美「どうって?」

梨香「もちろん真奥さんとのことよ。最近同棲始めたんでしょ?」

恵美「違うわ。一緒に住むことにしたのはあいつを監視するためよ」

梨香「他の女の目から守るために?」

恵美「世界を守るためよ」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:44:05.09 ID:QrREIwK3O
梨香「別にあの人なら浮気とかの心配はなさそうだけど・・・でもここまでこれてよかったわね。二人とも、お似合いだよ」

恵美「はあ、貞夫と私がお似合い? 馬鹿言っちゃいけないわ。私とあいつは敵、敵同士なのよ。食うか食われるかの仲なのよ。
永遠の宿敵同士なの。そこに甘い関係があるなんて、は、ちゃんちゃらおかしくて茶がヘソを沸かすわ。本当梨香ったら変なこと言うんだから。
それよりお昼はカレーでも食べにいきましょう。私が奢ってあげるわ」

梨香(アホ毛が高速で上下してる・・・どうなってんだろう?)
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:49:53.00 ID:QrREIwK3O
恵美「勇者エミリア帰還! 魔王、今日が貴方の命日よ!」ドアバーン

恵美「っとまだ帰ってないのね。まあ玄関に靴なかったから分かってたけど」

恵美「確か帰るのは昨日と同じくらいって言ってたわね。すると決戦まで後30分くらいか」

恵美「・・・夕飯の準備でもしましょう。そして今日もなんとなく多めに作りたい。具体的に二人分くらい」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:55:20.06 ID:QrREIwK3O
恵美「・・・」トントン

恵美「・・・」トケイチラッ

恵美(あと20分・・・)

恵美「お気に入りのウサちゃん抱いて~♪」グツグツ

恵美「・・・」トケイチラッ

恵美(後18分・・・)
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:01:18.14 ID:QrREIwK3O
恵美(後10秒・・・9、8、7・・・)

恵美(3、2、1、0!)

恵美「来たわね、魔王! さあ、今夜こそ決着をつけるわよ!!」ドアビシー

シーン

恵美「・・・」

恵美「・・・わかってるもん。昨日と帰る時間がぴったり同じじゃないことくらい」シュン
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:05:23.17 ID:QrREIwK3O
恵美(まあ、もう帰ってくるでしょ)

恵美(・・・遅いわね。コンビニにでもよっているのかしら)

恵美(まったくどこで道草食ってるんだか)

恵美(・・・)

恵美(ケータイに連絡は、入ってないわよね?)

恵美(・・・)

恵美(・・・あれ?)
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:11:59.67 ID:HVD3VzQx0
>>54
の最後の『あれ?』ってなんだったんだ?
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:18:04.04 ID:QrREIwK3O
>>57 「あれ、いくらなんでも遅すぎないかなー」的な『あれ』
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:09:38.44 ID:QrREIwK3O
恵美「いくらなんでもちょっと遅くないかしら?」

恵美「さては私に恐れをなして逃げたのね。はっ、もしそうならとんだ腰抜け魔王だわ」

恵美「魔王、あなたはそうじゃないでしょ? さあ、早く帰って私を抱き、じゃない倒しなさいよ!」

恵美「・・・」

恵美「・・・とりあえずケータイに連絡しましょう」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:12:36.37 ID:QrREIwK3O
恵美(繋がらない・・・)

恵美(そもそも何時もなら遅くなる時は毎回連絡があったのに・・・)

恵美(まかさ本当に何かあったんじゃないでしょうね?)

恵美「・・・ふざけないでよ」

恵美「あんたを、魔王を倒すのは勇者であるこの私なのよ」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:18:04.04 ID:QrREIwK3O
恵美(とにかくマグドまで行ってみるわよ)ドアバーン

真奥「うお!?」ビクッ

恵美「あ」

真奥「びっくりしたな、いきなりドア開けて・・・ん、上着なんて羽織って何処か出かけるのか?」

恵美「・・・」
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:21:53.23 ID:QrREIwK3O
恵美「こんな時間・・・」

真奥「ああ、悪い。急な残業が入ってちょっと遅くなっちまった」

恵美「連絡・・・」

真奥「ごめん。ケータイの電池が切れてた。まあすぐ帰るからいいかなって」

恵美「・・・」

恵美「(´;ω;`)ブワッ」

真奥「え!?」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:27:01.67 ID:QrREIwK3O
真奥「おい、なんで泣くんだよ! ちょっと遅れただけだろ!?」

恵美「やっぱりあんた魔王としての自覚ないわよ! 普通、魔王は勇者が来るのを待つものでしょ! なのになんで勇者が魔王が来るのを待つのよ!(涙」ポカポカ

真奥「おい、叩くなよ! ポカポカとか擬音は可愛らしいけどお前勇者だから結構痛いんだぞ! 悪かった、悪かったよ!」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:27:46.28 ID:rVSPlnCD0
面倒臭いなあ
可愛いなあ
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:33:16.02 ID:QrREIwK3O
恵美「・・・分かってるわよ、私が我が儘なのは」

恵美「これくらいで怒るなんて大人げないって」

恵美「だけどそれでも気になるのよ・・・だって私は勇者で、あなたは魔王だから・・・それに・・・」

真奥「・・・ごめんな」ギュ

恵美「!」

恵美「・・・」ギュー
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:36:00.88 ID:QrREIwK3O
恵美「・・・ねえ」

真奥「ん?」

恵美「今ので・・・あなたの邪悪は抱擁で私は力を奪われたわ」

恵美「これも・・・チャンスだと、思うんだけど?」///

真奥「・・・」

真奥「・・・そうだな」

チュ
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:39:31.01 ID:QrREIwK3O
恵美(私は勇者。あなたは魔王)

恵美(そこには強いつながりがある)

恵美(だからずっと私の側にいて。もし勝手に離れたりしたら)

恵美(許さないんだから。ね、サタン♪)

おわり
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 22:39:49.50 ID:HVD3VzQx0


素晴らしかった!

この書き手のSS:

恵美「魔王、私はあなたを許さない」


真奥「お◯ぱい揉みたい」


真奥「何、乳首を吸えば魔力が回復するだって!?」 芦屋「はい」


千穂「真奥さんのことを想うと胸が苦しい」


真奥「あれ、恵美?」 恵美「……ちっ」


真奥「うるせえよ! この乳無しデコ勇者!!」 恵美「!?」


 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

超甘いな・・・


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。