FC2ブログ

鈴乃「猫、可愛い」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 22:50:17.63 ID:jUFeYECWO
TVの司会『今日のアニマル王国は可愛いニャンちゃん特集です』

鈴乃「…………」ポオ-

TVの猫『にゃ~ん』

鈴乃(お持ち帰りしたい)ポワーン

※テレビ派の人には若干ネタバレあり
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 22:54:23.00 ID:jUFeYECWO
鈴乃(やはり猫は可愛い)

鈴乃(欲を言えば飼ってみたい。ほっぺにスリスリして肉球をプニプニしたい)

鈴乃(しかしヴィラ・ローザ笹塚はペット厳禁だし……)

鈴乃(隣のルシフェルは猫アレルギーときている)

鈴乃「……まあ、こうやってTVで見ているだけでも満足しているがな」

ドンドン

宅配業者「スイマセン、鎌月さん~。お届け物です~」

鈴乃「ん?」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 22:57:57.40 ID:jUFeYECWO
鈴乃「何だ、この箱は? えっと、宛名は……」

鈴乃(これは……思い出した。この前なんとなく送ったフリーペーパーの懸賞だ)

鈴乃「確か商品は当たるまで何か分からなかったはずだが……まさか当選するとは思わなかった。何が入っているのだろう?」

鈴乃「…………」ガサゴソ

鈴乃「これは……ぱーてぃーぐっず?」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:01:50.51 ID:jUFeYECWO
鈴乃「クラッカーにヘリウムガス、金髪の鬘に鼻の飾りが付いた眼鏡……」

鈴乃(……どう考えても要らない)

鈴乃(どうせ当たるなら当たるでもう少しマシなものが良かった。こんなもの、ただ部屋の場所を取るだけじゃないか)

鈴乃(さて、どうするか……隣の魔王達にでも譲るか?)

鈴乃(正直宴なぞ開ける余裕が奴らにあるとは思えないが、借金と病気以外なら何を貰っても喜びそうな連中だからな。よし、そうしよう)

鈴乃「とりあえず包装紙だけは貰って……ん、これは?」

つ猫耳カチューシャ
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:07:24.80 ID:jUFeYECWO
鈴乃(こんなものまで入っているのか? というかこれは宴の道具なのか?)

鈴乃(それにしても色はピンクか。こんな色をした猫が何処にいるというのだ?)

鈴乃(……しかし意外と可愛くも、見える)

鈴乃「…………」

鈴乃「…………」キョロキョロ

鈴乃「…………」サッ←髪下ろした
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:12:41.96 ID:jUFeYECWO
鈴乃「…………」←猫耳モード

鈴乃(何となく付けてしまった。そう何となくだ)

鈴乃(これは元々私が貰ったものだからな。どれか1つくらいは使わないと……こう、何かあれだし)

鈴乃(まあ、私がピンクの猫耳なんてしても似合いはしないだろうがな)トオイメー

鈴乃「…………」

鈴乃「えっと、鏡、鏡っと……」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:18:16.71 ID:jUFeYECWO
鈴乃「…………」ゴクリ

鈴乃「…………」チラッ

鈴乃「……ん?」

鈴乃「これは……」マジマジ

鈴乃(じ、自分で言うのも何だが……わ、悪くないのではないか?)

鈴乃(少なくとも似合ってなくも無い、と思う)ジー
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:22:31.29 ID:jUFeYECWO
鈴乃(って、落ち着け。こんなものが似合っているからといって何だというのだ)

鈴乃(でもやっぱり……可愛い、かも)

鈴乃「…………」

鈴乃「……にゃ~ん♪」ニパァ

鈴乃「…………」

鈴乃「~~~///」バンバンバン←恥ずかしさのあまり床を叩いている
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:28:23.79 ID:jUFeYECWO
鈴乃(何をやっているんだ、私は! 何をやっているんだ、クレスティア・ベル!!)

鈴乃(これはあれか? 猫が飼えないから私自身が猫になろうとしたのか?)

鈴乃(こんなところ誰かに見られたら一大事だ! この髪飾りもさっさと外して……)

カシャ!

鈴乃「え?」フリカエリー

漆原「…………」ニヤニヤ←デジカメ持っている

鈴乃「」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:31:52.81 ID:jUFeYECWO
漆原「お楽しみ中は鍵を閉めておいた方が良いと思うよ。不用心だしさ」ニヤニヤ

鈴乃「ル、ル、ル、ルシフェ、ルシフェル? な、な、何で、お、お前……///」プルプル

漆原「いや~、芦屋の奴が出掛けているんだけどお昼ご飯用意してなくてね。お金も無いし仕方ないからベルに何か作って貰おうと思って来たらさ」ニヤニヤ

漆原「何かとても楽しそうにしていたから、これは写真に撮らなきゃと思って」ニヤニヤ

鈴乃「~~~///」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:37:35.49 ID:jUFeYECWO
鈴乃「ル、ルシフェルゥゥゥゥ!!!」

漆原「せっかくだしもう1枚撮っておこうか。はい、ポーズ」

鈴乃「あ、うん」マネキネコノポーズ

カシャ!

鈴乃「……って、うわあああああ!?///」

漆原「今日のベルは何時もよりテンション高いね」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:42:45.80 ID:jUFeYECWO
鈴乃「よこせ! そのカメラを今すぐよこせ!!」ヒッシー

漆原「やだよ。せっかく良い写真が取れたんだか」

鈴乃「全然良くない! いいから貸せ!!」ドン

漆原「うわっ! うぅ、力づくかよ……」

鈴乃「ふん、万年ニート堕天使から物を奪う事くらい造作も無い! すぐにこの写真は削除させて……」

鈴乃「削除させて……」

鈴乃「…………」

鈴乃「や、やり方が分からない」オロオロ

漆原「ですよねー」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:46:24.40 ID:jUFeYECWO
鈴乃「くっ、かくなる上はこのカメラ叩き潰して……!」ブシンテッコー

漆原「ああ、ちなみにもう写真は僕のパソコンに転送しているよ」

鈴乃「え?」

漆原「知らないの? 最近のデジカメは撮った写真を通信で即座にパソコンに送る事が出来るんだよ。まさかパソコンまで叩き潰すとか言わないよね?」

鈴乃「う、うぅ……」プルプル

漆原(まあ、こんな安物のデジカメにそんな機能無いんだけどね)
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:51:17.08 ID:jUFeYECWO
漆原「そんなに恥ずかしがる事ないじゃん。良い写真じゃないか」

漆原「真奥達にも見せてあげたいよ」

鈴乃「やめろ! それだけはやめろ!!」アタフタ

鈴乃(もし、もしこんな写真をみんなに見られたら……)ゴクリ

…………

真奥「お、結構可愛いじゃないか」マジマシ

恵美「ま、まあ良いと思うわよ。あはは」ニガワライ

アラス・ラムス「すずねーちゃ、にゃんにゃーなの?」キョトン

芦屋「プッ……フフッ、に、似合っているぞ、猫好き」プルプル

千穂「あざといです、鈴乃さん。歳を考えて下さい」マガオ

…………

鈴乃(絶対駄目だ! 魔王とか普通に褒めて来そうなのが逆にダメージがでかい! ど、どうすれば……)

漆原(うずくまって考え込んでる……)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:51:55.80 ID:it4ZKy2y0
鈴乃ちゃんかわいぃいいいいいいいい
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 23:57:11.99 ID:jUFeYECWO
漆原「でもやっぱり僕1人で見るのは勿体ないと思うんだよね。こういう楽しみはみんなで分かち合わないと」

鈴乃「…………」

漆原「大丈夫だって。真奥達もきっと似合うって言ってくれるよ。現に僕も……」

鈴乃「…………」ムクッ

漆原(お、立ち上がった)
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 00:02:17.76 ID:V1JkoFqdO
鈴乃「…………」テクテク

漆原「えっと、ベル?」

鈴乃「……要求は何だ?」ウルウル

漆原「え?」

鈴乃「どうせその写真を使って私を脅すつもりなんだろう! 早く要求を言え、この悪魔め!!」ポロポロ

漆原「いや、確かに悪魔だけどいきなり何言ってんの? というか泣かないでよ!?」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 00:06:46.08 ID:V1JkoFqdO
鈴乃「うるさい、馬鹿……ひくっ、漆馬鹿……」ポロポロ

漆原(やばい、少しやり過ぎたかな? 正直、普段良く言われている小言のお返しが出来ればそれで良いやと思っていて、別にそんな気はなかったんだけど……)

鈴乃「うぅー……」ポロポロ

漆原(大きな瞳に涙溜めて睨むベル可愛過ぎ……って、そんな感想を抱いている場合じゃない!)

漆原「ごめん、本当ごめん! 要求とか何もないから! 写真ね、すぐ消すからね! ほら消しました! ついでに僕の記憶からも消えたよ! やったね、ヒャッホー!」アセアセ

鈴乃「ひぐっ……い、良いじゃないか……えぐっ、可愛いと、思ったんだから……ちょっと、好奇心で……ひくっ、付けたくらい……」ゴウキュウ

漆原「うん、そうだね! 仕方ないよね! 好奇心は止められないよね!」ナデナデ
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 00:09:46.69 ID:V1JkoFqdO
漆原「えっと……あのさ、ベル。本当にごめんね」ナデナデ

鈴乃「……グスッ」

漆原「ただ分かって欲しいのは、似合っていると思ったのは本当であって」

漆原「正直、ベルが猫だったら飼いたいなって思ったくらいだよ」

鈴乃「…………」

鈴乃「……え?」

鈴乃「えぇ!?///」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 00:13:51.73 ID:V1JkoFqdO
鈴乃「ル、ル、ル、ルシフェル! お、お、お、お前、い、い、い、今なんて!?///」

漆原「え、ベルが猫だったら飼いたいって事? いや、猫耳付けたベルならくしゃみも出ないし……」

鈴乃「わ、わ、わ、わた、私を飼い、飼いたいとか! い、い、いきなり何を言っているんだ、お前は!!///」

漆原「いや、それは例えというか今のベルはそれくらい可愛いという意味で……」

鈴乃「うるさい! 誰がニートのお前なんかに飼われるか! もう出て行け! この部屋から出て行け!!///」ポカポカ

漆原「痛い! 痛い! わ、分かった! 分かったからやめて……うわっ、そのハンマーはマジで洒落にならないから! ちょ、やめ!?」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 00:17:17.64 ID:V1JkoFqdO
…………

漆原「うぅ、酷い目にあった……」ボロボロッ

漆原(途中まで上手くいっていたんだけどな……やっぱり女の涙は反則だよ)

漆原(まあその代わり良いものは見られたけどね。それに)

漆原(実はデジカメの写真は削除してなかったりして)ニヤリ
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 00:21:06.69 ID:V1JkoFqdO
漆原(もっとも、最初からこれを他の誰かに見せるつもりは無いんだけどね)

漆原(ベルが嫌がっていたのも分かってたし)

漆原(それに何となく独り占めにしたい気分なんだよね、これ)

漆原(さて、早速パソコンに取り込んでプリントアウトしようっと)

漆原「~♪」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 00:27:08.75 ID:V1JkoFqdO
…………

鈴乃(まさかこの程度の事で取り乱してしまうとは……我ながら情けない)

鈴乃(いや、あれはルシフェルが悪いのだ。それにあんな変な事を言うから……)

鈴乃「…………///」

鈴乃「……過ぎた事を何時までもうじうじ言っても仕方がない。とりあえず夕飯の買い物にでも行くか」ガチャ

芦屋「ん?」

鈴乃「おお、アルシエル。今帰りか?」

芦屋「…………」ジー

鈴乃「む。何だ、人の顔をジロジロ見て?」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 00:30:14.87 ID:V1JkoFqdO
芦屋「お前……その頭のピンクの耳は何だ?」

鈴乃「……あ」

おわり
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 00:33:01.50 ID:V1JkoFqdO
ここまで読んでくれた人、ありがとうございました。

この前読んだ何時もの人のルシベルがよかったので久々に自分も書いてみました。相変わらず中身ないです。

また何か思いついたら書きたいです。
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 01:05:42.50 ID:eX4E2QOS0

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ