漆原「ベルと夏祭り」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:27.10 ID:1wR1X5Hz0
漆原「真奥のバイト、夜店の手伝いがようやく終わったー」

漆原「真奥からお小遣いも貰った事だし、祭りを楽しもうかな~」


漆原「いろいろお店があるね」

漆原「デビルフィッシュの包み焼きもいいし。唐揚げでもいいよね」

漆原「どれにしようかな」

バンッ

??「きゃあ」

漆原「あっ、ごめんね。余所見してて…って、ベル!?」

鈴乃「すまん…ってルシフェル!?」

漆原「え?なに?じゃあ今の『きゃあ』って可愛い声はベルなの?」

鈴乃「そんな事より貴様がなぜここにいる!?」

漆原「ねえねえねえ、さっきの『きゃあ』って可愛い声は…」

鈴乃「うるさい!黙れ!」


注目記事




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:31.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「ごめんなさい」

鈴乃「わかればよろしい」

漆原「だからってボコボコにしなくても…」

鈴乃「何だ?まだ体に教えてほしいのか?」

漆原「それよりさー」

鈴乃「…何だ?」

漆原「その風船ってベルが買ったの?」


鈴乃「ち、違う!商店街の饅頭屋さんが夜店をやっていて、記念にくれただけだ!」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:33.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「そのお面は?」

鈴乃「こ、これはその…」

漆原「その綿飴は?」

鈴乃「ち、ちがう」

漆原「その水ヨーヨーは?リンゴ飴は?」

鈴乃「ぐ、ぐぬぬぬぬぬぬ」

漆原「あっ、ごめん。だからそんなに大きな瞳で涙目にならないでよ」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:36.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「ところでさー。僕お腹が減っちゃった。どれが美味しかった?」

鈴乃「ああ、そこの夜店だ」

漆原「…」

鈴乃「私もまた食べようと思っていた所だ。一緒に行くぞ」

漆原「またおうどんなの?」

鈴乃「ああ、さっきはかけうどんを食べたから、今度は肉うどんにしようと思ってな」

漆原(ベルがすっごくキラキラしてる。うどんがそんなに好きなんだね)
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:39.00 ID:1wR1X5Hz0
鈴乃「どうだった?」

漆原「そうだね。こういう所で食べるうどんは、いつもと違って美味しいかもね」

鈴乃「そうだろう。そうだろう」


漆原(ベルが我が子を褒めてもらったお母さんにみたいにニコニコしてる…可愛いなまったく」

鈴乃「なっ!?か、かわいい!?」

漆原「あっ、しまった。声に出てた」

鈴乃「うぅぅ…」

漆原「ちょっとこの程度でショートしないでよ!」

鈴乃「いや、それがその…男に褒めてもらうのは初めてで…」

漆原「だからって、いい年したおばさんが『可愛い』程度で恥ずかしがらないでよ!」

鈴乃「…ほう。貴様はどうやら死にたいようだな」

漆原「いえ、鈴乃さん18歳でした。ごめんなさい。だからハンマーは勘弁して下さい」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:40.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「ねえねえ、りんご飴って美味しいの?」

鈴乃「ああ、中々美味だぞ」

パクッ

鈴乃「なっ!?」

漆原「へぇ~、外は甘くて中は普通のりんごか。美味しいね」

鈴乃「貴様!なぜ私が手に取っていたりんごを食べた!?」

漆原「だって、うどん食べたから、あまり食欲ないし。でも一口食べたかったんだよ」

鈴乃「だからと言って…だからと…」

鈴乃(りんごに歯形が…これでは間接…)

漆原「もしかして、好きだった。お金は少しあるからもう一個買おうか?」

鈴乃「い、いや。これでいい。勿体ないしな」

漆原「う、うん?」

漆原(何でりんご飴をじーっと見つめてるんだろう…そんなに好きだったのかな?)
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:44.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「あっ、金魚すくいやってる」

鈴乃「どれ、一つやってみるか」

漆原「飼うの?」

鈴乃「ああ、金魚だったら私の部屋で飼っても何も問題はあるまい」

漆原「でも、すくうのって難しいって聞くよ?」

鈴乃「問題ない。こう見えても私はスピードとテクニックには自信がある」

漆原「へ、へぇ~」

鈴乃「では、参る!」

………

漆原「あははははは、二匹だけ」

鈴乃「…」

漆原「あはははは、何だっけ?『私はスピードとテクニックには自信がある』だっけ?」

漆原「あはははははは」

鈴乃「では、貴様がやってみろ!」

漆原「仕方ないね。堕ちたとはいえ、最強の天使と言われた僕の力を見せてあげるよ」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:46.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「…」

鈴乃「…」

漆原「0匹、一匹も取れないなんて…」

鈴乃「…」

漆原「…」

鈴乃「…」

漆原「お願いやめて!お願いだからやめて!」

鈴乃「…」

漆原「その可愛いドヤ顔で僕を見るのは止めて!」

鈴乃「いやいや、『最強の天使と言われた僕の力を見せてあげるよ』だったかな?」

鈴乃「自画自賛というのは正にこういうことなんだな。勉強させてもらったぞ」

漆原「うわあああああああああああああああ」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:48.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「死ぬ…死にたい」

鈴乃「もう落ちつけ。店主殿が一匹くれたではないか」

漆原「同情された…死にたい」

鈴乃「ほら、これでも食べてみろ」

漆原「もうお腹いっぱい…って何これ!?」


鈴乃「綿飴だ。美味しいだろ?」

漆原「うん…うん!これ美味しい♪」

鈴乃(まったく、食べ物で機嫌が直るとは子供みたいだな)

漆原「…なんで笑ってるの?すっごくイラつくんだけど…」

鈴乃「いや、なに…なんでもないぞ…ふふふ」

漆原「何さ?何が面白いんの?」

鈴乃「何でもない。何でもないぞ♪」

漆原「?」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:50.00 ID:1wR1X5Hz0
鈴乃「おぉ!盆踊りをやっているぞルシフェル!」

漆原「盆踊りというより…ちょっと違うね。男女セットで踊ってるし」

鈴乃「ん?そういわれると…違うのか?」

漆原「そうだね。独自の踊り…いや、何て言ったかな。フォークダンスだっけ?」

鈴乃「スプーンとフォークのフォークか?何を言っているんだ貴様は」

漆原「そんな可愛く首をかしげないでよ!たぶん変なのはベルだから!」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:51.00 ID:1wR1X5Hz0
鈴乃「…」

漆原(すっごくワクワクしてる…)


漆原「えーと、踊るの?」

鈴乃「そ、そうだな」

鈴乃「ま、まあ貴様が相手では正直不満だが、仕方あるまい。一緒に踊ってやろう」

漆原「はいはい。僕は鈴乃さんですっごく嬉しいですよー」

鈴乃「踊りは他の人のを真似れば良いな」

漆原「えーと、手を握って…?」

ギュウ

鈴乃「っ//」カァー

漆原「お願いだから手ぐらいで赤くならないで!僕も恥ずかしくなるから!」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:55.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「…って、あれ?」


鈴乃「大丈夫か?」

漆原「僕倒れちゃったの?」

鈴乃「ちょっとだけ踊ってすぐに倒れおって…まったく失礼な奴だ」

漆原「それでベルがおんぶしてくれてるんだ」

鈴乃「気付いたのなら早く降りろ」

漆原「今日はたくさん動いたから疲れちゃった」

鈴乃「降りろ!」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:58.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「それにベルは、いい匂いするし柔らかいし。このままがいい」

鈴乃「なっ!?」

漆原「ん?耳まで真っ赤だよ」

鈴乃「降りろ!すぐに降りろ!!!!」

漆原「えー。全力で離さない」

鈴乃「ぐぬぬぬぬぬ」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:12:59.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「って、言いながらも、無理矢理に僕を降ろそうとはしないんだね?」

鈴乃「これは病人だから、仕方なくだ!」

漆原「そんな面倒見がいいベルが大好きだよ」

鈴乃「なっ…ななななななな!?」

漆原「これからもずっと僕の面倒を見てね」

鈴乃「私は貴様なぞ大嫌いだ!」

漆原「えぇ~。傷つくな~」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:13:00.00 ID:1wR1X5Hz0
鈴乃「だ、だが」


鈴乃「め、面倒くらいなら少しは見てやらん事もない!」

漆原「ありがとう、ベル」

鈴乃「少し!少しだから勘違いするなよ!」

漆原「はいはい」



鈴乃(ルシフェルの嬉しそうな笑顔を、久々…いや初めて見た気がした)

鈴乃(だからと言って、惚れたりなどはしていない!)

鈴乃(絶対だ!)
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:13:02.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「ベル~」

鈴乃「何だ?」

漆原「今日のお礼として、僕の魔力が回復したらさー」

漆原「ベルを背中に乗せて翼で空を飛んであげる」

鈴乃「は、はぁ!?別に自分で飛べる!」

漆原「羽で飛ぶって気持ちいいんだよ~。あー、残念だなー。ベルはこの気持ちよさを知らずに死ぬなんてー」

鈴乃「むっ…そこまで言うなら乗ってやらん事もないが…」


鈴乃「気持ちよくなかったら許さんからなっ!」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:13:03.00 ID:1wR1X5Hz0
漆原「はいはい。絶対に満足させてあげるよ」

鈴乃「ああ、楽しみにしている」

漆原「そんなに嬉しそうにされると、僕も頑張りたくなるなー」

鈴乃「べ、別に嬉しそうになどしていない!」

漆原「はいはい」

鈴乃「ぐっ、ぐぐぐぐぐぐ」


鈴乃(…)

鈴乃(まあ、こんな日常も悪くはないかもな)

鈴乃(ずっと続けばいいのだが…本当に…)





       終わり
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:13:04.00 ID:1wR1X5Hz0
これにて終わりになります。
支援&見てくれてありがとうございました!
また機会があればよろしくお願いします!
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 22:13:05.00 ID:ftEAurHRO
鈴乃「気持ちよくなかったら許さんからなっ!」

はい、変な事考えた人はおとなしく前にでましょう。自分は出ます。

関連スレ:

この書き手のまとめ


 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。