FC2ブログ

漆原「ベルが遊びにやってきた」鈴乃「『面倒を見に来た』だ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 22:47:24.34 ID:dD1V56zv0
鈴乃「ウナギだと!?」

漆原「真奥がおすそわけでウナギを貰ったんだ。だから一緒に食べない?というか調理して」

鈴乃「た、確かにウナギなど食べた事ないが、だからと言ってルシフェルと二人っきりで食するのは気分が乗らんな」

漆原「おかしいな。僕にはベルが、しっぽをフリフリしている喜んでいるチワワに見えるんだけど?」


鈴乃「ルシフェルがそこまで言うなら仕方あるまい。私も食するとしよう」

漆原「はいはい。ウナギって罪だね」


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 22:48:17.46 ID:maZpQmyF0
るか子かわいい
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 22:49:41.35 ID:aZ/ZfRmf0
うどんさんが一番可愛い
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 22:52:40.22 ID:dD1V56zv0
鈴乃「こ、これはっ…!」

漆原「ウナギってこんなに美味しいんだね」

鈴乃「……」モグモグ

漆原「そんなにがっつかなくても、まだたくさんあるからさ」

鈴乃「おかわりしてもいいのか!?」

漆原「うん、あるだけ全部食べていいよ」

鈴乃「…」パァァァ

漆原「そんな嬉しそうにこっち見ないでよ。照れるでしょ」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 22:59:05.85 ID:dD1V56zv0
鈴乃「…」モグモグ

漆原(4人前あったのに、たくさん食べるな~)

鈴乃「…」モグモグ

漆原「…」モグモグ


鈴乃「うっ………げほっごほっ」

漆原「はぁ~、ゆっくり食べないから…大丈夫?」

鈴乃「ごほっ、うるさい!背中をさするな!悪魔が触るな!」

漆原「はいはい。涙目で言われても怖くないからね~」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 22:59:50.21 ID:B0h387BtP
漆原ってちょっと可愛いよな…
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:05:01.62 ID:dD1V56zv0
鈴乃「…」モキュモキュ

漆原(今度はゆっくり食べてる…)


漆原「ベルってさ、ウナギとうどんのどっちが好き?」

漆原「あっ、ちなみにうどんを選んだら、ウナギは没収ね」

鈴乃「………………………え?」


漆原「じょ、冗談だよ!そんな世界が破滅したような顔しないでよ!」

鈴乃「そ、そうか。冗談か」パァァ

漆原「何でそんなに笑顔なわけ!?やめて!僕の罪悪感はMAXだよ!」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:11:09.67 ID:dD1V56zv0
鈴乃「ごちそうさまでした」

漆原「ごちそうさま」

鈴乃「ん?ルシフェルはもう食べないのか?冷蔵庫にあと一切れ残ってるぞ?」

漆原「ううん、もういい」

鈴乃「普段より食べてないが大丈夫か?」

漆原「ご飯を食べている間の、ベルのすっごい笑顔を見てたら、お腹いっぱいになったからね」ボソッ

鈴乃「え?」

漆原「ううん、なんでもないよ」


鈴乃「うぅぅ…」

漆原「って、聞こえてたの!?赤くならないでよ!こっちが恥ずかしくなってきたよ!」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:16:57.81 ID:dD1V56zv0
鈴乃「」バシャバシャ

漆原(ベルは食器を洗っている途中…暇だしテレビでも見ようかな)


パチン


TV『みなさん、こんにちは』

鈴乃「こんにち………」


鈴乃「…こんにちはお日柄もよく…よし、これで結婚式の挨拶も大丈夫だな」

漆原「いやいやいやいや、今完全にテレビに挨拶したよね!?」

鈴乃「…」バシャバシャ

漆原「何事もなかったように洗い物に戻っても、誤魔化しきれてないからね!」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:23:32.62 ID:dD1V56zv0
鈴乃「仕方ないだろう!挨拶をされたら、挨拶をするのが常識だ!」

漆原「だからって、テレビに反応するなんてびっくりだよ」

鈴乃「ぐ、ぐぬぬぬぬぬぬ」

漆原「大きな瞳に涙を溜めながらこっちを見ないでよ!ごめん、僕が悪かったから」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:25:21.92 ID:d/qUVS7f0
うどんさん可愛すぎワロタ
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:28:21.70 ID:dD1V56zv0
~♪

鈴乃「…電話だ」


鈴乃「もしもし………魔王か…………なに!?ルシフェルが!?」

鈴乃「…わかった。仕方あるまい緊急事態だしな…ああ、任せてくれ」

漆原「真奥から?なんて内容だったの?」

鈴乃「ルシフェルと魔王が車で人に怪我をさせたらしい。それで緊急にお金が…」


漆原「いやいやいや、僕は部屋から出ないし、真奥は自転車しか持ってないよね!?」

鈴乃「え…あっ」

漆原「オレオレ詐欺だよ!ベルどうしたの!?いつもならすぐに気付くでしょ!」


鈴乃「いや、すまん、頭が真っ白になって…いや、よかった~」

漆原「何で戦地から子供が帰ってきた母親みたいに安堵してるのさ」


漆原(…電話してきた奴の住所特定して、警察に突き出しておくか)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:34:26.49 ID:dD1V56zv0
ガララララッ

恵美「来たわよー。まったくこの部屋は相変わらず暑いわねー」

恵美「って、あれ?真奥は?」

鈴乃「バイトだと思うが?」

恵美「おかしいわね…今の時間はバイト入ってなかったはずなんだけど…」

漆原「近所の公園の清掃活動だってさー」

恵美「ああー、相変わらず地域にお優しい事ねー」


漆原「っていうか、真奥のシフト状況把握してるんだね~」

恵美「はあ!?いつでも闇討ちできるように把握してるんですが文句ある?」

漆原「はいはい。顔真っ赤で言っても怖くないからね」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:40:36.45 ID:dD1V56zv0
漆原「すみませんでした。だから殴らないでください」

鈴乃「今のはルシフェルが悪い」

恵美「ったく、最近あいつに会ってないせいか調子が悪いのよね」

鈴乃「…ん?」

恵美「あいつに嫌味を言うのはストレス解消にもってこいって事よ」

鈴乃「ああ、なるほど」

漆原「だから、顔真っ赤にして訂正しても………いえ、何でもないです。ごめんなさい」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:46:32.13 ID:dD1V56zv0
漆原「そういえば、真奥も調子悪いような…バイトで失敗ばっかりだって」

鈴乃「ん?そうなのか?」

漆原「もしかしたら、真奥もエミリアに会ってないせいかもしれないね~」ニヤニヤ

恵美「はあ!?何を言ってるのよ!」


恵美「で、でも、真奥がバイトをクビになって、魔王城で餓死されても困るし…」

恵美「たまにはマグドのハンバーガーも食べたいし、夕ご飯はマグドにしようかしら」


漆原「エミリアのアホ毛が犬のしっぽみたいにパタパタ………せ、聖剣は勘弁してください」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:52:32.01 ID:dD1V56zv0
鈴乃「エミリアは帰ったか」

漆原「嵐みたいだったね」

鈴乃「…で、本当か?」

漆原「真奥が調子悪いって話?もちろん嘘だよ」

鈴乃「…」


漆原「え?何でそんな下衆を見るような目を!?僕は空気よんだよね!?」

鈴乃「乙女心をもて遊びおってからに」

漆原「年増のベルに乙女心って言われても…………や、止めて!僕のライフはとっくに0だよ!」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 23:58:50.18 ID:dD1V56zv0
千穂「こんにちはー。差し入れ持ってきましたー」

鈴乃「こんにちは。千穂殿」

千穂「…って、ごめんなさい!取り込み中でしたか!?」


漆原「これは誤解だ佐々木千穂!確かにベルが僕に馬乗りしているけど、これは殴られているだけで!」

千穂「え、SMですか?レベル高いです」

漆原「何でちょっと興味ありげな目してるの!?普通ドン引きする所だよ!!」



鈴乃「えすえむ?」

漆原「そんな可愛くキョトンってされても僕は教えないからねっ!」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:04:47.70 ID:95zDX8qR0
鈴乃「…」

漆原「それで何を持ってきてくれたの?」

千穂「じゃじゃーん。クッキーを焼いてみました!」

漆原「佐々木千穂の料理って最初は微妙だったけど、だんだん上手になってきたよね~。食べていい?」

千穂「べーっだ。最初は微妙とか言う漆原さんにはあげませんっ」

漆原「えー」

千穂「それに最初の一個は真奥さんに……えへへへへ」

漆原「真奥も喜ぶよ。佐々木千穂の料理は好きって言ってるし」

千穂「ほ、本当ですか!?」

漆原「たまに弁当作ってあげてるんでしょう?美味しいってよく言ってるよ」

千穂「やったー…そっかー。真奥さんが…えへへ」

漆原「エミリアもこれくらい素直だったら良かったのにね~」


鈴乃「…」

漆原「って、ベル!いつまで赤くなってるんだよ!こっちが恥ずかしくなってきたよ!」

鈴乃「SM。そ、そんな世界があるとは奥が深い……うぅぅ」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:10:58.57 ID:95zDX8qR0
千穂「鈴乃さん…世の中はもっと奥が深いんですよ…例えば…」












千穂「ってな感じで。まぁ、全部聞いた話なんですが」

鈴乃「なっ…………なあっ」

漆原(ってか、僕もいるのに女子トーク始めないでよ。僕が恥ずかしくなってきたじゃんか)
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:17:03.09 ID:95zDX8qR0
千穂「あっ、もう少ししたらバイトが。帰りますね」

漆原「はいはい~。今度は焼き肉がいいなー」

千穂「割とマジでエンテ・イスラに帰ってください♪」


…………………………



漆原「帰ったね」

鈴乃「…」ブルブル

漆原「大丈夫!僕は襲ったりしないから、そんな狼の前にいる少女みたいな目をしないでよ!」

鈴乃「そうだよな。私はルシフェルを信じているぞ」パァァァ

漆原「急にひまわりのような笑顔しないでよ。僕の理性が持たないでしょ」

鈴乃「…え?」

漆原「ご、ごめん!今の無し!」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:22:54.94 ID:95zDX8qR0
鈴乃「やはり、お茶はうまい」ズズズズ

漆原「今は落ちついた表情…ある意味ベルも顔芸だよね」

鈴乃「え?カオルゲイ?」

漆原(もちろん、可愛い意味で)
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:29:16.36 ID:95zDX8qR0
TV『DVDレンタルはAVクラブTATUYA笹塚店で!』

プツン

漆原「ちょっと、何でテレビを消すのさ」

鈴乃「だっダメだ」

漆原「へ?」

鈴乃「え、エーブイとは…ハレンチすぎる…」

漆原「AVの事?それはオーディオビジュアルの略で、音声と映像って意味だよ…たしか」

鈴乃「え?あっ、そうだったのか…真昼間から何てCMをと思っていたのだが…」


漆原「って、SMは知らないのにAV(アダルトビデオ)は知ってるなんて、この世界の為にどんな勉強をしたんだよ!」

鈴乃「べ、べべべべべんきょうなどと!」

漆原「いや、ごめん。悪かったから首まで真っ赤にしてパニックにならないで」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:35:22.21 ID:95zDX8qR0
漆原「ちなみに、AVは何の略でしょう?」

鈴乃「貴様がさっき言ったばかりではないか」

漆原「うん」

鈴乃「…」

漆原「…」

鈴乃「…」

漆原「…いや、早く言ってよ」

鈴乃「え、エー…」

漆原「エー?」

鈴乃「エーーーー」

漆原「オーディオビジュアルね。『エー』なんて一文字目から違うからね」

鈴乃「えーーーと、オーデビジョルの略だな。そのくらい簡単だ」


漆原「何でドヤ顔なの?今のはありえないし、しかも間違ってるし」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:41:40.18 ID:95zDX8qR0
鈴乃「うるさい!そもそも日本語さえあればいい!英語なぞなくても生きていける!」

漆原「ちなみにこの世界だと僕の名前は外国語なんだよね」

鈴乃「この裏切り者っ!」

漆原「えぇー」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:47:48.90 ID:95zDX8qR0
鈴乃「ちなみにこの世界にもルシフェルがいたのか?」

漆原「いたんじゃない?本とかには登場してるけど?」

鈴乃「貴様みたいなのがたくさんいたら…………」

漆原「?」

鈴乃「さぞ、この国の保母さんは喜んだ事だろう」

鈴乃「面倒の見甲斐があるからな」


漆原「面倒見がいいベルも好きだよ」
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:53:18.36 ID:95zDX8qR0
芦屋「今戻ったぞ」

芦屋「むっ。クレスティアも来ていたのか」

鈴乃「ああ、邪魔している」

芦屋「…ん?なんだこの匂いは?」

漆原「!?」

鈴乃「ウナギの匂いがまだ残っていたのか」

芦屋「隣人様は贅沢だな。魔王様ですら、まだ食された事ないというのに」

鈴乃「何を言っている?魔王がおすそわけで貰ったんだろう?」

芦屋「はあ?」
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:59:24.56 ID:95zDX8qR0
漆原「あーあーあーあーあー。僕お腹が減ってきたなー。芦屋ー夜ごはんを作ってよー」


芦屋「魔王様がおすそわけ?」

鈴乃「ルシフェルから、ウナギを調理してくれと頼まれたわけだが?」

芦屋「…………………………ルシフェル、これはどういうことだ?」




漆原「ち、違う。僕のカードで買ったんだよ。だから僕のウナギ!」

漆原「…あっ、でも請求は真奥にいくから、間接的には真奥のウナギになるわけかな?」

芦屋「き、ききききききききききさま!また無駄遣いを!」

芦屋「今度という今度は!!!許さんぞ!!!!!!!!!!!」


漆原「ちょ、ちょっと待ってよ!実は一切れ!一切れ残ってるんだ!」

芦屋「それがどうしたああああああ!!!!!」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 01:05:29.20 ID:95zDX8qR0
鈴乃「さて、私は帰るかな」

漆原「ベル助けてよ!ベルも食べたから共犯者でしょう!?」

鈴乃「反省しろ」

漆原「薄情者!!!」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 01:10:54.64 ID:95zDX8qR0
 
……………………………



鈴乃「…」


   『面倒見がいいベルも好きだよ』


鈴乃「あれは告白じゃない告白じゃない告白じゃない告白じゃない告白じゃない告白じゃない」


鈴乃「…」


鈴乃「はぁ~」


鈴乃「まったく、どこまで私に面倒を見させるつもりだ…あいつは…」





       終わり
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 01:11:21.33 ID:95zDX8qR0
これにて終わりになります。
支援&見てくれてありがとうございました!
また、機会があったらよろしくお願いします!
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 01:12:20.84 ID:8VCB30ABO


自分も久々にルシベル書きたくなったわ
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 01:12:49.44 ID:t7axMnIM0
おっつ
楽しかった久しぶりだったわ

関連スレ:

この書き手のまとめ


 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。