真奥「見滝原に来て1年・・・ついに魔力が溜まったぞ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:18:53.93 ID:22A+8z0F0
真奥「ふんっ!どうだアルシエル……」ゴォォッ

芦屋「流石魔王様、これでようやくエンテ・イスラに帰還できますね!」

真奥「いや今日これからシフト入ってるから無理だろ、何よりキャンペーン1位も掛かってる大事な時期だしな」

芦屋「」

真奥「後この姿で居るだけでも魔力使うから当分は今の姿のまま温存な」シュウウ...

芦屋「なんでそこでバイトになるんですか!普通やることやったら目的達成のために帰りますよね!?」

真奥「いや、帰ってもやること無いっつうか……このまま帰っても勇者にまた負けるだけど言うか……」

芦屋「確かにそうなんですが、せめて魔王軍の様子見と統制だけでも……」

真奥「どうせ壊滅してるからもう無意味だろ、それより連続無断欠勤なんかしたら俺の店がヤバいことになるわ」

芦屋「あんた魔王ですよね!?さり気なく酷いこと言ってますよね!?」


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:19:41.89 ID:22A+8z0F0
芦屋「っていうかゲート開くとき必ずエンテ・イスラに戻るって言いましたよね、私ちゃんと聞いてましたよ!」

真奥「どうせ帰るなら手土産持ってかないとあいつらに失礼だろ!」

真奥「という訳でせめてマグロナルドの正社員になってだな…」

芦屋「正社員の何が手土産になるんですか!悪魔が冥土の土産に教えるネタにもなりませんよ!?」

真奥「マグロナルドは世界一の外食産業なんだぞ!そこの正社員すなわち世界を制する一員とも言えるぞ!」

芦屋「それ自慢になってませんから!というか正社員じゃないのに正社員以上に働いてるんですよ?」

芦屋「それなんてブラック企業ですか、ブラック会社に勤めてもう限界なんですか!?」

真奥「ブラックじゃねえよちゃんと深夜料金割り増しで残業代ぐらい出てるわ!」

芦屋「それだけ残業代出てるならたまの気晴らしに旅行ぐらいしたっていいじゃないですか!エンテ・イスラとか!」

真奥「結局そこに戻るのかよ!俺はまだエンテ・イスラには絶対帰らないからな!」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:21:21.63 ID:22A+8z0F0
ワーワーギャーギャー


マミ「真奥さん、芦屋さんこんにちわ……」

マミ「って真奥さん達見滝原から出て行っちゃうんですか!?」

真奥「おっとマミさんこんばんわ、いや違う芦屋がもう国へ帰りますとか駄々こねてだな……」

芦屋「私に振らないで下さいよ!?巴さんが思っているような心配事は無いのでご安心して下さい」

真奥「ま、そろそろお金溜まったし旅行ついでに故郷の様子見ぐらいはしようかなって所だ」

マミ「そういうことですね、良かった……」

芦屋「まったく魔王様はまた巴さんに迷惑かけて、本当にどっちが年上なんだか」

真奥「迷惑かけてるのはお互い様だ、芦屋」

マミ「私は迷惑だとは思わないけど、年上の男の人にさん付けでよばれるのはちょっと……」

芦屋「何を言いますか巴さん!怪しい外人だった私達にこんないいマンションを格安で紹介してくれたじゃないですか!」

芦屋「その上に餓死寸前の私達に食事の差し入れまでしてくれた上!」

芦屋「調子に乗って倒れた魔王様の病院の手配に魔王様の職場の手助けにその他家事のお手伝い諸々!」

芦屋「赤の他人の私達をこんなに助けてくれた恩人の巴さんは巴さんといわず巴様とお慕いしても構わないぐらいです!!!」
4: 忍法帖【Lv=32,xxxPT】(1+0:15) 2013/12/22(日) 22:21:34.69 ID:5QZkZ70T0
早く帰れ魔王
そこは地獄になるぞ
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:23:38.31 ID:22A+8z0F0
真奥「いや本気でマミさんには頭が上がらないからな、いつもバイトのヘルプとかしてくれて本当に助かってるよ」

マミ「私も芦屋さんや真奥さんにお裾分けして貰ったり、勉強を教えて貰ったりしてるからお互い様ですよ」

芦屋「そう言って頂いて本当に助かります」

マミ「そういえば真奥さん、シフトは大丈夫ですか?」

真奥「飯食ったらすぐ出るよ、今日もキャンペーン中だから忙しくなるぞ」

芦屋「忙しいからって我々をバイトに呼ばないでくださいよ、特に巴さんとか!」

真奥「……なるべく気をつける、それじゃ行ってくる!」

マミ「行ってらっしゃい、真奥さん」

芦屋「私も少し出かけてまいります」

マミ「芦屋さんもですか?」

芦屋「もう目標達成してやる事はないんですが……調べ物は習慣なものでして」

芦屋「調べ物ついでに買い物でもして……折角だしたまには料理のレパートリーを増やしてみようかな」

マミ(やる事はないのに主夫力高いなぁ……芦屋さん)
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:25:49.28 ID:22A+8z0F0
真奥「さあ行くぜデュラハン号!」ガーッ

ほむら「……やっぱりどこにも無い?」キョロキョロ

真奥「君、何か探しものでもしてんの?昨日もこの辺で見かけたけど」

ほむら「そんなところね、でも貴方には関係無いから心配しないで」

真奥「そう言うなって、人の親切はしっかり受け取っておけよ」

ほむら「お節介も程々にしたほうがいいわ、私の落し物は普通の人が見つけるのは難しいから放っておいて」

真奥「落し物ってもしかしてこれか?」

ほむら「……ッ!?グリーフシードがどうしてここに?」

真奥「ほらやっぱり親切は素直に受け取っておくもんだろ、ほら返すよ」ヒョイ

ほむら「えっ!?あっ、ちょっと?」

真奥「バイト遅れちまうから礼ならいいぜー、じゃあなマグロナルドをよろしく!」ガーッ

ほむら(……普通の人間がグリーフシードを拾った?そんな偶然ありえないわ)
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:27:55.76 ID:22A+8z0F0
*マグロナルド


テレレテレレテレレテレレ

真奥「いらっしゃいませ、ご注文はどうなさいますか?」

真奥「揚げたての美味しいブラックチリペッパーポテトはいかがでしょうか?」

さやか「とりあえずスマイルひとつ頂けるかな?」

まどか「ちょ、ちょっとさやかちゃん!」

真奥「スマイルですね、他にご注文はありますか?」ニッコリ

マミ「アイスティーMサイズとブラックチリペッパーポテト3つを貰えるかしら、真奥さん」

真奥「アイスティーMサイズとブラックチリペッパーポテト3つですね、ありがとうございます…って何だマミさんか」

マミ「お仕事に精が出てますね、真奥さん」

真奥「そりゃキャンペーン1位が掛かってるからな、ここで成果出して一気に正社員に王手だ!」

さやか「店員さんってマミさんの知り合い?もしかしてもしかすると彼氏さ~ん?」

マミ「ちょ、ちょっと美樹さん、真奥さんとはそんな関係じゃないってば!」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:30:58.91 ID:22A+8z0F0
さやか「慌てるところがあやしいのう……ぐふふ」

まどか「マミさんと店員さんを困らせちゃ駄目だよさやかちゃん、お仕事の邪魔だよ」

真奥「こちらがご注文のアイスティーMサイズととブラックチリペッパーポテト3つになります、ではごゆっくりどうぞ」

マミ「じゃあ真奥さんもお仕事がんばってくださいね」

真奥「おう、じゃんじゃん売ってやるぜ!」

店長「よう巴、明日はシフト入れる?」

真奥「店長、さり気なく中学生のマミさんを平然とバイトのシフトに組み込むのはやめなさい!」

店長「苦学生で特例なんだから別にいいだろ、ちゃんと本部に申請も通したから問題ない」

店長「それにマミが作る飯は美味いし、真奥と違って構ってくれるから居ないと私が困る」

マミ「う~ん…当分は予定が一杯で厳しいです、真奥さんに店長すみません」ペコリ

真奥「いやマミさんは謝ること無いって、この働かない店長が悪い!」

さやか「なるほど、ここでマグロナルドでバイトをしてたら運命の出会いって奴ですね!」

マミ「だから美樹さん違うんだって、真奥さんが大変そうだったからついお手伝いしちゃっただけで…」

まどか「マミさんってバイトもしてるんだ、すごいなぁ」

店長「無理ならしょうがない、じゃあ私は後ろでマッグシェイク飲みながらゆっくりしてるわ」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:34:09.64 ID:22A+8z0F0
真奥「だから賄い以外で店の在庫を食べちゃ駄目っていつもいつも言ってるじゃないですか、っていうか接客や管理もしろ働け!」

店長「私が食べて商品の事を余すところなく知るのも仕事のうちだろ」

店長「それに私が働かないことでみんなが頑張るからそれでいいんだ、実際業績も悪くないしな」

真奥「その裏で犠牲になってる人がいるんだけどな、俺とか俺とか芦屋とかマミさんとか」

真奥「この前ヘルプで入った東京の笹塚店店長はもの凄い出来る人だったのにこの店長はどうしてこう……」

店長「木崎の奴は特別だ、どこの店も私ぐらいが普通だぞ?」

真奥「普通なわけあるか!っていうかあんた責任者のはずなのに俺がほぼ全時間帯責任者ですよね!!!」

店長「ちゃんと真奥の責任は取ってやるし給料も社員推薦もしてるだろ、だから真奥ビッグマッグセットよろしくな」

真奥「だから働けせめて食うならキャンペーン商品のブラックチリペッパーポテトでも頼んどけ!」

真奥(その後、フライヤーが故障するとかのトラブルはあったが無事キャンペーンは地区一位で終えた)

真奥(壊れたフライヤーの修理にちょっと魔力使っちまったが当分魔力の使い道はないし問題ない)
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:36:53.86 ID:22A+8z0F0
*帰り道


真奥(キャンペーン1位も取れたし、これで正社員への道は硬いな!)

真奥(正社員になってからはどうするか、……まあ日本征服するまではエンテ・イスラに戻らなくていいか!)

ほむら「ちょっといいかしら?」

真奥「うおっと、昼間の子か!ってかこんな深夜に一人で出歩いてたら補導されるぞ」

ほむら「大した問題じゃないわ、それより貴方は何者なの?女に見えないけど貴方も魔法少女?」

真奥「そこでバイトしてる正真正銘男の真奥貞夫だ!というか俺のどこをどう見たら女に見えるんだっ!!!」

ほむら「とぼけないで、普通の人間から魔力の痕跡が検知されるわけないでしょう?」

ほむら「それにあなたはグリーフシードを持っていた、魔法少女でも魔女でも無ければ偶然なんてありえないわ」

真奥(えっ、あれバレたの!?そんな馬鹿な阿呆なっ!?)

真奥(ただの痛い子って訳でも無さそうだな)

真奥(それによく見るとこの子……なんか体格的に見覚えあるような)
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:39:12.01 ID:22A+8z0F0
真奥「ま、まさか勇者エミリア!?」

ほむら「勇者エミリア?私は暁美ほむらよ、魔法少女のことをはぐらかすのは止めて頂戴」チャキッ

真奥「ちょ、銃はないでしょ!?暴力反対俺は善良な市民だ!」

ほむら「貴方が善良な市民だというならグリーフシードを持っていた訳と魔力について話しなさい」

真奥「ええっと、エンテ・イスラって世界で魔王やってましたけど今はただの見滝原市民の真奥貞夫です!!!」

ほむら「バカにしてるのかしら?」

真奥「いや本当だって!本当だから頼むから話を聞いてくれって!?」

真奥(それから俺はほむらにエンテ・イスラからアルシエルと日本の見滝原市に流れ着いた経緯を話した)

真奥(それでも信じてもらえないからバイトの話とか見滝原市で魔力を探してる話もした)

真奥(妙に負の感情が強い人間を追いかけてそこから魔力を吸収できることを話したり)

真奥(マミさんに養ってもらってる話をしたらほむらは妙に食いついてたな)
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:42:08.01 ID:22A+8z0F0
真奥「これで全部話したぞ、頼むから信じてくれ!!」

ほむら(勇者に魔王にエンテ・イスラって何よ!?この男いわゆる厨二病って奴かしら?)

ほむら(巴マミに養われてるって言うなら……まぁ理解できなくもないし魔力の痕跡も分からないでもない)

ほむら「妙に負の感情が強い人間から魔力を得ているって話、どういうこと?」

真奥「ああ、見滝原に来てしばらくしてな、今にも自殺しそうな人がいたのを放っておけなくて追いかけたら魔力の気配がしてな」

真奥「それでもしかしたらと思って、妙な気配だか魔物?だかを吸収して魔力に変えられることに偶然気が付いたんだ」

ほむら(魔女や使い魔に誘われた人間を追いかけて魔女や使い魔を倒したと言うならグリーフシードが残るのも納得だけど……)

ほむら「嘘じゃないんでしょうね?」

真奥「本当だ、お天道様に誓って絶対嘘じゃない!」

ほむら「自称悪魔のくせにお天道様に誓うなんて馬鹿かしら?」

真奥「あー、太陽馬鹿にしたな!悪魔だってどんより暗い魔界より明るい所で仕事したほうがモチベーションが上がるんだよ!」

ほむら(嘘ではないけど……だとしたらこの突拍子のない話が本当なんて訳がわからないわね)
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:45:06.50 ID:22A+8z0F0
ほむら「はぁ……もういいわ、信じてあげる」

真奥「人の事脅迫しておいて随分と調子がいい奴だな、警察呼ぶぞまったく……」

ほむら「こんな時間に警察なんて呼んだら貴方どうなると思う?」

真奥「すいませんでした未成年者略取で通報だけはご勘弁をっ!!!」ドゲザッ

ほむら「分かったならそれでいいの、それより巴マミの周りで変な白い珍獣を見た覚えは本当に無いのね?」

真奥「マミさんがたまに妙な事をやったりうわの空で変な話をしてるのは知ってるが、白い珍獣ってのは見た覚えがないな」
ほむら(マミの正体には感づいてる癖にQBは見えない?)

ほむら(私の敵では無いようだけど、何者か分からないけど今回始めてのイレギュラーだし注意はしておいた方がいいわね)

ほむら「そう、分かったわ…しょうがないから信じてあげる」

ほむら「それと1つ忠告よ」

ほむら「巴マミはもうすぐ死ぬわ、貴方も今後の身の振り方を考えたほうがいいわよ」

真奥「マミさんが死ぬ……っておい一体どういうことだ!?」

ほむら「自分で考えてみなさい」シュン...

真奥「おいこらちょっと待てーっていきなり消えた!?」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:47:41.51 ID:22A+8z0F0
*魔王城


真奥「ただいまー」

芦屋「お帰りなさいませ魔王様、今日は随分と遅くまでお疲れ様です」

真奥「バイトはそれ程じゃなかったんだが、ちょっと変な子に絡まれて大変だったんだ……」

マミ「それは災難でしたね、ご飯もすっかり冷めてお腹もぺこぺこだわ」

真奥「悪いな芦屋にマミさん、迷惑かけちまったな」

芦屋「春も過ぎようとしているのに迷惑な……警察もこんな時こそ働けばいいものを」

真奥「まあ犬に噛まれたと思って諦めるさ、それより腹減ったし早く飯にしようぜ」

芦屋「今レンジで温め直しますので少々お待ちを」

マミ「芦屋さん、私も手伝います」

芦屋「巴さんありがとうございます」

真奥(マミさんは……別にどこもおかしくないよな?)
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:49:39.11 ID:22A+8z0F0
芦屋「では頂きましょう」

マミ「頂きますね」

真奥「頂きます」ガツガツガツ

真奥「ん~やっぱ仕事終った後の芦屋の飯は最高だ!」

芦屋「お褒めに預かり光栄でございます」

真奥「マミさんも忙しいのに手伝ってくれたんだろ、ありがとな」

マミ「いいんですって、私もこうしてお食事させて貰ってるし」

真奥「いや、本当にお世話になりっぱなしで申し訳ない」

真奥「だからさ、俺達に何か出来る事があったら頼ってくれていいぜ」

マミ「真奥さん、突然どうしたのかしら?」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:52:11.54 ID:22A+8z0F0
真奥「…なあマミさん、最近忙しそうにしてるけど何か危ないこととかやってないよな?」

マミ「心配しなくても大丈夫よ、この前お店に来てた同じ中学の子いるでしょ」

マミ「後輩の美樹さんと鹿目さんの個人的な事情の相談に乗ってあげてるだけよ」

芦屋「最近巴さんの家に出入りするようになったあの二人ですね、なるほど……」

真奥「そっか、ならいいんだけどよ」

真奥「マミさんってしっかり者みたいでたまに大ポカやらかすっていうか……」

真奥「なんだか無理してる感じがするのが俺ちょっと心配だからさ、悪いな個人の事情に立ち入って」

マミ「……いいえ、心配してくれてありがとうございます」

マミ「でも真奥さん達って意外と私の事見てたんですね、普段頼りないのに意外にしっかりしてるのね」

マミ「やっぱり年上の人って違うな、私にお兄ちゃんが居たらこんな感じだったのかな?」

真奥「……たびたびヘルプに呼びつける頼りない駄目兄貴ですまん」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:54:59.02 ID:22A+8z0F0
芦屋「本当に巴さんを宛てにしすぎるのは止めてくださいよ、分かりましたか魔王様!」

真奥「……んで口うるさい母親が芦屋ってところか」

芦屋「魔王様!私は魔王様のことを思って口を酸っぱくして忠告しているんですよ!!」

マミ「う~ん、私としては芦屋さんはお父さんって感じなんだけどな?」

真奥「本当にマミさんはヘルプなのに仕事の飲み込みも早かったし助かってる」

真奥「でもこの前後ろから話しかけた時にポテトぶちまけた時はびびったな、いつも完璧に仕事するだと思ってただけに」

マミ「も、もうその話は止めてって言ったでしょ!!!」

芦屋「あの時はびっくりしましたね、慌てる巴さんを見てやっぱり歳相応の女の子らしいところがあるのだと」

マミ「芦屋さんもひどい!それよりもう遅いし早く食べて片付けましょう」

芦屋「おっと済みません、では魔王様ごちそうさまでした」

真奥「おうよっ、ごちそうさまでした!」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 22:57:55.92 ID:22A+8z0F0
マミ「それじゃあ洗い物を終わりましたしもう帰りますね、おやすみなさい」バタン

真奥「お休みマミさん、俺ももう風呂入って寝るわ」

芦屋「お休みなさいませ、巴さん」

真奥「さって着替え着替えっと……」

芦屋「さて巴さんも帰った所で少々よろしいですか魔王様」

芦屋「今日は随分と巴さんの心配をしていましたけど、一体何があったんですか?」

真奥「バイト帰りに変な子に絡まれたって言ったろ、その子が自称魔法少女とか名乗っててな」

真奥「その子に脅迫されたせいで俺らのことやエンテ・イスラのこと洗い浚い吐かされて大変な目にあって」

真奥「一応そのお陰でよく分からなかった魔力回復の理屈がちょっと分かったりもしたが…」

真奥「それより最後にマミさんが死ぬとか訳分からん忠告されてな、嘘とは思えんし気になってるんだ」

芦屋「変な子ですか……まさか魔王様厨二病患者に変な妄想を聞かされたって事は無いでしょうね?」

真奥「厨二病?確かに中学生っぽい変な子だったが、拳銃持ちで妙な魔法を使ってたし素っ頓狂だが嘘とは思えん」

芦屋「魔王様厨二病と言うのはですね、中学二年生ぐらいの人間にありがちな自分の全能感を勘違いして自分が特別だと……」

真奥「いや厨二病の話はいいから!?」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:01:12.28 ID:22A+8z0F0
芦屋「それで、魔王様はどうするおつもりで?」

真奥「前から気になってたが、マミさんが何をやってるか突き止めようと思う」

真奥「それで危険そうならそれとなく止めてやったり、安全確保してやるつもりだ」

芦屋「成る程、今まで巴さんの私生活には深く踏み込まなかったせいで謎だらけですからね」

真奥「ま、一年経った今なら勝手知ったる仲みたいなもんだし、ちょっと探りを入れても問題ないはずだ」

芦屋「身元不確かな外国人男性が女子中学生のストーカーをしてたら警察に通報ですからね、確かに今なら問題ないかと」

真奥「……言ってて自分の日本での立場がどれだけ惨めなのか再確認させないでくれ」

芦屋「しかし、そうなると仕事はどうなさるおつもりですか?」

真奥「芦屋、しばらく迷惑を掛ける」ペコリ

芦屋「魔王様と巴さんのためあらばこの悪魔大元帥アルシエルどんな苦労も苦になりません」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:04:16.19 ID:22A+8z0F0
*翌日


真奥「という訳で急遽俺の分のシフトを半分芦屋に入ってもらいます」

店長「了解した、芦屋~ハピネスセット持ってこい」

芦屋「少々お待ちを」

真奥「だから営業時間中に店のもん食うな!芦屋を給仕係にすんな!働け!」

店長「ちゃんとシフト管理してるだろ」

真奥「それ考えたの俺ですよ!調整も俺!」

店長「決めたのは私だ、それより真奥どうした?仕事の鬼だったのに珍しいな」

真奥「どうしても調べたいことがありましてね、ちょっと」

店長「そうか、ならしっかりやれよ、こっちはこっちで私以外の誰かがしっかり頑張るはずさ」

真奥(物分かりがいいのは助かるんだが、しっかりするのは芦屋と他のみんなじゃねえか……)
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:06:45.35 ID:22A+8z0F0
真奥(という訳でシフト抜けてマミさんの追跡に励んでたんだが……)

真奥(ほぼ鹿目まどかって子と美樹さやかって見滝原中学の子と一緒に街をぶらぶらしてるだけだな)

真奥(妙な宝石を気にしてたり突然こっちを振り返ったりしてびっくりしたが)

真奥(魔力を使ってまで細心の注意を払って追跡したお陰で何とか見つからずに済んだ)

真奥(魔力使ったらついでにほむらとか言う子が言ってた変なQB?とかいう白い珍獣も見えた)

真奥(日本のことよく分からんし携帯電話か何かだと思って無視してたが、なんであれに気付かなかったな俺……)

真奥(そんなこんなで夜の公園でほむらって子とマミさんが密会してる所も見たが)

真奥(ほむらとマミさんの仲はどうやらあまり良好じゃないようだ)

真奥(マミさんも魔法少女らしいが、女魔法使いが地球の、まさかお隣さんに居るとは思わなかった)

真奥(もしかして俺マミさんとかから魔力を吸ってたんだろうか、魔法少女の謎は深まるばかりだ……)
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:08:44.55 ID:22A+8z0F0
真奥(今日も今日とてバイト抜けてストーカーか、中々決定的な現場を押さえられん)

真奥(おっ、マミさんとまどかちゃんに、ほむら?)

真奥(病院の中に入って行ったが、どこにも居ないな)

真奥「おっ、マミさんとさやかちゃんの鞄……ってことは」

真奥「眼に見えないけど魔女とやらが居そうなが結界があるな、これなら魔力に変換できるんだが」

真奥「マミさん達が居るかもしれんし…ここは大事を取って普通に入るか」シュン


*結界内部

真奥「何だこの変な空間……地球にも魔界みたいな場所があるのとか初めて知ったわ」

ほむら「……驚いたわ」

真奥「うおっ、ってほむらどうしたその格好!?」

ほむら「巴マミにやられたわ……くっ」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:10:53.40 ID:22A+8z0F0
真奥「マミさんがやったのか、…うーんこれって助けないほうがいいのか?」

真奥「何せ初対面で人の事脅してくるような子だし、俺のこと変人扱いするし」

ほむら「それは今いうことじゃない…でしょうが!」ググッ

ほむら「それ早くしないとッ……巴マミが死ぬわよ」

真奥「それが前言ってた忠告の話か、一体どういうことだ?」

ほむら「説明してる暇は無いわ、早くしてもう時間がないっ……!!」

真奥「……しょーがねーな、悪さしたらただじゃおかないからなっと!」シュン

ほむら「……助かったわ」バサッ

真奥「礼ならいい、急ぐんだろ道案内頼む!」

ほむら「こっちよ、雑魚を相手にしている暇は無いから一気に行くわよ」

真奥「おう!」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:12:58.84 ID:22A+8z0F0
マミ「ティロ・フィナーレ!!!」

シャルロッテ「」ガブッ

マミ「え……?」

まどか「ッ!?」

ほむら「くっ、間に合えっ!」カシャン

真奥「マミさんっ!!!」シュン!

ほむら(時間を止めてみたけど……マミはたった今噛み付かれた所か)

ほむら(それより、真奥貞夫の姿が変わった上に魔女のすぐ近くまで瞬間移動してる?)

ほむら(すごく禍々しい姿、どうやら自称魔王というのは嘘じゃないようね)

ほむら(もう無理そうな気もするけど、駄目元で試してみましょうか)ツカミッ

真奥「マミさんっ!?」ドサッ

ほむら「ちょ、手を掴んだまま倒れこまないで!」

真奥「あ、ああ済まんというか周りの風景が止まってるけどどういうことだ???」

ほむら「私の力よ、それより巴マミはどうなった?」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:15:55.12 ID:22A+8z0F0
真奥「なんとか間一髪セーフって所かな」

ほむら「貴方が無理やり引っ張ったせいでマミの首が取れかかってるわよ」

真奥「うわ!ちょ、ちょ首の皮一枚残ってるからセーフセーフっ!!!」

ほむら「まあ確かに首の皮と言わずソウルジェムさえ無事なら……って、これは」

真奥「頼む~頼むから治ってくれよ」シュウウ...

マミ「うっ……真奥さ……ん」

真奥「良かった……こんなにヤバい汗とか掻いたの勇者エミリアと戦った時以来だぞ……」

ほむら(悪魔の力でも魔法少女の肉体は治癒できるものなのね、興味深いわ)

ほむら「それより時を動かすわよ」

シャルロッテ「???」ナイナイ

さやか「マミさん!!…ってあれ転校生にあのでっかい人誰!?」

まどか「あれ、さっきまであそこに真奥さんとほむらちゃんが居たような???」

QB「まどか、さやか、早く僕と契約を……!」

ほむら「その必要はないわ、見ての通りマミは無事よまどか」

QB(あの状況からマミが助かっているなんてわけがわからないよ、それに彼は何者だ?)
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:18:59.13 ID:22A+8z0F0
まどか「マミさん……ほむらちゃんありがとう」

ほむら「礼なんていいわ、可能なら私もマミを助けたかったもの」

真奥「おーい、俺だって結構頑張ったんだけどなー」

シャルロッテ「」グルルル...

真奥「何だか怒ってるみたいだが、別に絶対戦わなきゃいけない訳じゃないしここからずらかるか?」

ほむら「いいえ、あれは放っておけば人に災厄を撒き散らす魔女よ、ここで倒さなければ大惨事になるわよ」

真奥「……なるほど、そりゃ倒すしかねえなサポート頼むぜほむら!」

真奥「魔力頂きいいいいぃぃ!!」ゴォォォ

まどか「けほ……何だか息苦しい」

さやか「ほんとだ、何だか気分が…うっぷ」

ほむら「ちょっと待ちなさい!貴方の撒き散らす魔力のせいでまどかが苦しんでるじゃない!」

真奥「あっごめーん!……って言うかそれじゃ俺が戦えないからどうすりゃいいんだ!マミさんは気絶してるぞ!」シュン

ほむら「私一人で倒すから貴方は黙って後ろで見てなさい!こいつは私が仕留めるわ」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:21:07.81 ID:22A+8z0F0
真奥「ちぇっ、ならしょうがねえ任せた、よっと!」オンブッ

まどか「マミさんは大丈夫ですか?」

真奥「気絶してるだけだ、息もしてるし問題ない」

マミ「」スー

さやか「さっきの大きな人あれ真奥さん?真奥さんってマミさんの知り合いだし何者?」

真奥「その辺は後で落ち着いたらゆっくり話す、今はまだ危険だから黙っててくれ」

さやか「う、うん分かったよ、ちぇー」

まどか「もう、さやかちゃん緊張感無いなー」


ドーン

真奥「あのでかいのを上手くあしらってるな……っとすげー爆発だな」

まどか「すごい……ほむらちゃん」

さやか「おっ、生意気な口聞くだけあって転校生やるなー」

シャルロッテ「」シュウウ...
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:23:29.67 ID:22A+8z0F0
真奥「おっ、周りの風景が元に戻ったな」

ほむら「魔女の結界が消えたからよ」

まどか「みんな無事で良かった、って痛っ!?」ペシッ

ほむら「みんな無事だから良かった?そんな馬鹿なこと言わないで」

ほむら「私達が一歩遅ければ巴マミは死んでいたわ」

ほむら「……いいえ、真奥貞夫が居なければ巴マミは助かるかどうか怪しかったわね」

ほむら「これが貴方の憧れた魔法少女よまどか、今回は偶然助かったけど次があるとは思わないで」

まどか「ほむらちゃん……」ジワッ

ほむら「もう甘い気持ちで契約なんて考えないことね、これは貰って行くわ」

さやか「ちょ、待てよ転校生!」

ほむら「これは私の正当な報酬よ、それとも魔法少女でない貴方が戦うとでも言うの?」

さやか「うっ……」

真奥「ま、まぁまぁ落ち着いて二人共冷静になって」

さやか「真奥さんは一体どっちの味方なの!?」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:25:57.40 ID:22A+8z0F0
真奥「ええっと、あのな、喧嘩は良くないっていうかその、冷静話し合いをした方がいいというか」

ほむら「話し合いなんて不要よ真奥貞夫、マミには貴方から説明しておいて」

真奥「ちょ、おまっ…俺にこの場を取りなせっていうのかよ!?」

ほむら「私は忙しいの、話ならまた後でゆっくり聞かせてもらうわ」シュン

真奥「まーた消えたやがった!まぁ何やってるかは大体分かったけどよ」

さやか「ちっくしょー、転校生の奴ー!」

まどか「…………」ジワッ

真奥(こんな情緒不安定で泣きそうな女子中学生の取り成しとか無理だろ)

真奥(客なら客で相手のことうまく宥めればいいんだが……それより早くマミさん起きて助けて)

真奥「と、とりあえずマミさんを安静にできる所には運ぼうか、な、まどかちゃんにさやかちゃん!!!」

さやか「あ、ああそういえばそうだった、私がマミさんの家まで案内します」

真奥「マミの家なら俺の家の隣だ、そこなら分かるから到着した後の介抱頼む!」

まどか「はい、それまで真奥さんマミさんをよろしくお願いします」

QB(真奥貞夫、彼は一体何者だ?)
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:29:41.06 ID:22A+8z0F0
*夜


芦屋「それで巴さんはどうなりました?」

真奥「ちゃんと目を覚まして今はゆっくり寝てるよ、外傷も後遺症も特にない」

芦屋「巴さんが無事助かったのは良いとして魔王様……」

芦屋「大事な大事な魔力を阿呆みたいに使った上に悪魔のことまでばらして何考えてるんですか!?」

真奥「しょ、しょーがねえだろ何度も言ったが緊急事態だ!不可抗力だ!俺は悪くねぇ!」

真奥「それに魔女のお陰で魔力の補給方法も分かったからいいだろ!」

芦屋「うむむむ……嫌な予感があるがそこは仕方ないとしましょう、ですが!」

芦屋「次の休みの日に巴さんと二人きりで出かけるとかどういうことですか!しかも何の準備もしてないって何なんですか!」

真奥「そりゃあれだけ色々ばらしちまったし、お互い事情の説明が必要だろ」

芦屋「何をおっしゃいます魔王様!」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:31:27.17 ID:22A+8z0F0
芦屋「巴さんぐらいの少女がわざわざ二人きりで出かけて話をしたいというのですよ!」

芦屋「まさかその意味が分からない魔王様じゃないですよね?」

真奥「い、いやいや分かります、はい」

芦屋「分かってるならさっさと準備しますよ、幸い時間ならまだありますし、服ぐらいはきちんと揃えますからね」

真奥「いや、金は大丈夫なのか?」

芦屋「このような一大事の時のためにへそくりぐらいは用意してあります」

真奥「一大事ってな、勝手知ったるご近所さんだぞ?」

芦屋「いくらご近所さんとはいえ、全身ユニシロのまま巴さんとデートに行かせるわけにはいきません」

真奥「お、お前アパレル業界No1のユニシロと俺に謝れっ!!!」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:33:41.86 ID:22A+8z0F0
*休日


マミ「真奥さーん」

真奥「おっ、マミさん髪型ちょっと変えてみた?」

マミ「やっぱり分かります?」

マミ「真奥さんもいつもユニシロかと思ってましたけど、わざわざお洒落までしてくれるなんてありがとうございます」

真奥「芦屋の奴が随分と乗り気でな、巴さんに恥をかかせるわけには行きませんとか何とか」

マミ「うふふ、芦屋さんらしいわね、なら今日はエスコートをお願いしちゃおうかしら」

真奥「おっけ任せろ!と言ってもあんまり金無いからそんなに高いものは奢れないけどな」

マミ「別に奢ってくれなくてもいいんですよ、お互いよく知った仲だし」

真奥「たまには年上らしい所みせてくれよ、大人舐めんな」

マミ「あら、そんなこと言ってると真奥さんに思いっきり甘えちゃいますよ?」

真奥「マミさんみたいにいい子ならどんと来いって奴だ」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:37:34.69 ID:22A+8z0F0
芦屋(魔王様、心配してましたがいい感じですね)

さやか「あ~しやさんっ!」ドン

芦屋「おわぁぁっ!って美樹さんに鹿目さんですか驚かさないでくださいよ」

まどか「一体何をしてるんですか?」

芦屋「巴さんと魔王様が心配で心配で……」

さやか「あっ分かります、実は私達もマミさんの様子をこっそり見に来たんですよ~」

まどか「人のデートを覗き見するなんて良くないと思うんだけどさやかちゃんがね」

芦屋「まったく鹿目さんに美樹さんにまで心配をさせるとは、我が主ながら将来が不安です」

さやか「でも真奥さんきちんとマミさん楽しませてるみたいで私も安心したわ」

まどか「最近話題のイチゴリゾットのお店だ、マミさんいいなぁ」

さやか「この前はダサい格好してたから不安だったけど、やっぱ大人は違うねー」

芦屋「色々な雑誌を調べた甲斐がありました、巴さんも喜んでいるようだし正解でした」

さやか「芦屋さんの手柄だったのか~、やっぱ前言撤回」

恵美「あれが……魔王サタン?」

まどか(ん、キュウべえ?それにこのお姉さんお店に向かったけど誰なんだろう?)
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:40:04.78 ID:22A+8z0F0
*店内


立花「こちらがご注文のイチゴリゾットとホットティーになります」

マミ「私ここに一度来てみたいと思ってたんだ、うふふ…ありがとうございます真奥さん」

真奥「いいっていいって、芦屋含めて普段お世話になってるマミさんへの恩返しだと思ってくれ」

マミ「そんな、私こそ命を助けられたんだからお互い様ですって」

真奥「ま、何だかんだで付き合いも長いしな、それでもお互い知らないこと多かったわけだけど」

マミ「そうですね、私も真奥さんのこと全然知らなかったからすごく意外だったわ」

真奥「灯台元暗しって奴だな、よく思い返して見れば思い当たる節は結構あったのに」

マミ「近すぎて気が付かないってことはよくありますからね」

マミ「真奥さんは結構私の事見てたみたいだけど、私だって真奥さんのこと見てたんだからね」

真奥「ま、そりゃ隣同士だしな」

マミ「もう、そういうことじゃないのに…真奥さんってそういう所は駄目ね」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:42:27.16 ID:22A+8z0F0
真奥「何だかよく分からんがすまんマミさん」

マミ「私の言っていることを分かったら許してあげます」

真奥「えっ、それって……」

マミ「ふふっ……」

恵美「何女子高生誑かしてんのよ、このロリコン魔王サタン!!!」

真奥「ろ、ロリコンちゃうわぁ!?って……ほむ……げっ勇者エミリアどうしてここに!?」

恵美「今どこ見ていった……まあいいわ、大人しくお縄に付きなさい!」ドン!

恵美「今ぶち殺してこの場で腸を裂いてやるわ!」シャキン

真奥「ちょ、おま危ない何刃物出してるんだ!」

立花「ちょ、ちょっとお客様困りますって」

マミ「そうよ、貴方突然押し入ってきて何の用かしら、お店と私達に迷惑よ!」

恵美「私はこの男に用があるのよ、狡猾で残忍で羊の皮を被った狼にね」

恵美「貴方もこの男に近づかないほうがいいわよ、いいように利用されて食べられるだけよ」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:45:30.59 ID:22A+8z0F0
マミ「随分と酷い言いようね、私の知ってる真奥さんはそんなことしたりしないわ!」

恵美「あなたは騙されてるだけよ、この男のことを貴方より遥かによく知る私が言うんだから間違いないわ」

恵美「いい、こいつに関わると不幸になるわよ、だからちょっとそこをどいて頂戴」

マミ「……もしかしてお姉さんって真奥さんの元カノかしら、逆恨みなんて随分頭が悪いことしてるわね?」

恵美「」カチン

恵美「一体全体何を言い出すのよっ!!」

マミ「あら図星かしら、歳上なのに随分と余裕が無いわね」

真奥「おいエミリア、マミさん落ち着け」

恵美「五月蝿い黙ってなさい、ぶち殺すわよ!!!」

マミ「真奥さん、いいから少し黙っててもらいますか?」

真奥「えっと……はい…………」

さやか(やばいやばい修羅場だよー、これは面白くなってきたよー!)

まどか(ちょ、さやかちゃんそれより騒ぎになってるんだから何とかしないと)

芦屋(ゆゆゆ勇者エミ、エミリア……と、とりあえず110番通報しておこう!!)ピポパ
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:48:20.43 ID:22A+8z0F0
恵美「とにかく馬鹿なこと言わないで貰える!あのねこいつと私の間柄は簡単に語れるような話じゃないの!」

マミ「真奥さんとの付き合いは私のほうが長いってアピールかしら?嫌な付き合いだから別れたんでしょう?」

恵美「どうしたらそういうことになるのよっ!!!」

マミ「そういう話としか聞こえません!」

警察「すみませ~ん、痴話喧嘩をしてお店に迷惑してるカップルってそこですか?」

恵美「け、警察、いや私は別に違うわよ!?」

警察「はいはい話は警察署の方で聞くからね」

マミ「悪い事した罰が当たったのね、警察署で頭を冷やすといいわ」

恵美「た、確かにちょっと迷惑かけたけど私は悪いことはしてないわよっ!!」

真奥(やっべ日本の警察最高)
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:51:30.41 ID:22A+8z0F0
*警察署


警察「で、なんで突然あんな所で喧嘩してたの?」

恵美「この男を倒すためです、後こいつに騙されてる女の子を助けるためです」

警察「あのねえ…元彼が何したか知らないけどね、刃物は駄目だよ刃物は」

恵美「もとかれ……だから私とこいつとはそういう関係じゃありません!!」ドン!

警察「女子中学生に嫉妬するとかね、いい大人なんでしょ?それならとにかくお互い話し合ってね」

真奥「状況的に痴話喧嘩だと思われてるんだろ、流しとけ」

恵美「じょしちゅ…に…むね…まけ……かれ…ぐっぐぐ……」グギギ...

警察「君達はお互い大人なんだし、ねっ」

恵美「」シュー

真奥「エミリ…恵美にはよーく言って聞かせますんでお店の方にはどうか穏便にお願いします」

警察「お店の方からは請求とか無く穏便に流してくれるようだしね、調書に記入したらもういいよ」

真奥「ありがとうございます!」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 23:54:36.22 ID:22A+8z0F0
芦屋「魔王様、ご無事でよかった…この芦屋魔王様が勇者エミリアに出会ってどうなるかと!!!」ダッ

真奥「芦屋、まだ人が見てるから目立つやめろ移動するぞ、それより鹿目さん達は?」

芦屋「事情聴取も終わりましたので、鹿目さん達は一旦帰って頂きました」

マミ「で、真奥さん、一体遊佐さんとはどういう関係なのかしら?」ゴゴゴ

QB「それなら僕が説明しよう、共通の知り合いがいた方が分かりやすいだろう?」

マミ「キュウべえ、あなたどこに居たの?」

恵美「えっ、貴方もキュウべえのことが見えるの!?」

マミ「私は逆に遊佐さんがキュウべえを見える方が驚きだわ」

真奥「恵美にマミさん、何もない空間に向かって話をするな目立つ、とにかく移動しよう」

恵美「ちょうどいいわ、ならあんた達の息の根をいつでも止められるように家を確認するわ」

芦屋「誰が勇者なんて危険人物に魔王城の事を教えてなるものか!」

QB「真奥の家ならマミの家の隣りさ、丁度いいからそこまで案内しよう」

真奥「てめ家主に黙って何勝手に魔王城のこと話してやがる!」

恵美「年貢の納め時のようね、魔王サタン!」

真奥「仕方がないから案内してやるが、暴れたらまた110番通報するからな!」
53: >>48 かずみマギカ 2013/12/22(日) 23:57:54.25 ID:22A+8z0F0
*魔王城


恵美「お邪魔するわ」

芦屋「本当に邪魔だエミリア、用が無いなら今すぐ帰れ」

恵美「用ならあるわよ、なんなんなのよその態度!!!」

マミ「ま、まぁまぁ芦屋さんに遊佐さん落ち着いて……」

恵美「というか魔王の癖に私よりいい家に住んでるじゃない、どんな汚い手を使ったの?」

真奥「ちゃんと手洗いして消毒もして清潔にしてるから汚く無いわ!…マミさんの助力のお陰で掘り出し物紹介して貰えたんだよ」

恵美「あんた女子中学生に世話になってるとか恥ずかしくないの?」

真奥「言われなくても真っ当に働いて稼いで家賃ぐらいは払ってるっての、そこまで助力して貰ったけどな」

真奥「というかお前はどうなんだよ、勇者様は働かずに魔王探しの仕事でもやってんのか?」

恵美「癪だけど私もあんたと同じよ、契約社員として働いてお金稼がないと日本じゃ暮らせないしね」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:01:09.77 ID:KANFJpu40
真奥「お互い苦労してんだな、っとお互い懐事情は抜きにして話を進めようぜ」

恵美「……本当に不本意だけどあんたに付き合ってあげるわ、話を戻しましょ」

QB「痴話喧嘩は終わったかい、なら僕からお互いの経緯を話させてもらおう」

QB「彼女はエミリア・ユスティーナ、地球とは異なるエンテ・イスラという異世界の勇者だ」

QB「そして彼はエンテ・イスラの魔王サタン、エミリアの宿敵という奴らしい」

マミ「魔王と勇者……って何だかお伽話みたいで想像が付かないわ」

QB「僕でさえ今まで知らなかった異世界に関しては未だに僕も半信半疑な所はあるが」

QB「それでも彼らが魔法少女でもないのに凄まじい力を振るえるのは本当だ」

QB「僕は勇者エミリアの力と魔王サタンの力をこの目で見たから疑いようもない」

恵美「……で、そこにいる芦屋とか言うのが悪魔大元帥アルシエル、魔王サタンと並ぶ私の敵よ」

恵美「もう色々説明しちゃったから遅いけど、何部外者の女の子巻き込んでるのよ」

真奥「不可抗力だ、それに色々事情があったんだ、訳なら後で話す」

恵美「何となく分かるからいいわ、そのマミって子魔法少女なんでしょ?」

マミ「えっ、どうして分かったの!?」

恵美「キュウべえから魔法少女のことは色々聞いたわ、それである程度把握はしているつもり」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:03:46.73 ID:KANFJpu40
*数日前 東京


恵美「この方角から強い魔力の波動と助けの声を感じたはずなんだけど……ここどこ?」

使い魔「」ウジョウジョ

恵美「…何か日本なのに変な悪魔なんだかよくわからないのも居るし」

QB「君は誰だい?」

恵美「喋る白い動物まで……これってどう見ても警察に手の追える状況じゃないわね」

QB「それよりこのままじゃ危ない、僕と契約して……」

恵美「大丈夫よ、顕現せよ聖剣!」

恵美「ふっ!」

使い魔「」アヒャー

恵美「聖剣が一段階しか出せないか…聖法気は節約しないとこれはヤバいわね」

QB(使い魔とはいえ魔法少女でもないのにほんの一撃で倒すとは)

QB(それに……鹿目まどかに匹敵する凄まじい素質を感じる)
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:06:18.58 ID:KANFJpu40
恵美「あっ、風景が戻った、何なのよこれ…」

QB「助けてくれてありがとう!」

恵美「礼ならいいわ、あなた何者?」

QB「僕はキュウべえ、魔女と戦う魔法少女との契約を結ぶものさ」

恵美「魔法少女って……テレビでやってるプリピュアか何かのこと?もしかしてこれって新手のテレビの撮影か何か?」

QB「人間の空想上の魔法少女は違うんだけどね……それとさっきのは魔女の使い魔という奴さ」

恵美「東京にあんなのが出るなんて聞いてないわよ……」

QB「東京周辺はまた別の勢力が管理してるから本来こんな事はありえないはずなんだが、僕がちょっと失敗をしてしまってね」

QB「何とか場を収めようと魔法少女になれそうな女の子を呼んでたら君に会えたという訳だ」

QB「という訳で僕と契約して魔法少女になってよ!」

恵美「勧誘なら間に合ってるからいらないわよ、それに魔法もこれ以上別に必要ないし」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:09:02.77 ID:KANFJpu40
QB「君は強いから魔法少女の力は必要ないだろうけど、他に何でも一つ願いが叶うって特典もあるよ?」

恵美「……何でも願いが、一つ叶う」

QB「そうさ、君が祈りさえすればどんな願いさえ叶うだろう、その気になれば神にだってなれる」

恵美「止めておくわ、契約はしっかり契約約款を調べた上で考えてサインするものだし、悪魔の契約だったらたまったものじゃないわ」

恵美「……それに、私の復讐は誰でもない私自身の手で決着を付けるわ」

QB「復讐?一体君は誰に復讐したいんだい?」

恵美「あんたに言っても無駄だろうけど……魔王サタンって奴」

QB「魔王サタンか、人間の空想上でごくありふれた魔王の名前だね」

恵美「そのごくありふれた名前の魔王のうち一人を八つ裂きにしたいぐらい憎んでこんな所まで来たのよ」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:11:22.35 ID:KANFJpu40
QB「すまない、僕の知る限り魔王サタンというのは人間の想像の存在でしか知らない」

恵美「いいわよ、別に期待してないし、困ってる珍獣を見捨てるのも癪だったしね」

恵美「はぁ、電車代無駄になっちゃったな……」

QB「しかし君の言う魔王サタンではないが、僕の周りに魔力という強力な能力を持つ真奥貞夫という男がいるのは知っている」

恵美「真奥貞夫、まおうさたお…、まおう…さたん?」

QB「彼は自称魔王って名乗っているようだしね、よければ場所を教えてもいいよ」

恵美「……それで代償として契約しろっていうの?」

QB「まさか、僕を助けて貰った上に強制で願いを聞いてもらうなんて思わないよ、むしろお礼さ」

QB「必要とあらば今からでも案内をしてあげてもいいよ?」

恵美「それって次の休みの日まで待ってもらえるかしら?」

QB「構わないよ、僕は人間と違って予定に囚われたりしないからね」

恵美(魔王サタン、まさかね……)
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:14:25.04 ID:KANFJpu40
*現在 魔王城


QB「と、こんなかんじで恵美に出会った僕は君達の元に恵美を案内したんだ」

真奥「なるほど、俺がマミさん助ける時に使った魔力か何かを捉えられたって訳か」

マミ「気絶してた時にそんなことがあったなんて……」

芦屋「せっかく大人しくしてたのに勇者に見つかるなんて……ああ私は不幸だ」

恵美「北の方で変な魔力を感じたと思ったら、まさか群馬県の見滝原まで来ることになるとは思わなかったわ」

恵美「なんで同じ日本のゲートを開いたのにこんなクソ田舎にいるのよ!せめて東京都内に居なさいよ!」

真奥「てめー見滝原と群馬馬鹿にしたな!群馬県はグンマーグンマー言われるけど風光明媚でいいとこなんだぞ!」

真奥「見滝原だって最先端技術を駆使した計画都市の住み良い街として有名になってきたんだぞ!!!」

恵美「そんなことはどうだっていいわよ!それよりここであったが百年目よ!」

真奥「待て待てエミリア、さっき警察にお縄になったばかり通報されるのは嫌だろう?」

恵美「ぐっ……魔王のくせに公権力に頼るなんて卑怯よ!」

真奥「税金払ってるんだから俺だって公共サービス受ける権利ぐらいあるわ!」
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:18:45.45 ID:KANFJpu40
ほむら「漫才はその辺にしておきなさい、近所迷惑よ」

マミ「暁美さん!?」

恵美(また新しい魔法少女?胸は……ふっ、勝ったわね)

ほむら「元々そこの魔王とは少し話があったのよ、場所替えしたから追っただけよ」イラッ

真奥「だからって不法侵入すんなよ……」

ほむら「家の鍵を開けたまま話をするほうが悪いわ」

芦屋「鍵を開けているからって平然と家に入って話を聞くとは……勇者じゃあるまいし」

恵美「勇者は不法侵入なんてしないわよっ!!」

ほむら「その前にQB、早くこの場から立ち去りなさい」

QB「君はそんなに僕が嫌いかい?まあまた殺されるのも面倒だし大人しく去るよ」

恵美「え、ちょっとこの子何?」

QB「僕は恵美が魔王を嫌うように暁美ほむらからは嫌われていてね、その理由はよくわからないんだが」タッタッタッ
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:21:46.61 ID:KANFJpu40
ほむら「マミを助けるために使った力や目的についてもう一度確認したかったんだけれども」

ほむら「後ろから話を聞いていておおよそ分かったわ、その上で確認するわ」

真奥「いったい今度は何だよ?」

ほむら「鹿目まどかを魔法少女にする気はあるかないかということよ」

真奥「まどかちゃん?別に俺は魔法少女とか関係無いしな」

恵美「私は何がなんだかよくわからないわよ、鹿目まどかって誰?」

マミ「暁美さんこの前は助けてくれて助かったわ、貴方のこと誤解してたのかもしれない」

マミ「でもどうしてあなたはそんなに鹿目さんを魔法少女にしたくないのかしら?」

マミ「グリーフシードを独占したいだけにしては貴方の行動は回りくどすぎるわ」

ほむら「今は必要ないから話さないわ、私のやりたいことは誰かに手伝ってもらおうとは思わないし」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:25:12.16 ID:KANFJpu40
ほむら「それと私は魔王と勇者の争いなんてどうでもいいわ」

ほむら「私の邪魔にならないなら勇者が魔王を殺そうがその逆だろうが別に構わない」

ほむら「でも鹿目まどかを巻き込むというなら、その時私は貴方達二人も私の敵として殺すわ」

ほむら「巴マミ、聞いての通り強力な力を持つ二人がいればまどかが居なくとも魔女退治のパートナーは十分でしょ?」

ほむら「だからもう鹿目まどかを巻き込むのだけは止めて、お願いよ」

ほむら「言いたかったのはそれだけよ、邪魔したわね」シュン

マミ「暁美さん……」

真奥「言いたいことだけ言って消えやがった、なんなんだあいつ……」

恵美「私が聞きたいぐらいよ、何だかあんまり物騒すぎて毒気抜かれちゃった」

芦屋「魔王様、あの暁美という少女が邪気眼系厨二病患者という奴ですか?それとも実際に力があるから厨二病では…」

真奥「だからこんなところまで厨二病引っ張るなって!?」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:28:26.35 ID:KANFJpu40
恵美「はぁ…、明日も仕事だし一旦帰るわ」

恵美「魔王サタン、それにアルシエル!次に来る時までにいつ死んでもいいよう身辺整理でもちゃんとしときなさい!」

真奥「おいエミリア!」

恵美「今度からエミリアは止めなさい、私のことは遊佐恵美、恵美でいいわよ」

マミ「遊佐さん、その……私やっぱりそれでも芦屋さんと真奥さんが悪いとは思えないんだけど」

恵美「……貴方には悪いことするけど、私にも譲れない思いがあるのよ」

恵美「別に今すぐどうこうってする気は無いわ、なるべく穏便にぶち殺すから安心して」

真奥「殺すのは変わりないのかよ……」

芦屋「とても勇者の言う台詞とは思えませんね」

恵美「当たり前でしょ、連絡先も無いと不便だし巴さんには教えておくわ」

マミ「真奥さん達はいいんですか?」

恵美「巻き込まれた第三者の巴さんはともかく魔王なんかとプライベートで連絡なんかしたくないわよ」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 00:31:56.32 ID:KANFJpu40
真奥「こっちも最初からそのつもりだ」

恵美「という訳よ、知りたきゃ巴さんにはこいつのことは好きなだけ教えてあげるから、それじゃあね」

マミ「釈然としない所はあるけど、遊佐さんもお気をつけて、私のこともマミでいいですよ」

恵美「そう、ならマミちゃんも気をつけてね、じゃあね魔王……ってか貞夫何よ貞夫って、現代日本人の名前じゃないわ」ガチャン

真奥「日本全国の貞夫さんと俺に謝れ!!!」

芦屋「それにしてもどうしましょう魔王様、勇者に狙われる日々を過ごすと思うとおちおち枕も高く出来ませんね」

真奥「何、また実力行使に出るようならその時は110番通報だ」

芦屋「なるほど名案ですね魔王様、エミリアの奴を豚箱にぶち込めば我々は後腐れ無くエンテ・イスラに帰れるようになりますし!」

真奥「だな、そしたら一旦様子見に戻るのもありかもな」

マミ(日本の警察に振り回されっぱなし勇者と魔王って何なのかしら……)
69: さるった 2013/12/23(月) 01:02:31.30 ID:KANFJpu40
真奥(それから数日後、さやかちゃんが魔法少女になったりとかあったがだいたい平和だった気がする)

真奥(マミさんはあの魔女戦が尾を引いたのかさやかちゃん任せで魔女狩りの頻度を減らしたらしい)

真奥(そんな訳でマミさんがまたシフトに入ってくれるようになって仕事は楽になったんだが……)


真奥「いらっしゃいませ、ご注文は何にしましょう」

ほむら「後で大事な話があるわ、外に来なさい」

真奥「テイクアウトっすねー、セットはいかがですか?」

ほむら「一人でいいわ、注文するから私の指定した場所に来て」

真奥「ビッグマグロナルドバーガーワンプリーズ!」

ほむら「この前の公園よ、お金はここに置いておくわ」

真奥「ありがとうござっしたー」

真奥(めんどくせえ……)

マミ「あら、暁美さん来てたのね、ゆっくりすればいいのに」

真奥「ならマミさんがほむらの相手してくれよ……」

マミ「実は私もちょっと苦手で……」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 01:06:50.38 ID:KANFJpu40
真奥「俺に用があったみたいだしな、まあしょうがないさ」

店長「真奥に巴、ちょっといいか」

マミ「どうかしましたか?」

店長「最近私のお菓子とか飯が消えるんだが何か知らないか?」

真奥「店長が食べたのを忘れたとかではないんですか、最近歳のせいかボケが激しいようですし?」

店長「失礼なこと言うと殴るぞ真奥」ボカッ

真奥「殴ってから言うな!が、それはそれで問題なんで俺達が調べておきます」

店長「なら任せたじゃ私はそこで飯食ってる、巴ー、後でポテト頼む」

真奥「だから働けつまみ食いすんな太るぞ!」

マミ「真奥さん、店長さんにお説教するより在庫荒らしを探しましょう」

店長「真奥、後でちょっと来い」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 01:11:15.76 ID:KANFJpu40
真奥「当然だが監視カメラには何も写ってないか」

マミ「商品の選び方も的確だわ、相手はこのお店のことをよく知ってるみたいね」

真奥「調理済み商品や店長の食料を狙って手際よく盗む上、監視カメラに映らない泥棒か……んー、これは」

真奥「随分前にマミさんの家に居候してたあの家出娘の手口そっくりなんだが……」

マミ「そ、そんなこと無いわよきっと、あの子は犯人じゃないわよ!?」

マミ「大体、出て行ったっきりそれから行方もよく分からない訳だし!」

真奥「まあいいさ、本当にあいつが犯人なら芦屋に聞けば対処は大体分かる」

マミ「ああ、確かに芦屋さんに任せれば大丈夫そうね」

真奥「決戦は明日だ、芦屋は明日シフトだし今日はしょうがねえが気をつけるしか無いな」

マミ「そうね、こんな騒ぎは今日で収まってくれればいいんだけど」

真奥(トラブルってこういう時に限って続くんだよなぁ……)
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 01:15:00.79 ID:KANFJpu40
*夜


ほむら「ずいぶん遅かったわね、もう深夜じゃない」

真奥「この前の騒動の帳尻合わせでシフト増やしてんだよ」

真奥「……ったく予言するならもっとはっきりしてくれればシフト崩さずに済んだのに」

真奥「で、今度は何の用だ?また質問攻めか?」

ほむら「いいえ、鹿目まどかにちょっかいを出すつもりは無さそうだし聞くことは聞いたわ」

ほむら「もう一つ忠告よ、近い内に美樹さやかが死ぬわ」

真奥「ちょ、さやかちゃんが死ぬってどういうことだ!?」

ほむら「彼女が魔法少女になった以上必然よ」

真奥「一体どういうことだ説明しろ!俺に一体どうして欲しいんだ!」

ほむら「美樹さやかの必然の破滅を防いで頂戴、それが出来ないなら」

真奥「できないなら?」

ほむら「申し訳ないけど……私の目的のために貴方を殺すわ」チャキッ
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 01:19:41.94 ID:KANFJpu40
真奥「何危ない物出してるの!?暴力反対!」

真奥「っていうか俺ほむらに何か嫌われるようなことしたかよ!?」

ほむら「恨みはないわ、でも私の目的のためには手段を選んでられないの」

真奥「何で俺を殺す必要があるんだ、まさかエミリアの奴と組んだのか?」

ほむら「別にそういうことではないわ、私個人の純粋な理由からよ」

真奥「そういう事言われると逆に理由が気になるんだが、なんで俺がほむらに?」

ほむら「そうね、もし貴方が美樹さやかの破滅を止められたとしたら……」

ほむら「その時は貴方に全てを話してもいいわ」シュン...

真奥「ちょっと待て!毎度毎度言いたいことだけ言って、少しは人の話を聞け!!」

真奥(恵美もめんどくせえがほむらはもっとめんどくせえ……)ハァ
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 01:24:20.15 ID:KANFJpu40
*翌日 マグロナルド


杏子「ちょ、なんだこれ!?」

芦屋「見事に釣れましたね、真奥様」

真奥「ああ釣れたな、あんこちゃんが」

マミ「まさか本当にとりもちに引っ掛かるとは思わなかったわ、佐倉さん」

杏子「あーマミに真奥に芦屋かよ!……しくったな」

杏子「ってかあんこちゃん呼びはやめろ!」

真奥「あんこちゃんにしないと紛らわしいからしょうがないだろ」

芦屋「巴さんに散々心配かけた上に魔王様に迷惑かけて、まったく家出娘はっ!」ポカッ

杏子「痛って!何殴るんだよ」

芦屋「人に事情も話さず急に失踪して心配掛けさせた上、泥棒した罰です」

真奥「泥棒は犯罪だ、それより警察に突き出されたいのか?」

杏子「警察は面倒だなー、なっ、そこは昔のよしみで何とかならねえか?」

真奥「しょうがねえ、警察に突き出されるのが嫌なら体で返してもらうか」

杏子「ちょおま、体で返すとか何言ってるんだよ!?」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 01:29:38.85 ID:KANFJpu40
さやか「」

杏子「」

真奥(ほらあんこちゃん固まらない)ツイツイ

杏子「い、いいらっしゃしゃいませー、ご注文はいかがなさいますか?」

さやか「……あんた何やってんのさ、あんな会話した昨日の今日で」

杏子「私にだって色々事情があんだよ、それより注文がないならとっとと帰れ」

さやか「そんな態度とっていいんだ、ふーん」

真奥「申し訳ありませんお客様、佐倉にはきつく言っておきますので」ガシガシ

杏子「頭擦るな痛い痛い!」

さやか「いいっていいって真奥さん、勝手知ったる仲みたいなもんでしょ」

真奥「悪いなさやかちゃん」

さやか「それよりそこの柄悪い店員さん、スマイルプリ~ズ」

杏子「す、すまいる……?」

さやか「そ、ほらさっさとスマイルゼロ円サービスしてみろよ」

杏子「てめぇ……」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 01:33:29.31 ID:KANFJpu40
真奥「あ~ん~こちゃ~ん」ジトーッ

杏子「は、はいお客様」ヒキッ

さやか「引きつってるな、やり直しだよあんこちゃん」

杏子「ってさやかまであんこちゃん言うな!」

さやか「ほらあんこちゃん何やってるの、注文したスマイル早く早く~」

杏子「う、うう、こ、これでいいですか」ニ、ニヤ

真奥「あんこちゃん、スマイルはこうだこう」ニカーッ

杏子「は、恥ずかしくてそんな事できるか」///

さやか「あっはは、もういいわ」

杏子「う、ううっ……」

さやか「昨日あった時はすっげームカついたし色々あったけど、こうしてイジってたらちょっと気が晴れたわ」

杏子「油断しなけりゃこんな事にはならなかったんだけどよ、くそー」

さやか「丁度いい機会だし、あんたの腐った性根を真奥さんに鍛えなおしてもらいな」

杏子「言いたいこと好き放題言いやがって、もう勝手にしろ!」///
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 01:37:41.05 ID:KANFJpu40
真奥「ほらあんこちゃんふてくされない」

さやか「邪魔して悪かったね、ビッグマグロバーガー二つお持ち帰りでー」

杏子「び、ビッグマグロバーガー二つですね、少々お待ちください」

真奥「ビッグマグロバーガーツープリーズ!」

さやか「真奥さんは隣のあんこちゃんと違ってやっぱ違うな~、んじゃね!」

杏子「一生分の恥かいた気分だ、穴があったら入りたい……」ハァ

真奥「ほら溜息付かない!食った分はきっちり働いて返してもらうぞ!」

杏子「あーはいはい分かったよ分かったよ」

真奥「それよりバイト終わってこれから行く宛てはあるのか?」

杏子「適当に野宿できそうなとこで寝るだけさ、バイトには来るから安心しなって」

真奥「家出してまで放浪生活やってんのかよ、泊まる所無いならまたうちに来て体綺麗にしとけ」

杏子「芦屋やマミの説教聞くぐらいなら野宿のほうがマシって言いたい所だけど」

杏子「まー恥掻きついでに久々に芦屋の飯を食うのもいいかもな」
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 01:41:42.12 ID:KANFJpu40
*魔王城


真奥「ただいまー」

芦屋「お帰りなさいませ魔王様、とそれに家出娘の佐倉杏子か」

杏子「お、お邪魔するぜ……」

芦屋「別にお帰りなさいでいいんですよ、佐倉さん。ご飯もできてますよ」

杏子「あ~もう優しくされっと調子狂うなー!」

芦屋「久々過ぎてもう怒る気にもなりませんよ、それよりどうして家出なんてしたんですか?」

杏子「マミの奴とは反りが合わねーからな、一緒に居ないほうがマシだと思って出てった」

マミ「あら、そんなに私のことが嫌い?」

杏子「き、嫌いじゃねーけどさ、その、あれだろ?」

マミ「私達魔法少女だものね、使い魔狩りのスタンスが合わなかったし」

杏子「マミと喧嘩するのも嫌だし、元々長居はする気なかったからな」

杏子「今回もマミに消えた魔法少女狩りのことを聞こうと思って気紛れに立ち寄っただけさ」
87: またさるった 2013/12/23(月) 02:07:05.77 ID:KANFJpu40
芦屋「なるほど、佐倉さんも巴さんと同じ魔法少女でしたか」

真奥「あの頃は必死でそこまで頭が回らなかったからな、とはいえ気が付かないのは間抜けすぎたが」

杏子「ってかマミ、こいつらに魔法少女のことバラしちまっていいのかよ」

マミ「少し事情が変わったの、真奥さん達も魔法少女のことはよく知ってるし」

マミ「その時に真奥さんに危ないところを助けて貰ったの、助けて貰わなかったら危なかったわ」

杏子「へー、マミがそう言うなんて意外だな、私は真奥と芦屋がそんな凄い奴なんて気が付かなかったぜ」

芦屋「それより佐倉杏子、ずいぶんと不摂生な生活を送っていたようだな」

芦屋「今日からはジャンクフードではなく栄養をしっかり考えた食事をして貰うし……」

芦屋「何より真奥様や世間様に迷惑かけないようき!っ!ち!り!と!再教育させてもらうぞ!!!」

杏子「これがあるから帰りたくなかったんだー!」

真奥(気持ちは分からんでもない)
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 09:28:54.10 ID:7hS3tzDp0
今起きた、そろそろ再開する
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 09:31:57.76 ID:7hS3tzDp0
*食後


杏子「やっぱ芦屋の飯はうめーな、量が少ないことを除けば」ガツガツ

芦屋「こら佐倉杏子、犬みたいな汚い食い方するな、後量が少ないのは一言余計だ!」

杏子「ったく飯ぐらい好きに食わせろよ、お袋じゃあるまいし」

芦屋「食事を楽しんで頂けるのは結構ですが、女の子なんだから少しは巴さんみたいに女らしく……」

マミ「ふふっ、こうしているとまるで去年に戻ったみたいね」

杏子「いいじゃん別にー、それよりマミ食後のケーキあるか?」

マミ「はいはい、ちょっと待っててね」

芦屋「太りますよ全く……、私は食器の片付けをしてまいりますね」

真奥(さやかちゃんが死ぬ……か、確かに今日の様子が変だったが)

真奥(心当たりは……っつうと今日のあんこちゃんぐらいか)

真奥「なああんこちゃん、ちょっといいか?」

杏子「なんだよ真奥?」

真奥「今日さやかちゃんの様子がおかしかったが、あんこちゃんは心当たりないか?」

真奥「昼間は随分仲良く話してたようだし」
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 09:34:41.77 ID:7hS3tzDp0
杏子「別に仲はよくねーよ、さやかの奴とはむしろ最悪だよ」

杏子「何せ決闘して殺し合いしたような仲だしな」

マミ「美樹さんと知り合ってたのも驚きだけど、決闘ってどういうことなの?」

杏子「正義の魔法少女気取ってるさやかの奴が気に食わなくて突っかかっただけだ」

杏子「お互い反りが合わないから決闘して白黒付けようとしたらショッキングな事があったんだ」

杏子「さやかと気まずいのは多分そのせいだと思う」

真奥「ショッキングな出来事ってなんだ?」

杏子「魔法少女にしか分かんねえことさ、何より胸糞悪いし部外者は知らない方がいい話さ」

杏子「マミもいることだし、出来ることなら私は話したくないんだが」

真奥「さやかちゃんの命が掛かってるんだ、頼む」

マミ「美樹さんの命が掛かってるってどういうこと?」

杏子「私もそこが気になるな、どういうことだ真奥?」
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 09:40:03.94 ID:7hS3tzDp0
真奥「暁美ほむらって変な子にさやかちゃんが死ぬって予言されててな」

真奥「以前にもマミさんの危険を予言してたし、ただの妄言って訳でも無さそうだ」

真奥「何より、あいつさやかちゃんが死んだらよく分からんが俺を殺すつもりらしい」

マミ「暁美さんがそんなことを言っていたの、一体どういうことかしら?」

杏子「ああーほむらの奴か、なるほど確かにあいつはどっか変な奴だからな」

真奥「真意はよく分からんが、マミさんやさやかちゃんを助けようとする辺り悪い子じゃないと思う」

真奥「何でもさやかちゃんを助けてくれたら、この訳わからん事をやってる理由も分かるみたいだしな」

杏子「そこまで言うならまあいいけど、マミはどうする?」

マミ「そこまで止めるってことは決して耳心地のいい話じゃないみたいね、でも私だって知りたいわ」

杏子「しょーがねえな、後で真奥のこともちゃんと話せよ」


カクカクシカジカ

真奥(あんこちゃんからソウルジェムが彼女達の本体であることを聞かされた)

真奥(悪魔の俺達にとっては多少体の作りが変だろうが大したことはないんだが、マミさんにはショックだったみたいだ)
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 09:44:38.07 ID:7hS3tzDp0
真奥「なるほどな、そりゃさやかちゃんもショックで元気なくすわ」

マミ「私もこうして心の準備をせずに聞いていたら取り乱しそうなぐらいよ」

杏子「私は変な外人だか帰国子女のにーちゃんだった真奥と芦屋の奴が悪魔だってのに驚きだよ」

杏子「しかもバイトやってる魔王なんて初めて聞いたよまったく、おまけに勇者も派遣社員なんて夢が壊れるね」

真奥「泥棒やってた不良魔法少女に言われたくないわ、俺だって十分夢壊れたわ!」

マミ「ま、まあそれより佐倉さん、美樹さんのことで他に話すことはない?」

杏子「そうだなー、確か幼馴染で惚れた男との関係もうまくいってないっぽいぜ」

マミ「上条くんのことね、確かに魔法少女のこんな体じゃ恋愛も大変だろうしね」

真奥「悪魔の俺にとってはそんな細かいことは気にしないけどな」

真奥「何せ牛と鳥の悪魔が結婚して豚の悪魔が生まれるなんてのも珍しい話じゃないしな」

マミ「真奥さん、それ全然慰めになってないですよ」

杏子「ったく真奥は女心って奴を全然分かってねーな」

真奥(え、俺なんか地雷踏んだ?)
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 09:48:08.18 ID:7hS3tzDp0
真奥「ま、まぁ話を総合するとさやかちゃんは魔法少女になったのと恋愛でショックを受けてる」

真奥「でもそれがどうしてさやかちゃんの死に繋がるかって言うとな、よく分からん」

マミ「そう言われるとそうなんだけど、心の乱れは油断に繋がるわ、美樹さんを放っておく訳には行かないわね」

杏子「そうは言ってもなぁ……さやかの奴最近はヤケクソ気味に一人で魔女狩りやってるしな」

杏子「私じゃなくてマミが助けるならまた違うんだろうが、それでも根本的な解決にはならねー気がするぜ」

真奥「要するによく分からん、そんな時は芦屋ー!助けてくれー!」

芦屋「呼ばれて飛び出て参上致しました、魔王様!」スタッ

真奥「かくかくしかじかで俺とさやかヤバい、どうすればいい?」

芦屋「後ろで話はおおよそ聞いていました、その上で少し気になる点があるので教えて頂きたいことがあります」

芦屋「魔王様、暁美さんは美樹さんの死を防げない、そうおっしゃっていましたか?」

真奥「そういや必然の死とか何とか言ってたな」

芦屋「巴さんのケースと異なるとするならば、魔女狩りは危険ですがそれそのものが死に繋がるということは無いでしょう」
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 09:52:19.80 ID:7hS3tzDp0
芦屋「となれば、戦闘以外のケースで命を落とす可能性が考えられます」

芦屋「暁美さんは巴さんの死を防ぐように魔王様にお願いしたように、彼女自身美樹さんを助けたいと考えているはずです」

芦屋「その上で巴さんに佐倉杏子、暁美さんの行動について何か思い当たる節はありませんか?」

杏子「そういえばワルプルギスの夜ってすげー魔女との戦いで共闘しようとか誘われたな」

杏子「後は、私とさやかの戦いを結構必死に止めたがってたみたいだな」

マミ「私もワルプルギスの夜との戦いで共闘を持ち掛けられたわ」

マミ「他は……鹿目さんの契約は絶対にしないでって念押しされたわね」

マミ「キュウべえとはとても仲が悪いわね、初めて会った時も殺そうとしたぐらいだし」

真奥「俺はさっきも言った通りよく分からん予言と、俺達の事を根掘り葉掘り聞かれたことだ」

真奥「グリーフシード持ってたのが原因だと思うが、魔女を魔力に変換してたのが気になってたみたいだ」

芦屋「……色々な話が何やらごちゃごちゃで、暁美さんの行動は支離滅裂ですね」
112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 09:56:27.40 ID:7hS3tzDp0
QB「僕も暁美ほむらが何を考えているか分からなくて困っているんだ」

マミ「キュウべえ、貴方居たの!?」

杏子「てめぇ、昨日あれだけのことをしておいてよくノコノコとこんな所に顔出せるな」

QB「このような調子で話題の中心の美樹さやかから追い払われてね、居場所がないからマミの所さ」

真奥「俺らには見えないからやり辛いな、よっと……よし見えた」ゴゴゴ...

芦屋「魔力を使わないと視認できない生物か……興味深い」ゴゴゴ...

杏子「うおっ、お前らキュウべえの奴が見えるのかよ」

真奥「魔力使って集中してる時だけな、魔眼なしじゃ存在にすら気が付かん」

芦屋「私は魔王様と違って魔力が殆どありませんから視認するのが精一杯ですけどね」

QB「僕にとって真奥貞夫と芦屋四郎も明美ほむらと同じぐらい訳がわからない困った存在なんだけどさ」

QB「それよりワルプルギスの夜が迫っている中、魔女と戦う魔法少女が死ぬのは僕としても困る」

QB「という訳で僕からも美樹さやかが死なないように二つお得な情報だ」

QB「一つに、志筑仁美が明日上条恭介に好意を伝えるらしい」

QB「二つに、彼女は今鹿目まどかと一緒に魔女狩りをやっている、助けたほうがいいんじゃないか?」
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:00:03.65 ID:7hS3tzDp0
杏子「まじか、おいキュウべえ場所教えろ!」

QB「少し分かりにくい場所だしね、僕が案内しよう」

マミ「私も後から向かうわ、案内お願いね」

芦屋「おいキュウべえとやら、一つ質問がある」

QB「なんだい?僕に答えられることなら」

芦屋「貴様、何か重大なことを隠していないか、私達でなく巴さん達にもな?」

QB「僕は聞かれていない事は言わないし、何より魔法少女でない君に教える義理はない」

芦屋「そうか、……分かった」

QB「君達はどうするんだい?」

真奥「俺はもうこれから明日のシフトの準備あるからな、マミさんと杏子が居るしそこは任せたい」

芦屋「私も戦えるほど十分な魔力もないですし、お二人にお任せします」

杏子「分かった、考えるのは苦手だしその辺は真奥達に任せた!」

マミ「任せて下さい真奥さん、私達もなんとか美樹さんを助けてみせます!」
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:04:27.65 ID:7hS3tzDp0
真奥「明日バイトのシフトがあるのに告白の時間が被ってるのか……」

芦屋「その時間帯なら私が上手く工夫して時間を開けてみますよ」

真奥「うーむ、時間帯責任者がそうホイホイ居なくなるのもどうかと思うが……」

芦屋「一応責任者の店長が居ますから大丈夫ってそうではなくてですね!」

真奥「うおっとそうだなさやかちゃん、そして俺の命が最重要だな!」

芦屋「勇者エミリアに続いて暁美ほむらまで魔王さまのお命を狙うとは頭が痛いですが……」

芦屋「恐らく本当の敵はその二人では無く、黒幕が糸を引いているかと」

真奥「黒幕?」

芦屋「ええ、キュウべえという謎の生物、我々に何か重大な事実を黙っています」

芦屋「その正体はまだ判断しがたいですが……それが美樹さんの死に繋がる可能性は高いかと」

真奥「んで、どうすりゃいいんだよ」

芦屋「キュウべえの言っていた告白が本当かすら疑わしいですが、とにかく黙って見ているわけには行きません」

芦屋「美樹さんの心の傷が最小限になるように魔王様や私達で何とかしましょう」

芦屋「それ次第で最悪の展開はとりあえず防げるはずです」

真奥「分かった、俺が何とかする」
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:08:43.18 ID:7hS3tzDp0
*翌日


真奥(という訳で最近恒例の一時抜けをしてマミさんあんこちゃんと手分けしてさやかちゃん探しだが)

真奥(よりにもよって一番対処を心配されてた俺がさやかちゃんを発見した件について)

真奥(上条恭介と志筑仁美?らしい二人がビロートーク中の後ろにさやかちゃん)

真奥(物凄く気まずいがこのままノコノコ帰るわけにはいかねえな)

真奥「よっ」ポン

さやか「ひっ!?……ぁ」

真奥「大声出すと気が付かれるぞ、むしろ気が付かれた方がいいか?」

さやか「ちょっと……邪魔しないでよ」

真奥「あいにく俺は邪魔したい方の人間でね」

真奥「上条くんや志筑さんとやらがくっつくと俺やさやかちゃんが困るから妨害しに来た」

さやか「……何でそんなことすんのさ、正直邪魔だよ」

真奥「経緯はおおよそあんこちゃん達から聞いた、その上でこのままはいけないと思う」

真奥「行動しないで後悔するより、行動してから反省しろってのが俺の考えだ」

真奥「ほら、絶対今行かないと後悔する、早くしないと間に合わんぞ」
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:12:38.08 ID:7hS3tzDp0
さやか「部外者が勝手にしゃしゃり出ないでよっ!!」

さやか「……この馬鹿野郎!!!」ダッ

真奥「ちょ、さやかちゃん何逃げてんの!?」

上条「さやか……それにマグロナルドの店員さん?」

仁美「あら、店員さんまさか出歯亀ですか?」

真奥「いやそうじゃなくてだな、おいさやかぁ!?」

上条「詳しく話を聞いてもいいですか?」

仁美「そうですね、プライバシーの侵害ですわ」

真奥(という訳で俺は二人にさやかの恋愛相談の事を聞き回されさやかちゃんを見失ったとさ)

真奥(後からあんこちゃんやマミさんが合流したが時既に遅しだったようだ)
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:16:40.64 ID:7hS3tzDp0
*夜


芦屋「魔王様何やってんですか!?考えうる限り最悪の展開ですよ!」

真奥「何というかごめんなさい」

芦屋「対処できないと思ったら普通巴さんか佐倉杏子に連絡するでしょ!!」

芦屋「大体魔王様はですね、女心って奴が欠片程も分かってないんですよ!!」

芦屋「自覚ぐらいはしてるんですから、せめてそこは相談しましょう、ホウ!レン!ソウですよ!!!」ガミガミ

真奥「……はい、反省してます」

杏子「もーその辺にしてやれよ、芦屋」

マミ「真奥さんがデリカシーゼロの朴念仁なのはみんなよーく分かってますから」

真奥「俺の扱い酷くね!?」

芦屋「命が掛かってるんだから当たり前でしょ、これで……ああもう!」

芦屋「しかも佐倉杏子が聞いたキュウべえとやらの話では美樹さんの消耗が激しいらしいじゃないですか!」

芦屋「急いで美樹さんを探しましょう、手遅れになりますよ!」
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:21:20.33 ID:7hS3tzDp0
真奥「手遅れってどういうことだ?」

芦屋「ソウルジェムは彼女自身の本体、魂の在処であり魔力を産む場所です」

芦屋「それが自分自身の負の感情で崩壊するということは、悪魔ならば制御できない自らの魔力に飲まれて死ぬようなものですよ」

真奥「なるほど、そりゃ死ぬな」

杏子「冷静に言ってる場合じゃねーな、さっさと止めないと不味いことになりやがる」

マミ「そうね、手分けして探しましょう」

芦屋「……分かりました、でも最悪の場合は覚悟して下さい」

真奥「覚悟?」

芦屋「私の予想が最悪の方向に転がる場合……さやかさんを殺すことになるかもしれません」

真奥「そりゃヤバいな……こんな時に限って電話は通じないんだよな」

マミ「私達でも駄目なんだもの、真奥さんじゃ着信拒否でもおかしくないわね」

杏子「当然だ…って笑ってる場合じゃねーな、っとさあ早くしようぜ!」

芦屋「そうですね、定期連絡しながら手分けして探しましょう」

真奥(地雷一個踏んだだけで俺の扱い酷くね……)
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:25:17.27 ID:7hS3tzDp0
*夜


真奥「おーいさやかちゃーん、ってまどかちゃん!?」

まどか「あれ、真奥さん?」

真奥「さやかちゃんの居場所を知らないか?それか何かなんでもいい手がかり無いか?」

まどか「私もさやかちゃんを探してるんです、何か……ではないけどさっきほむらちゃんに会いました」

真奥「それも重要そうな気がするがまずはさやかだ……っと電話か」ピピピッ

真奥「杏子か、え?さやかを見つけた、ほむら?分かった今向かう!」

まどか「さやかちゃんが見つかったんですか!?」

真奥「駅の方だ、どうもやばい雰囲気みたいだぜ」

まどか「急ぎましょう!」

真奥(駅についた俺が見たのは、冷たくなったさやかちゃんの姿だった)
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:29:26.20 ID:7hS3tzDp0
*駅


まどか「さやかちゃん……そんな、嘘……うっ……」

ほむら「嘘ではないわ、彼女のソウルジェムはグリーフシードに変化し、魔女となって消滅したわ」

マミ「そんな、嘘……魔法少女が、魔女を生む……それなら、いっそ……」

真奥「マミさん落ち着け、まだ全部終わった訳じゃない!」

真奥「くそ……魔女から人間の強い負の感情を感じて魔力が吸収してる時点で気が付いていれば」

芦屋「やはり……そうでしたか」

ほむら「それで辞世の句は全てかしら?」チャキッ

杏子「おいてめぇ、何やってやがる!」

真奥「ちょ、まだまだノーカンだろ!?まだ息もしてるし死んでないんだからまだ何とか出来るって!!」

ほむら「美樹さやかは死んだわ、これだけはっきり見てもまだ分からない?」

芦屋「魔王様の言う通りです、まだ全てが終わったわけではありません」
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:33:51.84 ID:7hS3tzDp0
マミ「まだ……終わってない?」

真奥「あ、ああそうだマミさん、諦めたような顔をするのはまだ早いだろ!!」

ほむら「どういうことかしら、説明して」

芦屋「私から説明させてもらいます」

芦屋「私達はご存知の通り悪魔ですが、見ての通り今は只の人間と変わりありません」

芦屋「ですが、魔力を失ったからこそ人間の姿をしているのであって、これは本来の姿ではありません」

芦屋「従って、魔女も我々と同じように魔力を全て失えばあるべき形に戻るでしょう」

真奥「魔力を失った魔女の本来の形がグリーフシードだな」

芦屋「はい、しかし話を聞くにグリーフシードは元はソウルジェムより生まれたもの」

芦屋「何故ソウルジェムがグリーフシードを産まなければいけないのか……暁美さん、貴方ならご存知でしょう?」

ほむら「ええ、その話ならキュウべえから聞いたわ」

ほむら「希望から絶望への相転移により、ソウルジェムとなった魂が燃え尽きることで莫大なエネルギーを発生させる」

ほむら「私達からそのエネルギーを回収するのがあのキュウべえ、インキュベーター達の生業よ」
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:37:19.35 ID:7hS3tzDp0
芦屋「希望から絶望の相転移のエネルギーですか、成る程ソウルジェムがグリーフシードに転移するのも頷ける」

芦屋「なら、逆に絶望より生まれたグリーフシードに希望の相転移分のエネルギーを注入すればソウルジェムに戻るのでは?」

真奥「希望の力……ねぇ、それって俺の魔力でどうにかなんのか?」

芦屋「実際にやってみれば分かるはずです、グリーフシードはありませんか?」

ほむら「やってみなさい」ポン

真奥「よし魔力込めて元に戻してみるからちょっと下がってろ」

真奥「まずはちょっとずつっと……」

杏子「グリーフシードがすごい勢いで濁ってるな、これじゃあ逆効果じゃねーか」

真奥「い、いやいやこっからが復元の本番だから!」コォォォ...

芦屋「魔王様、魔力の使い過ぎはやめて下さいよ!」

まどか「グリーフシードが……魔女に変わってる?」

真奥「うおっ、これいいのか!?」

芦屋「いいえ、ここからが重要です、そのまま魔力を注いで下さい」

杏子「ヤバそうになったら止める準備はしとくぜ」

マミ「グリーフシードが……私を食べようとしたあの魔女に戻ってるみたいね」
129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 10:41:11.30 ID:7hS3tzDp0
真奥「ふー、終った」

マミ「でも魔女の結界は生まれないし、魔女も生き返った様子は無いわね」

杏子「本当だ、抜け殻みてーだな」

芦屋「倒された魔女には魂がありません、いくら魔王様と言えども死者の蘇生は不可能です」

真奥「ここから更に魔力使えば自動人形みたいに操れるけど、それは復活って言わないしな」

芦屋「ですが、魔女として生きている間ならば?」

まどか「さやかちゃんが……助かる?」

ほむら「それは無意味よ、さっきも実演したとおり魔力はグリーフシードを濁らせ魔女を生むだけだわ」

芦屋「少し実験したいことがあります、巴さん、ソウルジェムを少しお借りしていいですか」

マミ「ええ、これでいいかしら」

真奥「ちょっとだけな……っとやっぱ魔力込めるとソウルジェムも濁り出すな」

芦屋「逆に濁りを吸収することは出来ますか?」
133: さる 2013/12/23(月) 11:10:15.96 ID:7hS3tzDp0
真奥「ああ、魔女から魔力吸収する時と同じで負の感情を吸収するだけだ」スゥゥゥ...

マミ「あっ、濁りが取れて楽になったわ」

杏子「グリーフシードいらずで浄化できるのは便利でいいな、……ってことはこれで何とかなるのか!?」

ほむら「いいえ、肝心なのは魔女を人間に戻せるかどうかよ」

ほむら「実験はこれで終わり?どうすれば美樹さやかを元に戻せると?」

芦屋「一つ分かったのは、人間の負の感情、つまり絶望から変換された魔力ではソウルジェムを濁らせるだけ」

芦屋「魔力ではグリーフシードをソウルジェムに戻すことは出来ないでしょう」

芦屋「魔力を吸収しても魔女をグリーフシードにするだけ、なら必要なのは逆のエネルギーを注入することです」

芦屋「つまり聖法気ならばどうでしょう?魔力と対をなす力なら希望のエネルギーを生むのに十分では?」

マミ「聖法気……ということは遊佐さんね!」

ほむら「それには一つ問題があるわ、どうやって勇者エミリアの助力を得るつもり?」
136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 11:15:01.22 ID:7hS3tzDp0
芦屋「……巴さん達から何とか頼み込んで拝み倒して褒め殺してエミリアの奴をどうにか利用させて貰おうかと」

真奥「俺らじゃ恵美に頼み事しても殺されるだけだからな、頼む、みんなであいつを説得してくれ!」ドゲザッ

ほむら「……肝心な所で他人任せとかあなた馬鹿なの?」

芦屋「いや……その……正直元々は魔王様のお力だけでどうにかするつもりで、ハッタリというか…何というか」

杏子「でもまあ希望が見えただけいいんじゃねーか?」

マミ「そうね、これが上手く行けば私達……魔女にならなくても済むかもしれないし」

まどか「私が何とかしてみせます!」

真奥「まどかが?」

ほむら「まどか、早まっては駄目よ、こんなの上手く行きっこないじゃない!」

まどか「ううん、上手く行かない訳ないよほむらちゃん」

まどか「みんなこうしてさやかちゃんを助けようとしてくれる、だから私も何かしたい」

まどか「みんなと違って戦う力は無いけど、それでも!それでも説得ぐらいなら私だってやってみせる!」

ほむら「まどか……うん、そうね」

真奥「周りは満場一致だ、まさかほむらだけ協力しないなんて事無いよな?」

ほむら「それでいいわ、私はまどかの意思を尊重するだけよ」
137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 11:20:14.64 ID:7hS3tzDp0
*更に翌日


恵美「呼び出されてホイホイ来る私もあれだけど……」

恵美「そんな素っ頓狂な話を、しかも何を企んでるか分からない魔王から聞かされて私が協力すると思う?」

まどか「遊佐さんお願いします、さやかちゃんをどうか助けて下さい」

まどか「私にできることなら何でもします、だから……お願いしますっ!!」

ほむら「……私からもまどかを助けると思って協力して貰えないかしら」

マミ「私から言っても聞いてくれないかもしれないけど、美樹さんを助けるのに協力して下さい」ペコリ

杏子「あんた勇者なんだろ、悩める魔法少女達を悪い魔女から救うと思ってさ、なっ?」

恵美「そ、そんなに一遍に言われても困るわよ!?」

恵美「いい、百歩譲って聖法気でその美樹さやかという子が元に戻るとする」

恵美「それで、聖法気を失って消耗した私に魔王が襲いかかってきたらどうする?」

恵美「本当はこの残虐な悪魔共に騙されてないってそう言えるの?」

芦屋「貴様の目線ではそうなるだろうな」

真奥「宿敵がわざわざ頭下げてお願い事なんて普通は疑ってかかるもんな」

恵美「そこまで分かっててなんでそんな話するのよっ!」
138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 11:26:07.72 ID:7hS3tzDp0
ほむら「そうね、騙されるのが嫌というなら私は勇者エミリアに協力するわ」

ほむら「元より駄目なら真奥貞夫を殺すつもりだもの、言ってたわよね?」

恵美「ますます訳がわからないわ……頭が痛い」

恵美「それに協力なんて結構よ、私自身で魔王を倒すわ」

ほむら「少し事情が変わったのよ、私にも魔王を殺す理由ができたから」

ほむら「さあ、勇者エミリアの助力が無理なら貴方はどうするの?死ぬの?」

恵美「エンテ・イスラ征服を諦めて日本で大人しく暮らすって誓約してくれるなら私も協力してもいいわよ」

真奥「それだけは絶対譲れん、俺はエンテ・イスラ征服を諦める気はない」

恵美「マミちゃんやまどかちゃんには悪いけどね、そこで妥協しないなら私は絶対折れないわよ!」

真奥「それならそれで考えがある、おい恵美事情は分かったからもう協力はしなくていい」

真奥「その代わり、俺達の邪魔だけはしないでくれ」

恵美「なんでさっきと言ってることが180度違うのよっ!」

芦屋「鹿目さん達は違うようだが、我々は最初から貴様の助力なんて最初から当てにしていない」

芦屋「むしろ我々に快く協力するようならお引き取り願ったぐらいだ」

芦屋「つまり、貴様の邪魔さえ無ければ美樹さんを救う手段は無いわけではない…はずだ」
140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 11:30:34.17 ID:7hS3tzDp0
ほむら「どういうことなの?」

芦屋「我々は聖法気を精製することは出来ない、だから美樹さんを人間に戻すことは出来ない、が!」

芦屋「魔女が悪魔と同じような存在だというなら、魔王様が魔女に更なる魔力を加えて魔女以外の存在にすることは可能だ」

芦屋「何も人間として復活させることに拘らなければそう難しい話ではない、美樹さんが悪魔としての復活を望むかは分からないが」

芦屋「このプランだと魔女を弱らせた上、魔王様の魔力を大量に注ぎ込んだ上に悪魔変化までさせる必要があり」

芦屋「その集中を保つ間は巴さん達に魔王様を護衛して頂くという必要があるが……ネックとなるのは」

真奥「つまり、恵美の邪魔さえ無ければどうにでもなる」

ほむら「それがうまく行く保証はあるの?魔女がそれ以外の存在に昇華するなんてありえないわ」

真奥「やってみないと分かんねえだろ、最初から失敗前提で物事を考えるな」

恵美「そんな大悪魔が誕生するのを私が黙って見てろと?」

真奥「大量に魔力使うから俺弱るぞ、困ってる女の子も救えてお前にとっては良いことずくめだろ?」
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 11:35:23.66 ID:7hS3tzDp0
まどか「悪魔とか人間とかはよく分からないけど、さやかちゃんは元に戻るんですか?」

真奥「うまくいっても元には戻らないな、悪いが良くて魔法少女のような悪魔になっちまうな」

杏子「悪魔のような魔女じゃなけりゃ私はそれでいいよ、またさやかの奴と馬鹿やれれば私はそれでいい」

マミ「私は協力するわ、魔法少女が魔女になって救われないまま周りを呪うなんて嫌だわ、そんなの許さない」

ほむら「私は邪魔はしないわ、でも駄目だと思ったらエミリアに付くわ」

真奥「で、恵美はどうするんだ?」

恵美「……黙って見過ごすのも嫌だからあんたについていくけど、協力は絶対しないわよ」

真奥「いい返事だ、勇者なんだから約束守れよ!」

恵美「魔王が約束とか言うなっ!」

真奥「貴重な魔力を大量に使っちまうがしょうがねえ、いっちょやってやるぜ!」
145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 11:39:42.18 ID:7hS3tzDp0
*結界内部


オクタヴィア「」

真奥「あれがさやかか、言われたら魔力でようやく分かるぐらいだな」

芦屋「私は初めてですが……確かに美樹さんとは言いがたい悪魔の様な姿ですね」

恵美「しっかし、魔女の空間ってのは見てると本当に気分が悪くなるわね」

マミ「一気に決着と行きたいけど……倒すわけには行かないし援護頼むわね」

杏子「前はあたしに任せとけ、それより真奥頼んだぞ!」

真奥「おうよ、それより恵美!」

恵美「何よ」

真奥「後ろに下がってるまどかちゃんの護衛と結界頼む!俺の魔力に当てられて体調悪くしちゃうからな!」

恵美「はぁ!?黙って見てろっていうのにそれ何よ!」

まどか「遊佐さん、ごめんなさい私が足手まといで……」

ほむら「早くまどかを守ってあげてエミリア、あなた勇者なんでしょ?」

恵美「っああもう!これで貸し1よ!」
147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 11:43:43.95 ID:7hS3tzDp0
杏子「ここか!おりゃあっ!」ザシュッ

マミ「佐倉さんやりすぎよ!長期戦なんだしもう少し温存しないと」

杏子「わかってるって!でも車輪と剣閃の動きが結構読み辛くて強いぞ、さやかのくせに!」

オクタヴィア「」ミシミシ

真奥「恵美に貸しとかおっかねえな、そいよっと!」ゴゴゴ...

芦屋「魔王様ー!大量に使うのはしょうがないとして節約ですよ、節約!」

真奥「芦屋今そういうのいいから、必死なんだからちょっと集中させて!?」

恵美(凄い魔力ね、でも無防備だから今聖剣を使って後ろからなら殺せ……)

ほむら「勇者エミリア、今はまだ動くときではないわ、まどかの護衛に集中して」

恵美「っ!?余計なお世話よ!」

マミ「くっ……攻撃が激しく」ダンダンダン!

杏子「さやかの奴が抵抗しやがるし、おまけに力だけはどんどん強くなってるし、くそっ!?」ザシュザシュ

真奥「正直こっちも精一杯で余裕がない! あんこちゃんもマミさんも無理しないでくれ!」

恵美(なんで、なんで魔王が人間のためにここまで必死で戦うのよっ……!)
148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 11:47:41.50 ID:7hS3tzDp0
オクタヴィア「」ザン!

マミ「私達じゃない!?」

杏子「斬撃が……まどか達に!」

ほむら「まどかっ!?」シュン

まどか「きゃっ!?ほ、ほむらちゃんありがとう」

ほむら「貴方達何やってるのよ!後ろのこともちょっとは考えなさい!」

真奥「マジで余裕が無いんだ勘弁してくれ!」

マミ「実際……」ハァハァ

杏子「魔女を倒さず耐え続けるってきついな、しかも相手は全然弱る気配が無いしな」ハァハァ

ほむら「ああもう、私も手伝うわよ!」

真奥「マジか!?」

マミ「暁美さん、ありがとう」

ほむら「これ以上まどかに攻撃が来られても困るし」

ほむら「……私もここで賭けに出ることに決めたわ」

ほむら「私が時間を稼ぐわ、捕まって!」パシッ
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 11:51:50.66 ID:7hS3tzDp0
マミ「リボンでいいかしら!」

杏子「手だけ結べばいいんだよなっと!」

ほむら「ええ、十分よ」カシャン

真奥「おっ……魔女の動きが止まった」

ほむら「魔女だけじゃないわ、時間そのものが止まっているみたいね」

真奥「本当だ、恵美の奴もマヌケ面してやがる」

ほむら「私が可能な限り魔力を使って時間停止しておくわ」

ほむら「だから貴方はさっさと集中して美樹さやかを救って見せなさい」

真奥「言われなくとも、後ろに気を取られなくていいならもっと行けるからな!」ゴォォォ...

杏子「うおっ!?すげー魔力だ」

マミ「魔法少女の私達でも……息苦しいぐらい」

ほむら「くっ……長くは持たないわよ」
154: さる4回目 2013/12/23(月) 12:41:52.37 ID:7hS3tzDp0
ほむら「限界よ、一旦解除するわ」

オクタヴィア「」ズゴゴゴゴ

真奥「うっそ、あれだけ魔力使っても駄目なのかよ!?」

オクタヴィア「」ジュダダダダダ

マミ「嘘、早く……強くなってる、きゃっ!?」

杏子「くっは…すげー力、はは、もう動けねーや」

恵美「っていうかむしろもっと強くなってるじゃない!?」

ほむら「魔力を得たせいで元より力が大幅に強く……!」

まどか「さやかちゃん、お願い正気に戻って!!」

恵美「ちょ、まどかちゃん……」

オクタヴィア「」スゥゥゥ...

杏子「くっ、まどか逃げろ!」

恵美「ええい……もう何やってんのよ!」ガン

真奥「流石恵美、よくあれを受け止めたな」

恵美「あれだけ大口叩いて人に聖法気使わせてんじゃ、ないわよ……!!!」ドォォォ!
156: さる5回目 2013/12/23(月) 13:06:20.89 ID:7hS3tzDp0
ほむら「魔女が……弱った?」

真奥「ええいこうなったらもう全魔力使ってやるわ!」

真奥「うおおぉぉぉ!!!!」ゴォォォ

マミ「魔女が……小さく!?」

杏子「けほっ……やった、のか?」

ほむら「……嘘、本当に魔女がグリーフシード以外の何かに……なっている?」

真奥「はぁ、はぁ……俺ももう限界」ドサッ

芦屋「魔王様、大丈夫ですか!?」

真奥「何とかなっ……それよりさやかちゃんは?」

マミ「ソウルジェムでも……グリーフシードでもない何かがあるわね」

杏子「魔女の結界が崩れ始めたし、とにかく何とかなったんじゃないか」

さやか「……ったく、あんたら何やってんのさ」

まどか「さやかちゃん、さやかちゃん良かった!」

恵美「信じられない……」
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 13:13:46.39 ID:7hS3tzDp0
杏子「さやかぁ!」ダキッ

まどか「さやかちゃん!」ダキッ

さやか「うわっぷ、抱きつくなよ、まだ体の変化についてこれてないってのに」

マミ「美樹さん……良かった」ホロッ

真奥「さやかちゃん、自分が誰でどうなったか分かるか?」

さやか「魔女になって絶望して……それであんたらが救いに来て救われたところまでしっかり聞いてたよ」

さやか「はぁ……これで私は魔法少女でも魔女でもない何かにされちゃったじゃん」

さやか「責任とってくれんの、真奥さん!」

真奥「じ、時間帯限定でなら……」

さやか「時間帯限定って何よ……バイトじゃあるまいし」

芦屋「正直どうなることかと思いましたが、……何はともあれ上手く行って良かったですね」
159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 13:20:02.35 ID:7hS3tzDp0
真奥「魔力少しは余るかと思ったが、結局すっからかんになっちまった」

真奥「で恵美、大チャンスだけど俺を殺す気か?」

恵美「あんた分かってて言ってるでしょ、この雰囲気でそんなことやると思う?」

ほむら「驚いたわ、まさか本当に魔女が人間に戻るなんて、信じられない」

真奥「悪魔だけどな、っと俺も上手く行ったのが不思議なぐらいだ……ってのはおいといて命を狙った理由とか話してもらうぞ」

ほむら「ええ、約束だもの、全て話すわ」

ほむら「まどかにも、……信じてもらえないけど聞いてほしいもの」

まどか「ほむらちゃん?」

QB「僕は彼女に取引を持ち掛けたのさ、真奥貞夫、もとい魔王サタンを殺してほしいと」

マミ「キュウべえ、貴方どこから、それに一体どういうこと!?」

QB「僕も当事者の一人だからね、説明責任があるのかなって」

QB「何より、この状況を予想できなかった僕としては、感情が無いのに困惑しているぐらいさ」
161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 13:26:50.53 ID:7hS3tzDp0
さやか「あんた邪魔」グサッ

QB「」

まどか「さ、さやかちゃん何を……」

さやか「私もこいつに騙されて怒りで煮えくり返る程の目にあったからね、お返し」

真奥「問答無用で殺すって……もしかして悪魔になって凶暴化しちゃった?」

恵美「あんたねえ……状況が状況じゃなかったら大変なことになってたのよ!?」

ほむら「心配はいらないわ、QBならすぐやってくるわ」

QB「全く短気だなぁ、前にも言ったけど僕の体だって無料じゃないんだ」ニュッ

真奥「新手がいやがるとは驚きだな」

QB「話の腰が折れたけど続きだ、魔王サタンを殺して欲しい理由だけど」

QB「勇者エミリアを魔法少女にできたら鹿目まどかを魔法少女にするのは諦めるって取引をしたのさ」

QB「そこにいる暁美ほむら、この時間軸を繰り返して鹿目まどかを救おうとしている魔法少女にね」
163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 13:32:30.68 ID:7hS3tzDp0
まどか「ほむらちゃん、本当なの?」

まどか「……ええ事実よ、まどかを救うために真奥貞夫を一度は殺そうとさえ考えた、けど!」

真奥「なんで俺を殺すことが恵美の奴を魔法少女することに繋がるのか分からんぞ」

恵美「っていうか私も寝耳に水よ、大体こいつのために私がわざわざ魔法少女なんてやるわけ無いでしょうが!」

QB「本当にそうかい?僕の見立てでは君は魔王サタンへの復讐以外にもう一つ祈りを隠していると見たけど」

恵美「……無いわけではないわ」

QB「なら僕と契約してその願いを叶えてみようとは思わないかい?」

恵美「さっき魔法少女の末路までしっかり見てきたわよ、あんたみたいな人を騙す悪魔の言うことなんて聞かないわよ」

QB「僕は君達人間を騙したつもりもなければ、悪魔と罵られるほどの悪行をしたわけでもない」

QB「ただ僕達インキュベーターは宇宙の滅びを止めたいだけだ、そのために感情エネルギーを集めているだけで他意は無い」

QB「そのために百億近い人間の個体数が少々減ることにどんな損失があるんだい?」

QB「エミリアにまどか、過去にこれほどの素質を持つ少女は存在しなかった、しかも同時にね」

QB「君達のどちらか一人が契約するだけでこの宇宙を救うほどの莫大なエネルギーが得られるだろう」
164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 13:37:34.69 ID:7hS3tzDp0
恵美「……今の言葉を聞いて確信したわ、魔王は許せないけどあんたに協力する気も絶対に無いわ!」

まどか「キュウべえ、私もそんな訳のわからないことのために犠牲になんかならない!」

QB「やれやれ、君達人間はいつもそうだ、認識の相違からくる判断ミスでいつも他者を増悪する」

QB「それならそれで僕は構わないが、君達にとってはそうじゃないだろう?」

QB「話を戻すと、これからこの街にワルプルギスの夜がやってくる」

QB「暁美ほむら、君がこの時間軸を繰り返したのもそのせいだろう?」

ほむら「……ええ、そうよ」

QB「話が早い、なら君一人では絶対に勝てない相手だということも理解している」

QB「そんな相手に最強の魔法少女も魔王も抜きの、魔法少女達だけで何とかなると思うのかい?」

さやか「私が何とかしてやるわよ、なんてったって悪魔になっちゃったもんね!」

QB「美樹さやか、今の君は僕らにとって驚嘆に値する未知の存在だが」

QB「別に君自身の力がまどかやエミリアに並ぶほど程強大になったわけでもない、むしろ魔王サタンにさえ遠く及ばないだろう」

QB「おまけに魔力を使いきり、エントロピーの増大した君は恐らく再び魔女に戻る」
166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 13:43:14.86 ID:7hS3tzDp0
さやか「……マジで?魔女に戻る?」

恵美「そうなりそうならそこの男から魔力でもねだっときなさい、弱体化は歓迎よ」

芦屋「魔王様、もう貴重な魔力の無駄遣いは絶ッ対に許しませんからね!!」

真奥「今そんな話してる場合か!それよりどうすんだ?」

杏子「キュウべえ、私達総掛かりでも負けるって言いたいみたいだな」

マミ「あら、随分と魔法少女の力を舐められたものね」

QB「実際どう転ぶかは分からないが、僕の予想では魔法少女だけで勝つことは無理だ」

QB「勇者エミリア、あるいは鹿目まどかの助力があって始めて勝算があるというレベルだ」

QB「勇者エミリア、君は魔王を倒すための力を全てワルプルギスの夜のために使おうというのかい?」

恵美「……使わなかったらどうなるの?」

ほむら「見滝原の街は壊滅するわね、死者も大勢出るわ」

ほむら「過去、私は何度繰り返しても、どれだけ試行錯誤してもあいつには勝てなかったわ」

ほむら「勝手なのは承知よ、勇者エミリア、どうか私達を……せめてまどかの思いだけでも救って貰えませんか」ペコリ

マミ「私達からもお願いします」ペコリ

真奥「俺からも……つっても逆効果かもしれんが頼む、勇者らしく人間を救ってくれないか」
168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 13:49:09.63 ID:7hS3tzDp0
恵美「何でそんなことするのよ、あんた魔王でしょ」

恵美「魔王なら、魔王らしくっ……!!!」

まどか「遊佐さん?」

恵美「……っああごめん、悪いけど少し考えさせて」

恵美「魔王を倒すために残している聖法気を……そう簡単に使うとは約束できないわ」

杏子「ま、そりゃそうだよな」

恵美「でも私は勇者よ、困ってる人が居るのを絶対に見過ごしたりしない、必ず助けるわ」

まどか「遊佐さん……ありがとう」

QB「魔法少女になりさえすれば両立は十分可能だよ、頭の片隅にだけは入れておいてくれ」

恵美「それだけは絶ッ対にないから安心して!!!」

QB「君達がそう言うならしょうがないか、残念だけど僕は傍観者に徹させてもらう」

QB「どちらが史上最強の魔法少女、あるいは最悪の魔女になるかは興味深かったんだが」

QB「勇者エミリアが体だけでなく心も後5年若かったならば文句なしに最強の少女だっただろう」

恵美「いちいち一言多いのよこの淫獣!切るわよ!早くどっか行きなさい!」
169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 13:51:11.79 ID:Ta1TV1n40
魔法(元)少女エミリアw
171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 13:54:33.37 ID:7hS3tzDp0
ほむら「結論はこれで決まりよ、私達人間は人間の力でワルプルギスの夜を止めるわ」

QB「君達魔法少女が人間を騙るか、まぁ僕としては頑張ってくれとしかいえないよ」スッ

恵美「あんたのせいで大変なことになったわよ、はぁ……有給も取って日程調整しないといけないし」

恵美「貸し2よ、この借りはきっちりと後で取り立てさせて貰うからね」

真奥「うっ……、可能な範囲で善処する」

恵美「魔王が善処とか言ってんじゃないわよ!だったらエンテ・イスラ征服は諦めろ!」

真奥「それはできん……というか雰囲気で大事な話蒸し返すな!」

真奥「そ、それよりキュウべえの奴はもう消えたか?」

マミ「ええ、もうあっちの方へ行ってしまったわ」

真奥「んじゃ、作戦会議だって言いたい所だけど……」

真奥「俺もバイトのシフト調整あるから悪いけどその辺は任せた!どうせ俺魔力無くて役に立たないしな!」

芦屋「なんでこの大事な時にバイト優先なんですか、一大事なんですよね!!!」

真奥「俺の正社員契約が掛かってる一大事だろ!!!」

マミ「本当に真奥さんらしいですね、ふふっ」
207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 20:44:10.91 ID:7hS3tzDp0
*更に数日後


真奥(結局魔力のない俺は遠く離れてソウルジェムの浄化してろってことだった、バイトも避難警報のお陰で休みを入れずに済んだ)

真奥(実の所作戦は魔法少女組は恵美の援護をして、ワルプルギスの夜を恵美が聖剣でぶった切って終わりと、かなり適当だ)

真奥「スーパーセル到来前の店仕舞い終了……、本部からの申請も受理確認、シフト変更完了っと……」

真奥「じゃあ店長、悪いけど後は宜しくお願いします」

店長「お前じゃなくて私が店長なんだけどな、まあいい、任された」

真奥「頼んでから不安になってきた……」

店長「真奥、一応店長なんだから私に任せろ、どうせ避難所で持ちだした飯食べてゆっくりしてるだけだしな」

真奥「その食料胃袋に収めるぐらいならせめて配って営業とかだな……はぁ、言ってて悲しくなってきた」

店長「これから超でかい台風?だかなんだか来るみたいだから帰りは気をつけろよ」

真奥「ええ、分かってますよ、よし芦屋、行くぞ!」

店長「魔王が居ないとこの店はやっていけないからな、明日も頼んだぞ」

真奥「ええ、それじゃあまた明日!」

芦屋「ではそろそろ行きますか、魔王様」

店長「じゃあな、明日に備えてゆっくり休めよ真奥」
208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 20:49:22.32 ID:7hS3tzDp0
真奥「よう、首尾はどうだ?」

ほむら「もうそろそろワルプルギスの夜が来るはず、私は準備万端よ」

マミ「私も問題ないわ、真奥さんやみんなも居るしもう何も恐くないわ」

杏子「こういう大人数で戦うのは苦手なんだけどな、まあたまにはいいさ」

さやか「まどかは危険だし避難所の方に言ってもらったよ、たはは…私も抜けてくるのに苦労したけどさ」

真奥「まどかちゃんはいいとして、恵美の奴はどうした?」

マミ「遊佐さんなんだけど……メールで到着が遅れるって言ってたわ」

真奥「ちょ!?どういうことだ!」

マミ「ちょっと遊佐さんに電話してみますね……よかった繋がったわ」

真奥「悪いちょっと借りる、おい恵美どういうことだ!?」

恵美『マミちゃんとかまどかちゃんはともかくあんたに急かされる義理なんか無いわよ!』

恵美『大型台風のせいで電車の運行が遅れてるの!それに私のせいじゃないわよ!』

真奥「だったら余裕を持って先に移動しておけよ!」

恵美『午後半休と翌日の有給しか取れなかったんだから仕方がないでしょ!』
210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 20:54:48.75 ID:7hS3tzDp0
真奥「ってかいざとなったら聖法気使ってこっち来ればいいだろ!」

恵美『人のいる場所でそんな目立つことできるわけ無いでしょ、この馬鹿!』ツー...

真奥「……みんな悪い、恵美の奴は到着遅れそうだから作戦変更してしばらく粘ってもらう」

マミ「遊佐さんに悪気がないなら、うーんしょうがないか」

芦屋「エミリアの奴は宛てにはしてないつもりですが、これは厳しいですね……」

ほむら「少し厳しい戦いになったけど、最初から一人で何とかするつもりだから問題ないわ」

杏子「魔女なんだから魔法少女で何とかするもんだろ?勇者ばっかに頼ってられないって」

さやか「そうそう、こんな時こそデビルさやかちゃんが何とかしてやるさ!」

真奥「後方支援ぐらいしか出来なくて悪いな、ソウルジェムの浄化以外にも何か出来ないか何とか考える」

ほむら「それで構わないわ、それよりインキュベーターの動きに気をつけて頂戴」

ほむら「どんな手を使ってまどかと契約されるか分からないもの」

マミ「大船に乗ったと思って任せて頂戴、私だって真奥さんのお世話になりっぱなしになれないもの」

杏子「だな、今回は格好良いとこ見せてやるって」

さやか「というわけで芦屋さんと真奥さんはまどかの面倒でも見てな!」

芦屋「分かりました、私達は避難所付近で鹿目さんの様子を見てまいります」
212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 20:59:28.88 ID:7hS3tzDp0
ワルプル「ウフフ...アハハ...」

ほむら「……来たわね」

さやか「じゃ、ぼちぼち始めるとしますか!」

杏子「だな」

マミ「暁美さん、任せたわよ」

ほむら「まずは私が準備した火力の飽和攻撃で奴を叩くわ、巻き込まれないよう遠くから援護をお願い」

ほむら「一応ワルプルギスの夜を殺すのに十分な火力は用意したつもりだけど……その時になったら任せるわ」

マミ「任せなさい!」

さやか「接近戦ならさやかちゃんに任せな!」

杏子「消耗したら一旦戻って真奥のとこでソウルジェムを回復、グリーフシードはなるべく温存だな」

ほむら「無理だけはせず勇者エミリアとの合流を優先よ、私達が負けたらまどかが悲しむもの」

マミ「言われなくても負けたりしないわよ、みんなと一緒なら勝てるわ!」

杏子「正義の魔法少女が魔女を倒すっての、らしくていいな」

ほむら「じゃあ始めるわよ、これで不毛な繰り返しに決着を付けてやるっ!!!」カシャン
214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 21:05:11.75 ID:7hS3tzDp0
ほむら「最初から全力で行くわよ」ズガガガガ

杏子「うおっ!?すっげーバズーカの量!」

マミ「これどこで用意したのかしら、明らかに一人で買えないというか所持しちゃいけないような……」

ほむら「出処は企業秘密よ、それより使い魔は任せたわ」

さやか「緊急事態だし、今は聞かないでやるよ!」

杏子「タンクローリーまで持ち出してるとかすげーな」

ほむら「これで……とどめよ!」ポチッ


ズドドドドーン!!!

マミ「あっ、うちのお店大丈夫かしら?」

さやか「ってかあの地域一帯爆破してるし……こりゃ駄目だろうね」

杏子「真奥の奴が聞いたら卒倒しそうな話だな」

ほむら「そろそろ煙が晴れるわ……嘘ッ!?」

ワルプル「ウフフ...アハハ...」

杏子「あんだけ打ち込んだのにまるで効いてないって感じだな」

さやか「ラスボスが簡単にやられたらつまらないじゃん、こっからは私達に任せな!」
217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 21:10:34.12 ID:7hS3tzDp0
さやか「私とほむらでワルプルギスの夜の相手をするから、マミさんは援護、杏子は使い魔をお願い!」

杏子「さやか一人で大丈夫か?」

さやか「死の淵から帰ってきた悪魔さやかちゃん舐めんな?真奥さんの魔力のお陰で絶好調だし…っと!」カキン!

ほむら「あの距離から攻撃、っ!……助かったわ」

さやか「咄嗟の反応はどんくさいねえ、あっちまで一気に行くから時止め宜しく!」シュン

ほむら「ちょ、抱きかかえないでよ!?」カシャ...

杏子「言うだけあるじゃねーか、マミは任せな!」

さやか「くらえ、スパークエッジっ!」ダン!

マミ「暁美さんを抱きかかえたままなのに凄いわね、こっちも新技お見舞いしてやるわよ」

マミ「この日のために考えた新必殺技、ボンバルタメントよ!」シュウウ...ドーン!

ワルプル「ウフフフ...」シュンシュンシュンシュン

さやか「流石にラスボスだけあって攻撃激しいなぁっと!」カキカキカキカキン!

さやか「早すぎて時止め所じゃないか……さっさと真奥さんに回復してもらってマミさん達の援護してな!」

ほむら(時間が……止まらない?)
219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 21:16:17.87 ID:7hS3tzDp0
杏子「撃ち漏らしがあるぞー!攻撃はしっかり防げ!」ドン!

さやか「こっちはでかい攻撃凌ぐので精一杯だっての!撃ち漏らしぐらい何とかしろ!」カキカキカキカキン!

杏子「ったくしかたねーな、マミ頼むぜ!」

マミ「二人が援護してくれるしもう何も恐れるものはないわね、ボンバルタメント連射よ!」ズドドドーン!

ワルプル「ウフフ...」

さやか「おっ余所見していいのか?無敵のさやかちゃんを、無視すんな!」ザン!

杏子「おっし、効いてる効いてる!」

ほむら「逆転から……正転状態になった?」

杏子「こっからが本番ってことだろ、相手も本気ってことだ」

ワルプル「アハハハッ...」ズズズズッドド!!

さやか「急に攻撃が激しく重く……あぐっ!?」ガン!
221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 21:20:31.49 ID:7hS3tzDp0
杏子「さやか大丈夫か!」

さやか「いてて...思いっきりふっ飛ばされたけど心配すんな!」

マミ「相手の攻撃が激しくて……こっちも凌ぐのに精一杯だわ、っ!」ガッガッ!

杏子「落ちてくるビルの数がさっきの10倍に増えてるんだけど……これ防げんのか?」

さやか「ほむらに時を止めてもらえばいけるだろ?」

ほむら「どうして!どうして肝心の時に力が使えないのよ!!!」カシャンカシャンカシャン!

マミ「暁美さん、くっ……人の心配してる暇もないわね!」

杏子「私も手一杯だほむら、早く何とかしてくれ!!!」

ほむら「こんなはずじゃないのに!今度こそ!なんで使えないのよッッ!!」カシャンカシャン!

さやか「一旦引くよ……ローレライ!!」

さやか「……私が殿をするからその間にマミさん達は避難所に戻りな、まだまだ先は長いんだし」

杏子「私も残るよ、さやか一人じゃ心配だしな!」

マミ「私は暁美さんを連れて戻るわ、いい、無理だけはしちゃ駄目よ!」

さやか「それぐらい分かってるって!それより杏子、自分の身ぐらい自分で守れよ!」

杏子「さやかに言われるまでも無いぜ!」
223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 21:25:03.29 ID:7hS3tzDp0
*避難所


まどか「大丈夫かな、さやかちゃん達……」

芦屋「鹿目さんが心配なのは分かりますが、我々に出来る事は少ないですからね」

真奥「俺らは後方支援が精一杯、というわけでハンバーガーでも食ってゆっくり構えてるさ」

まどか「何か私にできること、ないのかな?」

真奥「ほむらの奴から直々にまどかちゃんを大人しくさせてろって頼まれてるからな、そこは深く考えるな」

芦屋「でしたら鹿目さんはエミリアの奴との連絡をお願いします、我々とあいつの関係は最悪ですからね」

まどか「あはは、確かに真奥さんや芦屋さんじゃお話になりそうにないね」

真奥「最強最悪の敵としては信頼してるんだけどな、だからこそ今はその力が欲しい訳だ」

芦屋「日本に来たのもエンテ・イスラに帰れないのも元を正せば勇者エミリアのせいですからね」

真奥「そっ、迷惑ばっかなんだからたまには役に立ってくれって恵美の奴に言ってやってくれ」

まどか「魔王と勇者の仲裁役か、私何だか凄いことしてるみたいですね」

真奥「実際凄いことだ、エンテ・イスラの人間や悪魔じゃ誰一人できないことだろうよ」
228: さる6回目 2013/12/23(月) 21:52:20.83 ID:7hS3tzDp0
まどか「それじゃあ電話しますね……繋がった、もしもし遊佐さんまどかです、鹿目まどかです」

まどか「……ええっ!?危険だから電車が運転中止なんですか!?」

真奥「ちょ、もう始まってるのにまだ来れないのかよ!」

まどか「見滝原に来てるスーパーセルのせいで近くの電車の運行が完全に止まってるって言ってました!」

芦屋「やはり、エミリアの奴を当てにするのは間違っていたか」

真奥「しかし魔力のない俺達じゃ恵美無しに状況を好転させるのは厳しいぞ、何とかならないか芦屋」

芦屋「この分では近くの車を拝借しても間に合うかどうか……それより運転免許も無い我々に何が出来るかというと」

真奥「緊急時でも……やっぱ泥棒に無免許運転は不味いよな」

まどか「き、緊急時ならいいんじゃないですか!?」

真奥「やっぱ駄目だ、そんな時間すら惜しい、くっ……どうすれば」

QB「僕なら力を貸せるよ?」

まどか「キュウべえ!?」

真奥「キュウべえが居るのか、声を貸すなよまどかちゃん!」
231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 21:58:37.38 ID:7hS3tzDp0
まどか「大丈夫だよキュウべえ、私にはもうとてつもない願いなんて必要ない」

まどか「魔法少女じゃない私にできる、私にしかできないことに全力を尽くすよ」

まどか「契約なんていらないよ、私達が欲しいのはいつかくる絶望じゃなくて希望だもん」

まどか「だから私はキュウべえじゃなくて勇者の遊佐さんにお願いを叶えてもらうよ」

QB「好きにすればいいさ、でもどうするんだい?」

まどか「まずはみんなと一旦合流しないと、私達だけじゃどうしようもないし……」

真奥「あいつらも戦い始めて結構経ってるみたいだしな、回復も兼ねて行くか!」

詢子「どこに行く気だいまどか、それにあんたらは一体まどかを連れ出して何をする…」

芦屋「お急ぎ下さい魔王様に鹿目さん、ここは私が全力で食い止めます!!」ダキッ

詢子「ちょ、あんたらまどかを連れ出して一体どういうつもりだい!?」

真奥「ええっと、訳は後で話しますから、ちょっと娘さんをお借りします決して誘拐とかじゃないですよ!」

まどか「大切な友達のためなの、ママごめんね!」
234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:04:11.38 ID:7hS3tzDp0
*外


真奥「マミさん! それにみんな大丈夫か!」

まどか「さやかちゃん!」

マミ「何とか無事だけど……状況は最悪よ」

真奥「見りゃわかる、すぐ近くにワルプルギスの夜が居るしな」

杏子「本気になったあいつにこっぴどくやられたよ、ほむらのやつも急に調子が悪くなるしよ」

ワルプル「ウフフ...アハハ...」

真奥「これ以上は不味いな、もう避難所まで来やがった」

マミ「ええ、ここで食い止めないと不味いわね」

真奥「濁りから魔力を少し貰ったが、これじゃあ援護にも……ん?」

杏子「真奥どうしたんだ……ってその体どうした?」

マミ「真奥さんの魔力が……戻ってる?」

真奥「そっか、そういうことだったな……」

真奥「人間の負の感情ってことで魔法少女や魔女の絶望の感情ばっかり考えてたが……」

真奥「ワルプルギスの夜に対する人間の困惑や恐怖、怒りでも十分魔力に吸収できるじゃねーか」
239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:10:26.66 ID:7hS3tzDp0
真奥「よっしパワー全開!ここからは俺に任せろ」

真奥「その前にこの辺り一帯の人間を眠らせてっと!」スウウ...

真奥「よしこれで誰も見てる奴は誰も居ない、まどかちゃん、恵美の奴に連絡しろ!」

まどか「はい、任せて下さい、けほっ…」

ほむら「ちょっとまどかが苦しんでるじゃない!早く遠くに行きなさい、シッシッ」

真奥「……救世主なのに毎度毎度俺の扱い酷くね」

杏子「魔王が救世主なんて名乗っちゃ格好がつかねーだろ?」

マミ「私は頼りにしてますよ、魔王様」

さやか「いやー凄いパワーだわ、こうして同じ立場になって力の差がよく分かるね」

真奥「全く調子いいな、後は任せとけ!」シュン

ワルプル「ウフフ...アハハ...」

真奥「さて、恵美の奴が来るまでにさくさく動き止めといてやるか!」

まどか『もしもし遊佐さんですか……はい、鹿目まどかです』

まどか『貴方しか頼れる人はいません』

まどか『だからお願いします遊佐さん、見滝原を救って下さい!』
242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:16:39.73 ID:7hS3tzDp0
ワルプル『フフ..ア..』グググッ

真奥「結構弱ってたしさくっと動きは封じれたな……っと遅かったじゃねえか、こっちは準備万端だぞ」

恵美「あらすっかり魔力元通りじゃない、切っていいかしら?」

真奥「それはまだちょっと早い、先にこっちから頼む」チョイチョイ

恵美「ええ、言われなくても分かってるわよ、あんたこそ背中を切るのは後にしなさいよ」

真奥「そっちこそな、さて……一気にぶっ倒すぜ!」

恵美「ええ、行くわよ…天光天衝炎斬っ!!」ザンッッッ!

真奥「うおおおお!!!!」ダン!

ほむら「ワルプルギスの夜が……崩れていく、やった」

まどか「やったね、やったねほむらちゃん!!」

さやか「うっそワンパンでやられてるし、私達の活躍って何だったんだろ?」

杏子「魔法少女じゃ勇者と魔王に敵わないか、ちょっとショックだな」

マミ「諦めなければいつか私達でもあれぐらい強くなれるわよ……たぶんね」
245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:22:50.21 ID:7hS3tzDp0
恵美「終わったわね」

真奥「俺からすればこれからが本番だ……よっと!」ズウウウ

恵美「…っ!?何してんのよ!」

真奥「魔力で瓦礫どかしてるんだよ、これだけ派手に壊れちゃ助けもこれねーだろ?」

真奥「集中力居るんだから下がってろ、お前も明日仕事あんだろ?」

真奥「何とか一日で帰れるぐらい修復するから下に降りてマミさんやまどかちゃんの相手してやってくれ」

恵美「……嘘、信じられない、本当にこれ直す気?」

真奥「……信用ねえなぁ、まあ当たり前か」

恵美「修復終わったら殺してやるから早く降りて来なさいよね!」

真奥「そんなこと言われると降りたくないんですけど!」

まどか「遊佐さん、ありがとうございます!」ダキッ

恵美「気にしなくていいわよ、これが勇者の本来の仕事なんだし」

ほむら「私からも礼を言うわ、ありがとう……ううっ…」ジワッ

杏子「あのほむらの奴が泣くか……」

マミ「暁美さんも色々我慢してたものが吹き出したんでしょ」
247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:28:06.62 ID:7hS3tzDp0
さやか「こういう所もうちょっと見せてれば可愛げもあんのになー」

マミ「見て、街の破壊が戻ってるわ!」

恵美「ああ、真奥のやつが残った魔力で直してんのよ、ご丁寧に街の人間眠らせてね」

杏子「こうしてみると……私すげー奴と一緒に住んでたのが分かるな」

芦屋「魔王様ー!!!」

さやか「芦屋さんも……姿が変わってるし!」

杏子「芦屋の奴もか!」

芦屋「この芦屋、力を取り戻したので駆けつけて参りました!」

真奥「おせーよ!もう全部終わったってか魔力足りないからちょっと貸せ!」

芦屋「えっ、本当ですか!?」

真奥「ああ、これだけ大規模だと直すのは面倒だけどなっと!」シュウウ...

恵美「ちょっとー!まだ全然直ってないんだどどういうことよ!」

真奥「途中で魔力が切れました!壊れた道路や避難所を直したり事故った人を助けるのが精一杯ですっ!!」
249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:32:49.67 ID:7hS3tzDp0
真奥「っていうか恵美も手伝えよ!」

恵美「嫌に決まってんでしょ、隠してる魔力使えばどうにかなるんじゃないの?」

真奥「そんなものあるわけないわ!空っぽだっての!」

恵美「……ったく、電車はどうにかなるんでしょうね!」

真奥「今日の夜には救助隊が来てくれると思うから……あすなろ市まで行けば多分何とかなるだろ」

恵美「どんだけ歩くと思ってんのよ、この馬鹿!」

恵美「もう飛んで帰っちゃおうかしら」

真奥「催眠と記憶操作も解いたから飛ぶと目立つぞ」

恵美「そこは帰りも配慮しなさいよ!」

真奥「できるか!」
250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:37:25.45 ID:7hS3tzDp0
まどか「街は壊れちゃったけど、みんな無事でよかった」

ほむら「ええ、本当に、本当に良かった……」

さやか「街の様子がこんなんだと、明日からはしばらく学校は休みかなー?」

杏子「なら私と一緒に魔女退治でもやるか?」

マミ「あら、一人のほうがいいんじゃないの?」

杏子「心境の変化ってやつだよ、私ももっと強くならないとな」

QB「魔王と勇者の力がこれ程とはね、想定外の結果だ」

真奥「おっ、現れたな黒幕」

恵美「あら、あんた何か捨て台詞でも吐きに来たの?それともやる気?」

QB「随分と嫌われたみたいだが、ワルプルギスの夜は僕のせいではないんだけどな」

真奥「ワルプルギスの夜はもう終わったことだからいい、それよりキュウべえてめえに言いたいことがある」
251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:43:08.94 ID:7hS3tzDp0
QB「なんだい?」

真奥「魔法少女契約の今のシステムは間違っている、内容を見直せ」

QB「魔法少女システムは僕らの観点ではとても合理的なシステムだ、君達もリスクを分かって受け入れてるんだろう?」

真奥「トラブル続発してるのに防止策を考えないなんて仕事じゃありえんわ!少しは改善しろ!」

真奥「そうだな……まずは契約解除を自由にできるようにしろ」

真奥「次に、魔女になった魔法少女を助けて人間に戻してやれ」

真奥「三つ目に、魔法少女達の争いを止めて魔女退治が少しでも危険にならないように協力し合える互助会を作る」

真奥「自分と契約した魔法少女のことはきちんと管理してケアしろ!」

QB「三つ目は別に好きにすればいいさ、僕は協力も対立も止めたりはせず任せているだけだ」

QB「一つ目は僕の視点ではメリットがないし、二つ目に魔女を元に戻すなんてことは受け入れがたい」

QB「特に魔女を人間に戻すエネルギーの消費が致命的だ、僕の目的を邪魔していると考えてもいいぐらいなんだけど?」

QB「魔王サタン、結論として僕らに実現可能なことは何一つ無いけど?」
254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:48:45.65 ID:7hS3tzDp0
真奥「そこは交換条件を出す、俺がやってる人間の負の感情を魔力に変換する方法を教えてやる」

真奥「その技術でお前らインキュベーターはソウルジェムの濁りをエネルギーに変えて」

真奥「そのエネルギーで魔法少女や魔女を人間に戻せばいいだろ?」

QB「魔王サタン、魔法少女を君の言う方法で人間に戻すのにどれだけエネルギーが必要だと思う?」

QB「濁ったソウルジェムやグリーフシードから回収したエネルギーで埋めるとしたら……数年は必要だろう」

QB「魔女なら尚更莫大なエネルギーが必要だ、とてもじゃないが実現できない」

真奥「お前らにも出来ないんならすぐやれとは言わん、できるように技術開発しろ」

真奥「魔法少女を人間に元に戻すことに関してはそれでいい、引退する数年間は戻れないのはしょうがない」

真奥「元々リスク覚悟なのはお前の言うとおりだ」

ほむら「あら、随分とインキュベーターに対して甘いわね」

ほむら「こいつら相手に譲歩なんて必要ないわ、従わせるなんてのも無理よ」

恵美「……私も同意見、こいつらに関わっても無駄じゃない?」

真奥「相手の言い分も聞かずに自分の都合だけ押し付けても駄目だろ、それにエネルギー問題は俺も他人事じゃない」
256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 22:54:15.71 ID:7hS3tzDp0
QB「君の言うように魔法少女が数年で引退できるようにするのはいいとしてだ」

QB「僕らがソウルジェムを浄化してグリーフシードの必要性を奪い、生まれる魔女を増やすのを止めるなんて論外だ」

QB「現状上手く回っているシステムをどうして変える必要がある?たかだか人間一個体の生死じゃないか?」

真奥「いいか、施政者としてアドバイスしとくが、民草の意見は小さい不満でもしっかり聞いとくもんだ」

真奥「できるできないは別として、改善しようとアイディアを考えるのが大事なんだよ」

QB「わけがわからないよ、僕らが非効率なシステムを押し付けられなければいけない理由は?」

真奥「魔王と勇者、それにこの魔法少女達が敵に回って仕事を妨害するぜ?」

恵美「人の事を勝手に勘定に入れるのを止めてくれないかしら」

真奥「話の腰を折るな!」

QB「僕の妨害をしたいというなら勝手にすればいいさ」

QB「だが少々個体数が減った所でさほど契約の効率に大差はない」

QB「かつて君と同じような事を考えた魔法少女達がいたが、結局無駄な失敗に終わったよ、それでもやるのかい?」

真奥「誰がお前を殺すって行った?」ガシッ
258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 23:00:02.82 ID:7hS3tzDp0
QB「……っ!?何をする気だい?」

真奥「従わないってなら力尽くで従わせるだけだっての!」

真奥「悪魔舐めてると後悔するぞっ!!」カッ

QB(魔眼に……飲み込まれるッ……集めたエネルギーが…魔王に吸い取られるっ!!)

真奥「魔力貰いっと……おー沢山繋がってるから芋蔓式でどんどん支配できるな」ズゴゴ

QB「頼むから僕達のエネルギーを奪うのはやめてくれ!」

真奥「誰が止めるか、だってお前らが話を聞かなかったからだろ?」

QB「分かった魔王サタン、君の要求を飲もう!だからそれ以上エネルギーを吸い取るのは止めてくれ!」

真奥「そうそう素直になればいいんだよ」

恵美「やっぱり力隠してたじゃない、この嘘付き」

真奥「状況が良い方向に転んだから別にいいだろ!」

真奥「それより吸い取った魔力は返してやるよ、ほらよ」シュウウ

QB「…なるほどこれは面白いエネルギー源だ、しかし何故僕に力を返すんだい?」

QB「その力を使って僕らインキュベーターを支配するするつもりじゃないのか、わけがわからないよ」

真奥「俺からの精一杯の誠意だよ、また何かあったら今度こそしばき倒して魔力は全部頂く」
260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 23:06:11.52 ID:7hS3tzDp0
芦屋「私からも一つ意見を、契約の約款は必ず魔法少女に分かるように説明した上で明文化をすること」

芦屋「悪魔の流儀に従ってきちんと契約書を証跡として残し」

芦屋「それでもトラブルは止まらないでしょうから、状況に合わせて改善案を出して実施すること」

恵美「……芦屋の言う案でまあいいかしら、そうね、後はクーリングオフでも付けときなさい」

恵美「魔法少女になって1ヶ月以内なら元に戻れるとかさ」

QB「しょうがない、君達の要求を元に契約内容を練り直すよ」

QB「生物一個体のために契約書やフォローが必要なんて、人間という生き物は本当に訳がわからないよ」

QB「いいや、君の場合は悪魔というべきか、悪魔は本当に恐ろしい生物だ」

真奥「悪魔や人間だって色んなトラブルがあって成長してきたんだからな、契約書もそのための知恵の一つさ」

真奥「日本の法治社会とカイゼンを舐めたのがお前の敗因だ、しっかり学習しとけ!」

マミ「良かった……これで魔女にもならず、私もまた普通の人間に戻れるのね!」

杏子「私は今更戻ってもなー、もう学校とか行く気しないよ」

さやか「この不良がー、でも悪魔になった私はどうすりゃいいんだろ?」
262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 23:11:32.57 ID:7hS3tzDp0
QB「美樹さやか、君は貴重なサンプルだ、僕達に協力してもらうけどいいかい?」

さやか「私が元に戻るためならね、それ以外の事だったら協力しないよっと」

QB「それで構わない、じゃあ僕は契約書を練りなおしてくるからしばらく消えるよ」タッタッタッ

QB(やれやれ、セフィロトだけでも厄介なのに悪魔なんて更に厄介な連中になんかもう関わりたくないね)

ほむら「これで……全部終わったのね」

真奥「まだまだこれからだよ、いつまで頑張ってれば魔法少女止められるかも分からん」

真奥「まっ、明日は今日より良い日になると信じて進むしかねーな」

まどか「これで、私もみんなと一緒に魔法少女になれるんだよね?」

マミ「ええ、私も鹿目さんと一緒に戦える日がきっと来るわ」

恵美「やれやれ、キュウべえのせいで魔法少女のイメージがだだ下がりね」

真奥「一度低下したイメージの回復は難しいからな、だからこそ必死に頑張って取り返すのさ」

恵美「っ!!」

真奥「どうした恵美?」

恵美「ついてきて、貸しを一つ返してもらうわ」
265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 23:17:14.49 ID:7hS3tzDp0
真奥「……もしかして年貢の納め時?」

恵美「友達が悲しむからそれはまだ先にしてあげる、ただの質問よ」

芦屋「魔王様に害をなすようなら…勇者エミリア貴様唯では済まさないぞ!」

恵美「はいはい、ちょっと真奥借りるわね」

マミ「それってエンテ・イスラの話ですか?私達には話せないこと?」

恵美「ええ、勇者と魔王だけの事情よ、貴方達魔法少女には関係無いわ」

マミ「あのっ!真奥さんはたまに駄目だけどとても良い人なんです!」

マミ「ずっと一緒に居た私が言ってもしょうがないかもしれないけど、きっと何か理由があったんだと思います」

恵美「ええ、その理由をあっちで聞くわ、来なさい」

真奥「ってな訳で尋問行ってくる、ちょっと頼むわ」

恵美「それじゃあ単刀直入に聞くわ、エンテ・イスラをどうして征服したの、どうしてお父さんの畑を焼き払ったの?」

恵美「正直に答えなさい、貸しを返してもらうんだから!」
268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 23:23:11.51 ID:7hS3tzDp0
真奥「エンテ・イスラの征服は悪魔に必要だからやった、西大陸の事は俺がルシフェルに指示して征服を命じたからだ」

真奥「だからまぁ……お前の言う畑の事も俺の監督責任ってやつだ」

恵美「……じゃあ、あんたは私の敵でエンテ・イスラ全ての敵の魔王サタンでいいのよね?」

真奥「ああそうだ、憎んで貰って構わない、それが俺の責任って奴だ」

真奥「まぁ殺される気は更々無いけどな、いざとなったら110番通報するし」

恵美「何が110番よ……ったく、本当に殺すのが一々面倒な魔王ね!」

真奥「日本征服したら警察も俺の勢力下だぜ?それでいいのか」

恵美「あんたの日本征服なんて許すわけ無いでしょ!」

真奥「許されるつもりもないし、諦める気もないからな」

恵美「ったくさっさと諦めて楽になれば私も楽でいいのに」

恵美「それで最後に聞くわ、あんた達悪魔はどうしてエンテ・イスラを征服する必要があったの?」

真奥「もう二つ質問に答えて貸しは返しただろ、だからこれでおしまいだ」

恵美「」
270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 23:28:41.65 ID:7hS3tzDp0
恵美「ずいぶんとみみっちい魔王ね、普通そこは最後まで答えるのが流儀でしょ!」

真奥「お互い色々聞いてたらやりにくいだろ!俺とお前は敵同士、それでいいじゃねーか!」

恵美「どうせ殺すんだから冥土の土産ぐらい置きなさいよ!」

真奥「おかねーよ!俺は死なないし!」

店長「おーい真奥、おっいたいた大事な話だ」

真奥「あっ店長どうしたんですか?」

恵美「ちょ、話の途中でしょ!?」

店長「うちの店が入ってるビルがバラバラに壊れててな、とてもじゃないけど営業できないんだわ」

店長「街もこんな調子で工事終了まで結構かかるし、その間は他店舗の手伝いって扱いになる」

店長「仕事続けるのが無理なら無理で見舞金出すけどどうすんだ?」

真奥(やっべ、肝心な所直すの忘れてた……)
272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 23:33:31.84 ID:7hS3tzDp0
真奥「……そうですね、仕事が無いのは困りますし俺と芦屋は他店舗に周ります」

店長「んじゃ真奥、来週から東京な」

真奥「って東京ってどういうことですか!」

恵美「私の台詞よ、そんなの許さないわ!」

真奥「恵美は黙ってろ!それよりどうして群馬県内じゃないんですか?」

店長「割り振りの方考えてたら木崎の奴から電話あってな、まーくんいらないならよこせって」

店長「随分気に入られてるみたいだし、どうせみんな県外に避難するから東京でいいだろ?」

店長「そういう訳だから私も一旦実家のある北海道に帰る、んじゃな」

真奥「……あの木崎さんがそう言ってるのか、ならしょうがないな」

真奥「よっし、見滝原の次は東京の制覇だ!」

恵美「東京のデカさ見て漏らすんじゃないわよ、田舎魔王」

真奥「ったりめーだお上りさんじゃあるまいしそもそも東京二回目だし!」
274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 23:38:32.19 ID:7hS3tzDp0
芦屋「魔王様!!!」

マミ「真奥さん!」

真奥「よっ、尋問から無事に帰ってこれたぜ」

恵美「無事じゃないわよ、来週から魔王がうちの近くに来るとかもう最悪よ……」

マミ「真奥さん達東京に行くんですか?」

真奥「そっ、避難ついでにな、新しいマグロナルドで新しいバイト生活さ!」

さやか「よく考えたら私らも復興終わるまで避難生活じゃん!」

杏子「私は風見野市の方へ行こうかな、あっちも近いから結構被害が酷そうだが」

まどか「私の家は……大丈夫かな?」

ほむら「まどか、そうなったら私の家に来るといいわ」

マミ「私もお家無くなっちゃったし、どうしようかしら?」

真奥「何、生きて前に進んでりゃなんとかなるって!」

真奥「今はまだバイトだけど、契約更新して正社員に俺はなるっ!!!」
276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23(月) 23:42:51.07 ID:7hS3tzDp0
おわり、本編に微妙に続かない

魔王さま10巻&BD6巻と叛逆の物語出たのにどっちもSS増えないから自給してみた
俺ガイルもいいけどアニメ2期が始まったらまたSS増えるといいな

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。