FC2ブログ

美也「にぃにー! あっさだよー!」【前編】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:21:22.05 ID:AxqRlCfN0
純一「う~ん、美也……ごめん。もう少し寝させてくれ…」

美也「もう、にぃに~! 今日はちゃんと起きなきゃダメだよ~!」

純一「え~……そこまで急がなくてもいいだろ……ふわぁ~…」

美也「なーにいってんの! 今日は終業式でしょ~。ほらほら、早く起きないとダメダメ」がばっ

純一「え、なに終業──うわぁっ!?」どさり

美也「にしししっ。みゃーもう朝ご飯食べちゃったから、にぃにも早く食べて支度してよねー」すたすた

純一「…………」ぼりぼり…

純一「……美也の奴、なんか変にご機嫌だなぁ……ふわぁ~…」

純一「……仕方ない、着替えるか」

純一「………………」

純一「え? 終業式?」


注目記事




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:28:47.82 ID:AxqRlCfN0
ばたばた…!

純一「み、美也!? ちょっと待て!!」

美也「ん~? みは、はみはひひゅう~」しゃかしゃか

純一「見ればわかるよ! だ、だけどその前に美也……さっきなんて言ったんだ!?」

美也「がらがら……ぺ。もう、なににぃに……乙女が歯磨き中に話しかけるなんてマナーがなってないよっ」

純一「それは謝るから! それよりも美也、今日が何だって!?」

美也「へ? だから今日は終業式だよって」

純一「しゅ、終業式……? あ、あはは……美也からかうんじゃないよ」

美也「……なにいってんのにぃに? どっかで頭打ったの?」

純一「だ、だって……今日は十二月の中旬のはずじゃ……」

美也「もう、にぃに朝からからかうのやめてよ! みゃーだって忙しいんだからね!」すたすた…

純一「え、み、美也……!!」

純一「…………」

純一「こ、これはどういうことなんだ……!?」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:36:39.82 ID:AxqRlCfN0
居間

純一 もしゃもしゃ…

純一「お。今日の運勢はなかなかだな……って違う!新聞で確認するのはここじゃないよ!!」

純一「今日の日付日付……あった!」

純一「…………………………」じぃー

純一「──とっくに新年度が始まってる……?」

純一「ま、まさか……これも美也が手の込んだ悪戯で…でも、昔の新聞ってわけでもなさそうだし…」

純一「っ………と、とりあえず登校してみよう。それで全てが分かるはずだ……っ」もしゃもしゃ

純一 ごくん

純一「よし、行くぞ!」

登校路

がやがや…

純一「──別に変わった所はないな……何時も通りの登校風景だ。
みんな普通だし、普段通りに通ってる……」

純一「……。でも、美也が言ったことが気になるな……特に不自然な所は無かったし、
だけど、なんだろう……」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:43:51.02 ID:AxqRlCfN0
純一「なんだか、僕だけ違う所にいる感覚がする……なんだろうコレ」

純一「まるで、僕だけ外れているような───」

「よぉー!大将ぅ!」

純一「あ、梅原……」

梅原「ようっ。今日も朝から寒いね~……こうも寒いとブリが甘みが乗って美味しい季節だぜ……って」

梅原「──大将? なんだよ、今日は朝からやけに湿気た顔してんなぁ」

純一「ま、まぁね……ちょっと色々あってさ」

梅原「ふーん、そうか。色々か」

純一「……なぁ梅原。一つ聞いても良いか?」

梅原「んだよー。俺とたいしょーの仲で、そんな気遣いいらねぇっての」

純一「……本当にか? 馬鹿にしないか?」

梅原「しねぇーよ、どんと来い!」

純一「……。今日ってなんの日だか僕に教えてくれないか」

梅原「…………」

純一「…………」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:50:35.76 ID:AxqRlCfN0

梅原「──大将、頭大丈夫か?」

純一「…………」すたすた…

梅原「ちょ、たいしょー! 歩くの早いって!」

純一「…………」すた…

梅原「はぁ…はぁ…いや、すまん。まさかお前からそんなことを聞かれるとは思ってなくてよ…」

純一「だから先に言っただろ。馬鹿にしないで聞いてくれるかって」

梅原「はぁ……まぁ、そうだが。俺はもっと別のことだと思ったからよ……」

純一「別のこと?」

梅原「……いや、お前さんがなんとも思っちゃーいないんだったら、それでいいんだ。
俺がとやかく言う必要はねぇ……でもよ」

梅原「急になんだってんだ。今日が何の日かだなんて聞いてくるって」

純一「……まぁ、僕だって変な質問だって思ってるよ。
でも、ちょっと朝から気になることがあるんだ」

梅原「気になること? なんだよそれって──」

「おはよう、梅原くん!」

梅原&純一「へ?」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:58:01.32 ID:AxqRlCfN0

「今日も朝から寒いね~……──ってあ……」

純一「も、森島先輩……っ!」

森島「っ………」びくっ

純一「……?あ、あの先輩……?」

森島「……橘くん…居たんだ」

純一「え、あ、はい……いましたけど……?」

森島「う、うん……橘君もおはよう!」

純一「おはようございます……」

純一(な、なんだろう……この森島先輩の感じ。
まるで僕と会ったらまずいみたいな……)

梅原「──森島先輩、おはようっす。今日はおひとりで登校っすか?」

森島「…………え?あ、そうなの。今日は響ちゃんが部活で早めに登校しててね…」

梅原「そうなんっすか~……そしたら今日は途中で合流な感じっすか?」

純一(合流…? 森島先輩って塚原先輩以外と登校してるのみたことあったっけ…)
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:08:20.30 ID:AxqRlCfN0
森島「──うん、そうなの。これから会うつもりなの」

梅原「そうなんすかぁ~……かぁー! 良いっすねー!
んじゃ! 俺らはお邪魔にならない様……この辺でおいとまさせていただきます!」

梅原「行くぞ橘っ!」だっ

純一「え、う、うん……あ、それでは先輩。また会えたら……っ!」

森島「………うん、会えたら」

たったったった……

梅原「……」たったった

純一「──お、おい梅原……!!脚早いって……!!」たったった

梅原「──よし、この辺までくればもう、見えないだろ」

純一「はぁっ…はぁっ……なんだよ、梅原……急に走り出して……!」

梅原「……大将の為だろ。それに俺だって見たくなしな」

純一「ぼ、僕の為……? なんだよ、森島先輩から離れることが僕の為っていうのかっ……?」

梅原「何言ってんだよ、橘。それとももう、ふっきれたとでも言うのかよ。
……そしたら大将、俺はお前を心から称賛するけどな」

純一「……?」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:16:27.61 ID:AxqRlCfN0
梅原「──でも、俺はお前がそういう奴じゃないって知ってるつもりだ。
だから変に強がったりすんなよ、本当に」

純一「……梅原、ごめん。僕はお前が言ってることが全然理解できてないよ」

梅原「……それ、本気で言ってんのか?橘?」

純一「うん、本気で言ってる」

梅原「……。そうか、どんなつもりでそんなこと言ってるんだがわからねぇけどよ、
少しここで待ってみろ。それなら否応にもわかるはずだ」

純一「ここで? 校門の前じゃなくて?」

梅原「ここでだ。俺も一緒にいてやるから」

純一「……わかった。待ってみるよ」

梅原「…………」

数分後

梅原「──ほら、来たぞ大将」

純一「え、ああ、森島先輩のことか───……え?」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:23:30.49 ID:AxqRlCfN0
「──あはは。森島先輩は───」すたすた

「──ふふ、だって今日は──」すたすた

純一「なっ……」

「──今日は何処か一緒に──」すたすた

「──ええ、そしたら牛丼──」すたすた

純一「…んだアレ……まるであれじゃ……」

「──いいですよ、そしたら放課後に……あ──」

「──決まりねっ! じゃあ放課後に……っ──」

純一「…………」

「……おはようございます、橘先輩」

純一「なん、で君が……」

樹里「なんでもないでしょう。僕はこの人の隣にいる資格がある」

森島「………」

純一「森島先輩……?」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:31:11.83 ID:AxqRlCfN0
森島「──ごめんね橘君、今日は急いでるから……」

純一「えっ……先輩?」

森島「っ……行きましょ、路美雄君!」

樹里「ええ、行きましょう──では、これで」すたすた

純一「ちょ、ちょっと待ってせんぱ──」がっ

梅原「大将」

純一「は、離せよ梅原ッ! 僕は先輩と──」

梅原「大将っ! しっかりしてくれ!」

純一「っ……僕はしっかりしてる!! でも、これは……!!」

梅原「いいや、俺には大将がしっかりしているようには見えないぜ。
だから、ここでお前さんの肩から手を離すことはしない」

純一「梅原……っ!」

梅原「行くな橘。言ってどうする、なにを言うつもりだ?なにを聞くつもりだ?」

純一「それはっ……!」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:37:09.87 ID:AxqRlCfN0
梅原「なりそめを聞くのか? どうやって付き合ったのか聞くのか?
あの二人の前に言って、お前はなにをするつもりなんだよ」

純一「……………」

梅原「──もう諦めろよ、橘。もうお前さんが森島先輩の前に行くのは、見てるこっちも辛い。
ダチとして、同じ男として──やめてくれ、そういうのは」

純一「……梅原──」

梅原「……なんだ、大将」

純一「…………」

梅原「…………」

純一「──一回、僕を思いっきり殴ってくれないか……」

梅原「…………」

梅原「……はぁ、わかったよ。それで大将が気が済むなら……いくらでも殴ってやる」

純一「一回でいいからな……でも、手加減なしだ」

梅原「おう、気合入れろよ」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:46:23.20 ID:AxqRlCfN0
がつん!

純一「っつ……!!」

梅原「……いやなに、初めて人を殴ったけどよ。いてーのな、こっちも」

純一「たぶん、殴られた方が一番痛いと思う……」

梅原「ちげーねぇや。それで大将、気が済んだか?」

純一「……ああ、これが夢じゃないって事がやっとわかった」

梅原「そうか……気をしっかり持ってくれ大将。
俺はもうあの時の大将は観たくないからな」

純一「ああ、わかった梅原……」

梅原「……本当に大丈夫か?顔色が悪いぞ、保健室行くか?」

純一「いや、大丈夫だよ……はやく登校しよう」すたすた……

梅原「大将……」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:51:04.93 ID:AxqRlCfN0
教室

純一「…………」

純一(先輩に──彼氏……)

純一(あんなに楽しそうに笑って、僕とは違う人と会話して……)

純一(僕だって──あんなに笑った先輩の顔、見たことなかったな……)

純一「ずず……っ!?」

純一(や、やばい……教室で泣きそうだ……!!
クラスのみんながいるのに、泣いたら変に思われる……っ)がたっ

純一(トイレに行くか……周りにばれないうちに、特に梅原とか──)

純一(──薫とかに、見つかったら……!!)

純一「……ってあれ…? 薫……?」

純一「そういえば、まだ薫の姿を見てない──」

がらり

高橋「ほらー。朝のhrはじまるわよー」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:59:56.48 ID:AxqRlCfN0

純一「あ、もうそんな時間か……」

高橋「こら、橘君。なにぼーっとつったってるの!
もうチャイムが鳴ってますよ」

純一「あ、はい……あの先生!かお……棚町さんがまだきてませんけど…!」

高橋「……。そうね、それは後で私から説明するわ──今は、とにかく座りなさい」

純一「は、はい……」がたん

純一(説明……?いったいなんのだろう……?)

高橋「それではhrを始めたいところですけど──今日は皆さんに報告があります」

高橋「──本日をもって、棚町 薫さんは転校することになりました」

純一「え……?」

高橋「突然の話──ということでは、ないようだけど。皆さん知ってると思いますが、
棚町さんは油絵の出品会で特賞を取ったことで、とある外国の学校に行くことが決まってました」

高橋「まさか突然、今日転校となるとは私も予想だにしなかったから……このような急な報告となってしまったわ」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:08:15.52 ID:AxqRlCfN0
純一「っ……!!!」がたん!

高橋「きゃ……た、橘君っ? 急に立ち上がってどうしたの?」

純一「た、高橋先生……っ!? そ、それは本当のことなんですか……っ!?」

高橋「え、ええ……そうよ──でも、君は前もって棚町さんから言われてたはずじゃなかったの?」

純一「え……」

高橋「そもそも私も貴方から聞いて──橘くん? 顔色が悪いわよ──」

純一(なん、だっていうんだこれは……薫が転校…? 外国へ行く…? 絵が受賞した…?)

純一「あっ……田中さんっ!!」

田中「へっ!? あ、なにっ? 橘くん……?」

純一「田中さんは薫が転校するの知ってたの!?」

田中「えっ……何を、言ってるの橘くん……?」

田中「そもそも──薫が転校するって事は、橘君が言ってくれたことじゃない」

純一「な、んで……そん、な……僕は……」

田中「そ、それに……つい一昨日ぐらいに、梅原君とか伊藤さんとかで一緒に祝った……と思うんだけど」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:16:20.58 ID:AxqRlCfN0
純一「……………………」

田中「え、私間違ってるかな……? あ、あと……橘君は薫から別れのプレゼントって絵をもらってるはずだし……」

梅原「──ああ、あってるよ田中さん。俺もそこにいたしな」

純一「う、梅原……」

梅原「大将……いや、橘。今日はどうしたんだ、とりあえず落ち着けって」

純一「で、でもこれって……っ!!僕は何も知らなくて……!!」

梅原「……今朝からどうも様子がおかしいと思ってたんだが、ここまでとは……橘。
とりあえず保健室に行くぞ。少しそこで寝て休め」がた…

純一「う、梅原……!!僕はおかしくなってないっ!ちゃんと正気だよ!?」

梅原「何処がだよ。俺にはお前がおかしくなったとしか見えないぞ、ほら行くぞ……」

純一「や、やめろ……っ!!僕は……っ!!」

梅原「な、抵抗するなって……!!なにやってんだよ本当に……!」

「──今は、hr中よ。二人とも」

絢辻「騒ぐのやめてちょうだい。梅原君も、橘君も」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:23:38.58 ID:AxqRlCfN0
純一「っ……あ、絢辻さん…!」

絢辻「先生、私が橘君を保健室に連れて行きます。後は引き続き、hrを続けてください」

高橋「え? ええ、わかったわ……後はよろしくお願いします、絢辻さん。
……あと橘君も、ちょっと落ち着いてから終業式にでなさい」

純一「…………はい…」

絢辻「──ほら、行くわよ橘君。ちゃんと前を向きなさい」

純一「………」すたすた…

がらり ぴしゃ

絢辻「…………」

純一「…………」

絢辻「なに、めそめそと泣いているの橘君」

純一「え……?」

絢辻「──良いわね、そんな風に感情を外に出せて。羨ましい限り」

純一「あ、絢辻さん……?」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:30:37.14 ID:AxqRlCfN0
絢辻「──私は、あの時は何も吐き出せれなかったのに……」

純一「さっきから、なにをいって……」

絢辻「─────。さて橘君、さっそく保健室に行きましょう。
だめよー、ちゃんと寝なきゃ! そうしないと直ぐに気疲れしちゃうんだから!」

純一「え、あ、うん……」

絢辻「大丈夫、そこまでたいしたことじゃないわ。私だって、全然寝なくて変なテンションに
なっちゃって……深夜の寒い中、野生の鹿と小一時間戯れたこともあるわ」

純一「あ、あはは……それは流石に冗談だよね……?」

絢辻「冗談よ。……んじゃ元気出たみたいだし、保健室行くわよ。それでとりあえず、
後で高橋先生と、梅原君……それと田中さんに謝っときなさい」

純一「……うん、わかった……ありがとう、絢辻さん」

絢辻「ううん、別にいいのよ。これが私だもの」

純一「え、うん……そうだね。それが絢辻さんだよ」

絢辻「……。それじゃ行きましょう」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:38:39.27 ID:AxqRlCfN0
保健室前

絢辻「それじゃあ、私は先に戻っておくわね。ちゃんと寝る様に!」

純一「……うん、わかったよ」

絢辻「一時間ぐらいしたら梅原君に、貴方を起こしに来るよう伝えておくわ」

純一「うん、ありがとう……色々としてくれて」

絢辻「いいのよ。だってクラスの委員長だもの」

純一「あはは……それも最後だけどね」

絢辻「そうね、それじゃ」すたすた…

純一「また、後で」

純一「………。なんだろう、絢辻さん……僕が思ってた印象と大分変わったような…」

純一「昔はもっとこう、ちゃんと人を見てたような気がする……」

純一「……」

純一「……本当に、なんだっていうんだ……僕、本当にどうにかなってしまいそうだ…」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:53:42.65 ID:AxqRlCfN0
昼休み

純一「はぁ~……」

純一「……梅原や田中さん、高橋先生は謝ったら許してくれた……でも」

純一「……僕は、確かに正気なんだ……」

純一「ちゃんと昨日までの記憶だってある。みんなと仲良く会話して、放課後会ったり、
お昼ご飯食べた時のメニューだって覚えてる……」

純一「──なのに、僕が記憶しているのは……去年の十二月中旬まで」

純一「どうなってるんだ……本当に、僕が一体なにをしたっていうんだよ………」

純一「周りも変わってしまってるし、薫も……そして、森島先輩、も…………」

純一「………だめだ…考えても、なにもわからない……本当に、気が狂いそうだ………」

純一「……ってあれ?あれは──」

テラス

純一「おーい、美也……」

美也「……あ、にぃに…」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:57:40.80 ID:I8oLcabJ0
やめて
58: 萌豚さん ◆hgbW5Yw0Kw 2011/11/11(金) 20:59:58.76 ID:xNaOndh70
みゃーだけは
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:11:13.46 ID:AxqRlCfN0
純一「こんなところで、なにをしてるんだよ……弁当を食べてる様子でもないし」

美也「うん……食べるつもりだったんだけどね…。ちょっとあってさ」

純一「……どうしたんだよ? 朝はあんなに元気だったじゃないか……」

美也「……うん。そう、なんだけど…………」

純一「……とりあえず、にぃにとして妹の話は聞くぞ?」

美也「………本当に?」

純一「お、おう……どうしたんだよ。今日、なにかあったのか?」

美也「ううん、するつもりだったの……今日はみんなで久しぶりにご飯食べるって約束してて…」

純一「みんな? すると……七咲とか、中多さんとか?」

美也「うん……でも、それがだめになっちゃってさ……こうやって一人でテラスにいるんだ」

純一「だめになったって……あんなに仲良かったじゃないか。断られでもしたのか?」

美也「…………」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:18:02.59 ID:AxqRlCfN0
美也「……ねぇ、にぃに。最近、紗江ちゃんと会ったことある…?」

純一「中多さん?──え、最近……っていうとその……」

純一(それは、僕が聞きたいよ……〝最近〟って言葉がこんなに怖く感じるなんて……)

美也「……とりあえず、みゃーは最近、紗江ちゃんのこと見てないよ」

純一「お、おいおい……見てないって…同じクラスだろ?」

美也「………出てないの、最近」

純一「え?」

美也「だから……紗江ちゃん、授業にでてないの」

純一「ば、馬鹿言うなよ……! あの中多さんだぞ!? お利口さんで、可愛らしい中多さんが授業サボるなんて……っ!」

美也「……みゃーもそう思う。でも、そう思ってたのは去年まで…」

純一「……どういうこと、だよ…」

美也「知らないの? けっこう輝日東高では有名だと思うよ……アニメ研究部…しらない?」

純一「アニメ、研究部……?」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:26:16.16 ID:AxqRlCfN0
美也「うん……そこに入ってから紗江ちゃん、色々と変わっちゃって……今はみゃーともそんなに話すこともないよ…」

純一「え、そんなわけ……だってあんなにも美也と仲良しだったじゃないか…」

美也「…………そうだね、ほんとに仲良しだったのに…どうしてこうなったんだろ」

純一「今日も、中多さんはきてないのか……?」

美也「うん……今日は来るって、昨日、街で会った時に言われて……久しぶりに紗江ちゃんと喋って嬉しかったのに……」

純一「……………」

美也「でも、今日はきてないんだよ……全然、姿も見てない……たぶんだけど、またあの男の人たちと一緒に出かけてるんだ…」

純一「お、男の人たち……?」

美也「アニメ研究部の人……はぁ、でもみゃーはちょっとこんなことになるって思ってはいたんだよ、にぃに…
だから、そんなに悲しそうな顔しないでね」

純一「……そうか」

美也「だって、本当に最近は……みんなとおしゃべりできてなくて…逢ちゃんとも最近は喋ってないし」

純一「七咲ともか?」

美也「……逢ちゃんは部活が、ね。色々と最近、不調が続いてるみたいで……それで塚原先輩が付きっ切りで練習してるみたい。
だからみゃーも誘いにくくて…」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:30:47.92 ID:s1faRqPq0
心が痛い
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:32:28.75 ID:tYKh1X2G0
みゃー……
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:33:12.02 ID:AxqRlCfN0
純一「そうか、七咲……部活頑張ってるんだな…」

純一(……本当に、これはどういうことなんだ……みんな、みんな変わってしまってる……
もう、僕が悪いのだろうか……この僕がいること自体が、存在してるのが悪いのかな──)

美也「………」じっ

純一「……ん? どうした、急にこっちみつめて…」

美也「ねぇ、にぃに」

純一「なんだよ、どうした?」

美也「……にぃには、離れていったりしないよね?」

純一「ば、馬鹿なこと言うなよ……僕が美也の前からどっかいくなんてありえるか?」

美也「──そうだけど、そうなんだけど……でも、みゃーはそう思って……
みんなと離れ離れになりつつあるよ……こうやって、一人でご飯を食べてるよ……」

純一「美也……」

美也「──お願いにぃに。にぃにだけは、にぃにだけでも……みゃーから離れないでね」

純一「あ、ああ……わかった。と、とりあえず……一緒に飯食べるか?」

美也「……うん」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:42:08.06 ID:AxqRlCfN0
放課後・廊下

純一「………………」すたすた

純一「……………」すたすた

「──ねぇ、昨日のmステみたぁ?」
「──みたみた、でてたよねぇ!すごーい!」

純一「…………」すたすた…

「──おんなじ学校の子がでてるって本当に凄いよね!」
「──そうそう!だって私と同じクラスのあの子がだよ!」

純一「………」すた…

「──そうだよねぇ!だってあの─」
「──梨穂子ちゃんが……」

純一「っ!……」

純一「ちょ、ちょっとそこの……!」

女の子A「え……なに、どうしたの?」

純一「い、いま……梨穂子の名前言わなかった…ッ!?」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:54:01.74 ID:AxqRlCfN0
女の子A「え、うん……言ったけど」

女の子B「誰、この人……?」

女の子A「しらないよ…」

純一(そ、そうだよ……っ!梨穂子が居るじゃないか…!
僕と幼馴染の、あいつなら……アイツなら何も変わってなんか…!)

純一「かわって……」

純一「……君が、その、持ってる奴、なに…?」

女の子A「……これ? これはあれだよ、今大ブレークの桜井リホのcdだけど……」

純一「CD……?桜井、リホ……?」

女の子B「ね、ねぇ……なんか怖いよこの男子……」

女の子A「う、うん……えっと…それだけかな…?」

純一「え……うん……ごめん…」

女の子A「……それじゃ、いこっ」たったった…

女の子B「うん……なんだろね、あの人──」だっだっだ…

女の子A「わかんないよ──」たったった……
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:56:20.25 ID:AxqRlCfN0
純一「………………」

純一「………なに、が…もう……僕、は…」

純一「………………」

純一「…………」

純一「……」

純一「…」

純一「────────」

公園

純一 ふらふら…

純一「………」

純一「……ベンチ、……」すとん

純一「……………」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:02:32.48 ID:AxqRlCfN0
純一「…………」

純一「みんな…みんな、変わってしまった…僕が知らないうちに、全てが僕から遠ざかってしまっていた…」

純一「僕の、僕の知らない数日間で……なにもかも、僕の手が届かない場所に…みんな、みんな……」

純一「森島先輩も……薫も、絢辻さんだって」

純一「中多さんも……七咲も…そして、梨穂子も……」

純一「僕の知らない、僕の知ってない彼女たちになってた……でも、これが現実で……」

純一「僕だけが、違う現実………」

純一「ッ……どういうことなんだよっ……僕は、僕はただ…っ!!」

純一「あの時のっ……あの時のことを忘れようと、忘れようと……した……だけ、なのに……」

純一「しただけ……なのに……」

純一「…………」

純一「……僕は、おかしいのだろうか」
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:07:36.61 ID:AxqRlCfN0
純一「独り、知らない場所にいて……知らない現実を知って……」

純一「こうやって……なにもかもしらない自分が……全て悪いんだろうか…」

純一「彼女たちの……色々な部分をすっかり忘れてる自分が、自分が……僕が…」

純一「忘れてしまってる……僕が……」

純一「……居なくなってしまえばいいのだろうか……」

純一「………………」

純一(──僕だけが間違ってる。みんなが合っていて、僕だけが外れている)

純一(──みんな色々な考えを持って、今を生きているのに……僕は違ってしまっている)

純一「…………」すっ…

純一「…………」すたすた…

純一「……」すた…

純一「……もう、もう……だめだ。耐えきれない、僕は……僕はこうやって一人でいるのは…」

純一「もう、無理だよ……」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:12:55.76 ID:AxqRlCfN0
純一「もう、ここから逃げ出したい……僕は無理だ……」

純一「忘れよう……全部、全部しらないことにして……僕はもう、いなくなればいい……」

純一「……」

純一「……そうだよ、そうすれば……例えば、ここから……ちょっと踏み出せば…ここからでも──」

純一「──ここから、居なくなれる……」

純一「もう、なにも後悔なんてない……全部終わってしまったんだから……そう、全部」

『……にぃには、離れていったりしないよね?』

純一「ッ……ごめん、美也……僕は、約束は守れそうに……」

純一「……ないよ」

すっ……
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:19:32.31 ID:AxqRlCfN0
ばきっ!

純一「──……ん?ってうぉおおお!? なんか急に乗り出そうとした柵が折れ──」どしん

純一「あたた……なんだ急に、こんなに柵ってもろいものなのか……?」さすさす…

純一「………」さす…

純一「──なんだ、これ?」

純一「ベンチの下に……手紙…?」

純一「…………」きょろきょろ

純一「……誰かの落としものって訳じゃないよな──」ぺら

純一「──え? なんで……」

橘 純一様へ

純一「ぼ、僕の名前が書いてあるんだ……?」

純一「………」

純一「……読んで、みるか…?」かさかさ…

純一「でも、誰か僕と同じ同姓同名の人のやつかも……」かさ…

純一「…………っ」
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:33:13.62 ID:AxqRlCfN0
純一「……読んでみよう」かさっ

『橘 純一様
必要なことはまだ残っています。
なんでも諦めてはだめです。
無知に囚われてはだめです。
頑なな勇気をもってください。
貴方は失ってはいません。
      金の仮面より』

純一「………」

純一「なんだこれ……と、とにかく僕を勇気づけたいってことはわかったけど…」

純一「──でもまてよ、これって僕の境遇をわかっているってことじゃないか……!?」

純一「まるで……僕がここにくることが分かってたのかのように、手紙が置いてあって……」

純一「それに、この内容だ……」

純一「…………」

純一「……とりあえず、今日は帰ろう……美也も心配しているはずだ…」
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:40:49.47 ID:AxqRlCfN0
自宅

純一「ただいま……」

美也「あ、にぃに。おそかったねー」

純一「あ、うん……ご飯もう食べたのか?」

美也「ううん、今日はにぃにと一緒に食べようって思って待ってたんだよ~」

純一「…………」

美也「ま。それだけ待った分……みゃーはにぃにからおかずをもらう予定だけどね~にししっ!」

純一「……美也…」すたすた…

美也「んー? どうしたのにぃ──ってきゃっ」

純一「…………」ぎゅ…

美也「……にぃに? ちょっと、いたいよ…」

純一「──ごめん、美也……僕、僕……どこにも行かないからな……っ」

美也「………にぃに? 泣いてるの?」

純一「…………」ぎゅう

美也「……ふぅ、ほーらにぃに…泣かないの。よしよし~」
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:47:31.17 ID:AxqRlCfN0
部屋

純一「…………」

純一「──晩飯も食べた、風呂も入った、美也とゲームして遊んだ。
よし、これは僕が知ってるいつもの日常だ」

純一「確かに学校での事はみんな不思議なことだった。
みんながみんな、知っていることを知っていて」

純一「僕だけが知っていることを──知らない」

純一「それが如何に変だっていうことは……もう、理解した」

純一「それに囚われて……僕は色々と間違った所に行きつこうとしたかもしれない」

純一「…………」

純一「でも、それはもう大丈夫だ」ばん!

純一「──この手紙、そう、この手紙だけが僕の違和感の証明だ……」

純一「これだけが、僕の命綱。僕が正気だっていう理由だ」

純一「もう少し、ちゃんと読んでみよう」
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:53:51.55 ID:AxqRlCfN0
純一「必要なことなことが残っている……どういうことなんだろう?」

純一「これは僕にとって必要なことなんだろうか……それとも、他の人?」

純一「……出来れば僕のことであってほしいな。今は必要なことだらけだ」

純一「なんでもあきらめてはダメ……うん、これは本当にそう思う。
でも、僕は……これから何に対して頑張ればいいのかわからない…」

純一「無知に囚われては駄目……これは僕が知らないことを知るべきってこと?」

純一「……とりあえず、色々と頑張ってみるか」

純一「頑なな勇気……なんだろう、頑張ることに対してエールをくれたのかな……」

純一「……そして最後、僕は何も失っていない──」

純一「……そうかな。僕はもう、全部を失った気がするけど……」

純一「…………」

純一「……駄目だッ!こうクヨクヨしてちゃまた美也に慰められてしまうっ!」
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:58:08.53 ID:AxqRlCfN0
こんこん!

「にぃに! ちょっとうるさいよー!」

純一「あ、ごめん美也……もう少し、声小さくするよ……!」

「そうしてー」ぱたぱた…

純一「……ふぅ、そしたら。まずは分かりやすい所から行こう」

純一「──この手紙が、僕の違和感を打開するヒントとなる……と僕は思っている」

純一「だから、この手紙に書かれていることを読みとって……」

純一「僕は、見つけるんだ」

純一「どうしてこうなったのかを、そして、僕がなぜ記憶が無いのかを」

純一「──金の仮面、ありがとう。どこだれだかわからないけど、僕は君を信じてみるよ…!!」

「にぃに!」どんどん

純一「ご、ごめんっ!」
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:10:37.96 ID:SQNbG8Qc0
数十分後

純一「……うーん、別に僕は日記を付けることはなかったしなぁ…これといって、
忘れていた期間のことなんか分かるものが無いよ…」

純一「……とりあえず、テレビでも見るか…」ぱちん

『今日は人気絶好調のアイドル──桜井リホちゃんにゲストできていただきましたァー!』ワァー!キャー!

純一「!?」

『はぁ~い! みなさんこんばんわぁ~。今日も元気にいきたいとおもいまぁす☆』

純一「り、梨穂子……!?」

純一「こ、これってあの人気アイドルしかでれないゴールデンタイムの番組じゃないか……っ!」

純一「そ、そんなに人気があったのか……凄いな、梨穂子……なんかぶりっこぶってるけど…」

『それでそれで、リホちゃんはKBT108から突発的に人気を博し、既にソロでの活動を始めているということですが!』

『えへへ~……そうなんですよぉ。一人でも、みんなが応援してくれたら本当にうれしいで~す☆』

ウワァーキャーヒューヒューリホチャーンハカワイイナァー

『うふふ~。みんなありがとぉ~!大好きだよ~!』

ウワァアアアアアアアアアアア!!!!──ピッ

純一「な、なんかすごかったな……」
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:19:14.72 ID:SQNbG8Qc0
純一「……冷静になってみると、ちゃんと梨穂子も頑張ってあそこにいるんだよな…」

純一「……僕も梨穂子に見習って頑張らないと」ちら

純一「……ん? あれは──」ばっ

純一「………これは、油絵?」

純一「なんでこんなたいそれたものがここに───」

『──橘君は薫から別れのプレゼントって絵をもらってるはずだし……』

純一「ああ、そうか……これが、薫の絵なのか…すっごく上手いな」

純一「……まるで、有名な画家が描いたようだ」

純一「……でも、僕はこれを知らないんだ」

純一「──僕は、僕はどんな気持ちでこれをうけとったんだろう……
悲しかったのかな。嬉しかったのかな……」

純一「……全然、覚えてないや……」
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:24:10.57 ID:SQNbG8Qc0
純一「…………」

純一「……覚えてない、それでいいのだろうか」

純一「それだけで、僕は単純に薫と別れることができるのか……?」

純一「…………」

純一「僕は……僕は、決してそんな奴じゃないはずだ」

純一「忘れている期間の僕の気持は……決してないがしろにしてはいけないはずだ。
そう、それは──」

純一「──僕が忘れてはいけない、必用なこと」

純一「っ……!」だだだだ!

純一「………っ!」ぴっぴっぴ……

とゅるるる……

純一「出てくれ……まだ、外国なんて行ってないだろ……!」

純一「お前なら、最後の最後で……いっちょかましてくれるはずだ!」

純一「だから──お前はまだ、どこにもいってないだろう薫……ッ!!」
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:36:46.56 ID:SQNbG8Qc0
かちゃ

純一「薫!?薫か!? 薫なのか──ってか、薫のおばさん……?」

純一「え、あ、はい……夜分遅くにすみません……ええ、いや!違います!
薫になにかあったワケじゃなくてでですね!!───……」

ファミレス前

純一「……うん、どうにかここにこれたよ…。
薫のおばさんには迷惑をかけてしまった……」

純一「……ここにきてるのか、薫。まだバイトって訳じゃなさそうだけど」

純一「もうちょっと、ここで待ってみるか……」

数分後

「では、いままでありがとうございましたぁ~」がちゃん

純一 すぴー すぴー

「はぁー……やっぱり別れのあいさつっては疲れるわぁ~ってうおっ!?」

純一 すぴ~ むにゃ…

薫「あ、あんた……ここでなにやってんのよっ?」
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:43:59.04 ID:SQNbG8Qc0
数分後

純一「──う、う~ん……むにゃ……さむッ!?え、なんで僕、外にいんの!?」

薫「それはコッチのセリフよ──ばか純一」

純一「え、あ、薫……?」

薫「はぁーい。薫さんですよー……ほら、コーヒー。あったかいわよ」ひょい

純一「お、おう……ありがとな」

薫「結構よー……お代はきっちり後でいただきますからっ」とす

純一「それはまた、きっちりしてることで……」かしゅ

薫「ふふ、それはもう健気小町として有名ですから~」

純一「……程遠い名称だぞ、これとは」

薫「そう? いいじゃない、べつにどうだって」

純一「お前は相変らずだな……」

薫「なによー。あんただって、今日の今日まで会いに来なかったくせにー」
128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:51:00.05 ID:SQNbG8Qc0
純一「そ、そうなのか……?」

薫「そうなのかって……そりゃまぁ、確かにお別れパーティやったけどさ。
 それでもファミレスとか、色々と会いに来ないって友達としてダメだと思わないの?」

純一「そう、だよな……確かにそうだ」

薫「ったくー。そんな風に思ってれば、変なタイミングで現れるし……しかも爆睡して」

純一「それはちょっと理由があってだな……!!」

薫「はいはい。アンタのくだらない言いわけなんて聞きたくないわよ……
 それよりも、どうしたの急に」

純一「えっと、それは……」

薫「こうやってわざわざファミレスまで……探しに来たみたいだし。なにかあたしに用があったんじゃないの?」

純一「……………」

薫「……なによ、言えないこと?」

純一「──いや、そういうことじゃない、んだが……うん…」

薫「もうっ、はっきしないわね。しゃきっとしなさい!しゃきっと!」

純一「え、お、おはぁっ! ちょ、薫……っ! 首に手を入れんなよ……冷たい!!」
131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:58:42.64 ID:SQNbG8Qc0
薫「ふふー! なに可愛らしく抵抗しちゃってんのよ~ ほれほれ~」こしょこしょ

純一「や、やめろって……そこは本当にだめだって──あはははははは!!!」

薫「相変らず背中弱いのねアンタ。それー」こしょこしょ

純一「ひゃひゃひゃ!わ、わかったから……言うから薫、や、やめて…あははは!!」

薫「ほんとにぃ~? 嘘だったらしょうちしないわよ~?」こしょこしょ

純一「う、うそついてんどうす、あははは!!!」

薫「んじゃ、おーしまい!」

純一「ははは……はぁ、なんだかどっと疲れが……」

薫「この薫さんと肩を並べるんだから、それぐらいどうってことないでしょ?」

純一「うん、まぁな……」

薫「──それで、どうしたのよ純一」

純一「………」

薫「話してくれるんでしょ。ほら、早く」
132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:03:09.08 ID:KZeMTFPt0
純一「それは、だな……」

薫「うんうん」

純一「……お前の、転校のことなんだが……」

薫「転校?──それはまた今さらながらの話ね。それでそれで?」

純一「……えっと、あの……」

薫「うん?」

純一「それだけ、かな……?」

薫「…………」

純一「…………」

薫「………」

純一「………薫?」

薫「はぁああ!? え、それだけなの!?」

純一「え、うん……それだけだけど…?」
133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:03:51.30 ID:LEXB0xk9O
ほんま薫は良い子やで
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:08:05.08 ID:KZeMTFPt0
薫「なによーまったく……変にもったいぶるから、もっと凄いことだと思ったじゃない!」

純一「なっ……なんだよ、お前が転校するんだぞ!? これのどこか凄いことじゃないんだよ!」

薫「……ねぇ、純一。あたしからも聞きたいんだけどさ」

純一「な、なんだよ……」

薫「なんで、あたしが……あんただけにしか、転校するってこと言ってなかったと思う?」

純一「そ、それは……その、悪友だからか?」

薫「ちっがーうわよ。ほんっとあんたってばかよね」

純一「ば、ばかっていうなよ!」

薫「ばかよ、ばか。本物のばか」

純一「……そこまで言わなくてもいだろ別に……」

薫「すねないすねない……本当のことなんだから、今は黙って聞きなさいって」

純一「……わかった」
138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:14:17.30 ID:KZeMTFPt0
薫「あたしがね、純一にしか転校する事をいってなかったのには理由があったの。
 ……まぁ、今はアンタが色々と言いふらかしてみんな知ってるけど」

純一「ま、まあそうだな……ごめんな薫」

純一(それら一切、僕は知らないけど……)

薫「いいのよ、別に。あたしもあたしで馬鹿だったし、アンタが気をまわしてくれた
 おかげで……色々とスッキリ出来たしさ。そこは感謝してる」

純一「お、おう……」

薫「──でも、それと一緒にちょっと恨んでる」

純一「え……?」

薫「──ねぇ、なんであたしが絵を描き始めたのか知ってる?」

純一「えっと、知らないな……うん」

薫「でしょうね。ちゃんと言ってなかったし、言うつもりもなかったけど」

純一「おい」

薫「いいじゃないの。これから言うんだからさ」
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:19:42.03 ID:KZeMTFPt0
すっ……

薫「んん~!……あのね、今日はちょっと薫さん……色々と溜めこんでたの、
 すっごく頑張ってアンタに告白するわー!」

薫「──ちゃんと聞いててね、純一」

純一「……わかった。ちゃんと聞いておく」

薫「てーんきゅ。あのね……純一、あたしはアンタが好きでした!」

純一「おう……ってえええ!?」

薫「ふふん、驚いてる驚いてるっ」

純一「え、でもおま……本気でか?」

薫「だから、言ってるじゃない。棚町 薫は──橘 純一が好きで好きで、
 本当に好きでたまりません──でした。ってね」
145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:28:14.12 ID:KZeMTFPt0
純一「……おう。そうか」

薫「それでねー……確かにあたしは、アンタに振り向いて欲しかった。
 色々と頑張ったけど、やっぱり友達っていう関係は壊せなかった」

純一「…………」

薫「色々と頑張ったのよ? いきなり抱きついたりとか、耳噛んでやったりとか…
 アンタは全然、なにも感付いてくれなかったみたいだけどね~」

純一「そう、か……」

薫「そんでもって、絵なんか始めちゃってさぁ~……これもまた動機が不純!
 ただただ、凄いあたしをアンタに見せつけてやるだけって話なのよ」

純一「……確かに、薫は凄いと思う。それは認めるさ」

薫「ふふん、てーんきゅ。
 ──でもね、それじゃダメだった。むしろ悪化してた」

薫「アンタとは距離が離れて行く一方だし、こっちはこっちでなんか受賞しちゃうしさ」

純一「…………」

薫「──だからそのうちに、あたしの心も色々と覚えちゃったのよ。
 堪える方法とか、忘れる方法みたいな感じでさ」
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:35:33.89 ID:KZeMTFPt0
薫「そうやって頑張ってるうちに──あたしはあたしで無くなった。
 いや、別に悪い意味ではなくてよ?良い意味で、あたしじゃなくなったの」

純一「どういう意味だよ?」

薫「難しいこといっても、アンタじゃわかんないでしょ。軽く受け取んなさい。
 実際、あたしだってよくわかってないし」

純一「なんだよそれ」

薫「あたしも純一と一緒で、ばかってことよ。ばか中の馬鹿。
 そんな馬鹿でどうしようもないあたしは──最後に、アンタに呪いをかけて行こうって思ったの」

純一「呪い…? なんだよ、それ」

薫「それは──あたしって呪い。橘 純一を陥れるために、棚町 薫がかけるつもりだった呪い──」

薫「──例えばそう、急に転校した奴が……その旨を一人だけに伝えていたとしたら……どう思う?」

純一「……それは、一人だけの奴が……色々と悩み続けるだろうな。
なんで自分だけって──あ……」

薫「気付いたかしら? ふふ、そう。あたしはそのつもりで、アンタだけに伝えたの」

薫「──ここからいなくなっても、あたしをという存在を忘れないように。とびっきりの呪いを」

薫「アンタに、ね?」
148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:43:01.58 ID:KZeMTFPt0
純一「……そんなことを、思ってたのか…」

薫「なーのに、アンタってば変に行動力あるしさ~
 いつのまにか、みんなに知れ渡っててびっくりしたのよ?」

純一「…………」

薫「これじゃあ呪いの意味が無いって──これじゃあ、なにも残せないって」

純一「……馬鹿言うなよ。薫は薫だ、そんな真似しなくても僕が薫を忘れるなんてことは…」

薫「……ううん、忘れちゃうわ。きっと」

純一「薫……」

薫「確かに、アンタはあたしのこと忘れたりはしないと思う……でも、結局は忘れると思う。
 あのときなにをしたかって、何をはなしたかって、アンタは常に覚えてはいないと思う」

純一「…………」

薫「だからこその……呪いだったのよ。いっつもあたしのことを忘れないようにして、
 思い出を記憶として保存してほしくて……あたしは、呪いをかけたつもりだったの」

薫「ま、失敗しちゃったけど」
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:48:30.43 ID:KZeMTFPt0
薫「──これが、全部。あたしのあんたに──純一にずっと隠しておくつもりだった告白、おしまい!」

純一「…………」

薫「なに、湿気た面してんのよ。今、そんな表情をするのはあたしのほうでしょ」

純一「……薫…」

薫「んー?なに、純一」

純一「なんで、今日……それを言おうって思ったんだ…?」

薫「ん?ん~……なんでかしらねぇ。とりあえず、あたし明日には外国に行くでしょ?
 だから──」

純一「へっ!? ほんとにか!?」

薫「本当にかって……ちょっとちょっと。なに忘れてんのよ! お別れパーティの時、いったじゃないのっ」

純一「へ……あ、ああそうだなっ!確かに言ってた!」

薫「………?」

純一「あ、あはは……はは…」
151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:55:16.20 ID:KZeMTFPt0

薫「……ねぇ、純一」

純一「な、なんだよ?」

薫「ちょっと、アンタに質問があるんだけど。いいかしら?」

純一「ど、どんとこい……!」

薫「──アタシのお別れパーティ、どこでやった?」

純一「へっ!?」

薫「カウント十秒前──十、九、八……」

純一「えっと、その……あの……あれだよあれ…!」

薫「──五、四……ヒント。梅原くん──」

純一「っ……あ、それだ! 梅原家の寿司屋!どうだ!?」

薫「……………」

純一「……あ、フェイク……?」

薫「………」すたすた…
156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:06:37.03 ID:KZeMTFPt0
薫「──梅原君が言ってたのは、本当だったのね。あと恵子も」すっ…

純一「え……?梅原?田中さん…?」

薫「そうよ、今日街で二人に会ったのよ。そしたら、いの一番でアンタのことを
 教えてくれたわ……なんか今日のアンタは、おかしいって」

純一「二人が……」

薫「その時は、特にどうとでも思わなかったけど……だって何時もおかしいって思ってたし」

純一「おい」

薫「冗談よ。でも──アンタと今日、会った瞬間から気付いたわ。
 どうしたのよ? 純一、なにかおかしくない?」

純一「な、なんだよ……変な顔してるって言いたいのか…?」

薫「ちがう。そうじゃない……何処か怯えてるって言うか、必死みたいな」

純一「…………」

薫「……言いたくない、って顔をしてるわね。生意気にも」

純一「……たぶん、言ったら……薫は…」

薫「──アンタを変人に思うって?そう思ってんの?あたしを?」

純一「……うん」
163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:18:57.03 ID:KZeMTFPt0
薫「馬鹿ね。純一、それはもう手遅れよ」

純一「え……?」

薫「あたしはとっくに純一を……変人だと思ってるわ」

純一「おい、薫……」

薫「でも、そんなアンタをあたしは好きだった」

純一「か、薫……」

薫「安心しなさい──この、あたしが相談に乗ってやるっていってやってんのよ?
 これのどこが不安要素があるっていうの!大船に乗ったつもりで……」

薫「──この、健気小町に相談してみなさいっての!」

純一「……薫は、本当に男らしいな。惚れちまいそうだ」

薫「え? あ、ああうん……そうね!この胸板厚い胸に抱かれて相談したいかしら?」

純一「え? じゃあさっそく……」

薫「ばっ、じょ、冗談に決まってるでしょ!」がん

純一「いたっ!?」
168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:31:47.54 ID:KZeMTFPt0
数十分後

薫「───記憶が、ない……?」

純一「うん……そう、そうなんだよ」

薫「…………」

純一「僕が記憶しているのは……去年の中旬まで。だから今年の初めを含めて、
去年の終わりごろの記憶が一切ないんだよ…」

薫「……待って、ちょっと待って純一。ということはなに?
 アンタは十二月中旬に寝て、そっからの起きたら今日──って言いたいわけ?」

純一「そ、そういうことになる、な……うん」

薫「…………」

純一「──馬鹿げた話だと思うだろ。でも、本当なんだ……」

薫「…………………………」

純一「周りを見ても、僕がおかしくてさ……でも、証明するもがなにもないんだ…」

薫「……………………………………………………」

純一「だから、周りから心配されるばっかりで……あ、でも公園でさ──ん?薫?」
169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:36:16.75 ID:KZeMTFPt0
薫「……………………………………………………………………」

純一「……おーい?薫ー?どうしたんだー?」

薫「───アンタが言うその記憶が無い期間って、詳しく言うとどのあたり?」

純一「へ? い、いや……なんだか僕も記憶があいまいでよくわからないんだけど…」

純一「……えーっと……たぶん、薫と直接的な分かりやすいものを言えば……」

薫「うん、教えて」

純一「……田中さん問題があった時、かな?」

薫「恵子? ああ、あのキス野郎の時か……」

純一「キス野郎って……まぁ、確かにそうだけどさ」

薫「だいたいその辺なのね? 間違いは無いのね?」

純一「あ、ああ……そうだけど。なに、薫……もしかして何かわかったのかっ!?」

薫「え?なにも?」

純一「………そうだと思ったよ、うん」

薫「とりあえず──これは言っておくべきね。
 純一、アンタが言うことは……とりあえず信用するわ」
172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:46:21.96 ID:KZeMTFPt0
純一「とりあえずって……まぁ、いいけどさ」

薫「そうね──今、純一がいる状況はわかったわ。いや、本当は分かってないけど。
 ……それでも、わかった…」

純一「お、おう……それは、僕としても嬉しいよ」

薫「──で、純一はなにをしたいの?」

純一「え? それは──」

薫「アンタは、その無くなった記憶を取り戻したいの? それともなくなった原因を知りたいの?」

薫「……こうなってくると、ちょっと色々面倒ね。だから、アンタはなにをしたいの?」

純一「ぼ、僕は……その……」

薫「…………」

純一「──…………」

薫「……はぁ。わかったわよ、まだ決めかねてるみたいね……確かにアンタは色々と戸惑ってる。
 記憶が無いなんて、あたしだって怖いもの。アンタの気持ちも分かる」

純一「か、薫……!!」
174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:51:08.70 ID:KZeMTFPt0
薫「はいはい、泣きそうにならない……よし、じゃあ純一。明日、行くわよ!」

純一「へ?」

薫「へ? じゃないわよ──だから、行くのよって」

薫「明日は学校──輝日東高校に、あたしも一緒に登校するわ」

純一「お、おま……なにいってんだ薫!?」

薫「なによ、一応まだ在籍登録してあるんだから。いけるでしょ?」

純一「そ、そんな簡単に……というか外国は!? 飛行機とかは!?」

薫「ドタキャンする」

純一「マジか……」

薫「マジのマジよ。これ、あたしが嘘言ってるように思える純一?」

純一「……残念ながら…」

薫「よっしゃー! ではいくよ純一ぃ! 明日は何をするか特に決めてないけどッ」

純一「だ、大丈夫かな……本当に…」
176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:00:58.20 ID:KZeMTFPt0
翌日
登校路

純一「………寝れなかった。一睡も」

薫「──本当に、くまびっしりね。純一」

純一「色々と悩んでたら……ふわぁ…もう、朝になってたんだよ…」

純一(……本当は、寝てしまったら…また時間が飛んでそうで怖いだけ、なんだけどな…)

薫「──……純一」

純一「……ん?なんだよ、薫…」

薫「あのね……今日の純一は、昨日のアンタって事はあたしが知ってる」

純一「………薫、お前…」

薫「だから、とりあえず──安心しなさい。だから、心配しないで」

純一「……。わかった、すっげー頼りになるよ」

薫「……あったり前でしょっ」ばしん!

純一「あたっ!?」
179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:06:18.11 ID:KZeMTFPt0
純一「いてて……というか薫、お前こそ大丈夫なのかよ」

薫「え? なにが?」

純一「なにがって……いや、僕も大変だけど。お前だって今日は色々と…」

薫「あ~いいのいいの。もうカタつけてきたから」

純一「え? どういう意味だよ……?」

薫「んーっとね……あたしを引き抜きたかったあっちの人たちをちょっと脅して、
 もう少し待たないと、もう行ってあげないわよーって言ったら」

純一「……いったら?」

薫「おっけーおっけーだって。いやーあっちの人当たりの良さは、ホント素晴らしわ」

純一「そうなのか…そういうもんでいいのか…」

薫「まぁ、深くは考えないって事で。んじゃ、行きますか」

純一「わ、わかったよ……」
183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:19:23.58 ID:KZeMTFPt0
教室

梅原「……よう、大将」

純一「……よう、梅原」

梅原「今日は、その……大丈夫か?」

純一「ああ、大丈夫だよ……心配掛けてすまん」

梅原「なーに、いいってことよ。なんてったって……俺らは親友だろ?」

純一「ああ、そうだな。確かにそうだ!」

梅原「だろー! んだからそんなに気を落とすなっ───て……」

薫「はろー」

梅原「た、棚町ィ!? へッ!? なんでここにいんだ!?」

薫「えーと……その、ドタキャン?」

梅原「……い、いや…確かにそうだと思うけどよ…すげーな棚町…
俺は一発でお前の言葉を信用しちまったぜ……」

薫「説明の手間が省けて助かるわ梅原君、あ、それと恵子ぉー!」
185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:26:42.20 ID:KZeMTFPt0
田中「ごくごく……ぶほぉー!? けほっ…けほ……か、薫っ!? なんでいるの!?」

薫「えっとそれがね───」

梅原「お、おいたいしょー!? こ、これはどういうことなんだ!?」

純一「い、いや…なんというか、僕のせいでもあるんだけど…アイツのせいでもあって…」

梅原「な、なんだそりゃ…? と、とりあえずあれは本物の棚町なんだな!?」

純一「うん、ほんものだよ」

梅原「そう、か……なんか色々と複雑なことがあったみてぇーだが……大将、頑張れよ」

純一「うん、頑張るさ。梅原」

梅原「……。とにかく、なにかあったら俺にも言ってくれよな?」

純一「ああ、いつでも頼りにしてる」

梅原「おうよっ」

「…………」

純一「っ……?」
186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:34:31.67 ID:KZeMTFPt0
純一「……!」くるっ

梅原「んお? どうした大将──?」

純一(──今、ものすごく視線を感じたような気がする…。
確かに今は、薫がいるからクラス中が注目してるけど…)

純一「…………」

梅原「……おい、大丈夫か?よく見るとお前さん、眼のくまやばいじゃねぇか…」

純一「……ううん、大丈夫だよ梅原。ちょっと寝不足なだけだ」

梅原「……そうか?大将が大丈夫っていうんなら、いいけどよ。あんま無理すんなよ」

純一「うん、わかってる……」

純一(誰だったんだろう……とにかく確かに視線は感じたし、
それは……僕に向けてのような気がする…)

きーんこーんかーんこーん

純一「……とりあえず、今日は様子見だ」


「…………」

「………ッチ」
193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:51:19.27 ID:KZeMTFPt0
休み2

純一「……眠い。これは眠い」

純一(これほどまで、学校に居る時に……眠たいときってあっただろうか……僕は知らないよ)

純一「……」ちらっ

薫 すやすや…

純一「……なんでお前はそんなに幸せそうに寝れるんだよ。今朝の言葉はどうしたんだ……はぁ」

純一「……とりあえず、なんかジュースでも買って目を覚ますか…」

自動販売機前

がたん、ごとん!

純一「ごくっ…ごくっ……ぷはぁー!」

純一「やっぱり眠気を覚ますなら、炭酸にかぎるなぁー!」

純一「……あ、ここは…確か…七咲に、タオルを借りた水道だったな…」
194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:55:30.98 ID:KZeMTFPt0

純一「僕が美也に落書きをされていて……それを洗い流した時、七咲が貸してくれた」

純一「──もう、そんなことはとうに忘れてるだろうな……七咲は」

じゃり…

純一「っ!……足音?」くる

純一「あ、えっとこんにちわ───」

「…………」

純一「───絢辻、さん……?」

絢辻「……………」

純一(え、なんだろ!? なんかすっごく怒ってないか!?)

絢辻「……橘君、貴方はここでなにをしているの?」

純一「えっと……その、休憩中です。はい」

絢辻「クラスのみんなは、じきに行われる……三年生の卒業式準備をしているのに?」

純一「ご、ごめん……でも、薫とか寝てたし……良いかなって思って」

絢辻「人は人。貴方は貴方、一緒にしないの」

純一「は、はい……!」
196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 03:05:25.35 ID:KZeMTFPt0
絢辻「みんなだって、冬休みを満喫したいのも山々のはず。
そんな時間を惜しんで、みな頑張ってるの」

絢辻「そんな中で、貴方は一人……のうのうと休んでて、
罪悪感は湧かないの?橘君?」

純一「……うん、ごめんね絢辻さん。僕がどうにかしてたよ。
ここはちゃんと頑張ってやらなきゃいけないよね」

絢辻「……っ……貴方はそうやってまた──」

純一「え? なにかいった?」

絢辻「っ……────。なんでもないわよ~とりあえず、橘君。はやく教室に戻ってね」

純一(あれ、また雰囲気がかわった……?)

絢辻「……どうしたの? どこか具合悪いの?」

純一「え、いやっ……そうじゃなくて、その……」

絢辻「? なにか、私に用事でもあるの?」

純一(これだ、僕の感じる違和感……僕が知っている絢辻さんと何ら変わらないのに)

純一(この、辺に優しくなった時の声と……表情が、ちょっと気にかかる…)
199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 03:17:58.64 ID:KZeMTFPt0
純一(絢辻さんは──みんなから大人気だ。いっつも笑顔を絶やさないし、どんな質問でも気軽に聞いてくれるし。
先生でさえも絢辻さんを頼るぐらいに、頼りがいもあるし…頭もよくて、運動もできる)

純一(それに僕が記憶している絢辻さんは──創設祭の委員長も頑張ってた。みんなもそれを賛成するぐらいに、
絢辻さんを信用してて……僕もずっと良い人だって思ってる)

純一(だから、絢辻さんがけっしてこれが猫をかぶっているとか。本当はもっと黒かったりとか。
実は色々と考えて行動してたりとか、もう人を元から疑う方針で生きてるとか……そんなんじゃないって僕は思ってる」

絢辻 ぴくっ…

純一「そうなると、僕が感じる……絢辻さんの違和感って何だろう…だってこんなに良い人なのに、そうじゃないような気がするって…
たとえ心の中で思ってたとしても、絢辻さんに失礼だよ……」

絢辻 ぴくっ…ぴくっ…

純一「そうだよ、確かにそうだ。だからこれは僕の責任だ…だから、今日は素直に絢辻さんに謝ってちゃんと機嫌を直してもらおう!うん!」

絢辻「……ごめんなさい、途中からほとんど丸聞こえなんだけど……橘くん……」

純一「え?」
202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 03:28:06.71 ID:KZeMTFPt0
絢辻「…………」

純一「えっと、もしかして……僕……」

絢辻「──ええ、心の声……かしらね。それが駄々漏れ、だった……みたいねぇ…?」

純一「う、うわあ!? ご、ごめん絢辻さん!! こ、これは決して本心とかじゃなくて……!」

絢辻「……本当は真っ黒で、人を常に見下して、いっつも悦に浸ってる人──だと、私のことを思ってたのかしら」

純一「い、いや……そこまで僕は思ってないけど……っ!」

絢辻「でも、それに似た感情は持っていた……そうなのね?」

純一「いやー……その……」

絢辻「…………」

純一「………なんと、いいますかええ……」

絢辻「…………」

純一「……スミマセン…」
229: ほしゅどうもです 2011/11/12(土) 08:07:57.02 ID:SmM+fR810
純一(こ、これはまずい……!! 
なんでってたって、僕ってば本人の前でそんなこと口走っちゃうかな…!!)

純一(それに口に出しちゃったを絢辻さんのことについてだって、さっきまで…これっぽっちも思ってなかったのに…
急に絢辻さんの顔見たら……それを思い出したかのように、溢れだすように色々と疑心が生まれて……)

純一(……思い出したかのように? あれ、僕……これはひょっとして…これが記憶の手掛かり、なのか?)

絢辻「………?」

純一(……これは、もう少し…探るべきなのか……?)

絢辻「……なに、そんなにこっち見てるのよ。叫んで人、呼ぶわよ」

純一「……えっ!? あ、ごめんっ! あ、あのさ……絢辻さん」

絢辻「……なによ」

純一(声に色々、覇気がない……つけ込むなら、今!)

純一「──絢辻さんって、本当は猫かぶってる?」
231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 08:16:08.72 ID:SmM+fR810
絢辻「…………」

純一「…………」ドッドッドッド…

絢辻「…………」

純一「ゴクリ……」ドッドッドッド…

絢辻「───猫、被ってちゃ悪いの?誰かに迷惑かけた?特に橘君に」

純一「え……」

絢辻「私は私で、頑張っているつもり。だから貴方にそんな事をばれたとしても、
なにも思わないし、脅威にも思わない」

純一「あ、絢辻さん……?」

絢辻「………。昔の私なら、そんなこと貴方に言われたら…すっごく怖かったでしょうね──」すたすた…

純一「え、あ、絢辻さん……!!何処行くの…!」

絢辻「………」ぴた…

絢辻「……何処にも行かないわ。ただ、ただ──ずっとここにいるの」すたすた…

純一「……え…」
234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 08:23:32.62 ID:SmM+fR810
純一「どっか、いっちゃった……多分、教室に戻ったんだと思うけど…」

純一「……………」

純一(……あれは、どういうことなんだろう…猫かぶってるって、認めたってことなのかな…)

純一「……………」

純一(──だめだ、なにか思いだそうとして…全然、思い出せれない。
くやしいなぁ……あともうちょっとでわかりそうなのに)

純一「……それに絢辻さんのことも、もうちょっとでわかりそうだったのに…」

純一「……戻るか、教室」

教室

薫「──あはははっ!!恵子ぉー!!似合ってるわよー!!あはははは!!」

田中「…………」ぶすぅー

薫「なーにむくれちゃってんのよ~。ちょっと紙の花で着飾っただけじゃないの~」

田中「……なんか心配してた私が、ずっと馬鹿みたいでムカつくのっ」
235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 08:29:19.89 ID:SmM+fR810
純一「……はぁ~」

薫「──え…?まだそんなこといってんのアンタは?」

田中「そんなことってなによー! これでも私はぁー……」

純一「──ちょっと田中さん、薫……借りていいかな」

田中「え? あ、橘君。べつにいいよ? こんな子、借りちゃって」

薫「こ、こんな子!? け、恵子……それはちょっとひどすぎない!?」

田中「ひどすぎない。ほら、早く行っておいでよ」

薫「もうっ──……なによ、アンタ。あたしが起きたら居ないし。心配するじゃない」

純一「じゃあ寝るなよ……まぁ、それよりもちょっと気になることがあってさ」

薫「……気になること? なに、それって──アンタの記憶について?」こそ…

純一「……そんな感じ。ここじゃなんだし、ちょっとついてきてくれ」

薫「ん、おっけー」
237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 08:36:38.19 ID:SmM+fR810
とある廊下

薫「さっき、絢辻さんと会話した時……?」

純一「うん、そうなんだけどさ……なんかこう、思い出しそうで。
思い出せない感覚がふってわいて……」

薫「なにそれ。曖昧ね」

純一「ぼくだってわからないよ。……でも、なにか会話をつづけなきゃいけない気がしたんだ。
ダメだって思っても、最後まで会話を続ければ──ちゃんと答えになるんじゃないかって」

純一「……そしたら、なんか絢辻さんに酷いこと言っちゃったんだ」

薫「ひどいこと?」

純一「………それは薫にも言えない。ごめん」

薫「はぁー? それじゃあ何もこっちもわかんないじゃないのよ」

純一「すまん。でも、こればっかりは……絢辻さんの為にも、僕の為にも聞かないでくれ」

薫「……そしたら、アンタはとりあえず。なにか思いだそうとして、それを便りに口を開いたら。
 突然、絢辻さんに酷いことを行ってしまっていた……そういうワケ?」

純一「ま、まぁ…そんな感じ」
242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 08:46:34.00 ID:SmM+fR810
薫「…………うーん、よくわからないわね。なんで急にそんな口に出すのも嫌な言葉を、
 絢辻さんに言ってしまったのか……」

純一「うん、それが多分。僕が今回、記憶がないヒントになるかもしれないって思ってさ。
一応、薫にも言っておかないとと思って」

薫「まぁね。手掛かりは色々と会った方がいいわ……んじゃ早速、ひとつアンタに聞きたいんだけど」

純一「え? なに?」

薫「その感覚って──何かを思い出しそうになるって感覚は、あたしと昨日、会話した時もあった?」

純一「………えっと、その。たぶんなかった……気がするな、うん」

薫「そう、なの──あたしにあって、絢辻さんにはある。なんなのかしらねこれって……」

純一(……ここで、胸って言ったら薫に殺されるかな…)

薫「──とりあえず、それは様子見ってことにしましょ。別に絢辻さんと不仲になるってほどまで、
 酷いことを言ったわけじゃないんでしょ?」

純一「た、多分……」

薫「うん、そう信じておくわ。これは何か──手掛かりになるって事は確かだしね」

純一「そうだな……とりあえず、教室戻るか」
244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 08:53:49.22 ID:SmM+fR810
すたすた…

薫「あ、待って。そういえばあたし、職員室に呼ばれてるんだった!」

純一「え、何時だよ?」

薫「今朝に」

純一「……おいおい、なにやってんだよ薫。早く行って来い」

薫「ごっめーん。とりあえず、恵子にアンタからさっきのこと謝って置いて~」だだだ!

純一「……はぁ。なんだろう、アイツはなんか気が抜けてるなぁ」

純一「…………」

純一「──とりあえず、教室に……」

あはは…

純一「っ!……あれは、確か……!」ささっ

樹里「──先輩がさぁ、最近……」

純一(勢い余って隠れちゃったけど……アイツは確か、一年の樹里ってやつだよな…)
245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:00:28.31 ID:SmM+fR810
純一(あの……あの森島先輩と付き合ってる。一年……)

樹里「昨日も牛丼食べ行くっていって──」

純一(遠くでよく聞こえないけど、みた限り友達と喋ってるみたいだ……)

樹里「──え? 当たり前だろ、楽しかったにきまってるよ……」

純一(……くそ、良くは聞こえないけど。とりあえず楽しそうに会話している内容は、
なんとなくわかる……僕だってあんな表情しながら、梅原に話しそうだし)

樹里「──でも、最近はちょっとあれなんだよ」

純一(うん──? 何か急に顔色が悪くなったぞ……?)

樹里「──……先輩のせいだ。これも全部」

純一「……だめだ、聞こえやしない。もうちょっと近づいて……」

七咲「…………」

純一「もうちょっとかな……っ! もう少し……っってうわぁあああ!?」

七咲「…………」

純一「──な、なななな七咲ぃ!? な、なんでここにいるんだ!?」
246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:02:25.55 ID:SmM+fR810
薫「…………うーん、よくわからないわね。なんで急にそんな口に出すのも嫌な言葉を、
 絢辻さんに言ってしまったのか……」

純一「うん、それが多分。僕が今回、記憶がないヒントになるかもしれないって思ってさ。
一応、薫にも言っておかないとと思って」

薫「まぁね。手掛かりは色々と会った方がいいわ……んじゃ早速、ひとつアンタに聞きたいんだけど」

純一「え? なに?」

薫「その感覚って──何かを思い出しそうになるって感覚は、あたしと昨日、会話した時もあった?」

純一「………えっと、その。たぶんなかった……気がするな、うん」

薫「そう、なの──あたしには無くて、絢辻さんにはある。なんなのかしらねこれって……」

純一(……ここで、胸って言ったら薫に殺されるかな…)

薫「──とりあえず、それは様子見ってことにしましょ。別に絢辻さんと不仲になるってほどまで、
 酷いことを言ったわけじゃないんでしょ?」

純一「た、多分……」

薫「うん、そう信じておくわ。これは何か──手掛かりになるって事は確かだしね」

純一「そうだな……とりあえず、教室戻るか」
249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:12:17.98 ID:SmM+fR810
七咲「──なにって、ここ。一年の教室廊下ですよ?
わたしがいるにきまってるじゃないですか」

純一「へ?……そ、そうなのか…気付かなかったよ」

七咲「……。先輩とは久しぶりに会いましたが、本当になにも変わってはいませんね」

純一「いや……たった数日で、そこまで人って変われないと思うぞ。僕は」

七咲「そうですか。でも、男子三日会わざれば刮目して見よ──って言葉があるじゃないですか」

純一「おおう、難しい言葉を知ってるな……七咲は」

七咲「えっと…そこまで難しいものではないと思うんですけど……」

純一「え、そうなの?」

ざし…

純一「あ……」

樹里「…………」

純一(やばい、こっち見てる……! そうだよな、こんな風に騒いでたら誰だってこっちをみるよ……!)
251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:18:29.22 ID:SmM+fR810
樹里「………」

樹里「………」すたすた…

純一(こ、こっちに向かって歩いてきた……うう、なんか怖い…)

樹里「………」すたすた…

純一「…………ごくり…」

樹里「…………」すっ…

純一「……あれ…」

純一(通り過ぎた───?)

「──あんたはそれだから、先輩を苦しめるんだ──」

純一「っ!?……」ばっ

純一「……もう、いないか……階段下りて行ったのかな…」

純一(……今、通り過ぎざまに小声で…彼が言ったのは……)

七咲「……先輩? どうしました、顔色が悪いですけど……」

純一「え、いや……なんでもないよ。七咲…」
252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:26:52.29 ID:SmM+fR810
七咲「そうですか。……そういえば先輩、最近、美也ちゃんは元気にしてますか?」

純一「え? あ、ああ…元気にしてるって。言えばいいのか、ちょっとわからないよ」

七咲「……そう、ですか…。まぁ、理由もわかっているので、私からも何も言えないんですけど…」

純一「……水泳、頑張ってるんだって? 美也から聞いたよ」

七咲「え、あ、はい……そうなんです。
塚原先輩もじきに卒業ですし…今のうちに色々と教わっておこうと思いまして」

純一「へぇー。そうなんだ、そしたら僕も七咲が頑張ってるところ見てみたいよ」

七咲「え……?」

純一「だって──聞いた限りだと、お昼も練習しているみたいじゃないか。
凄く頑張ってるんだろ? そしたら僕も見てみたいなぁ~……って」

七咲「…………」

純一「あ、あはは……大丈夫だよ。冗談だからさ、うん」
256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:49:20.82 ID:SmM+fR810
七咲「……冗談なんですか?」

純一「え?」

七咲「──わたしは、別にかまいません。むしろ、先輩に見てほしいぐらいです」

純一「え、あ……いいの? 僕が見ても?邪魔になったりしないかな…」

七咲「……別にかまいませんよ。わたしは」

純一「そ、そうか……わかった。そしたら放課後にでも──」

七咲「──いえ、今からでもかまいませんか」

純一「へ……? い、いまから?」

七咲「無理に、とはいいませんから。特に今は、私も用事が無いですし……」

七咲「それに……」

純一「……それに?」

七咲「──いえ、べつになんでも。どうしますか、先輩」

純一「えっと、その……」
259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:55:49.36 ID:SmM+fR810
純一「──それじゃあ、喜んでお願いするよ」

七咲「はい、わかりました」

室内プール

純一「っ……」そわそわ

純一「やっぱり、男一人でここにいるのは……ちょっと落ち着かないなぁ」

純一「……見慣れてはいるんだけど。いざ、自分がそこにいるってなるとちょっとなぁ…」

純一「……………」

純一(本当に、僕は……ここにきてよかったのだろうか。なんというか、その……
自分が知っているまでの七咲と、今の七咲は──そうたいした違いは無い、と思う)

純一(だから、こうやってなにかイベントらしきことを起こせば……なにかなるんじゃないかって
思ったんだけど……)

「おまたせしました──橘先輩」

純一「──え、うん。七咲お帰り」

七咲「……ふふっ、お帰りって先輩。べつにここは家じゃないんですよ?」
262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:01:28.67 ID:SmM+fR810
純一「そ、そうだな。うん、ごめん……僕、どうかしてたよ」

七咲「どうかしてるのは、何時もだと思いますけどね」

純一「な、なに……!」

七咲「はいはい、怒らないでください……では、さっそく泳ぎますね」

純一「え? 準備体操とか大丈夫なのか?」

七咲「さっき更衣室ですませてきましたから、大丈夫です」

純一「そ、そうか……」

純一(…ちょっと残念だ。水着で動く姿とか、見てみたかったのに)

七咲「……先輩、私は先輩がなにを考えてるぐらいはわかってますからね」

純一「え、い、いや……特にそんなことはあはは!!」

七咲「……はぁ、じゃあ。行きますよ?」

純一「お、おっけー!」
263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:09:39.92 ID:SmM+fR810
七咲「────………」すっ…

純一(……おお、これは………飛び込もうとする、七咲を後ろから見る。
こ、これは凄いぞ!!特に、その……どうとは言えないけど!)

七咲「っ!」じゃぽん!

純一「っておお!」

純一(ほとんど、入水するときの音が聞こえなかった……!!
凄い、凄いけど……うむ、七咲…まだまだこれから先の成長があるよ!!)

純一「……って、こんな馬鹿なことを考えてる暇なかった。ちゃんと七咲の泳ぎを見ないと」

じゃぱ!じゃぱ!じゃば!

純一「わー……凄く早いなぁ。まるでいるかみたいだ……人ってこんなにも速く泳げるのか…」

純一「……そういえば、七咲はどれだけ泳ぐっていってなかったけど、自分で決めてるのかな」

純一「…………」

純一「とりあえず、七咲が満足するまで──僕も見ていようっと」
265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:18:26.94 ID:SmM+fR810
数十分後

七咲「──ぷはぁ……っ!」

純一「お。……おーい、七咲ぃー!」

七咲「はぁはぁ……はーい、先輩ぃ! どうでしたぁー?」

純一「すっげー速かったよ! 七咲、ほんとうに今は不調なのかー?」

七咲「ありがとうございますー! でも、これは一応、短距離用のスピードで泳いではいなんですー!」

純一「え、本当に……? それは凄いなぁ!」

七咲「ふふっ……いえいえ、褒め言葉として受取ります!」

純一「いやいや思ったことを言ったまでで──でも、なんでプールの真ん中で泳ぐのやめてるんだー?」

七咲「あ、ちょっと疲れてしまってー! 今からそっちに行きますね……」すい~…

純一「あ、うん。わかったよ!」

純一(……けっこうな時間、泳いでたもんな、七咲。そりゃ疲れるはずだよ)

純一「……でも、本当に凄いなぁ。七咲……こんなに凄いなんて、僕は思わなかったよ……
268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:24:59.56 ID:SmM+fR810
純一(もう、僕が知り合った頃の……色々と初々しい七咲じゃないんだな。
こうやって一人でも、ずっとずっと頑張って行ける強い子なんだ……)

純一(……むしろ、もし僕が関わっていたら、色々と迷惑をかけることになったかもしれないな…
なんだかそんな気がするよ──)

純一「あ、あれ……なんだろ、どうして急に僕、そんなことを思って──」

ばしゃ!

純一「え──七咲……?」

ばしゃばしゃ……

純一「な、なんだ……どうしたんだ七咲!!」

ばしゃしゃっ!!ばしゃっ!!

純一(ど、どうしたっていうんだ急に……!!水しぶきを上げて、まるであれじゃあ……)

純一「っ……!!」

純一「な、七咲……!!いま行くからなっ!」じゃばん!
270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:34:46.97 ID:SmM+fR810
純一「うわ……っ! 意外と深い……服もだんだん、重たく……!!」じゃばじゃば…

純一「でも、七咲はもっと大変な目に逢ってるんだ……っ!!」

純一「──なんにでも、諦めずに立ち向かうんだ……!!」

純一「っ……よし、ついた!!七、咲……大丈夫か!?」

七咲「けほっ!かほっ……せ、先輩…ッ…!」

純一「よ、よし……大丈夫だ。僕だよ、ほら、ゆっくりつかまって……!」

七咲「げほっ…ごほ! んは、んぐ……!」

純一「んしょ、んしょ──よし、浅瀬までこれた……この辺で大丈夫だろ…
脚はつく?七咲?」

七咲「けほっ──は、はい……なんとか足はついてます…げほごほ…っ」

純一「よかった……でも、一応。上にはあがろう
またなにかあったら大変だし……」

七咲「は、はい……」
272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:41:26.97 ID:SmM+fR810
純一「はぁっ…はぁっ……」

七咲「けほっ…はぁ……はぁ…先輩…」

純一「……うん? どうした、七咲」

七咲「私を……助けてくださってありがとうございます…」

純一「ああ、びっくりしたよ。急に水しぶきを上げ出して……それに返事もくれなくなったしさ」

七咲「……戻る途中で、足をつってしまって……それで、少し戸惑ってしまって…」

純一「足をつるって……それは、水泳部としてどうなんだ…?」

七咲「はい、面目ないです……」

純一「…………」

純一(すごい落ち込んでるな……七咲。僕は七咲がそうそうそんなミスを犯す子だとは思わなかったけど……あ)

純一「もしかして……」

七咲「……え?」

純一「僕を待たせないよう……準備体操、ちょっとしかしてなかったりする、のか?」

七咲「っ………」
275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:48:10.69 ID:SmM+fR810
純一「……やっぱり、そうなのか。だって早すぎたと思ったんだ。
着替えるのは元から下に着てるから早いだろうって思ったけど……」

純一「それでも、準備体操をしたっていうには早すぎだと思ってたし」

七咲「……すみません、これも全部。私の責任です、先輩もびしょぬれになってしまって…」

純一「いいよ、別に。僕のことは……とにかく七咲、今後はこういうことは起こさないようにね?
傍にいたのが僕だったからいいものの…これが塚原先輩だったら大激怒、だったと思うよ」

七咲「……………はい」

純一「うん、それじゃあ僕は着替えを教室に取りに行くね。七咲も、いくら温水プールだからって…
ずっとその格好じゃ風邪ひくだろうから。早く着替えなよ」

七咲「──え……そ、それだけですか…?」

純一「え、うん? そうだけど、なんで?」

七咲「普通は──もっと怒るべき所だと思うんですけど…わたしは先輩に迷惑をかけてしまったですし…」

純一「だから、べつにいいよって。濡れちゃったのも、飛び込んだのも僕のせいだよ。七咲は関係ないさ」

七咲「……………」
278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:58:31.26 ID:SmM+fR810
純一「…………? とりあえず、僕はもう行くよ。風邪ひいちゃいそうだし…あと」すっ…

純一「──七咲、泳ぎ凄かったよ。僕はすっごくびっくりした。七咲も頑張ってるんだなって思った。
だからこれからも……色々と、悩むことはあると思うけど……七咲、頑張るんだよ」なでなで

七咲「──せん、ぱい……」

純一「は、は……はくしゅん! お、おう……さむいなぁ。んじゃ、七咲──」ぐいっ

純一「さよ、な……って……七咲?」

七咲「…………」ぎゅう…

純一「ちょ、ちょっと七咲……急に後ろから抱きついてきて……ど、どうしたんだよっ?」

純一(む、胸が……あったかい)

七咲「──……なんて、言わないでください…」

純一「…え? 七咲、いまなんて──」

七咲「──さよならなんて、簡単に言わないでください……先輩…」

純一「……。えっとその……七咲、よくわからないんだけど……」

七咲「………」

純一「……と、とりあえず…ごめん、七咲」
280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:05:08.60 ID:SmM+fR810
七咲「はい、ちゃんと謝ってください先輩……もう一度」

純一「ごめん、七咲……」

七咲「──そしたら、下の名前でもう一度。お願いします」

純一「へっ!? え、あ、うん……」

純一「──ごめん、あ、逢……僕が悪かったよ」

七咲「もっと気持ちを込めて」

純一「……気持ちを込めてって…うーん…」

七咲「だめですか? できませんか?」

純一「……ごめんよ逢、僕が悪かった。許してくれないか?」

七咲「……はい、許してあげます。橘先輩…」

純一「うん、うん?……ありがとう、七咲」

純一(あれ……なんで僕が謝る方向になってるんだろう…?)
281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:11:30.27 ID:SmM+fR810
七咲「…………」

純一「えっと……そろそろ、抱きついてる理由を教えてくれないか…七咲…?」

七咲「……もう少し、このままでいさせてください」

純一「え、うん……ぼ、僕はかまわないけどさ…」もぞもぞ…

七咲「──そうですね、ただ抱きついてるってのもあれですし……ちょっと独り言を言いたいと思います。
先輩、構いませんか?」

純一「まぁ、かまわないよ。独り言ってなにか気になるけど……」

七咲「ふふっ。良いんです、とりあえず聞いててくだされば……」

七咲「──すみません、先輩。とりあえず私は貴方に謝ることがあります」

純一(謝りたいこと……?)

七咲「なんのこと、って先輩は思ってるでしょう。それはですね──……さっきおぼれてたの、うそなんです」

純一「……えええ!?本当に!?」

七咲「ええ、ほんとうです」
283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:20:43.26 ID:JmrcrP2WO
七咲が可愛くて辛い
284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:25:23.84 ID:SmM+fR810
七咲「準備体操もしっかりしてましたし──仮に、足がつっても。
その場でどうにかできる方法もしってます……だから、あんな風におぼれるって事はありえないんです」

純一「そ、そうだったのか……で、でもなんでそんなこと…」

七咲「………先輩が、本当に変わってないのか確かめたかったんです」

純一「ぼ、僕が……?変わってないかって……?」

七咲「──ええ、橘先輩が、私の知っている先輩なのかって。
人が困ってる時は、自分も犠牲にして助けてくれる……そんな変わった先輩だってことを」

七咲「……私はもう一度、知りたかったんです」

純一「…………」

七咲「美也ちゃんから聞いてると思いますが……私は最近、全不調なんです。毎日、塚原先輩に指導をもらってますけど… 
全然、だめなんです。もう、これでもかってぐらいに」

純一「……そう、みたいだな…うん」

七咲「一度は……県大会に出そうになった時はあったんですけど…でも、ダメでした。土壇場でミスをしてしまって…それで決勝敗退」

七咲「我ながら、頑張ったと思うんですけど……だめだったみたいです。だからもっともっと頑張ろうと、思って……思って」
285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:34:36.72 ID:SmM+fR810
純一「…………」

七咲「思って……たんですけど────やっぱり駄目みたいです」

純一「七咲……」

七咲「色々と工夫して、忘れる様にして、全てなかったことにして……ゼロから始めるつもりでした。
なんににも囚われず、前だけを見つめて頑張ろうって思ってました」

七咲「──なのに、結局。行きつくのは元の場所で……見えない暗闇を一人歩いてるような気分で……」

七咲「……一人で頑張ろうって、思った自分がいたはずなのに。それはもう、とっくに出来てたはずだと思ってたのに……」

七咲「それが……その考えが逆に、私の足かせになるとは──思ってもなくて……」

純一「…………」

七咲「──私はひとり、同じ所をぐるぐると歩いてる。誰も見えない所で、ただ一人なんです……」

純一「そんな、悲しいこと言うなよ……七咲は別に一人って訳じゃないだろ?」

七咲「…………」

純一「美也だって、塚原先輩だって……それに中多さんもいる。僕だっているじゃないか!」

七咲「先輩……」
287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:42:05.36 ID:SmM+fR810
純一「……一人で頑張ろうって思うんじゃない、七咲。確かにこれは自分自身の問題かもしれないけど……
でも、やれることは一人じゃないだろ? 出来ることは一人じゃないだろ?」

七咲「…………」

純一「僕は──いつだって七咲を応援してるよ。七咲が抱えきれない問題があったら、
いつだって相談に乗ってやる。そうだよ、それがいい!」

純一「──七咲、頑張ろう。なにも一人で頑張らなくていい、抱え込まなくていいからさ。
僕もみんなも、七咲のこと……その、大好きだからさっ!」

七咲「……先輩、それって……」

純一「……えっと、その……うん。まぁ、あれだよ。みんな七咲大好き!みたいな?」

七咲「…………」

純一「……そ、そうだな…特に言えば……僕は七咲の声が好きだよ?」

七咲「……へっ!? なんですか急に!?」
291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:49:41.84 ID:SmM+fR810
純一「急にじゃないさ。前から思ってたことだよ、だって七咲の声っていいじゃないか」

七咲「そ、そうですか……?」

純一「例えば、冷静に突っ込んできてくれる…あの低いトーンとか。あと、息の吐き方とか……ちょとエロいよね!」

七咲「ちょ、なに言ってるんですか先輩……っ!?」

純一「し、しかたないじゃないか…っ! 思ってること言ったんだし……」

七咲「言っていいことと、悪いことがあるってわかってください!」

純一「そ、そう? そうかなぁ、僕は最高の褒め言葉だとおもうんだけどなぁ」

七咲「……はぁ、なんですか本当に…何か色々と悩みが吹き飛んでしまったような気が…」

純一「え、それはよかった。七咲の手助けが出来て!」

七咲「……はぁ」

純一(……やっぱり、ちょっとえっちぃなぁ…)
293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:58:04.69 ID:SmM+fR810
七咲「……とりあえず、すみませんでした。騙した上に、服も濡らしてしまって」すっ…

純一「うん、いいよ。七咲の悩みを聞けただけでも、もうけもんだしね」

七咲「……そう、ですか。それはよかったです」

純一「でも──結局は、どうして僕を騙そうって思ったの?
おぼれる真似って……へたすりゃ七咲も危険だっただろうし…」

七咲「それは……その、あれですよ先輩」

純一「ん、どういうこと?」

七咲「……先輩は、ちゃんと私のことを…その…」

七咲「……………………………」

純一「……七咲? どうした?」

七咲「……すみません、先輩。私の悩み、まだちょっと解決してませんでした」

純一「え、本当に!? なになに、まだあるのか!?」
295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 12:08:48.14 ID:SmM+fR810
七咲「──ええ、そうですね……これは私の個人的な悩み出会って」

純一「うんうん」

七咲「実は──すっごい根本的な悩みでもあります」

純一「な、なんだって……それを解決できれば、七咲はもう敵なしじゃないか!」

七咲「そうですね、そうですよね……でも、これは先輩の手助けが無いとだめなんです」

純一「僕の…? 僕だけでいいの?」

七咲「はい、先輩だけ──私は、先輩だけいればそれでいいんです」

純一「え、うん。そうなのか……」

純一(なんだろう……お金とかじゃなかったらいいな…どうにも手助け出来る気がしない…)

七咲「………」すすっ…

純一(でも、そんなことを頼むような子じゃないってわかってるし……でも、一体ぜんたい)

七咲 ちゅ

純一「なんだって……え?」

七咲「──はい、解決しました。ありがとうございます、せんぱい」
303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 12:26:51.66 ID:SmM+fR810
純一「な、七咲……こ、これって…?」

七咲「──先輩、橘先輩。私は自分に正直ものです。知っていると思いますけどね」

純一「えっと、うん……そうだね、そういう感じだよね…」

七咲「ですから、何かを隠すとか、騙すとか……やっぱり苦手なんです。
人はやっぱり正直ものでないとだめですから」

純一「う、うん……で、でもこれって……あれだよね?」

七咲「はいっ。ですから──それは、私の、先輩らか助けられた証拠。証です。
それに私は……もう一人ではないって、別にもう認識されていない訳じゃないって……私自身の証でもあります」

純一「ど、どういう意味だ……七咲、僕にはさっぱりだ…」

七咲「ふふっ──必死に考えてみてください。そうすれば、そうするほど…」

七咲「私は、たぶん、幸せになって行くと思いますから!」たったった…

純一「あ、おい! 七咲……!!──行ってしまった……」

純一「………はっくしょん!さむい!今さらだけど、やっぱり寒い……」
304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 12:28:42.82 ID:SmM+fR810
純一「じゅるる……さっき、七咲に…キス、されたんだよな……うん」

純一「………しかも、唇に……僕のファーストキスが……七咲か…」

純一「………うん、悪くないな。全然!」

純一「……色々と考えなきゃいけない気がするけど。とりあえず、着替えに教室帰るか──て、あれ?」

純一「ドア付近にジャージが置いてある……これって、塚原先輩の名前だ……あ、手紙もついてる…」

『GJ 塚原より』

純一「……見てたのだろうか、あの人は。全部…」

純一「なんというかその…末恐ろしい人だ………でも、ジャージは借りよう」

純一「…………」じっ…

純一「………くんくん」

純一「あ、塩素の匂いがする……」
305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 12:31:10.49 ID:0n66s5120
グッジョブよ!橘くん!
313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:00:27.46 ID:SmM+fR810
教室

純一「……ただいまー」

梅原「よーぅ大将、変に帰りが遅かった──なんでジャージなんだ、お前さんは」

純一「…………いや、なんでもないよ」さっ

梅原「──ッ! 大将、いや橘 純一! いま、いまいま何を隠したァー!」

純一「え、いや…なんでもないから!何も隠してないから!」

梅原「いーや、隠してるな! 俺の目に間違いはない……そうだな、俺にはジャージの名前を隠したように見えたぜ……!」

純一「ッ……!」

梅原「……そのジャージ、やけに…ぴっちぴちだな大将ぉー……誰に借りた?」

純一「そ、それは……!!」

梅原「あ、桜井さんだ」

純一「梨穂子!? あ、えっとその……あれだ、サインちょうだい──」

梅原「そるぅあー!!」がさ!

純一「ぎゃー!嘘ついたな梅原ぁー!」
316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:06:29.18 ID:SmM+fR810
梅原「なん──だと……こ、こりゃー大将ぉ……凄い人のものを……」

純一「くっ」

梅原「──ぱくってきたな……おい…」

純一「ち、違うよ!? 梅原それは誤解だっ!」

梅原「……お前も散々たる変態だとは…うん、思ってたけどよ。人の物を盗む奴じゃないって思ってた。
それにしかも……塚原先輩とか……死にたいのか?」

純一「ま、まってくれ……!盗む以前に、なんで僕死ぬことになってるの!?」

梅原「すまん──……大将。俺も朝は力になることがあったら言えって言ったけどよ……こればっかりは…」

純一「だから違うって!!」

「──失礼するわね」

純一「これは僕がちゃんと借りたもの──あ、塚原先輩!」

塚原「こんにちわ。橘君」
318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:13:59.44 ID:SmM+fR810
純一「え、あ、はい……こんにちわ…どうして二年の教室に?」

塚原「ええ、それなんだけど───」

梅原「すみませんでしたァー!!」ばっ

塚原「えっ?」

純一「な、なんだよ梅原……急にジャンプ土下座なんかして!」

梅原「コイツは悪くないんです!ちょ、ちょっとした出来ごころとか、そんなんで!!
決して悪気があったんじゃないって事は本当です!!」

塚原「えっとあのー……梅原君?」

梅原「はいっ! なんでしょう!? ほ、ほらお前も謝れって…ほら早く!!」ぐいぐいっ

純一「ちょ、やめろって…!だからお前、勘違いしてるんだって!」

塚原「なんだかよくわからないけど……本当にいつも楽しそうね、キミ達は」
320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:19:37.95 ID:SmM+fR810
数分後
廊下

梅原「ったくー……早く言えっての大将ぉ。俺はすっかりだまされちまったぜ!」

純一「騙したつもりもないし、勝手に騒いでたのはお前だろ……」

塚原「ふふっ…良い友達を持ってるわね。橘君」

純一「か、勘弁してください」

塚原「あら、いいじゃない。わたしのどっかの友人よりは──ものすごく頼りになるわよ」

純一「──ああ、そうですね…」

梅原「そんでもって塚原先輩、今日はどのようなご用件で?」

塚原「えっと、そうね……確かに橘君に貸していたジャージの件も言いたかったんだけど…」ちら

梅原「……。なるほど、んじゃ大将。俺はちょっとジュース買ってくるわー」

純一「え? う、うん……わかった。早く戻ってこいよー」

梅原「あいよー」

塚原「……なに、橘君は私と二人っきりになるのは苦手?」

純一「えっ!? い、いやそういうわけじゃないですけど……」
322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:29:35.91 ID:SmM+fR810
純一(さっきの七咲とのことを見られているって思うと……すっごく気まずいんだよなぁ…)

塚原「それじゃ、さっそくだけど本題に行くわね」

純一「あ、はい! なんですか話って」

塚原「とりあえず君に──ありがとう、と言わせてほしいの」

純一「え、ええ!? なんで塚原先輩が僕に感謝を…!?」

塚原「七咲のこと。悩みを解決してくれたでしょう」

純一「え、あ、ああ……はい。あれでいいのか僕もわかりませんけど…」

塚原「うん、あれでいい。あれで七咲も──なんの迷いもなく、部活に熱が入ると思うわ」

純一「そう、ですか…?」

塚原「とにかく、これだけは言いたかったの。橘君には本当に感謝してる。
これで気負いなく卒業できるんだもの」

純一「は、はい……そこまで言っていただけると…こっちもちょっと照れますけど…」

塚原「ふふっ。いいのよ、ちゃんと胸を張って自慢しても良いものよ?
──だってあなたは、未来の世界チャンピオンを覚醒させたかもしれないんだから」

純一「えぇ? それは流石に言い過ぎじゃ…」
324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:37:34.33 ID:SmM+fR810
塚原「そうかしら?──そしたら貴方の目で、これからの七咲の活躍を見届けてあげて。
そうすればそうするほど……あの子は本当に強くなっていくはずだから」

純一「は、はぁ…わかりました」

純一(えらく、七咲のこと信頼してるんだな……塚原先輩。
でも確かに、僕が見ても七咲は早かったし。それだけの理由があるんだろうな)

純一「……あ、そういえばですけど。このジャージは明日にでも返せばいいんですか?」

塚原「ええ、何時でもいいわよ。それにもう使わないジャージだし……貴方が貰っても構わないわ」

純一「ええぇええ!? ぼ、ぼぼくが塚原先輩のジャージを!?」

純一(こ、これって凄くレアじゃないか……!?あの、塚原先輩を三年間包み込んでいたジャージ…)

塚原「え、そうね。貴方の妹さんに…でもあげたら?サイズが合わないかもだけど」

純一「はい!今度聞いてみます!」

塚原「………?」
326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:44:14.51 ID:HfzsnGoD0
おいコラ橘それ寄越せ
327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:45:01.86 ID:La1iZ6xs0
わかるぞ純一、お前は正しい
328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:47:37.64 ID:SmM+fR810
純一「ルンルン……えっと、それじゃ塚原先輩はその件で?」

塚原「そうね、七咲のお礼を直接言いたかった──と、もう一つ」

純一「え、もうひとつあるんですか?」

塚原「……。そうね、これは私からの頼みごとでもあるの」

純一「頼みごと……?塚原先輩が僕に、ですか?」

塚原「ええ、頼みごと含め──七咲の件でのお返しも、貴方に返したいと思ってるの」

純一「お返しってそんなの僕は……」

塚原「そう言うと思って、私の頼み事と混ぜたの。良い考えででしょう?」

純一「え、ま、まぁ……」

純一(あれ、これって上手く丸めこまれただけじゃ……?ま、いっか)

塚原「どうかしら、頼みごと。引き受けてくれる?」

純一「は、はい…!喜んで!」
333: >>331訂正 2011/11/12(土) 13:59:16.88 ID:SmM+fR810
運動場

塚原「ここよ、橘君」

純一「は、はぁ……ここはグラウンドですね」

塚原「見ての通り、色々とごちゃごちゃ置いてあるでしょ?」

純一「……そうですね、卒業式の準備とかで倉庫から色々出してるみたいですし…はっ!?」

純一「ま、まさか……塚原先輩、僕にこの倉庫の道具の片づけをしろってことですか……!?」

塚原「──当たりであって、外れね。惜しい所を突いてきたわ」

純一「へ、違うんですか……?」

塚原「七咲じゃないけど──橘君、今から私の独り言いうから。だからそれに意味は無いし、
キミになにかを求めてるってわけじゃないの」

純一「急になんですか……?」

塚原「──この辺で、はるかが罰則を受けてるの」

純一「っ……!?森島先輩、が……?」

塚原「だからこれは独り言。そして、今は、はるかは遅刻したことによって一人で片づけ中。
周りには誰もいないし、校舎からは──特に一年の教室からは、この場所は死角になってる」

塚原「私はこれから部活の活動で忙しい。だけど困ってるはるかは助けたい、でも時間が無い。
──あーしまったーこんな独り言を……とっても頼りがいのある下級生にきかれてしまったわー」
336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 14:07:36.10 ID:CuZ0kJz20
塚原「はい、おしまい」

純一「……塚原、先輩…それはどういう…」

塚原「うん? どうかしたかしら橘君?」

純一「…………」

塚原「だから言ったじゃない──これは、ただの独り言。何の意味は無し」

純一「そんなこと、言われて……僕が気にしないわけないじゃないですか…」

塚原「──ふふ、そうなの? 私にはわからないけど……」

塚原「困ってるはるかを、君は放っておけるの?」

純一「………………」

塚原「──どうして、と思ってるみたいね。なんで自分がって。
あの一年の子じゃなくて、なんで自分を呼んだんだろうって」

塚原「──これも独り言。だから貴方は気にしなくていいから、
黙って聞いててくれても良いわ」

塚原「──あの子は、本当に不器用なの。なにも一人じゃできないくせに、
何だって一人で済ませようとする癖がある。困ったものね」
337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 14:17:17.52 ID:CuZ0kJz20
塚原「だけど、そんな癖があるくせに……いざ人に頼るとなると、そのセンスはピカイチ。
どんな相手だって、仲良くなって。親しくなって、友達になる」

塚原「不器用のクセに……わがままで。なにも一人じゃできないのに……人に好かれる。
そんな所を知っててもなお……私はあの子と親友であり続ける」

塚原「なんでそうなのか──私にもよくわかってないけど。でも、それでも私はあの子が好きなのよ」

塚原「だからこそ、私はあの子の───悲しい顔を、泣きそうな顔を、見たくない」

純一「…………」

塚原「橘君、無理にとまでは言わないわ。でも、これは私の願い事でもあるの。
卒業するまでに、私はどうにかあの子に笑顔を取り戻したい」

純一「……でも、僕は森島先輩が笑ってる所を見ましたよ…」

塚原「本当に?それは、確かにはるかの笑顔だった?」

純一「え……?」

塚原「貴方はそのはるかの笑顔が──何時も通りの表情だと思ったの?
私は、そうは思わない。だって、ここ最近、ずっとそうだもの」

純一「それは……僕には、わからないですよ──」
341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 14:23:28.61 ID:CuZ0kJz20
塚原「え……?」

純一「──だって、僕は……最近なんてことは全部、もう…」

純一(僕には……わからない。だって記憶が無いんだから…
幾らその時に、森島先輩が……笑っていたとしても)

純一(今の僕には……僕という自分は、なにもしらないんだから──)




(僕だって──あんなに笑った先輩の顔、見たことなかったな……)

純一「っ……!?」

純一「あんなに、笑った先輩の顔……?」

純一(待て、確かに僕は……先輩の笑顔の不具合を知らない。記憶が無い。
でも、それでも……あの眩しかったころの先輩の──笑顔を)

純一「綺麗な、輝かしい笑顔を──ちゃんと覚えてるんだ」

塚原「た、橘くん…?大丈夫?」

純一「──塚原先輩、僕は……」
343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 14:32:39.22 ID:CuZ0kJz20

倉庫内

森島「うんしょ、うんしょ……ふぅ~、意外ときっついものね~」がたん

森島「………」

森島「──う~ん、ぱっ!!」ちらり

森島「うーん、だめね……こうやって目を閉じて、ぱって開けたら妖精さんがぱぱっと
片づけてくれやしないかって思ったけど」

森島「そんなに甘くないか~…はぁーあ、響ちゃん遅いなー。ちゃんと手伝いに来てくれるって
いってくれたのにぃ~」

森島「……ふぅ」

森島「………なんだろうなぁ。こうやって一人で倉庫とか、いると──」

森島「………………」

森島「……ううん、ダメダメ! しゃきっとしなきゃ!」ぱんぱん!

森島「まだまだ先は長そうだし! 頑張って行かなくちゃ──」がさがさ

ぐらぐら……

森島「ふぇ…? あ、なんか倒れそ───」
347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 14:40:16.24 ID:CuZ0kJz20
がらり!!

「せんぱいっ!!」

森島「え、誰──……きゃっ!?」

がらがらがっしゃーん

「──いつつ……」

森島「けほ、けほっ……なにもーう──急に抱きついてきて、あぶないじゃないっ」

「い、いや…先輩。もうちょっと周りを見てくださいよ…」

森島「え?……わぁーお。これは掃除が大変そうね」

「……本当に、先輩らしいですね。なんていうかその、能天気というか」

森島「むむむ。そんな失礼なことを言うキミは誰か……な…」

「……。どうも、昨日ぶりですね先輩」

森島「──橘くん……?」

純一「はい、こんにちわ森島先輩。怪我は無いですか?」

森島「え、ええ……怪我はないわ!」がばっ

純一「あ、待ってください!……先輩の髪の毛が、ネットに引っ掛かって……」
350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 14:46:04.17 ID:CuZ0kJz20
森島「え、う、うん……」

純一「いま、僕がほどきますから……ちょっと待っててくださいね」

森島「あ、ありがとう……」

純一「えっと…こうやって、そうやって……」

森島「……………」

純一「──よし、取れた。これで良いですよ、先輩」

森島「──え?あ、う、うん……ありがと。橘くん……」

純一「いえいえ……これぐらい、なんてことないですよ」

森島「…………」

純一「…………あの、先輩」

森島「ひゃい!? なに、橘くん!?」

純一「えっと、その僕的には良いんですけど……そろそろ僕のお腹の上から退いてもらえると…はい」

森島「え、あ、ごめんなさい……!!わ、わたしったら……重かった?」

純一「い、いいえ!まったくもって全然!」
352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 14:54:05.85 ID:CuZ0kJz20
純一「むしろもっと乗ってもらいたかったぐらいですよ!」

森島「え…あ、そうなの……?」

純一「もちろん!こう力を込めてでも──っていやいや!違いますよ!?やましい気持ちとかじゃなくて!」

森島「……へぇ~、橘君は…私に力を込めて、お腹に乗ってもらいたかったんだ」

純一「い、いや……そうじゃなくて!!
で、でもですね…森島先輩に、なら…誰でも自分に乗ってほしいって思ってる思いますよ……!!」

森島「じゃあ、橘君は?」

純一「も、もちろん……その乗ってもらいたいです!はい!」

森島「…………」

純一「…………」

森島「……ふ、ふふ──相変らず、橘君は面白いわね。尊敬しちゃうわ」

純一「あ、はは……それほどでも」
354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 15:03:29.82 ID:CuZ0kJz20
森島「……」

純一「……」

森島「──えっとその、そしたら。改めて聞くけど橘君。ここになにしにきたの?」

純一「先輩に会いにきました。森島先輩にです」

森島「……どうして、かしら。……私は橘くんと、その…」

純一「──…もうこれからは、会いたくなかった。卒業まで、自分が居なくなるまで……ですか?」

森島「っ……そうじゃない、そうじゃないのっ!でも、でも……」

純一「僕は会いたかったですよ。先輩と」

森島「──えっ……?」

純一「先輩と、ちゃんと会話をしたかったです。なにがあっても、先輩とは不仲になりたくない。
それが僕の考えであって──それが、僕の頑なな勇気です」

森島「勇気……?」

純一「ええ、そうです。僕は勇気をつけて──ここにいます。逃げ出さずに、貴方の目に映ることを恐れずに、
頑張ってこの場所に立ってます」
365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 15:52:15.43 ID:CuZ0kJz20
森島「橘君……」

純一「先輩……僕は、貴方の笑顔が見たいんです」

森島「笑顔が…?」

純一「──ええ、僕は何時も輝いている先輩の笑顔……それが、本当に見たい。
貴方が無理をして──笑顔を増やそうとしても、それじゃだめなんです」

純一「僕はあの時の笑顔が見たい。知っている笑顔をまた、見たい。それがどれだけ身勝手な意見だってことは、
ちゃんと理解もしてます。でも……でも、僕はそうじゃなきゃ…そうじゃなきゃ…」

森島「……………」

純一「……そうじゃなきゃ、諦めるのも諦めつかないんです!」

森島「橘君、貴方……」

純一「お願いします、先輩!! どうか、僕に貴方の願いをかなえさせてください!!」ばっ

純一「どうしたら、貴方は笑ってくれますか!? あの時の輝きを、取り戻してくれますか!?」
368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:01:17.87 ID:CuZ0kJz20
純一「僕が、全然……お呼びじゃないっていうんだったら、もう、ここで帰ります」

純一「いつかは誰かが……先輩の笑顔を取り戻してれると思いますし…」

純一「……でも、僕が貴方を。輝日東高で見る最後の姿、なんです」

純一「ですから、僕にとっても……いや、僕が自ら欲しいものなんです。
だから僕のすべてを投げ出してでも、僕は今、貴方に笑ってほしい」

森島「……。橘君、キミは…私がその、路美雄くんと…」

純一「……もちろん、知ってます。学校で有名ですし、知らない方がおかしい」

森島「それでも──それでも、こんな私に貴方は……色々と投げ出そうとしているの…?」

純一「───……」

森島「…………」

純一「──僕は……」
370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:07:27.90 ID:CuZ0kJz20
「まってください!!」

純一「……うぇ?」

森島「え?」

純一「お、お前は──……!」

「──はい、先輩。ぼくです」

樹里「一年の樹里 路美雄です──そして、」すたすた…

森島「きゃっ」ぐいっ

樹里「──森島先輩の、彼女でもあります」

純一「…………」

森島「ろ、路美雄くん……っ!」

樹里「先輩は、少し大人しくしてもらっても良いですか。
……今は、橘先輩と喋っています」

純一「──こら、一年坊主。なにを先輩に向かって偉そうな口を聞いてるんだ」

樹里「外野はだまっててください」

純一(ぐ……別に外野じゃないだろ僕は…っ!!)
375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:13:45.18 ID:CuZ0kJz20
森島「でも、それは──」

樹里「──いいんです、これはぼくも予想してました。ですから、お願いします」

森島「…………」

樹里「……。ありがとうございます──では橘先輩。僕の彼女となにをしてたんですか」

純一「僕は、ただ──」

樹里「……また、口だけの良いこと言って。先輩をたぶらかそうとしてたんじゃないですか」

純一「なっ──なにを……っ!」

樹里「いいえ、それが嘘だとは言わせません。絶対に」

純一「なに、を……なにを根拠にそんなことを!」

樹里「……根拠? そんなもの、貴方の胸に手を当てて聞いてみてくださいよ」

樹里「貴方は最低だ──僕は、心から軽蔑する。なにもかも手に入れてるくせに……
一つだけを手に入れたいと願った者すら……貴方はすべて持っていく」

樹里「それがどれだけの不幸を生むか──貴方はわかっていない」
378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:15:06.78 ID:CuZ0kJz20
「まってください!!」

純一「……うぇ?」

森島「え?」

純一「お、お前は──……!」

「──はい、先輩。ぼくです」

樹里「一年の樹里 路美雄です──そして、」すたすた…

森島「きゃっ」ぐいっ

樹里「──森島先輩の、彼氏でもあります」

純一「…………」

森島「ろ、路美雄くん……っ!」

樹里「先輩は、少し大人しくしてもらっても良いですか。
……今は、橘先輩と喋っています」

純一「──こら、一年坊主。なにを先輩に向かって偉そうな口を聞いてるんだ」

樹里「外野はだまっててください」

純一(ぐ……別に外野じゃないだろ僕は…っ!!)
382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:26:23.86 ID:CuZ0kJz20
純一「……僕は、なにも手に入れてなんか…」

樹里「何を言ってるんですか。貴方は、すでに色々なものを手に入れていたでしょう」

樹里「少し貴方の子と調べさせてもらいましたが──
──幼馴染、友達、クラスメイト、下級生二人に……そして上級生」

樹里「これだけの人を……貴方は選べる立場、でいた。まるでどっかの漫画の主人公のように、
より取り見取りだったでしょうね……全てが、あるすべてが全部」

樹里「貴方の思い通りだったはずだ」

純一「そん、な考え方は……おかしいだろっ」

樹里「おかしい? 本当ですか? ──貴方はそれ自体を、楽しんでたんじゃないんですか?
まるで王のように、好きな女の子を選べる自分……」

樹里「それを心から楽しんで、生きていたんじゃないんですか?」
387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:33:07.30 ID:CuZ0kJz20
純一「──お前、それ本気で言ってるのか……?」

樹里「本気ですよ。なら、貴方も本気で言ってくださいよ。
ぼくはぼくで、貴方は貴方の本気をいってくださいよ」

樹里「もっともらしい口調で、どうかご教授いただきたいものです」

純一「……ッ」

樹里「……どうしたんですか? ほら、やっぱりそうなんでしょう?
橘先輩は、なにも考えていない。ろくな言い訳もつくっていない」

樹里「だったら──それは、僕が言った通りなんじゃないんですか?」

樹里「貴方は、何も考えていない。ただただ──目の前にある餌に群がる馬か何かだ。
美味しい餌を選んで、色々なえさをつまみぐい」

樹里「その後に残った全ての物を──後は無視して、一番のお気に入りを手に入れる」

樹里「それが、橘先輩。貴方なんですよ」
389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:38:39.40 ID:CuZ0kJz20
純一「……………」

樹里「後に残ったものの不幸も考えず──目の前にある幸せを貪る貴方に、
……森島先輩の前に立つことすら、ぼくは嫌悪します」

純一「……………」

樹里「──行きましょう、森島先輩。ここは後でぼくと一緒にかたづけましょう」

森島「橘君……」

樹里「だめです、先輩。なにも喋りかけちゃだめです。
……そうしたら、ただつけ上がるだけですから」

森島「…………」

樹里「……では、先輩。これで」すたすた…

純一「…………」

樹里「──もう二度と、森島先輩に近づかないでください」

純一「────……」
394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:45:35.22 ID:CuZ0kJz20
純一「──待て、樹里 路美雄…」

樹里「……」ぴた…

樹里「なんですか、先輩。まだ何か───」くるっ


樹里「──な、なにやってるんですか……先輩!?」

純一「──なにって……? 見ればわかるだろ。見れば」

樹里「い、いや……た、確かにわかりますけど……!」

樹里「なんで、ロープを首に巻いてるんですか……っ?」

純一「はっ。わからないようだな───……見ていろ一年坊主。これが僕の……」

純一「僕の……力ってものだ!!!」ぐぐっ……

純一「わんわんわん!!わんわんわんわーん!!!」ばたばた!!

森島「きゃっ…!」
395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:46:19.52 ID:dbN9uY0W0
やはりこいつは俺らの理解を超える変態だった
396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:46:39.62 ID:+6Wj5nDA0
さすが橘さんは格が違った
397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:47:03.85 ID:HfzsnGoD0
橘さん…アンタやっぱりすげぇよ…
410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:52:07.28 ID:CuZ0kJz20
純一「わんわん~……わんわん!!へっへっへ……!!」

森島「ちょ、橘君……?」

純一「わんわん? わんわん~…」

森島「え……橘じゃないですって?」

純一「わんわん! わぅーん!!」

森島「──なるほど、貴方の名前はジュンなのねっ」

ジュン「わんわん!!わんわん!!わぉーん!!」

森島「あら、かわいいわぁ~! それじゃあ、お手」

ジュン「わんっ」ぽすっ

森島「おかわりっ!」

ジュン「わわんっ」ぽすっ

森島「わぁお!キレがいいわぁ!じゃあこれは出来るかなー……ちんちん!」

ジュン「わん!へっへっへっへ……!!」ささっ
419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 16:59:21.96 ID:CuZ0kJz20
樹里「な、なにやってんだ貴方達は──……ッ!?」

ジュン「わんわん!!」

森島「あ、それじゃあ……さっき倉庫で見つけた、犬耳を付けてあげるわ!」すっ…

ジュン「わぉーん!!」

森島「あら、気にいってくれたの?いいこね~よしよし~」さすさす

ジュン「わ、わふっ……オフッ……く、くぅ~ん…!」

森島「え、なになに? もっと下だって?──ここら辺かしら?」

ジュン「オ、オフッ……ウッフ…!」

樹里「──せ、先輩!!森島先輩ってば!!」

森島「──うふふ~。よしよし~」

樹里「なっ──ぼ、ぼくの声が……届いてない、だと…?」

ジュン「──もう、無理さ。一年坊主」

樹里「な、なに……?!」
430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 17:08:43.06 ID:CuZ0kJz20
ジュン「僕はもう──完璧に犬になりきっている。
 この状態になったらもはや、僕ですら……いや、塚原先輩でも。森島先輩をとめやできない」

樹里「な、なんなんだその自信は…!」

ジュン「自信?──馬鹿言っちゃ困る、路美雄……お前はなにもわかっちゃいない」

樹里(な、なんだよこの迫力──……)

ジュン「僕はそもそも──犬なんだよ。餌をもらい、遊んでもらい、お返しに楽しませてあげる。
 それが犬にとっての至福。そして全てだ」

ジュン「お前は──最初から間違ってるんだ。僕が選ぶんじゃない、僕が彼女たちを指定するんじゃない。
 全ては……ご主人様、その方たちからいただけるものが全てなんだ!!」

樹里「なっ……そんな、そんな人間がいるわけ……」

ジュン「いるさ。今、お前の目の前に……」すっ…

森島「わぁお!ジュンは立つこともできるのね!」

ジュン「わふぅん!───さぁ、目に焼き付けろ。これが僕の本気だ」

ジュン「お前が言った通り、これが僕の本気──あらんかぎりを出しつくした、僕の全てだ」
437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 17:18:54.46 ID:CuZ0kJz20
樹里「う、うそだ……そんなのただ、の…戯言にしかすぎない!!」

ジュン「……そうかな。僕はこれが全てだと思うよ」

すっ…

純一「──路美雄、お前が言ってることも……僕も分かるよ。なんだって全てを取られたら、
そいつを恨みたくなるのも分かるさ」

純一「僕だって頑張ったのに、頑張ったのに報われない結果だけがくる……なんて悲しすぎるじゃないか」

樹里「………アンタに、なにがわかるっていうんだ……っ!」

純一「わかるよ。わかるんだよ……だからこそ、君が森島先輩を好きになった理由も分かる」

樹里「っ……!」

純一「──だから、僕は否定する。君が言った言葉を全て、全部ひっくるめて否定してやる。
僕が犬だからって、そういうことじゃなくても。僕は君を否定したい」

純一「──聞いてくれませんか、森島先輩」

森島「……え?あ、橘君……もしかして今まで、どっか行ってた?」

純一「いいえ、ずっとそばにいましたよ。ずっとみてました」
442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 17:26:00.08 ID:CuZ0kJz20
純一「今までずっと……多分、僕が記憶が無い時も…ずっと貴方を見ていたんだと思います」

森島「橘君……」

純一「だからこれからも、そしてこれからさきも……どうか、森島先輩を見させてください」

純一「その、笑顔を。ずっと」

森島「───橘く……」

「ぼ、ぼくだって……!!森島先輩!!」

森島「ろ、路美雄くん……!」

樹里「ぼくも……ぼくだって負けてません!!ずっと貴方を見てました!!」

純一「お前……」

樹里「なにがあっても貴方を好きになり続けるって…!!毎晩毎晩、寝る前に誓って寝たこともあります!!
森島先輩を好きだと言う気持ちは、誰にだって負けるつもりはありません!!」

純一(……え?あれ、こいつ…森島先輩とつきあってたんじゃ…)

森島「でも、貴方は……」

樹里「──はい、知ってお通り……僕はそろそろ学校をやめます」
449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 17:31:14.99 ID:CuZ0kJz20
純一「や、辞める……?どういうことだよ、お前…」

樹里「っ……それは、その…」

「──それは、私から説明してあげるわ」

純一「なっ……この声はっ!」

がらり…

塚原「こんにちわ、橘君、樹里君」

純一「つ、塚原先輩……!!」

樹里「……塚原先輩…」

森島「あ、ひびきちゃ~んっ!」

塚原「……。面々が募ってるみたいね、私も頑張ったかいがあったものよ」

純一「塚原先輩…? これはどういう…?」

塚原「……騙してごめんなさい、橘君──そうね、いちから説明してあげるわ」
451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 17:38:26.72 ID:uZi1JwPh0
橘さんカッコイイ

※ただし犬耳をつけています
452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 17:39:35.55 ID:CuZ0kJz20
数十分後

純一「──い、許嫁……?」

塚原「そうなの。この子──樹里君だけど、家が凄い所でね。
親同士が決めた結婚相手がいるの」

樹里「……」

純一「それで、なんですか……それが何の関係が?」

樹里「……ぼくは、その女性とは結婚したくはないんです。
実はこうやって輝日東高に入学したのも…親の反対を押し切ってのことだったんです」

塚原「……でね、樹里君がいうには──親は学校で交際が出来たとき……それが許嫁との
結婚を取りやめることにするって言ってきたらしいの」

純一「は、はぁー……僕にはよくわからない所の話ですね……」

塚原「私も橘君と同意見よ。でも、それを真っ向から本気で、最大的に信じて──」

森島「………」

塚原「調子に乗っちゃった子が一人、ここにいるわけ」
455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 17:45:47.17 ID:CuZ0kJz20
樹里「でも、それは──……」

塚原「──そうね、確かに君も悪い」

樹里「…………」

塚原「そんな事を言ってしまえば……事実じゃないながらも、
はるかと付き合える確率が上がるって事は貴方も理解出来てたはず」

樹里「……はい」

塚原「──それに、はるか」

森島「……なによぉ、ひびきちゃん…」

塚原「貴方も悪い。悪ノリが過ぎたわ」

森島「……ひびきちゃんだって、最初は乗ってたクセに…」

塚原「そうね、私も最初は話に乗ったわ。でも──」ちら

純一「っ!」

塚原「──彼がここまでショックを受けるなんて、ちょっと予想外だったのよ」
462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 17:53:02.92 ID:CuZ0kJz20
塚原「……一応、私も一通り──橘君を見ていたつもりだったけど。
まさか、はるかが付き合ったなんてことを、まっこうに信じるとは思わなくて…」

純一(……。たぶんこれは、僕が記憶が無い期間のことなんだろう…
そうか、僕ってば落ち込んでたのか……)

塚原「ごめんなさい、橘君。私も貴方に……謝罪しなければならないわ」

純一「え、いや……でも結局は、路美雄の思惑は理解できましたけど…
森島先輩と、塚原先輩の考えがよくわからないんですけど…?」

塚原「…そうかしら?少し考えてみれば、わかることだと私は思うけど」

純一「え……?」

樹里「…………僕が言った通り、橘先輩は他の人ばっかり相手をしていたでしょう」

純一「え、いやだからそれは……」

樹里「──はい、もうわかってます。あれだけのものを見せられたんです、嫌でも分かります」

純一「あ、そう? ならいいけど……」

樹里「でも、はたからみればそれは……僕が言った通りにしか見えないんです。
先輩の凄さは分かりましたが、それも見せられない限り、他人は勘違いしていく」
473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:01:26.53 ID:CuZ0kJz20
純一「勘違、い……──まさか…」くるっ

森島「っ……なによー、橘君っ!私の顔になにかついてるっ?」

純一「いえ、なにもついてませんけど……え、でも…えっ!?」

塚原「……ま、そんな感じでね。はるかが変に意識しちゃったもんだから、
こうやって曲がりくねっておかしくなって」

塚原「──はるかはちゃんと笑わなくなり、樹里君もそんなはるかにヤキモキし。
橘君は落ち込んで酷いことになった。というわけ」

塚原「わかったかしら、橘君。これがこの倉庫での出来事の真実。
……あ、ついでに言うとここに樹里君呼んだのも私」

純一「え……?」

塚原「あと、寝坊して倉庫の掃除って言われたはるかも、実はこれ水泳部の仕事」

森島「へ……?」

塚原「あと樹里君……君にはとっても不利な状況だと知ってて送ったのも……私」

樹里「………」
483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:19:24.20 ID:CuZ0kJz20
純一「そしたら全て、塚原先輩の──」

塚原「そう、全部私の策略よ。──まあ、これもすべて上手く言ったのも」

塚原「橘くん──君のおかげでもあって、全ての原因は君でもあるの」

純一「……………」

塚原「責めるつもりは一方ない。だって私たちが悪いんだもの。
試そうとしたことも悪い、こうやってまた騙したのも私たちが本当に悪者でしょう」

塚原「でもね──わかってほしかったの。君は確かに良い子で、誰に対しても優しいと思う。
これは君に惚れてない私でも、わかることだわ」

純一「あ、ありがとうございます……で、いいですかね…これ…?」

塚原「いいわ、ほめてるんだもの。
でも、でも……それが不安で仕方ない人もいるってことも気付いてあげて」

純一「不安……?」

塚原「──さぁ、ここまでお膳立てしてあげたわよ。
だからここからは、全部貴方がやりなさい……」

塚原「はるか」

森島「…………」
488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:27:58.05 ID:CuZ0kJz20
純一「……森島先輩……?」

森島「──ごめんなさい、橘君っ!!」

純一「え、いや、その……騙されてた僕悪かったっていうか…その…」

森島「ううん、これは全部……全部全部わたしのせい…なにもかも、
わたしがやっちゃったこと……!」

森島「──路美雄くんと付き合ったことにして、キミの興味をひこうって…
わたしが馬鹿なことをかんがえなきゃ…今まで気まずい雰囲気にならずにすんだと思うのに…」

純一「先輩……」

森島「──でも、許してもらえないよね……キミが傷ついたことは、わたしもすっごくわかってた…
でも、後に引けなくて…今さら君に、橘君に……言える勇気が無くて……」

純一「…………」

森島「ずるずる引き摺って…卒業まできちゃったの……もう、そこからはどうにでもなれって思っちゃって…
色々と忘れようって、無くそうって思い始めてね…」

森島「──でも、それでも。私はちゃんと君に謝りたかったっ!
ごめんなさいって、キミに嘘をついてしまってごめんなさいって……!」
494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:32:56.12 ID:CuZ0kJz20
森島「ずっとずっと……謝りたかったの……っ」

塚原「──はるかはずっと悩んでたわ」

純一「塚原先輩……」

塚原「キミを騙してしまったこと、試そうとしてしまったこと。
それがどんな結果に繋がるかわかってなくて、安易な行動してしまったこと…」

塚原「それは、この私が証明する。
橘君、キミは幸せ者だって思っていい。このはるかが、他人を悔やみ続けるなんてめったにないもの」

森島「ちょ、ちょっとひびきちゃん……それは言い過ぎじゃない…?」

塚原「黙ってて、はるか」

森島「はい……」

塚原「──そこで、二人とも。橘君と樹里君」

純一&樹里「はい?」

塚原「これから、はるかに告白してくれない?」
503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:40:47.66 ID:CuZ0kJz20
純一「は、はいっ!? ほ、本気で言ってるんですか!?塚原先輩!!」

樹里「い、いまここでですか……?」

塚原「そうよ、二人とも。──これでスッキリするでしょう、だって。
もう悩みなんてないんだもの」

塚原「誰かしらの思惑なんてない、動いてなんかない。
──ここにあるのは、好きか嫌いか……これは違うわね」

塚原「ここにあるのは、誰がはるかと付き合えるか。ただそれだけのはずよ」

純一「…………」
樹里「…………」

塚原「──それともなにかしら、キミら二人は。
負けるんじゃないかって自信が無いの?」

純一「っ!……」
樹里「っ………」

塚原「よろしい。じゃあ、はるか。告白タイム……スタート」

森島「へ、へっ!? 本当にするきなのひびきちゃん!」

塚原「私は留めても良いけど──もう、既に二人は本気よ」
512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:47:17.91 ID:CuZ0kJz20
純一「…………」

樹里「…………」

森島「…えっと、その……ふたりとも、眼が怖い…かな?」

樹里「先輩──……」

森島「は、はいっ!」

樹里「──ぼくは確かに、ただの坊ちゃんで。なにも森島先輩を楽しませることが無かったと思います」

森島「……そんなことなかったよ、本当に」

樹里「いいえ、さっきの橘先輩との……その、絡み合いで…よくわかりました。
だからといって…ぼくは橘先輩のように人間を止めるなんてことはできません…」

純一「おい」

樹里「──でも、ぼくは貴方のことが好きです」

森島「──っ……!」

樹里「半端な気持ちじゃなく、心から……先輩のことが好きです。まだまだ先輩のことがわからないことだらけだけど…
それもゆっくり、理解していくつもりです」

樹里「森島先輩、ぼくと付き合ってください……!!」すっ…
513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:48:54.09 ID:xkr6AsUa0
人間やめるw
518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:55:59.48 ID:CuZ0kJz20
森島「路美雄君……」

純一「──先輩……」

森島「……橘君…」

純一「僕はその、えっと……」

純一(──ああ、だめだ!なんか頭がごちゃごちゃしてる!さっきは路美雄にかっこいいこといってやったのに!)

純一(ど、どうしよう……僕ってば感じな時に限ってこう、緊張しちゃうからなぁ……あっ!)

純一(そうだ──なにか頭がごちゃごちゃしていると思ってたら……そうだよ、この感覚は!)

純一(なにかを思い出しそうになってるときだ!なんだろう、これ……僕は何を思い出しそうになってるんだ…?)

森島「橘君……?」

純一「え、あ、はい…!今から告白します……!」

純一(えーとっ……良く思い返して、考える……そして実行!)

純一「森島先輩……」

純一「……一生、僕に膝の裏を舐めさせてください!!お願いします!!」
519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:56:52.80 ID:ozYjIMT+O
橘さんはぶれないなwww
521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:57:11.58 ID:3j74mTjei
本能にwww従い過ぎwwwwww
523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 18:57:36.56 ID:jPljH9H7O
あ、駄目だこれ
531: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 19:03:32.52 ID:CuZ0kJz20
森島「………」

純一(ど、どうだ……僕の渾身の告白は……)ちら

森島「~~~~……」

純一(あ、なんかすっごい悩んでる! あれ、失敗したこれ!?)ちら

樹里「────」

純一(コイツはドン引きしてるな……なんだよ、お前の性格だって僕は嫌いだぞ!)ちら

塚原「ッ──ッッ~~~!!」ぴくぴく

純一(塚原先輩は……なんだろ、お腹痛いのかな…?)

森島「───わかった、よーくわかったわキミたち」

純一「ほ、ホントですかっ!?」
樹里「……本当にですか?」

森島「どっちも良い告白だったわ。それはもう、私の心にストライクで来るぐらい……
本当にいい告白だと私は思うわ!」

純一「や、やった…!」
樹里「…………。森島先輩は、どちらを選んでくれるんですか?」
536: >>535訂正 2011/11/12(土) 19:16:02.11 ID:CuZ0kJz20
森島「えっと……どっちもダメかなっ」

純一&樹里「………」

純一&樹里「え?」

森島「んーとね、確かにキュンとくる告白だったわ!
でもでも、ちょっと熱意が足りないっていうか──」

純一「ね、熱意ですか!? 熱意ならありあまるほどにここに!ありますから!」
樹里「ぼ、ぼくも熱意ならまけないですよ!!森島先輩だったら、なんだってします!」

森島「──ホントに?なんだってできる?」

純一&樹里「は、はい……!!」

森島「じゃあ、ひびきちゃん。出番よー」

純一&樹里「……え?」

「──ふふ、なるほどねキミたち……どうやら私と勝負がしたいってワケなのね…」

純一「え、いや……塚原先輩…?」
樹里「ちょ、ちょっとまってください……ぼくにはよく展開がつかめないでいるんですけど…ッ」

塚原「──大丈夫、心配しなくていいのよ。直ぐ終わるわ」
537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 19:21:15.44 ID:CuZ0kJz20
塚原「──水泳部直伝、登下校坂ランニングコース……通称〝ナナサキ〟。これに誘ってあげるから」

純一「つ、塚原先輩目が怖い……!!」

樹里「も、森島先輩……!?これ、どういう…!?」

森島「きゃー! ひびきちゃんカッコイー!」

純一&樹里(かっこ、いい……!?)

塚原「……ふふ、わかったかしら二人とも。この勝負に勝てば、どうやらはるかに気にいってもらえるって事を」

純一「……」
樹里「……」

塚原「──良い眼ね、二人とも。スカウトしたいぐらいだわ」

塚原「その思い──本物なら、この勝負で私に勝ってみなさい!!」

純一&樹里「──はい……!!」
539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 19:27:04.15 ID:CuZ0kJz20
一時間後

「はぁっ……はぁっ……」
「はぁっ…ぼ、ぼく…もうだめです……はぁ!」

純一「ば、馬鹿野郎!ここまで来たんだ、ゴールまで行くぞ!」

樹里「も、もう無理ですよ……! ぼくはあんまり体力ないですし……!」

純一「僕だってないよ…!でも、二人でガンバってここまできたんだろ…!」

樹里「……た、確かにそうですけど……あっ!先輩前!」

純一「え──ごは!」ごちん

樹里「はぁっ……はぁっ…ちゃんと前を向いて走らないと、ダメですよ先輩……」すっ

純一「う、ううん……まさか電柱があるとは……さんきゅ、路美雄……」ぐいっ…

樹里「…ふぅ……というか、塚原先輩…影すら見えませんね……」

純一「はぁ……そうだな、もうゴールしてるんだろうな……」

樹里「……行きましょうか、先輩…」たったった…

純一「ああ、そうだな……」たったった…
544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 19:35:01.39 ID:CuZ0kJz20
校門前

森島「お疲れ、ひびきちゃん」

塚原「──ん、ありがと。はるか」

森島「ダントツだったね~。というか、スタートした瞬間からひびきちゃんの姿消えてたし」

塚原「そうかしら? いつもどおりに走っただけだけどね」

森島「ふーん……そうなんだ」

塚原「なによ、はるか。文句でもあるの?」

森島「べっつにぃ~…ただ、ひびきちゃんなら一時間もかからないって思ったんだけどなぁ」

塚原「……あらあら、お見通しで」

森島「まぁね~。たびたび二人に、背中を見せることでやる気を出してたんでしょ?」

塚原「……二人は確かに強い思いを持ってるけど、ことそれが他の場面で出さないといけない時…
意外ともろくなるものなのよ」

森島「……えっと、それ経験談?」

塚原「聞いた話」

森島「えー? つまんないのぉ。ひびきちゃんの恋バナが聞けると思ったのにぃ」
545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 19:42:02.39 ID:CuZ0kJz20
塚原「私のことより……はるか。これでよかったの?」

森島「……うん、おっけーだよ。改めてありがと、ひびきちゃん」

塚原「……。やっとあの子からの告白が来たって言うのにね」

森島「……」

塚原「…嬉しくなかったの?」

森島「──ううん、嬉しかった。本当に、すっごく嬉しかった。
それでもって……やっぱり好きなんだなって、思ったの」

塚原「それなら、どうして…」

森島「うーんとね!……あれかな、ざいあくかん?」

塚原「……まさか、はるかからその言葉を聞くとは思わなかったわ…」

森島「もぉう! ひびきちゃん、さっきから私をばかにしすぎっ!」

塚原「ごめん、本当に思ったことだったから……でも、それはもうちゃんと、
彼に謝ったじゃない。きちんと」

森島「………そうなんだけどね」
549: >>546訂正 2011/11/12(土) 19:48:05.16 ID:CuZ0kJz20
森島「でもさ──いきなりだけどね。ちょっと彼、かっこよくなったって思わない?」

塚原「……え?橘君のこと?」

森島「そうそう!──前までは、なんかこうカワイー子犬ちゃん見たいだったのに…
今はまるでドーベルマン!みたいな感じかな」

塚原「それは変わりすぎね……」

森島「本当よ? だって、ひびきちゃんだって実はそう思ってるでしょ?」

塚原「え、なに急に……!」

森島「──だって、私が言いだした偽彼氏の時に……橘君が落ち込んじゃって。
それに私の次に落ち込んでたの──ひびきちゃんじゃない」

塚原「なっ──そ、それは…その偽彼氏を知ってるのが私だけって話で……!」

森島「ふふ、そうだけどね。でも、その後……わたしがくじけちゃって、なにもかも
忘れようとしてた時……それでもずっとあの子のこと心配してたのは──」

森島「──ひびきちゃんでしょ?」

塚原「ま、まって! それはそうだけど…ちょっと勘ぐりすぎじゃないっ?」
555: >>546訂正 2011/11/12(土) 19:55:50.33 ID:CuZ0kJz20
森島「そう? 私はそうは思わないけどなぁ……ひびきちゃん自身が気づいてないだけかもよ?」

塚原「そ、それは……私のことだから、はるかみたいに適当に生きてないから…ちゃんとわかってるつもり!」

森島「……ひびきちゃん、可愛いね」

塚原「なっ……」ぷしゅー

森島「──あのね、だからって。私はあの子を譲るつもりはないから」

塚原「だ、だからっ……わたしは…っ!」

森島「でも、ひびきちゃんには幸せになってほしいし、私もひびきちゃんと仲悪くなんかなりたくない」

塚原「………もう、本当にはるかは…」

森島「ふふっ! だってもうこりごりだもの。
いままでずっと悩み続けてたがばかみたい……本当に、橘君に感謝しなくちゃ」

塚原「……そうね、ちゃんとお礼を言わなくちゃね」


「はっ…はっ……路、路美雄…もうすぐだ……ぞ!!」
「は、はい……せんぱい……はぁ…はぁ…!」
557: >>546訂正 2011/11/12(土) 20:03:08.09 ID:c7RtY+ZY0
森島(橘君──私も大好きよ。でも、まだ…私は素直に受け止められない)

純一「はぁっ……あれ、先輩たちじゃないか……!?」

森島(キミは本当に凄くて……いっつも私は感心されっぱなし)

純一「──あ、こら路美雄! くずれおちるな! 最後の坂だぞ!!」

森島(いつもキミは優しくて、心強くて)

純一「ほら、肩貸してやるから……いくぞ、はぁっ…はぁっ…!!」

森島(とってもとっても頑張り屋さん……)

純一「はぁっ……はぁっ…!!もう少し、もうすこし……!!」

森島(そんなキミを──そんな貴方を、私は心から……)

森島「──二人ともぉー!ゴールは目の前よ!ファイトー!」

純一「はぁっ……ほら、路美雄ッ…先輩が応援してくれてるぞ……!!」

路美雄「ふぇ…?」

森島「がんばれぇー!!まけるなぁー!!」
559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 20:08:43.13 ID:c7RtY+ZY0
森島(ずっとずっと……好きでいられると思うの)

純一「ご、ごっぉおおおお……るぅ……!!!」どしゃ

森島「──お疲れさま、橘君」

純一「はぁっ……は、はい……なんかもう、暗くなってますね…すみません…」

森島「いや、いいのよ。十分、これで十分なの」

純一「はぁっ…はぁっ…え? どういう意味ですか……?」

森島「──よいしょ。これで二人からは見えないかな…?」

純一「え──なにも、ふぇ?」ちゅ

森島「──今はほっぺにしかできないけど、いつは。ね?」

純一「え、な、あ、は、はい……ぐるー」

森島「わぁお! 橘君、いきなり白目向いてどうしたのっ?」

塚原「あ……それ過呼吸!」
563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 20:13:39.92 ID:c7RtY+ZY0
森島「かこきゅう……?ひびきちゃん、それなに?」

塚原「病名を説明してる暇なんてないわよ! はやく保健室にいかないと!」

森島「え、ホントに? そ、それじゃ早速、運ばないと…うーん、重い!」

塚原「ああ、もう。私が彼を運ぶから、はるかは樹里君を頼むわよ!」

森島「へ、わかったわ……」

びゅん

森島「わぁお! ひびきちゃんたら、なにやら必死ね~……ふふ」

樹里「森島、先輩……」

森島「あら、もう起きて大丈夫なの?」

樹里「……ええ……何度か橘先輩に背負ってもらってましたし…」

森島「わぁおー……彼って案外、体力があったのね」

樹里「──いえ、違うと思います」

森島「え?どういうこと?」
566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 20:18:51.74 ID:c7RtY+ZY0
樹里「──あの人は、本気なんです。色々と…」

樹里「なににたいしても、一生懸命になれる…とことん頑張れる」

樹里「憎まれ口叩いたぼくにたいしても、橘先輩は……すぐに助けてくれました…」

森島「うん、しってるわ。彼はそんな子だもの」

樹里「──……完敗です。これはもう、何も言えないぐらいに……ぼくは負けました」

森島「…………」

樹里「──先輩、いままでぼくのわがままに付き合ってくださって本当にありがとうございました」

森島「いいのよ、わたしもけっこう楽しかったし」

樹里「あはは……それを言っていただけると、幸いです──それと」

森島「うん?どうしたの?」

樹里「……ぼく、まだ学校を続けてみたいと思います」
567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 20:23:15.95 ID:c7RtY+ZY0
森島「わぁお!親御さんたちは大丈夫なの?」

樹里「大丈夫じゃないと思いますけど……それでも、頑張れると思うんです」

樹里「これは理屈じゃなくって、ただの妄想かもしれない──
でも、それをやってのけた人を、ぼくは……見てしまいましたから」

森島「──そう、キミも橘君と出会ってよかったわね。本当に!」

樹里「──ええ、本当に」

樹里「……それじゃあ、ぼくは帰ります。親にさっそく言わなくちゃいけないので…」

森島「ファイトよ!──……樹里君!」

樹里「……はい!先輩も、そんなに気負わないで……素直になってくださいね!」すたすた…

森島「…………」

森島「……ありがと、樹里くん」
569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 20:29:33.46 ID:c7RtY+ZY0
森島「………あ、そういえば保健室いかなくちゃ!」

保健室

塚原「ふ、ふくろ……袋……ない、ビニール袋でもいいのに、なにか…なにか…」

純一「」

塚原「──どうしよう、ああ、本当に……っ!」

塚原「……そういえば、過呼吸は…他人の口同士を合わせた空気交流でも治るって……」

塚原「──ってだめよ響!何を考えてるの!これは、これはいけないこと……」

純一「」

塚原「で、でも……今は袋は無いし…橘君も苦しそうだもの……」

塚原「…………………………………………………」
塚原「…………………………………………………ちょとだけなら、うん」すっ…

塚原「っ……」ドキドキドキドキ…
574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 20:33:56.12 ID:c7RtY+ZY0
塚原(もう、唇が目の前───!!)すっ

森島「ひびきちゃんいるー?」

塚原「きゃぁああ!!」どすっ

純一 ゴフッッ

塚原「はぁっ…はぁっ…は、反射的に…お腹殴っちゃった…」

森島「え──ひびきちゃん、それがかこきゅうの治療法なの?」

塚原「え、あ、ああ……そうなの!これがね!良い方法なの!」ドスドスドグッ

純一 びくんっ

森島「あ、ホントだ。少し目が覚めそうだわ!」

塚原(え、ホントに……?)

純一「け、けほっ……あ、あれ?ここは……?」
581: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 20:39:28.00 ID:c7RtY+ZY0
森島「なんかね、橘くん──かこきゅうって奴になってて、ひびきちゃんがここに運んでくれたの」

純一「か、過呼吸……? あ、そういえばゴールしてからの記憶があいまいだ……」

純一(こ、これは記憶が無くなった理由と関係ないよな……なっ!?)

塚原「……コホン。た、橘君…容態はどう?」

純一「え? とりあえずありがとうございます……なんかお腹が痛いですけど…意識もはっきりしてます」

塚原「そ、そう……それはよかったわ、うん」

純一「……?」

塚原(──実はちょっと、口先が触れてたは……自分だけの秘密にしておかなくちゃ…)

塚原「……七咲、ごめんね…」

純一「な、なんか塚原先輩のようす……おかしくありません?」

森島「そう? 何時も通りだともうけど?」
583: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 20:45:25.72 ID:c7RtY+ZY0
森島「それよりも!ねぇ橘君!牛丼たべいかない?」

純一「へ? 牛丼…?」

森島「そうそう! このまえ樹里君と食べ行った時、すっごく美味しかったの!
あーんっ!またあの汁気たっぷりのどんぶりに箸を差し込みたいわ!」

純一「えっとその、いいですよべつに」

森島「ほんとにっ!? じゃあじゃあ、ひびきちゃんも一緒にどう?」

塚原「ファースト──……え?うん、いいわよ!全然わたしもいく!」

純一「お、おう……塚原先輩も乗り気だ…!」

森島「オーキドーキー! ならさっそくみんな着替えて、食べに行くわよ!」




………
……

585: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 20:51:11.24 ID:c7RtY+ZY0
数十分前・とある廊下


「…………」すたすた…


「ご、ごっぉおおおお……るぅ……!!!」


「っ!……あれは──」すた…


「え、な、あ、は、はい……ぐるー」


「──……ッチ。本当にあなたって、何時までも幸せそうね」

「なにもかも、知らないふりをして。何もかも知ってるふりもして。
そこに何が待ってるかなんて、一切考えてない……」

「弱い皮を、被った人間」

「──私よりも、よっぽど達が悪い……」すたすた…

「──この世界でも、また〝失敗〟しなさい……橘 純一」


前篇 終
587: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 20:53:28.12 ID:c7RtY+ZY0
とりあえず前篇終了
三人の攻略をいたしました

後編も考えてるけど、どうも具合が悪い
ひとまずここで終わりにする感じにしたいんです

そうなると、後編は後日になる感じになります
だからとりあえず、ここで終わりといたします


604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 21:11:39.48 ID:dMjWuBIL0
乙!
続きも楽しみにしてるぜ
605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 21:19:08.35 ID:kC21vnYz0
すんばらしい!

このシリーズ:

美也「にぃにー! あっさだよー!」【前編】


美也「にぃにー! あっさだよー!」【中編】


美也「にぃにー! あっさだよー!」【後編】


 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア