FC2ブログ

加賀「い、痛いわ翔鶴! やめて!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:07:27.32 ID:F9/WJ3ch0
翔鶴「うるさい!」バシッ

加賀「うっ・・・!」

翔鶴「貴女が悪いんですよ?」

翔鶴「大人しく私の言うことを聞かないから」

翔鶴「今日の稽古・・・」

翔鶴「あれ、何だったんですか?」

翔鶴「ねぇ?」

加賀「うぅ・・・」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446646047


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:16:20.64 ID:F9/WJ3ch0
翔鶴「加賀さん、私はあれは何だったのかと聞いているんです」

翔鶴「早く答えて下さい」

加賀「・・・・・・」

翔鶴「・・・あまり私を怒らせない方が良いですよ?」

翔鶴「ふんっ!」バシッ

加賀「ぐっ・・・!」

翔鶴「加賀さん、今日のあの生ぬるいやり方は何だったんですか?」

翔鶴「私、瑞鶴には徹底的に厳しく指導して下さるように言っていますよね?」

翔鶴「どれほど上達しても、冷たく接するようにと」

翔鶴「そうですよね?」ニコ

加賀「・・・・・・」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:22:09.89 ID:F9/WJ3ch0
加賀「・・・それに何の意味があるの」

翔鶴「はい?」

加賀「瑞鶴に冷たく接することに、何の意味があるというの」

翔鶴「・・・・・・」

加賀「・・・私、もうこれ以上瑞鶴に酷いことはできないわ」

加賀「あの娘には何の罪もないのに」

加賀「どうしてあの娘を悲しませるようなことをしなくてはいけないの?」

翔鶴「・・・随分と生意気な口をきくんですね」

翔鶴「ふんっ!!」バシッ

加賀「うっ・・・!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:26:48.38 ID:F9/WJ3ch0
翔鶴「満足に自分を演じることもできないんだなんて」

翔鶴「本当に役立たずですね」

加賀「くっ・・・!」

翔鶴「良いですか?」

翔鶴「私がやれと言ったんです」

翔鶴「貴女はただ私の言うことを聞いていれば良いんですよ」

翔鶴「何故こんな簡単なこともできないんですか?」

翔鶴「一航戦のくせに」

加賀「・・・・・・」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:32:13.46 ID:F9/WJ3ch0
翔鶴「加賀さんは普段から無愛想ですからね」

翔鶴「いつも仏頂面をしていて」

翔鶴「会話も上手くできなくて」

翔鶴「みんなから怖がられて」

翔鶴「無感情の鉄仮面で」

加賀「・・・・・・」

翔鶴「そんな人が、瑞鶴を褒める?」

翔鶴「褒める、ですって?」

翔鶴「ふふ・・・」ニコ

翔鶴「・・・・・・」





翔鶴「あぁぁぁぁぁぁっ!!」バシィッ

加賀「いやっ!?」ガク

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:35:32.41 ID:F9/WJ3ch0
翔鶴「何であんなことをしたんですか!」

翔鶴「ふざけているんですか!?」

翔鶴「どうして私の言うことを聞いてくれないのよ!」

翔鶴「このぉっ!」バシッ

加賀「いやぁっ! やめてっ!」

翔鶴「面白くない! 面白くないわ!!」バシッ

加賀「痛い・・・!」

翔鶴「はぁ・・・はぁ・・・!」

加賀「うぅ・・・」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:36:43.51 ID:qeJ4q34GO
何故だか興奮する
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:42:10.42 ID:F9/WJ3ch0
翔鶴「こんなに痛い目に遭っても、まだわからないんですか?」

翔鶴「本当に学習能力がないんですね?」

翔鶴「私の言うことを聞かない限り、私は貴女に酷いことをします」

翔鶴「素直になった方が、自分の身のためになりますよ?」クイ

加賀「くっ・・・!」

翔鶴「加賀さん、中々綺麗な顔立ちをしていますからね」

翔鶴「傷跡を残したくないでしょう?」ニヤ

加賀「っ!」キッ

翔鶴「・・・・・・」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:46:23.09 ID:F9/WJ3ch0
翔鶴「何ですか、その反抗的な目は」

翔鶴「ふんっ!!」バシッ

加賀「うぅっ・・・!」

翔鶴「それは私に向けるものではないですよ?」

翔鶴「瑞鶴に向けるものです」

翔鶴「このマヌケ」

加賀「・・・・・・」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:50:55.05 ID:F9/WJ3ch0
加賀「うっ・・・くっ・・・!」グス

翔鶴「あらあら! 加賀さん、泣くことなんてできたんですか!」

翔鶴「あはは! 何て滑稽なのかしら!」

加賀「翔鶴・・・お願いだから目を覚まして!」

加賀「一体どうしてしまったのよ!」

加賀「以前の貴女はこんなことをしなかった!」

加賀「貴女は変わってしまったわ!」

翔鶴「・・・・・・」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:59:59.52 ID:F9/WJ3ch0
加賀「瑞鶴を虐めてほしいだなんて・・・そんなの間違っているわ!」

加賀「貴女の大事な妹なんでしょう!?」

加賀「私にとっても、瑞鶴は大切な後輩よ!」

加賀「貴女も例外じゃないわ!」

加賀「悪いことをしたら叱って、良いことをしたら褒める・・・」

加賀「当たり前のことじゃない!」

加賀「どうしてあの娘だけに、辛い思いをさせなくてはならないの!?」

加賀「私だってあの娘を可愛がりたい! もっと大切にしたい!」

加賀「どうして私がこんなことをしなくてはならないの!」

加賀「狂っている・・・貴女は狂っているわ!」ポロポロ

翔鶴「・・・・・・」





翔鶴「言いたいことは」

翔鶴「それだけですか?」

翔鶴「加賀さん」ニコ





加賀「!?」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:05:34.36 ID:EU6S5qwg0
翔鶴「あぁ・・・あぁ・・・貴女はどこまでも愚かな女」

翔鶴「私が変わってしまった?」

翔鶴「えぇ、変わりましたよ」

翔鶴「貴女の所為でね?」

加賀「え・・・?」

翔鶴「それに、変わってしまったのは私だけではないんです」

翔鶴「あの娘・・・瑞鶴も変わり果ててしまった」

翔鶴「あの娘がここに来たての頃は」

翔鶴「左も右もわからない状態でした」

翔鶴「私は先に着任していましたから」

翔鶴「それはそれは、優しく何でも教えてあげましたよ?」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:11:58.87 ID:EU6S5qwg0
翔鶴「ただ、弓に関しては貴女が指導係になった」

翔鶴「最初は上手くできなくて当然」

翔鶴「それでも加賀さんは、瑞鶴に厳しく指導しました」

翔鶴「瑞鶴、最初のうちはいつも愚痴をこぼしていました」

翔鶴「ときには挫けそうになっても」

翔鶴「私はいつも瑞鶴を励ましていました」

加賀「・・・・・・」

翔鶴「必死に頑張った結果、瑞鶴も本当に強くなりました」

翔鶴「そして、貴女は瑞鶴を認めてしまった」

翔鶴「褒めてしまった」

翔鶴「えぇ、瑞鶴は大層喜んでいましたよ?」

翔鶴「私が見たこともないような笑顔をして」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:17:10.50 ID:EU6S5qwg0
翔鶴「それからのあの娘は、いつも貴女のことばかり」

翔鶴「口を開けば加賀さん」

翔鶴「行動をするにも加賀さん」

翔鶴「そう、瑞鶴は加賀さんとの接触の機会を多くとるようになったんです」

加賀「・・・・・・」

翔鶴「貴女も満更ではない様子でしたよね?」

翔鶴「それを見て、あの娘はさらに嬉しそうに微笑みました」

翔鶴「こうなったのも、翔鶴姉のおかげだよ」

翔鶴「今まで支えてくれて、ありがとうね・・・と」

翔鶴「瑞鶴はそう言ったんです」

加賀「・・・・・・」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:23:03.52 ID:EU6S5qwg0
翔鶴「私は貴女のために瑞鶴を支えたわけではない・・・」

翔鶴「私は・・・私は瑞鶴のためだけに瑞鶴を支え続けた・・・!」

翔鶴「不幸艦と馬鹿にされようと、あの娘のためだけに私は体を張っていたんです・・・!」

翔鶴「それなのに・・・それなのに、加賀さんは・・・!」

翔鶴「ボロボロになった私を嘲笑うかのように!」

翔鶴「瑞鶴を奪っていった!」

翔鶴「私の大切な! 可愛い可愛い瑞鶴を奪っていった!」

翔鶴「この泥棒ぉっ!!」バシィッ

加賀「痛いっ・・・!?」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:37:45.14 ID:EU6S5qwg0
翔鶴「瑞鶴が甘えて良いのは私だけ!」

翔鶴「瑞鶴が微笑んで良いのは私だけ!」

翔鶴「そう! 姉である私だけなんですよ!」バシィッ

加賀「ひっ・・・う・・・!」ガクガク

翔鶴「翔鶴姉、翔鶴姉と言って私の後をついてくる瑞鶴は!」

翔鶴「私だけのものなのよぉっ!!」バシィッ

加賀「うぅ・・・っ!」ポロポロ

翔鶴「はぁ・・・はぁ・・・!」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:47:42.59 ID:EU6S5qwg0
翔鶴「あの娘、急に加賀さんから冷たくされてから」

翔鶴「すごく落ち込んでいるんですよ」

翔鶴「自分が不甲斐ないからだと」

翔鶴「自分を責めているんですよ?」

翔鶴「あんな状態になっても、あの娘は加賀さんのことばかり・・・」

翔鶴「・・・・・・」

翔鶴「・・・返して!!」クワッ

翔鶴「私の瑞鶴を返してよ!!」

翔鶴「返せぇっ!!」バシィッ

加賀「うぅ・・・!」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:49:14.63 ID:EU6S5qwg0
翔鶴「・・・まぁ、修復はもうできませんね」

翔鶴「貴女は散々瑞鶴を悲しませましたからねぇ」

加賀「ひっく・・・!」グス

翔鶴「・・・ですからね? 加賀さん」グイッ

加賀「ふぐっ・・・!」

翔鶴「あの娘を突き放してあげて下さい?」

翔鶴「それを、ずっと続けて下さい?」

翔鶴「そうすれば、いつかあの娘は私に振り向いてくれる」

翔鶴「私のもとに帰ってきてくれる」

翔鶴「ふふ・・・そうだわ・・・きっとそうに違いない」

翔鶴「ふふ・・・ふふふふふふ・・・・・・」ニコニコ

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:58:36.28 ID:EU6S5qwg0
翔鶴「もしできないと言うのなら」

翔鶴「私の16万馬力で、赤城さんを滅茶苦茶にしちゃいますからね?」

加賀「!?」

加賀「あ、赤城さんには手を出さないで!」

翔鶴「へぇ、赤城さんのことになると、こうも変わるんですか」

翔鶴「面白いんですね、加賀さんって」クス

加賀「くっ・・・!」

翔鶴「あぁ、私も加賀さんにとっては可愛い後輩なんですっけ?」

翔鶴「こんなに酷いことをされているのに?」

翔鶴「あはは! だからやり返さないって?」

翔鶴「本当、甘い先輩ですこと」ニヤ

加賀「もう嫌・・・もう嫌よ・・・! うっ・・・うぅ・・・っ!」ポロポロ















提督「・・・・・・」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:03:11.12 ID:EU6S5qwg0
加賀「!!」

加賀「て、提督!」

提督「・・・・・・」

翔鶴「あら提督、お疲れ様です」ニコ

翔鶴「・・・見ていたんですか?」

提督「・・・あぁ」

翔鶴「そうですか・・・」

加賀「て、提督・・・!」

加賀「翔鶴がおかしくなってしまったんです!」

加賀「この娘、きっと心の病気なんだわ!」

加賀「だ、だから・・・!」

提督「・・・・・・」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:06:36.11 ID:EU6S5qwg0
翔鶴「提督」ニコ

提督「・・・・・・」

提督「・・・すまんな加賀」

加賀「!?」

提督「君が可哀相な目に遭っているのは」

提督「以前から知っていたんだ」

加賀「え・・・」

提督「私も翔鶴には弱みを握られていてねぇ」

提督「逆らえないんだ」

加賀「そ、そんな・・・!」

翔鶴「ふふ・・・」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:12:25.75 ID:EU6S5qwg0
翔鶴「うーん・・・そうですねぇ」

翔鶴「折角提督もいらしたことですし」

翔鶴「楽しいことをしましょうか、加賀さん」ガシ

加賀「!?」

加賀「いやっ! は、放して!」ジタバタ

翔鶴「加賀さんは本当に人の話を聞かない人ですから」

翔鶴「提督からもお仕置きをしていただかないといけませんね」

翔鶴「さぁ、提督」

翔鶴「加賀さんを犯して下さい?」

翔鶴「女としての、大事なものを奪われたのなら」

翔鶴「態度も変わってくるでしょう?」

翔鶴「ねぇ? 加賀さん」ニコ

加賀「い、いやぁっ!!」ジタバタ

提督「・・・・・・」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:17:33.09 ID:EU6S5qwg0
加賀「だ、誰か助けて!」

加賀「赤城さん・・・瑞鶴!」ジタバタ

提督「・・・・・・」

提督「」サワ

加賀「ひっ!?///」ビク

提督「許してくれ、加賀」モミ

提督「君に罪はないんだ」モミモミ

加賀「あっ・・・///」

提督「俺を恨むなよ?」キュッ

加賀「んんっ!///」ビク

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:21:24.34 ID:EU6S5qwg0
加賀「や、やめ・・・て・・・///」

提督「・・・はは、本当にそう思っているのか?」

加賀「な、何を・・・///」

提督「乳頭が勃っているじゃないか」コリッ

加賀「んっ!///」ビクン

提督「犯されているというのに、まさか感じているのか?」

加賀「ば、馬鹿なことを言わないで・・・!///」キッ

提督「だとしたら、とんでもないドMだな」サワサワ

加賀「ふっ・・・くっ・・・!///」ビクビク

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:28:55.73 ID:EU6S5qwg0
提督「ん? 加賀、何だこれは」スル

加賀「ひぅっ!?///」ビク

提督「何でこんなに濡れているんだ?」クチュ

加賀「う・・・///」

提督「まさか・・・翔鶴に虐待されて」

提督「興奮していたのか?」

提督「・・・この変態女」クチュクチュ

加賀「あぁっ!?///」ビクビク

提督「加賀、お前には正式に処罰を下してやろう」

提督「覚悟しろ」コリッ

加賀「んあぁっ!///」ビクン

翔鶴「あらやだ・・・加賀さんの顔すごくいやらしいわ///」

翔鶴「わ、私まで変な気持ちに・・・///」ジュン

翔鶴「て、提督! わ、私にも・・・!///」

提督「待て待て、そう焦るな」

提督「お前もたっぷり可愛がってやるよ」チュ

翔鶴「んっ・・・///」















瑞鶴「・・・・・・」




38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:35:25.94 ID:EU6S5qwg0
提督「ふふ・・・気持ち良いのか?」ゴソゴソ

加賀「はっ・・・あっ・・・///」ビク

翔鶴「はぁ・・・はぁ・・・///」クチュクチュ

瑞鶴「・・・・・・」

瑞鶴「・・・あのさぁ」

提督「ん? 瑞鶴じゃないか」

翔鶴「どうしたの? 瑞鶴」

加賀「折角良いところなのに」

瑞鶴「」プルプル

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:41:23.67 ID:EU6S5qwg0
瑞鶴「あんた達私の部屋で何をしているのよ!?」

翔鶴「瑞鶴、ここは私と貴女の部屋よ?」

瑞鶴「うるっさいよ!」

提督「何って・・・加賀の考えてくれたドロドロ昼ドラプレイの予行演習だけど?」

加賀「濡れました」

瑞鶴「何でこの部屋でやるのよ!」

翔鶴「瑞鶴・・・自分も混ざりたいのなら、そう言えば良かったのに・・・」

翔鶴「お姉ちゃん、その方がもっと興奮したわ///」

瑞鶴「混ざりたくもないわよ!」

加賀「台本、書き直すわね」

瑞鶴「しなくて良いわよ!」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:55:30.09 ID:EU6S5qwg0
瑞鶴「大体ねぇ! こういうのは提督さんの部屋とかでやってよ!」

瑞鶴「人が良い気持ちで寝ているっていうのに!」

瑞鶴「何か騒がしいと思って起きてみればこれよ!」

瑞鶴「誰が好き好んで、あんた達の夜の事情なんて見なければいけないのよ!?」

提督「そう怒るな瑞鶴、胸が薄くなるぞ?」

瑞鶴「」イラ

提督「いやなぁ? 折角予行演習するなら」

加賀「誰かに見ていただいた方が良いわ」

翔鶴「瑞鶴なら、きっと立派な評価をくれると思うわ///」

瑞鶴「私の評価はこれよっ!!」バシィッ

防空棲姫「イックゥ!?///」ビクン

瑞鶴「あ、ゴメン」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 02:07:28.86 ID:EU6S5qwg0
提督「まったく瑞鶴は酷いなぁ」

提督「酷いのは胸だけにしとけよ」

瑞鶴「」ビキビキ

翔鶴「まぁまぁ、瑞鶴もしっかり見てくれたことですし」

翔鶴「今日はこの辺までにしましょう?」

加賀「・・・生殺しね」

提督「大丈夫だ、続きは本番で・・・な?」チュ

加賀「///」

瑞鶴「・・・・・・」

提督「なんだ瑞鶴、まだ何かあるのか?」

提督「あ、もしかして嫉妬か?」

提督「おいおい、女の嫉妬ほど醜いものはないんだぞ?」ニヤニヤ

翔鶴「瑞鶴・・・貴女・・・」ジト

加賀「」ジト

瑞鶴「・・・・・・」

提督「ま、俺達は心が広いから許してあげるよ」

提督「何て言ったって、俺達はラブラブだからね!」ドヤ

提督「ねー?」

翔鶴「ねー?」

加賀「ねー?」

瑞鶴「」プルプル





瑞鶴「そんなに叩かれたいのなら!」

瑞鶴「思う存分叩いてあげるわよぉっ!!」

瑞鶴「提督さんの馬鹿ぁっ!!」バシィッ

提督「おぉっ!?///」ビクン

瑞鶴「翔鶴姉のワスプ!!」ゴキィッ

翔鶴「あぁん!?///」ジュン

瑞鶴「この元ドーントレス!!」バシィッ

加賀「加賀ですぅ!?///」ヌル










瑞鶴「一航戦も五航戦も大っ嫌い!!!!」










終わり

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 23:18:37.00 ID:Fp2/jGw6O

これは瑞鶴はキレていいww

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。