FC2ブログ

【艦これ】提督「執務室が静かすぎる」【安価】

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 01:45:40.15 ID:YrdnNKPR0
鎮守府

提督「執務室が、静かすぎる」

提督「今まで艦娘達とはビジネスライクな関係でやってきて、それで問題が無いと思っていたが……」

提督「先日、他の鎮守府を視察した際に聞いた話では、提督と艦娘はもっと親密な関係なのが普通なのだとか」

提督「中には恋仲、夫婦になっている提督もいるとの事だ」

提督「ここも、そうしていった方がいいのだろう……」

提督「いくら何でも秘書艦すらいないというのは問題だ」

提督「とはいえ、今までそういった触れ合いをしてこなかった私だ……」

提督「……一人ずつ、少しずつ、コミュニケーションを取って行こう」

提督「……まずは、↓2と↓4をしてコミュニケーションを取ろう」
 


注目記事




8: 下にずらして進行させていただきます 2018/02/08(木) 02:13:42.26 ID:YrdnNKPR0
提督「初霜に可愛いと言い続けるか」

提督「……コミュニケーションか? これは」


廊下


初霜(今日は待機命令ですから、装備の整備をして過ごしましょう!)

提督「初霜、ここにいたか」

初霜「提督! お疲れ様です!」

提督「お疲れ、初霜。ところで……」

初霜「はい!」

提督「初霜は可愛いな」

初霜「はい! はいっ!?」

提督「その背筋を正して少し強張った敬礼姿がもう可愛いぞ」

初霜「えっ、えっ……? 提督、どうしたんですか?」

提督「日々、どんな事にも真面目に取り組む姿も可愛い。くせっけな長い髪も可愛い」

初霜「えーっと……。酔っている、とかですか……?」

提督「いいや。私は酒に強くないので進んでは飲まん。いやもう初霜は存在が可愛いな」

初霜「えっと……あの……! あぅ……//」

提督「初霜可愛い! 可愛いぞ!」

初霜「~~~~~//」


執務室


提督「走って逃げられてしまった」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 02:16:01.89 ID:YrdnNKPR0
提督「正解だったのだろうか……」

提督「まあ、コミュニケーションの基本は会話だ」

提督「そして、初霜と会話は成立していた。これでいいはずだ」

提督「さて、次は↓2と↓4をしよう」
 
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 02:44:10.82 ID:NUyfFhSWO
皐月
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 03:25:03.84 ID:ht92PZZj0
陸上型深海棲艦を倒した褒美として軍刀をあげる。
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 03:44:21.86 ID:YrdnNKPR0
提督「そういえば、皐月が陸上に適応した深海棲艦を倒したという報告があったな」

提督「陸上型の深海棲艦という未知の敵を倒したのだ。褒賞があるべきだな」

提督「早速皐月を呼ぼう」


十数分後


皐月「何? どうしたの司令官。僕に何か用?」

提督「うむ。皐月、先日の陸上型深海棲艦との戦闘、見事だった」

提督「突然の、しかも未知なる敵との戦闘を、見事に撃破という形で終わらせた。その褒美として、これを渡そう」

皐月「んっ、何これ? 軍刀?」

提督「ああ。私がかつて使っていた軍刀だ。使い古しで悪いが……」

皐月「ううん! 凄いかっこいい! ありがとう司令官!」

提督「ああ……。あまり振り回すなよ?」

皐月「はーい! 早速みんなに自慢してくるよ!」

提督「……本当に分かってるのか?」

皐月「大丈夫だって! そんなに心配して、可愛いね! 司令官!」

提督「……元が儀礼用の物とはいえ、刃物だからな。気を付けるように」

皐月「もう、分かったって! じゃあ、ありがとう司令官!」

提督「行ったか……。喜んでもらえたようで何よりだ」

提督「そうだ。普通、こういうのだよな……。さっきの初霜のはちょっと違った気が……」

提督「いや、自分を信じるんだ。↓1に↓2をするか」
 
 
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 03:48:33.10 ID:Tw3JoyAq0
のわっち
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 05:36:22.79 ID:NME9idjBO
せくはら
20: 起きました。再開します 2018/02/08(木) 10:01:12.38 ID:YrdnNKPR0
提督「野分にセクハラをするか」

提督「……コミュニケーション、か?」


数十分後


野分「司令、演習の報告書をお持ちしました」

提督「ああ。お疲れ」

提督(まあボディタッチも立派なコミュニケーションに当たるだろう)

提督「ほう。MVPは野分か。流石だな」

野分「いえ……。私なんてまだまだです」

提督「いやいや。野分はよくやってくれているよ。そうだ。マッサージをしてやろう」

野分「そんな、司令にそのような事……」

提督「気にすることはない。ほら、ここに座るんだ:

野分「はあ……」

提督「ふむ……。さすがに肩は凝ってないようだな」

野分「ですから大丈夫ですと……」

提督「だが、腕の辺りはどうだ?」

野分「えっ、司令、ちょっと、ひゃん!?」

野分「……司令?」

提督(二の腕を揉んだのだが、やり過ぎたか……?)


野分は怒った? それとも照れ隠し? ↓2
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 10:09:03.20 ID:HfoFyvM4o
もっとしてほしいとねだってくる
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 10:23:36.36 ID:YrdnNKPR0
野分「気持ちいいです! もっとしてください!」

提督「えっ。ああ、そうか? では、二の腕から手のひらまでゆっくり……」

野分「んっ……! んんっ! 気持ちいいですぅ……」

提督「足のマッサージもしよう」

野分「はぁい……」

提督(うーむ……。ただのマッサージなんだが……)

野分「んっ、ふぅ……! あっ、ん……!」

提督(エロイ)

野分「しれぃ……こし、もっとぉ……」

提督(エロイ)


三十分後


提督「結局全身マッサージしてしまった」

提督「で、当の野分は……」

野分「zzzzz……」

提督「よほど気持ち良かったのか寝てしまった。私にはマッサージの才能があるのかもしれん。覚えておこう」

提督「しかし、あれだけ身体を触らせてくれるという事は、野分の私への好感度は案外高いのかもしれないな」

提督「さて……。野分はいるが、次は↓1と↓2をしてみるか」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 10:24:28.25 ID:gY0c/jhK0
401
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 10:26:04.23 ID:Pcg6Okpn0
掃除
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 10:36:40.82 ID:YrdnNKPR0
提督「しおいと掃除をするか」

提督「共同作業は人と人を打ち解けさせるのに良いと聞いた事がある」

提督「倉庫の掃除をしよう」


倉庫


しおい「提督、突然掃除しようなんてどうしたの?」

提督「しおいと何か共同で作業をしようと考えた時、そういえばここの掃除を疎かにしていた事を思い出してな」

しおい「えっ……? それってどういう……」

提督「なら、いっそしおいと掃除でもするかと思ったんだが、嫌だったか?」

しおい「いえ! 全然全然! さっ、頑張って掃除しましょう!」

提督「そうだな。この魚雷は……。魚雷? 何故こんな所に魚雷が……」

しおい「あっ、提督、艤装の整理は私に任せてくださいね!」


掃除中、何かハプニングはあった? 恙無く進行した? ↓2
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 10:49:10.25 ID:nGGUWGpj0
提督が隠していた薄い本をしおいが見つけた
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 10:50:02.94 ID:YrdnNKPR0
ちなみに、薄い本はどんな内容の薄い本? ↓2
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 10:59:22.81 ID:xe96OncYO
サークル「お嬢の浴室」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 11:08:00.14 ID:bE8ZvsVI0
世紀末鎮守府かな?
34: 調べた結果、顔中草塗れや 2018/02/08(木) 11:09:40.37 ID:YrdnNKPR0
しおい「あれ? 提督、この本なーに?」

提督「ああ、それは……」

しおい「むー……。何か可愛い女の子の絵が……」

しおい「…………」

しおい「…………!?」

しおい「えっ、何これは……」

提督「なかなかユニークだろう? 私も北斗の拳は世代だからな。思わず買ってしまった」

しおい「へー……」

しおい「……ぷっ!」

提督「良ければ持って行っていいぞ。もう読まんからな」

しおい「いいんですか!? それじゃあ、貰っちゃいまーす!」

提督「だが、読むのは掃除を終わらせてからだぞ?」

しおい「はーい! じゃあ、ぱぱっと終わらせちゃいましょう!」


執務室


提督「掃除は問題なく終わって良かった」

提督「しかし……。そうか……。あんなところに置いてたか……」

提督「……まあ、処分は後日で良いだろう」

野分「zzzzzz……」

提督「さて、次は↓1と↓2をするとしようか」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 11:10:04.16 ID:nGGUWGpj0
木曾
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 11:16:04.16 ID:ht92PZZj0
豆まき
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 11:24:20.57 ID:YrdnNKPR0
提督「木曾と豆まきをするか」

提督「時季は過ぎたが、当日出来なかったからちょうどいいだろう」


廊下


木曾「それで、こんなに大量の豆を持ってきたのか」

提督「ああ。どうだ木曾。私と豆まき……。してくれるか?」

木曾「いいぜ! 俺とお前の仲じゃないか!」

提督「それでは始めるか。鬼はー外ー!」

木曾「福はー内ー!」

提督「鬼はー外ー!!」

木曾「福はー内ー!!」

木曾「なかなか楽しいな! 鬼はー外ー!!!」

提督「そうだな! 福はー内ー!!!」


何事も無く豆まきは終了した? ↓2
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 11:32:43.83 ID:Q42KZDtvO
投げた豆が大井に直撃
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 11:48:56.75 ID:YrdnNKPR0
提督「鬼はー……外ぉぉぉぉぉおおおおお!!」

木曾「なかなか良い肩をしているな! 福はぁぁぁぁ内ぃぃいいいいいい!!」

提督「木曾も流石だな! 鬼はぁぁぁあああ……!!」

木曾「鬼はぁぁぁあああああ……!!」

大井「提督、木曾? こんな所で何を……」

提曾「外ぉぉぉぉおおおおおおおおお!!!」

大井「へっ?」


私はその光景を、生涯忘れることはないだろう。

私と木曾の放った全力の豆が、散弾銃のように大井に当たり、大井は後方に飛んだ。

この時私の胸中にあったのは、大井の安否だった。

いくらただの豆と言えど、全力で投擲されれば怪我の一つは免れない。そう思ったのだ。

だが、私は艦娘という存在をまだ理解しきれていなかった。

豆に当たり後方に飛んだ大井は、空中で体勢を戻して着地し、その勢いを足で殺し。


大井「……提督、木曾? 少しお話があるんですが?」

提曾「…………(ガタガタガタガタガタ)」


背に鬼神を背負った笑顔で、私達の胸倉を掴み上げて来たのだ。

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 11:55:28.33 ID:YrdnNKPR0
執務室


提督「殺されるかと思った」

提督「艦娘が本気を出すと、骨の一本や二本、容易く折られるという事が分かった」

提督「明石と夕張がいなければ、今こうしてここに居られなかっただろう」

提督「ちなみに木曾は入渠中だ。まさか大破までさせられるとは……」

提督「大井の評価は下がっただろうが……。続けるとしよう」

提督「次は↓1と↓2をするとしよう」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 11:55:40.59 ID:ZyPcRBg1o
羽黒
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 11:57:10.03 ID:s08bP3nDO
散歩
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 12:11:06.90 ID:YrdnNKPR0
提督「羽黒と散歩するとしよう」

提督「やはり、物を投げるとかそういうのはダメだ。怪我人が出る。主に私が怪我をする」

提督「平和的なもので行こう」


鎮守府内 庭


羽黒「司令官さん、お誘いいただきありがとうございます……。ですが、どうして急にお誘いを……? 嫌な訳じゃないですが! 急だったので……」

提督「ああ、思えば羽黒とは、着任時に少し話したくらいであまり話したことが無かったのを思い出してな」

提督「少し、話をしてみようかと思ったのだ」

羽黒「そう、ですね……。お話した事、無かったですね……」

提督「ああ、そうだな……」

羽黒「…………」

提督「…………」

提黒(話が続かない……)


何か話の話題を提供してあげてください。↓2
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 12:15:12.65 ID:9XyjE3X50
皆が自分のことをどう思っているか
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 12:21:06.58 ID:YrdnNKPR0
提督「羽黒、つかぬ事を訊くのだが……」

羽黒「はい。何でしょうか?」

提督「私は、他の艦娘達からどう思われているのだろうか」

羽黒「どう、とは……?」

提督「正直な話、私は艦娘達とそれほど交流をしてこなかった」

羽黒「…………」

提督「だからという訳ではないが……。皆からの私への評価がどうなっているのか気になっているのだ」

羽黒「それは……。↓2」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 12:26:20.91 ID:D+VqblMco
皆もっと仲良くなりたいと思っている
51: やさしいせかいで私は嬉しい 2018/02/08(木) 12:36:44.74 ID:YrdnNKPR0
羽黒「みんな、もっと司令官さんと仲良くなりたいと思っていますよ?」

提督「……本当か?」

羽黒「はい。もっと司令官さんとお話したりしてみたいと思っていますけど、駆逐艦の子達なんかは委縮しちゃっているみたいで……」

提督「そうか……。もう少し、雰囲気を軟化させた方がいいのだろうか」

羽黒「はい。ですけど、ふふっ!」

提督「んっ?」

羽黒「今の司令官さんなら、きっとみんな話しかけてくれると思いますよ?」

提督「そうか?」

羽黒「はい! みんなに歩み寄ろうとする今の司令官さんは、とってもお話しやすいです」

提督「そうか……。ありがとう羽黒。散歩に誘ったというのに、悩み相談のようになってしまって」

羽黒「いえ、私で良ければ、またいつでもご相談してください!」

提督「ふふっ……。本当に、ありがとう。羽黒」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 12:39:14.08 ID:YrdnNKPR0
執務室


提督「そうか……。皆、私の事を嫌っている訳ではないのだな。それが知れただけでも大きな収穫だ」

提督「ならば、もっと色んな艦娘達とコミュニケーションを取るとしよう」

提督「早速↓1と↓2をしよう」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 12:40:22.49 ID:LDjGeIiLO
赤城
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 12:40:59.43 ID:eRCBqFw2o
あーん
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 12:51:05.96 ID:YrdnNKPR0
提督「赤城にあーんをしよう」

提督「……これは、コミュニケーションの範疇なのだろうか」


食堂


赤城「モグモグ」

提督「赤城、やはりここに居たか」

赤城「ムグッ! 提督、やはりとはどういう事ですか!」

提督「いや、他意は特には……」

赤城「まったく……。ところで、提督は何故ここに?」

提督「私も飯を食べに来たのだ。ほら、日替わり定食」

赤城「ああ。まあ、食堂に来たのですからそうですよね」

赤城「……美味しそうですね」

提督「一口食べてみるか?」

赤城「いいんですか? では、ひとくt……」

提督「ほら、あーん」

赤城「……ふぇ?」

提督「どうした? 食べないのか?」


赤城へのあーんは無事終了した? ↓2

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 12:52:51.78 ID:Dn/Z2SBA0
横から来た加賀に取られた
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 12:57:00.69 ID:s08bP3nDO
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 13:04:00.96 ID:YrdnNKPR0
赤城「で、では……。あー……」

加賀「あーん」

赤城「あー……?」

提督「かっ、加賀?」

加賀「ゴクンッ。大変美味な煮物でした」

赤城「かっ、かかかか加賀さん!? 何をして……!」

加賀「提督も赤城さんもいらないようでしたので、頂きました」

赤城「↓2」
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 13:05:50.93 ID:8gTpuEIDO
頭にきました
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 13:07:53.49 ID:xs1/8Cxv0
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 13:19:39.11 ID:YrdnNKPR0
赤城「頭に来ました」

加賀「ここは譲れません」

提督「待てお前達! こんな所で艤装を展開させるな! ちょっと待っ……!」

赤城「第一次攻撃隊、発艦してください!」

加賀「鎧袖一触よ。心配いらないわ」

提督「心配だらけだ……! お前達ー!」


執務室


提督「……さて、お前達。何故正座させられているか分かるな?」

赤賀「はい……」

提督「お前達の艦載機によって、食堂が半分吹っ飛んだのだ。分かっているな?」

赤城「申し訳ありません……」

加賀「すみません……」

提督「処罰を与えるのは当然として、加賀。何故赤城に渡そうとした煮物を盗った? 赤城も、何故周りが見えなくなるほど怒った。いつも冷静な二人らしくもない」

加賀「……↓2」

赤城「↓4」
63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 13:29:21.37 ID:XGx9R/Tco
朴念仁
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 13:31:23.16 ID:8gTpuEIDO
あーんして欲しかったからです!
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 13:42:36.94 ID:YrdnNKPR0
加賀「……朴念仁(ボソッ」

赤城「あーんして欲しかったからです! それなのに加賀さんが!」

提督「まっ、待て赤城! 詰め寄るな! それと加賀、今何と言った!?」

赤城「やっと提督と親密になるチャンスだったのに……!」

加賀「抜け駆けはさせませんよ。赤城さん(ボソッ」

提督「わっ、分かった赤城! あーんはまた今度してやるから!」

赤城「本当ですか!?」

加賀「(ガタッ!」

赤城「では、今度良いレストランを見つけたので、一緒に行きましょう!」

提督「わっ、分かった。今度行こう。だから、少し距離を取ろう。なっ?」

赤城「やった! 楽しみにしてますね!」

加賀「……ズルイです」

提督「へっ?」

加賀「私達は叱責されていたはずなのに、赤城さんばかりご褒美をもらうのはズルイです」

提督「ご褒美……? むっ、そんな、ものか?」

加賀「はい。私にもご褒美をください(ズイッ」

提督「わっ、分かった。では加賀。何か望みの物はあるか? 私の叶えられる範囲で叶えよう」

加賀「では、↓2を」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 13:47:36.30 ID:oZ9sfTYD0
安物でもいいから提督が選んだ指輪
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 13:58:41.77 ID:YrdnNKPR0
加賀「では、どんなものでもいいので、提督が選んだ指輪をください」

赤城「えっ」

提督「指輪、か?」

加賀「はい。安物でも何でも構いません。提督が自身の手で選んだ指輪を頂きたいです」

提督「分かった……。では、少し待ってもらえるか? 今度買って来よう」

加賀「分かりました。流石に気分が高翌揚します」

赤城「ちょっ、ちょっと加賀さん!」

赤城「さっき抜け駆けがどうとか自分で言ってたじゃないですか……!(小声」

加賀「デートの約束を取り付けた赤城さんに言われたくはありません(小声」

赤城「ぐっ……! ともかく、プロポーズは、分かってますね……!(小声」

加賀「そちらこそ、分かってますね(小声」

提督「二人共、どうした?」

赤城「いえ何でも」

加賀「ありません」

提督「そっ、そうか……。二人共、今日はもう下がって良いぞ。処罰は追って知らせる」

赤賀「あっ(処罰の事忘れてた……)」


提督「という訳で、二人は帰った」

提督「今度、赤城と食事して加賀の指輪を買って来なくてはな……」

提督「もしかして、こんな事しなくても私は皆から好かれているのかもしれないな……」

提督「まあ、それを確かめるためにも、引き続きやっていくか」

提督「↓1と↓2をしよう」

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:00:44.02 ID:5O4v8tyQo
あきつ丸
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:05:48.67 ID:LpAgf6QMo
次の作戦の立案
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:19:30.78 ID:YrdnNKPR0
提督「あきつ丸と次の作戦立案をしよう」

提督「元陸軍のあきつ丸なら、我々の思い付かない作戦を思い付くかもしれないし」

提督「そういう名目で会話も出来る。一石二鳥だな」

提督「早速あきつ丸を呼ぼう」


数分後


あきつ丸「失礼するであります!」

提督「来てくれたか。あきつ丸」

あきつ丸「ハッ! 次回作戦の立案とお聞きしましたが!」

提督「まあ、そう硬くなるな。委縮しては良い意見も出ないだろう」

あきつ丸「はあ……。では、失礼するであります」

提督「それで、次回の作戦なんだが、この海域に出撃しようと思っていてな……(バサッ」

あきつ丸「ふむ……。少し海図を失礼するであります」


作戦立案は問題なく進行した? ↓2
75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:22:04.54 ID:Zr/Y5g+wo
大成功
76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:31:30.07 ID:YrdnNKPR0
あきつ丸「このように、島影を利用した強襲作戦を行うのは如何でありましょう」

提督「なるほど……。確かにこれなら……」

提督「よし! では次の作戦はこれで行こう!」


後日


提督「……まさかあの作戦がここまで成功するとは」

あきつ丸「立案した自分もビックリであります」

提督「こちらの被害無しで海域にいた艦隊を全て壊滅させられるとは……。提督業をやっていて初めてかもしれん。あきつ丸。ありがとう」

あきつ丸「いえ、提督殿の指揮があってこそであります」

提督「いいや。あきつ丸の作戦が無ければ指揮の執り用も無かったさ。何か褒美を取らせたいのだが、希望はあるか?」

あきつ丸「……では、せっかくなので。↓2を」
78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:36:07.37 ID:Zr/Y5g+wo
接吻
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:45:22.13 ID:YrdnNKPR0
あきつ丸「では、せっかくなので。接吻を」

提督「んっ?」

あきつ丸「接吻を」

提督「クッソ聞き間違えじゃなかったか」

提督「いいのかあきつ丸。接吻だぞ? そんな気軽にしていい物ではないぞ? 意味わかって言ってるのか?」

あきつ丸「勿論であります。さあ、お願いするであります」

提督(あきつ丸が目を閉じた……。いっ、いや、していいのか本当に!)

提督(私はそこまで気にするタイプでもないが、キスというのは女性にとって大切ものだろう!?)

提督(そうだ、ここは……!)

あきつ丸「……あっ、ここでおでことか頬とか、ヘタレた真似したら一生軽蔑するであります」

提督(読まれてる! くぅぅ! どうする!?)

提督(あきつ丸からの好意は嬉しいが、赤城や、もしかしたら加賀からの好意を知っていながらするのは……!)

提督(ここは……!)


提督はどうすればいいのか! ↓2
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:49:09.87 ID:a9476XXKo
する
83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:59:53.15 ID:YrdnNKPR0
提督(ええい! ここまで言われて引き下がれん!)

あきつ丸「……んっ!」

提督「……ふぅ。これで、いいか?」

あきつ丸「ふふふっ。ありがとうございます。提督殿」

提督「あきつ丸、私は……」

あきつ丸「何も言わなくていいであります」

提督「えっ……?」

あきつ丸「今回は褒美として、自分の我が儘で接吻をしてもらいました」

提督「…………」

あきつ丸「ですが今度は、褒美でも何でもなく。提督殿に進んでしてもらいたいであります」

あきつ丸「今回のこれで、自分が提督殿に憎からず思われている事が分かったので、それで十分であります」

提督「あきつ丸……」

あきつ丸「ともかく! これで自分の気持ちは提督殿にお伝えしたであります」

あきつ丸「今度は提督殿の気持ちを聞かせて欲しい……。と、言いたいところでありますが」

あきつ丸「提督殿とは今までそれほど深く交流した事がないであります」

あきつ丸「そしてそれは他の艦娘達も一緒。そこで、提督殿にはもっとみんなとお話をして、熟考した上で、返事を聞かせてもらいたいのであります」

あきつ丸「その上で、自分を選んで貰えれば、嬉しいであります……」

あきつ丸「では、自分はこれで」

提督「…………」
84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:05:56.50 ID:YrdnNKPR0
提督「完敗だ……。完全にあきつ丸の方が上手だった」

提督「しかし、これはまさか……」

提督「こんな仮説が成り立つのではないだろうか」

提督「今まで誰もこの執務室に誰も寄り付かなかったのは、皆、互いが互いを牽制しあっていたからなのでは……」

提督「そして私自身が積極的に外へ出る事も無かったため、それを知らなかった……」

提督「つまり、私は一線を引いて仕事上の仲と思って付き合っていたと思っていたが」

提督「それは皆が互いにそうなるよう、牽制していたからなのでは……」

提督「……たっ、確かめねば。↓1と↓2をしよう!」
85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:06:10.54 ID:hFdZrJvOO
古鷹
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:07:05.27 ID:61/ZXNtB0
お出かけ
88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:13:06.65 ID:YrdnNKPR0
提督「古鷹と出掛けよう!」

提督「皆の目がない外でなら、本音も言いやすいだろう!」

提督「そうなれば早速準備を……!」


後日


古鷹「提督っ! お出掛けのお誘い、ありがとうございます!」

提督「いや、私が古鷹と出掛けたかったから誘ったのだ。礼はいらんさ」

古鷹「それでも嬉しいんです!」

提督「そうか……。なら、誘った甲斐もあるというものだ」

古鷹「はいっ! あっ、でもどうして古鷹とお出掛けしたかったんですか?」

提督「ああ……。実はな……」

何と言って切り出しましょう。↓2
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:14:00.15 ID:8gTpuEIDO
ゆっくり話がしたかった
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:14:07.77 ID:Zr/Y5g+wo
91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:27:38.85 ID:YrdnNKPR0
提督「古鷹とゆっくり話がしたくてな。あまり、話したことがなかっただろう?」

古鷹「確かにそうですね……。古鷹も提督とお話してみたかったです」

提督「それでは、歩きながら話すとするか」

古鷹「はい!」


しばらくして


古鷹「……あっ、提督。少しあそこに寄ってもいいですか?」

提督「服屋か……。私はあまり流行に詳しくなくてな。碌なアドバイスは出来ないぞ?」

古鷹「見るだけでも楽しいですよ? さっ、行きましょう!」

提督「分かった分かった。だから引っ張らないでくれ」

古鷹「わー……! 可愛い服ですねー!」

提督「そう、なのか? 私にはそう言ったセンスがなくてな……」

古鷹「はい! 可愛いです! あっ……」

古鷹「えっと、こっちの服も可愛いですね!」

提督(どうしたんだ? 古鷹。さっきの服……。ああ、なるほど。他の服と値段の桁が違うのか)

提督(…………)


数時間後


古鷹「もう日が暮れてきましたね……」

提督「そうだな……。早いものだ」

古鷹「提督、今日はありがとうございました! とても楽しかったです!」

提督「それは良かった……。古鷹」

古鷹「はい? 何でしょうか?」

提督「実は、古鷹にプレゼントがあるんだ」

古鷹「えっ、何ですか……? わあ……! この服……!」

提督「私からのプレゼントだ。きっと、古鷹に似合うと思ってな」

古鷹「とっても嬉しいです! ありがとうございます!」

提督「喜んでもらえて何よりだ。それでは、鎮守府に帰るとするか」

古鷹「……あの! 提督!」

提督「んっ?」

古鷹「↓2」
93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:35:30.19 ID:Y0I52dG3O
その…最近何人かの艦娘と急速に親密な関係になっているというのは事実でしょうか?
95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:39:35.79 ID:YrdnNKPR0
古鷹「その……。最近何人かの艦娘と急速に親密な関係になっているというのは事実でしょうか?」

提督「…………」

古鷹「提督……?」

提督「ああ。いや、何だ……。あー……。それを知って、古鷹はどうするつもりだ?」

古鷹「それは……。↓3」
98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:43:45.66 ID:YSVDLVbBo
消毒……
いえ、なんでもないです
101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:54:18.14 ID:YrdnNKPR0
古鷹「消毒……(ボソッ」

提督「……古鷹?」

古鷹「いえっ、何でもないです! みんなが仲良くしているなら、私も仲良くなりたいなあって思ったんです!」

提督「そうか。そうだな、最近では初霜や皐月と話したり、野分とも仲が深まったと思う。それに赤城や加賀、あきつ丸とも仲良くなったな」

古鷹「ふぅん……。そうですか……」

古鷹「あれだけ話し合ったのにそういう事するんですか……。へえ……。そっちがそういう事するなら……」

提督「古鷹? 大丈夫か?」

古鷹「えっ、はい! 大丈夫です! すみません提督。私、ちょっと用事を思い出しちゃいました!」

提督「そっ、そうか……。悪かったな。遅くまで」

古鷹「いえいえ! では、申し訳ありませんけどこれで……」

提督「ああ。また、鎮守府でな」

古鷹「はい! また!」

提督「……行ったか」

提督「用があるのに遅くまで引き留めて、悪い事してしまったな」

提督「ああそうだ。せっかく外に来たんだし、加賀と約束した指輪を買って帰るか」



こうして夜が明けました。翌日、無事に朝を迎えられたのか? ↓1
102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:56:59.93 ID:hFdZrJvOO
何事もない平穏な朝
103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:02:17.14 ID:YrdnNKPR0
執務室


提督「今日もいい朝だ」

提督「さて、今日はまず加賀に指輪を渡しに行くとするか」


加賀の部屋


提督「加賀、いるか?」

加賀「提督? どうかしましたか?」

提督「以前約束した指輪だ。こんなもので良かったか?」

加賀「はい……。提督が選んでくれた。それが重要なんです」

提督「そうか……。喜んでもらえて良かったよ」

加賀「提督? せっかくだから嵌めていただけますか?」

提督「分かった。では……」


加賀は無事指輪を受け取れた? ↓2
105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:08:05.50 ID:5O4v8tyQo
古鷹のインターセプト
107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:10:19.93 ID:YrdnNKPR0
古鷹「ふっ!(バシッ!」

提督「古鷹!?」

加賀「指輪が!?」


空に舞った指輪の行方とは! ↓3
110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:12:54.71 ID:SPUj3PdA0
美しい弧を描いて窓から外に
111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:18:09.41 ID:YrdnNKPR0
提督「窓から外に!?」

加賀「くっ……!」

古鷹「待って!!」

提督「まっ、お前達待て!」


   ガシャーン!!


提督「二人共窓から外に!? まっ、待て!」

提督「サイゴノガラスブチヤーブレー!♪」


鎮守府 庭


加賀「指輪は私の!」

古鷹「させません! そんな事!」

提督「ぐっ……! おっ、お前達いい加減にしろ!」


突如発生した指輪争奪戦。勝者は? ↓2
113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:19:00.88 ID:G49Au0Q+0
古鷹
115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:28:17.98 ID:YrdnNKPR0
古鷹「取った!」

加賀「そんな……!」

古鷹「ふふふ……。加賀さん、そんな抜け駆けなんて許しませんよ」

加賀「返して! それは私が提督から貰った大切な……!」

古鷹「だから、そんな事許しません。これは私が……。いたっ!?」

提督「古鷹……。いい加減にしろ」

古鷹「えっ……。今、提督、私を……」

提督「加賀、大丈夫か? ほら、指輪だ」

加賀「提督……! ありがとうございます……!」

提督「安物ですまないな……。こんな物だが……」

加賀「いえ、大切にします……! 一生、大切に……!」

提督「そこまで言ってもらえると嬉しいな。送った甲斐がある」

提督「それで、古鷹よ」

古鷹「…………」

提督「あれは私が加賀に送ったものだ。それを奪えば当然、窃盗に当たる」

提督「分かっているな」

古鷹「違う……私は……そんな……」

提督「追って沙汰は渡す。それまでは自室で待機していろ。いいな」

古鷹「……↓1」
116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:29:12.02 ID:w9pM9v2yo
嫌われた…嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた
117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:37:14.57 ID:YrdnNKPR0
古鷹「嫌われた……嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた」

提督「ふっ、古鷹……?」

古鷹「何で私が……こんなの違う……こんな……こんな……!」

提督「古鷹! しっかりしろ!」

古鷹「触らないで!(バシッ」

提督「っ!」

古鷹「あっ……。うっ、わああああああああああああああああああ!!(ダッ!」

提督「古鷹! 待て!」

加賀「待ってください提督!(ガシッ!」

提督「加賀! だが……」

加賀「今は、そっとしておいてあげましょう。錯乱しているようですから……」

提督「……そうか。分かった」


執務室


提督「何だか、コミュニケーションがどうとか言ってられなくなって来たな……」

提督「さて……。どうしたものか……」


提督は次にどうすればいいでしょう。↓2
119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:38:34.68 ID:YzyG4vd70
夕雲の健康診断
120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:48:47.92 ID:YrdnNKPR0
提督「……古鷹の事は加賀の言う通り、時間をおいてから解決するとするか」

提督「それよりも、予定通り艦隊運営をしなくては……。今日の予定は……」

提督「夕雲の健康診断か」

提督「……健康診断?」


工廠


提督「明石、いるか?」

明石「おっ、来ましたね提督」

提督「何か、夕雲の健康診断と聞いたのだが」

明石「はい。その通りです」

提督「そうか……。で、その夕雲は?」

夕雲「明石さん、提督、いらしたんですか?」

明石「はーい来ましたよー! 夕雲ちゃんは今、向こうで着替え中です」

提督「そうだったか」

夕雲「うふふっ! 提督、夕雲の着替え、覗きたいんですか?」

提督「……覗かんよ」

夕雲「冗談ですよっ♪ はい、終わりました」


健康診断のため着替えた夕雲。その格好は? ↓2
122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:50:01.42 ID:7DBceGUuO
下着
124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 16:59:38.01 ID:YrdnNKPR0
夕雲「はぁーい。お・ま・た・せ♡」

提督「ぶっ!(クルッ」

明石「提督、フィギュアスケートもビックリのスピードで後ろ向きましたね」

夕雲「どうしたんですか? 提督」

提督「一応訊くが、夕雲。その格好は、水着か?」

夕雲「いいえ? これは下着、ですよ……? うっふふ♪」

明石「健康診断なんだから当たり前じゃないですかー」

提督「……なら、そっちを見る訳にはいかんだろう

夕雲「もしかして提督、私の下着姿で興奮しちゃいました?」

提督「いいから早く終わらせてくれ……」

明石「はーい。じゃあ夕雲ちゃん。こちらへどうぞ」

夕雲「はーい♪」

提督(……これ、何で私がいる必要なくないか?)


夕雲の健康診断。まず最初に何をする? ↓1
125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:00:43.57 ID:5O4v8tyQo
スリーサイズ測定
127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:07:49.47 ID:YrdnNKPR0
明石「それじゃあまず最初に、スリーサイズから測りましょうか」

夕雲「はい。よろしくお願いしますね?」

提督「…………(指で耳栓中)」

明石「あら、夕雲ちゃんちょっと胸大きくなった?」

提督(おかしくないか? そもそも何で艦娘一人だけ健康診断なんだ?)」

夕雲「そうなんですよぉ。ブラがちょっとキツくなっちゃって……」

提督(そもそもそんな予定、昨日見た時入っていたか?)

明石「本当? どれちょっと確かめて……」

提督(大体、今まで私が健康診断に立ち会ったことなんて……)

夕雲「やぁん♡ 明石さんダメですよ♪」

提督(うるさいな考えがまとまらない!)


疑惑あり気な健康診断。不審な点はある? ↓1
128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:08:06.09 ID:YzyG4vd70
お腹周りに脂肪が付き過ぎ
131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:20:17.18 ID:YrdnNKPR0
明石「で、次はお腹を……」

夕雲「…………(ガシッ!」

明石「…………?」

夕雲「?(ニコッ」

明石「いや、手を離してくれないとウェストが測れないんだけど……」

夕雲「……別に良いんじゃないですか? 測らなくても」

明石「そういう訳にはいかないの。測らせて?」

夕雲「……嫌です」

明石「ダメです」

夕雲「いやあああああああ! それならせめて提督のいないところで測って!」

明石「やっぱり太ったのね夕雲ちゃん! 貴女が提督が同席しないと健康診断しないって言ったから連れてきたんでしょ!」

提督(ああ……。なるほど。私はダシに使われた訳か)

夕雲「嫌な検査は飛ばしても構わないって言ったじゃないですか!」

明石「検査はね! 体重なんかの管理は検査以前の問題よ!」

夕雲「いやああああああ!! お腹周りだけはやめてえええええ!!」

提督(……そろそろ助けてやるか)

提督「あー……。夕雲。何だ。少し体重が気になるのか?」

夕雲「クスン……。ちょっとだけ……制服がきつくなったような気がしないでもないでも……」

明石「サイズ一つあげるくらいですね……」

夕雲「明石さん!」

提督「夕雲……。出撃、増やすか?」

夕雲「……はい」

明石「はあ……。すみません提督。こんな事に付き合わせて……」

提督「いや、気にするな。明石は夕雲の健康面を気遣ったんだろう?」

明石「はい……。急に制服のサイズを一つ上げるなんて言うから気になって……。太っただけならいいですけど、別の病気だったら問題ですから」

夕雲「明石さん……」

明石「ダイエット、頑張ってね?」

夕雲「はい……!」

提督「しかし、また何で急にそんな事になったんだ?」

夕雲「それは……。↓2
133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:23:19.42 ID:YzyG4vd70
秋雲とスイーツ三昧
136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:34:33.57 ID:YrdnNKPR0
夕雲「それは……。秋雲さんと色んなスイーツを食べたせいで……」

提督「…………」

明石「…………」

夕雲「やめて! そんな目で見ないで!」

提督「まあ、美味いからな。スイーツ」

明石「最近のスイーツは気合入ってますからねー。近々バレンタインがあるおかげで」

提督「そういえば、間宮もチョコに挑戦すると言っていたぞ」

明石「マジですか。今度食べに行かなくちゃ……」

夕雲「何で今そんな話するんですか!」

提督「ああ。すまんな……。まあ、何だ。運動していればそのうち戻るさ」

明石「無理なダイエットは絶対だめですよ? 何かあったらまず私に相談する事」

夕雲「分かりました……」

提督「では、私はこれで行く。ああそうだ明石」

明石「はい? 何ですか?」

提督「秋雲にも抜き打ち検査してやれ。今の話だと、怪しいぞ」

明石「了解しました。何か適当に理由付けて調べておきます」

提督「ではな。夕雲、調整した出撃の日程は、後ほど渡す」

夕雲「はい……。うう……。もうお嫁にいけない……」


執務室


提督「夕雲に何事も無くてよかった……」

提督「おかげで少し気分も晴れた。次は↓1と↓2をするか」
137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:35:38.46 ID:5z77aO9ko
春風
139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:36:10.77 ID:G49Au0Q+0
メタボ検診
140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:42:39.41 ID:YrdnNKPR0
提督「春風をメタボ検診しよう」

提督「夕雲は駆逐艦の中でも真面目な子だ。そんな子があの様子だと……」

提督「艦娘の健康状態が急に心配になって来た。すぐに検査しよう」


再び工廠


明石「あのー提督。何で私は再び呼ばれたんでしょう」

提督「いや、夕雲のあれを見て急にみんなが心配になってな……。是非検査してもらいたい子がいるんだ」

明石「はあ……。それって……?」

春風「失礼致します、提督」


メタボ検診の対象にされた春風。とりあえず外からの見た目は? ↓1
141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:43:12.32 ID:kC+mX2uUO
げきぶとり
145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:48:39.16 ID:YrdnNKPR0
春風「お呼びしましたか? 司令官様(デブーン」

提督「…………」

明石「…………」

春風「あっ、あの。司令官様……? 明石さん……?(ボヨーン」

明石「いや、提督。これ調べるまでもないですよこれ。やべーですよ。健康不健康の領域超えてますよ。ハート様かなんかですか」

提督「……最後に見た時は、少しふっくらしたかなあ、程度だったんだがなあ……」

春風「…………?」

提督「あー、何だ春風。あれだ。最近、自分の事について思う事は無いか?」

春風「はあ……。↓1」
146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:51:46.22 ID:BFPNk3fXO
最近ご飯がおいしいんよ
149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:56:49.26 ID:YrdnNKPR0
春風「あっ、最近とってもご飯が美味しいんですよ!」

提督「あー……。なるほど。確かに最近美味しいな。なっ、明石」

明石「うぇっ!? あっ、はい! とっても美味しいですよねえ! 私もついつい食べ過ぎちゃってお腹m……!」

提督「ハッハッハッ! 明石もそうか! 私もつい食べ過ぎてしまってな!」

提督「馬鹿者! ストレートに言って傷ついたらどうする!(小声」

明石「でも、言って自覚してもらわなきゃどうにもなりませんよ!(小声」

提督「ぐっ! それはそうだが……!(小声」


突然激太りしてハート様のようになった春風。どうやって傷つけずに痩せさせる? ↓2
151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:57:48.04 ID:kC+mX2uUO
提督先生が体脂肪座薬を入れますのでパンティを下ろしてください

155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:02:56.80 ID:YrdnNKPR0
提督「こうなったら私が体脂肪座薬を春風に入れて……!(ドゴォ! ぐふぅ!?」

明石「バカ! このウルトラバカ! ていうか何ですか体脂肪座薬って! 更に太らせるつもりですか!?」

提督「もうこの大本営から送られてきた謎の薬に頼るしかないだろう!?」

明石「何を意味分からんトチ狂い方してるんですか!!」

春風「あの……。司令官様? 今凄い勢いで明石さんにボディブローされてましたが大丈夫ですか……?」

提督「ああ。大丈夫だ……。もう少し待ってくれ」


座薬に関して明石は大反対のようです。どうする? ↓1
156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:03:50.43 ID:KhyseVyfo
>>153
153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 17:58:06.21 ID:KhyseVyfo
一緒に運動
158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:13:09.75 ID:YrdnNKPR0
明石「ここはそんな訳分からん物に頼らず、基本中の基本。運動をさせましょう」

提督「そっ、そうだな……。だが、どうやってさせる?」

明石「それに関しては手を考えてあります。だから問題ありません」


運動場


提督「ゼエ……! ぜえ……!」

春風「ハッ……! ハッ……!」

明石「はーい後五周ですよー。頑張ってー気合入れてー」

提督「クソッ……! 明石め……! 何故私まで……!」

明石「提督の運動に春風が付き合う、という形なら伝えずに運動させられるでしょう。最近提督も本当に運動不足みたいですし、その解消ですよ。お腹周り、怪しいですよー?」

提督「私はもう前線に出る事そうそう無いし(震え声」

明石「はい文句を言わなーい! 走ってー!」

提督「おのれ……!」

春風「わっ、私も運動不足だったようですね……! 身体が重いです……!」

提督「くっ! こうなったら春風! 全盛期と同じ体力を取り戻すまで、やるぞ!」

春風「はい! お付き合い致します!」


執務室


提督「ひっ、久々にこんな運動したな……」

提督「まあ、春風の健康を思えばこれくらいどうという事も……」

提督「…………」

提督「まっ、まあいい。さて次は↓2と↓4するか
160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:14:40.11 ID:BFPNk3fXO
鬼怒
162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:16:22.81 ID:NUyfFhSWO
>鬼怒のポーズ<
164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:24:07.37 ID:YrdnNKPR0
提督「良し。鬼怒と鬼怒のポーズをするか」


廊下


提督「おーい」

鬼怒「おっ? 何だ何だ提督」

提督「行くぞ」

提督「┗(提督)┛」

鬼怒「…………」

提督「┗(提督)┛」

鬼怒「……あのさ」

提督「┗(提督)┛」

鬼怒「私、改二になってもうそのポーズしてないんだけど」

提督「」


執務室


提督「冷たい視線で見つめられた」
165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:25:43.29 ID:YrdnNKPR0
提督「ううむ……。やはりネタにされていた事を怒っているのか。鬼怒だけに」

提督「これはコミュニケーションとは言えないな……」

提督「まあ、気を取り直して行こう。次は↓1と↓3をしよう」
166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:26:14.31 ID:rYOUO5if0
大鳳
168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:26:48.27 ID:PnvqJ8OT0
望遠鏡観測
170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:35:15.58 ID:YrdnNKPR0
提督「大凰と望遠鏡観測しよう」

提督「望遠鏡、観測……?」


執務室 夜


大凰「失礼します。提督」

提督「来てくれたか。大凰」

大凰「はい。私にどんな御用……。って、その望遠鏡を見れば分かりますね」

提督「分かってくれるか。大凰。では早速始めようか」

大凰「はい。天体観s……」

提督「望遠鏡観測を」

大凰「んっ、えっ、はい……?」


三十分後


大凰「……あの、提督」

提督「どうした大凰。望遠鏡に何か変化があったか?」

大凰「あっ、いえ、それは無いんですけど……」

提督「そうか……。私も目を離さず見ているが、今のところ変化は見られない。引き続き観測を続けるぞ」

大凰「えっ……。はい……」

提督「もし小腹が空いたらパンやインスタントの麺類。他にもスープやカレー、米もある。いつでも言ってくれ」

大凰「…………」

提督「長い夜になりそうだな……」

大凰「……ええ。まったく」


執務室 翌日


提督「大凰とシュールな一夜を過ごしてしまった」
171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:38:31.36 ID:YrdnNKPR0
提督「二人共、口数少なに望遠鏡をじーっと見つめ続けるのは何とも言えず奇妙な感覚に襲われたな」

提督「おかげであまり大凰と話も出来なかった……」

提督「だが、同じ時間を共有したという事で少しはコミュニケーションになっただろう」

提督「次は↓2と↓3をしよう」
173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:38:55.60 ID:61/ZXNtB0
山風
174: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:39:08.74 ID:I9MBVIliO
健康の為に乾布摩擦
176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:50:26.70 ID:YrdnNKPR0
提督「山風と健康のために乾布摩擦をしよう」

提督「前に雪を見た時、狼狽しているようだったからな。寒い中でも乾布摩擦をすれば暖かくなって雪に対する恐怖もなくなるだろう」

提督「よし。早速実行だ」


鎮守府 庭


提督「という訳で、山風。乾布摩擦をするぞ」

山風「さっ……! さむっ……! 寒い……!」

提督「大丈夫だ。これをすれば寒さなんて吹き飛ぶぞ」

山風「本当……?」

提督「勿論だ。という訳で……(バサッ!」

山風「!?!??!?? なっ、何で上半身……裸になるの……!?」

提督「乾布摩擦は上半身裸になってやるものだからだ! さあ、山風も脱ぐんだ!」

山風「へっ、変態……! はっ……裸なんて……!」

提督「女性の場合、胸の部分はサラシを巻くんだ。さあ、後ろを向いているから服を脱いでこのサラシを巻くんだ(クルッ」

山風「…………」


寒いの嫌いな山風ちゃん。サラシを渡された彼女の行動は? ↓2
178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:52:23.19 ID:YzyG4vd70
海風を呼ぶ
179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:55:15.50 ID:YrdnNKPR0
山風「……うっ……うぇ……!」

山風「海風…助けて!! 嫌……だ……!!」

提督「えっ、山風、まさか泣いて……」


半泣きで海風に助けを求める山風。そこに現れたのは? ↓1
180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 18:55:55.20 ID:5O4v8tyQo
パンツ一丁の海風
182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:01:43.43 ID:YrdnNKPR0
海風「山風! 呼びましたか!?」

山風「海風……来てくれt……!」

海風「呼びましたか? 山風」←パンツ一丁

山風「……ふぇ……」

海風「えっ?」

山風「うえええええん! 海風もおがじぐなっだああああああああああ!!」

海風「ええええっ!? ちょっ、ちょっと山風! 何があったんですか!?」

提督「山風! どうした! って海風何だその格好は!?」

海風「提督? いたんですか! って何で上半身裸なんですか!?」

提督「いや、私は乾布摩擦をしようと……。そういうお前はどうしたんだ!」

海風「わっ、私は↓2!」
184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:03:04.87 ID:5jgiGSpM0
ぽっこりお腹を凹ませようとランニングしてた
186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:06:46.83 ID:YrdnNKPR0
海風「ちょっと、運動のためにランニングしていたんです!」

提督「パンツ一枚でか!?」

海風「はい! 何か問題ですか!?」

提督「問題だらけだろう! 露出狂かお前は!」

海風「そっ、そういう訳では……!」

提督「では何故服を着ていない!」

海風「それは、↓3!」
189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:09:11.10 ID:YzyG4vd70
太りすぎて服が着れなくなった
193: きっと間宮さんのご飯が美味しいせい 2018/02/08(木) 19:15:53.29 ID:YrdnNKPR0
海風「どこからか「出来るだけ服を着ない方が効率良く痩せられるぴょん」という声が聞こえたんです!」

提督「……完全に騙されてるぞ。ウサギに」

海風「ええっ!? そんなはずは……!」

提督「何故世の中にサウナスーツなんてものがあるのか考えてみろ。むしろ厚着して汗をかいた方が痩せられる」

海風「あっ……」

提督「それよりも、私の上着で良いから服を着ろ。その、目のやり場に困る……」

海風「えっ、あっ!//」顔真っ赤

提督「まったくあのイタズラウサギめ……。あっ。そういえば山風は?」

海風「てっ、提督に裸見られた……//」


あまりのインパクトに忘れ去られていた山風。彼女の様子は? ↓2
195: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:17:59.94 ID:CDHHn4kJ0
寒いので帰った
196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:18:40.47 ID:CDHHn4kJ0
そういや安価違うけどスルーしたの?
199: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:23:49.77 ID:qIWh5sYrO
太りすぎて服着れない位なら見てわかるだろ
200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:27:18.43 ID:YrdnNKPR0
提督「あれ、山風がいない」

海風「山風なら、泣きながら鎮守府の中に入って行きましたよ」

提督「ああ……。寒くて帰ったか……」

提督「しまったな。当初の目的が達成できなかった」

海風「当初の目的?」

提督「山風と乾布摩擦をしようと思ったんだがな」

海風「あの寒がりな山風それは酷ですよ……。やめてあげてください……」

提督「むっ……。それもそうだな。嫌がる事を強要するのは良くないか」

海風「そうですよ。人には向き不向きがあるんですから」

提督「そうだな……。次に会った時、謝っておこう。では、私は戻る。海風も、風邪などひかないようにな」

海風「…………(ガシッ!」

提督「ぐえっ! なっ、何だ海風」

海風「……私の」

提督「うん?」

海風「私の裸を見ておいて、何も無しで帰るつもりですか!?」

提督「いや、どう考えても騙されたお前が……」

海風「裸を見たのは事実ですよね!?」

提督「いや、まあ……。はい……」

海風「謝罪を要求します!」


裸を見られた海風。彼女が提示した提督の謝罪方法とは? ↓2
202: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:29:11.53 ID:5Lye8w4QO
ダイエットにつきあう
204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:33:57.73 ID:YrdnNKPR0
さすがに上半身裸でいるのにそこまで太ってたら見れば分かるのでスルーしました。ごめんなさい。


海風「では、私のダイエットに協力してください」

提督「またか……」

海風「また?」

提督「実は、今春風のダイエットにも付き合っているんだ……。そうだ。海風もそれに参加するといい。明石の監視の下、かなりキツめのメニューをこなすぞ」

海風「うっ……。きついんですか……。ですけど、それくらいしないとダイエットになりませんよね……。分かりました」

提督「では、明日のダイエット前に呼びに行く」

海風「分かりました。お待ちしてますね」


執務室


提督「山風とコミュニケーションを取ろうとしたら海風とコミュニケーションを取っていた」

提督「まあ、いいだろう。さて、次は↓2と↓4をするか」
206: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:35:13.83 ID:fDBXTlsA0
瑞鶴
208: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:35:52.01 ID:PnvqJ8OT0
クルーザーの上で釣り
210: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:41:54.15 ID:YrdnNKPR0
提督「瑞鶴と釣りをするか」

提督「前に秋刀魚漁に使えないかと購入したクルーザーがあったな。あれで釣りに行こう」


海上


瑞鶴「提督さーん。釣れたー?」

提督「まだ来て十分程度だろう……。そんな早くは釣れんよ」

瑞鶴「それもそっか。それにしても、提督さんから釣りの誘いなんて珍しいね」

提督「思えば、瑞鶴とゆっくり話した事が無いと思ってな。これを機会に親睦を深めようと思ったんだ」

瑞鶴「ふーん……」

提督「そうだ瑞鶴。何か悩みなんて無いか? 相談に乗るぞ?」

瑞鶴「悩みねえ……。↓2」
212: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:42:51.94 ID:zTY2rJMlO
ない
216: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:46:40.76 ID:YrdnNKPR0
瑞鶴「特にないかな~。翔鶴ねえと毎日楽しく過ごしてるし」

提督「それは何よりだ。いや、ちょっと前に人の闇を見て心配になってな」

瑞鶴「提督さんは大変そうだねー」

提督「ああ。色々と大変なんだ」

瑞鶴「ふーん……。んっ、おっ?」

提督「どうした?」

瑞鶴「提督さん見て! 引いてる引いてる!」


瑞鶴の竿に魚が掛かった! 無事釣り上げられた? ↓2
218: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:48:44.79 ID:JOjKgcccO
巨大なマハタモドキ がかかった 
219: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:57:03.70 ID:YrdnNKPR0
瑞鶴「んぎぎぎぎぎっ! 結構重たい……!」

提督「大丈夫か瑞鶴!」

瑞鶴「こんの……! 五航戦ナメんなあああああ!!」

提督「ぎっ、艤装を展開した……」

瑞鶴「ぜえ……。ぜえ……。どうよ……!」

提督「さすが五航戦」

瑞鶴「ありがと……。で、これ何?」

提督「……いや、提督に魚の種類を訊かれても……」

瑞鶴「えっー!? 図鑑とかないの!?」

提督「ああ。そういえばクルーザーに積んであった気が……」

瑞鶴「まったく……。それにしても、随分デカいわね」

提督「あったぞ。えー……。これじゃないか? マハタ」

瑞鶴「でも、その隣にマハタモドキなんて魚もいるけど」

提督「…………」

瑞鶴「…………」

提督「まあ、どっちでもいいだろう……」

瑞鶴「どっちにしろ間宮さん行きだしね……。って、提督さんの竿も引いてる!」

提督「何!? うおっと!」


提督の竿にも魚が! どうなった? ↓3
222: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 19:58:56.24 ID:84Sq8p9g0
エリレがつれた
そのまま戦闘へ
224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:04:35.14 ID:YrdnNKPR0
瑞鶴「提督さん頑張って! もう少し!」

提督「くっ……! いよっし! 釣れt……」


   <(゜∀。)


提督「…………」

瑞鶴「…………」


   <(゜∀。)ノイヨウッ!


瑞鶴「攻撃隊、全機発艦!」

提督「鎮守府聞こえるか! 提督だ! 現在地を送るのですぐに第一艦隊を派遣されたし! 鎮守府聞こえるか!」


突然の提督を巻き込んだレ級エリート戦! どうなった? ↓1
225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:05:54.07 ID:fDBXTlsA0
提督が瑞鶴を守った
228: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:14:44.98 ID:YrdnNKPR0
提督「何でレ級が釣れるんだ!?」

瑞鶴「そんな事いいから提督さん! こっちに早く!」

<(゜∀。) 「ホウゲキモカンサイキモアルンダヨ!」

瑞鶴「こんの! 第二次攻撃隊……!」

提督「瑞鶴、上だ!」

瑞鶴「えっ……!?」

瑞鶴(回避……! ダメ、間に合わない……!)

提督「瑞鶴ううううううう!!」




瑞鶴「……えっ?」

提督「瑞鶴……。無事か……?」

瑞鶴「わっ、私は大丈夫……! だけど、提督さんが……!」

提督「何……。この程度なら……。つっ!」

瑞鶴「このっ……! よくも提督さんをおおおおおおおお!!」


鎮守府 医務室


ガチャ


明石「ふう……」

瑞鶴「明石さん! 提督さんは!?」

明石「瑞鶴さん……。提督ですが……」


瑞鶴を、身を呈して守った提督。その容態は? ↓2
230: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:17:08.20 ID:PnvqJ8OT0
左脚が無くなった
234: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:27:18.29 ID:YrdnNKPR0
明石「提督ですが……。一命は、取り留めました」

瑞鶴「良かった……! でも、一命はって……?」

明石「その、言いにくいのですが……」

瑞鶴「いいからもう提督さんに会わせてよ!」

明石「まっ、待ってください! では、一つだけ約束してください」

瑞鶴「何よ!」

明石「何を見ても、出来るだけ平静を保ってください。難しいとは思いますが……」

瑞鶴「どっ、どういう事……?」

明石「ともかく! 約束してください! そうじゃないと会わせる事は出来ません!」

瑞鶴「……分かった。なるべく頑張る」

明石「分かりました……。では、どうぞ」

瑞鶴「提督さん……?」

提督「おお瑞鶴……。無事そうで何よりだ」

瑞鶴「……てっ、提督……さん……その、脚……」

明石「手は尽くしましたが……。損傷が激しすぎました。もう、切断するしか……」


提督の痛ましい姿をみた瑞鶴。その様子は? ↓3
237: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:28:42.68 ID:qIWh5sYrO
許してください何でもするから
244: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:34:05.69 ID:YrdnNKPR0
瑞鶴「そん……な……!」

提督「酷い顔をしてるぞ。そんな顔をするn……(ギュウッ!」

瑞鶴「ごめ……なさい……!(ギュウウウウウッ!」

提督「瑞鶴……?」

瑞鶴「ごめんなさい……! ごめんなさい……! 許して……!」

提督「瑞鶴、私は……」

瑞鶴「私に出来る事なら何でもするから……! 許して……ください……!」


泣きながら謝罪をする瑞鶴。何でもするという彼女に提督は? ↓2
246: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:35:21.14 ID:Zr/Y5g+wo
ドッキリ大成功
249: 本当にやさしいせかい 2018/02/08(木) 20:42:43.35 ID:YrdnNKPR0
提督「なら、瑞鶴。後ろを向いて貰えるか?

瑞鶴「グスッ……! えっ……?(クルッ」

明石「ドッキリ大成功~!」E:プラカード

提督「ふー……。ずっと足を曲げておくというのも大変だな」

明石「ほら、瑞鶴さん。見てください。ちゃんと提督の脚、ありますよー」

瑞鶴「…………」

提督「んっ? 瑞鶴?」

瑞鶴「……ぅ……」

明石「えっ、瑞鶴さんどうしました?」

瑞鶴「……ぅぇ……」

提督「瑞鶴? 大丈夫か?」

瑞鶴「うぇぇぇぇええええぇぇぇえええん!!!」大号泣

提石「瑞鶴ううううううううう!?」
250: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:44:28.65 ID:ezbWcYGVo
よくやった安価
251: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:47:17.61 ID:Dn/Z2SBA0
やさしいせかい
252: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:49:20.49 ID:YrdnNKPR0
瑞鶴「…………」ぶっすぅ~~~

提督「あー……何だ瑞鶴。本当にすまなかった」

明石「いやあ……。悪ふざけが過ぎました。申し訳ありません!」

瑞鶴「…………(ぷいっ」

提督「すまない。さすがに悪趣味だったな……」

瑞鶴「……本当に」

提督「んっ?」

瑞鶴「本当に、身体は大丈夫なの?」

提督「ああ。二、三日休めばもう問題はない」

明石「まあ、民間の病院ならどうかは知りませんが、この明石にかかれば何の問題もありません! 明石の医療技術は世界一イイイイイイ!! なんて……」

瑞鶴「…………」

明石「あはは……。ごめんなさい……」

提督「まあ、何だ。和ますための冗談のつもりだったんだ。許してくれ」

瑞鶴「……↓1」

253: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:49:40.99 ID:fDBXTlsA0
全機爆装…されたくなかったら
責任(意味深)とって

翔鶴「そこまでよ!」
255: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:55:46.51 ID:YrdnNKPR0
瑞鶴「全機爆装……!」

提督「うおおお! 待て待て! 今そんなことされたら本当にシャレにならなくなる!」

瑞鶴「……されたくなかったら、責任(意味深)とって……//」

翔鶴「そこまでよ!」

瑞鶴「へえっ!?」

提督「翔鶴!? 何故ここに!?」

翔鶴「提督が怪我をしたと聞いて来てみれば……。告白なんてお姉ちゃん許しません!」

瑞鶴「なっ!? いくら翔鶴ねえでもそんな権利ないじゃん!」

翔鶴「いいえ! 断固として許可しません!」

提督「おっ、落ち着け二人共……。翔鶴、私が言うのも何だが、どうして瑞鶴を止めるんだ?」

翔鶴「それは……。↓3」
258: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 20:58:40.21 ID:Tw3JoyAq0
提督は空母全体の共有財産だから
260: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 21:07:52.52 ID:YrdnNKPR0
翔鶴「瑞鶴、忘れたとは言わせないわよ。提督共有私財法の事を!」

瑞鶴「うっ……!」

提督「何だ? 今凄い不吉なワードが聞こえたんだが?」

翔鶴「提督は空母全体の共有財産とし、何人も独占しない……。それを破るつもり!?」

瑞鶴「うううううううっ! でも! 先に破ったのは一航戦の二人じゃない!」

提督「待って。何か私の人権無視されてないか?」

翔鶴「それは、一航戦とも、二航戦とも、そして私とも! たった一人で戦うという宣戦布告と受け取っていいのね?」

瑞鶴「……ええ! 構わないわ!」

提督「当人無視して話進めないで?」

瑞鶴「という訳で提督さん!」

提督「えっ、はい」

瑞鶴「これからはガンガンアピールしていくから! そのつもりでいてね!」

提督「ええ……。はあ……」

翔鶴「ふふっ、成長したわね……。瑞鶴……」

提督「お前はそんな事で成長を感じていいのか?
261: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 21:12:33.56 ID:YrdnNKPR0
執務室


提督「瑞鶴にドッキリを仕掛けたらエライ事になった……」

提督「だが、まあ……当初の目的は達成してる、か?」

提督「……まあ、あまり考えず次は↓1と↓2するか」
262: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 21:12:37.03 ID:5z77aO9k0
にむ
263: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 21:12:46.71 ID:Ec1doIKNO
水路のタニシ食べ歩き散歩に付き合わせる
270: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 21:49:39.21 ID:YrdnNKPR0
提督「ニムと水路のタニシ食べ歩き散歩をしよう」

提督「コンロ持って行かなきゃ」


鎮守府近郊


提督「という訳で、ニム行こうか」

ニム「いや、いきなりタニシを食べに行こうとか意味分からないんだけど」

提督「意味も何も。そのままだ」

ニム「タニシって、水辺にいるやつだよね……」

提督「その通りだ」

ニム「食べれるの……? あんなの……」

提督「当たり前だ。あんなでも貝類だぞ」

ニム「…………」

提督「その不審そうな目を止めろ」

ニム「そう言ってもさあ……」

提督「ほら、そこの水路からタニシを取るぞ」

ニム「うえー……。はーい」


数十分後


提督「そんな訳で完成したのがこのタニシのつぼ焼きだ」

ニム「うーん……」

提督「まあ、食べてみろ」

ニム「……↓2」

272: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 21:51:24.47 ID:qIWh5sYrO
わーいおいしそー!
地面君に食べさせてあげよう(地べたにぶちまける)
275: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 21:58:25.05 ID:YrdnNKPR0
ニム「わーいおいしそー! 地面君に食べさせてあげよう!」地べたにぶちまける

提督「タニシいいいいい!!」

ニム「無理! キモイ! 絶対! 無理!」

提督「だからと言って地面にぶちまけるか!?」

ニム「ぶちまけるよ! キモイもん!」

提督「くっ! これだから現代っ子は!」

ニム「絶対そんなの関係なくイヤだよ普通!」

提督「食わず嫌いはいけません!」

ニム「やだ!」

提督「仕方の無い奴だ……。今日の昼飯これの予定だったのに……」

ニム「あっ、じゃあ罰として何か食べに行こうよ! 提督の奢りで!」

提督「ええ……。まあ昼飯抜きは何だからな……。何が食べたい?」

ニム「じゃあ……。↓1!」
276: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 21:59:21.89 ID:84Sq8p9g0
マムシ!
280: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:05:41.38 ID:YrdnNKPR0
ニム「じゃあ……。マムシ!」

提督「マムシ!?」

ニム「マムシ!」

提督「……お、沖縄料理店に行けばあるか……?」

ニム「さっ、食べに行こー!」


執務室


提督「ニムと沖縄料理を堪能した」

提督「しかし、タニシがダメでマムシが食べられるのは何故だ……」

提督「うーむ……。分からん……。ともかく、次は↓2と↓4しよう」
282: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:06:22.48 ID:qIWh5sYrO
軍刀上げた皐月
285: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:06:54.70 ID:OwtMYI+L0
野球
286: 下にずらして進行させていただきます 2018/02/08(木) 22:08:29.06 ID:YrdnNKPR0
提督「皐月と野球しよう」

提督「と、言っても二人で出来るのはキャッチボールくらいか……」

提督「誰か誘って本格的なものをやるか? それともキャッチボールくらいに収めておくか。↓2にしよう」
288: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:10:23.98 ID:5O4v8tyQo
バワプロ
289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:34:13.48 ID:YrdnNKPR0
提督「本格的にやるのは難しいし、パワプロにしよう」

提督「……まあ、あんまり上手くないが」

提督「さて、皐月を呼ぶか」


鎮守府 提督の部屋


提督「やめろ皐月! この局面で岩隈とか逆転できる気がしない!」

皐月「ふふーん! 僕に勝とうなんて、可愛いね!」

提督「まだ二回残っている! 逆転は可能だが……!」

提督「変化球の切れ良すぎないか!?」

皐月「ほら、どんどん行くよ!」


白熱するパワプロ合戦。どちらが勝った? ↓2
291: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:37:10.65 ID:nGGUWGpj0
33-4で皐月の勝ち
295: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:49:28.32 ID:YrdnNKPR0

33-4 チーン


提督「バカな……。こんな事が……!」

皐月「いくら何でも司令官弱すぎ……」

提督「得意ではないとは思っていたが、ここまで徹底的に負けるとは……」

皐月「いやあ、僕もそんなに強くないけど、それにしたって……」

提督「おのれ……!」

皐月「それじゃあ負けた司令官は罰ゲーム!」

提督「何!?」

皐月「そっちから売ってきた勝負で負けたんだから、当然だよねー♪」

提督「ぐぬぬっ」

皐月「うーん……。それじゃあ罰ゲームは、↓1!」

296: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:50:06.68 ID:pqJWrGQhO
今晩一緒に寝る
297: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:55:24.52 ID:YrdnNKPR0
皐月「罰ゲームは、今晩僕と一緒に寝る事!」

提督「何!?」

皐月「決定事項だからねー♪ 絶対やってもらうからね!」

提督「……仕方あるまい」

提督(駆逐艦なら変な事にもならないだろう)


提督の部屋 夜


皐月「ほら、提督! もっと寄って!」

提督「はいはい……。こんなものでいいか?」

皐月「うーん……。後、↓2もして!」
299: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:56:17.84 ID:Tw3JoyAq0
ちゅー
301: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:58:49.39 ID:YrdnNKPR0
皐月「ちゅーもして!」

提督「はいは……。はい?」

皐月「ちゅーだよちゅー。僕の唇にちゅって!」

提督「……寝るのにそれは必要なのか?」

皐月「勿論だよ! だって↓1だから!」

提督「……それ、誰が言ってたんだ?」

皐月「↓3!」
302: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 22:59:38.05 ID:PnvqJ8OT0
将来旦那さんになってもらうん
305: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:00:51.36 ID:fDBXTlsA0
ながと
306: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:14:04.00 ID:YrdnNKPR0
皐月「勿論だよ! だって将来旦那さんになってもらうんだから!」

提督「……それ、誰が言ってたんだ?」

皐月「長門さん!」

提督「長門おおおおおおおおおお!!」

皐月「ふぇ!?」

提督「いや、すまん……。ちょっと激昂してしまって……」

皐月「だっ、大丈夫?」

提督「もう大丈夫だ。それで、皐月は将来私のお嫁さんになりたいのか?」

皐月「うん! 司令官が旦那さんで、私がお嫁さん! きっと毎日楽しくて、幸せだよ!」

提督「皐月……」

皐月「ねえ、司令官! 僕の旦那さんになってよ!」


皐月の真っ直ぐな告白。提督はどう返す? ↓3
309: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:16:44.18 ID:XB12Xhn8O
申し出に答える為ベロチュー
311: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:32:47.68 ID:YrdnNKPR0
提督「皐月……。本気なんだな?」

皐月「うん……。司令官に、貰ってほしい!」

提督「分かった……。いいんだな」

皐月「うん、来て、司令官……。んっ!」

皐月「んっ!? んっ、ふぅ……んむっ……じゅる! んんぅ!」

皐月「ぷはっ……! 司令官……」

提督「皐月……」

皐月「んっ、もう一回、したいな……」


執務室 朝


提督「やっちまった……」

提督「皐月はウキウキで帰って行った。恐らく今頃色んな子達に話しているだろう」

提督「これあきつ丸や赤城や加賀や瑞鶴になんて言えばいいんだ……」

提督「やべえよやべえよ……」


色々やらかした提督。そんな提督の下にやってきたのは? ↓2
313: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:33:51.48 ID:84Sq8p9g0
大鳳瑞鶴
315: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:38:18.62 ID:YrdnNKPR0
バァン!


瑞鶴「ちょっと提督さん!」

大鳳「皐月ちゃんに手を出したって本当ですか!?」

提督「いや、それはその……」

瑞鶴「結婚の約束したって聞いたんだけど!?」

大鳳「相手は駆逐艦ですよ!? 正気ですか!?」

提督「それは、その……」

瑞鶴「提督さんってロリコンだったの!? だからみんなからのアプローチを避けてたって訳!?」

大鳳「犯罪ですよ!? 何してんですか!?」

提督「あの………。それは……」


それぞれ別々のところにキレてる二人。どう言い訳する? ↓3
318: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:41:21.09 ID:zTY2rJMlO
おまえらともケッコンするから許してクレメンス
319: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:43:55.60 ID:YrdnNKPR0
提督「おっ、お前達とも結婚するから、許してくれ……」

瑞鳳「…………」

瑞鶴「↓2」

大鳳「↓3」
321: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:44:55.65 ID:84Sq8p9g0
わかった・・・
322: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:45:30.21 ID:Tw3JoyAq0
新婚旅行はタウイタウイで
325: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:49:52.41 ID:YrdnNKPR0
瑞鶴「分かった……」

大鳳「新婚旅行はタウイタウイでお願いします」

提督「やったぜ」

提督「じゃない! お前達……!」

瑞鶴「早速みんなに報告してこないと!(ダッシュ」

大鳳「そうですね。こういう事は早くしないと!(ダッシュ」

提督「…………」

提督「これ、どんどん私が追い詰められていってないか……?」

提督「マズいマズいマズい! どうすれば……!」


どんどん墓穴を掘る提督。そんな彼の下にやってきた次の艦娘は? ↓1
327: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:50:19.21 ID:w9pM9v2yo
龍田
330: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:53:32.31 ID:YrdnNKPR0
龍田「提督~? おはようございます」

提督「たっ、龍田? どうした?こんな朝早くに」

龍田「実はねぇ……。↓2」
332: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:55:56.62 ID:61/ZXNtB0
天龍ちゃんとも結婚してもらおうかと思って
335: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 00:01:09.46 ID:2WG6fFqq0
龍田「実はねぇ……。天龍ちゃんとも結婚してもらおうかと思って」

提督「天龍? 何故天龍と? しかも結婚だと?」

龍田「そうよぉ。是非おねがいするわ~」

提督「何故だ? 理由を教えてくれ」


龍田が提督に天龍との結婚を迫る理由は? ↓3
338: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 00:10:22.25 ID:DRakd7t+0
大好きな提督と天龍の間にできた子を養子に貰う為
340: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 00:23:26.15 ID:2WG6fFqq0
龍田「ほらぁ、私って天龍ちゃんの事が大好きでしょう?」

提督「ああ。そうだな……」

龍田「そして、提督の事も大好きでしょう?」

提督「ああ……。んっ?」

龍田「だからぁ、大好きな天龍ちゃんと提督の間に生まれた可愛い子供を、養子として貰いたいなあって」

提督「何だその歪んだ理由は!?」

龍田「大好きな二人の間に生まれた子ならぁ、心の底から愛せると思うの~」

提督「お前……。仮に天龍と私が結婚して、子供が生まれたとして、天龍がその子を養子に出すと思うか?」

龍田「天龍ちゃんなら私のお願いを絶対聞いてくれると思うわ~」

提督(どうしたんだ龍田は? こんな訳の分からん事を言い出すような奴ではなかったと思うが……)

提督「何かあったのか……? 悩みがあるなら聞くぞ?」


突然闇の深いことを言い出した龍田。何かあったのか? ↓2
342: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 00:26:08.47 ID:wBK25Ypw0
な~んにもないわよぉ(これ以上深入りするな)
344: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 00:31:07.87 ID:2WG6fFqq0
龍田「な~んにもないわよぉ」

提督「…………っ!」

提督(なっ、何だ? 今のは……。凄まじい殺気にも似た何か……。これ以上深入りすると、マズそうだな……)

提督「そっ、そうか……。まあ、天龍の事についてはすこし考えさせてもらえるか?」

龍田「どうして~?」

提督「言っても結婚だからな。そう易々と決めることは難しい物なんだ」

龍田「ふうん……」


提督の引き延ばし作戦。龍田に通じた? ↓3
347: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 00:50:26.91 ID:XxM1UPM90
煮え切らないので我慢できなくて逆レ妊娠!妊娠しちゃいましたァァァ!
349: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 01:03:21.35 ID:2WG6fFqq0
龍田「もういいや~。えーい!」

提督「いたっ……! たつ、た……?」

龍田「あんまりそういう煮え切らない態度を取られると、我慢できなくなっちゃうの~」

提督「どういう事だ……?」

龍田「もう天龍ちゃんとの子じゃなくてもいいかな~」

提督「龍田! ともかく上から退い……(ガキンッ!」

龍田「動かないでくださいね~、下手に動くと首無くなっちゃうから~」

提督(槍が顔の横に……!?)

提督「……たつ……」

龍田「それじゃあ、頂きま~す♡」




龍田「それじゃあねえ。提督。この子は私が責任を持って育てるからね~」


   ガチャ バタンッ


提督「……まったく抵抗できなかった……」

提督「男性に襲われる女性というのは、あんな気持ちなのだろうか……」

提督「龍田……。お前は本当にそれでいいのか……?」


襲われた提督。そんな彼に、更に何が起こった? ↓2
351: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 01:04:42.76 ID:qiJ2c4vAo
青葉見ちゃいました
352: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 01:07:35.80 ID:2WG6fFqq0
提督「……んっ?」

提督「誰か、そこにいるな?」

青葉「うえっ!? 何でバレ……」

提督「青葉……。いつからそこにいた?」

青葉「えっ、ええっと……」


パパラッチ青葉。彼女は提督の身に起きたことをどこまで知っている? ↓2
354: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 01:10:57.72 ID:wBK25Ypw0
全部
さらに皐月や龍田が空母戦艦にこれから八つ裂きにされることも
356: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 01:24:12.26 ID:2WG6fFqq0
青葉「いつからっていうか……全部知ってます」

提督「全部?」

青葉「司令官がみんなと仲良くなりたくて交流を始めた所から、今までの全部です」

提督「……お前な」

青葉「そして、皐月ちゃんや龍田さんが危険な事も、知ってます」

提督「なっ、どういう事だ!?」

青葉「司令官は空母達の提督共有私財法については聞いていましたよね」

提督「ああ……。あの妙ちきりんな話か」

青葉「実は似たようなものが全艦娘の間で取り決められていまして……。それを破った者は……」

提督「どうなるというんだ?」

青葉「私刑に遭います……。だから、皐月ちゃんや龍田さんも……」

提督「チッ……!」

青葉「司令官! 行くんですか? 皐月ちゃんはともかく、龍田さんは司令官を襲った人ですよ?」

提督「当然だ。嫁と、私の子を宿しているかもしれない女性の身が危険なんだ。行くに決まっている」

青葉「司令官も、危険な目に遭うかもしれませんよ……?」

提督「構わん。嫁達の身を守れるなら、この命くらいくれてやる!」

青葉「……分かりました。では、争いを止められるかもしれない、たった一つの方法をお伝えしておきます」


青葉の言う、たった一つの冴えたやり方とは? ↓3
359: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 01:31:10.60 ID:VK32t+7A0
全艦娘懐胎宣言
360: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 01:37:29.88 ID:2WG6fFqq0
青葉「全艦娘懐胎宣言をするんです」

提督「……全艦娘……何だって……?」

青葉「全艦娘を孕ませる宣言を……」

提督「よりストレートに言ってどうする! 大体そんな事出来るか!」

青葉「ですが、事の発端は、言ってしまえば全て提督への好意です! だからこそ、全艦娘を平等に愛すると宣言すれば争いは治まります!」

提督「出来るかっ! 新たな争いの火種を生むだけだぞ!」

青葉「では、何か司令官に考えがあるんですか!?」

提督「そっ、それは……」


提督の考える、たった一つの冴えたやり方とは? ↓2
362: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 01:45:06.09 ID:GyOz/nI3O
最初に承諾した皐月に絞る
363: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 02:06:11.50 ID:2WG6fFqq0
提督「そもそも、私がその場しのぎや流された事によって話が複雑になったのだ……」

提督「だが、私が愛していると心から言えるのは皐月だけだ」

提督「皆にはキチンとそう説明する。そうする事が、私の見せられる精一杯の誠意のはずだ」

青葉「……世の中そんな綺麗事で何とかなるものじゃないですよ?」

提督「それでも、やるしかないさ……」

青葉「そうですか……。まあ、青葉の言った方法も覚えておいてくださいね」

提督「分かった。最終手段として、どうにもならなくなったら使わせてもらおう」


鎮守府 廊下


戦艦&空母達「…………」

皐月「いっ、一体何なのさ! 僕に何か用!?」

龍田「あらぁ、雁首揃えてどうしたのかしら~」

赤城「貴方達二人は、全艦娘が共通の決まり事を破りました」

加賀「ルールを破った者がどうなるか。知ってるわね?」

皐月「うっ……。でも、僕は司令官にちゃんと選んで貰ったんだ! 誰からも文句を言われる筋合いはないよ!」

龍田「あなた達がどれだけ喚いても、もうこのお腹には提督の子供がいるんだからぁ。手遅れよ~」

瑞鶴「何言ってんのよ! それ言ったら私だって提督さんに結婚しようって言われたし!」

大鳳「私だって言われました! 新婚旅行先も決めましたしね!」

加賀「私は提督に指輪を頂きました。これが証拠です」

あきつ丸「自分は提督殿と接吻まで済ませているであります!」

皐月「うううう……! うるさいうるさーい!! 誰が何と言おうと司令官は僕の旦那さんになって、僕が司令官のお嫁さんになるんだ!」

全員「ハッ?」

皐月「うぅ……!」

提督「その通りだ皐月!」

皐月「司令官!」

提督「皆が知っての通り、私は皐月と婚約すると宣言した。私が愛していると心から言えるのは皐月だけだ!」

提督「それでも私の嫁に手を上げようというなら、お前達は全員私の敵だ! その覚悟があるのなら掛かってくるがいい!」


提督の皐月は俺の嫁宣言! みんなはどんな反応をした ↓2
365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 02:13:44.90 ID:DRakd7t+0
愛とは奪い取るもの宣言をした
366: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 02:21:19.30 ID:2WG6fFqq0
提督の決死の演説も空しく、艦娘達は逆に愛とは奪い取るもの宣言を逆に宣言。

こうして提督争奪戦争が勃発したのだった。

鎮守府に所属する艦娘全員が参戦したその戦争は、長きに渡り多くの犠牲を出しながら進行していった。

既に愛する提督の意思すら無視した戦いの末、最後に残った勝者は……。↓3
369: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 02:25:33.84 ID:VK32t+7A0
瑞鳳
370: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 02:33:36.37 ID:2WG6fFqq0
瑞鳳「やったー! 勝ちましたー!」

提督「ああ……そうですか……」

瑞鳳「えへへっ。これで私が提督のお嫁さんですね!」

提督「はい……もう、何でもいいです……」

瑞鳳「えっと、とりあえず、瑞鳳の卵焼き、食べりゅ?」


崩壊し廃墟のようになった鎮守府で、艦娘達が倒れる中、提督に向けて卵焼きを差し出す瑞鳳の姿は、それはそれは狂気的であったと言われている。


瑞鳳END
371: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 02:36:12.69 ID:2WG6fFqq0
という訳で丸二日間お付き合いいただいたこちらのSSは、これにて終了とさせて頂きます。

感想としましては、どうしてこうなったの一言です。最初のちょっとほのぼのしていたムードは何だったのでしょうか。

では、ここまでお付き合い頂きありがとうございました!
373: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 02:56:00.65 ID:GyOz/nI3O
おつ、皐月ちゃんかわいそう
375: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 03:04:10.62 ID:2WG6fFqq0
いやホント皐月が不憫に思えて仕方ない……
376: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 08:29:03.69 ID:VK32t+7A0

瑞鶴、大鳳もかわいそう
377: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/09(金) 11:00:41.64 ID:prEKNTUOO
唐突な古鷹の病みから流れが変わった。
安価スレではまれに良くある事だ。乙。

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。