FC2ブログ

智樹「イカロスを無視し続けたらどうなるか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:22:48.00 ID:y2O6v5RuO


イカロス「おはようございます、マスター」

智樹「…」ムク

イカロス「…朝食の準備はできてますので、いつでもお召しになることはできます」

智樹「…」
智樹「ふぁ~あ、今日はいい天気だなぁ」

イカロス「…?」

ニンフ「おはよ、トモキ」

智樹「おはよう、ニンフ」


注目記事




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:26:43.44 ID:y2O6v5RuO
そはら「智ちゃーん!学校遅刻しちゃうよー!」

智樹「あぁ!わりいわりい!そはら!」

イカロス「いってらっしゃいませ、マスター」

智樹「…」

ニンフ「いってらっしゃい、トモキ」

智樹「あぁ、行ってくるよニンフ…てかお前も行くんだよっ!」

イカロス「…?…?」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:28:54.75 ID:y2O6v5RuO
イカロス「マスター…元気がない…」

ニンフ「そうかしら?いつもと変わんないわよ?」

イカロス「何か…おかしいの…」

ニンフ「ふ~ん」

イカロス「マスター…」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:30:51.18 ID:tmPhFQQqP
智樹ってけっこう扱いがぞんざいなんだよな・・
たまにイカロスを可哀想に思うときがある
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:32:35.84 ID:y2O6v5RuO
学校

守形「ごきげんよう、諸君。守形だ」

守形「最近、2012年人類滅亡説が蔓延っているが、それにはいくつかの兆候がある」

守形「各地での地震、太陽嵐、そして某国での革命」

守形「これらには、おそらく、新大陸が深く関係している筈だ」

守形「…お前、助手になるか」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:37:06.51 ID:y2O6v5RuO
智樹「守形先輩!ちーっす」

守形「智樹か」

イカロス「おはようございます」

そはら「おはようございます」

イカロス「マスター…そういえば、朝から具合が悪いみたいですが、大丈夫ですか?」

智樹「…」

智樹「守形先輩!俺たちを呼び出した理由は?」

守形「あぁ、これを見てくれ」カタカタカタ

イカロス「マス…ター…?あの…」

会長「うふふふ、会長、何か感づいちゃったかもしれないわー」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:42:26.44 ID:y2O6v5RuO
守形「…という訳だ、智樹とイカロスは、今示した場所に放課後向かってくれ」

智樹「え~、またっスかー?」

守形「美月と美香子は、文献を調べてくれ、ニンフは俺のサポートを」

イカロス「あの…マスター…?具合が悪いのであれば、私だけでも調査を」

智樹「…」

守形「具合が悪いのか?智樹」

智樹「んな訳ないじゃないっスか!放課後行けばいいんですよね」

会長(桜井くん、鬼畜ね~)
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:46:18.49 ID:y2O6v5RuO
イカロス「マスター、やっぱりおかしい…」

ニンフ「あいつ、自分でも大丈夫って言ってたじゃない。考えすぎじゃないの?アルファー」

イカロス「…」フリフリ

イカロス「マスターのことだから…きっと無理をして…」

イカロス「マスターが無理しなくてもいいように…私が今から例の場所に調査を…」バサッ

ニンフ「あっ!ちょっとアルファー!」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:50:09.00 ID:y2O6v5RuO
放課後

智樹「はぁ…今からあそこに調査かー。守形先輩も毎度無茶言ってくれるなぁ」

イカロス「マスター、調査なら私が昼休みに行いましたが…」

智樹「しかたねー、行くかー」スタスタ

イカロス「あ…」

イカロス「……マスター……」

そはら「智ちゃーん!気をつけてねー!」

智樹「おう!」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:54:48.73 ID:y2O6v5RuO


智樹「守形先輩が住んでる山とは違うみたいだな…」

イカロス(マスター…)

イカロス(体温…正常…外傷…ナシ…)

イカロス(具合が悪い訳では…では何故マスターは…)

ガササッ

智樹「のわっ!?く、熊か!?」

アストレア「お腹すいたー…」ギュルルル…

智樹「お前かよ…」

アストレア「ム、ムシ!あ、イカロス先輩!」

イカロス「アストレア…」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 00:58:04.33 ID:y2O6v5RuO
アストレア「な…なにか…食べ物…」

智樹「仕方ないな、俺、今日は弁当食べてないから、これやるよ」

イカロス(…!)

イカロス(マスターの食欲が…ない…?)

アストレア「あ、ありがと!ふんっだ!」ガツガツガツ

智樹「ハハハ」


イカロス(どうして…動力炉が…痛い…?)
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:01:47.31 ID:y2O6v5RuO
智樹「…て訳でさ、アストレアも手伝ってくれないか?」

イカロス「マ、マスター、調査なら私g

智樹「頼むアストレア!お前が頼りなんだ!」

アストレア「そ、そういうことなら仕方ないわね…!」

智樹「サンキュ!アストレア!」

アストレア「…バーカ…///」

イカロス「…」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:07:01.26 ID:y2O6v5RuO
イカロス(マスターの健康状態は正常…)

イカロス(なのに…まるで…)

イカロス(いいえ、私はマスターのエンジェロイド…タイプα・イカロス…マスターが健在であれば、私はそれで…)

智樹「しっかし、守形先輩が言ってた手掛かりって、ないなー」ガサガサ

イカロス「マスター、ここは崖なので、足元にお気をつけください」

ガララッ

智樹「うぉっ!?」グラッ

イカロス「マスター!!」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:11:42.93 ID:y2O6v5RuO
智樹(あぁ…地面が近づいてくる…じいちゃん、俺も今からそっちに…)

ガシッ

智樹「智樹、行きまー…あれ?」

アストレア「なにやってんのよ!ムシ!」バサッ

智樹「アストレア!!助かったぜ!ありがとな!」

アストレア「ふ、フンッ…//」

イカロス(アストレア…)

イカロス(アストレアは私よりスピードが上だから…)
イカロス(マスター…無事でよかった…)

イカロス(…………)
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:16:27.40 ID:y2O6v5RuO
テント

守形「ご苦労、智樹、イカロス、ん?アストレアもいたのか」

智樹「手掛かりなんてありませんでしたよ先輩…はー疲れた」

守形「そうか、ところで、夕飯はここで皆で済ますことになった。美香子と美月が魚を釣っている。智樹も参加してくれ」

智樹「えー!?」

守形「俺はシナプスへもう少し調査を進める。頼んだ」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:19:58.21 ID:y2O6v5RuO
河原

智樹「はー、守形先輩も人づかいが荒いな…」

会長「桜井く~ん」

智樹「はい、なんですか?」

会長「会長、アナタの鬼畜っぷりにはゾクゾクしちゃったわ~」

智樹「へ?」

会長「ダメじゃな~い、シカトなんて、会長別に止めはしないけど~ウフフフ」

智樹「ギク」

会長「会長、アナタに協力しちゃおうかしらぁ?面白そうね~」

智樹「なん…ですと…?」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:24:44.34 ID:y2O6v5RuO
アストレア「お腹すいたー…」ゴロゴロ

智樹「うるせー!お前も手伝えアストレア!」

智樹「…それで、協力って…?」

会長「楽しみにしておくといいわ~、今回だけは、桜井くんの味方よ~」

智樹「は…はい…」


イカロス(マスター…楽しそうに会話してる…)

イカロス(私も…マスターの声がもっと聞きたい…)

イカロス「……」ズキン
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:30:19.10 ID:y2O6v5RuO
「いただきまーす」

智樹「今日は魚いっぱい釣れてよかった!」

そはら「本当、智ちゃんがいっぱい釣ったもん!」

守形「智樹が釣ったのか」

ニンフ「トモキが!?」

アストレア「ム、ムシのくせに、やるじゃない!」ガツガツ

智樹「あはは」

イカロス「マスター、ありがとうご「会長、惚れ惚れしちゃうわ~」

智樹「か、会長まで」

イカロス(…!?…)
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:34:14.17 ID:y2O6v5RuO
守形「今日はご苦労だったな、皆、ありがとう」

智樹「それじゃ、また明日ー!」

そはら「さようならー」

イカロス「さようなら…」
イカロス「あの、マス「桜井く~ん、ごきげんよ~う」

智樹「はい!さようならーっス!」

イカロス「…?…?」

イカロス「マスター…」

イカロス(痛い…今までで…一番…動力炉が痛い…)
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:40:01.98 ID:y2O6v5RuO
自宅

ニンフ「はー、眠ーい」

智樹「こらこら玄関で寝るな」

ニンフ「ちょっとくらい休憩してもいいでしょっ」

智樹「仕方ないな…ったく…」

イカロス(今度こそ…)

イカロス「マス」

Prrrrrr!

智樹「電話だな」
智樹「はい、桜井です」

会長『ウフフフ、言ったでしょ~?協力してあげるって』

智樹「ど…どうやってタイミングを…」

会長『ウチを若造に張らせてあるわ~アナタのお家』

智樹「怖ぇーー!!」

イカロス「どう…して…?」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:44:21.76 ID:y2O6v5RuO
深夜

智樹「Zzz…」

イカロス「マスター…」

イカロス「マスターの声…私も…聞きたいです…」

イカロス(…これは…涙…?どうして…)

イカロス「マス…ター…」グスン

智樹「Zzz…てくれー…」

イカロス「はっはい、マスター!」

智樹「やめてくれー…そはらー…ムニャ」

イカロス「………」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:48:17.66 ID:y2O6v5RuO


智樹「ん…朝か…」

イカロス「おはようございます、マスター」

智樹「……」

智樹「はぁ…今日は雨かー」

イカロス「マスター…」

ニンフ「あら、もう起きたの?トモキ」

智樹「おはよう、ニンフ」ニコッ

ニンフ「お、おはよっ」

イカロス「朝食の準備は…今から…」

イカロス「開始…します…」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:52:44.13 ID:y2O6v5RuO
イカロス「……」トントントン…ジュー…

ニンフ「アンタがこんなに早起きするなんて、どうしたのよ?」

智樹「たまにはいいんじゃないかと思ってな。ニンフこそ、昨日眠いとか言ってたじゃないか」

ニンフ「あれは疲れてただーけ!私たちは眠る必要ないんだから」

イカロス「もう少しで出来上がります、もう少しお待ちください」

智樹「よし!たまにはそはらを俺が迎えに行ってやるか」ガタッ

ニンフ「え?」

イカロス「マ、マスター」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:55:22.20 ID:y2O6v5RuO
ニンフ「トモキ、行っちゃったわね…」

イカロス「……」

ニンフ「朝ご飯食べなきゃ、人間はぶっ倒れちゃうんでしょ?大丈夫なのかしら」

イカロス「!」

イカロス(マスターがあぶない!)

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 01:59:00.49 ID:yR6cJMHV0
なんてけなげなイカロスww
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:01:35.05 ID:y2O6v5RuO
登校中

そはら「まったくもー、智ちゃんたら、傘さしてこないなんて」

智樹「わりいわりい」

イカロス「……」

ニンフ「トモキって、そういうところバカなのよねー」

ニンフ「ところで、アンタ達、それって確か相合い傘って言うんだっけ?」

そはら「あっ…」

智樹「そっ…そうだな」

イカロス「…」

イカロス(3人とも楽しそう…私には、マスターの声…聞けない…)

イカロス(マスターに…無視されてる…)

イカロス(…無視…?)
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:08:05.84 ID:y2O6v5RuO
イカロス(無視…どうして…?)

イカロス(私がマスターを怒らせたから…?いつ…どこで…?原因は…?)

イカロス(不明…)

イカロス(私は…マスターに…無視…されている…)

イカロス(存在しないものとして…扱われている…?)

ニンフ「相合い傘って…私の傘でもやってみる?トモキ」

そはら「ニ、ニンフちゃん!?」

智樹「な、なんだなんだ!?」

イカロス「マスター、私の…傘に…」

智樹「たくっ…じゃ、柄は俺が持つぞ、ニンフ」

ニンフ「うふふっ」

イカロス「…………」ズキンッ
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:12:15.08 ID:Zb4h8W260
俺の動力炉が痛い・・・・・・
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:12:33.72 ID:y2O6v5RuO
学校

イカロス「マスター」

智樹「…」

智樹「はー、こりゃ今日一日中雨だな…」

イカロス「…」

イカロス「マスターは、今、怒っていますか?」
イカロス「…私になにか、お気に召さない箇所があれば、なんなりとご命令ください…」

智樹「…」

智樹「さて、トイレにでも行くか」スタスタ

イカロス(マスター…まだ怒って…)
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:15:45.22 ID:y2O6v5RuO
イカロス(そうだ、今朝、マスターは傘を忘れていた)

イカロス(そして今日は一日中雨…)

イカロス(下校の際にマスターの傘が必要…今から取りに帰らなくては…)バサッ

智樹「そはらー、次の時間割なんだっけ?」

そはら「次は体育だよ、智ちゃん!」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:22:05.87 ID:y2O6v5RuO
体育

「ディフェンスだー!桜井ー!」

智樹「おうっ!任せろ!」キュッキュッ



そはら「男子はバスケットかー。あれ?イカロスさんは?」

ニンフ「そういえば…」
ピピッ
ニンフ「今、家にいるみたいね。なんでかしら?」

そはら「今朝は居たのにね」


智樹「ディーフェン!」

智樹「ディ…」クラ…

智樹「…ぁ…れ…?」バタンッ

「桜井!どうした!」

そはら「智ちゃん!?」

ニンフ「トモキ!?」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:25:06.21 ID:y2O6v5RuO
イカロス「…」バサッ

イカロス「これで、マスターは帰りに濡れずに済む…」

ニンフ「あっ!アルファー、アンタなにやってたのよ!」

イカロス「マスターの傘を…」

ニンフ「トモキ、大変だったのよ」

イカロス「えっ」

そはら「体育の時間に…倒れちゃって…」

イカロス「!?」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:29:19.45 ID:y2O6v5RuO
保健室

そはら「もーっ本当に心配したんだからね」

智樹「うーん」

ニンフ「自業自得よ、朝食とらないと人間は倒れるって本当だったのね」

智樹「早起きしたから調子に乗っちゃってさ」

イカロス「マスター、お体の方は…」

智樹「…」

智樹「二人ともありがとな、運んでくれて」

ニンフ「本当よ、まったく」

そはら「智ちゃんったら」

イカロス(私は…お役に立てなかった…)
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:34:22.66 ID:y2O6v5RuO
イカロス(マスターが倒れたとき…私は何を…)

イカロス(マスターの健康と安全の確認は私の役目…)

イカロス(私は…それを全うできなかった…)

イカロス(そう、だから私は、マスターのエンジェロイド失格…?)

イカロス(私は…私はマスターに必要とされていないの…?)

イカロス(……マスター……私は…それでもマスターの…)

イカロス(マスター…のエンジェロイドでありたい…けれど…)
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:39:51.17 ID:y2O6v5RuO


智樹「Zzz…」

イカロス「マスター…今日は申し訳ございませんでした…」

智樹「ムニャ…」

イカロス「もう二度と、同じ失敗はくり返しません…」グスッ

智樹「う~ん…まかせたぞ…」

イカロス「!」
イカロス(マスターが、私に応えてくれた!)

智樹「ムニャ…まかせた…ニンフゥ…」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:47:47.65 ID:y2O6v5RuO


イカロス「朝です、マスター…」

智樹「…」

イカロス「マスター?」

智樹「…」モゾモゾ

イカロス「マスター、朝です、朝食は今朝4時に作っていますので、今すぐお召し上がりに…」

智樹「…」

そはら「こらー!智ちゃんおきなさいってば!遅刻しちゃうよ!」ガラッ

智樹「う~ん、そはら…?おはよう…」ムク

そはら「ほらほら、早く!」

智樹「わかったわかった。今日は体育もないから朝食抜いても問題ないな、いくぞそはら」

イカロス(…またお役に立てなかった…)
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:53:00.13 ID:y2O6v5RuO
イカロス(もし今日またマスターが倒れたら…?)

イカロス(それ以前に、私はまた役に立てなかった…)

イカロス(どうして…?私は兵器だから…気配りという能力は備わっていないから…?)

イカロス(マスターは前に兵器は嫌だと言っていた…マスターは本当は、兵器である私が嫌いなのでは…)

イカロス(マスターは私が…嫌い…?)

イカロス「…マスター…っ…ぐすっ…」ポロポロ
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 02:59:54.76 ID:y2O6v5RuO
イカロス「私は…マスターの嫌いな…兵器…」

イカロス「マスターは言っていた…「平和が一番」と」

イカロス「平和に兵器は不要…私はマスターにとって…邪魔な存在…」

イカロス「もう…二度とご迷惑はおかけしません…ぐすっ…マスター、私、今すぐここで…」

イカロス「今まで…ありがとうござい…ひっく…ました…マスター……」グスン
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 03:04:33.64 ID:y2O6v5RuO
ダイダロス「…どうかしら?」

守形「悪趣味だな」

ダイダロス「そんな!だって智ちゃんを私の娘達が勝手に!」

守形「参考までに聞こう、そのシミュレーションゲームは他にバージョンがあるのか?」

ダイダロス「ニンフとアストレアがあるわ」

守形「このゲームにはグッドエンドは用意されているのか?」

ダイダロス「?さっきのがハッピーエンドルートよ?あのあと智ちゃんは私を助けてくれるの!」

守形「わかった。もういい」

おわり
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/26(土) 03:06:11.61 ID:gaDnXa1q0
ゲームエンドかよっ!

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。