FC2ブログ

まゆ「それじゃあまゆが片付けましょう」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 03:45:48.407 ID:Ha1eCViCd
モバP(以降P表記)「悪いなこんな遅くまで付きあわせちゃって」

まゆ「いいんですよぉ。まゆが好きで残ってるので」

P「手伝ってくれてるし、帰り飯食いに行くかー」

まゆ「本当ですかぁ? うふふ」

P「どこ行くかねぇ…… あー薫たちまた片付けしないで帰ってらぁ……」

まゆ「それじゃあまゆが片付けましょう」

P「何から何まですまんな。この書類終わったら帰れるから」

まゆ「いえいえ。残りもうちょっとですねっ 頑張ってください♪」


注目記事




4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 03:47:51.534 ID:Ha1eCViCd
P「…………」カタカタ

まゆ「ジェンガはこっち。わにわにパニックはあっち…… あら?」

P「…………」カタカタ

まゆ(これはプロデューサーさんの書類……)

まゆ(でもだいぶ古いものみたいだし、薫ちゃんたちかな…… 所狭しと落書きされてる……)

まゆ「Pさん、この書類って……」

P「ん? なんだー?」

P「ははは! 薫たちめちゃくちゃ描いたなぁ」

まゆ「いらないものだったらなげちゃおうかと思ったんですけど」

P(書類を…… 投げる……?)
5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 03:49:03.498 ID:Ha1eCViCd
P「……な、投げたらダメだろ」

まゆ「なげちゃダメなんですか?」

P「確かにいらない書類だかららくがき用紙にしたが投げちゃダメだろ」

まゆ「そ、そうですかぁ……」

まゆ(こんなにぐちゃぐちゃだったらなげて良さそうなのに……)

P「ち、ちなみにどこに投げるつもりだったんだ」

まゆ「えっ、これはあっち(部屋角のごみ箱)ですよね?」

まゆ(資源ごみはあそこであってるはず……)
6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 03:50:47.066 ID:Ha1eCViCd
P(壁にかかってるダーツ盤を指さしてる…… しかもさも当然のように言われた……)

P「そ、それ投げても楽しくないだろ……」

まゆ「? まゆ(片付け)好きですよ?」

P「好きなの!?」

まゆ「はい♪ 終わった後部屋を見て私頑張ったなって思えるんです」

P(全然意味が分からない……)

P「ま、まぁもし投げたいなら投げてもいいよ。誰もいないし……」

まゆ(別に他の人がいてもなげていいような……)

P(変わった趣味を持ってるんだな……)
7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 03:52:30.808 ID:Ha1eCViCd
まゆ「わかりました♪ なげちゃいますねぇ」ジジジジジ-

P(投げるのにシュレッダーかけるの? 小っちゃくて投げにくくない?)

P「ま、まゆさん?」

まゆ(あっ、シュレッダーのゴミもいっぱいだ……)

まゆ「これも一緒に投げちゃいますねぇ」

P「そんなに!?」

まゆ「えぇ。せっかくなので」
8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 03:53:54.172 ID:Ha1eCViCd
P「……まさかと思うけどそれ全部?」

まゆ「はい…… だ、ダメでしたか?」

まゆ(ついでだもん、当然だよね……?)

P(それ程ダーツ盤にゴミ投げるの好きなのか…… そういうスポーツが流行ってるのか……?)

P「め、飯行けるくらいには終わらせてくれよ……?」

まゆ「そんなにかかりませんよぉ。一瞬じゃないですか」

P(なるほど! まとめて投げるのか!)

P「そ、それもそうだな……」
10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 03:55:06.168 ID:Ha1eCViCd
P「ちゃんと投げた後は掃除機かけるんだぞ?」

まゆ「あっ、そうですね。確かに埃が溜まってます」

P(いやこれからお前が盛大に散らかすんだろうが!)

P「じゃ、じゃあ俺仕事に戻るから……」

まゆ「はぁい。……よいしょっと」ゴミバコポイー

P「……あれ?」

まゆ「はい?」

P「……投げないの?」

まゆ「……なげましたよ?」キョトン

P「ゴミ捨てただけだよね?」

まゆ「はい、だから今なげt…… あっ」
11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 03:56:35.633 ID:Ha1eCViCd
P「そういうことだったのか……」

まゆ「どおりでなんかおかしいなぁと思いました……」

P「まさか方言だったとはな」

まゆ「すみません…… イントネーションは抜けてきたんですけど……」

P「いや、新しい一面が見れてよかったよ。あまり仙台は方言がないイメージだけどな」

まゆ「うーん。結構ありますよぉ? いずいとか」

P「なにそれ?」

まゆ「いずいはぁ…… いずいなんですよねぇ……」トオイメ

P「なにそれ?」

まゆ「どう表現しましょう……」
12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 03:57:56.272 ID:Ha1eCViCd
まゆ「!」ピーン

まゆ「Pさん後ろ向いてくださいっ」

P「ほい」クルッ

まゆ「あっ、ちょっとかがんでもらっていいですか」

P「はいよ」ヒザマゲ

まゆ「ちょっとだけ首を前に倒してください」

P「はいな」クビマゲ

まゆ「…………」服のタグを逆方向に曲げる

まゆ「首戻してください」
13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 03:58:58.896 ID:Ha1eCViCd
P「はぁい…… なにこれ」

まゆ「首元、どうですかぁ?」

P「いや、なんて言うの、これ。収まりが悪い?」

まゆ「その感覚が"いずい"です」

P「ほほう! なるほどな! なんとなくわかった! じゃあチンp……」

まゆ「はい?」

P「な、ナンデモナイヨ-」のワの;

P(あっぶねー…… 年頃の女の子の前でチンポジの話するところだった……)
14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 04:00:17.070 ID:Ha1eCViCd
数十分後……

P「さて、仕事も終わったし、帰るか!」

まゆ「はい♪ 食事はどこに連れて行ってくれるんですか?」

P「んー東京の外食飽きたんだよなぁ正直……」

まゆ「あぁ…… ちょっとわかりますねぇ……」

P「はぁ…… 飛鳥汁飲みてぇ……」

まゆ(あっ、飛鳥ちゃんの汁!?)

まゆ「ちょ、ちょっとPさんっ!」

P「えっなに!?」

まゆ「の、飲むならまゆの汁を飲んでくださいっ!!」///


おしり
15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 04:03:10.897 ID:Rhj0K8/20
おつつん
まゆすき
16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 04:04:32.130 ID:Icw9Huzd0

少しぽんこつまゆ良い・・・

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア