千棘「楽と万里花が恋人同士になった…」

1 : ◆xW69XHZIXl2 :2014/05/18(日) 00:19:12.83 ID:qpIfbkOj0
千棘(楽と万里花が恋人になった…)

千棘(もちろん、体裁上は私と楽が恋人って事になってるんだけど…)

千棘(実際は放課後とか休日は二人っきりになってるんだろうな…)




千棘「はぁ…」


千棘(でも、私はあいつ…楽が万里花を選んだんだから…)

千棘(納得いかないけど、あいつが選んだんだからあいつを応援するって決めた!)


千棘(…)

千棘(そう決めたはず…だったのに…)


楽「あっ、おはようマリー」

万里花「あ、あの…その…おはよう…ございます//」

楽「あ、あのな…何でそんなに顔真っ赤なんだよ?」

万里花「いえ、そ、その恋人になれたのが、嬉しくて嬉しくて恥ずかしくて、もうなんと言いますか…//」

楽「え?」

万里花「ああーーーーーーもう無理ばーーーい//」

楽「なっ?」

万里花「私、おそと走ってくるけんね~~~~//」ダダダダダダ

楽「なっ!?マリー!?」

バタッ

楽「倒れた!?大丈夫か!?おい、マリーーーー!」


千棘(べ、別の意味で心配になってきちゃった…)


続きを読む

タグ:

マルコ「えっ?僕はアルミンと組むけど」ジャン「」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 18:44:35 ID:dw986thM
マルコ「あっ、ごめん。ジャン、もしかして僕と組みたかったの?」

ジャン「ち、ちが」

アルミン「えっ、ジャ、ジャンごめんね、僕が他の人と組むよ」

マルコ「え、アルミン…」シュン

アルミン「あ、え、えっと」

続きを読む

タグ:

マルコ「みんなが僕を無視するんだ。」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 23:28:23 ID:vTl24fFA

マルコ「ねえ、エレン…」

エレン「…。」スッ

マルコ「…アルミン、座学教えてくれないかな?」

アルミン「…。」オロオロ

マルコ「アルミン?」

アルミン「…っ」スッ

マルコ「??」

ライナー「くそ、ねむてえ」

ベルトルト「夜更かしするからだよ」

マルコ「あ、ふたりともーおはよ!」

ライベル「ガヤガヤ」スッ

続きを読む

タグ:

消えた勇者と変態僧侶【勇者SS】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:48:25 ID:oAisXPlE
-第1章 魔王討伐編-

賢者「・・・なるほど、では僧侶さんは私達と出会う前から勇者様と旅をされていたのですね」

僧侶「ええ・・・魔王討伐に向かう仲間を探しておられた勇者様に声をかけていただいてからずっとですね」

賢者「それはそれは・・・女性でありながらさぞ大変だったことでしょう」

僧侶「いえ・・・これも全て、神のお導きですから」ニコ

武闘家「あっ、いたいた!僧侶ちゃーん、一緒にお風呂行こー!!」

続きを読む

タグ:

幼馴染「譲れないっ!」男の妹「こっちの台詞っ!」

1: ◆L0dG93FE2w 2012/09/05(水) 21:40:28 ID:iWYBiwqk
幼「いーや!これは譲れないよ、妹ちゃん!」

妹「だから、それはこっちの台詞だよ、幼お姉ちゃん!」

幼「ぐぐぐぐぐ!」

妹「ぬぬぬぬぬ!」

続きを読む

タグ:

マルコ「じゃあいつヤるか?」ジャン「今ジャン♪」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 00:43:51 ID:EmmzQil2

※残念ながらホモではありません ほのぼのギャグのつもりです


マルコ「・・・」

ジャン「・・・」

マルコ「・・・よし、ヤろう!」ヌギヌギ

ジャン「ちょっと、待てえい!」ガシッ

マルコ「冗談だよ なんとなく言ってみただけさ」ハハハ

ジャン「そうだよな、お前が本気でそんな事言うはず無いもんな まぁ、俺も雰囲気でテキトーな事言って悪かったよ」アセッタゼ…

マルコ「雰囲気ってだいじだからね」ニコニコ

ジャン「やっぱそうだよな」ハハハ

マルコ「・・・じゃあいつヤるか?」

ジャン「今ジャン♪」

マルコ「・・・」

ジャン「・・・はッ!しまった!!」

続きを読む

タグ:

戸愚呂弟「浦飯!膣内(なか)で出すぞ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 01:52:21 ID:zHFT0zSI
戸愚呂弟「ぬぅッ……!とんでもない締め付けだねェ……」パンッパンッ

幽助「ぐああッ…ち、ちきしょォ……!」

戸愚呂「ぅおお……イ、イくぞ浦飯…」

戸愚呂「るあああああああーーーーーーっ!!!!!」

……………………

戸愚呂「なんでこんなことになったんだろうねェ」

続きを読む

タグ:

萩村スズ「会長たちが津田とくっつけようとしてくれる」

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/24(土) 00:49:52.44 ID:wT+JoNsA0
ある日の生徒会室

シノ 「なぁアリア」

アリア「うん?」

シノ 「あの二人のことなんだが」

アリア「うん」

シノ 「そろそろどうにかしちゃった方がよくないか」

アリア「あらあら。やっぱりシノちゃんとしても我慢できなくなったのかしら」

シノ 「ああ、そうともいえる。あの二人見てるとムラムラするんだ」

シノ 「まちがえたー、イライラするんだー」

続きを読む

タグ:

提督「残り5名の艦娘を救うため、死にそうになった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/01(木) 17:37:57 ID:qRoIR4Ac
衣笠「はーいっ! 衣笠さんの登場よっ! よろしくねっ」

衣笠「この作品は下記の作品の続編となっているわ」

第一部

提督「海域調査したら変な艦娘を拾って母港を襲撃された」
第二部

提督「ある艦娘が既成事実を作ろうとして大変なことになった」
第三部

提督「…朝、艦娘たちを奪われそうになった」



衣笠「一応、あらすじは次のスレで説明するわね」

衣笠「オマージュ成分多め、拙い戦闘表現があるから気をつけてねっ」

続きを読む

タグ:

提督「…朝、艦娘たちを奪われそうになった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 19:35:16 ID:m4cpmv7.

扶桑「ごらんいただきありがとうございます」

山城「…この作品は

第一部

提督「海域調査したら変な艦娘を拾って母港を襲撃された」
第二部

提督「ある艦娘が既成事実を作ろうとして大変なことになった」



の続編となっております…」

扶桑「今回も少し性的表現があります。あらすじはタイトル通りです。ご了承ください」

山城「はぁ…不幸だわ…」

扶桑「どうしたの? 山城、起承転結だと転の話よ?」

山城「…これを読むってことは本編に出れないってことですよね」

扶桑「大丈夫よ。今回は名前は出てるから」

山城「姉さま! 名前だけでまんぞk―」

続きを読む

タグ:

ベルトルト「ベルトルト」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 17:46:14 ID:q8H97cFc
※進撃!巨人中学校の世界観だよ

ベルトルト「僕の名前はベルトルト・フーバー。進撃中学校の一年生だ。」

ベルトルト「見た目は長身の爽やかイケメン。中学での成功は目に見えているはずだった…」

ベルトルト「しかし若さゆえの過ちとは誰にでもあるもの。あんなことになろうとは…」

続きを読む

タグ:

ベルトルト(グリーンピース入ってる)

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:45:53 ID:RKYme1bU
食堂 昼食

ガヤガヤ

ベルトルト(昼食はパン、シチュー、卵とエンドウのソテー、付け合わせにピクルスか)

ベルトルト(……)モグモグ

ベルトルト(やっぱりパン硬いな……。シチューに浸して……)

ベルトルト(……)モグモグ

ベルトルト(シチュー……、具は……)カチャ……

ベルトルト(あ……)

ベルトルト(グリーンピース入ってる)

続きを読む

タグ:

勇者「勇者とは神々の天啓を受け、蘇生し続ける体を与えられた凡夫」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/23(日) 16:56:15 ID:9KB5b9lk
国王「貴公が天啓受けた勇者か……」

勇者「は、はははい」ガタガタガタ

国王「そう緊張するでない。魔王が現れ早五年」

国王「最前線の王国は遂に陥落したと聞く。貴公は我々人類の希望だ」

国王「貴公の前では私など大した力も無い人間よ」

勇者「そそその様な事は、決して!」

国王「いいや、そうなのだよ。私にはどうしようとも現状を打破する事はできん」

国王「だが貴公ならば……魔王討伐、向かってもらえるだろうか?」

続きを読む

タグ:

提督「ある艦娘が既成事実を作ろうとして大変なことになった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/23(水) 17:31:53 ID:.7PEmRoM

扶桑「ごらんいただきありがとうございますね。この作品は


提督「海域調査したら変な艦娘を拾って母港を襲撃された」
br />
の続きになっております。

前回のあらすじは
海域調査したら変な艦娘を拾って母港を襲撃され、襲撃犯を知った青葉さんが…
というところですね。尚、拙いながら性的描写がありますのでご注意してくださいね」

山城「お姉さま、何してるですか」

扶桑「山城? なにしてるの? 今回本編出れないのよ?」

山城「え!? ってことは今回私たち出番これだk―」

続きを読む

男「おかえり」女「…アナタ、誰?」

1: 名無しさん 2014/04/14(月)03:40:14 ID:qqWKMHuhU
女「ハァ………疲れた」

女「今日は色々あったからなぁ。はやくお風呂入って寝よう」

ガチャッ

男「おかえり」

女「………え?」

男「どうした?幽霊でも見たような顔して」

女「………アナタ、誰?」

男「は?」

女「なんで私の部屋にいるの!?」

続きを読む

ミカサ母『男の人は好きな女の子を守りたがるものよ』

1: ◆3K3Bl8akqE 2013/05/29(水) 03:50:46 ID:ZF5SYufg

ミカエレミカ
誰もわたミカサの単独ヒロインを書かないから自分で用意した
アナタ達もミカエレミカの素晴らしさを理解すべき

続きを読む

タグ:

ミカサ「桃の勇者?」エレン「機織りする鶴?」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/06(日) 00:46:11 ID:psdgLQ3.

エレン「暇だ」

エレン「雨だから外で自主訓練できない」

ミカサ「なら私と筋トレしよう」

エレン「さっきまでしてただろ。それにお前が一緒だとなんかヤル気でない」

ミカサ「では座学の勉強をしよう」

エレン「昨日アルミンと散々した。そのアルミンは教官の手伝いに行っちまったし」

エレン「暇だ」

エレン「なぁミカサ。昔みたいにお話してくれよ」

ミカサ「お話とは、おとぎ話のこと?」

エレン「そうそう。暇つぶしに聞きたくなった」

続きを読む

タグ:

魔王「一撃でやられるとはとんだ未熟勇者よ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 14:23:35 ID:zfVAtwKI
「ここで…死ぬのか…?」

「その程度の力で単独魔王に挑むなど笑止千万、身のほどをわきまえない結果だ。勇者よ」

「…ちが、う」

「ほう?この期に及んでまだ戦う気か?」

「勇者では…ない」

「ハッハッハッ!命乞いか!お主が勇者でないのなら何者だと言うのだ!」

「新聞の…勧誘で、す…」

続きを読む

タグ:

シノ「津田、二人で旅行に行かないか?」津田「え?」

1: 名無しさん 2014/04/18(金)23:09:20 ID:5wCuNRbk9
津田「二人で、ですか?」

シノ「うむ。イヤか?」

津田「いえ、そういうわけじゃないんですけど、どうしてですか?」

シノ「実はアリアにこんな物をもらってな」ピラッ

津田「これは………宿泊券ですか?」

シノ「今度七条グループがオープンする旅館の宿泊券だ」

津田「へー、凄いですね」

シノ「それで、アリアに宿泊券をもらったわけだが、あいにく私にはこういった旅行に二人で行ける間柄の人間があまりいなくてだな、そこで、津田を誘ったんだ」

津田「なるほど、そういう事だったんですね」

続きを読む

タグ:

魚見「タカ君、ちょっといいかしら」津田「どうかしましたか?」

1: 名無しさん 2014/04/13(日)23:03:26 ID:CZJcxPrNV
魚見「実は、少しの間タカ君の家に泊めて欲しいの」

津田「え?俺の家に?どうしかしたんですか?」

魚見「実は、今私の家に親戚が泊まってるんだけど、ちょっと苦手な人で」

津田「苦手?どんな人なんですか?」

魚見「女の人なんだけど、ちょっと変わってて」

津田「魚見さ、じゃなかった。お姉ちゃんが変わってるって言うなんて、相当ですね」

魚見「えぇ。40歳の女性で、学校で教師をしてるらしいんだけど、やけに男性に飢えていて、ちょっと怖くて……」

津田「何それ怖い」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク