アニ「クリスマスか・・」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 22:20:31 ID:.kK5rQhU
現パです

続きを読む

タグ:

上条「……姫神か」姫神「あなたも、一人なの?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01 01:09:17 ID:Xi/QzM0d0
1月1日。時刻は午前12時15分。日付が変更される少し前からそわそわしていた。
去年は思い出すのも悲しいくらい少なかったが、今年はそうはいくまいと。

上条(ふふふ。上条さん、今年はたくさん来る気がしてならないのです)

インデックス「? にやにやしてきもひわるいんだよ」

ずずず、と特大の年越し蕎麦を啜りながら話す。新年の挨拶を急かしていたのもこれが理由のようだ。

上条「こら、口に物を入れたまま喋るんじゃありません」

インデックス「へーんだ」

上条「ったく」

上条(今年は10……いや、ひょっとすると20は……)

上条当麻は知らなかった。ちょうど前日に踏んだごく普通のサイトからウィルスを貰っていた事。
そして、そのウィルスは元旦から丁度3時間の間だけ、自身のメールアドレスを変更する物だった事を。

続きを読む

タグ:

橘(26)「七咲にプロポーズがしよう」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 17:18:46 ID:eiTlQm2A
おでん屋の屋台
七咲(25)「うちの上司、私が帰ろうとすると仕事を投げてくるんです。先輩との待ち合わせがあるのに……」

橘「ははは……」

七咲「しかもですね、何かあるごとに嫌味を!この前も『どうせ結婚する相手もいないんだろ』だとか」

七咲「余計なお世話ですよ。私には先輩がいるんですから」

橘「そうだね……ははは」

七咲「まあ確かにそろそろそういう時期かも知れませんが……」ボソボソ

橘「逢らしいセリフだな」ハハハ

七咲「……」

橘「……笑いごとじゃないか」

七咲「別にいいですよ」

橘「…………なぁ、逢」

続きを読む

タグ:

七咲「先輩……いつまでここで寝てるつもりですか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/27(金) 22:06:40 ID:J6AIdV/w

七咲「風邪、ひいちゃいますよ?」

橘「もうちょっと……だけ」

七咲「ふふっ、本当にしょうがないですね」

橘「七咲の太ももがあったかくて…ね」ムニャムニャ

七咲「先輩が風邪をひいたら、私が看病してあげますからね……」

橘「ありがとう、七咲」

七咲「構いませんよ。先輩のためなら」

続きを読む

タグ:

アルミン「エレンじゃない!」ペリー提督「エレンデスヨ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/22(水) 04:34:13 ID:Sl/xOsTo
マシュー・ペリー「そんな事ヨリ、この国はドウイウ事デスカ??」

アルミン「…」

ミカサ「エレン、落ち着いて」オロオロ

ペリー「三重の壁て!鎖国ってレベルじゃねぇデスヨ!」

ミカサ「今更どうしたの?」

ペリー「ペリー…じゃなかった。エレン、マジおこなんですケド!!」

続きを読む

タグ:

後輩「先輩、付き合ってください!」先輩「いいけど……」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 21:45:16 ID:ISK4ldRg
後輩「……けど?」

先輩「いや、俺でいいのかなーって」

後輩「なんでですか?」

先輩「んー……気付いてないなら言っておいた方がいいか」

後輩「?」

先輩「俺……いや、私は女だぞ。こんななりだから気付かなかったかもしれんが」

続きを読む

タグ:

上条「俺のヒロインが一番かわいい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/05(木) 20:47:47.50 ID:XEKwzGUTO

一方通行「はァ?」

浜面「は?」

上条「えっ」

続きを読む

タグ:

ミケ「三毛猫にされた」

1: ◆uSEt4QqJNo 2014/02/22(土) 22:22:18 ID:DceIYPR6


ミケ猫『…………』

ハンジ「うひゃひゃひゃ!! あはははは!!」ゲラゲラ

ミケ猫『これはどういう事なんだ? ハンジ』ニャー

ハンジ「どういうって猫化する薬だよ。医療班にこっそり作ってもらったんだ」アハハ

ミケ猫『言葉が分かるのか?』

続きを読む

タグ:

上条「よう、ビリビリ小学生」美琴(9)「あ、とうまくん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03 19:41:53 ID:A4CmvJBr0
上条「学校の帰りか?」

美琴「うん」

上条「にしては帰るの遅くないか?」

美琴「じっけんだって」

上条「何の実験だ?」

美琴「ん~?わかんない」

上条「そうか、わかんないか、ならしょうがないよな」

美琴「なんかじっけんってつまんない」

上条「どうしてだ?能力が使えるっていいじゃないか」

美琴「みんなとあそべない・・・」

上条「あー・・・」

美琴「あたしもみんなとあそびたいのにがんばらなきゃだめだよって・・・いっつもそう・・」

上条(この年齢でレベル5になっちまったらそういうもんか・・・)

続きを読む

タグ:

麦野「え?あんたが第三位?」美琴(9)「うん」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04 19:09:56 ID:k0oa8jGj0
麦野「はぁ?どういうこと?」

電話の女「どういうこともないわよ、最近レベル5になった子がいるの」

麦野「で?」

電話の女「だから、その子が第三位にランク付けされたことで今まで第三位だったあんたが第四位にずれることになりましたと」

麦野「なんか納得いかないわね」

電話の女「 ”能力研究の応用が生み出す利益” が基準なんだからそれだけ便利ってことなんじゃないの?」

麦野「まあそうなんだけどさ、そいつどんな能力なの?」

電話の女「電撃使いよ」

麦野「ふーん、で、どんなやつ?」

電話の女「詳しいことはわからないけど常盤台の超電磁砲っていうのだけは聞いたわ」

麦野「超電磁砲?」

電話の女「まあ必殺技みたいなものじゃないの?」

麦野「なんか気に食わないわね」

電話の女「うん、その反応がみたかったわ」ケラケラ

続きを読む

タグ:

アルミン「変わらないモノ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/25(火) 01:29:58 ID:acmY2uaQ

「ほら、アルミン。行くぞ」



エレンは変わらない

自分の気持ちに素直で、ちょっと喧嘩っ早くて、諦めることが嫌いで、僕の道標となってくれる存在

昔から何一つ変わらない、僕の親友

続きを読む

タグ:

固法「こら、当麻!」上条「げ!姉ちゃん!!」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/25 13:58:40 ID:KrnV/Qsx0
固法「何よこの点数は!」

上条「いや上条さん的には一生懸命やったんですけど……」

固法「この点数じゃホントに進級出来ないわよ?」

上条「それはわかってるんですけどねぇ……」アハハ

固法「笑わないっ!」ビシッ

上条「ひっ!」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/25 14:15:09 ID:KrnV/Qsx0

続きを読む

タグ:

御坂「ほ、ほら……あーん……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/03 18:56:30 ID:z/C2vC2v0
当麻「いやー、いいところに通りがかってくれた。最近極潰しが増えて食費が大変なんだよ」

美琴「だからって毎回毎回あたしを見つけるたびに卵を買わせるのもどうかと思うわよ」

当麻「卵はなあ! 俺の生活になくてはならない、いわば人生のパートナーなんだよ!」

美琴「あーはいはい」
続きを読む

タグ:

アニ「チョコ頂戴」ライナー「どういうことだ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 23:05:52 ID:UatxvRsA

アニ「だから、チョッコレイト頂戴」

ライナー「言い直して欲しかったわけじゃない。急にどうした?」

アニ「別にチョコじゃなくて別のお菓子でもいいんだよ?甘いものなら」

ライナー「なんで上からなんだよ」

アニ「明日はヴァレンタインデイでしょ?」

ライナー「そういやそうだな」

アニ「ハッ、モテる男はヴァレンタインデイなど気にしないと」

ライナー「(さっきから発音いいな)別にモテないしそういうんじゃ」

アニ「だからチョコ頂戴。チョッコレイトッ」

続きを読む

タグ:

御坂「これって……デートよね……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/01 01:09:35 ID:G8RUV5IV0
御坂「…………」

御坂「ぎゃあああー」(ゴロゴロー

白井(先ほどからお姉さまがベッドの上で転がってますけれど……)
白井(もしかしてあれは何か新しい能力の訓練なのでしょうか)

続きを読む

タグ:

切嗣「( ゚∀゚)o彡゚ちっぱい!!ちっぱい!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 18:27:53 ID:BNQ3iMYE0
切嗣「じゃあアイリ、行ってくるよ」

アイリ「待って切嗣」

切嗣「なんだい?」

アイリ「…セイバーには指示をしないの?」

セイバー「……アイリスフィール、私なら大丈夫です」

アイリ「…でも」

切嗣「アイリ、キミに伝えた事にそれは含まれているよ、キミから言っておいてくれ」

セイバー「………」

アイリ「切嗣、セイバーには貴方の言葉が必要よ?」

切嗣「…………」

アイリ「思う所があるのだろうけれど…お願いよ切嗣、セイバーともきちんと向き合って欲しい」

切嗣「…………そうか、わかったよアイリ」チラッ

セイバー「……!!」

切嗣「( ゚∀゚)o彡゚ちっぱい!!ちっぱい!!」

セイバー「えっ」

続きを読む

タグ:

上条「やっぱりフリフリが一番だな」御坂「う、うるさい ///////」前スレ有り

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16 13:05:43 ID:KDEAffP60


ゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコ♪

御坂「ん?」ピッ

御坂「!!!!!」

御坂「/////////」ピッピッ

御坂「ついに・・・・この時が来てしまったのね・・・」

御坂「あぁ・・・恥ずかしい・・・・でも・・・」

御坂「着るって言っちゃったし・・・」

御坂「うぅ・・・・」

御坂「もう一回着てみないと・・・」

黒子(ついに行かれるんですのねお姉さま・・・・)

黒子(きいいいいいい!!!!くやしいいいいい!!!)ジタバタ

黒子(ですが前回邪魔してしまいましたし・・・)

黒子(ここはお姉さまが愛想をつかす結果に終わることを神に祈るだけですわ)前回スレ:


上条「よう、フリフリ中学生」御坂「はあ?」

続きを読む

タグ:

湯婆婆「一方通行?贅沢な名だね。今日からお前の名前は一だよ!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01 01:07:59 ID:31Vg7+vl0
湯婆婆「分かったら返事しな! 一(はじめ)!」

一方通行「はァい」

湯婆婆「帝! こいつを案内してやんな」

垣根「はい、湯婆婆さま」

一方通行「テメェは!」

垣根「おい、さっさと着いてこい」

一方通行「メルヘン野郎!」

垣根「誰がメルヘン野郎だ。俺の帝様と呼べ」

一方通行「ふざけンな死ね」

垣根「おい」

続きを読む

タグ:

上条「( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!!おっぱい!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 16:50:11 ID:5y7tIs6q0
美琴「ふんふふん、ふんふふんふんふんふーん♪」スタスタ






上条「……」スタスタ




美琴「あっ、ちょっとあんた!!」タタタ

上条「おっぱい?」クルッ

美琴「こんなととこで何してんn…へ?」

上条「( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!!おっぱい!!」
美琴「え…ちょ」

上条「( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!!おっぱい!!」

美琴「」

続きを読む

タグ:

アニ「ヒャッハー!久々のシャバだー!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/07(金) 13:55:11 ID:jMymWSW6
進行遅め
捏造あり

アニ「…結晶から出たはいいけど、ここは…?」

ストヘス区でミカサ達に捕まり、最後の力で結晶化して…どれ位の時間が経ったのか。
結晶化した時から記憶がプッツリ途絶えている。
と、いうよりおそらく意識がなかったんだろう。

何日、何週間?いや、何ヶ月?

アニは結晶化したその時から何一つ変わらぬ姿であった。

アニ(よく分からないけど、そんなに時間は経っていない…?
まぁ目の前に兵士とかいなくてよかったよ)

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク