カテゴリ:アマガミ

橘「絢辻さんが厨二病?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/29(木) 02:22:03.17
アマガミSSです。今更な感じですが、楽しんでいただければ幸いです。

登場人物 橘 絢辻 棚町 梅原

※橘と絢辻メインなので、他のヒロインの出番は少ししかないです


過去作品

七咲「好きです!!」 橘「またまたご冗談を」


橘「な、なんで僕が女の子になってるんだ!?」


森島・絢辻・棚町・桜井・中多・七咲・上崎「あなたを私達のものにします!!」


橘「だって薫には彼氏がいるんだろ?」薫(...裏目にでたわ)

橘「今週末は一人で留守番か~...」 桜井(チャンス!!)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401297723

続きを読む

タグ:

【アマガミ】橘純一「も、森島先輩……?」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/09(土) 23:54:01.19

橘(はぁ……はぁ……)

橘(ち、遅刻してしまう……)

橘(今日は遅刻しちゃいけないのに……よりによって……)

橘(と、とにかく急ごう!)

続きを読む

タグ:

梅原「よ~大将」橘純一(もしかして僕は男が好きなんじゃ?)

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 14:37:03.43
ちょっと前

美也「ちょっとにぃに!早く起きてよ!」

橘「う~ん……ってもうこんな時間!?なんで起こしてくれなかったんだ~」

美也「みゃーちゃんと起こしたよ?全くそんなんだからにぃにはいつまでたってもモテないんだよ……」

橘(ん?モテない?)

橘(たしかに僕はクリスマスから恋愛に対して苦手意識を持っていたけど……)

橘(それってつまり女性を避けてきたってことだよな……)

美也「それでね、まんま肉まんは……ってにぃに聞いてる?」

橘「はっ!」

美也「え?」

橘(もしかして僕は男が好きなのか!?)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423633023

続きを読む

タグ:

橘純一「明日から修学旅行だ!」

1 : ◆TI638OYiZI :2015/01/31(土) 23:49:20.78
・アマガミの二次創作SSです。

・原作本編が始まる前のお話ですが、ネタバレ注意。

・一部キャラ崩壊などありましたら、ご容赦下さい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422715760

続きを読む

タグ:

梅原「美也ちゃんを無視する?」橘「うん」 -

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/01(日) 00:35:07.89
梅原「大将……急にどうしたんだ?」

橘「これにはいろいろ理由があるんだよ」

梅原「色々って……でもお前らは仲がいいのに」

橘「そこなんだよ!」

梅原「え?」

橘「美也は僕に依存していると思うんだ」

梅原「自分で言うか……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425137707

続きを読む

タグ:

純一「今日もパンツ貸してくれないか?七咲」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:40:41.24
~水泳部 女子更衣室~

七咲「いいですよ。よっと…はいどうぞ」ファサ

純一「ありがとう七咲、凄く助かるよ!」

七咲「いえいえ、他でもない先輩の頼みですから」

純一「いやあ、七咲みたいな後輩を持てて僕は幸せだなあ」

七咲「もう…先輩ってば大袈裟ですよ」クスッ

純一「それじゃあ僕はそろそろ帰るから。七咲も部活頑張ってね」

七咲「ありがとうございます先輩。それではこれで」


塚原「ちょっと待ちなさいあなた達」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446910841

続きを読む

タグ:

橘純一「七咲、今日もアレ、いい?」七咲逢「先輩は本当に変態さんですね」 【微エロ注意】

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2014/12/23(火) 01:04:45.78
橘「なぁ頼むよ」


七咲「いいですよ」


橘「えっ」


七咲「やらないんですか?」


橘「本当にいいの?」


七咲「先輩はしてほしくないんですか?」


橘「いやしてほしいけど…」

続きを読む

タグ:

七咲「え?猫耳と尻尾ですよ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/14(日) 15:07:54.93
~校舎裏~

七咲「ふふっ、そうなんですか。ほんと先輩の話って聞いてて飽きないですね」

純一(お、なんだかいい雰囲気だぞ。このまま顎とか撫でてみようかな)

純一「しっかしなんだな、七咲って猫みたいだよな」

七咲「え?…突然何言い出すんです?」

純一「いや、ほら…何処と無く…かな?」

七咲「何処と無く…ですひゃんっ!?」

純一「うん、何処と無く」サスサス

純一(うむ、いい反応だ!)サスサス

続きを読む

タグ:

七咲「二人の丘の上公園」

1 : ◆WE4ncwn0tc :2014/12/31(水) 23:00:43.97
純一「…ふう、ふう…やっとついた…」

七咲「もう、先輩…何だかおじさんくさいですよ?」

純一「しょうがないだろ…冬休みに入って運動なんかしてなかったんだから…」

七咲「だからってこの階段くらいで音を上げるだなんて…」

純一「と、とりあえず向こうのベンチ座ろうよ。ちょっと疲れちゃってさ…」

七咲「はいはい、わかりましたよ先輩」クスッ


純一「よっこいしょっと」ストン

七咲「よっこいしょって…先輩、おじさんくさいですよ?」

純一「僕ももう歳だから…ふう」

七咲「なに冗談言ってるんですか、私と一つしか違わないのに」

純一「だいぶ違うもんだぞ?」

七咲「ただ単に先輩が運動不足なだけじゃないですか」

純一「ぐっ、そうだけどさ…」

続きを読む

タグ:

純一「面倒見のよいクールな後輩」

1 : ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 21:46:26.87
~放課後 校舎裏~

純一「…ねえ」

ずるずるずるー

七咲「…?何ですか先輩、じっと見て。ラーメンならあげませんよ?」

純一「そのラーメン、そもそも僕のだけどね」

七咲「いいじゃないですか一口くらい…」

純一「女の子の一口は大きいなあ。麺とスープを一気に半分も食べれるだなんて」

七咲「もう、先輩は乙女に何失礼な事言ってるんですか?そんなのだからどうしようもない変態なんですよ」

純一「乙女は男子の目の前であぐらかきながらカップ麺すすらないけどね」ボソッ

七咲「…何か言いました?」

純一「いえ、なにも…」

七咲「そうですか?…はふっはふっ」ズルズルズル

純一(…お腹減ったなあ)



続きを読む

タグ:

橘「○○を抱き締めてみる」

1: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:22:38 ID:K2RssXbI

アマガミのSSです。
それぞれの話はパラレルワールドだと思って下さい。

橘「お、あれは梨穂子。早速いってみよう」

>>廊下

橘「おーい、梨穂子ー」

桜井「んー?あ、純一!どしたの?」

橘「梨穂子、寒くないか?」

桜井「え?うーん、そう言われるとちょっと寒いかも?」

橘「そうか。よし」

ぎゅっ

桜井「へっ?…ふぁぁあ!!」

橘「大きな声だすなよ、びっくりしたぞ」

桜井「だ、だって、急にこんなことされたら驚くよー!」

橘「寒いって言ってたからさ、温めようと思ったんだけど嫌だったか?」

桜井「う…。嫌じゃ…ないけど…ちょっと恥ずかしいよぉ」

続きを読む

タグ:

ξ^o^ξ「わお!」純一「餌ですよ森島先輩」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/02(水) 17:43:19.33
純一「たくさん食べてくださいね。まだまだ牛丼ありますから」コトリ

ξ^~^ξ「モシャモシャ」

純一「美味しいですか?」

ξ^o^ξ「サイコーよ橘くん! グー!」

純一「ありがとうございます」

ξ*^o^*ξホッコリ


純一(さて、どうしたものか…)

続きを読む

タグ:

橘「今週末は一人で留守番か~...」 桜井(チャンス!!)

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/28(木) 21:13:04.70
アマガミSSです。今更な感じですが、楽しんでいただければ幸いです。

登場人物 橘 桜井 絢辻 棚町 美也

※橘と桜井メインなので、他の人物の出番は少ししかないです


過去作品

七咲「好きです!!」 橘「またまたご冗談を」


橘「な、なんで僕が女の子になってるんだ!?」


森島・絢辻・棚町・桜井・中多・七咲・上崎「あなたを私達のものにします!!」


橘「だって薫には彼氏がいるんだろ?」薫(...裏目にでたわ)



続きを読む

タグ:

橘「だって薫には彼氏がいるんだろ?」薫(...裏目にでたわ)

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/09(土) 19:21:19.48
アマガミSSです。今更な感じですが、楽しんでいただければ幸いです。

過去作品

七咲「好きです!!」 橘「またまたご冗談を」


橘「な、なんで僕が女の子になってるんだ!?」


森島・絢辻・棚町・桜井・中多・七咲・上崎「あなたを私達のものにします!!」





放課後 駅前商店街


橘「やった!! ついにゲットしたぞ... キビトランドの特別イベントのチケットを!!」

橘「うう...長かった... おかげで貯金を使いきったけど...」

橘「でも、これで薫をデートに誘える!!」

橘「今まで、自分の気持ちに気づかなかったけど...」

橘「僕は薫が好きだったんだ!!」

続きを読む

タグ:

森島・絢辻・棚町・桜井・中多・七咲・上崎「あなたを私達のものにします!!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/07/26(木) 21:21:48.63
アマガミのSSです。至らない点もあるかもしれませんが、楽しんでいただければ幸いです。

過去作品

七咲「好きです!!」 橘「またまたご冗談を」


橘「な、なんで僕が女の子になってるんだ!?」




学校 放課後 ポンプ小屋


橘「えーと、どういうことでしょう...?」

森島「言ったとおりよ!! 橘くんを私のものにしちゃうんだから!!」

上崎「うー、本当は私だけのものにしたいのにー...」

七咲「森島先輩、上崎先輩、『私』ではなく『私達』です」

棚町「そうよ。独り占めはさせないんだから!!」

桜井「急に呼び出してごめんね~、純一」

中多「で、でも先輩にどうしても聞いて欲しくて...」

橘「いや、それはいいんだけど。それより詳しい説明を聞きたいです」

絢辻「では不本意ですが、一から説明します」

続きを読む

タグ:

橘「な、なんで僕が女の子になってるんだ!?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/07/07(土) 19:53:24.64
3連休初日 キビトランド ファラオの謎出口


棚町「あははははははっ!!」

橘「わ、笑い事じゃない!!」

棚町「だ、だって、本当に、女に、な、なって... あはははははっ!!」

橘「くそ...前回は薫だけだったのにどうして...」

棚町「ひ、日頃の行いじゃないの? あんた変態だし... ぷっ...あはははっ!!」

橘「しかもなんで館から出たのに戻ってないんだ!?」

棚町「か、髪も伸びてるし... く、苦し... あはははははっ!!」

橘「せっかく3連休だから、薫と遊園地に来たのに...」


続きを読む

タグ:

七咲「む、胸が!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/02/04(土) 00:15:26.13
それは朝、いきなり起きた。

七咲「うっ…う~ん。さて、朝ごはん作らないと。」

ベットから降りた七咲逢は、身体に違和感を覚えた。

身体が重いのだ。

七咲「…疲れ過ぎかな?」

だが、その原因はすぐに分かった。

七咲「…む、胸が!大きくなってる!」

続きを読む

タグ:

七咲「好きです!!」 橘「またまたご冗談を」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:29:07.73
昼休み、校舎裏

七咲「え?」

橘「いや、だからいつものようにからかってるんだろ?」

橘「はは、いくら僕でも、もう騙されないよ」

七咲「ち、違います!! こ、こんなこと冗談で言いません!!」

橘「そう言いながら結局、『嘘です』って言う気だったんでしょ?」

七咲「そ、そんなことは...」キーンコーンカーンコーン

橘「あ、チャイムが鳴ったね。そろそろ戻ろないと」

七咲「せ、先輩!! 待ってください!!」

橘「僕、次は移動教室なんだ。だからもう行くね」スタスタ

七咲「せ、先輩!!」

続きを読む

タグ:

橘(26)「七咲にプロポーズがしよう」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 17:18:46 ID:eiTlQm2A
おでん屋の屋台
七咲(25)「うちの上司、私が帰ろうとすると仕事を投げてくるんです。先輩との待ち合わせがあるのに……」

橘「ははは……」

七咲「しかもですね、何かあるごとに嫌味を!この前も『どうせ結婚する相手もいないんだろ』だとか」

七咲「余計なお世話ですよ。私には先輩がいるんですから」

橘「そうだね……ははは」

七咲「まあ確かにそろそろそういう時期かも知れませんが……」ボソボソ

橘「逢らしいセリフだな」ハハハ

七咲「……」

橘「……笑いごとじゃないか」

七咲「別にいいですよ」

橘「…………なぁ、逢」

続きを読む

タグ:

七咲「先輩……いつまでここで寝てるつもりですか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/27(金) 22:06:40 ID:J6AIdV/w

七咲「風邪、ひいちゃいますよ?」

橘「もうちょっと……だけ」

七咲「ふふっ、本当にしょうがないですね」

橘「七咲の太ももがあったかくて…ね」ムニャムニャ

七咲「先輩が風邪をひいたら、私が看病してあげますからね……」

橘「ありがとう、七咲」

七咲「構いませんよ。先輩のためなら」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク