カテゴリ:中二病でも恋がしたい!

凸守「勝負デス!ニセサマー!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 19:53:30 ID:VobSaaGf0
森夏「ちょっと!教室には来るなって何回言ったらわかるのよ!」

凸守「逃げる気デースか?無様デスね!」

森夏「…」カチン

森夏「ちょっとこっち来なさい!」ガシッ

森夏「たっぷり可愛がってあげるわ…」ニヤッ

続きを読む

タグ:

森夏「凸守をなぐさめてあげるわ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21 00:59:41 ID:bubWCVfX0
11-12話期間

森夏(中防、泣いていたな…)

森夏(なんとか慰めてあげられないかしら)

森夏(そうだ.モリサマーのブログを復活させれば…
           でも、黒歴史をほじくり返すのは…ちょっと)

森夏(あーーっもうっめんどくさいわね。とりあえずやってみるわ!!)

続きを読む

タグ:

勇太「こたつ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/16 20:56:04 ID:3Zc5BWmj0
ドアがちゃ

勇太「おぉ、部室も寒いな」ぶるっ

勇太「ん?」

勇太「どうしたんだそれ?」

丹生谷「くみん先輩が持ってきたみたい」みかんパクパク

くみん「ここは昼寝部も兼ねてるからね~」zzz

続きを読む

タグ:

勇太「くみん先輩との部活動」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15 12:34:10 ID:KzcYQGr/0
放課後@部室

勇太「あれ、誰もいない」

勇太「まあ、今日は凸守とくみん先輩くらいしか来ないし仕方ないか」

勇太「どうするかなぁ……」

ガラッ

くみん「あ~富樫くん、やっほ~」

勇太「どうも」

くみん「いや~、今日は暖かいね~」

勇太「そうですね、それとくみん先輩、今日は六花達は来なくて凸守が来るかどうかって感じなんですよ」

くみん「そっかぁ~、それじゃあ富樫くん」

勇太「はい?」

くみん「二人っきりの部活動、しよ?」

続きを読む

タグ:

森夏「小鳥遊さんの中二病を更正させてやる!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/21 19:34:25 ID:YCvKX+K50
森夏(あー体育だるー)

先生「それじゃ好きな人4、5人でグループを作ってね」

生徒「丹生谷さん、一緒に組んでもいい?」

森夏「ええもちろんよ」ニッコリ

生徒「丹生谷さんと同じグループなんてラッキー」


六花「………」

続きを読む

タグ:

六花「ゆうた…鍵、忘れた…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27 22:01:37 ID:sCKSY6QC0
六花「……」

ゆうた「仕方ないな。今晩だけ泊めてやる」

六花「ほんと!?」

続きを読む

タグ:

六花「ゆうた…具合、大丈夫…?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 21:47:52 ID:NIVqHZXo0
ゆうた「ああ…もうだいぶ治ってきた……って、なんでお前がいるんだよ!」

六花「ゆうたがいないと、学校、つまらない」

ゆうた「そうじゃなくて! 窓は閉まってたろ!」

六花「ゆうたの母上に開けてもらった。今から出かけるそうだ」

ゆうた「まじかよ…腹減ってたのに…」

続きを読む

タグ:

六花「邪王真眼に目覚めた……っ!」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15 16:41:18 ID:ehV0tFpN0
【早朝】

ぱちり、と目を見開き身体を起こす。
現在時刻午前六時。小鳥遊六花は目をしょぼしょぼさせながら枕元の手鏡を取った。

六花がこんな早朝に起きる理由はただ一つ、階下に住む彼女の契約者こと富樫勇太を起こしに行くためである。
それでわざわざ勇太が普段起きる時間よりも少し早い時間に起きているのだ。

そんな六花が起きて最初にすることは自身の右目に金色のカラーコンタクトを入れることだった。
それこそが、邪王真眼。古より伝わる伝説の魔王が備えていたという最強の魔眼……という、設定。
そんなわけで常日頃からカラーコンタクトを装着している六花だったが流石に睡眠中には外していた。

(邪王真眼を開眼、させる……)

若干寝惚けた頭でカラーコンタクトのケースを手繰り寄せながら手鏡を覗き込む六花。
しかし彼女は直ぐに違和感に気付いた。

続きを読む

タグ:

森夏「私の髪と凸守の髪が絡まってほどけなくなった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 20:01:53 ID:wbEemyA/0
森夏「ちょっと……どうすんのよこれ」ギチギチ

凸守「な、なんとかしてほどけないデスか?」グイグイ

森夏「ちょ馬鹿! 無理に引っ張ったら余計きつく締まるでしょうが!」

続きを読む

タグ:

森夏「元中二病でも恋がしたい!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18 21:24:36 ID:ZQYKHyMjT
勇太の部屋

勇太「お、お茶入れてくるね!」

森夏「うん、お構いなくー」

ガラッ

森夏(さて、部屋の主もいなくなったことだし早速アレを探さないと……)

森夏(富樫くんがお茶を入れてくるまでに見つけないと駄目ね……どこから探せば……)

森夏(待って、感覚を研ぎ澄ますのよ森夏……そうすればきっと簡単に見つかるはず…………ここ!)

続きを読む

タグ:

六花「この毛布ゆうたの匂いでいっぱい///」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13 19:15:24 ID:cbChtpRX0
学校

一色「なぁ勇太」

勇太「なんだ一色」

一色「小鳥遊さんていつもベランダから勇太の部屋に入って来るんだろ?」

勇太「まぁな」

続きを読む

タグ:

森夏「冨樫君が中二病を再発した!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23 20:47:10 ID:cPEJ9AaO0
凸守「これでようやく駒が揃ったデス」

六花「私たちのダークフレイムマスターは不滅だった」

勇太「クックッ……」

森夏「……どういうことよ」

続きを読む

タグ:

くみん「モリサマちゃんて付き合ったことあるの?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17 01:07:02 ID:Wxo7bxF50
くみん「………」

森夏「………」

森夏「……は?」

くみん「?」

続きを読む

タグ:

森夏「傘忘れちゃった……」勇太「入れてやろうか?」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16 23:41:11 ID:4+vLLtdg0
森夏「富樫君!? あれ? 小鳥遊さんは?」

勇太「なんか『今日は凸森と【失われし英機の娯楽】の探索に当たる』とか言って先に帰っちまった」

森夏「失われし……何?」

勇太「早い話がレトロゲームだと。どうも隣町で古いゲームのバーゲンがやっているらしい」

森夏「ふうん……。富樫君は行かないの?」

勇太「今日は夢葉のお守りしなくちゃいけないからな。母さんも樟葉も遅くなるし」
    「だから早く帰るなら帰ろうぜ。駅まで入れてやるから」

森夏「あ、うん……。じゃあお邪魔しちゃおっかな」

続きを読む

タグ:

富樫勇太「眠い・・・」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/10(土) 19:19:08 ID:no1mUd5o
初SSな上に即興で書いていくから変なところあるかもしれないけど
そこは気にしないで生暖かい目で見守ってくれるとありがたいです。

続きを読む

タグ:

勇太「転校生…?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 00:13:08 ID:gZw6dNhG0
始業式後

ななちゃん「また1年間よろしくねー」

ななちゃん「早速で悪いけど転校生の紹介よ」

勇太(転校生か、可愛い子だといいな)

勇太(って、俺には六花がいるんだった)

勇太(もう付き合い始めて半年近く経つのか…)

勇太(色々あったなぁ~…)



続きを読む

タグ:

勇太「六花と同棲とか…理性が持つだろうか」六花「?」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14 21:44:08 ID:E6TK5rmp0
森夏「冨樫くん、小鳥遊さんと上手くやってる?」

勇太「まあそれなりに…相変わらず朝は弱いみたいだが」

森夏「で、その………あれは大丈夫?」

勇太「十花さんのことか?それなら心配ない」

森夏「じゃなくて…、せ、せせ、性欲の発散///」

勇太「はぁ!?」

森夏「男なんだから当然するでしょアレを!まさかホモじゃないでしょ?」

勇太「断じて違う!」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク