カテゴリ:男・女

義妹「兄さんっ♪」ギュッ  妹「・・・」イライライライラ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 17:49:40.31 ID:G9UvRhEDO
義妹「兄さん♪」スリスリ

兄「ちょ、おいっ……」

義妹「ふふ、兄さんビクッてしました」

兄「な……、し、してないから」

義妹「嘘つき♪」ギュッ

ムニュ

兄「」ビクッ



妹「」イライライライライライラ

続きを読む

タグ:

少女「マッチが売れないのなら、マッチョを売ればいいじゃない!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:35:47.95 ID:3Fxjnx6d0
<町>

マッチを売る少女とマッチョ。

少女「マッチはいかがですか~!」

少女「マッチいりませんか~!」

マッチョ「マッチ、いかがですかぁ」

少女「アンタ、もっと大きい声出しなさいよ! そんなんじゃ、売れないわよ!」

少女「まったく図体は大きいのに、声は小さいんだから!」

少女「ホントにあたしと同い年なのかしら!」

マッチョ「ゴメン」

続きを読む

タグ:

超絶美人女上司「ねぇなんでこんな簡単な仕事も出来ないの?」

1: 以下、VIPがお送りします 2015/04/28(火) 09:16:51.544 ID:xJD0XzyV0
俺「すみません」

超絶美人女上司「謝罪じゃなくて理由を求めてるの、わかる?早く説明してもらえない?」

俺「えっと…」

超絶美人女上司「君さ、ここに入ってもう一年になるんだけどまだまともに仕事できないの?」

俺「…ごめんなさい」

超絶美人女上司「謝らなくていいからちゃんと仕事して欲しいんだけど」

俺「…これから頑張ります」

超絶美人女上司「それ何回も聞いたよ。今ので何回目?」

俺「…わかりません」

超絶美人女上司「168回目よ。自分のことも覚えてられないのね」

俺「…ごめんなさい」

超絶美人女上司「ハァ…全く世の中にどうしてこんな無能がいるのかわからない」

俺「……ごべんなさい」

超絶美人女上司「うわ、泣きだした。泣けばいいと思ってるの?幼稚園児と同レベルね」

俺「…………ごべんなさい」

続きを読む

タグ:

痴漢「…」サワサワ JK(やだ…なにこの人///)

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 13:40:15 ID:nd3BE8Z6
痴漢「…」クチュクチュ 

JK(すごいテクニシャン///)

痴漢「…」クチュクチュ 

JK(もうらめえええええ電車内なのにいっちゃうううううう///)

パシッ

OL「やめなさいよ」

痴漢「ん…?」

JK「…」

続きを読む

タグ:

女「一緒にお風呂入ろう!」

1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2013/05/29(水) 21:50:06.72 ID:1bpO0nWT0
男「はっ?」

女「だから一緒n」

男「そうじゃなくてなんで風呂に入るのかってほう」

女「チュッパチャップスあげるから」

男「いらねーし、それに俺のだからそれ」

女「てへっ☆」

続きを読む

タグ:

甘くてとろける百合バス  私と――。

前スレ:

【SS】甘くてとろける百合バス



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 13:16:58.55 ID:bGKhngeS0
ほのぼの百合百合しいバスの最後尾に私は座っていた。
いつも通りいちゃいちゃする3組+私+運転手――あれ。
何か、毛色の違う人が。
誰や、あんたと思ったら――。
何と、小学生からの付き合いのヤンキーちゃんだ。
バスに乗って帰るなんて珍しい。
私は、肩までの金髪ヘッドをぽんぽんと叩く。
どうしたのかと聞くと、バイクが壊れてしまったとのこと。
あらあら。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493785018

続きを読む

タグ:

【SS】甘くてとろける百合バス

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/02(火) 23:32:50.09 ID:N42FZe1lO
学生専用バスなるものがある。
今、そのバスには、私を含め、7人のクラスメイトが乗っていた。

みんな女子だけど、間違いなく何か起こると思った。

私は彼らの事情について、詳しいから。

まず、後ろの席の二人。

どこに行くにもいつも一緒。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1493735570

続きを読む

タグ:

女友「ヤらせて」女「…え?」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 21:07:09.70 ID:VUcFcXA7i
女友「まあ、そこに横になってよ」

女「いや横になったら何されるか分からないからやだよ」

女友「何もしないから」

女「嘘だ」

女友「じゃあ私も横になるから。ほらおいで」

女「ますます怖いから」

続きを読む

タグ:

妹「さわんな!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 07:15:43.48 ID:CXWb1xZl0
妹「キモオタ臭がうつるんだよっしね」

兄「あ…ご、ごめんね。ゴミがついてたから…その…」

妹「ナヨナヨしててきもいんだよ!クソ兄貴!もう近づくんじゃねーぞ」

バタン

兄「……」

兄「あの頃はあんなにひっついてて可愛かったのにどうしてあんな風に…」

妹の部屋

妹「……おにいちゃん」


続きを読む

タグ:

後輩「あれ?私縛られてる……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17(木) 23:22:51.63 ID:awXpoaAk0
後輩「ねー先輩」

先輩「何よ」

後輩「もうしんどいです」

先輩「……何のために後輩と勉強会開いてると思ってるの」

後輩「私の中間テストがピンチだからです」

続きを読む

タグ:

女「私500万円で売られちゃうの?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/01(土) 12:44:36.35 ID:S4nCbKWW0
父「あぁ。大きい質屋みたいなところに行くんだ」

女「そっか…」

父「安心しなさい。きっと迎えに来るから」

女「お父さんはその間何するの?」

父「500万で一山当ててくる」

女「山?」

女「お父さん山買うの?」

父「そんなところだ」

女「私はこれから何するの?」

父「少し働くかもしれないな」

女「……わかった。がんばる」

父「しっかり頑張ってくれ」

女「うん。約束する」

父「良い子だ」

続きを読む

妹「私は目覚めた……」姉「はい、おはよう」【百合】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 06:03:21.90 ID:fdNfTaxg0
妹「私は目覚めたー!」

姉「うん、おはよう」

妹「違くて。そういうんじゃなくて。私は目覚めたの! 」

姉「ごめんね、朝ご飯まだなの。パンとご飯、どっちがいい?」

妹「あ、パンでお願い……じゃなくてさぁ! 目覚めたって言ってるじゃん!」

姉「え? 何に?」

妹「それは勿論、新たな力に……だよ!」

姉「……へー」

続きを読む

タグ:

後輩「ちょっと先輩!晩御飯どうするんですか!」【後編】

前スレ:

後輩「ちょっと先輩!晩御飯どうするんですか!」【前編】



293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 12:40:13.35 ID:hGFhns7U0
2年後


同僚1「えー、島井さん彼氏いないんですカー!?」

先輩「あははは」

同僚2「信じらんなーい! こんなに美人なのにイー!」

先輩「あははは」

上司「あー、じゃあ俺立候補しちゃおっかなー!?」

先輩「あははは」

同僚3「あー、不倫だぁー! 奥さんに言っちゃうゾー!」

先輩「あははは」

一同(笑)

続きを読む

タグ:

後輩「ちょっと先輩!晩御飯どうするんですか!」【前編】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:44:32.05 ID:hqlVYEyt0
先輩「あぁ? んなもんそこらへんのカップ麺でも食ってろよ」

後輩「もう無くなっちゃいましたよ。全部」

先輩「はぁああ? 何個か残ってただろ。イケル麺だかなんだか言うやつが」

後輩「今日のお昼の時点で残り一個でしたよ」

先輩「そうだっけ? まあ、そうなったら最後の一個食った奴がどうにかするのが筋だわな」

後輩「それ、先輩です」

先輩「……お前にもやっただろ」

後輩「一口だけですけど」

続きを読む

タグ:

女友「監禁されて3日目だし、そろそろ限界なんじゃない?」女「」【R18】

前スレ:

(1日目)女友「女ちゃんを監禁して死ぬまで逝かせ続けたい」女「」


(2日目)女友「私に監禁されて、必死で抵抗してる女ちゃん可愛い」女「」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 23:42:56.12 ID:LIlPN1u10
女「んんっ・・・」

女友「おはよ?女ちゃん。
今日もすごく抱き心地がいいねっ」

女「ぁぁぁぁ・・・・・・」

女友「もう、朝から恥ずかしい声出しちゃって・・・
睡眠薬飲まされて起きられないまま、ローターで足の間攻め続けられるのがそんなにいいの?」

女「そんな事・・・ひゃぁっ」

女友「もうっ本当に可愛いんだから・・・」ぎゅっ

女「くるしいよぉ・・・」

女友「こんなに可愛い娘の心と体がもう少しで私のモノになると思うとすごくドキドキする・・・♪」

続きを読む

タグ:

女友「私に監禁されて、必死で抵抗してる女ちゃん可愛い」女「」【エロ注意】

前スレ(1日目):

女友「女ちゃんを監禁して死ぬまで逝かせ続けたい」女「」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 08:00:49.62 ID:wwYka+0N0
女「・・・んん・・・・。」

女「ここ・・・どこ・・・・・・?」

女「体が動かないし、なんか・・・足の間がすごくむずむずする・・・・・・。」

女友「おはよ?女ちゃん♪
すごくいい抱き心地だったよ。」

女「そうだ・・・私、女友ちゃんに監禁されてるんだっけ・・・。」

続きを読む

タグ:

女友「女ちゃんを監禁して死ぬまで逝かせ続けたい」女「」【R18】

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 00:53:08.71 ID:b795MGbI0
女「あれ・・・?ここどこ・・・?」

女友「あっ気がついた?」

女「というか、何で私ベットの上に寝てるわけ・・・?」

女友「大丈夫。それ、私のベットだから。」

女「そういう問題じゃなくって・・・!っ・・・!なんで私縛られてるの!?」

女友「だってそうしないと女ちゃんを思う存分堪能できないないじゃん♪」

女「えっ・・・ちょっと?何言って・・・!?」

女友「大丈夫。女ちゃんの心も体も、全部私の物になっちゃったらちゃんと解放してあげるから、ね?」

女「・・・!!」


続きを読む

タグ:

お嬢様「ちょっと、そこの貴方」男「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:17:11.30 ID:IqaznkF20
嬢「ちょっと職員室まで案内して頂けるかしら?」

男「(だ、誰だろうこの子……美人だな)」

嬢「聞いてますの?」

男「えっと、ごめん何だっけ」

嬢「まったく、頭の悪そうな顔してるかと思えば耳まで悪いんですのね」

男「げ……」

嬢「もう一度いいます、この私を職員室まで案内なさい」

男「(な、なんて性格の悪い女なんだ)」

嬢「はぁ……どうして私がこんな庶民の学校に」ブツブツ

男「(転校生……か?)」

続きを読む

タグ:

弟「ねーちゃん…寝てる?」姉「…zzZ」【エロ注意】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:25:41.18 ID:UqyN97MJ0
姉「……zzZ」

弟「よく寝てる……」

姉「……zzZ」

弟「これくらいぐっすり寝てるなら……」

姉「……zzZ」

弟(…………)

姉「……zzZ」

弟「……ちょ、ちょっとくらいいたずらしても、起きないかも」

姉「……zzZ」

続きを読む

タグ:

兄「妹に無視される……」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/20(土) 23:28:54 ID:6RkbDqlw
兄「おーい、妹」

妹「……」

兄「妹ー?」

妹「……」スタスタ

兄「?、どうしたんだあいつ」

兄「……!」

兄「これは……巷で流行りの無視したらどうなるかというやつだな?」

兄「なるほどなるほど……」

兄「……これは好都合だな」

続きを読む

タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。