カテゴリ:とある魔術の禁書目録

絹旗「アイテムで温泉旅行?」フレンダ「うん」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 12:34:38.25 ID:eGI4udEo0
アイテムで伝統的な温泉SSというのが無かったので

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405913668

続きを読む

タグ:

上条「相談に乗ってくれ!」 一方通行「はァ?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 17:48:15.55 ID:tTPcDWr7o

※注意事項

・ギャグ物
・キャラ崩壊あり、というか全力
・時系列とか気にしない
・シモネタあり、結構全力で
・短編

こんな感じでよければ少しだけお付き合いくだされ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385801295

続きを読む

タグ:

一方通行「あったけェ……」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/12/29(木) 21:04:31.13 ID:G9uHfhRjo

一方通行「コタツってすげェなァ……」ホウ

垣根「全くだな、悪魔の暖房器具だぜコイツは」ヌクヌク

御坂「日本人に生まれてよかったって実感するわー」ホッコリ

麦野「コタツで食べる蜜柑はどうしてこんなに美味しいのかしら」ムギムギ

一方通行「暖房器具の頂点はコタツで間違いねェな、ストーブやエアコンじゃこの空気は作れねェ」

垣根「この包み込んでくれるような暖かさは一度体験すると抜け出せねぇよ」

御坂「コタツに対抗出来るのは人肌に暖められた布団くらいよねー」

麦野「あ、蜜柑なくなった」

続きを読む

タグ:

フレンダ「麦野、愛してる」麦野「そうか、死ね」

2: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/10/12(火) 21:03:46.55 ID:lF4CBbAo
0.1 フレンダ ~1~


――『アイテム』のメンバーとの距離感は未だに掴めていない。

 ただの表面上だけの事務的な繋がりでもなければ、もちろん女同士の仲良し集団等でもない。

 彼女が『アイテム』に加入した時、既に滝壺理后はメンバーにいた。

 初めて会った時の印象は、『良く分からない』であり、それは今でも大して変わっていないが、なんだかんだでそれ以来の付き合いの為、仲良くなった方だと思う。

 もう一人のメンバーは名前も顔も覚えていないが、会ったばかりの私に気さくに声を掛けてくれ、右も左も分からないただの足手まといを優しくサポートしてくれた。

 おかげで逃げ出し癖のある私は次の日も遅刻する事無く『アイテム』のアジトに足を運べた。

 以降も召集に対してサボる気も起きず足しげくアジトに顔を出せるようになった。

 たった一日しか会う事のなかった、あの人のおかげだ。

 会ったその日に、麦野に始末されたあの人のおかげだ。

「どうやら組織に内通者がいたようだったけど、安心して。たった今いなくなったわ」

 学園都市の頂点である七人の超能力者の第四位にして、『アイテム』のリーダー。

 麦野沈利の第一印象は、そんな感じだった。

続きを読む

タグ:

【食蜂×上条】食蜂さんのちょっぴり積極的過ぎるアプローチ【R-18】

1: ◆BAKEWEHPok 2015/09/25(金) 19:06:05.38 ID:Tp6jvSP2o
食蜂さんが上条さんにエロいことしてるだけの話し

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443175557

続きを読む

タグ:

佐天「上条当麻が全裸になる能力かぁ」

3: ◆Rgo/Hb9NdY 2013/09/29(日) 23:30:55.36 ID:yq3A5Nxe0
初春「何ですかその能力は?」

佐天「私もよく分からないよ」

初春「どうやって発動させるんですか?」

佐天「こうやって目を瞑って……念じると……はっ!!」

――――――――――――――――――――――――――

禁書目録「お腹減った」

上条「は?」

禁書目録「ご飯を食べさせてくれたら嬉しいn」

ブチブチブチ ビリリーーー!!!

上条「……」

禁書目録「……」

上条「あ、あの……」

禁書目録「は、早く着替えるんだよ変態!!」

続きを読む

タグ:

御坂「ツンデレヒロインの会?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/14(水) 22:59:36.20 ID:xn9Xjix70
戦場ヶ原「ええ、そうよ」

雪ノ下「説明していただきたいのですが」

御坂「そうよ、いきなりこんなとこに集まれだなんて」

ハルヒ「…」

戦場ヶ原「あなたたち三人をここに呼んだ理由はちゃんとあるのよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473861575

続きを読む

タグ:

【上条×オティヌス】壊れた世界の迷い人【R18】

2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/25(火) 09:51:11.36 ID:jTOUYFgSo
天も地もあやふやで、何もかも虚ろなただ黒だけの光景。
地平線の先まで漆黒で塗りつぶされた空間に、上条当麻は独り立っていた。
瞳を爛々と輝かせて、油断なく周りを見渡しているその姿は餓えた獣のようだ。
何かに気付いたのか、鈍く光を放つ視線が離れた、或る一箇所を睨みつける。

「……どうしたオティヌス。俺はまだ終わっちゃいないぞ」

言葉に呼応したかのよう、ただ黒だけを映していた瞳の先へと色彩が浮かび上がり
瞬きをする間もない一瞬に、オティヌスは現出していた。

「呆れたものだ。お前のしつこさにはいい加減飽いてくる」
「なら早く世界を戻して終わらせろ。俺は絶対に諦めない」

少女の姿をした魔神の表情には、ほんの少しだが疲れの色があった。
あらゆる責め苦を与えられ、血も肉も心も、切り刻まれてすり潰されているはずの
上条の精神を、どうしてもオティヌスは折る事ができていなかったのだ。
繰り返される位相を挟まれた世界は、百を越え、千を渡り、万に届いてもなお、少年は健在であった。

オティヌスは上条を見つめる。
張り詰めている表情は精神的に参っていないはずもない。
けれども、瞳には強い意思が溢れており、燻っている炎が燃え上がるのを待ちわびているかのよう。
その双肩に、幾つも重なった螺旋の世界を乗せて、立ち上がり続けていた。

オティヌスが痛苦を生み出す何万もの手管を用意していたとしても。
いや。用意して実行しているからこそ、徒労を感じるのはしょうがなかったかもしれない。

「……お前にはいい加減アプローチを変える必要がありそうだ」
「どういう意味だ?」

疑問をあげながらも上条は油断せず、オティヌスの動きを見ている。
唐突に始まる世界の変遷に、人の身で対応できるはずもないが
それでも食らいつこうとするのが上条当麻という少年だ。

だとしても見えなかった。
魔女の帽子だけが視界に在ると気付いた瞬間、オティヌスが眼前なんて生温いほど近く低い距離へと踏み込んでいたのだ。

続きを読む

タグ:

垣根「全力で一方通行倒す」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 23:18:33.25 ID:5+ccjOWAO
――――某ファミレス

垣根「……という訳だ、とりあえず力貸してくれよ」

上条「……」

浜面「……」



上条・浜面((誰だよ!?))



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373120313

続きを読む

タグ:

一方垣根「「だから悪いっつってんだろ!」」

1: ◆HA.zKJd6M//L 2014/03/22(土) 10:32:41.81 ID:rMy5dtdL0
浜面「お前らって仲良いの?」

一方「はァ?」

垣根「いや無い無い。
偶々好きなファミレスが一緒だからよく飯は食うけどよ……
まぁ仲良くはないな」

一方「本当にコイツとは性格合わなくてよォ。
イライラすンのもよくあるな。反りが合わないっつーか………」

垣根「コーヒー熱っ!」

一方「すいませーンおしぼりくださァい」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1395451961

続きを読む

タグ:

上条「お前がキラか!」月「ミサ、こいつ名前は」ミサ「上条当麻」月「よし!」カキカキ

1: 8 ◆H3qqj7wCjc 2016/05/08(日) 15:13:24.08 ID:4cvoPzn10
月「…ふ、誰だか知らないがどうして僕の正体が分かったんだい」

上条「こいつに教えて貰ったんだよ、お前に死神がついてるってな」

月「何…?」

オティヌス「弱体化したとはいえ私も神の一人だ。死神くらい見える」

リューク「どうもリュークです」

月「だがもう遅い、お前の名前はこのデスノートに書いた!お前はもう死ぬ」

上条「そいつはどうかな」

ミサ「はったりよ!デスノートに名前を書かれた人間が死を逃れる方法なんて…!」

月「40秒…」

SSWiki http://ss.vip2ch.com/jmp/1462688003

続きを読む

タグ:

【とあるSS】浜面×絹旗 気づかぬうちに窒素は燃えて【R-18】

1: ◆BAKEWEHPok 2014/01/25(土) 08:32:09.75 ID:6sOATsfMo
出会って間もない二人が恥ずかしいトラブルからエロいことしちゃう話です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390606328

続きを読む

タグ:

佐天「御坂さんが妊娠しないのは上条さんにも問題があるんじゃないですか?」上条「えっ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/13(火) 08:00:51.477 ID:VtRfL/Tp0
佐天「実は上条さんって種無しなんじゃないですかぁ?」

上条「ふざけるな!俺は正常だ!」

佐天「いやー、それちょっと信用できないんですよねー」

上条「じゃあどうすればいいんだ?」

佐天「そうですねぇ」

続きを読む

タグ:

フィアンマ「おえっ……」 【とあるSS】

2: ◆lvQFgY.6F6lL 2016/07/18(月) 08:34:42.82 ID:HKfHlY2Ho

………馬車の中………


フィアンマ「……ううっ」マッサオ

フィアンマ「うぅ、俺様ってこんなに乗り物酔いするタイプだったのか」オゲェ

ガララララッ

フィアンマ「おええええっ」ゲロロロロ

フィアンマ「はあ、はあ……こんなところで体力消耗は避けたいんだが」フルフル

フィアンマ「うっ……」

フィアンマ「ちっ、吐いたのにまだ治まらないのか」イライラ

続きを読む

タグ:

インデックス「とうまは頭怪我してるんだよ!!!」

2: ◆lvQFgY.6F6lL 2016/08/01(月) 18:53:52.43 ID:my1L5GHlo
………第七学区・舞夏の巡回ルート………


インデックス「……」ムス

舞夏「お? そこにいるのは……」クルクル

インデックス「あ、まいか……」 

舞夏「なんだかご機嫌斜めみたいだけど、どうしたー?」

インデックス「昨日とうまと喧嘩した」

インデックス「だから出てきた」

舞夏「え、昨日から外に追い出されてたってことなのか??」

インデックス「違うよ、追い出されてないもん」

インデックス「朝になってから勝手に出てきたんだよ」

舞夏「たいしたことなさそうで安心したぞー」

続きを読む

タグ:

佐天「あたしの未元物質に常識は通用しないっ!」ビシッ 初春「うわぁ…」

1 :8 ◆H3qqj7wCjc :2016/04/20(水) 19:19:19.15
佐天さんが未元物質を使います
一部能力をちょっと都合が良い風に解釈してる箇所があるかもしれません
バレーボールカブトムシ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461147559

続きを読む

タグ:

もしも上条さんと御坂さんが同じ道を歩んでいたら

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/13(土) 20:32:09.79
このssは
禁書目録1巻での警備ロボットに追いかけられ上条さんと御坂さんが同じ逃げ道を歩いていたら編です!

詳しくは禁書目録1巻またはアニメの一話を見るといいでしょう!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434195119

続きを読む

タグ:

一方通行「打ち止めが攫われたァ…?」

1 : ◆HmI8/.nSQI :2015/08/21(金) 10:54:25.41
禁書です。時系列あいまいなのとオリジナル能力者出してますがご容赦ください。
あと暴力的なシーンも軽くございます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440122065

続きを読む

タグ:

上条「怖い話」

1 : ◆HmI8/.nSQI :2015/09/12(土) 00:38:41.89
とあるメンバーが怪談話するだけ
みんなで集まる程度には仲良し設定なのでご容赦下さいな



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441985921

続きを読む

タグ:

【ホモスレ】初春「御坂さんに見てほしいものがあるんです」美琴「え?」

1 :8 ◆H3qqj7wCjc :2016/04/01(金) 22:31:40.97
酔ったテンションで書きました
後悔する前に全部投下します
自分でも頭おかしいと思ってます


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459517490

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク