カテゴリ:アイドルマスター

未央「うづりんで百合拘束モノ書いたよ」凛「は?」

1: ◆AyvLkOoV8s 2018/03/11(日) 23:37:51.77 ID:SpIkyb5v0

~あらすじ~


卯月と凛は人狼族の幼馴染であり、仲睦まじく暮らしていた。

ところがある日、人狼の能力に目を付けた奴隷商人によって二人は捕らえられ

縛られて輸送船に放り込まれてしまったのである。

二人は、自身を後ろ手に戒める鋼鉄の拘束具を解除する方法を持っていない!

それでも工夫と知恵を凝らし、この輸送船から脱出しなければならないのだ!



凛「なにこれ」

未央「今度しまむーとしぶりんが出演する百合ドラマの台本だよ?」

凛「誰が書いたの?」

未央「未央ちゃんだヨ!」

凛「馬鹿じゃないの?」

未央「……」ガシ


凛「み、未央? ごめんって、バカは言い過ぎた」

未央「ううん違うよしぶりん。未央ちゃんも半ば仕方なくこの脚本を書いたんだよ」


『拘束シーンつきのうづりん百合ドラマ脚本を書くか』

『それともPのように二人をクソアニメの声帯に差し出すか選べ』

『ちなみに後者の場合お前ベーコンな』


未央「監督の求めるものを差し出すしか選択肢がなかったんだよ……!!!」

凛「未央がベーコン役をやりたくなかっただけじゃないの……?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1520779071

続きを読む

タグ:

モバP「あかちゃんはどこからくるの?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 16:15:04.70 ID:EG6RyFNpo
※モバマスの横山千佳ちゃんのSSです、短いです


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403334904

続きを読む

タグ:

モバP「俺がみんなに出来る事…」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/28(水) 15:54:04.90 ID:A8i6FiAX0
モバP「そうだ!!疲れて帰ってきたみんなに膝枕をしよう!!」

ちひろ「は?」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1377672844

続きを読む

タグ:

P「ペア旅行券が当たった・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 04:11:03.13 ID:z609SY6B0
P(恋人が居ないのにペア旅行券だなんて…残念すぎる)

P(金券ショップで売っちゃうか…)

P(…でもどうせなら誰かと行きたい)

P(かといってアイドル誘うわけには行かんし…第一親御さんが許さんだろう…)

P(どうすっかなぁ…社長…ありえん…)

P(行きたいなぁこのね○みーラ○ド…というかおまけのホテルが豪華だしなぁ…泊まりたいなぁ)

P「はぁ…ん」チラッ

小鳥「終わんない終わんない仕事が終わんなぃ~!ピヨ~!」

P「…」

誰か書いても…いいんだよ?(チラッ

続きを読む

タグ:

向井拓海「たくみせんせーのお悩み相談室…だと?」モバP「そうだ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/28(火) 08:59:42.43 ID:dx/kkRE20
・モバマス
・安価スレ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438041582

続きを読む

タグ:

城ヶ崎美嘉・莉嘉「素顔のアタシとスーパーラブ!」

2: ◆8nxXVxj6ho 2016/07/07(木) 23:33:59.27 ID:/2NTgjfQ0
某日・ある芸能事務所・会議室

美嘉「莉嘉と…」

莉嘉「お姉ちゃんの…」

美嘉・莉嘉「新曲!?」

P「はは、そうだよ。もうすぐ仮歌も渡せると思う。明日あたりかな?」

莉嘉「お姉ちゃん!新曲だよ!新曲!」ダキッ

美嘉「わっ!こら急に抱きつかないの。ま、アタシも嬉しいけどね★」

莉嘉「えへへー!どんな曲なんだろー…Pくんはもう知ってるの?」

P「まあな。二人の曲どっちも作曲家さんと作詞家さんが一生懸命作ってくれてすごくいい歌だよ。それを美嘉と莉嘉の力でもっといい歌にできるんだ。がんばろうな!」

美嘉「そうだね…よーし、莉嘉!城ヶ崎姉妹の実力見せてやろうじゃん!」

莉嘉「おーっ!」

続きを読む

タグ:

武内P「なにをしているんですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/22(火) 21:37:54.63 ID:C+0oYgmz0
武内P「渋谷さん、その手に持っているスーツは私のスーツなのですが……」

武内P「いえ、ですからそれでなにをしているのかを聞いているのですが……」

武内P「匂いを嗅いでいる?やめてください、さすがに恥ずかしいので」

武内P「いえ、いい匂いとかではなくてですね……」

武内P「とりあえず渋谷さんが落ち着いてください。これを嗅げば落ち着くと言われましても……これ……私のハンカチなのですが……」

武内P「無くなったと思ったら渋谷さんが拾っていてくださったんですね」

武内P「え?…拾ったんじゃなくて盗んだ?なにをやってるんですか」

武内P「というよりどうやって盗ん……とりあえずその嗅いでいるスーツを置いてください」

武内P「…………もういいです。そのままでいいので聞いてください。人のものを盗むのは犯罪です」

武内P「ですからもうやめて……おい、そのネクタイどこから出した。今スカートの中から出しただろ」

武内P「おい、逃げるな、渋谷!」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442925474

続きを読む

タグ:

モバP「きらりんパンデミック」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/12(木) 18:10:25.04 ID:cjCAXsdD0
P「きらりんパンデミック……感染を許すときらりのような挙動になってしまう厄介で奇怪でラブリーなウィルス。志希のやつ面倒なものばらまきやがって」

凛「本当だにぃ。もうプンプンだよぉ!」

P「……なあ凛。今の自分に対して何か違和感はないか?」

凛「んーん! バッチシバッチシ☆」

P「そうか……」

凛「でももし感染してたらって思うとー……恥ずかすぃー!」

P「自覚症状がないのが怖い所だ。志希のやつとっとと特効薬作ってくれないかなぁ」

凛「どしたのPちゃん? とーってもしょんぼりーしてゆ?」

P「面倒事に直面しててな。心配してくれてありがとうな凛」

凛「違うよPちゃん! 呼ぶときはきらりんだよ☆」

P「お前は凛だろ」

凛「そうだよぉ☆ きら凛だにぃ☆」

P「早く特効薬来ないかなぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447319424

続きを読む

タグ:

渋谷凛「トリックオアトリート」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 14:20:45.62 ID:VHUMsCEm0
旬が過ぎたネタ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415596835

続きを読む

タグ:

早苗「…誰?」大天使チエリエル「天使です」

2: ◆GWARj2QOL2 2016/05/19(木) 20:38:19.16 ID:u+BMLl/OO
早苗「…いや、だから誰よ」

チエリエル「天使です…」

早苗「智絵里って子じゃないの?」

チエリエル「違います。チエリエルです」

早苗「…まあ、いいわ…」

チエリエル「…」

早苗「…で?」

チエリエル「はい?」

早苗「何しに来たわけ?」

チエリエル「あなたの願いを叶えにきました」

早苗「アタシの?」

チエリエル「はい」

早苗「…ちなみにさ、ここ何処だか知ってる?」

チエリエル「何でしょう?」

早苗「何でしょうじゃないわよ。アタシの家よ、ここ」

チエリエル「…あう…」

続きを読む

タグ:

モバP「事務所に盗聴器しかけてみた」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:49:49.56 ID:tHiD5pN/0
P「プロデューサーたる者、アイドル達の考えていることを理解していなければならない」

P「しかしながら信頼を得るには、長い時間と細やかな気遣いが必要だ」

P「そういうの面倒臭いじゃん?」

P「ということで」

P「一ヶ月前から仕掛けていた盗聴器がこちら」

ちひろ「…………」

P「さてさて、彼女らはいったいどんな密談をしているのやら……へっへっへ」

続きを読む

タグ:

高垣楓に憧れていたモデルの話。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:43:17.57 ID:YGge3a1w0

1


 思えば。

 初めて見たあの時から、彼女は私の憧れだった。

 私がまだ、モデルじゃなかった頃のこと。何の気なしに買ってみた雑誌に彼女の姿はあった。

 少し緑がかった髪に、宝石のように綺麗なオッドアイ。そして、何かを憂いているようなその表情……。

 たった一枚の写真なのに、明らかに他の誰とも違う存在感。


 私は、彼女に恋をした。


 すぐに私は彼女のことを調べた。彼女の名前は高垣楓。和歌山県出身で、私より二つ歳上で……そんな、女性で。

 気が付いた時には、私は彼女が載っている雑誌をできる限り集めていた。

 いつか、私も、この人みたいに……!

 そんな気持ちが抑えきれないほどに膨らみきった頃、タイミングを見計らったかのように私はとあるモデル事務所にスカウトされた。

 所属モデルは、と、スカウトマンからサンプル写真を借りて見ていたら……いた。

 そこは、彼女が所属する事務所で……私の返事は決まっていた。

 一緒に仕事をする機会は思っていたよりもずっと早く訪れた。実際に見る彼女は、写真で見るよりもずっと美人で……私は思わず気後れしてしまった。
 言葉を交わしてみたいと、思わなかったわけではない。ただ……彼女はどこか近寄りがたい雰囲気をまとっていて、なかなか話しかけることができなかった。
 私以外の人もそう感じていたのか、高垣さんに話しかけるなんて人はほとんどいなかった。

 でも、それは孤独というわけではなく、むしろ『孤高』という印象で……それがまた一段と彼女のミステリアスな美しさに拍車をかけていた。
 そんな印象を持っていたのは私だけではなかったようで、モデル仲間もこんなことを言っていた。

「高垣さんって、本当に綺麗だよね。いったい、普段は何をしているんだろう……」

「わかる。美人過ぎて、私なんかが近寄っちゃダメって感じ」

「何と言うか……ちょっと、格が違うよね」

 私もそれには同感だった。

 高垣さんは、私たちなんかが触れていい存在じゃない。

 もっと、神聖な……不可侵な存在なんだ、って。

 ――その頃の私は、本気でそんな風に思っていた。

 そして、たぶん……だからこそ。


 彼女は私の前からいなくなったのだ。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467304997

続きを読む

タグ:

モバP「楓さんの誕生日か…」

2: ◆C7CbZ/5mAc 2015/06/27(土) 13:02:37 ID:MPlJ2SqY
高垣楓さんの誕生日…の一週間前。

CGプロダクションの所属アイドル、高垣楓。

今日もレッスンに打ち込む楓さん。

マストレ「よしっ!今日はここまでだ!」

マスタートレーナーの厳しいレッスンが終わる。

瑞樹「ふう、さすがにキツいわね」

高垣楓の同僚アイドル、川島瑞樹。元アナウンサーだ。

楓「そうですね、私もついていくのがせいぜい精一杯で…ふふっ」

瑞樹「無理があるわね」

楓「ぷくー」

ふくれる二十五歳児。

瑞樹「このあと、モバPくんと飲みに?」

楓「それが…忙しいみたいで…」

瑞樹「残念ね」

続きを読む

タグ:

モバP「短編集って奴ですか?」

2: ◆C7CbZ/5mAc 2015/04/01(水) 21:46:59 ID:oTdLAPck
黒川千秋編

黒川千秋は毎年、憂鬱な時期がある。それは…

千秋「はあ…」

事務所でため息をつく。

千秋「毎年毎年…」

プレゼントの山が事務所の隅にたまっている。

全部黒川千秋宛てだ。

千秋「意図が透けて見えるのよ…」

もともとお嬢様である千秋は下心のこもった誕生日プレゼントを毎年もらっていた。

続きを読む

タグ:

凛「プロデューサー、膝枕してよ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 01:51:07.43 ID:7MB9ZK8KO
P「…え?」

凛「だから膝枕してほしいって言ってるの」

P「…何だって?」

凛「鼓膜が腐ってるの?」

P「甘い雰囲気から一転して毒々しいな!」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1462035067

続きを読む

タグ:

モバP「契約更改をしよう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 09:03:11.60 ID:IQoccVH50
モバマスSSです。今回は野球ネタです。
前作はアイドル「プロデューサー。早くこっちに来なよ」などがあります。

ちひろ「契約更改って、プロ野球の契約を伸ばすか、打ち切るかってことですよね?それに年俸の折衝もありますよね?」

モバP「はい。ですが、個人面談のようなものです。年俸もないので交渉の仕様がないですよね。他には事務所を良くする要望とかですかね」

ちひろ「最近は、みんな仕事が忙しいから、まともに時間が取れませんでしたね。いいんじゃないですか?お金のこと以外なら大歓迎ですよ」

モバP「じゃあ、早速やりましょう!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444521791

続きを読む

タグ:

モバP「おまわりさん、おつかれさまです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:16:26.91 ID:tSjF0abB0
早苗「はーい、千枝ちゃん担当プロデューサーくん? おさわりはだめだよー?」


早苗「雪美ちゃん、うん。男はケダモノだからねー。気を付けてね?」


早苗「まゆちゃん? 好きなのはいいと思うけどもっと待つ姿勢も大事じゃないかなぁ……え? いや、盗らないから安心して」


早苗「光ちゃん。改造ごっこは男の人相手にやらないように。危ないからね?」


早苗「千佳ちゃん、魔法少女の早着替え練習を事務所でするのは危ないからね?」


早苗「菜々さん……がんばってくださいね」


早苗「麗奈ちゃん? イタズラには限度があるから反撃には気をつけなきゃね」


早苗「留美さん……いや、確かに強姦罪は成立しないけど、だめだよ?」


早苗「……はぁ、疲れた……」

続きを読む

タグ:

高森藍子「ちゅーるちゅーるっ、ちゃおちゅーるっ♪」

1: ◆h8PchLJM6BH7 2018/03/14(水)20:27:45 ID:Mdl

藍子「みくちゃん、あ~んっ♪」スッ

前川みく「あーんっ」パクッ

藍子「うふふっ♪ 美味しいですかー?」

みく「んー美味しいにゃあ♪」モグモグ

藍子「よかったぁ」

続きを読む

タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。