FC2ブログ

カテゴリ:アイドルマスター 

モバP「まゆと一緒にHな本を買いに行きたい!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 10:32:48.51 ID:R3AgfdqJO
モバP(以下P)「…………………」

P「………はっ!?」

P「まゆ、俺と一緒にエロ本買いに行こうぜ!!」唐突

まゆ「え?」

P「え?」

まゆ「あの……プロデューサーさん、今まゆに何か言いましたか?」

P「俺と一緒にエロ本買いに行こうぜ!!」

まゆ「やっぱり私の聞き間違いじゃなかったみたいですね」

P「で、どうする?」

P「今の俺は早くエロ本を買いに行きたくてうずうずしているんだ。早く答えてくれよ」うずうず

まゆ「でもプロデューサーさんお仕事中じゃないですか」

P「今は仕事よりエロ本の方が大事!!こんな気持ちじゃ仕事に集中出来ないんだよっ!!」

まゆ「えぇ…プロデューサーさん本当にそれでいいんですかぁ?」

P「いい!!エロ本の為に仕事をサボったって別にいいんだ!!
何故ならウチの事務所はホワイト企業だから!!!」

まゆ「エッチな本の為にお仕事をサボって許される事務所は本当にホワイトなんですか!?」

P「そうだぞ、だからちひろさんが24時間無休でFGOをプレイしながら仕事してても誰も咎めないんだ」

まゆ「それはちひろさんが怖くて誰も指摘出来ないだけではないかと……」

P「大丈夫 大丈夫、怒られても後で緑色の事務員さんに詫び課金で、石を沢山買ってあげたら大体の事は許してくれるし」

まゆ「その石は絶対にスタージュエルじゃないですよね!?」

P「ちひろさん曰く書類上はスタージュエルだから大丈夫らしい」

まゆ「この事務所が絶対にホワイトではない事だけは、たった今わかりました」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1511659968

続きを読む

  タグ:

P「ベリーメロン…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:03:58.44 ID:h7s5qCaN0
P「明日はやっとお休みか…」

小鳥「最近ちゃんとしたお休みなかったですし、明日はゆっくり休んでくださいね」

P「ええ、そうしまっうお!」

小鳥「も~、大丈夫ですか?」

P「少々立ちくらみが…いえ、大丈夫です」

小鳥「やっぱりちょっとスケジュール辛いですよね」

P「いやいや、なにこのくらい」

<ガチャ

あずさ「ただいま戻りましたぁ~」

P「おかえりなさい、あずささっ!」ガッ

あずさ「プロデューサーさん!?」

ドタプーン

小鳥「むむ、転ぶ体であずささんの胸に飛び込むとは…策士ですねプロデューサーさんうらやまけしからん」

あずさ「あ、あはは…大丈夫ですか?プロデューサーさん?」

P「ベリーメロン…」

続きを読む

  タグ:

P「ふザケルなっ!」【金色のガッシュベル!!】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 23:18:38.10 ID:S47rp2j7O
P「ん?これは…本?」

P「なるほど…この本の呪文を唱えると術が出るのか」

P「で、お前は魔物だってのか?」

>>5「コクッ」


魔物の名前
それ以外なら安価下

続きを読む

  タグ:

小鳥「台風でスカートがー!キャー!」P「・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/16(月) 12:40:11.30 ID:puDMwhDBO
小鳥「パンチラしちゃうー!いやぁーー!」

P「・・・」

続きを読む

  タグ:

貴音「あなた様!しゃいにぃふぇすたでございます!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 21:35:27.82 ID:In7HdikS0
P「うん、やったな貴音!まさか招待されるとは!」

貴音「沖縄!二泊三日の沖縄なのですね!?」

P「おう!」

貴音「響の故郷の!!」

P「そうだ!」

貴音「あ、あぁ……あぁ!!響が、響が招待を受けていないのが残念でなりません!!」

P「あぁ、そうだなぁ…でもこればっかりはな」

貴音「ですがわたくし、響の分まで沖縄を堪能いたします!!」

P「フェスタがメインだからな?」

貴音「心得ております!ふぇすたがめいん!!」

P「はははテンションたかいなぁ貴音」

貴音「響のご実家にご挨拶に行かねば!!」

響「や、やめてぇ!」

続きを読む

  タグ:

貴音「あなた様! あぁぁ、あなた様! 寂しいです! あなた様ぁ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:10:23.53 ID:XPKidQWc0
貴音「近頃はアイドルとしての活動が順調となり」

貴音「わたくしだけを見ていてくださる時間などほとんどない」

貴音「おかげで、もはやわたくしは寂しさでおかしくなってしまいそう……」

貴音「あぁ、あなた様……なんといけずなお方……」

貴音「あなたさまぁ……はぁぁ……」

貴音「許されるのならば、もっと近くにあなたを感じたいというのに……!」

貴音「あなた様……わたくしは……」

貴音「あぁぁぁ! さびしい! あなた様の温度を感じたい! わたくしは! わたくしはぁぁぁ!」


 ガタッ

貴音「何奴!」

響「は、はいさーい……や、やっほー。貴音」

貴音「」

続きを読む

  タグ:

貴音「わたくしが、わたくしと、わたくしの、わたくし」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:04:43.13 ID:DOXIA00r0
「貴音!」

振り向くと見慣れた男。
手には、箱。

「誕生日だったよな? 遅れてごめん、おめでとう!」

差し出されるままに受け取る。
華やかな紙に包まれ、その上から可愛らしい帯で結んであった。
中身は窺い知れない。

「色々迷ったんだけど……とにかく開けてみてくれ」

帯を解き、包装紙を丁寧に取り払い蓋を開けた。

「これは……」
「どうかな?」
「まこと、趣味のよい一品かと」

懐中時計。
手に伝わる重みが質の良さを物語っている。
装飾も銀の輝きに相応しい、素朴な美しさ。
好みだった。

続きを読む

  タグ:

貴音「黒馬のお武家様」

1: ◆akTsNxs6xE 2018/08/19(日) 12:52:17.24 ID:M21qly2+0
注意
・「アイドルマスター」と「花の慶次~雲のかなたに~」のクロスSSになります。
・アイマスの方はあまり詳しくはないので、アイマス勢の設定口調等はご容赦くださいませ。


――765プロ事務所

P「貴音のやつ、遅いなぁ」

小鳥「もう約束の時間を30分も過ぎてます」

亜美「珍しいね。お姫ちんが遅刻って」

真美「しかも電話にも出ないなんてね」

響「自分、もう一度かけてみるぞ!」

P「なにかトラブルに巻き込まれてなければいいけど……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534650736

続きを読む

  タグ:

貴音「べ、別にあなた様のことなど好きではないのですからね!」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 08:30:30.57 ID:S7VDxCMv0
P「えーと」

貴音「はい」

P「ありかと問われればありだが、違和感が半端じゃない」

貴音「……そうなのでしょうか」

小鳥「えー、私は良いと思いますけど」

P「小鳥さんは何だって食いつくから参考になりません」

貴音「後学のためにお聞かせ願いたいのですが、どこが駄目だったのでしょうか」

P「駄目って訳じゃないんだが。そんなこと言いそうなキャラじゃないというか」

小鳥「まぁ、貴音ちゃんの良さはそこじゃないものね。もっと何かこう……」

P「難解というか」

小鳥「不思議というか」

P「少なくてもこんなベタっぽい感じではないんだよな」



貴音「喜べば良いのかどうか、判断に迷うところですね……」

続きを読む

  タグ:

貴音「961プロに帰らせていただきます」 P「は?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 01:34:02.46 ID:sughPSE90
P「じょ、冗談だよな...?」

貴音「冗談などではありません」

貴音「私はもう耐えられないのです」

P「耐えられないって、765プロに不満でもあるのか?」

P「もしかして誰かに虐められているとか?」

貴音「いえ、765プロのみなには仲良くしていただいております」

P「じゃあ仕事の内容に不満があるとか...?」

貴音「そんなことはありません」

貴音「いつも仕事を取ってきてくださるあなた様には、いくら感謝しても足りません」

続きを読む

  タグ:

真美「お姫ちんと二人っきりになった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 21:10:37.71 ID:ma/Fsc4c0
亜美「うぅっ…すまん、俺はここまでのようだ…」

真美「そんな!私一人ではこいつには勝てません!」

亜美「大丈夫…お前ならやれるさ…俺の見込んだ…お前なら」

真美「しっ、師匠ー!!」

続きを読む

  タグ:

激写ッ!アイドル菊地真、禁断のお忍びデート!!

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 23:41:18.91 ID:d/nRQnN+o

真美「まこちんのバカァ!!」

真「僕が事務所に着いて早々に馬鹿発言は酷くない?」

亜美「ヒドくないよこのスカポンタン!!」

真「スカポンタンとか初めて言われたよ」

真美「ギャーギャー!!」

亜美「ワーワー!!」

真「ああもう!なんで二人はそんなに怒ってるのさ?」

春香「真……」

真「春香?ちょうど良かった!聞いてよ真美達がなんか怒って――」

春香「真のおたんちん!!」

真「お、おたんちん?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509028878

続きを読む

  タグ:

伊織「さようなら」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/12(火) 20:35:21.19 ID:fz9LGbgw0
『さようなら』

その時の私に出会うと、みんなそう言うの。

昔は、私は今よりずっとわがままだったのよ?
わがままって言うのは、自分の意見だけを押し通すってことなの。わかる?
自分は水瀬財閥の娘で、大事にされている…そういう事は、小さい頃から知ってた。
だから気に入らない事があれば、虎の威を借りて、何でもその場で押し通してた。

小さいころから、思ってた。
どうしてそんなことを言うんだろう、って、そう思った。
でも、わかった。ああ、どうしてだったのか…って。

私は、他の人とは確かに境遇が違う。
何も不自由なんてなく育ってきた。本当に、何も。

でも、そのとき私が抱えていた、他人には一生かかっても持ち得ない大量の自由は
少しだけ大人になって、全て不自由へと変化した。どうしてか、って?決まってるじゃない。
苦楽を乗り越えてきた人間と、楽しか選ばなかった人間がいて。
いずれ、苦も選ばなければならなくなったそのときに、どちらが強いのか。

…すぐにわかるわよね。
どちらが強いかなんて、一目瞭然…いいえ、比べるまでもない。

そして、私は自分の無力さを実感した。
私は何も持ってはいなかった…そこで、ようやくわかった。
『自分の』部屋、『自分の』服、『自分の』家、何もかも。

それらは全て正しく言うなら、『自分の家の親から貸し与えられた』ものだった、って。
それに気付いたとき、私は泣いた。涙の一滴すら、流れなくなってしまうくらいに。
だって、そうでしょう?全てを得た気になっていたのに、何も持っていなかったのだから。

自分はなんて無様な人間なのだろう、そう思って、新堂の胸で泣いた。
私は思ったことを全て話して、恥じて、誓った。何もかも、自分の善悪を全て1つにして吐き出した。
『きっといい子になる、時間はかかるかもしれない…けれど、きっと…だから、見ていてほしい』って。

新堂は複雑そうに、目元に皺を寄せながら…少しだけ、涙を流しながら言った。
私は驚いた。どうして、そんな顔をするのだろう、って。
そして…彼も、こう言ったの。







『さようなら』って。



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1363088121

続きを読む

  タグ:

貴音「今日はすばらしき日です!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 21:06:05.34 ID:T8elJ/Kb0
貴音(なぜなら今日は何を隠そう私の誕生日)

貴音(765プロでは誕生日の者に1人1人贈り物を渡すしきたりがあるのです)

貴音(皆の誕生日、とても楽しそうでした!)

貴音(そのため私、年甲斐もなく興奮しております)

貴音(自然と口元が緩んで……)ニヤニヤ

ガチャッ

貴音「おはようございます!」

P「おはよう!一番乗りだな。今日も頑張ろうな」

貴音「……あ、はい。頑張りましょう」

貴音(……はて?私の予想では第一声が)

貴音(『お姫ちん、お誕生日おめでとおおおおお!!』)

貴音(となるはずなのでしたが)

続きを読む

  タグ:

千早「あれ…もしかして胸筋を鍛えれば」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 00:13:22.06 ID:cZ3NqKPn0
千早「バストアップには腕立て伏せが最適」

千早「自宅で簡単にできて効果絶大」

千早「一ヶ月で…10センチアップも夢じゃないですって!?」

千早「なんてこと…」

千早「こんな簡単なことに今まで気付かなかったなんて!」

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS