FC2ブログ

カテゴリ:幽遊白書

桑原「浦飯って強化系寄りの放出系だよな」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/16(金) 22:30:23.19 ID:1vU3ErV60
~幽助のラーメン屋~

幽助「あ?なに言ってんだよいきなり。ほいチャーシューメンおまち」コトッ

桑原「いただきます。いやだから、念能力の系統だよ。HUNTER×HUNTER知らねーのお前?」ズルズル

幽助「知ってっけどよー、なんでいきなりそれの話になんだよ?」

桑原「やー、俺らの能力ってよ?あの世界に当てはめたらどうなんだって思ってよ?」

幽助「何も店でしなくていいだろ」

桑原「もう夜中の2時だぜ?そうそう客こねーよ」

幽助「どんだけこの話してーんだおめー…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400247013

続きを読む

  タグ:

飛影「ハッピーウエディング」

3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 12:28:15.95 ID:gl92iTfa0
氷河の国──

厚い雲に覆われて魔界の上空を漂う流浪の国家

そこには氷女と呼ばれる女の妖怪のみが暮らす

氷女の寿命は限りなく長く 百年ごとの分裂期に一人の子を産む

生まれてくる子は母親の分身そのものであり まさに分裂と呼ぶのに相応しい

それは子孫を残すというより 自らをいつまでも生き永らえさせたいがための行為なんだろう

気が遠くなるほどの時をかけて同じことを繰り返し 氷女達は築き上げていった

変化を嫌う 陰気で閉ざされた女の社会を 

そしてそれはこれからも続いていくことだろう

男と交わり 忌み子を産もうとする氷女が現れるまでは



氷河の国が外界との交流を避け 漂流の生活を強いられるのには理由がある

氷女が異種族と交わった場合 雄性側の性質のみを受け継ぐ男の赤ん坊が生まれ

それが凶悪で残忍な性格を有する【忌み子】である確率が極めて高いからだ

男児を産んだ氷女は例外なく死に至り 成長した赤ん坊はいずれ一族に牙を剥く

忌み子を産み落とすことは種の保存を脅かすことであり 氷河の国では最大の禁忌とされている

──にも拘らず 

色恋に溺れて異種族の男と交わり 忌み子を孕んだ馬鹿な氷女がいたらしい


それが オレと雪菜の母親だ

続きを読む

  タグ:

飛影「真・黒の章……?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:23:40.05 ID:0A91m7QWo
蔵馬「ああ、見た者にあの“黒の章”を遥かに超える精神的ダメージを与えるといわれるビデオテープだ」

飛影「どこで手に入れた?」

蔵馬「あまりに危険だからと、コエンマから秘密裏に処分するよう頼まれたんだ」

飛影「秘密裏に処分しろといわれて、なぜオレのところに持ってきた」

蔵馬「だって、こういうのに興味あるでしょう?」

飛影「ちっ……」

飛影「で、いったいどんな内容なんだ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455182619

続きを読む

  タグ:

戸愚呂弟「冥獄界が全然大したことなくて困るねェ……」

1: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/10/31(月) 21:30:45.930 ID:PsAUWS3z0
戸愚呂弟「世話ばかりかけちまったな……」

幻海(本当に……バカなんだから、全く)


…………

……


戸愚呂弟「ここから先が冥獄界か……」

戸愚呂弟(一万年かけてあらゆる苦痛を受け、それを一万回繰り返し、待つのは完全なる“無”……)

戸愚呂弟(オレに相応しい地獄だ)

続きを読む

  タグ:

戸愚呂弟「浦飯!膣内(なか)で出すぞ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/13(日) 01:52:21 ID:zHFT0zSI
戸愚呂弟「ぬぅッ……!とんでもない締め付けだねェ……」パンッパンッ

幽助「ぐああッ…ち、ちきしょォ……!」

戸愚呂「ぅおお……イ、イくぞ浦飯…」

戸愚呂「るあああああああーーーーーーっ!!!!!」

……………………

戸愚呂「なんでこんなことになったんだろうねェ」

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。