カテゴリ:未分類

アカギ「ククク…ベビーシッターで大儲けだ…」

1: 1 ◆/XHnsK5cdI 2016/10/11(火) 20:15:56.324 ID:W8bZwgGFp
アカギは鷲巣との死闘を終え、元の生活に戻っていた。
しかし本当の意味で「元」に戻ることは絶対になかった。
鷲巣という怪物との闘いの濃厚さのせいで、人生がものすごくつまらないものに見えてしまっていたのだ。
最早麻雀はおろか、簡単な賭博でさえもアカギにとって価値がなくなってしまい、ただただ惚けてバイト先と寝床を行き来するだけの人形となってしまっていた。

アカギ「なんかこう…おもしれえことねえかな…」

そんなある日、悪徳警官の安岡がアカギを訪ねてきた。

続きを読む

タグ:

【左門くんはサモナー】左門くんはもう知らない【R-18】

1: ◆BAKEWEHPok 2016/03/04(金) 14:27:39.47 ID:R3CmPZHRo
需要不明の少年ジャンプ 左門くんはサモナーのR-18 SSです。
注意点として

・天使ヶ原さんがモブ姦されます
・名前有キャラが天使ヶ原さんと性的に絡む事はありません
・陵辱ではないですが、男の数が多めです
・原作にはいない悪魔が出てきます
・まだ書ききれてないのでエロシーン寸前まで投稿します

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457069259

続きを読む

タグ:

【ガイルSS】「待たないで、こっちから行くの」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 19:27:51.39 ID:85IU6L+c0
ガイル「俺の名はガイル」

ガイル「アメリカ空軍に所属する軍人だ」

ガイル「俺は軍人としての正義のため、そして親友・ナッシュの仇を討つためにシャドルーを追っている」

ガイル「ナッシュ……」

ガイル「そう、俺はベガに殺されたはずのナッシュの姿を見たという情報をつかんだのだ」

ガイル「そして俺は、かつての親友の影を追い求め捜査を開始した」

ガイル「探しに……行くんだ!そこへ!!」


ストリートファイターVに『ガイル』の参戦が決定!!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461061671

続きを読む

タグ:

女淫魔「それはなんですか?」調教師「ロープ」

1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/18(水) 17:29:30.90 ID:baDV/Ill0
女淫魔「な、なるほど、それで女の人を縛り上げて」

調教師「古新聞を捨てるだけだ」ギュ

女淫魔「そうですか……」

調教師「まあ何回か縛り上げたお古だが」

女淫魔「!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1379492970

続きを読む

タグ:

成歩堂「異議なし!!!」真犯人「え!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 01:30:45.99 ID:jjUKKpNKo
― ○月×日 午後3時28分 地方裁判所 第3法廷 ―



真犯人「……あいにくだが、オレは認めるつもりはないね」

成歩堂(ウソだろ……!? まだ粘るのかよ!)

真犯人「クックック……弁護士さん、あんたにオレを罰することはできないのさ」

真犯人「今から行う証言で、オレの無実をカンペキに証明してみせる!」

裁判長「……分かりました」

裁判長「弁護人、これが最後の証言となるでしょう」

裁判長「この証言に問題がなければ、この証人を真犯人として告発することはできません」

裁判長「よろしいですね?」

成歩堂「……分かりました」

成歩堂(“あんたにオレを罰することはできない”だって……?)

成歩堂(いや……ぼくはお前に“真犯人にとって最大の≪罰≫”を与えてみせる!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474993845

続きを読む

タグ:

朋「まゆちゃんの運命の人を占ったらあたしだった」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 00:10:02.60 ID:uce7JWJe0
まゆ「……」

朋「……」

まゆ「……」

朋「あたしだった」

まゆ「いえ、二回言わなくてもわかりますけど」

まゆ「……」

まゆ「あ、いや、わかってないかもしれません」

まゆ「もう一度言っていただけますか?」

朋「まゆちゃんの運命の人を占ったのよ」

まゆ「はい」

朋「その結果、あたしがまゆちゃんの運命の人だったわ」

まゆ「……」

朋「……」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1456240202

続きを読む

タグ:

花丸「見てダイヤちゃん、月が綺麗ずら」ダイヤ「!?」

1: ◆ZTPjpycbhE 2016/05/15(日) 21:21:49.58 ID:igk5oheK0
ダイヤ「そ、それは一体どういう意味ですの?」

花丸「? オラはただお月様が綺麗だなーって」キョトン

ダイヤ「そ、そうよね。本当に月が綺麗ね、満月かしら?」

花丸「なんだか変なダイヤちゃん」クスクス

ダイヤ(そうよね、有名な話ではあるけど全員が全員あの話を知っているわけではないですし、何よりわたくしとマルちゃんは女同士ですわ)

ダイヤ「今度お月見でもしますか? ルビィも誘って」

花丸「お月見! したいずら!」

ダイヤ「ふふ、それでは次の満月の日に。次は一体いつかしら」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463314909

続きを読む

タグ:

響「新しく家族になった猫が可愛くてね!」P「へぇー……」

1: ◆p3yuNM37DY 2014/09/10(水) 16:17:27.15 ID:Jc9Wln6d0


響「プロデューサー!」

P「ん?どうした?」

響「見て見て!」スッ

P「この写真は……子猫?」

響「うん!新しく家族になった子猫なんだ!」

響「すっごく可愛くってね!ついつい構っちゃうんだ!」

P「そうか……よかったな、響」

響「昨日何てね、芸を覚えさせようとしてね、一日中遊んで……」ペラペラ

P「そうかそうか……」

P「…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410333437

続きを読む

タグ:

モバP「幸子に惚れてしまった」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 00:57:09.76 ID:z/OnK2wDO
のんびり書いていきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415807829

続きを読む

タグ:

サキュバス「たくさんエッチなことしてあげる。うふふふ」童貞「おぉぉ……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 13:16:51.49 ID:kSbY8G3vo
教室

教官「初めまして。貴女たちを立派なサキュバスにするため、今日から指導する者です。よろしく」

「「よろしくおねがいします」」

サキュバス(流石は歴戦の悪魔。とっても美人だなぁ。私もがんばらないと)

教官「最初に言っておきます。数あるクラスの中でも非常に厳しいものです」

教官「時には汚らわしいオスの部分を見ることも、触れることもあるでしょう。しかもそれを数多く繰り返さなくてはならない」

教官「これから行われる実技も実践に近い形で行われます。それはつまり……」

「エッチなことですよねー」

「きゃー」

教官「静粛に。その通りです。ですが、その分他のクラスよりも早い出世が見込まれる。より高位の悪魔になることができます」

教官「決して楽ではありません。覚悟の無い者は今の内にこの教室から出なさい。今からでも受講科目を変更することができます」

サキュバス(私は絶対に変えない。私もお母さんみたいな立派な悪魔になるって決めたの。だから、どんなに辛いことでも耐えてやるっ)

教官「……退室する者はいないようですね。分かりました。これより弱音を吐くことは許しません。そのつもりでいるように」

「「はいっ」」

サキュバス(どんな困難が待ってたって構わない。私は諦めたりしないんだから!!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440303411

続きを読む

タグ:

P「どいつもこいつも……俺をナメやがって!」

1: ◆Yhyk1z6v2k 2014/10/18(土) 22:21:42.52 ID:RBIawtkj0
注意! Pがアイドル達からナメられる話です。

P「ああ。確かにお前らから見れば、俺はナメられても仕方ないダメな男だろうさ」

P「だがな、俺にもプライドが……」

春香「言いたいことはそれだけですか?」

P「は、春香!?」

春香「誰もいないと思って油断してましたか?」

P「くっ……」

春香「ふふふ……本当にダメなプロデューサーさん♪」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1413638495

続きを読む

タグ:

イヴ(適当に本を買ったらTo loveると書かれた本も買っちゃった)

1 : ◆LYNKFR8PTk :2015/07/24(金) 21:02:40.14
イヴ(純文学のコーナーにある本をまとめて買ったけど……これだけなんか違うような……)

イヴ(……でも折角買ったし……いっか)








本屋

妻「おいアンタ、何純文学のコーナーに漫画なんか置いてるんだい」

夫「いやあ、うっかりうっかり」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437739360

続きを読む

タグ:

サキュバス「女の子の経験は?」 俺「ないです」 サキュバス「経験したい?」 俺「はい」 サキュバス「うん、わかった♥」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/16(土) 10:07:01.062 ID:zIUAhLLd0.net
サキュバス「はい♥おわったよ♥」

俺「は? えっ……?なんで僕が女の子になってるんですか……?」

サキュバス「え?だって女の子の経験したいって言ったじゃん」

俺「いやそういう意味では……あの……」

サキュバス「もう戻せないよお?♥せっかく生やしたコレだってもう我慢できないのに……」ぎんぎん

俺「ま、って、怖、その、あの、ごめんなさいっ!」逃走

ガシッ

サキュバス「だーめ♥」

続きを読む

タグ:

竜児「好きだ」 大河「ッ…ぅ…ぐっ……////」ガンッ

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/01/09(土) 21:04:06.648
竜児「いってぇな!!」


大河「あ、あああんたがこっぱずかしいこと言うからでしょ!?」


竜児「今さら恥ずかしいも何もねぇだろ!?」

大河「まったく…コレだから盛りのついた犬は。あーいやだいやだ」

続きを読む

タグ:

まる子「わたしゃ…まだ死ねないんだよ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 18:18:28 ID:6.upz4KM
すみれ「こらー!まる子!!待ちなさい!!」

こたけ「あらあら…またまる子は逃げたのかい」

すみれ「おばあちゃん。全く情けない!!」

こたけ「おねいちゃんとは大違いじゃの」

すみれ「私の教育が悪かったんです…」

すみれ「もっと早くから教えればよかったわ」

すみれ「『力』の使い方を」

続きを読む

タグ:

暗殺者「お前を暗殺しちまうぜ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 00:47:35 ID:p9Ya/dTU
第一話 『暗殺者たち』



― 『国王直属暗殺部隊』本部 ―


暗殺者「あぁ~、ヒマだ。やることねえ」ショリショリ

ブドウ粒の皮をせっせとナイフでむく男。

暗殺者「お、むけた」ヒョイッ パクッ

女暗殺者「ちょっとぉ、ブドウぐらい皮ごと食べなさいよ」

暗殺者「俺、ブドウの皮って苦手なんだよ。果肉の柔らかさとマッチしてない感じがさ」

女暗殺者「ならせめて、細く長く皮むくのやめなさいよ。リンゴじゃないんだから。
     手が汁でベタベタじゃないのよ……」

暗殺者「うるせえな。ちゃんと拭くって!」

続きを読む

タグ:

今際の国のアリスSS「だいやのなな」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 22:24:12 ID:d6JNOUdQ
~あらすじ~ (単行本8巻より一部改)

今際の国――
そこは、現実世界に生きづらさを感じる人々が、巨大な花火に導かれてたどり着く世界。
外見上は、荒廃した元の街。
ここは未来か? 異世界か?

「今際の国」で生き延びる唯一の手段は、
夜な夜な開催されるいのちがけの「げぇむ」を「くりあ」し、「びざ」を手に入れること。

「げぇむおぉばぁ」はすなわち「死」。
「びざ」が切れた者は強制排除。
げぇむの難易度はトランプで示される。
(すぺえど…肉体型 だいや…知能型 くらぶ…バランス型 はあと…心理型)

この理不尽なげぇむの日々に終わりはあるのか?
元の世界に戻る方法はあるのか?
それを知る者は、いない。

そして今夜も、見ず知らずの3名の滞在者がとあるげぇむに参加する――

続きを読む

タグ:

執事「やはりお嬢様×メイドさん、だな」

1 : ◆o/gbrcBHTQ :2014/08/19(火) 05:53:07.54
執事「ですよね、料理長さん!」

料理長「また君の悪趣味か...」

執事「悪趣味とはひどいですね」

料理長「何だっけ...百合、だっけ?」

料理長「何でそれに目覚めてしまったの」

執事「...まあそこは話せば長い話ですよ」

料理長「そこに関してまったく興味のない私に言われても」

執事「え、興味ないんですか」

料理長「ええ、私は普通に男が好きなんだけど」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408395177

続きを読む

タグ:

女騎士「胸をキュンキュンさせる精神攻撃をするのやめろっ!」

1 : ◆o/gbrcBHTQ :2014/08/03(日) 06:29:53.51
ー敵国ー

部下「団長っ!目標の殲滅、完了しました!」

女騎士「そうか、よくやった!」

女騎士「.......引き続き作戦を決行する!君たちもあと少しだ、がんばってくれ!」

女騎士「ただし住民は狙うな!相手の騎士隊だけ攻撃するんだ!」

部下たち「はいっ!!」

女騎士「私はもういちど本拠地へ向かう!あとは頼むぞ!」

部下「だ、団長! お一人では危険です!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407014983

続きを読む

タグ:

香織「絶対に湯神の顔を曇らせてやる」【湯神くんには友達がいない】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/20(日) 11:04:46 ID:O2Is.Wrg


とある昼下がり


ちひろ「やめといた方がいいって、絶対」

香織「やだよ」

ちひろ「だって、あの湯神君だよ?完全に骨折り損の草臥れ儲けになるって」

香織「あたしは湯神にギャフンと言わせてやらなきゃ気が済まないの!」

ちひろ「でも、湯神君ってやっぱり隙が無いっていうか・・・深入りしたら寧ろこっちが泥沼に嵌るよ」


ちひろちゃんはいつも湯神のこと庇うよね

そういとこムカつくけど、まぁもう別にいいかな。・・・ちひろちゃんには悪いことしちゃってたし

そもそも湯神にイラつくだけで、それに関わってたちひろちゃんに八つ当たりしてただけって節もあるしね。つまり湯神死ね

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク