タグ:黒川千秋

千秋「ステマをします」

1: ◆btZY.W7DfU 2017/07/13(木) 22:46:34.07 ID:PAZUTaaMO
雪美「……千秋……ステマって……?」

千秋「あら佐城さん、来てたのね。でも今日はオフじゃなかった?」

雪美「……千秋お姉さんに……勉強……教えてもらいたくて……」

千秋「ウフッ、嬉しいこと言ってくれるじゃない」

雪美「それで……、……ステマ……って?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1499953594

続きを読む

  タグ:

【R18】黒川千秋「……になんて、絶対に負けない!」

1: ◆agif0ROmyg 2016/03/11(金) 15:32:52.56 ID:KtPmpAkG0
アイドルマスターシンデレラガールズの、黒川千秋のSSです。
地の文、R18。







長かった幻想公演が終わり、打ち上げもつつがなく済んだ夜。

私、アイドル黒川千秋が泊まっているホテルの部屋に訪問者があった。

訪問者、と言ってもタイミングから言って見知らぬ人間ではない。

覗き穴で確認すると、思った通り。

扉の前にいたのは私の担当プロデューサーだった。

注意深い彼のことだから誰かに見られるような失態はしてないでしょうけれど、こんな夜に私の部屋の前に立たせておくこと自体がリスク。

素早く戸を開け、音を立てないように招き入れ、念入りに鍵を閉めて。

そうしてやっと、リラックスして話し合える雰囲気になった。

「……こんな夜に、アイドルの部屋に来るなんて。いけない人ね」

責めるつもりは無い。

実際彼も苦笑いを浮かべてくれている。

私を担当してくれているプロデューサーが会いに来てくれるのが嬉しくて、こうして毎晩訪問を待ち望んでいる、ということは、もう知られてしまっているのだから。

こうして二人でホテルに泊まるのも今夜が最後。

椅子にでも座って談笑するぐらいから始めるのが、本当は淑女らしくて良かったかもしれない。

何か飲み物でも用意して、余裕のあるところを魅せつけたほうが私らしかったかも。

けれども胸の奥がじくじく熱を持っていて、そんな回りくどいことをしていられない。

素知らぬ振りをしながらベッドに腰掛けてみると、その気になった彼は私のすぐ隣に来てくれる。

こういう時、すぐに雰囲気に乗ってくれる彼のことが好き。

薄くて少しラフな、いっそしどけない雰囲気ですらある部屋着と、その下の肉体をじっくり、舐めるように見られている。

私の上昇志向の証明となる身体。

常日頃のレッスンで鍛えた筋肉や、念入りな手入れの甲斐あって瑞々しく保てている肌。

己を高めるためのものを男に媚びるために使うとき、私の中で普段は押し隠している暗い情動が沸き起こる。

火照りを見透かされたように、やや強引にキスされた。

首筋や背中を撫で回しながら、私の口を啜る。

頭がくらくらするのは、息をしにくいせいじゃない。

たっぷり唾を飲まされた後、私の身体はもう準備万端にされてしまっていた。

夜に女が男を部屋に招き入れたのだから、こうなるのは当然のことね。

別に、彼とするのは今日が初めてというわけじゃないのだけれども。

でも、やっぱりまだ慣れなくて……少しでも主導権を握っていたくて。

できるだけなんでもないことのように、私は言った。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1457677962

続きを読む

  タグ:

モバP「凡人と第六感」

2: ◆m03zzdT6fs 2013/07/21(日) 15:24:32.33 ID:V77nFIwLo
 私はつまらない人間だと、よく言われる。まあ、残念なことに、それは極めて的を射た表現だ。なにぶん私は、目立った特徴も、特技も、能力も持ち合わせていない。

 幼少期は、そうでもなかった気がする。何でも手を出して、何でも出来た。英会話にも行ったし、そろばん教室にも行った。書道を教わったこともあるし、劇団なんかに所属したこともある。運動も出来たし、成績も悪くなかった。

 ただ、これといったものはなかったと思う。よく言えば万能といえたが、悪く言うと器用貧乏とも言える子供だった。特技は何か、と聞かれても、思い当たるものは何もなかったのだ。

 結局、そのまま成長した結果、何でも人並みぐらいには出来るけれども、突出したものは何もない大人になっていた。

 強いて言うなら、多少のコミュニケーション能力はあった。それでも、人より少し会話のネタがある程度だ。色々なことに手を出していた恩恵だろう。

 昔の中国の偉い人は、”十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人”とか言っていたそうだが、まるっきり私のことだと、聞いたときに感じた。そんな数千年前に自分のことを予言されているなんて、人間の本質は昔から変わっていないらしい。

続きを読む

  タグ:

クラリス「愛こそはすべて、です」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/27(木) 22:02:04.62 ID:aIQ7ajBL0
クラリス「All you need is love♪」

P「んっ?」

クラリス「All you need is love♪」

クラリス「All you need is love, love♪」

クラリス「Love is all you need♪」

P「ゴキゲンだなクラリス」

クラリス「あらP様....」

P「なにかいい事でもあったか?」

クラリス「ええ、今日もいい天気で健やかな一日を送れて幸せですわ」

P「さすがだなクラリスは....」

クラリス「いえ、そんな....」

P「その歌好きなのか?」

クラリス「はい、とても素敵です」

続きを読む

  タグ:

黒川千秋「夏の終わりのドライブ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/28(木) 00:20:46.84 ID:kHQwwA1i0
ブラックリバーさんR来てて勢いで書いた
初めてですが宜しくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409152836

続きを読む

  タグ:

モバP「もう千秋のパンツを盗むしかない」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 18:37:55.38 ID:UQbRJPYw0

※パンツ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411033065

続きを読む

  タグ:

モバP「ストレスで胃に穴があきそう」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 00:18:08.56
P「芸能事務所に勤めております、Pと申します」

P「職場の人たちが原因で……」

のあ「……」

留美「……」

千秋「……」

雪美「……」

凛「……」

P「胃に穴があきそうです」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367853487

続きを読む

  タグ:

モバP「なまら」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 15:48:48 ID:aFRDTPcU
モバP「おーい千秋ー」
*以下P

千秋「なにかしら?」

P「あのさ、その・・・」///

千秋「なっ、なに?(顔を真っ赤にしてなに、何なのよ)」

P「俺さ」

千秋「うん」

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。