タグ:麦野沈利

アレイスター「さあ、最後の晩餐(ショータイム)だ」【後編】

221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) 2011/08/09(火) 23:34:30.71 ID:baUWBQyL0

前スレ:

アレイスター「さあ、最後の晩餐(ショータイム)だ」【前編】




雲川『何だ?』

上条「もしもし、あの、上条ですけど。いきなりで悪いんですが、俺はインデックスを助けに
行かなきゃいけないんです。何で病院に行かなきゃいけないんですか?」

雲川『お前じゃなきゃ勝てない敵がいるから、だけど。というかお前、インデックスが
どこにいるかとか、何も知らないだろ?どうせ手掛かりは無いんだ。だったら
病院へ行って、学園都市を守ることに専念した方が良いだろう?』

上条「いや、よく分からないんですけど」

雲川『良いから黙って私の言う事を聞け。何もしなくても、インデックスはきっとお前の前に
姿を現す。だから今は病院へ急げ』

雲川『それと、この携帯の持ち主の馬鹿いるだろ?どうせお前を置いて音速で走りだしたり
しただろうけど。だから「俺のペースに合わせて走って下さい」って頼め。
私がそう言ったと言えば、言う事を聞くはずだ。それじゃ』

一方的に捲し立てられた上に、電話を切られた。
だが雲川の言う通り、インデックスに関する手掛かりは、今のところ無い。
ここは言う通り病院へ行くしかなさそうだ。

上条「あの、俺のペースに合わせて一緒に走って下さい」

削板「うーん。でも急がなきゃ」

上条「雲川先輩がそう言った」

削板「なに!?そうか。なら仕方ないな」

上条(削板と雲川先輩って、一体どういう関係なんだ?)

とにもかくにも『冥土帰し』の病院へ。

続きを読む

タグ:

アレイスター「さあ、最後の晩餐(ショータイム)だ」【前編】

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) 2011/07/28(木) 21:08:02.38 ID:qsadPkX80
注意点

時系列は新約後
独自設定・独自解釈かなりあり
オリジナル要素・設定結構あり
贔屓割とあり
厨二展開爆発
登場人物は大体パワーアップしてる
人がバンバン死ぬ

質問とかにはなるべく応えていこうとは思ってる

続きを読む

タグ:

浜面「なんで俺の隣に絹旗が寝ているんだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:10:24.45 ID:RWbYXM6K0
浜面「…」

絹旗「…」スヤスヤ

浜面「…」ブルッ

浜面「つか…俺裸」

絹旗「…」スヤスヤ

浜面「…」

浜面「まさか、絹旗に手を出したって…事は無いよなぁ…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423483824

続きを読む

タグ:

絹旗「アイテムで温泉旅行?」フレンダ「うん」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 12:34:38.25 ID:eGI4udEo0
アイテムで伝統的な温泉SSというのが無かったので

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405913668

続きを読む

タグ:

一方通行「あったけェ……」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/12/29(木) 21:04:31.13 ID:G9uHfhRjo

一方通行「コタツってすげェなァ……」ホウ

垣根「全くだな、悪魔の暖房器具だぜコイツは」ヌクヌク

御坂「日本人に生まれてよかったって実感するわー」ホッコリ

麦野「コタツで食べる蜜柑はどうしてこんなに美味しいのかしら」ムギムギ

一方通行「暖房器具の頂点はコタツで間違いねェな、ストーブやエアコンじゃこの空気は作れねェ」

垣根「この包み込んでくれるような暖かさは一度体験すると抜け出せねぇよ」

御坂「コタツに対抗出来るのは人肌に暖められた布団くらいよねー」

麦野「あ、蜜柑なくなった」

続きを読む

タグ:

フレンダ「麦野、愛してる」麦野「そうか、死ね」

2: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/10/12(火) 21:03:46.55 ID:lF4CBbAo
0.1 フレンダ ~1~


――『アイテム』のメンバーとの距離感は未だに掴めていない。

 ただの表面上だけの事務的な繋がりでもなければ、もちろん女同士の仲良し集団等でもない。

 彼女が『アイテム』に加入した時、既に滝壺理后はメンバーにいた。

 初めて会った時の印象は、『良く分からない』であり、それは今でも大して変わっていないが、なんだかんだでそれ以来の付き合いの為、仲良くなった方だと思う。

 もう一人のメンバーは名前も顔も覚えていないが、会ったばかりの私に気さくに声を掛けてくれ、右も左も分からないただの足手まといを優しくサポートしてくれた。

 おかげで逃げ出し癖のある私は次の日も遅刻する事無く『アイテム』のアジトに足を運べた。

 以降も召集に対してサボる気も起きず足しげくアジトに顔を出せるようになった。

 たった一日しか会う事のなかった、あの人のおかげだ。

 会ったその日に、麦野に始末されたあの人のおかげだ。

「どうやら組織に内通者がいたようだったけど、安心して。たった今いなくなったわ」

 学園都市の頂点である七人の超能力者の第四位にして、『アイテム』のリーダー。

 麦野沈利の第一印象は、そんな感じだった。

続きを読む

タグ:

上条「レンタル上条一時間千円です」【後編】

358 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 11:36:22.06
前回スレ:

上条「レンタル上条一時間千円です」【前編】



一方その頃オティヌスさん。

オティヌス「………疲れた、四時間程度の労働でもここまで辛いとは…不便な身体だよ…」グッタリ

スフィンクス「にゃー」トタトタ

オティヌス「……私とお前の分、合わせて千円か………現代社会で金銭を獲得するのがこんなにも難しいとはな……奴が苦労するはずだ」


オティヌス「……………あまり文句ばかり言ってられんか……」

スフィンクス「にゃー?」

オティヌス「…ふふ、さぁ帰ろう、奴が帰りを待っていてくれているはずだしな」ナデナデ

スフィンクス「にゃっ」トタトタ

ちょっとだけお金の大事さを噛み締めていた。

続きを読む

タグ:

上条「レンタル上条一時間千円です」【前編】

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 12:49:13.35

ーーー学校。

上条「………はあ、不幸だ」

土御門「また何か問題かにゃー?」

上条「まーな……上条さんは現在大ピンチですよ」

青ピ「カミやんが不幸なのはデフォやとして何を困っとるん?」

上条「………………………3日前さ、月に一度の支給金振り込みだったじゃん?」

土御門「なんだ、カードでも紛失して下ろせないのか?」

青ピ「もしくは不具合で支給されてへんとか?」

上条「…いや、支給されましたよ?されたんだけどもね?」

土御門「まさか、もう全額使ったとか言うのかにゃー?」

上条「………」フイッ

青ピ「カミやん、さすがに早すぎやでどないするん?」

上条「………お金貸しt…

土御門「さて、昼飯昼飯だぜい」ガサゴソ

青ピ「今日の購買のパンはやたらうまそうに感じるわぁ」ガサガサ

上条「せめて最後まで言わせろよ!?ちくしょうこの薄情者共め!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406260143

続きを読む

タグ:

垣根「心配するな。お金はある」

1 :ナエギリ :2011/02/21(月) 17:09:36.91
絹旗「ホントですか。超ありますか」

垣根「ああ。超ある」

絹旗「いくつをご所望で?」

垣根「三つくれ」

絹旗「わかりました。超待ってて下さい」

垣根「え、なに、そんな時間かかるの?」

絹旗「はい。三つですね、どうぞ」

垣根「何で質問の答えより先に出てくるんだ」

続きを読む

タグ:

浜面「ヤンデレなアイテム」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/15(土) 12:07:02.28
麦野

浜面が私のこと、好き過ぎてキモイ。

会議中何回も私のこと熱い目で見やがって、完全に誘ってやがる。
アイテムのメンバーしてやっただけで、もう恋人面とか笑わせんだよ。

てめぇみたいな無能力者が彼氏?冗談も甚だしい
奴隷だ、奴隷。
一生むぎのんが飼ってやるにゃーん


続きを読む

タグ:

御坂「先輩って」麦野「呼ばれたい!!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/15(月) 22:35:32.46
佐天「御坂さん御坂さん」

御坂「どうしたの佐天さん?」

佐天「あたし達も付き合って結構になるじゃないですか」

御坂「ん~、そういやそうよね」

佐天「それなのにいつまでも、御坂さん、じゃなんだか他人行儀じゃないですか?」

御坂「まあ、そういやそうだけど」

佐天「だから、これから御坂さんの事、先輩って呼んでも良いですか?」

御坂「!?」

続きを読む

タグ:

御坂「だめんず」麦野「うぉ~か~」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/05(金) 23:42:50.72
学園都市 某所

御坂「…こんな所に呼び出してどういうつもりかしら――――レベル5第四位、麦野沈利?」

麦野「…ふん」

麦野「…何故わたしがアンタを呼び出したと思う?」
御坂「…さあ、皆目見当が付かないわね」

麦野「…でしょうね」


続きを読む

タグ:

上条「そういえば最近ムラムラしねえな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/20(水) 16:57:28.48 ID:+3Jp+CTS0

上条「うーん」

禁書「とうま、どうしたの?」

上条「ん?ちょっとな」

禁書「ふーん、ねえとうま、今日のご飯は何?」

上条「今日は鍋焼きうどんだ」

禁書「わーい、野菜たっぷりでおいしいんだよー」

上条「さて、それじゃあ支度するか」

禁書「うっどんっ うっどんっ うっどっん~♪」

上条(俺の身体はどうかしちまったってのか?)

続きを読む

タグ:

麦野「え?あんたが第三位?」美琴(9)「うん」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04 19:09:56 ID:k0oa8jGj0
麦野「はぁ?どういうこと?」

電話の女「どういうこともないわよ、最近レベル5になった子がいるの」

麦野「で?」

電話の女「だから、その子が第三位にランク付けされたことで今まで第三位だったあんたが第四位にずれることになりましたと」

麦野「なんか納得いかないわね」

電話の女「 ”能力研究の応用が生み出す利益” が基準なんだからそれだけ便利ってことなんじゃないの?」

麦野「まあそうなんだけどさ、そいつどんな能力なの?」

電話の女「電撃使いよ」

麦野「ふーん、で、どんなやつ?」

電話の女「詳しいことはわからないけど常盤台の超電磁砲っていうのだけは聞いたわ」

麦野「超電磁砲?」

電話の女「まあ必殺技みたいなものじゃないの?」

麦野「なんか気に食わないわね」

電話の女「うん、その反応がみたかったわ」ケラケラ

続きを読む

タグ:

麦野「にゃんにゃんむぎにゃんむぎにゃんにゃん♪」

2: >>1ありがとうございます 2011/03/30 14:06:03 ID:9gqM2Ms70
麦野「おや? お前捨てられちゃったのかにゃーん?」

猫「にゃー……」

麦野「そんな落ち込まなくてもいいよ。しょうがないから私が面倒見てやろう!」

猫「にゃーん♪」

浜面「……」

麦野「おっ、私の言葉が分かるのかな? にゃんにゃん♪」

絹旗「……」

猫「にゃーにゃー♪」

滝壺「……」

麦野「にゃんにゃんむぎにゃんむぎにゃんにゃん♪ 私はむぎにゃんだにゃん!」バチコーン☆

フレンダ「……」

麦野「にゃんにゃ……」チラッ

麦野「正直に答えろ、お前ら。いつから見てた?」ゴゴゴゴ…


前半ほのぼのと後半シリアスでお届けします。それなりに長いですが、お付き合いくだされば幸いです

続きを読む

タグ:

上条「バイトでもしようかな……」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26 22:16:53 ID:QmEd5G950
原作15巻を基にしています。
『もし上条さんがアイテムに入ったら』
というので書きます。

文章書くのが下手なのでそこんとこはすいません。

では始めます

続きを読む

タグ:

上条「そういえば最近ムラムラしねえな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20 16:57:28 ID:+3Jp+CTS0
上条「うーん」

禁書「とうま、どうしたの?」

上条「ん?ちょっとな」

禁書「ふーん、ねえとうま、今日のご飯は何?」

上条「今日は鍋焼きうどんだ」

禁書「わーい、野菜たっぷりでおいしいんだよー」

上条「さて、それじゃあ支度するか」

禁書「うっどんっ うっどんっ うっどっん~♪」

上条(俺の身体はどうかしちまったってのか?)

続きを読む

タグ:

麦野「…風邪ひいちゃったかなぁ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28 23:17:00 ID:Lw0a9XR80
麦野「くしゅん」

フレンダ「大丈夫、麦野?」

絹旗「体調が超悪いなら、超休んだ方がいいですよ」

麦野「そうね、そうさせてもらうわ」フラフラ

滝壺「お大事にね、むぎの」

麦野「うん、じゃあねー」フラフラ

続きを読む

タグ:

麦野「佐天涙子ってグイグイ来るわね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 13:22:48 ID:WjddbbPD0
麦野「遊園地だあ?」

フレンダ「そうそう、明日みんなで遊園地行こうよ」

麦野「お前馬鹿じゃねえの? 自分の立場考えろよ」

フレンダ「別に普通じゃん。中高生が遊園地なんてさ」

麦野「普通じゃねえ中高生だからおかしいって言ってんだよ」

続きを読む

タグ:

上条「麻利ってもう温泉に入っても大丈夫か?」麦野「温泉?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19 14:37:28 ID:dBfPLVB10
麦野「唐突に何を言い出すの?」

上条「いや、浜面からメールがきてさ、向こうでそういう話題で盛り上がってるみたいなんだよな」

麦野「温泉・・・ 大浴場ってこと?」

上条「プライベートルームみたいなのも予約できるみたいだからその・・」

麦野「この体を衆目に晒す必要もないってことね」

上条「トイレの不安もあるしなぁ さすがに大浴場はあれだけど沈利さんと麻利がよければってさ」

麦野「お風呂かぁ・・・ 温泉の質にもよるのよね、まだまだ肌が敏感だから不安は残るわね」

上条「施設と病院に問い合わせてみるしかないな」

麦野「そうね」

上条「沈利さんとしては賛成ってことでいいのか?」

麦野「ええ、たまには広いお風呂っていうのも悪くないもの」

前作:

麦野「当麻、麻利をお風呂に入れてくれる?」上条「任せろ」



上条「んじゃ、行ってくる」麦野「麻利、パパがでかけるわよ」






続きを読む

タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク