タグ:高垣楓

さくら「おなべのじかん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:53:31.78 ID:qdC+hXIc0
さくら「………」

爺P(以下P)「………」


『のあにゃん止めるにゃ!そんなの入らないにゃ!』

『大丈夫よ、信じなさいみく』

『何を信じろってんだにゃ!みくには無理にゃ!』

『アー…みく、ファイトです』

『アーにゃんもこの羽交締めを止めるにゃ!』

『さあ口を開けなさいみく…』

『アカン!アカンて!!』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464105211

続きを読む

タグ:

モバP「発表します」 高垣楓「……はい」

1: ◆qEJgO2U6bM 2013/08/07(水) 01:56:55.50 ID:J22QS4IDO

P「本日は」

P「山崎12年を用意しました」

高垣楓「…」パチパチパチパチ!


輿水幸子「なんの話です?」


千川ちひろ(うぅ…私はまだお仕事終わってないのにぃ……!)グヌヌ…



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375808215

続きを読む

タグ:

P「もう昔の話ですよ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/02(木) 23:50:41 ID:Zwy6v2hw
ーTV局、廊下ー

P「お疲れ様です…あ、お疲れ様です」ペコペコ

P(相変わらずTV局の雰囲気に慣れないんだよなぁ…)

P(新人の頃から変わってねーな、俺)





???「あら…Pさんじゃないですか?」

続きを読む

タグ:

モバP「楓さんと同じ高校だったら」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 22:40:48.28 ID:d30ie544O
「藻場くん、何見てるんですか?」

季節もめっきり夏めいて、クーラーのあるという、県内の私立の学校に転校したいと、後先考えない欲が首をもたげる。
しかし、俺は読んでいた雑誌により、さらなる欲を発生させていた。
雑誌にはでかでかと『今、彼女と行きたいデートスポット』と書かれており、堂々第1位にUSJの名が輝いている。さらに、読者寄贈であろうか、USJに行った際の体験談が、馬鹿馬鹿しい文章で書かれている。一部抜粋。

「で、お化け屋敷で、彼女が怖がっちゃって、もうやばくて、もう。かわいいつーかなんつーか……やばいですまじ」

俺がやべえよ。嫉妬心で俺がやばい。
USJとはいわない、最悪みかん狩りでもいい。和歌山は誇る所がそこしかないからそれでもいい。
ポタリと、汗が一滴雑誌におちる。暑さの所為か、焦りの冷や汗か。どちらにしろ、雑誌には涙にも見えるしみが一つ。しかし、借りた友人には悪いが、いまは構っていられないのだ。

「まじで彼女欲しい……いやまじでほしい」

自然と欲が口から洩れる。彼女はどこに売っていますか、というレベルの青春欠乏症なのだ。仕方あるまい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462282848

続きを読む

タグ:

モバマスP「アイドルたちのアプローチを回避し続けた結果」

1: ◆cad9vEEdTSaN 2016/11/27(日) 11:33:26.62 ID:1gy56OCBO
P「プロデューサーとアイドルの恋愛はご法度」

P「みんな魅了的で可愛い女の子だけど、手を出すわけにはいかない」

P「みんながトップアイドルになるまで、そういった事は考えられない……って言ってたら」



凛「ずっと、一緒だよ。今までも……これからも」 ランクs

卯月「えへへ……大好きな人と一緒に、これからずっと歩いていける……頰が、ニヤけちゃいますっ」ランクs

みりあ「フリフリを着て、ダンスもして……次は、真っ白なドレスが着たいなー♪」ランクs

アナスタシア「プロデューサー。今度一緒にロシア……お家に、帰りましょう。グランマが、挨拶したいです」ランクs

加蓮「Pさんは、あたしの夢……なんでも、叶えちゃうんだね」ランクs

志希「んー……研究対象の匂いにすっかり夢中、アタシったらすっかりキミ中毒♪ 共依存までまっしぐらー♪」ランクs

楓「プロデューサー。私、今夜はシェリーが飲みたいです……なんて♪」ランクs



P「あわわわわわわわわわわわ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480214006

続きを読む

タグ:

モバP「楓さんが俺をスルー(無視)するぅッ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 18:49:55.54 ID:0tVxj6rN0

楓「こうしてプロデューサーの家で宅飲みするのも楽しいですね♪」

P「それはいいですけど、ちょっと飲み過ぎじゃないですか? もう少しペースを抑えた方が……」

楓「酒を『さけ』られない……フフッ♪」ゴクゴクッ

P「ああもう、しょうがないですね……」

P「でも、もう遅い時間ですし。そろそろお開きにしましょう。送りますから」

楓「…………」

P「アイドルが男の家に長居するのも不味いですし………」

楓「………」


P「楓さん?」




楓「無視」

P「アハッ☆!?(スルー!?)」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436694585

続きを読む

タグ:

モバP「子供が欲しいなあ」楓「…」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/23(土) 21:20:28.77 ID:2Sud4eO20
(クール事務所です)

ちひろ「いきなりなにを言い出すんですか。暑さで頭がやられましたか」

モバP(以下P)「…夏バテしそうなのはその通りですけど、そんなに驚かなくてもいいじゃないですか」

ちひろ「驚きますよ。プロデューサーさんからそういう話聞いたの初めてですし」

P「いやね、大したことじゃないんですけど…こないだ、久しぶりにオフもらって実家帰ったでしょう、俺」

ちひろ「ああ…だいたいわかりました」

P「さすがちひろさん、察しがいい。一応バラしておきますと、たまたま姪っ子…姉貴の子がいましてね」

ちひろ「おいくつですか?」

P「今年で十ですかね。ついこないだまでこーんな(↓)だったのに、もうこーんな(↑)ですよ」

ちひろ「でも、うちの事務所にもそのくらいの子はいるじゃないですか?」

P「そうなんですけど…やっぱりお預かりしている娘たちですからね。一枚壁があるというか…」

ちひろ(…若干ニュアンスが違うような気も…雪美ちゃんとか、千枝ちゃんとか、ありすちゃんとか…いえやめましょう。あまり掘り返したくないわ)

P「もっとね…思いっきり甘えられたいんですよ!」

ちひろ「確かに、うちの子たちはそういうところ、わきまえてる子が多いですものね」

ちひろ(上の方の人たちは、逆にこう…わきまえてない人もいますけど)

P「まあ、そこがいい娘たちなんですが…ああ、子供欲しいなぁ…」

ちひろ「プロデューサーさん、全然浮いた話も聞きませんけど、いい方はいらっしゃらないんですか?」

P「忙しいですから、なかなかね…。それに、正直今は仕事が面白いですから、仕事が恋人ですよ。こりゃ古いか、アハハ」

ちひろ「もうー。そんなんじゃ、一生独り身ですよー?(…よしっ)」グッ

P「うぐっ…そういうちひろさんはどうなんですか。仕事が恋人っぷりでいえば俺以上のくせに」

ちひろ「私は私なりに人生設計というものがありますから、お気になさらず」

P「な、なんですかその余裕は…ま、まさかキープしてる男が!?」

ちひろ「ふふーん。どうでしょうかねー♪」



楓「………」

続きを読む

タグ:

佐藤心「プロデューサーと」高垣楓「アイドル」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 02:24:13.06 ID:bIBVemv20
アイドルマスター シンデレラガールズ 佐藤心ことしゅがーはぁとさん、及び高垣楓さんメインです。

注意

この話は以前に書いた

佐藤心「プロデューサーとアイドル」



の設定を引き継いでおります。

こちらをお読みいただけた方がより分かりやすくなると思われます。

また、独自設定を多数盛り込んでおります。

キャラと文章がおかしい点はお許しいただけると幸いです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446139452

続きを読む

タグ:

楓「アイドルって、命がけなのね」

2: ◆GWARj2QOL2 2016/07/14(木) 10:04:57.94 ID:z2bGsmF+0
菜々「はい。えー…と、ですね」

【安部 菜々】

真「…」

【菊地 真】

楓「…」

【高垣 楓】

菜々「始まりましたけど、どうですか?」

楓「菊地さんが来てたのは夢じゃなかったのね」

菜々「ついさっき一本目が撮り終わったばかりですけど」

真「…」

楓「菊地さん、忙しくない?」

真「ま、まあまあ…ですね。頑張らせてもらってます…」

菜々「こんな番組に出て大丈夫ですか?」

真「ねえオファーくれたんだよね…?」チョンチョン

楓「あ。本来一本目で聞くんだけど、忘れてたから聞くわね」

真「はい」

楓「最近、何かあった?」

真「…何か…?」

菜々「ちなみにナナは秋葉原にお仕事行ってきました」

真「あ!そういうことでしたらありますよ!ドラマが決まったとか…」

菜々「おめでとうございます」パチパチ

楓「おめでとー」パチパチ

真「あ、ありがとうございます…後ですねー…これはまあ、ボクじゃないんですけど…」

楓「?」

真「ボク達の、後輩アイドル達が、来年武道館でLIVEをすることになりまして…!」パン

楓「あ、そういうのは良いわ」

菜々「今回はですね…」

真「…えええ…?」

【アイドルって、命がけなのね】

続きを読む

タグ:

高垣楓「一線を越えて」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/12(日) 15:08:18.79 ID:HxMRahMLo

かぽーん。


お風呂と言えばこの音。
いつも思いますが、これって何の音なんでしょうか。
桶の音でオッケー?

 「よ、っと」

手近な桶を手元に寄せて。
試しに一つ、鳴らしてみましょう。


かこーん。


 「うーん……」

惜しいですね。
もうちょっとこう、間の抜けたような音を想像していたんですが。
いつの日か解明出来る日が来るのでしょうか。

 「まぁ、何はともあれ」

せっかくの温泉旅館。
露天風呂に浸かりながら、目の前にあるお酒を呑まないなんて、罰当たりにも程があります。

 「……ほぅ」

天国はここにあったんですね。


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1428818898

続きを読む

タグ:

楓「美女戦士ネグリジェムーン」

1: ◆dD80sbGR9k 2015/04/16(木) 19:19:59.46 ID:co8Cuc3vO
楓「あがりですっ」←1位

レナ「勝てなかったかーほんと楓は大富豪だけは強いわね」←2位

美優「5回戦で全部2位だったレナさんも十分凄いですけどね…」←3位

菜々「その分下の方の争いはひどいですけどね…っとこれで上がりです!」←4位

留美「くっ…全ゲーム通して2もジョーカーも1回も使えないなんて…」←ドベ

レナ「それで? 1位は何を命令するの?」

留美「まあこのメンバーなら飲み会の代金肩代わりとかでしょ」

楓「いえちょっと面白いことが思い浮かんだんですよ」

レナ「えー あんまりハードなのはやめてよねー?」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1429179599

続きを読む

タグ:

楓「なんだろう…ワクワクしてます」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/15(日) 03:14:01.56 ID:gfwh2ClA0

――――――
寮の楓の部屋 朝

楓(なんだろう……今日は何かありそうな気がする)

楓(胸がざわつく……変)

楓(動悸? 息切れ? そんな訳はないし)

楓(……二日酔いでもないはず……)

楓「……朝の6時……眠いけれろ、くじけない」ガラッ

楓(ここ数日雨が続いたけれど、今日は気持ちのいい快晴)

楓(梅雨だから仕方ないけれど、雨が続くと憂鬱だからよかった)

楓(梅雨……梅……梅酒が飲みたい)

楓(今日の仕事が終わったらプロデューサーを誘って飲みに行こう)

楓「さて、お仕事に行かないと」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402769641

続きを読む

タグ:

楓「命短しススメよ乙女」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/31(火) 03:33:27.44 ID:6D4QUdRpo

楓「ただいま~……」

美優「楓さん?おかえりなさい。珍しいですね、こんな早くに帰ってくるなんて」

楓「ええ、まあ。2次会が始まる前においとましたので」

美優「迎えに行くって言ったのに」

楓「色々あったんですよ」

美優「それと、その……後ろにあるおっきな荷物は?」

楓「ふふふ、なんだと思いますか?たぶんびっくりすると思いますよ」

美優「はあ」

楓「とにかく、これ重たいので運び入れちゃいますね」

美優「え?……楓さん待ってください、それウチに置くんですか?」

楓「そのつもりですけど」

美優「いきなりそんな大きいもの持ってこられても困ります。だいたい、置く余裕ありませんよ。ただでさえ狭いのに」

楓「まあまあ」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464633207

続きを読む

タグ:

高垣楓「好き、嫌い、大好き」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/17(水) 01:58:59.42 ID:k6oCJzTP0

「プロデューサーさん、」

「恋の定義って、何だと思います?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471366739

続きを読む

タグ:

渋谷凛「事務所にローションが放置されてた」

1: ◆C2VTzcV58A 2015/09/09(水) 20:30:50.33 ID:h9F85rnj0
凛「しかも開封済み」

まゆ「………」

美嘉「………」

未央「うわあ」

奏「あら」

卯月「?」


※キャラ崩壊気味

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441798250

続きを読む

タグ:

高垣楓「もっとあなたの事教えてください」

1: 1 2015/01/29(木) 20:51:34.64 ID:mv6RIkbsO
だーちゃんSSばっかりだったけど久々にお姉様勢SSでも

直接関係ないですが

川島瑞樹「もしもし?お母さん?」


原田美世「SSSですか?」


ちな、ダジャレは出てこないのであしからず

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1422532294

続きを読む

タグ:

モバP「卒業式の思い出」

1: ◆8AdAXy0jTvVn 2016/03/05(土) 21:58:55.53 ID:3ojj7LV5o
P「……」

P「(なんか最近暖かくなったよなぁ…)」

P「(…もう春が来てるんだな)」

P「(春眠暁を覚えず…)」

P「(…使い方合ってるのか?)」

杏「…ボーっとしてるなんて珍しいじゃん」

P「ん?」

P「おぉ、杏か…」

杏「睡眠が足りてないんじゃない?」

杏「寝不足は仕事の効率が悪くなるよー」

杏「こういう時こそプロデューサーは杏と一緒にお休みするべきだと思うな~」

P「んー…」

P「確かにそんな誘いに乗ってしまいそうな気分ではあるな…」

杏「えっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457182734

続きを読む

タグ:

モバP「もしかして、俺ってモテてる?」

2: ◆TDuorh6/aM 2015/06/22(月) 00:45:33.05 ID:Z9sDmiRb0
ちひろ「い、いきなりどうしたんですか?」

P「俺、ふと考えてしまったんですよ」

ちひろ「ええと、何をですか?」

P「もしかして…俺ってアイドル達にモテてるんじゃないのか?!と!」

ちひろ「な、なんですってぇ!?」

P「あくまでも予測ですけどね。取り敢えず嫌われている可能性は無いでしょう」

ちひろ(そうじゃないです!今更かよって意味ですよ!)

ちひろ「…と、それはまぁおいといて、プロデューサーさんの事を悪く思ってる子なんていないと思いますよ」

P「それによく、プロデューサーはモテる・ハーレムを築くものなのだと聞きますし」

ちひろ「何処情報なんですかそれ…」

続きを読む

タグ:

楓「祝ってください」瑞樹「えー…」

1 : ◆GWARj2QOL2 :2016/06/28(火) 11:46:37.23
アニメ準拠はほとんどありません
草は生えてますので気分を害された方がいらっしゃったら申し訳ありません
特に内容は無いです


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467081996

続きを読む

タグ:

P「自炊始めたんですよ」ちひろ「へえ」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/27(月) 01:03:07.51

スタスタ・・・

P「それで今日から弁当も持ってくるようにしてみたんですけど……」

ちひろ「へえ! わたしも一口貰ったりしていいですか?」

P「エナスタ各2本ずつと交換で」

ちひろ「この商売人め」

P「その総大将が何を言うか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390752187

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク