タグ:電

提督「もう春か」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/23(水) 23:33:26.65 ID:OP5koD2Co
提督「もう、春か~」

電「春なのです~」

提督「こうも暖かくなると働く気もなくなるな~」

電「ゴッホ……そうですね~」

提督「クションッ……ズーッ¥……でも春となると花粉が酷くなる季節なんだよな~」

電「花粉症になったこと無いから分からなのですけどゴホ……ゴホ……大変そうですね」

提督「良いよな~兵器には花粉症なんてなくて」

電「ブェックショッン……ズー……そもそも艦娘が花粉症になんてなったらズッ……不良品なのです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458743606

続きを読む

  タグ:

提督「雷と電が合体した!?」

1: ◆8CkAjs35JIZ4 2016/07/10(日) 20:39:02.53 ID:EbAOzjvuO
提督「司令官意味わかんない!!」

暁「暁だって解らないわよ!でも事実なの!!朝起きたらこんな事に!!」

響「合体というか融合というか…見てくれればわかると思う、入って来てくれ」

<ガチャ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468150742

続きを読む

  タグ:

【艦これ】電「これ、下さいなのです」店員(えっ!? ゴム!?)

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 19:51:41.30 ID:uoy2lQ330
店員さんは田舎から都会に出てきたばかり。
すぐ終わる予定です。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1414839091

続きを読む

  タグ:

電「はわわ、司令官が甘やかされすぎて溶けちゃったのです!」

1: ◆0rjCWOlcd8we 2017/03/26(日) 16:29:03.35 ID:Acy2+YUI0
骨抜きにされちゃう提督のお話



201X年3月XX日 午後4時41分
とある鎮守府

提督「ああー! 疲れた・・・ もう今日はなんもやりたくない・・・」

電「司令官さん、まだお仕事は残ってるのです・・・」

提督「一人にやらせる量じゃないよこれは・・・ ああなにか癒しが欲しい、とても欲しい・・・」

ガチャ

夕雲「そうと」

初月「聞いて」

雷「やってきたわ!」

提督「お、お前たちは!」

電「バブみ艦なのです!」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1490513343

続きを読む

  タグ:

雷「とある司令官と電の勲章」

3: ◆pxTJMwo04OvB 2015/12/09(水) 11:33:24.84 ID:D4TZY9KnO
雷「司令官!もっと私に頼って良いのよ?」

なぜ頼りにされたいのか

雷「司令官のためなら雷、なんだってできちゃうんだから!」

なぜ頑張るのか

雷「司令官、私がいるじゃない!ねっ?」

私が、本当にしたいこと



雷「だから……もっと、もっと、頼って?司令官」

私が手を差し伸べなければ、あなたはここにいない

雷「私に、任せて……?」

私がしてあげるために、あなたは私の弱さもワガママも知らなくていい



雷「私に、声をかけ続けて……」

本当は

雷「お願いだから……私を、見捨てないで……っ」

本当は……

雷「私を見て……見失わないで……」

雷「」



あなたがずっと、私の手を引いてくれているとも知らずに、ただ押し殺す

続きを読む

  タグ:

響「とある司令官と電の改二」

2: ◆pxTJMwo04OvB 2015/05/30(土) 19:58:17.23 ID:pK41pLzOO
響「お前は誰だ」

そう、目の前の人物に問い掛ける。

否、正確に言えば人物ではないか。

響「……、……」

睨み付けてみる。相手もまた、こちらを睨み付けてくる。

白銀の髪、幼い身体、水兵を彷彿とさせる服に帽子、そして……特Ⅲ型の証であるバッヂ。

普段はあまり見慣れないその姿は、確実に私そのものなのに。

記憶が渦を巻く。今にも崩壊しそうな自己を、何とか保とうとしながら。

私は、私だ。では、その私とは何だ?響なのか。それとも――

響「お前は、誰だ……?」

鏡の中の私が、薄く微笑んだ。

続きを読む

  タグ:

電「甘くて甘くて、とけてしまいそうなのです!」

2: ◆pxTJMwo04OvB 2015/06/16(火) 21:52:09.59 ID:LFAl90OPO
司令官「うん?今なんて?」

電「暑くて暑くて、とけてしまいそうなのです……」

司令官「あー……確かに、なぁ」

電「この暑さの中を、扇風機だけでしのぐのはやっぱり無理があるのです……」

電「うう……じめじめしてるからか服も張り付いて気持ち悪いよぉ……」

司令官「エアコンが直るまでの辛抱とはいえ、これじゃあ業務も捗らないよね」

司令官「どれ、今日は午後を非番にして、他の部屋に避難しようか」

電「ふぇ?で、でも……」

司令官「たまには良いだろう。少しくらいデイリー任務をサボっても、文句は言われないって」

司令官「よーし、そうと決まったらこんな暑い部屋とはおさらばだ!行くよ、電!」

電「はわわっ、ま、待って~!」パタパタ

続きを読む

  タグ:

暁「とある司令官と電のケッコン」

2: ◆pxTJMwo04OvB 2015/05/06(水) 20:27:51.33 ID:vrmzvF6HO
暁「ふわぁ……眠い……。今日みたいに穏やかな日は、何だか久しぶりね」

暁「電達を連れて、間宮さんの所にパフェでも食べに行こうかな……」

<おっおー!

暁「ん……?なんだか曲がり角の向こう、騒がしいわね……何だろう」

島風「提督おっそ~い!早く早くぅ!」

司令官「こら島風!廊下は走るな、危ないだろう!」

島風「大丈夫大丈夫!おっおお~♪……お゛ぅっ!?」

暁「ふぇ?」

ドンガラガッシャーン

司令官「ちょ、何だ今の音!……あちゃー」

司令官(尻餅をつく暁と島風、そして周囲にぶちまけられた大量の改修資材)

暁「いったぁい……もう、なんなのよぉ」

島風「うぅ、いてて……はっ!暁ちゃん!?」

司令官(ああ、これは派手にぶつかったんだろうなぁ)

続きを読む

  タグ:

電「司令官は仕事ができない」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 08:06:03.38 ID:znVoDOl10
電「って大淀さんが言っていたのです!」!かすんぷ

提督「申し訳ない……」なでなで

電「昔はきちんと出来ていたのに、謎なのです」ぶんぶん

提督「ホント、不思議だよな。いつもと変わらず、毎日同じ様にやっているのに効率が落ちたみたいなんだよ」コイビトツナギー

電「う~ん、分からないのです……。とりあえず今日もお仕事始めるのですよ、司令官」ぎゅっ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488063963

続きを読む

  タグ:

電「て、提督は、女性のどんなところがキュンとしますか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:45:11 ID:byh9qc6k

提督「はあ? いきなりだな、電」

提督「どうした? 好きな男の子でも出来たのか?」 ニヤニヤ

電「い、いいから、答えて欲しいなのです」

電「た、例えば、笑うと見える八重歯とか」

電「英語交じりの妙な日本語とか」

電「いつも明るい巨乳のおねーさんとか」

電「ちょっと乱暴な言葉遣いの女の子とか」

電「そういうのを答えて欲しいなのです!」

提督「……何かえらく具体的な例えだな」

続きを読む

  タグ:

電「ケッコンカッコカリの書類が届いたのです」

1 ◆ORT4WeHxxkkO 2016/04/03(日) 00:58:38.37 ID:iHBIgP710
電(数日前に本部からケッコンカッコカリ一式が届いてからというもの……)






提督「電、この書類を大淀に届けてくれ」

電「分かりました。今から届けてくるのです」

提督「あぁ、頼む」

電「」ガチャ

電「」パタン



金剛「あっ! ヘーイ電! 提督の様子はどうデスカー?」

電「金剛さん。提督さんは、えっと……いつも通りだと思うのです」

金剛「そうデスカ……。ンー、もし私を呼ぶことがあったら、すぐに教えて欲しいのネー!」

電「分かりました。では失礼するのです」






電(鎮守府内が少しざわついているのです)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459612709

続きを読む

  タグ:

提督「ウチの雷と電がおかしい」

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 02:47:01.76 ID:8RcJEN6Lo

雷「司令官。大丈夫? 溜まってない? おちんちんおっきくなったらすぐ私に言ってね」

雷「え? ダメよ、自分でなんて。知らないの? オナニーしすぎるといざ本番の時に遅漏の恐れがあるのよ?」

雷「だ・か・ら、私がキチンとぴゅっぴゅってさせてあげるわ!」

雷「ね? もっともーっと私に頼ってね? 昼でも夜でも、この雷が司令官の事管理してあげるから」

雷「だから――」


電「司令官さん。どうしたのですか? 顔色が悪いのです」

電「はわわっ! そんな反応されると傷ついてしまうのです」

電「やっぱり司令官さんは疲れてるのです。電が癒してあげるのです!」

電「大丈夫。司令官さんはなにもしなくても、身の回りの事全部電がやってあげるのです」

電「だから――」


『司令官はなにも心配いらないの』
『司令官さんはなにも心配しなくていいのです』


提督「どうしてこうなった」

大淀「私に聞かれましても……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452448021

続きを読む

  タグ:

提督「うちに猫と熊はいるけど」

1: ◆wTNQ8UxFQ2 2016/03/15(火) 21:50:35.95 ID:TapzIHyI0
提督「犬いないじゃん」

香取「そうですね」

ネコジャナイニャー!

クマー!

香取「」ペシッ

ニ゛ャッ!

クマッ!

提督「だからこんなの作ってもらった」

香取「犬耳と犬尻尾ですか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458046235

続きを読む

  タグ:

暁「なにこれ?」響「王様ゲームだよ」

1: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/08/14(金) 20:41:33.59 ID:YaNhfEWp0


暁「王様ゲーム?」

響「そう、この棒を引いて赤いのが出たら王様。王様は皆に命令できる。そういうゲームさ」

暁「ふーん。どこからそんなの拾ってきたの?」

響「青葉さんが掃除してるのを見かけて、その時ゴミに出そうとしてたコレを貰ったんだ」

暁「へぇ~そうなの」

響「せっかくだしやってみないかい?」

暁「いいわよ。これは2人でやるものなの?」

響「2人でも遊べるけど、どうせなら雷と電も混ぜようか」

暁「わかったわ、何て命令しようかしら」

響「過激すぎなきゃ何でもいいんじゃないかな。ちょっと青葉さん呼んでくるね」

暁「青葉さんも呼ぶの?」

響「もしやるようなら呼んでくれって言ってたからさ」

暁「そっか。じゃあ私はここで待ってるわね」

響「うん、お願い。それじゃ」



関連スレ:

蒼龍「なにこれ?」飛龍「ボードゲームだよ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439552493

続きを読む

  タグ:

提督「何がいなづまだよ、妻になれオラァ!!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/28(水) 20:37:46.03

提督「!?」

 飛び起きて辺りを見渡すと、窓の外はまだ日の昇っていない明け方だった
当然、提督が飛び起きた原因の電はいない

提督「本当に言ったら、電はなんて言うんだろうな」

 欲望の種が下腹部から解き放たれた提督は虚ろな目で机上の写真を見つめる
写っているのは電と提督だ

 鎮守府が設立され、提督が着任したのと同時に来た艦娘。それこそが電である
駆逐艦である電は容姿で言えば女子中学生くらいであり、頑張りに頑張っても女子高生で、低く見れば小学生だ

提督「…………」

 そんな子供な容姿に欲情し、あろうことか弾薬を放出したことで
提督の心は中破しているからだろう
汗と汁を拭った提督は顔をしかめると首を振り、俯く

提督「疲れてるんだろうな……」

 心なんか大破すれば良い。いや、轟沈して二度と砲撃出来なくなれば良い。そうだ、珍退化改修しよう
思い至った提督は頷いて枕に頭を落とす

 明日(今日)にでも妖精に要請して愚息には夭逝して貰おう
提督はやる気だった

でなければ、電に被害が及ぶと思ったからだ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446032266

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。