タグ:雪ノ下雪乃

八幡「学内裁判?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 01:38:01.92 ID:qg1f4WP20
12月上旬 奉仕部部室

修学旅行のあの出来事以来奉仕部はギクシャクしてしまっていた。あのときの俺はあの手段での解決が誰も傷つかないと信じていた。だが由比ヶ浜の気遣う視線や雪ノ下のあのセリフがずっと心に残っている。
うまく言葉に出来ないがモヤモヤしたものが渦巻いている、それはあいつらも一緒のようでその空気が今の部室の息苦しさを作っていた。
今日は誰も一度も挨拶以外で口を開いていなかった。

陽乃「やっはろー」

雪乃「ね、姉さん……何のようかしら…」

突然の訪問者が雪ノ下に挨拶以外で口を開かせた。てかこの人いつも厄介事しか運んでこないんだよなぁ

陽乃「なぁにぃ~比企谷君?お姉さんが来たからって嬉しそうな顔しちゃって」

八幡「ども(してねーよ)」

陽乃「んもぅ、そっけないんだから~ヶ浜ちゃんもやっはろー」

由比ヶ浜「こ、こんにちは…」

雪乃「姉さん、何の用なの?」

陽乃「雪乃ちゃん的には何となく遊びに来ちゃダメなのかな~?」

雪乃「姉さんは部外者なのだから当然でしょう」

陽乃「部外者なんてひどーい、でも今回はそうも言ってられないよ?そろそろ…」

続きを読む

タグ:

雪乃「あら比企谷くん。今日も死んだ魚のような目をしているのね」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/22(土) 20:56:43 ID:rdbq61w6
八幡「残念ながらおれは銀さんじゃないぞ。すでに目の賞味期限は切れてるが......」

雪乃「(しまったッ!姉さんから貸してもらったジャンプコミックス詰め合わせを徹夜で読んでしまったからつい...ッ)」

八幡「え、ていうか雪ノ下、銀さん知ってるの?銀髪天然パーマの侍さん知ってるのか?」

雪乃「(ここは...私のキャラを保つため無視しておこうかしら......でもッ!)」

八幡「なあ聞いてる?今たぶんお前に対して未だかつてないレベルで積極的に話しかけてると思うんだけど。おい」

雪乃「(『知ってる』って言いたい自分がいるッ!というか銀さんの絵がかけちゃうくらい知ってるッ!)」

続きを読む

タグ:

八幡「葉山と雪ノ下」

1: ◆9XuF3XEACk 2016/11/26(土) 17:10:01.98 ID:UlgWdh3g0

雪乃「葉山君、遅いわよ」

葉山「ごめん、雪乃ちゃん。遅れてごめん」

雪乃「まあ、いいわ。それで?今日はどこへ連れて行ってくれるの?」


葉山「雪乃ちゃんはどこへ行きたい?」

雪乃「私は…そうね、あまりこれといって行きたい場所は提示できないわ」

葉山「そうか…」

雪乃「ごめんなさい、デートは正直したことがなくて…」

葉山「いや、構わないよ。俺だって似たようなものさ」

雪乃「あなたの口でそういうことを言うの?あてつけかしら?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480147801

続きを読む

タグ:

御坂「ツンデレヒロインの会?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/14(水) 22:59:36.20 ID:xn9Xjix70
戦場ヶ原「ええ、そうよ」

雪ノ下「説明していただきたいのですが」

御坂「そうよ、いきなりこんなとこに集まれだなんて」

ハルヒ「…」

戦場ヶ原「あなたたち三人をここに呼んだ理由はちゃんとあるのよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473861575

続きを読む

タグ:

【安価とコンマ】八幡「匂いの濃さがわかる機械を手に入れた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 15:00:46.81 ID:GmrTLKZlo
八幡「…………」


八幡(いや、使っていいのか、これ……?)

八幡(しかし、例えば万が一、知り合いの誰かと付き合う事になって、いざベッドインとかいう時に強烈な臭いを感じたら俺は平静でいられるのか?)

八幡(つうか、そんなの関係なく知りたい。いや、そんぐらい良いよね? 付き合う可能性とか少ない訳だし)

八幡(……とりあえず、誰かで試してみるか)

下1

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460613636

続きを読む

タグ:

八幡「晩御飯できてるぞ」雪乃「ごめんなさい、会社の人と食べてきたから」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/15(水) 10:06:52.11 ID:2WqnGAXs0
高校、大学を卒業してから俺は雪ノ下雪乃と結婚した。

雪乃は俺の希望通り、専業主夫と言う立場を受け入れてくれた

夫婦生活も円満だと思われた

しかし何時からだろう、こんなにも夫婦との間に距離を感じてしまったのは

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436922402

続きを読む

タグ:

八幡(9)「迷子?」雪乃(9)「うん・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 00:35:02.33 ID:0YMncJtI0
八幡(公園でかくれんぼをしていたらいつの間にか皆いなくなっていた・・・)

八幡(珍しくクラスメートの男子が「ひきがやあそぼーぜ!笑」なんて言ってわくわくした自分が恥ずかしい)

八幡(てゆうかかくれんぼするとか言って皆すぐにどっか行ったこと八幡知ってるよ・・・?)

八幡(どうせ明日学校でネタにされるのだろう・・・はぁ死にたい・・・)

八幡(いつまでもこんな所で隠れてないで家に帰って小町と千葉テレビでも見るか・・・。ん?人影・・・?)

雪乃「お、お姉ちゃん・・・どこぉ・・・?」

八幡「!?」

雪乃「ひぃっ!?」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1433777692

続きを読む

タグ:

八幡「やはり雪ノ下は病んでいる」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 11:59:34.95 ID:W4y6jT5k0
八幡「うーっす」ガラ

雪ノ下「あら比企谷君、今日も水晶体に寄生虫を飼っているのね」

八幡「ここ最近生魚は食わなかったぞ」

雪ノ下「あら、誰もアニサキスとは言っていないわよ、アニサ谷君」

八幡「もろ言ってるじゃねぇか」

雪ノ下「うふふ、面白いのね、貴方」クス

八幡「俺にとってはお前の方が実に興味深いよ・・・」

雪ノ下「・・・・・・そう」



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1412477964

続きを読む

タグ:

八幡「好みの仕草?」戸塚「うん」【安価】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/11(木) 00:31:36.32 ID:2KRR6sX+0
戸塚「はちまーん」

八幡「ありがとうございます!」

戸塚「えっ、何?」

八幡「あぁ、いや、俺みたいな奴に話しかけて貰えるのがありがたくてな」

戸塚「………?」

八幡「まぁいいか。それで、何かようか?」

戸塚「うん、ちょっと聞きたいことがあってさ」

八幡「おう」

戸塚「八幡の好みの仕草が知りたいなって」

八幡「………うん?」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1470843096

続きを読む

タグ:

陽乃「ぶるぁぁぁぁぁ!」雪乃「姉さんがキレった」八幡「もう、おしまいだ」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 23:40:10.46 ID:74gV+EpAO
陽乃「………」ゴゴゴゴゴゴゴ

いろは「はるさんせんぱい?」

結衣「なんか様子が変だよね?」

八幡「もうダメだ………おしまいだ……」(((((( ;゜Д゜))))))ガクガクブルブル

いろは「せんぱーい、なにブロリーにおびえているベジータみたくなってるんですか?」

八幡「お、おまえは気づいてないから、そんなこと言えんだよ」

雪乃「そ、そうよ…」( ;゜Д゜)ガクブル

結衣「ゆきのんまで…」

いろは「気づいてないって何がですか?」

いろは「はるさん先輩は社交的でみんなに親しまれているいい人じゃないですか?」

八幡「バカ、それは仮の姿だ。みんなあの外面のいい仮面に騙されているだけだ」

雪乃「そうよ…初見で見破れたのはこの比企谷くんぐらいよ」

いろは(そういえば初めて会った時から、先輩は私の事、見破っていたみたいですね)

陽乃「ウフフ…」ゴゴゴゴゴゴゴ

八幡「!?こ、殺される…想像して以上だ……この人の闇は…」

結衣「ヒ、ヒッキー落ち着いて!」

八幡「百億の鏡のかけら......小さなともしび......とらわれた天使の歌声......ゼノ......ギアス......」ブツブツ

いろは「先輩なにブツクサいっているんですか?」

結衣「わけがわからないよ」

続きを読む

タグ:

【俺ガイル】八幡「部活に行くと由比ヶ浜と雪ノ下が険悪だった件について」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/31(日) 09:29:38.08 ID:LrG6SrUl0
八幡「おっす」

結衣「あ、やっはろー」

雪乃「……チッ」

八幡(何だこの殺伐とした雰囲気は。由比ヶ浜のいつものアホな挨拶がやる気を失って挨拶の体を成していない…雪ノ下に至っては舌打ちをされた気がする)

八幡(まぁ関係ないから放っておこう)

八幡「……………」

結衣「……………」

雪乃「……………」



結衣「あー!やっぱ納得できない!」

八幡「何がだよ」

結衣「ヒッキーちょっとこっち来て!」

八幡「何だいきなり!ちょっ!引っ張るな!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469924977

続きを読む

タグ:

結衣「ヒッキーがまたあくびしてる…」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/06(木) 18:15:35.46 ID:YVsZSNZuO

昼休み



八幡「………」ウトウト



結衣(ヒッキー、やっぱり今日も眠そう…… 先週末くらいからずっとだよね)

結衣「ほんと、どうしたんだろ…」

三浦「なにが?」

結衣「えっ?」

三浦「えっ?」

結衣「……あたし今なんか喋ってた?」

三浦「ため息つきながらばりばり喋ってたけど」

結衣「うそ!? え、えっと、なんでもないから気にしないで!」

三浦「それ気になる言い方だから。まーいいけどさ」

結衣「ごめん…」

結衣「……」チラッ


八幡「………」コクン コクン


三浦「……」

三浦「なんだ、またヒキオのことか」

結衣「ぅええ!? ゆ、優美子なんで分かったの!?」

三浦「…まーほら、結衣とは付き合い長いし」

結衣「うう… そ、そっかぁ」

三浦(サルでも分かるし)

続きを読む

タグ:

雪乃「ねえ、ヒッキー」八幡「なんだ、ゆきのん」由比ヶ浜「!?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 22:02:35.45 ID:KV39k6GF0
雪乃「今日、部活が終わったら……」

由比ヶ浜「えっ、ちょっと、二人ともどしたの!?」

雪乃「なにかしら、由比ヶ浜さん」

八幡「どうかした?」

由比ヶ浜「だ、だって、二人とも呼び方が……」

雪乃「ああ、それね」

八幡「お前の呼び方がいつの間にかうつったんだよ」

由比ヶ浜「そ、そうなの……?」

続きを読む

タグ:

雪ノ下雪乃「二人が腕くんで部室に来た」

1: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:49:14.39 ID:yZOWrQRu0
雪乃「……(読書中)」

ガラッ

八幡「うーっす」

結衣「やっはろーゆきのん」

雪乃「こんにちは二人共、今日は一緒なのね……!?」

八幡「? どした?」ガッチリ

結衣「ゆきのんなんかあったの?」ガッチリ

雪乃「…何かあったのはこっちのセリフなのだけれど、なぜ腕を組んでいるのかしら?」

結衣「えっ、だって付き合ってるなら普通じゃない?」


雪乃「……は?」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1473274154

続きを読む

タグ:

八幡「雪ノ下の雪女コスプレを普通に褒めてみた」

1: ◆lpf/TAjzto 2015/10/09(金) 21:41:38.05 ID:Uke9Flid0
千葉村 肝試し前


八幡「雪女の衣装似合ってるな」

雪乃「あら、ありがとう。あなたの目の腐り方もハリウッド級よ」


八幡「ほっとけ。つーかお前無駄に和服似合うな」

雪乃「無駄は余計よ……まあ確かに昔からこういった服を着る機会はあったから、それなりに着付けや作法は心得ているつもりよ」

八幡(心得てるならさっきの悪口はなんだよ)

八幡「つか作法とかじゃなく俺は単純な感想を言ったまでだが、似合ってるって」

雪乃「へっ!?」



雪乃「………そ……そう………//」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444394497

続きを読む

タグ:

雪乃「比企谷くんを救うことになった。」final【後編】

621: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 20:29:43.52 ID:/USTzt5m0
前スレ:

雪乃「比企谷くんを救うことになった。」final【中編】




雪乃「平塚先生、彼女は校則違反を犯しています。」


少女A「雪ノ下さん…何を言っているの…?」


雪乃「彼女の指輪、こんなモノを校内で付けているのは間違いなく校則違反です。」


私はこの女の左手を力強く掴み、校則違反を指摘した。

そして私の意見に同調するかのように平塚先生と由比ヶ浜さんも…

続きを読む

タグ:

雪乃「比企谷くんを救うことになった。」final【中編】

521: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 19:40:18.29 ID:MU80edIR0
前スレ:

雪乃「比企谷くんを救うことになった。」final【前編】



平塚「キミたち、何をしている?」


雪乃「平塚先生!」


結衣「あの…実はですね…」


この騒ぎにようやく気づいたのか、

これまで室内の隅で寛いでいた平塚先生が私たちの前に駆けつけてくれた。

これでとりあえず事態は収拾するものかと思われたのだけど…

続きを読む

タグ:

雪乃「比企谷くんを救うことになった。」final【前編】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 18:43:37.93 ID:rS1+NB8Z0

雪乃「比企谷くんを救うことになった。」


雪乃「比企谷くんを救うことになった。」 after



↑の続編になります。

まず最初に言っておくことがあります。
当ssのオリキャラである少女Aのせいでゆきのんとガハマさんが痛い目に合ってしまい
それを見て心苦しくなされた方々には申し訳なく思っています。
なのでこのssではゆきのんを勝たせてあげたいと思います。
ゆきのんを勝利させてみせます。そして劇中で必ず少女Aに頭を下げさせてみせます!
それとついでにヒッキーもですね。今までの無礼を謝らせるためにも土下座させます。

何故ならゆきのんは負けるのが大嫌いですからね。勝たなきゃいけませんからね。

それでは始めていきたいと思います。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1456739017

続きを読む

タグ:

結衣「ヒッキーとゆきのん、時々あたし」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/20(土) 20:17:02.60 ID:Vi2A80Z/O
ガラガラ


「あら、今日も堂々と遅刻かしら」


「仕方ねえだろ、あの生徒会長の下では生徒会が忙しい=俺が忙しいになっちまうんだから」


この会話を聞く度に感じるのはたくさんの安心感と少しの羨ましさ


「あなたはいつから奉仕部のものから生徒会のものになったのかしら」ハァ


「どっちにしろ人じゃなくて物なのか」


たまに?ゆきのんが言い過ぎてることもあるけどヒッキーのゆきのんに悪口を言われてる時の顔は全然嫌そうな顔じゃない

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471691822

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク