タグ:遠坂凛

セイバー「……凛に魔術で少女にされてしまった」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:02:43.73 ID:O6Lr9wpJ0
士郎の部屋

士郎「お、お前ら喧嘩はよせって」

セイバー「……」

凛「怒らないでよ。悪気はなかったんだから。私としたことが、宝石の種類を間違えるなんてね」

士郎「だってよ」

セイバー「今、敵が来たらどうするつもりなんですか……私もあなたも幼い少女になってしまって」

凛「可愛いわよ……?」ニコ

セイバー「ええ、凛も可愛いですねッ」ニコ

士郎「あ、あとはごゆっくり」

セイバー「シロウ!」

凛「とにかく他の連中に悟られるわけにはいかないから。今日一日はこの家で大人しくしていましょう」

セイバー「……これでは、マスターを守れない」

凛「アーチャーをつけてるから安心しなさいよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436112153
<

続きを読む

  タグ:

言峰「では次の人、悩みをどうぞ」士郎「みんなを幸せにしたいです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/08(水) 13:19:46.04 ID:Mb4DTl6p0
教会

言峰「衛宮士郎。珍しいな」

士郎「ちょっとな」

言峰「ふふふ。いい目だ。迷いを孕んだその双眸は私にとって甘美なるもの」

士郎「悩み、聞いてくれるんだろ?」

言峰「ああ、いいとも。どんなことでも告解したまえ」

士郎「……みんなを幸せにしたいんだ」

言峰「みんな、とは?」

士郎「セイバー、遠坂、桜、イリヤ、ライダー」

言峰「ほぅ」

続きを読む

  タグ:

【Fate/stay night】 凛「アーチャーのアーサーを引き当てた」

1: ◆VUVWczQ0wI 2013/05/02(木) 19:50:49.30 ID:8UDUJ2zM0
凛「━━━告げる」

凛「汝の身は我が下に、我が運命は汝の剣に」

凛「聖杯の寄るべに従い、この意、この理に従うならば応えよ」


凛(文句なし!間違いなく最強のカードを引き当てた・・・!)

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1367491849

続きを読む

  タグ:

衛宮士郎「イリヤからはラブレターが。遠坂からは果し状が届いた」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 22:15:23.69 ID:3dsEnjwmo
衛宮邸 居間

イリヤ「ふんふふーん」

凛「ただいまー」

イリヤ「おかえりー」

凛「あら、イリヤ。来てたの」

イリヤ「うん」

凛「士郎は? 買い物?」

イリヤ「そうよ。シロウも大変ね。居候が買い物もしてくれないんだもの」

セイバー「……」

凛「それで、貴女は何を書いてるの? 術式の類ならアインツベルンの敷地内でお願いしたいわね」

イリヤ「術式をシロウの家で堂々と描くわけないでしょ。描くなら誰にも気づかせないわ」

凛「なら、何よ?」

イリヤ「シロウへのラブレター」

凛「ふぅん」

イリヤ「そういうことだから、私のことは気にしないで」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417958113

続きを読む

  タグ:

士郎「遠坂を俺にください!」時臣「断る」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 13:10:24.96 ID:FIll9ROFO
時臣「大体君は一体誰なんだ?」

士郎「衛宮士郎って言います」

時臣「衛宮?」ピクッ

時臣「もしかして、衛宮切継のご親戚かな?」

士郎「はい、じいさん……衛宮切継は俺の父親です」

時臣「ふむ……。それでは君も魔術を使えるのかね?」

士郎「はい。強化と投影だけ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380600624

続きを読む

  タグ:

凛「士郎、 手がイカ臭いわよ」士郎「」桜「」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/01(土) 22:01:03.92 ID:DOH0ulmS0
凛「ちょっと洗ってきなさいよ。そんな手で触られたら臭い移っちゃうじゃない」

桜「・・・先輩?」

士郎「い、いや、ちがうぞ桜!イカをさばいたから!さっきイカをさばいたから!」

凛「?分かってるわよそんなこと。見てたし。何で2回言うのよ」

士郎「!! お、おう。だよな!そうだよな!!」

凛「当たり前じゃない。イカに触ったからイカ臭くなったに決まっているでしょ。他になんでイカ臭くなるのよ」

桜(姉さん・・・)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1354366863

続きを読む

  タグ:

士郎「最近、遠坂がなんか咥えてるんだよな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 22:57:17.24 ID:BrbHE2kN0
衛宮邸

士郎「セイバー!!悪いんだけど、洗濯物取り込んでくれないかー!!」

セイバー「はい!!」ダダダッ

士郎「……うん。味付けは完璧だな」

凛「ふぃほー」

士郎「遠坂。また、それ咥えてんのか?」

凛「……」

士郎「その四角形のやつはなんだ?」

凛「……」タタタッ

士郎「最近の遠坂は変だな……」

続きを読む

  タグ:

凛「携帯電話なんて通話できればいいでしょ?」セイバー「ですね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:51:22.35 ID:xpv4iduk0
学校 教室

凛「……」

凛(携帯電話、買ったはいいけど……使い道がないのよね……)

三枝「蒔ちゃん、昨日のメールどういう意味なの?」

蒔寺「え?面白くなかった?」

三枝「いや、だって……『( ゚Д゚)y─┛ゆきっちぃ、フォォ』だもん。意味、分からないよ?」

蒔寺「駄目だな。分かったないなぁ、ゆきっちはよぉ」

三枝「ご、ごめんね?」

氷室「お前のメールほど金の無駄遣いはないな」

蒔寺「へっへーん。しらないのかぁ?メールはただなんだぜ?」

氷室「……まぁいい」

凛(メールか……できれば楽しいのかしら……?)

続きを読む

  タグ:

セイバー「士郎の居ぬ間に」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 16:51:01.78 ID:tWnur5l80
セイバー「士郎」

士郎「!」ササッ

セイバー「士郎、今何か隠しましたね?」

士郎「な、何でもないよ」

セイバー「確かに見ました。何か後ろに隠すのを」

セイバー「さては、お菓子ですね!私に隠れて美味しいお菓子を一人で食べようと」

士郎「ち、違うよ。ホラ、ビデオだよビデオ」チラッ

セイバー「何だ、ビデオですか」

士郎「そう。スターウォーズのビデオだ」

士郎「ほっ」

続きを読む

  タグ:

凛「パソコンって何が出来るの?ただの箱でしょ?」セイバー「同意」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:00:59.50 ID:/q8SdcP80
学校

蒔寺「でさぁ、昨日ユーチューブでみた動画がすごくってさぁ」

氷室「ふむ。蒔の字の評価は当てにならんが」

三枝「どんなの?」

蒔寺「それがさ、普通の高校生が登校中にいきなり女の人を、あ、この女は美人で外人な」

氷室「どうでもいい」

蒔寺「なんと!!―――殺しちゃうんだ」

三枝「それがすごいの?」

蒔寺「ゆきっち、見てないからそういえるんだ」

凛「……」

凛(何の話してるんだろう)

美綴「遠坂?どうかしたか?」

凛「いえ、別に」

続きを読む

  タグ:

凛「士郎とイチャイチャしたいなー」セイバー「声に出てますよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/03(火) 15:08:59.64 ID:3lld63CP0
凛「嘘!?」

セイバー「出てます」

凛「まぁ、別に聞かれて困るものでもないけど」

セイバー「全く」

凛「セイバーも士郎とイチャイチャしたいでしょ?」

セイバー「いえ。全く」

凛「ほんとぉ?」

セイバー「はい」

凛「じゃ、私はしてこよーっと。最近、欲求不満だったしー」

セイバー「リン!!はしたないですよ!!そういうことは黙ってしなさい!!」

続きを読む

  タグ:

俺「え、聖杯戦争・・・?」凛「ん?」

1: 以下、VIPがお送りします 2014/11/04(火) 21:37:28.66 ID:jtwhZDOL0
凛「なんでアンタが驚いてんのよ」

俺「いや、いきなりそんなのに呼ばれても困るって言うか」

凛「何情けないこと言ってんのよ、アンタそれでも英霊!?」

俺「英霊?いや、全然英霊とかじゃないし、ニートだし」

凛「・・・は?それマジで言ってんの?」

俺「え、あ、うん。むしろ俺からすると、そっちこそマジで言ってんのって感じなんすけど」

凛「・・・し、しまった!カレンダーこれ去年のじゃない!日付間違えたぁぁぁ!!」

俺「なんかよくわからないけど帰って良いですか?」

凛「ダメよ!」

俺「なんでさ」

凛「どうあれアンタは聖杯を通して私に召喚されたんだから、英霊の資格があるってこと」

凛「だから私と一緒に聖杯戦争を戦って、聖杯を手に入れるのよ!」

俺「ムリだろ・・・常識的に考えて」

続きを読む

  タグ:

遠坂凛「サーヴァントとの、契約……?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 21:31:34.83 ID:2Sqj6/3o0
セイバー「……」

遠坂「ちょっと待って。 つまり……どういうことよ?」

士郎「サーヴァントとの契約というのは、召喚者とサーヴァントが令呪によって繋がること……だったな?」

士郎「でも俺は、気付いてしまったんだ……もしかしたら本当の契約には『別な儀式が必要である』ということに」

桜「別な、儀式……ですか?」

士郎「たとえば、俺とセイバー。 あるいは遠坂とアーチャー、葛木先生とキャスター」

士郎「あとはイリヤとバーサーカーもそうだな。 この組み合わせにおける『共通点』は何だと思う?」

遠坂「私とアーチャー? ……なんだろ、全く思いつかないんだけど」

士郎「遠坂とアーチャーがどうなのかは知らないけど、少なくとも俺と葛木先生はこの『本来の契約』をしてる……はずだ」

遠坂「葛木と、キャスターも?」

桜「せ、先輩……それって、もしかして……」

士郎「お、流石に桜は気付くのが早かったな。 さすがは間桐の魔術師」

遠坂「間桐の魔術って……! ねぇ衛宮くん……まさか、それって」

士郎「御明察。 要するに『セ○クス』のことだな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407933084

続きを読む

  タグ:

凛「あんた何のサーヴァントよ」アーチャー「見てのとおりアーチャーだが?」ムキッ

1: 以下、VIPがお送りします 2014/12/31(水) 20:31:40.52 ID:ddnUzdvU0
凛「嘘でしょ、そんな筋肉ダルマなくせにアーチャーなんてありえないわよ」

アーチャー「凛、君は何か誤解をしている。弓兵とは華奢では務まらない。弓を引くのは力がいるんだ」ムキッ

凛「だからってこんな巨漢になるまで筋肉つけなくてもいいでしょ!」

アーチャー「身長は骨格の問題で筋肉の問題ではない。それより、君はこんな問答をするために私を召喚したのか?」モリッ

凛「聖杯戦争に勝つために決まってるでしょうが!一瞬バーサーカー呼んだかと思ってドキドキしたわよ」

アーチャー「かの狂戦士ではいかに凛と言えど魔力が持つまい。私が凛に必ずや聖杯を届けよう」メキッ

凛「ま、まあ、その筋肉頼りにしてるわよアーチャー。あと一々ポージング取るのやめてちょうだい」

アーチャー「それは残念だ」

続きを読む

  タグ:

【Fate】凛「ア、アーチャー…???じゃないわよね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/31(水) 20:06:44.25 ID:qItEQGYTi
悟空「オッスオラ悟空だ!」

凛「え?ご、悟空?」

悟空「おう!孫悟空だ!」

凛「西遊記の?」

悟空「西遊記?なんだそりゃ」

凛「天竺にお経を貰いに…」

悟空「天竺ってなんだ?うめぇのか?」

凛(どうしよう…)

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。