FC2ブログ

タグ:這いよれ!ニャル子さん

真尋「ニャル子を前から抱きしめたらどうなるか」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/09(土) 22:19:00.72 ID:lLVNVAWh0
ガバッ

ニャル子「わひゃっ!?ま、真尋さんいきなりどうしたんですか!?」

真尋「………」ギュッ

ニャル子「あ、あーなるほど!遂に真尋さんもデレ期に突入したんですね分かります」

真尋「………」ギュゥゥ

ニャル子「あ、あの……」

真尋「…………」

ニャル子「え、えーっと、この状態は何といいますか、ちょびーっとだけ恥ずかしいかなーって」

真尋「…………」

ニャル子「あ、あぅぅ………」

真尋(可愛い)


続きを読む

  タグ:

クー子「少年、気持ちいい?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 19:33:38.10 ID:RJxxWap/0
ニャル子「って、何してやがんですかクー子!」

クー子「何って、ディープキスだけど…」

ニャル子「んなもん見りゃわかりますよ!今すぐ真尋さんから離れなさい!」

ハス太「そうだよ!真尋君も嫌がって…」

真尋「ほら…クー子、早く」グイッ

クー子「あんっ…少年…」


ニャル子「」

ハス太「」

続きを読む

  タグ:

クー子「…少年と精神を入れ替えた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:13:04.13 ID:vFBhpXNi0
真尋「……ん?」パチン

真尋「ふわぁ~あ…」ムクッ

真尋「あ、あれ?なんか体がヘンな感じだぞ…」

クー子「…おはよう、少年」ガチャッ

真尋「あぁ、おはようクー……えぇっ!?」

真尋「ぼ、僕!?僕が…いる!?」

クー子「…少年と精神を交換してみた」

真尋「何やってんだお前!?」

続きを読む

  タグ:

クー子「・・・・・・少年、ニャル子のキスは渡さない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/12(火) 15:22:06.03 ID:PXQnT1rM0
クー子「・・・・・・消毒する」ジリッ

真尋「待て、落ち着け、あれは事故だ、事故なんだ、だから燃やしたりしないでくれ」

クー子「・・・・・・だめ、ニャル子のキスは私のもの、少年捕まえた」ガシ

真尋「やめろォ!」

クー子「・・・・・・少年、震えなくても大丈夫、すぐ終わるから」チュー

真尋「」

クー子「・・・・・・」レロレロ

クー子「・・・・・・ぷは、少年、終わった、消毒完了、これでニャル子と間接キス」

続きを読む

  タグ:

ニャル子「朝は何にします?私?それとも私?それとも私?」真尋「」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 08:43:59.38 ID:V8srvkwHP
真尋「じゃあキス」

ニャル子「はぁ、予想はしてましたけど…相変わら…はぁ?!!」

真尋「次はフェラ」

ニャル子「えっ!?ちょっ…まっ!」

真尋「………………」

ニャル子「」

続きを読む

  タグ:

真尋「冷静に考えればニャル子って可愛いよな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:06:25.69 ID:+C6PWtHZ0
ニャル子「まっひろさぁ~ん!おはようございますぅ!今日もステキですね!いゃん、君の方がステキだなんてぇ!」

真尋「なんだよ、朝からうるさいな。少しは落ち着けよ」

ニャル子「んもぉ、照れちゃって!可愛いですね、でゅふふ」

真尋「その気持ち悪い笑いかたどうにかしろ…っていうか朝御飯作るからちょっと待ってろ」

ニャル子「はぁ~い♪」

続きを読む

  タグ:

ニャル子「誰をオカズにしたかわかる眼鏡ですか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/05/02(水) 19:17:35 ID:9vIGGXTg
深山琥太郎
常盤ナツミ
深山琥太郎
深山琥太郎
深山琥太郎
常盤ナツミ
深山琥太郎
深山琥太郎
深山琥太郎
深山琥太郎

ニャル子「……眼鏡のレンズに文字が浮かび上がりましたね」

ニャル子「深山……誰ですかそれ」

頼子「それは前のデータね、蝶番のところに付いているボタンを押せば消えるはずよ」

ニャル子「ほぉ」ポチッ

ニャル子「消えました、これはいったい」

続きを読む

  タグ:

真尋「ニャル子がいなくなった日々」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/15(金) 20:02:18 ID:cCO5QMFk
一日目

珠緒「え、ニャル子ちゃんは休みなの?」

クー子「……うん、家の用事で一週間ほどいなくなる、シャンタッ君も一緒に」

珠緒「へぇ、彼女がいなくてさみしいんじゃないの? おれおれ」

真尋「まさか、静かになって違和感はあるけど一週間くらい平気だ、親離れできない子供じゃあるまいし」

クー子「……少年って親離れできてないよね?」

真尋「母さんが子離れできてないだけだ」

珠緒「ニャル子ちゃんが来る前は余市くんしか話し相手いなかったし大丈夫なの?」

真尋「主に話してたのは余市だが普通に男子の輪の中に入って話しくらいはしてたよ」

クー子「……えっ、男子に輪姦された?」

真尋「お前はいったい何を言っているんだ」

珠緒「明日になったらニャル子ちゃんが恋しくて泣いてたりしてね」

真尋「ははっそんな訳ないだろ」

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。