タグ:藤原肇

藤原肇「ハンズ事務所?」

1: ◆OW1CEojZt0DI 2017/03/14(火) 23:21:50.99 ID:/ePXQQRM0
前作よりおよそ1か月後。18歳の肇ちゃんがPと事務所の掃除をする話

・独自設定多め
・Pと肇ちゃんの関係は前作をお読みいただければ

前作

藤原肇「はじめる新しい関係、変わらない想いと共に」



それでは、よろしくお願い致します。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1489501310

続きを読む

タグ:

藤原肇「方円の器」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 17:33:21.43 ID:O/qe2uxpo

身体を傾けて、けれど背には芯を一本。
力を籠めて伸し、されど押し潰さぬよう。

 「ふぅっ……」

菊練りを終える頃には幾筋もの汗。
土へと零れないよう手で拭えば、私の頬はきっともう想像通り。
ぺしりと両頬を叩き、蹴ろくろを回します。

 「……」

そっと指を入れると、土はゆっくりと姿を変え始めます。
少しずつ、少しずつ。


――大事なのは、焦らない事。


そう自身に言い聞かせ、やがて土は一つの形を成しました。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477038800

続きを読む

タグ:

藤原肇「はじめる新しい関係、変わらない想いと共に」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 20:52:07.13 ID:KNPikndQ0
【事務所】

P「…」カタカタ

P(…流石はバレンタインデー。ウチのアイドルたちもイベントで大忙しだ)カタカタ

P(そして、その打ち上げと報告書で俺も大忙し、と。今年も事務所でひとり寂しく徹夜だなあ…)カタカタ

P(疲れた体に、アイドルたちからもらった(義理)チョコとこたつの温もりが沁みるぜ…)カタカタ

P(もうちょいでひと段落するかな…あ、そういえば、今日はあいつに会えなかったな…遠征ロケか)カタカタ

P(流石に寮に着いた頃かな…肇)

ガチャッ

続きを読む

タグ:

藤原肇「しんしんと、あたたかい夜に」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/29(金) 18:52:33.76 ID:rKPg5CH/o

すっかり冷えきった唇には熱過ぎた。


思わずカップを揺らした俺を目にして、さもおかしそうに肇が笑い出す。
この上なく楽しげな様子に、俺も苦笑いを返すしかなかった。

 「……猫舌って訳じゃないんだ」


 「まだ何も言ってませんよ?」

ミルクティーを一口啜って、温かいですね、と肇が息をついた。
今度は油断するなよと舌に言い聞かせ、俺ももう一口。
渋味と酸味を抑えた苦めのブレンド。
馴染みの無いチェーン店だったが、存外に好みの味だった。

 「Pさん、ミルクもお砂糖も入れないんですね」

 「甘いのをよく食べるからな。健康には、なけなしの気を遣ってる」

 「苦くありませんか?」

 「苦い」

俺の答えを聞くと、肇が頬に指を当て不思議そうに考え込む。
寒さで赤らんだ頬が、指先に触れた部分だけ白く染まった。

続きを読む

タグ:

藤原肇「Pさんは何がお好きですか?」

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/17(日) 19:15:49.04 ID:DWNRaCgWo

P「どうした、急に?」

肇「いえ、ただの雑談ですよ。事務所まではもうしばらく掛かりますし」

P「道路の空き具合からすると……後2時間くらいか」

肇「風景を楽しむのも悪くはありませんが、どうでしょうか」

P「断る理由も無いさ」

肇「ふふ、ありがとうございます」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453025748

続きを読む

タグ:

モバP「待ったか、肇?」 藤原肇「いえ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 22:33:13.55 ID:GP5fYIXNo

 肇「いま来たところですよ」

 P「気遣ってくれなくていい、遅刻したのは俺だからな。すまん」

 肇「ふふ、お気になさらず。待っている時間も楽しいものですよ」

 P「そう言ってもらえると助かるが」

 肇「それに、デートではこう言うのが作法と聞きましたから」

 P「本当にすまない」

 肇「いいんですよ。さぁ、行きましょうか」

 P「あぁ、行こうか…………待った」

 肇「どうかしましたか?」

 P「デートじゃない。次の仕事用に服を見繕いに来ただけだ」

 肇「……あぁ! すみません、そういう体でしたね。では改めて」

 P「体じゃない」

 肇「ほらっ、Pさん。これ以上遅れちゃダメですよ」

 P「頼むから待ってくれ、肇」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434547983

続きを読む

タグ:

モバP「肇の地元で泊りがけの仕事」

1: ◆JBqI9RdT/Q 2014/06/11(水) 00:16:02.52 ID:TnQ+3qSy0
以前書いたSSと関連があります。読まなくても問題ないはずです。

▼以前書いたSSで関連があるもの

茄子「お仕事は終わりましたか?プロデューサー」


モバP「桃華の学校前で待ち合わせ」



▼前作SS

モバP「美玲とぬいぐるみ展示会に行く」




-新幹線内-

モバP(以下P)「岡山で二泊三日予定の撮影だけど、撮影が滞ったら延長もあるからな。延長されないように頑張ろうな」

P(以前のお詫びに何かお願いを一つ聞くって肇に言ったんだけど、お願いが地元で仕事をしたいか。...まあ俺が同行するって要望はあったけど)

薫「はい!がんばります!」

肇「はい、わかりました。...でも長引けばそれだけ岡山に居られるんですよね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402413362

続きを読む

タグ:

藤原肇「大事なのは、焦らない事です」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 18:01:50.81 ID:tMOKBuPHo

 「もう静岡か」

他愛も無いお喋りをしているだけで、時間は飛ぶように過ぎていって。
先ほど東京駅を発ったと思えば、もう静岡にまで差し掛かっていました。

 「楽しい時間ほど、過ぎるのが早いと聞いています。相対……えっと」

 「相対性理論。薬缶と恋人の例えで有名だな」

迷っている間にPさんが答えてしまいました。
でも、そこまで知っているのであれば。
この二人の旅行も、私がそれを口にしようとした意味も、察してもらいたいものです。

 「すっかり旧式とはいえ、流石に新幹線は早いな」


――せっかくですし、のんびり向かいましょう。


最新の新幹線で行けば、ほぼ半分の時間で着いてしまいます。
ですが今回はお仕事ではなく、夏休みの旅行。
急ぐ旅でもありませんし、こちらの席を取る事にしました。
予想した通り、空席の目立つこの時間帯の車内は落ち着いています。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422349310<

続きを読む

タグ:

モバP「藤原肇と一緒にエレベーターに閉じ込められた」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2015/10/16(金) 17:17:53.60 ID:zDmK2gQj0
アイドルマスターシンデレラガールズの、藤原肇のSSです。
全編R18.

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1444983473 br />
<

続きを読む

タグ:

藤原肇「彦星に願いを」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/17(木) 21:50:49.59
悩んでいた時間の割に、書き上がれば存外あっさりしたものでした。
初夏の風にさらりさらりと揺れる枝を掴まえて、飛んで行ってしまわぬようしっかり括り付けます。
色とりどりの願い事が、緑を背景に眩しく輝いていました。

 「ほら、肇。早く行こうよ」

 「はい、すぐ向かいますので」

屋上の扉から手招きする凛さんに、苦笑しながら応じます。
扉を閉める前に、もう一度青空を振り返って、

 「……今夜も晴れますようにというのも、願いに入ってしまうのでしょうか」

今も何処かで働いているであろう彦星に、そう問い掛けました。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405601439

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク