FC2ブログ

タグ:菊地真

激写ッ!アイドル菊地真、禁断のお忍びデート!!

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 23:41:18.91 ID:d/nRQnN+o

真美「まこちんのバカァ!!」

真「僕が事務所に着いて早々に馬鹿発言は酷くない?」

亜美「ヒドくないよこのスカポンタン!!」

真「スカポンタンとか初めて言われたよ」

真美「ギャーギャー!!」

亜美「ワーワー!!」

真「ああもう!なんで二人はそんなに怒ってるのさ?」

春香「真……」

真「春香?ちょうど良かった!聞いてよ真美達がなんか怒って――」

春香「真のおたんちん!!」

真「お、おたんちん?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509028878

続きを読む

  タグ:

P「そうだ、結婚しよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/10(金) 00:06:28.99 ID:eSqL9rcb0
P「な?」

真「嫌です」

P「」

続きを読む

  タグ:

P「765プロ毒舌王決定戦!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/21(木) 23:02:06.140 ID:sBK6AFOL0
P「さぁ今週も始まりました!批判殺到の大人気コーナー『765プロ毒舌王決定戦』」

P「オファーを断られ続けた結果、自ら司会進行を務める事となったプロデューサーです!」

律子「解説の秋月律子です」

P「では秋月さん、早速お馴染みコーナー説明をどうぞ!」

律子「このコーナーは、選抜された765プロアイドル2人がタイマン毒舌バトルを行うコーナーです」

律子「と言っても長々と罵り合うのはアイドル的にマズイので、勝負を決するのはただ一言」

律子「そのたった一言で、より相手にダメージを与えたアイドルの勝利となります」

続きを読む

  タグ:

P「俺に勝てたら結婚してやる」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/03(火) 18:27:51.86
春香「えっ」

美希「えっ」

雪歩「えっ」

小鳥「えっ」

P「ルールは簡単だ。俺との勝負に勝てたら、俺と結婚出来る。負けたら1週間の間だけ、俺の言う事聞いてもらう」

P「何で勝負するかは、その都度こちらが決める」

P「さて……やるか?」

全員「「「やります!!!!」」」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386062871

続きを読む

  タグ:

小鳥「恋愛講座を開催します!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 14:21:48.53
~会議室~

小鳥「ね!」

真「ね!って言われても……」

雪歩「ワケが分からないです……」

伊織「しかもなんでこの3人なのよ」

小鳥「事務所で暇そうにしてたから!」

伊織「余計なお世話よ!」

真「小鳥さんだって仕事用のPCで艦これしてたじゃないですか!」

雪歩「雲龍…って何度も呟いてました……」

小鳥「わ、私はいいの!そういうアレだから!」

伊織「どれよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439788908

続きを読む

  タグ:

真「ねえ千早、この服良くない?」千早「……そうね…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 21:01:33 ID:37UPiww2


  ー千早宅ー




千早「……」

真「……」


千早「………良いんじゃない?」

真「…今の間は何?」

千早「…私、流暢に喋れないから……」

真「……そっかー…」

千早「ええ…」

続きを読む

  タグ:

【アイマスSS】真「相談って何ですか?」P「実は――」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/22(木) 20:50:24.25
P「馬鹿らしくてありえないことなんだ。しかしある考えが頭から離れなくてさ。真にはそれを聞いて『ありえない』って笑って否定してほしいんだ」

真「馬鹿らしくてありえないことって言いますけど……プロデューサー、かなり真剣な顔つきですよ」

P「実はその考えが一ヶ月近く頭から離れないんだ。その、な……」



P「もしかして春香と美希、それに千早は俺のことが好きなんじゃないか?」



真「え!?」

P「……」

真「…………プ」

P「!?」

真「プハッ……アハハハハハ! あの三人がプロデューサーを好きだなんて……っ」

P「そ、そうだよな! いや~、俺も変なこと考えてしまって。これじゃ音無さんのこと笑え――」



真「そんなの今さらじゃないですか」



P「え?」

真「え?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445514624

続きを読む

  タグ:

P「…やってくれたな、真」 真「……」

1 : ◆hWMDndfuJ2 :2015/03/09(月) 19:42:48.44

P「……」

真「……」

P「…やってくれたよ…」

真「……」

P「…とんでもないことを…」

真「……」

P「…なぁ、真…」

真「……」

P「…どうするつもりなんだ…」

真「……」

P「…こんなことをして…」

真「……」

P「……」

真「…別に…」

P「……」

真「…ただ、無心で…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425897768

続きを読む

  タグ:

真・雪歩「おはよう、みんな」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/26(金) 04:34:30 ID:59u8mJ8E
小鳥「あら、雪歩ちゃんおはよう」

やよい「おはようございまーす!」ガルウィーン

真「おはよ、雪歩」

雪歩「………」

事務所に入ってきた雪歩は、全身を覆うようなコートに身を包んでいた!

P「なんだ? やけに厚着だな。いつもよりだいぶ大きく見えるぞ」

千早「どうしたの? 今日は寒いけど、そこまで…」

雪歩「………」スッ

彼女が千早の横を通り抜けたその瞬間!

千早「ウワァー!?」ドサッ

千早の足は力を失い、その場に崩れ落ちた!

律子「ち、千早!? どうしたのよ!?」

千早「ああ、あ…」ガクガク

貴音「何やら、怯えているようですが…」

続きを読む

  タグ:

雪歩「どっちを選べばいいの~!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/29(火) 22:03:17 ID:b/kW.eNc
真「雪歩、愛してる!」

雪歩「ええっ、突然告られちゃった!?」

真「さぁ、姫。誓いのキスを…」スッ

雪歩「真ちゃん…」ドキドキ

貴音「お待ちなさい!」バッ

雪歩「し、四条さん!?」

真「貴音、一体何の用!? ボクと雪歩の邪魔をしないでくれ!」

貴音「そうはいきません」

真「どうしてだよ! 理由を言うんだ!」

貴音「何故なら私も雪歩を愛しているからです」

雪歩「えっ、えーっ!?」

真「なんてことだ…やっぱり貴音も雪歩のことが好きだったのか」

貴音「真…まさか、このような行動に出るとは思いもよりませんでした」

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS