タグ:荒木比奈

星輝子「ドロヘドロ...?」荒木比奈「そっス」

1: ◆ecZBoTY/6E 2014/02/21(金) 14:01:41 ID:Z5QLRV1U

荒木先生が漫画をすすめるだけのSSです。

基本的には台本形式SSの予定です。

ステマではありません

続きを読む

  タグ:

荒木比奈「かんたんな朝ご飯の作り方」

1: ◆qEJgO2U6bM 2013/10/09(水) 01:13:25.28 ID:tPrGLcPDO

比奈「お皿に食パンを盛りつけて完成でス!」

P「待てこら」



・比奈とまったりしたいだけ


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1381248805

続きを読む

  タグ:

比奈「アタシはもうだめっス……」奈緒「比奈さんどうした!?」

1: ◆R4LxbbyKhE 2018/03/02(金) 13:17:08.18 ID:JX2L2kMC0
【モバマスSS】です


――――2月28日、夜、比奈自宅

奈緒「ここの所休んでたの心配で来てみたら、なんでそんなに死にそうな顔してるんだ比奈さん!!」

比奈「あれぇ……脳みそダメすぎてとうとう幻覚まで見始めたっスかね……奈緒ちゃんが見える……」フラフラ

奈緒「いやアタシは幻覚じゃないしちゃんと目の前にいるから!? しっかりしろってば!!」

比奈「なんでもいいっス……こんなダメなアタシは、奈緒ちゃんのもふもふに包まれて終わるべきなんス」フラフラ

奈緒「ちょ、比奈さんちか」

比奈「むぎゅー」ギュー

奈緒「どわあああ!!?」バシッ

比奈「きゃん!? ……あれ、突き飛ばされて痛いっス……もしかして、奈緒ちゃん本物……?」

奈緒「さっきそう言っただろ! いきなり抱きついてくるなんて、比奈さんらしくなさすぎてほんとビビった……」

比奈「こ、これは大変申し訳ないことを……」ペコリ

奈緒「あ、いや、ただ驚いただけで別に嫌だったわけじゃ」

比奈「そりゃ良かったっス。ところで、本物の奈緒ちゃんはなんでここに?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1519964227

続きを読む

  タグ:

【R18】荒木比奈「狂おしいほど好きだと言って」

1: ◆agif0ROmyg 2018/01/04(木) 23:19:43.94 ID:UOTx6G6Y0
アイドルマスターシンデレラガールズの荒木比奈のR18SSです。



アタシ、荒木比奈がアイドルとして過ごす年末年始が、ようやく終わった。

クリスマス前辺りから始まり、年末大晦日元日三が日。世間の人達が楽しむ期間にこそ働くのがアイドル、もとい芸能関係者ってもんス。

いわゆる普通のプライベートを犠牲にするわけでスが……他の人はどうか知りませんけど、アタシにとっては大した痛手でもない。

もともと半ニートで、コンビニ店員くらいしかまともに喋る相手もなく、ひたすら篭って漫画ばっかり描いてた女ですし。

もちろん、今は違う。

アイドルにスカウトしてくれて、今まで見たことのない世界を色々見せてくれて、アタシ自身ですら気付いていなかったアタシの良さをたくさん見出してくれた人がいるから。

今、同じベッドの上、隣で寝ている男性。荒木比奈担当P。

仕事の為に荒木比奈をスカウトして、凄く誠実に接してくれて、アタシの趣味にも理解があって……

それで、仕事上の倫理に背いてでもアタシが欲しいって言ってくれた人。

アタシみたいなのは、その、恋愛とか、全然スから。愛されて、求められることに慣れてないスから。

男性に誠心誠意求められたりなんかするとね、もうね。ダメでしたよね。

アイドルどころか女子としても相当アレだった頃からずっと目をかけてくれた人でスし、もしかしたらアタシよりアタシのことをわかってるんじゃないかって……

そんな人に直球で来られたら、もう、しょうがない。どうしようもなかった。

というわけで、アタシたち二人はこうして、休みの日には大抵はどっちかの部屋にお泊りする関係となった。

もちろんアイドルとしてあるまじき事態なのは分かってる。露見したら一体どうなることやら、想像もしたくない。

慣れた人たちは「お互いの未来の為に別れる」なんて気の効いたことを言ったりするんでしょうかね。

どのみちアタシ達には無縁でスけどね。

今更独身に戻るなんてムリ、心が死んじゃうッス。

依存しちゃってる自覚はありまスけど、でも、独りじゃ生きていけないのはきっとアタシだけじゃない。

だからこそ2日と置かずに愛し合う。

昨晩なんて、しばらくしてなかったせいで……もう、大変だった。

幸せすぎて死んじゃうかと思ったのは、告白された時以来だったかも。

ほっこりした気分で、隣の男の寝顔を眺める……アタシなんかには一生縁が無いと、前までは思ってたスけどね。

胸やお尻、素肌に直接触れるシーツの感触も、慣れたもの。

温かい気分で、なんでもないのに笑いがこぼれたりして、でも。

ふと、視線を下げて。

掛け布団を突き上げてるものの存在を眼にしてしまうと、一気に気持ちが切り替わった。

膝でも腰骨でもない、場所からいって間違いなく……朝方に元気になるやつ。

夜中まで、もう数え切れないくらいしたのに。寝ているだけでこうなっちゃうんスねえ。

呆れるような、でも、やっぱり嬉しいような……

起こさないようにそっと布団をめくって、やっぱりガッチガチなやつを見て、どうしましょうかねこれ。

放っておくのはもったいないし、手でしごく? それだと起こしちゃいそうですよねえ。乗っかって腰振るようなのも、この状態でうまくできる自信無い。

じゃあ、やっぱり……口、かな。

フェラそのものは彼に何回か教えてもらったことあって、そんなに苦手でもないけれど、寝込みを襲うのは初。

どうしよ、歯磨きした方がいいのかな?

いや、このおちんちん、昨日散々使ったあげくに風呂にも入ってないはず。

だったら咥えた後に磨いたほうが効率的でしょ、うん、きっとそうッス。善は急げ。

別に、同人誌みたいな朝フェラに密かに興味あったとかそういうのは……

ええ、まあ、否定はできないッス。

いいや、やっちゃえ。

続きを読む

  タグ:

荒木比奈「来ちゃったっス」ニヘラ

2: ◆xyCtqBd8Ao 2017/10/12(木) 21:36:49.77 ID:V+W5y0ql0
P「今日もお疲れ様でした」

誰もいない事務所で一人つぶやいた。

今は夜の20時。もう誰もいなくて当然の時間だ

アイドル達も各々の仕事やレッスンは終わって帰宅していることだろう

P「明日休みだし、お酒買って帰ろうかな」

P「今日は昼間暑かったからなあ、ビールとかそのへんにしようかな」

鍵を閉めて外へと向かう

P「寒っ…」

昼間とはうって変わって秋どころかそれすら通り越して冬すらも感じる寒さに体を震わせた

P「予定変更してこりゃ熱燗がいいな」

足早に近くのスーパーへと向かった

続きを読む

  タグ:

比奈「CHUNITHM っスか?」

1: ◆xyCtqBd8Ao 2017/09/28(木) 22:38:25.69 ID:K7hW9pLJ0
モバマスSS

3作目

千枝「プロデューサーさん!」トテトテ

↑1作目

千枝「お兄ちゃんって呼んでもいいですか?」

↑2作目

読まなくても大丈夫ですが、読んでおいたほうがいろいろつかみやすいかと思います。

キャラ崩壊、呼び方違い等あるかもしれません。

まったり初めて行きます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506605905

続きを読む

  タグ:

荒木比奈「ただただだらだら」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/07(金) 22:48:45.09 ID:Zmc0zhpuO
「……プロデューサー」

「んー……?」

「暑いっス……」

「……暑いねぇ」

「クーラー点けません?」

「クーラー?」

「そっスー」

「いいけど。……これをどける、っていう選択肢は」

「ないっスねー」

「ないかぁ」

「ないっス。毛布肌蹴るとか、そんなことしたらいろいろ見えちゃうじゃないっスか」

「それはそうだけど、でもそれ今更じゃない?」

「今更っスけどそれでも、っス。……プロデューサーは、乙女のこういう面倒な心の機微を理解できるようになったほうがいいと思うっスよ?」

「難しい課題だねぇ」

「まぁ、ゆるゆる分かっていけばいいっスよ。どうせ私はそん時まで一緒でしょうし」

「そっかぁ」

「そっス。……それで、プロデューサー」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1491572925
<

続きを読む

  タグ:

【デレマス】「先輩プロデューサーが過労で倒れた」完結編

1: ◆Z5wk4/jklI 2017/06/30(金) 23:09:25.11 ID:DzD82Pjh0
前作「先輩プロデューサーが過労で倒れた」の完結編です。
日野茜、荒木比奈、上条春菜、関裕美、白菊ほたるの話を主に書きます。
もうしばらくお付き合いくださいませ。

前作はこちら。

【デレマス】「先輩プロデューサーが過労で倒れた」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498831764

続きを読む

  タグ:

【デレマス】「先輩プロデューサーが過労で倒れた」

2: ◆Z5wk4/jklI 2017/05/01(月) 21:22:35.29 ID:z+wGLY660
 少年の目のまえに立ち、少女が言う。

「わたしね、大きくなったらアイドルになるの! 世界でいちばんのアイドル!」

 少女は一点の曇りもない笑顔だった。――笑顔であるはずだと、少年は思った。少年からはどういうわけか、その少女の顔がぼやけて見えない。

「それでね、あなたはわたしの、プロデューサーになるんだよ!」

「プロデューサーって、なに?」

 少年は尋ねる。問われたほうの少女はきょとんと目を丸くして、それから怒ったようにぷくっと頬を膨らませた。

「そんなの、決まってるでしょ! わたしをプロデュースするひと!」

 少年は困惑する。

「プロデュース、って……なにするの?」

「えっ?」今度は少女のほうが、困ったような顔をした。「……わかんない……でも、プロデュース、してくれる?」

「ええと……うん、わかった、プロデュース、する」

 少年はよくわからないまま頷いた。それで少女が喜んでくれるなら、それでいいと思った。
 少年の答えに、少女はぱっと笑顔を咲かせた。

「やくそくだよ! よろしくね、プロデューサー!」

「うん、よろしく!」

 少年はそう答えた。答えながら、少年はずっと、その少女の顔を思い出そうとしていた。

続きを読む

  タグ:

比奈「オトメゴコロ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 21:18:47.45 ID:9wcui06W0

モバマス・荒木比奈のSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445861927

続きを読む

  タグ:

荒木比奈「ジメジメした季節」

2: ◆qEJgO2U6bM 2013/05/07(火) 18:23:58.92 ID:VCtcckE5o


ピョコン


比奈「…」

比奈「……」グイ

ピョコン

比奈「…………」

比奈「」グイ

ピョk

比奈「うあー! もう! 鬱陶しいっスねぇ!」バサバサ

P「事務所の前でなにやってんだお前」

比奈「んあ!? ぷ、プロデューサー!」バッ

P「おはよう」

比奈「……うス。…あの、み、見てたっスか?」

P「なにを?」

比奈「…えっと」

P「あははは、なんだその髪」

比奈「! み、見たらダメでス!」バッ

続きを読む

  タグ:

モバP「フツウの日常」

1: ◆1AGBLtS6X6 2013/05/03(金) 12:16:38.77 ID:NmNvR0tDO
モバマスSSです。
のんびりとしたお話。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367550998

続きを読む

  タグ:

荒木比奈「なんか飛んで来たっス」

2: ◆qEJgO2U6bM 2013/05/19(日) 12:29:58.59 ID:oc7YzO8No
ポコン

P「いて」

比奈「あ、プロデューサーにも飛んで来たっスか?」

P「なんだこれ?」

比奈「キノコでスね」

P「キノコだな」

比奈「……」

P「……」

比奈「…輝子ちゃん…でスかね」

P「しかいないな」

続きを読む

  タグ:

モバP「ふーん、艦隊これくしょんか……」比奈「…………」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/01(日) 22:51:53.31 ID:/fjgukcn0
P「比奈、おーい、比奈ー」

比奈「んがー、ぐおー、ぶふー、うううー……っ!!」ガリガリ

P「……」フッ

比奈「ひゃふっ?!」ビクッ

P「……おーい、趣味の時間を大切にするのは結構だが、無視されるのはちょっと寂しいぞー」ウリウリ

比奈「あ、あー、スイマセン……ちょいとハマっちゃってましたね」

P「まったく。で、何描いているんだ……ほう」

比奈「あれ、ご存知っスか?」

P「艦隊これくしょん……だよな」

比奈「そう、艦これっス」

続きを読む

  タグ:

モバP「事務所に個室ビデオつくった」R18

1: ◆.yfRnoJuUw 2016/05/19(木) 21:48:58.09 ID:OGE0y3mwo
P「個室ビデオスペースつくりました。うぇひひ」

ちひろ「おい」

P「てへぺろ」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1463662137

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。