タグ:織斑一夏

一夏「嘘だと言ってよ・・・・・。」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/23(日) 11:14:17.69
IS学園、そこで毎日の日常として実習訓練が行われていた。

箒「も、もうすぐクリスマスだな一夏!駅前で今・・・。」

鈴「なに抜け駆けしてんのよ!一夏!明日・・・!」


一夏「(なんだ?なんかみんな今日おかしいぞ?)」

いつも通りというわけではないのだが、鈍感な少年には理解するには少々難しすぎたようだ。


※ポケ戦(ガンダム)×ISのクロス

続きを読む

タグ:

一夏「……銀髪にしたいな」 【エロ注意】

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/03(月) 21:29:46.27
ラウラ「……? 急にどうした、嫁」

一夏「いやな、なんだかんだ俺達付き合ってるだろ?」

ラウラ「そ、そうだな」

一夏(ああ、照れてるラウラかわいい)

一夏「でもってお前はドイツ人、俺は日本人だ」

ラウラ「? ああ」

一夏「かたや銀髪眼帯の白人、かたや黒髪黄色人……そんな二人が並んだとしたら、どう思う?」

ラウラ「似合いの夫婦だな」

一夏「違ぇよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370262586

続きを読む

タグ:

一夏「かき揚げ戦争」

1 : ◆Vf7KndwiMg :2015/08/14(金) 22:20:18.78
 ーー食堂ーー


一夏「うー、腹減った腹減った…。今日の昼飯は何にしようかなー」


ラウラ(久し振りに嫁と二人っきりで昼食だ)ウキウキ


一夏「ラウラは何にするんだ?」


ラウラ(しかし浮かれてはならない。この数少ないチャンスをものしなければ…)


一夏「おーい?ラウラー?」カオヲノゾク


ラウラ「ひゃ!?な、な、なんだ?!わたしと二人きりだからって浮かれるんじゃないぞ!」


一夏「お、おう?そうだな?それでラウラは何にするんだ」


ラウラ「わ、私か?私は…そうだな。今日はかき揚げうどんにしようか」


一夏「お、いいな。寒い日はやっぱうどんだよな!俺もそれにしようかな…」


ラウラ「そ、そうだな!それが良い!それにしろ!」グイグイ


一夏「わ、分かったよ。そんな急ぐなって」


ラウラ(嫁と二人っきりで同じものを食べる…これでは夫婦みたいではないか)テレテレ


一夏 (ラウラの奴嬉しそうな顔をして。そんなに腹が減っていたのか…)カキアゲウドンフタツオネガイシマス


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439558418

続きを読む

タグ:

一夏「楯無さんとデート?!」

2 : ◆/X.qgBLki2 :2015/08/19(水) 12:55:50.01
ーーIS学園ーー


楯無「――というわけで《一夏君と遊園地でラブラブッ!デート券》の当選者は簪ちゃんに決定しましたー!」ドンドン パフパフ


簪「や、やった……」


箒・セシリア・鈴・ラウラ・シャル「ぐぬぬ…….」


一夏「ちょ、ちょっと?!そんな話聞いてませんよ!」


楯無「うん言ってないからねっ!」


一夏「いや、そんな自信満々に言われても…」


楯無「いやー、いろいろ(襲撃事件、ワールドパージその他もろもろ)あって、おねーさんこの企画の事すっかり忘れてたよ。許してニャン」ニャーン


一夏「……もう全く、俺にも予定が」


簪「一夏……私と行きたくないの?」ウルウル


一夏「お、おい簪泣くなって…わ、分かりました。分かりましたよ!でも、楯無さん。今度からはちゃんと前もって伝えてくださいよ!」

続きを読む

タグ:

シャル「壁ドン?」ラウラ「そうだ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 00:15:59.690 ID:tcIPaIi00.net
シャル「その壁ドン?っていうのは何?」

ラウラ「萌えシチュエーションの一つらしい」

ラウラ「男が女を強引に壁に押さえ込んで、手と壁で女の逃げ場を塞ぐ」

シャル「うーん、ちょっとよくわからないかな」

ラウラ「なら実際にやってみよう。シャルロット、壁に背中を預けてくれ」

シャル「う、うん……」

ラウラ「やるぞ。……シャルロット……」ドンッ

シャル「!」

ラウラ「……好きだ」

シャル「!!」

続きを読む

タグ:

鈴「一夏を落としたい」弾「手伝おう」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 17:51:11.424 ID:CO6XPd3X0.net
弾「鈴一人で俺の家に来るなんて珍しいな。何の用だ?」

鈴「ちょっと一夏のことで相談がね」

弾「あぁ、恋愛相談か。なるほどな。しかしまた急になんでだ?」

鈴「それが最近ライバルとの一夏争奪戦が激化して……何とかリードしたくて」

弾「ほぁー……IS学園はとんでもないことになってんなぁ」

鈴「まぁそういうことだから、男目線で女の子のドキドキする仕草とかシチュエーションとかを教えて欲しいのよ」

弾「オッケーわかった。まかせとけ!」

鈴「ありがと、弾」

続きを読む

タグ:

戒斗「IS学園?」一夏「バナナ・スカッシュ!」

1 : ◆n.O102o4Y2 :2014/12/31(水) 02:50:33.33
 IS<インフィニット・ストラトス>と仮面ライダー鎧武のクロスSSになります。
 舞台およびストーリーのベースはIS(の、クラス対抗戦までです)。
 ISの世界に鎧武の駆紋戒斗が乱入した形となります。
 
 あ。なるべく減らしますが、どうにもならない時は地の文が入ります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419961833

続きを読む

タグ:

千冬ねえ「アッアッ・・・一夏・・・実の兄弟なんだぞ・・・」 スパパーン 一夏「あ?ケツ振れ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/10(木) 19:32:52.393 ID:xVYECq9f0.net
一夏「ああああああ・・・もう・・・でるッ・・・」

千冬「ああヤメテェ・・・もう排卵日過ぎてるんだよおおおお」

続きを読む

タグ:

一夏「織斑一夏と申します。」クラス女子全員「・・・・・・・・はぃ?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/06(土) 18:11:43.83

ざわざわ・・・


モブA「ねえ、知ってる?この織斑一夏って世界で唯一のIS操作できる男の子の名前だって」


モブB「えー!?じゃあこのクラスに来るってことじゃない!!」


モブC「かっこいいかな?」
    
ざわ・・・ 
ざわ・・・

A4サイズの紙の一部を指差しながら、クラスの一角が色めき立っているのを横目に少女は席に着いた

箒(確かにクラスの割り当て表には一夏の名前があるが・・・)居ないな・・・」

キーンコーンカーンコーン

周りに聞こえぬようつぶやくとチャイムが鳴り騒いでいた女子達も席に着き始める


が、そこで女子全員が違和感を感じた


モブD「あれ?」モブE「なんで?」モブF「席が・・・」皆「「「「「「「「全部埋まってるの?」」」」」」」」

ガラッ
皆が不思議に思っている中扉が開き教師と思われる人物が入ってきた

真耶「皆さん入学おめでとう!!私は副担任の山田真耶です・・・・ウンタラカンタラ・・・」

教師が挨拶と学園の説明しているが当然女子の耳には入ってこない

真耶「じゃあ自己紹介を・・・皆が気になってる人からやって貰おうかな?」

「「「「「「「「「「「「「「「「!!」」」」」」」」」」」」」」」」」

真耶が発した瞬間教室内の空気が一変する

真耶「本来は出席番号順だけどね、みんな気になってるみたいだからいいかな?織斑一夏くん」


???「はい、わかりましたわ、山田先生」

そう言って立ち上がったのは制服ではあるもののロングスカートが似合い腰まであるであろう艶やかな黒髪を持ち、
聞いたものを惹きつける美しい声を持ち立ち居振る舞いからも見て分る通りお嬢様、
大和撫子と言う言葉がぴったりの女子?だった


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373101903

続きを読む

タグ:

セシリア「一夏さん、うん完璧ですわ♪」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/16(金) 00:36:38 ID:7lNHfd0c

セシリア「どうです?我が家は空前のギャンブルに大勝しまして左団扇が止まりませんの♪」

一夏「すげえな~。大きな会社もバンバン買い収めて事業拡大しているんだってな」

シャル「えへへっ。おかげでお家のことも解決してくれてセシリアには感謝してもしきれないよ・・・」(ぐすっ

一夏「セシリア、なんか凄い輝いてるな。絶好調ってやつか?」(ニカッ

セシリア「当然ですわ・・・。でもこれからもどんどん家の再興を勧めていきますのよ」

セシリア「それでしてね・・・一夏さん。私と結婚を前提にお付き合いを申しみたいのです・・・」

一夏「」(ドキッ
セシリア「一つ・・・お伺いしたいことがございますの・・・」

一夏「お、おうなんだ?」



セシリア「一夏さんって・・・ホモだったの・・・ですか?」



関連スレ:

シャル「一夏ってさ」


シャル「ねえ・・・一夏」


シャル「一夏のバカ!!」


続きを読む

タグ:

シャル「一夏のバカ!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/15(木) 12:23:33 ID:6Y5cvsYg

シャル「やっぱりホモだったんじゃないんか!!」

一夏「ち、違うんだ!落ち着けシャル!!」





関連スレ:

シャル「一夏ってさ」


シャル「ねえ・・・一夏」


続きを読む

タグ:

シャル「ねえ・・・一夏」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/13(火) 16:57:20 ID:5TRbNqTk
シャル「やっぱりホモでしょ?」

一夏「だから違うって・・・」


また頼むよぅ

続きを読む

タグ:

シャル「一夏ってさ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/08(木) 16:36:25 ID:uGVdRNNE

シャル「ホモなの?」

一夏「ちちちげーし!!」




続きを読む

タグ:

桂馬「僕が織斑一夏に彼女を作らせる件」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/14(日) 17:44:46 ID:o4Kwop..



桂馬「舞島高校から来た桂木桂馬です・・・・他に紹介は特にない」

「きゃー!二人目の男子よー!」

「かわいいー」

「私達の時代来たわー!」

女性にしか反応しない世界最強の兵器『インフィニット・ストラトス』


『女性にしか反応しない』と言われている


言われているはずなんだ


続きを読む

タグ:

一夏「インフィニット・ストラトス」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/05(火) 00:17:34 ID:7BNanafs

~エピローグ~

「―――――――」

青年「え、何か言いました?」

「いや、空が澄み渡って気持ち良いなと思ったんだ」

青年「え? 確かにそうですけど……」

「どこまでも続いているんだろうなーって。この空みたいな人間になりたいよな」

青年「はい。それは思います」

「ところで、妹さんはまだ大学生だっけ?」

青年「そうですよ」

続きを読む

タグ:

一夏「寿司職人になりたい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 20:08:34 ID:XTBP7C2o
インフィニット・スシ学園、通称IS学園に俺は転入してきた。

束さんが考案した高機能型回転寿司店専用モーターには、
束さんしか知らない「コア」と呼ばれる独自の技術が使用されている。

手乗りサイズの黒い球体。店舗を丸々このコアに変化させることができるのだ。

しかも展開した店舗内の電力はコアから無尽蔵に湧いてくるため、
上下水道さえ通っていれば場所を選ばずすぐ開店、もとい回転できてしまう。

続きを読む

タグ:

一夏「最近山田先生のアタックが激しい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/16(月) 01:01:32 ID:L.w24mVQ
山田先生「お、織斑君・・・!織斑君っ!! ン───っ!!」びくびくっ

山田先生「はぁはぁ・・・・織斑君のことを考えると、胸がキュんキュんしてしまいます・・・・。」

山田先生「ふふふ、また明日、私の胸で誘惑してあげましょう♪」


翌日

山田先生「ここまでで分からない生徒はいませんか?」

一夏「あの、先生・・・・」

山田先生「どうしたんですか?織斑君」

一夏「ほとんど分かりません・・・・・。」

山田先生「あらぁ、困りましたねぇ。どのあたりが分からないんですか?」ずいずい むにゅぅ

一夏「せ、先生・・・・胸が当たってます・・・・・。」

山田先生「ふふふ、当ててるんですよぉ♪」

続きを読む

タグ:

一夏「やっぱり、箒んところが一番いいな」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/26(月) 20:02:13 ID:UxkxSnow
セシリア「!?」

ラウラ「!?」

シャル「!?」

凰「!?」

千冬「ほぉ…」

箒「そうだろうそうだろう」

続きを読む

タグ:

シャル「ねぇ、一夏相談があるんだけど」 一夏「帰れ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 02:15:20 ID:2kKA.C8k

シャル「明日ね、ラウラの部隊の子の一人が休暇を利用して日本に来るんだって」

一夏「うん、俺の話を聞こうか」

シャル「それでね、やっぱりラウラの親友としてボクも一言ご挨拶すべきだと思うんだよね」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク