FC2ブログ

タグ:緒方智絵里

モバP「白詰草に想いを込めて」智絵里「見捨てないで…!」

3: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/27(木)18:22:54 ID:KXQ
「あの~君、どうかしたの?受付はこっちだよ」

初めて出会った時、あなたは優しく話しかけて来てくれた。

「君は臆病者なんかじゃない、だって、今の自分を変えたいと思ったから、勇気を出してここまで来たんだろう?大丈夫、きっと上手くいくさ!」

不安と恐怖で逃げ出しそうな私の背中を、あなたは優しく押してくれた。

続きを読む

  タグ:

智絵里「うさぎさんにチョップしたらタイムスリップしてしまいました」

1: ◆vNoifR2vNc 2018/08/15(水) 11:09:44.47 ID:2c4OR7u90

気がついたら目の前には。

どこかの本で読んだような未来都市、のような町でした。


その無機質な灰色の空が、わたしの不安を煽り立てるようで。

呆然としているわたしの腕の中で、抱いたままだったうさぎさんが、わたしの胸に顔を擦り付けてきていました。


************


・あるボカロ曲のパロディですが、一部展開が異なります

・オリキャラが登場します

・一部アイドルが老けたり死んだりしています

・生死にかかわる内容を扱うので重いかもしれません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534298984

続きを読む

  タグ:

【モバマスSS】緒方智絵里「幸運のおすそ分け」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/11(木)18:33:25 ID:rAA

緒方智絵里さんのとっても短い短編です。

続きを読む

  タグ:

菜々「ウサギって寂しいと死んじゃうって言うじゃないですか~」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 14:40:13.07 ID:6DVbHSCd0
P「その話良く聞くけど確か……」

菜々「確かに寂しさからか活力が落ちちゃうウサちゃんもいますけど本当は自己管理能力が低いからそれで死んじゃうってのが真実みたいですけどねぇ」

P「まぁペットの時点で自己管理なんか出来る訳が無いんだがな……で、それがどうした?」

菜々「そうなんです。菜々もウサミン星人、つまりウサちゃんなんですよっ」

P「ん?」

菜々「ってことでぇ……菜々のこと管理してくれませんか?」



続きを読む

  タグ:

モバP「寒いから智絵里を抱きしめよう」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 19:19:20.72 ID:nZEOUbdNo
--仮眠室

P「うーさむさむ……夜は冷え込むなぁ、昼間あんな暑いのに」

P(もう5月も中旬だっていうのになぁ)

P(かといって暖房つけるのもアレだしなぁ……)

P(うーん……どうすっかなぁ)

P(……そうだ!智絵里を抱きしめよう)

P(まだ事務所にいたはずだし……智絵里を抱きしめるとふわふわで暖かいし落ち着くし幸せだし)

P(そうだそうしようそれがいい!)

P(そうと決まれば……)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368958760

続きを読む

  タグ:

モバP「新しくアイドルプロダクションを作った」

1: むぶろふすか ◆gijfEeWFo6 2013/05/16(木) 00:22:38.51 ID:R6BEvH9r0

 前の仕事をやめる時に貰った退職金と、今までの貯蓄で、何とか新しいアイドルプロダクションを作る事ができた。

 購入した事務所は比較的新しく、古い物件ではないがやや小さい。一般的な収入で一個人が建てるならこの程度が限界か。いや、俺が貧乏なだけかもしれない。

 とりあえず正式に設立を終えた。だが、残念な事にアイドルが一人もいない。

 最初はアイドルのスカウトから始めないといけない。

 だけど俺は男だ。いきなり近寄ってきた男にアイドルにならないかと誘われたら、よほど危機感のない女性では無い限り、俺を怪しむだろう。

 女性の従業員がいてくれれば、男の俺よりも幾ばくか容易にスカウトできるだろうが、アイドルが一人もいない今、給料なんか出せない状態だ。

 やはり、どんなに成功確率が低くても自ら足を運び、声をかけていく必要がある。

 ……それなりに困難だ。
 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368631358

続きを読む

  タグ:

ちひろ「新婚さんいらっしゃい♪」

関連スレ:

モバP「新婚ですか?」


モバP「新婚……またですか?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 14:15:03.01 ID:kWrQYY6GO
ちひろ「新婚さんいらっしゃい♪」

P「それ番組違いますよね」

ちひろ「まあまあ。細かい事はおいといて今回もよろしくお願いしますね♪」

P「……なんでこんな事になった」

ちひろ「NTRれ属性を持つファンが多いからじゃないですか?」

P「本当にファンかそいつら」

続きを読む

  タグ:

智絵里「マーキング」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/15(土) 07:02:32.25 ID:6pM6933h0
「あ、あの……プロデューサーさん」

仕事途中に背後から話し掛けられた俺は後ろを振り向く。そこには俺の担当アイドル、緒方智絵里の姿があった。

「おう、智絵里か。どうしたんだ? もう直ぐレッスンが始まる時間じゃないのか」

「そ、そうですけど……そ、その前に、渡したい物があって……」

そう言ってもじもじと体を動かす智絵里は俺に向けて何かを差し出す。見てみると、それは四葉のクローバーのしおりだった。

「こ、この間……公園で見つけて……作ってみたんですけど……その……良かったら、貰って下さい」

智絵里の手作りのしおり。そんな物を渡されたら受け取らないわけにはいかない。

「ありがとう、智絵里。大切に使うよ」

そう言って俺が差し出されたしおりを受け取ると、智絵里はまるで花が咲いた様な笑顔を俺に見せる。

「そ、それじゃあ、私……レッスン行って来ますね」

「おう、頑張れよ」

用事が済んだ智絵里は事務所から出て、レッスン場に向かって行った。

続きを読む

  タグ:

早苗「…誰?」大天使チエリエル「天使です」

2: ◆GWARj2QOL2 2016/05/19(木) 20:38:19.16 ID:u+BMLl/OO
早苗「…いや、だから誰よ」

チエリエル「天使です…」

早苗「智絵里って子じゃないの?」

チエリエル「違います。チエリエルです」

早苗「…まあ、いいわ…」

チエリエル「…」

早苗「…で?」

チエリエル「はい?」

早苗「何しに来たわけ?」

チエリエル「あなたの願いを叶えにきました」

早苗「アタシの?」

チエリエル「はい」

早苗「…ちなみにさ、ここ何処だか知ってる?」

チエリエル「何でしょう?」

早苗「何でしょうじゃないわよ。アタシの家よ、ここ」

チエリエル「…あう…」

続きを読む

  タグ:

【R18】緒方智絵里「もっと私をダメにして」

1: ◆agif0ROmyg 2016/11/15(火) 22:20:47.01 ID:voe9Y0vu0
アイドルマスターシンデレラガールズの、緒方智絵里のSSです。R18。




私、緒方智絵里はずっと、アイドルになって、強くなりたいって思っていました。

プロデューサーさんに育ててもらってアイドルにはなれましたけど、強くなる事はできませんでした。



今日もたった一人でステージに立ち、死に物狂いで歌ってパフォーマンスして、なおかつそんな余裕の無さを観客の皆さんには悟られないようにして。

そうして、やっとプログラムが全部終わった後、私は控室でプロデューサーさんを待っていました。

他にも面倒を見ている子がいるので、私ばかりに時間を使っていられないのは理解できています。

それでも、あの人が迎えに来てくれるまでのこの短い時間が、何よりも耐え難い。

もしこのまま置いて行かれたら、一人で帰らないといけなくなっちゃったら。

そう考えるだけでも足が震えそう。

しばらく待った後、彼が顔を出してくれた頃には、ちょっと涙ぐんでしまっていました。

よく気のつくプロデューサーさんには、もちろん見咎められてしまいますが……

私がどういう人間なのかもう全部知られてしまっているので、あえて問いただしたりはしません。

ただ、私の手を取って肩を抱いて、あの深みのある温かい声でねぎらってくれます。

今日もよくやったな、智絵里。

すごく緊張してたのに。ちゃんとできていたよ、いい笑顔だったよ。

そう言ってもらえてやっと落ち着くことができました。

もともと私は、大きな舞台に立って大観衆の前で歌ったり踊ったりできるような人間じゃないんです。

引っ込み思案で、友達を作るのも下手で、でもそんな私を良いって言ってくれるプロデューサーさんのお陰でなんとかアイドルをやれています。

ですから、こうしてアイドルとして彼のために働くのは私にとって最高に嬉しいことなのですが。

どうしても、終わった後には緊張と恐怖と不安の揺り戻しが来て、こんなふうに不安定になってしまいます。

しばらく彼に抱かれて、胸に顔を埋めて深呼吸して、それでやっと動けるようになりました。

控室を出て、手をつなぎたいのをぐっとこらえて、ぴったり寄り添うようにして駐車場へ。

車に乗り込み、エンジンをかけようとするプロデューサーさんの大きな手に、私の手をそっと重ねました。

プロデューサーさん。私、まだ寮には帰りたくないです。

一人になりたくないんです。

話す相手もいない大きな女子寮で無意味な時間を過ごす辛さを、彼は理解してくれています。

こんな風に女の子の方から誘うなんて、はしたない事かもしれませんが、別に今に始まったわけでもありませんし。

プロデューサーさんは私を拒んだりすることは絶対に無いので、今日も寄り道です。

賑やかな都心部から少し離れた地域。

前にも何回か訪れた、日本の町並みにはそぐわない、安っぽくてケバケバしい品の無い建物。

いわゆるラブホテルに、私たちは入っていきました。

車で乗り付けて、そのまま部屋まで誰にも会わずに行ける、このシステムは私達みたいな後ろめたい関係の人間にはとても好都合です。

いつも通りプロデューサーさんが部屋を取って、うっかり誰かとすれ違って顔を見られたりしないように、慎重に素早く入室。

広さに不釣り合いな、無闇に大きなベッドが中心に鎮座する部屋に入って、プロデューサーさんが隠しカメラも盗聴器も無いことを確認。

それでやっと、一息つけました。

スーツのジャケットを脱いでハンガーに掛けて、ネクタイを緩める仕草がなんだか色っぽいです。

ライブイベントが終わった直後に、男の人とこんなところに来るなんて。

アイドル失格ものですが……プロデューサーさんはそのことを口に出したりはしません。

それはもちろん、私が寂しさに押しつぶされないようにという配慮からのことでしょう。

でも、私のことが好きで私とするのが気持ちいいから、という理由も、あって欲しいな。

続きを読む

  タグ:

モバP「まゆは可愛い」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 23:18:07.53 ID:/EvIUJZrO
事務所
ちひろ「いやでも最近のまゆちゃんの行動はちょっと……」

P「みんなヤンデレって言いますけどね、それ以上にカワイイところがたくさんあるんですよ」

ちひろ「はぁ……」

P「いつも弁当作って来てくれますよね?しかも指をいつも怪我しながら」

P「ドジっ子って時点でもう可愛い!」

ちひろ(それって弁当の中に……)

P「あと休日に外でよく会うんですよね!これって運命じゃないですか!?」

ちひろ(多分車にGPSでもつけられてるんじゃ……)

P「あ、そろそろ智絵里を迎えに行かないと……行ってきますね」ガチャ

ちひろ「駄目だあいつら早くなんとかしないと」









SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445091487

続きを読む

  タグ:

凛「え?まゆと智絵里が取っ組み合いを?」

1: ◆Y0Lmk/CZYI 2018/02/13(火) 03:39:33.69 ID:D3zI0LVm0


凛「一体どうして?」

卯月「わからないんです!とにかく凛ちゃんも来て!」グイグイ

凛「ええ……」ズルズル

未央「ああ、まためんどくさい予感が……」

※キャラ崩壊注意です

―――

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518460773

続きを読む

  タグ:

モバP(風邪ひいた……)

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/02(木) 22:36:38.82 ID:d+FYaDBZ0
P(参ったな……のどが痛くて声も出ない……)

P(今まさに稼ぎどきなんだ……休んでられないのに……)

P(やっぱりちひろさんに電話して出勤……)

P(……声出ないんだったな……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427981798

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。