タグ:結城晴

ありす「私達そろそろ結婚するじゃないですか」晴「は?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/07(月) 20:16:16.65 ID:SUKnGkOQO
ありす「私達そろそろ結婚するじゃないですか」

晴「は? 誰と誰が?」

ありす「私と晴さんに決まってるじゃないですか」

晴「はい?」

ありす「何でそんなそっけない態度なんですか? もしかしてマリッジブルーですか?」

晴「こいつ何言ってんだ」

続きを読む

  タグ:

結城晴「お風呂で」的場梨沙「うふふ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 22:45:21.73 ID:NGn6RX+b0
アイドルマスターシンデレラガールズです。結城晴と的場梨沙のお話です。
お風呂ですけど、ただ風呂入るだけです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488116721

続きを読む

  タグ:

ありす「待ってもらえなかった」 晴「またその話かよ…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/14(月) 03:42:30.48 ID:ncQ1de/f0
ありす(22)「なんですかその言い方はっ!」ドンッ!

ありす「私がっ!あの時どんな思いで「待てますか?」と聞いたと…」

晴(22)「橘って酔うと必ずその話するよなぁ。いい加減暗記しちまうぞ?」

ありす「酔ってなんかいませんよぉ!」バンバンッ

晴「めちゃくちゃ酔っぱらってんじゃねぇか。テーブル叩くな、零れるだろ」

ありす「うぅぅぅぅ~…!」

晴「あーあー、ビショビショじゃねえかよ。ほらグラス持ち上げろ」フキフキ

ありす「ヒック…、晴さんはいいお嫁さんになりそうですねぇ…」

晴「はぁ?いやこれぐらい普通にやるだろ誰だって」

ありす「私もお嫁さんになりたかったですよぉ!!」ワーン

晴「あ~…また始まった…」

ありす「どうして待ってくれなかったんですかぁ~!」ユサユサッ

晴「オレに八つ当たりすんなよぉ!」

オノミモノハヨロシイデショウカ?

ありす「あ、イチゴサワー追加で。あと唐翌揚げください」

晴「オレはコーラで」

ハイカシコマリマシター

ありす「相変わらず飲まないんですねぇ…」ヒック

晴「好きになれねえんだよ、酒って」

晴(あと酔っ払うとこういう姿になるって言う悪いお手本が身近にいるのがなぁ…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450032150

続きを読む

  タグ:

晴「ありすぅぅぅぅっ! 助けてくれぇぇぇぇっ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 17:49:37.43 ID:x9RaoUyBO
全国の文香Pさんの方々、すいませんでした……!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469090977

続きを読む

  タグ:

的場梨沙「晴との子供を授かった」

1: ◆jjEzShkDDk 2016/11/04(金) 18:50:38.29 ID:fw2phytP0
晴「できたんだな梨沙!」

梨沙「え、ええ……」

晴「良かった……オレ達の子供なんだな……!」

梨沙「(そっか……アタシと晴の子供なんだ……やっと実感が湧いてきた……)」

晴「これから色々大変かもしんねーけど、オレも頑張って支えるからな!」

梨沙「(ずっと欲しかった、2人の子供……!)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478253037

続きを読む

  タグ:

モバP「結城晴。設定年齢19歳」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/03/28(火) 01:24:24.91 ID:D3KSIpqh0
モバP(以降P表記。そういうセカイさ)「ふーん、これが最近話題のけものフレンズかぁ…」 ワタシニイイカンガエガアル

P「確かに面白いな。特にこのゴリラの司令官とか勝平ボイスのネズミとか。まるで台本なんて無いみたいなアドリブ地獄だけど」

ガチャッ

晴「おはようございまー…」

晴「うっす」

P「おはよう晴。今なんで俺しかしないって確認してから挨拶変えた?」

晴「気のせいだって。そんなことしてねぇよ」

P「嘘つけぇ。完全に目が合ってから言い直したろ」

晴「細かい事ウジウジ言ってるとハゲるぞ」

P「スタドリでシャンプーすれば毛根生き返るから平気だよ」

晴「普段なんてモン飲んでんだよ…そういや喉乾いたな。何か飲み物無ぇの?」

P「給湯室に蛇口があるでよ」

晴「せいっ!」ゲシッ

P「つま先で脛って、おま!」

晴「…うわ、冷蔵庫の中スタドリばっかかよ…」ガチャ

P「間違っても飲むなよー?抗体が無いと見た目が16ビットになったり首から上が柴犬になったりするから」

晴「んなもん日常的に服用すんなよ!」

晴「おっ?なんだこれ。ラベル無いけど…」

晴「P-。テキトーに飲み物貰うからなー?」

P「あいよー」

P「さてと、続き続き……」

晴「な、なんだこりゃあああああ!!」

P「っ!」ビクッ

P「ど、どうした晴!ちひろが無償で10連ガチャとか言い出したか!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490631864

続きを読む

  タグ:

結城晴「ガッチャ! 楽しいライブだったぜ!」

1: ◆C2VTzcV58A 2015/07/27(月) 00:28:56.23 ID:J1XEUiRY0
晴「……なーんてな」

晴「さすがになんか恥ずかしいからやめとくか」

晴「こんなことやってるの誰かに見られるだけで――」


梨沙「じー」

飛鳥「じー」

晴「」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437924526

続きを読む

  タグ:

モバP「オーディション会場に結城晴ちゃんが現れましたぁ!!」

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 21:55:49.23 ID:Kbl/oLdx0

美城「今回のアイドルの採用オーディション、この私も同席することにした」

P「常務自らがですか?」

美城「我が城に相応しい者かどうか、直接見定めようと思ったのでね」

美城「だが私は審査員としては若輩のような者だ。そこで君の力も借りたいと思う」

美城「私は現場に在籍はするが、最終的に採用するかの権限は君に委ねたいと思う。やってくれるか?」

P「了解しました。私を信用していただき光栄です」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452862548

続きを読む

  タグ:

モバP「ムスコがムラムラしてる時に晴が甘えてくるぅッ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 19:28:08.47 ID:dJ0BlNRm0
P「……最近ムラムラするなぁ」

P「仕事が忙しくて全然処理できなかったせいかムスコがヤバいな……」


P「………」ムラムラムラ


P「いかんいかん! 自重しろマイサン!! まだ仕事中なんだぞ!」


P「もうすぐ仕事も終わって家に帰れるから。そしたら思う存分に処理してやる。だから我慢してくれ。頼むよぉ~」


ガチャリ


晴「ふぅ、疲れたぜ……おーい、P。レッスン終わったぞー」

P「あっ、お疲れ晴」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437128878

続きを読む

  タグ:

モバP「晴の結婚相手は―――ッ!! この俺だぁ―――ッッ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 19:35:37.52 ID:8qeLjxEB0
P「さてと、今年も来たかブライダルキャンペーン! 今年は晴がウエディングドレスを着るぞーっ!!」

P「晴のウエディングドレスか………きっと可愛いだろうな……うわへへwww」

P「おっと、いかんいかん。担当アイドルに―――しかも12歳の女の子に欲情などをしては!」

P「ここは冷静にならないと………」


「おーい、Pー! 着終わったぞ―――ッ!」


P「おお、そうか。じゃあ来てくれ」


ガチャリ


P「こ、これは……!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433500527

続きを読む

  タグ:

モバP「結城晴とホテルへ行く」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/01/19(火) 16:05:52.22 ID:yo3g9eY60
アイドルマスターシンデレラガールズの、結城晴のSSです。
地の文、R18.


その日も俺は担当アイドルの結城晴とともに撮影の仕事に赴いていた。

今回の衣装は彼女のボーイッシュな魅力を存分に引き出すもので、カワイイ系よりカッコイイ系を好む晴は非常に嬉しそうにしていた。

写真やPVを撮り終えて、今日の仕事はつつがなく終了。

テキパキ進んだおかげで、時間にもかなりの余裕を持って終えることができた。

「お疲れさん、晴。今日の仕事はすごくいい感じだったな」

「まあな! オレはやっぱこう言うのが向いてるんだよ。
 カワイイ服着る仕事より、こういうのをもっとやらしてくれよな」

戻ってきた晴は、仕事の出来の良さもあってとても機嫌が良さそう。

得意げな笑みは少年らしい活発さに溢れ、カメラの前にいたときよりもまばゆく見えるほどだ。

「まあ、そう言うな。カワイイ系だって晴の魅力を引き出すためのものだ。
 時々カワイイ服着るからこそ、カッコイイ系の仕事で目立てるんだよ。
 いろいろやるのも大事なんだ」

「そういうもんかあ? まあ、それならそれでいいけどよ」

意外と素直なところもある晴は、それであっさり納得した。

もう俺たち二人、結構長い付き合いだし、親密な仲でもある。

本当に晴が嫌がる仕事を俺が取ってくるはずもないし、そのことを晴も十分理解してくれている。

今更仕事の内容について、本気で争い合ったりはしないのだ。

「なあ、ところでさあ。今日は結構早く済んだから、時間の余裕あるよな?」

「そうだな。今日はもう、予定が無い。帰って休むか?」

「何言ってんだよ。どうせ今日も行くんだろ?
 わかってんだからな、それぐらい。最近ちょっとゴブサタだったもんな」

「晴が行きたくないなら、無理にとは言わないが」

「んだよそれ。今まで散々やっといて……まさか、他に相手がいるとかじゃねーだろうな。
 オレをほっとくなんて、許さねーぞ」

「そんなわけ無いだろ。冗談だよ。さ、行くぞ」

「へへ。だよなあ。んなこったろうと思ったよ。しょうがねーなホント。……ふふ」

晴の小さな手を優しく取って、人目を避けつつ俺たちは駐車場へ戻り車に乗り込んだ。

ハンドルを握り仕事場をやや離れて、向かった先はホテル。

宿泊以外に休憩もできる類の、城のまがい物のようなケバケバしい装飾がなされた、いわゆるラブホである。

「じゃあ、受付してくるから。しばらく待っててくれ」

「速くしてくれよな」

料金を支払い、鍵を受け取り、部屋番号を確認。

館内地図を見るに、どうやら二階、階段のすぐ隣の部屋らしい。

まだ外は明るい。ラブホの利用者も多くはない。

これなら問題無く入室できるだろう。

鍵を持って駐車場に戻り、晴を連れ出した。

「おい、今日は階段なのか?」

「ああ。二階だし、エレベーター待つ間に誰かに見られるかもしれないからな」

「そっか。じゃあ、行くか」

大人用のコートを羽織り、顔と身体を覆い隠した晴と共に素早く移動。

不自然にならない程度に足音を忍ばせる。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1453187152

続きを読む

  タグ:

城ヶ崎美嘉「え、晴ちゃん男だったの」【R-18】

1: ◆S.3OfNv5Fw 2014/08/19(火) 23:31:23.24 ID:9gzpE1lN0
ルルヶ崎が性別男の子な晴君に悪戯してくスタイルのアレなんで、そこの所よろしく

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408458673

続きを読む

  タグ:

モバP「もしも年少組と結婚したら」

1 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/03/02(水) 17:26:58.50

※ オリジナル設定、キャラ崩壊を含みます 
※ このssはまったくもって健全であり、決して特殊な性癖を奨励する物ではございません。
※ 短編形式。

===

「ねぇねぇ起きて! 朝ですよー!」
 
 心地よいまどろみに包まれていた俺は、自分を起こそうとする、可愛らしい声で目を覚ました。
 
 ベットの上に横になった俺を、ゆさゆさと揺り起こすその人物を伸ばした腕でそっと引き寄せる。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456907218

続きを読む

  タグ:

モバP「ダニィ!? 晴の誕生日じゃと―――ッ!?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/17(木) 17:40:08.97
          
          ☆注意☆

このSSには以下の要素が多々あります。

①晴ちんに対しての非合法的な行為(例・ラ○ホに連れてく)
②不必要なまでのDBネタ。
③KENZENな内容。

それらが苦手な方は、ブラウザバック推奨です。
OKの方は最後まで読んでいただけると嬉しいです。

それでは投下いたします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405586398

続きを読む

  タグ:

モバP「スーパー寛大なプロデューサー、略してSKP」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/10(木) 17:28:35.64
P「おっ、君が社長にスカウトされたっていうアイドル候補生だね」

凛「ふーん、アンタが私のプロデューサー?………まぁ、悪くないかな」

凛「私は渋谷凛。今日からよろしくね」

P「………初対面にもかかわらず、仮にも年上相手に、上から目線で値踏みしやがっただとぉ?」

凛「えっ?」

P「それでいて評価が『まぁまぁ』とか……どんだけ上から目線なんだこの野郎ゥゥゥッッ!!」

P「おのれぇぇぇぇぇぇッッッッッ!!!!!!!」

凛「ひっ!」ビクッ 


凛「あっ、その……ご、ごめんなr」






P「許せるッッ!!!」

凛「!?」



P「君の期待に応えるようこっちも全力を持ってサポートするよ。今日からよろしくな」ニコッ

凛「えっ、あっ…は、はい……?」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404980915

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。