タグ:無視

美琴「ちょっとアンタ!!なんで無視すんのよ!!」 上条「・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/08(金) 00:56:36.73 ID:fxn03YFO0
上条「はぁ?ビリビリを無視しろだって?」

 冬休みでごろごろしていた上条は突然のことに驚きの声を上げた。それもそのはずである、大飯食らいのインデックスが突然居なくなり、めったに訪ねてこない隣人が

 いきなり血の気の多いビリビリこと御坂美琴を無視しろといってくるのだから。

上条「おいおい、そんなことしたら俺がアイツに殺されちまうじゃねえか!!上条さんは詳しく説明してほしいですねぇ・・・」

 上条は驚きながらも冷静に、訪ねてきた隣人、土御門に理由を求める

土御門「それがにゃ~カミやん。昨日学園都市に魔術師達が数人潜入したって情報が入ってきたんだにゃ~。そいつらの目的は上条勢力の主要人物の命・・・つまりカミやんと親しい人を狙ってるんだにゃ~」

上条「!! それじゃあインデックスは!?アイツは無事なのか!!!」 

 上条の言葉を聞きながら土御門は説明を続ける

土御門「落ち着け!カミやん。それで魔術側と関係があるインデックス、ディープブラッドはネセサリウスで保護することになったんだが、、美琴たんは対象にならなかったんだにゃ~・・・」

上条「はぁ? ・・・ふざけんな・・アイツも危険なんだろ!?なんで放っておくんだよ!!魔術と関係あるとかないとか関係ないだろ!!アイツはすごい苦しい目にあったばかりなんだぞ?そんなことってありかよ!

アイツの命より魔術のほうが大切だっていうなら、俺はその幻想をぶち殺す!!」

 上条は右の拳を握り締めながら言う。

土御門「カミやんの言うこともわかる。だがな、これは上の決定なんだぜぃ・・・。」

 土御門は申し訳なさそうに告げた。

続きを読む

  タグ:

小鷹「小鳩を無視し続けたらどうなるか」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:35:04.80 ID:ZfWFwfKK0

小鳩「クックック、我が眷属よ」

小鷹「………」

小鳩「よく我らが苦手とする日が昇るときに、我が供物を作る気になるなぁ、中々見所があるなぁ、我が半身」

小鷹「………」

小鳩「……フ、フンっ」

続きを読む

  タグ:

男「幼馴染を無視しつつ他の女の子をちやほやしよう」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 23:49:47.08 ID:yT4ytoznO
男「小さい頃は『ずっと仲良しでいようね!』とか言って来た幼馴染が最近そっけないんだ」

友「キミ以外に気になる人でも出来たんじゃない?」

男「……やっぱりそう思うか」

友「そういえば最近、転校生クンとよく話してるね」

男「うっ……」ズキッ

友「どうしたのさ、頭押さえて」

男「べ、別に付き合ってた訳じゃ無いのに、何なんだこのダメージはッ」

男「くそうっ! あんな奴こっちから願い下げだぁっ!! もう知らんッ! うわーんっ!!」ダッ

友「……行っちゃった」

友「なんか余計な事言っちゃったかな、ボク」

続きを読む

  タグ:

兄「妹に無視される……」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/20(土) 23:28:54 ID:6RkbDqlw
兄「おーい、妹」

妹「……」

兄「妹ー?」

妹「……」スタスタ

兄「?、どうしたんだあいつ」

兄「……!」

兄「これは……巷で流行りの無視したらどうなるかというやつだな?」

兄「なるほどなるほど……」

兄「……これは好都合だな」

続きを読む

  タグ:

上条「インデックスを無視し続けたらどうなるか」【閲覧注意】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/10(土) 16:36:51.64 ID:Yk7CQ/+eP
【朝】

禁書「ふあー……」

上条「……」スタスタ

禁書「とうまー、おはよー」

上条「……」

禁書「…?」

禁書「とーうーまー! おーはーよーうー!」

 一言ごと、上条の背をバシバシと叩くが、

上条「うー…トイレトイレっと……」

  バタン……

禁書「わっ…!」

禁書「……」

禁書「むぅ~……?」

続きを読む

  タグ:

星奈「ちょっと! 無視しないでよ!」 小鷹「…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 21:33:21.96 ID:BusfoqNW0
星奈「ねえ、小鷹そこのPFP取ってくれない?」

小鷹「…」

星奈「小鷹! 聞いてるの!?」

小鷹「…」

幸村「星奈のあねご、どうぞ」スッ

星奈「あ、ありがと。 ってそうじゃなくて!」

星奈「ちょっと! 無視しないでよ!」

小鷹「…」

続きを読む

  タグ:

美琴「黒子を無視し続けたらどうなるか」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 18:54:53.26 ID:rfNVwCwd0

黒子「あの、お姉様。なんで無視するんですの?」

美琴「……」

黒子「いいですわっ。お姉様がそのつもりなら」ヌギヌギ

黒子「わたくしの愛をどこまで無視し続けられるかっ、試して差し上げますのっ」ガバッ

美琴「――ッ!」バチバチバチ

黒子「あうんっ!?」バタッ

美琴「……」

続きを読む

  タグ:

真奥「勇者エミリアを無視し続けたらどうなるか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:08:53.83 ID:K77BZPeH0
漆原「わかったよ。勇者エミリアを倒す手段が」

芦屋「何だと!憎っくきエミリアを倒す手段だと!?」

真奥「くだらないような気がするが…一応聞いてやるよ」


漆原「遊佐を無視すればいいんだよ」

芦屋「…」

真奥「ハァ?」

続きを読む

  タグ:

【だがしかし】ココノツ「ほたるさんを無視し続けたらどうなるか」

1: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:21:24.55 ID:nKfesfemO
ココノツ「…………」カキカキ

ココノツ「(……もうちょい構図とか整えてみるか)」

ガラッ

ほたる「あら、今日はココノツ君が店番なのね」

ココノツ「…………」シャッシャッ

ほたる「……何してるの?」

ココノツ「違うな……」ケシケシ

ほたる「はぁ……シカダ駄菓子屋を継ぐヨウさんの息子とあろう者が店番中に私事に興じるのは感心しないわ、ココノツ君」

ココノツ 「…………」カキカキ

ほたる「……?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489756884

続きを読む

  タグ:

モバP「アイドル達に無視され続けはや3日」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/30(木) 20:35:53.30
P「そろそろ心が折れそうです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369913753

続きを読む

  タグ:

梅原「美也ちゃんを無視する?」橘「うん」 -

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/01(日) 00:35:07.89
梅原「大将……急にどうしたんだ?」

橘「これにはいろいろ理由があるんだよ」

梅原「色々って……でもお前らは仲がいいのに」

橘「そこなんだよ!」

梅原「え?」

橘「美也は僕に依存していると思うんだ」

梅原「自分で言うか……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425137707

続きを読む

  タグ:

八幡「雪ノ下を無視してみる」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/11(土) 20:56:41.63
ガラッ



八幡「…うす」


八幡「…珍しいな、由比ヶ浜がいないのはともかく雪ノ下までいないのは」


八幡「まあ本読んで時間潰すとするか」


八幡「…いや、昨日課題夜遅くまでやったから眠いな。寝るか」


八幡「さて、椅子で寝るとなると1番重要なことはどう座ると寝れるかである」


八幡「前屈みになると頭に血が上って寝るどころじゃなくなる。だからといって後ろに身を預けると椅子ごと倒れる」


八幡「…一人語りが虚しくなってきたな、普通に寝るか」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1428753401

続きを読む

  タグ:

キリト「シリカを無視したらどうなるか」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31 15:23:37 ID:bAmVTd1BO
キリト「…」ナデナデ

シリカ「どうしたんですかキリトさん?」

キリト「…」ナデナデ

シリカ「そ、そんなに撫でないで下さい。恥ずかしいです」

キリト「…」ナデナデ

シリカ「…やっぱりもっと撫で下さい」


続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。