FC2ブログ

タグ:水瀬伊織

伊織「さようなら」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/12(火) 20:35:21.19 ID:fz9LGbgw0
『さようなら』

その時の私に出会うと、みんなそう言うの。

昔は、私は今よりずっとわがままだったのよ?
わがままって言うのは、自分の意見だけを押し通すってことなの。わかる?
自分は水瀬財閥の娘で、大事にされている…そういう事は、小さい頃から知ってた。
だから気に入らない事があれば、虎の威を借りて、何でもその場で押し通してた。

小さいころから、思ってた。
どうしてそんなことを言うんだろう、って、そう思った。
でも、わかった。ああ、どうしてだったのか…って。

私は、他の人とは確かに境遇が違う。
何も不自由なんてなく育ってきた。本当に、何も。

でも、そのとき私が抱えていた、他人には一生かかっても持ち得ない大量の自由は
少しだけ大人になって、全て不自由へと変化した。どうしてか、って?決まってるじゃない。
苦楽を乗り越えてきた人間と、楽しか選ばなかった人間がいて。
いずれ、苦も選ばなければならなくなったそのときに、どちらが強いのか。

…すぐにわかるわよね。
どちらが強いかなんて、一目瞭然…いいえ、比べるまでもない。

そして、私は自分の無力さを実感した。
私は何も持ってはいなかった…そこで、ようやくわかった。
『自分の』部屋、『自分の』服、『自分の』家、何もかも。

それらは全て正しく言うなら、『自分の家の親から貸し与えられた』ものだった、って。
それに気付いたとき、私は泣いた。涙の一滴すら、流れなくなってしまうくらいに。
だって、そうでしょう?全てを得た気になっていたのに、何も持っていなかったのだから。

自分はなんて無様な人間なのだろう、そう思って、新堂の胸で泣いた。
私は思ったことを全て話して、恥じて、誓った。何もかも、自分の善悪を全て1つにして吐き出した。
『きっといい子になる、時間はかかるかもしれない…けれど、きっと…だから、見ていてほしい』って。

新堂は複雑そうに、目元に皺を寄せながら…少しだけ、涙を流しながら言った。
私は驚いた。どうして、そんな顔をするのだろう、って。
そして…彼も、こう言ったの。







『さようなら』って。



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1363088121

続きを読む

  タグ:

伊織「わ、私そんなつもりじゃ……!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/28(土) 20:17:39.10 ID:h/NAro9Ho
P「おはようございまーす」

やよい「! プロデューサー! おはようございまーす!」

P「おっ、やよいおはよう。今日も元気が良いな!」

やよい「えへへ……そ、そうですか? えへへへ……」

P「うん……? どうした、なにか様子がいつもと違わないか?
 妙にそわそわしてるというか……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532776658

続きを読む

  タグ:

伊織「本気で嫌いなのにツンデレと勘違いされてうざい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 11:31:14.57 ID:18zBm2mI0
P「伊織、お疲れ」ポンッ

伊織「ちょっ!触らないでよ!!」パシッ

P「っ」

伊織「軽々しく女の子の頭撫でるんじゃないわよ!気持ち悪い!」

P「ははっ、悪い悪い」

伊織「……帰る」

P「おう、また明日」

伊織(なれなれしい……)イライラ

続きを読む

  タグ:

伊織「誰もガブリエルを見ていない」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 21:00:37.33 ID:1J1zI4/10
「美希、入るわよ」
プロデューサーに頼まれた書類を無造作に片手で掴んだまま、私は美希の部屋のドアをそっと開いた。
返ってくる言葉はなく、締め切られていた暗い部屋のぬるい空気が私の方へと流れてくる。
美希は部屋の奥で、頭まで布団を被り、ベッドをこんもりと膨らませてる山になっていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489665637

続きを読む

  タグ:

伊織「なに考えんのよアンタは!!」P「いや……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:06:54.57 ID:j7o8wPBs0

伊織「いや…じゃないわよ!アンタねアイドルにっとってはイメージは最重要なのよ!?」


P「承知しております」


伊織「その今まで作ってきたイメージを急に崩したらファンが減るかもしれないのよ!?」


P「全くその通りで」


伊織「何で分かってんのにこんな事態になったのよ!!」


P「いや…その……」


伊織「さっさと答えなさいよ!何で!千早が!






「みんなのきもち」をカバーするなんて事になったのよ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455545214

続きを読む

  タグ:

伊織「ヤバい……胸が張って死にそうだわ……」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:42:18.45 ID:AtgTzld10
美希「でこちゃんどうしたの?」

伊織「なんか痛いのよ、胸がこー……すっごい張ってる感じで……」

美希「レッスンのしすぎで筋肉痛とか?」

伊織「そういう感じじゃないのよ……あいたた……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399095738

続きを読む

  タグ:

P「いお『りん』」伊織「は?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 00:35:12.07 ID:yBpiCUOX0
伊織「前から思ってたけど、アクセントおかしくない?」

P「おかしくないよ」

伊織「おかしいわよ!何よいお『りん』って」

P「だって伊織に『ん』をつけたら自然とそういうアクセントになるだろ?」

伊織「普通にいおりんって言いなさいよ」

P「やだよ」

伊織「いやよ」

P「だめ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446824111

続きを読む

  タグ:

P「嫁が欲しいな」伊織「!」

1: 1 2016/10/23(日) 19:03:20.00 ID:uVRMF0MJO

【再度注意】今更ですがけじめとしてこのシリーズを完結させたいと思います

超短いです
シリーズ通して若干オリ設あり


P「可愛い嫁が欲しいなぁ」

伊織「ふ、ふ~ん、そうなの」

P「可愛くて家事が出来る嫁が理想だなぁ」

伊織「あんたはそう言う考えのタイプなのね(流石に完璧とは言い切れない…今度やよいにでも教わろうかしら)」

P「…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477216999

続きを読む

  タグ:

伊織「いつも隣にいてほしい」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/02(土) 17:31:02.57
伊織「それではお願いします。」

上司「了解」

伊織「お先に失礼します。」

上司「はい、お疲れ様」

私がアイドルを引退して5年、今年で24歳になる

765プロもなくなり今では普通のOLをしている。

仕事も私生活も楽しく充実していた。
アイドルをやめたことに後悔もない

たったひとつの心残りを除いて

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430555452

続きを読む

  タグ:

伊織「お見合い」

1 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 18:50:24.99
P「ええ! お見合いですか!?」

高木「うむ。君もそろそろ身を固めてもいいんじゃかいかと思ってね」

P「確かにアイドル事務所に独身の男が一人いるのは、みんなも不安になるとは常々思っていましたが……」

高木「なら話は早いな! また後日に詳細を言うから楽しみにしてくれまえ! はーはっはっはっ」



P「しかし、お見合いかぁ。どんな人が来るんだろうなぁ」

律子「」

小鳥「」

P「え? 二人ともどうしたんだ!?」







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452333024

続きを読む

  タグ:

P「春香と伊織がアイスバケツに指名されたって?」

1 : ◆iUFOzRwgx6 :2014/08/25(月) 00:47:15.58
春香「はい、そうなんです」

伊織「別にあんなの寄付すればいいんでしょ、被る必要無いわ」

春香「でもALSという病気を今回これで知りました。

この難病に対する認知と支援のため、私も寄付させていただきたいと思います」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408895225

続きを読む

  タグ:

小鳥「恋愛講座を開催します!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 14:21:48.53
~会議室~

小鳥「ね!」

真「ね!って言われても……」

雪歩「ワケが分からないです……」

伊織「しかもなんでこの3人なのよ」

小鳥「事務所で暇そうにしてたから!」

伊織「余計なお世話よ!」

真「小鳥さんだって仕事用のPCで艦これしてたじゃないですか!」

雪歩「雲龍…って何度も呟いてました……」

小鳥「わ、私はいいの!そういうアレだから!」

伊織「どれよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439788908

続きを読む

  タグ:

P「キスパーティーでもするか」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/08(水) 18:11:00.42
P「いやぁー、思ったより釣れて良かったな。とりあえず冷凍しといたけど、釣ってきたキスだけでいっぱいになっちゃったよ」

美希「初めてなのにいっぱい釣れて楽しかったのー!」

亜美「いやー、まさか兄ちゃんの趣味が釣りなんて思わなかったですなー」

P「俺も社長に誘われてハマったんだけどな。まだハゼとキスくらいしか釣ったことないよ」

美希「ハゼってコレ?」

P「うわ!何で今持ってるんだよ!」

美希「クーラーボックスに一匹だけ取り残され」トゥルン

亜美「うわっ、落ちた」

P「あぁ、それはハゼに似てるけどちょっと違うんだ。ヌメリゴチって言ってな……まぁいいや、これも洗って冷凍しとくから、お前ら手と床拭いといてくれ。ぬるぬるするだろ」

二人「はーい(なのー)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428484260

続きを読む

  タグ:

やよい「実は...トイレに...」 伊織「!?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/23(日) 23:10:55.53
やよい「伊織ちゃんと2人なんて久しぶりです!」

伊織「ええ、そうね」

やよい「伊織ちゃん!何して遊ぶ!」

伊織「やよい」

やよい「何?」

伊織「勉強教えて欲しいんじゃなかったっけ?」

やよい「うぅー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440339055

続きを読む

  タグ:

P「伊織が結婚だって!?」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 02:58:50.42

─────

はじめに新婦の勤め先でございます、765プロ社長、高木順二朗様にご挨拶を頂戴したいと存じます

高木様、よろしくお願い致します



高木「おっほん!ご紹介に預かりました高木順二郎です」

───


続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS