タグ:比企谷小町

違和感【俺ガイル】

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 17:00:12.07 ID:6WiK3+Eb0
注意。

八幡×小町です

地の文(になっているかは分からない)メインです。

短編で、完結してます。

ちょいエロです。

お願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418457602

続きを読む

タグ:

小町「お嫁さん候補がいっぱい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 19:53:45.66 ID:WFQAZVTZ0
小町(お兄ちゃんが、中学生の頃の話)



八幡(・・・また、ふられた)

八幡(また、俺の勘違いだった)

八幡(明日には皆知ってるんだろうな・・・また、皆に馬鹿にされる。きっと)

八幡(なんであんな奴のこと好きになったんだ。昨日の自分を殴りたい)

八幡(ずっと・・・こんな感じなんだろうか)

八幡(誰かを好きになっても、ただの気の迷いで。誰からも好きになってもらえないまま)

八幡(・・・・・・悲しいな・・・なんで生きてるんだ)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490698425

続きを読む

タグ:

小町「お兄ちゃん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/16(水) 23:58:54.28 ID:+LzV5In80

小町「ぬくもり」


小町「ぬくもり」 続 続 の続き



朝。残り少ない貴重な冬休みを満喫していた。マッ缶を飲みながら何も考えずボーっとしているこの時間。
缶を軽く左右に振り残量を確認。あと半分ほどだろうか。
缶を口に寄せ、少量口に含む。甘さが口に広がりそれを堪能した後、飲み干す。

「ふー……」

冬休み短かったなぁ…、ほとんど家で過ごしたが。こんな日々がいつまでも続いてほしい。
心の中でそんな自分勝手なことを考えていると階段を勢いよく降りる音が聞こえてきた


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479308333

続きを読む

タグ:

八幡「それなんだ?」小町「婚姻届」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/21(水) 13:46:32.82 ID:1uyOnj670
八幡「あっそう」

小町「あっそうじゃないよ、お兄ちゃん。そろそろ、結婚考えるべきじゃないの」

八幡「相手いねえし」

小町「結衣さんがいるじゃん!今も独り身らしいし、絶対お兄ちゃんからのプロポーズを待ってるんだよ。」

八幡「ありえないからなそれ」

小町「えっ、付き合ってるんでしょ?そろそろ決断するべきだよ」

続きを読む

タグ:

小町「お兄ちゃん?」 八幡「小町……!」

1: ◆LbeDggmp36 2016/08/07(日) 21:24:47.33 ID:cr3savuG0
日曜日 マリンピア
小町「あれ? 部活に行ったんじゃなかったの?」

八幡「あー……」

小町「もしかして、サボったの?」

八幡「ま、まあそんなところだな!」

小町「そんなことしていいの? 後で雪乃さんに怒られるよ?」

八幡「いや、雪ノ下は体調が悪いみたいで、最近休んでるんだよ」

小町「そうなんだ? ……あれ、雪乃さんがいないのに部活やってるの?」

八幡「そ、そりゃそうだろ! 部長がいないからって活動しない部活とか廃部にしたほうがいいレベルじゃねえか!」

小町「……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470572687

続きを読む

タグ:

雪乃「比企谷くんを救うことになった。」 after【後編】

217: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/04(木) 23:18:52.06 ID:iU3IxDR50
前スレ:

雪乃「比企谷くんを救うことになった。」 after【前編】





<相模南の場合>


「ごめん…なさい…」


「うちは…文化祭の役割を放棄して…」


「逃げ出してしまい…比企谷くんにその責任を擦り付けてしまいました…」


それは今から数日前の出来事だった。

うちは葉山くんに付き添われてクラスのみんなの前で自分の失態を謝罪している。

泣きべそをかきながら…みっともなく…

そんなうちは頭を下げながらある方向を見た。

それはうちが謝罪しなければならない相手である比企谷八幡の席だ。

けどあいつはいない。

後で聞いた話だがあいつはこの日に限って寝坊して遅刻したらしい。

何…それ…

うちがここまでしたのに…あいつはどこまでうちをムカつかせるの…!

続きを読む

タグ:

雪乃「比企谷くんを救うことになった。」 after【前編】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 11:08:04.20 ID:gi+EjEyj0

雪乃「比企谷くんを救うことになった。」



このssは↑の番外編になります
物語はゆきのんとガハマさんがヒッキーに嘘告白してから再び顔を合わせるまでの空白の1ヶ月を描いた話です



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454119684

続きを読む

タグ:

小町「ぬくもり」 続

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/13(水) 01:57:54.39 ID:kDJppMeS0

小町「ぬくもり」



拙い文章ですが、暇つぶしがてら読んでやってください。

俺ガイル 小町主体のお話
地の文あり おかしなところ多々あるかも
深夜のノリと勢いで書いたのでクオリティはお察し


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1468342674
<

続きを読む

タグ:

小町「ぬくもり」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 02:21:38.46 ID:8rnfgebV0
時計の短針と長針が重なり日付が変わる。それを見て体をグーッと伸ばしてから背もたれにもたれ首をカクッと折り曲げて上を向く。
全身の力を抜き少しの間目をつむる。このままだと眠ってしまいそう。
新しい年を迎えて早数日。冬休みはもうすぐ終わろうとしていた。

「んぁー……」

初詣の事を思い出す。雪乃さんも結衣さんもいい人で面白かったなー。お兄ちゃんも楽しそうだったし。
出来ることなら総武高で会いたいがそのための勉強にも身があまり入らない。

冬休みに入ってから夜遅くまで起きて勉強する時間が増えたため、睡眠時間が減ってしまった。
睡眠不足はお肌の敵と言うがそんなもの気にしている場合ではない。
今の成績では合格するかどうか怪しいのでここからのスパートが明暗を分けるのだろう。それは頭の中で分かっていてもモチベーションは上がる気配すらない。

少し休憩でもするかとリビングに行くことにした。椅子から立ち上がりもう一度大きく伸びをする。
運動不足のせいか体からポキポキという音が鳴る。おっさんみたい…。重い足をゆっくり踏み出し部屋を出た。

続きを読む

タグ:

小町「覚えてるよお兄ちゃん」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/29(金) 10:26:38.54
八幡「ただいまー・・・」

小町「あ、おかえりー・・・って、どしたの?目がいつもより消費期限切れてない?」

八幡「お兄ちゃんの目を腐りもの扱いするのはやめようね?」

小町「腐った根性を正してから言おうね?それでどうしちゃったのさ?優しさと慈愛の精神に満ちた小町がここに居るんだからさ!なんでも聞いてあげるよ?」

八幡「おぉ・・・小町・・・お前ってばホントは女神か天使なんじゃないのか・・・?」

小町「お兄ちゃんの心の拠り所は小町しか務まらないもんねー。あっ、今の小町的にポイント高い!」

小町「・・・それで?どうしたのお兄ちゃん・・・?」

続きを読む

タグ:

八幡「ゴールデンウィークか」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/05(木) 01:42:46.24
八幡(独り言のつもりで呟いたのだが、出した声が大きかったか部室で思い思いに活動していた面々がこちらを向く。いや、活動といっても本を読んだりお喋りをしたりしているだけで、奉仕部として何かしているわけではないのだが)

結衣「え、ヒッキー何か予定あるの?」

雪乃「まさか。むしろ例年通りに一人で過ごすからもて余している暇をどう潰そうか悩んでいるに違いないわ」

小町「お二人とも。いくら本当のことでも言っていいことと言うまでもないことがありますよ。そりゃお兄ちゃんは面倒臭がって家族旅行すら参加しませんが」

大志「言っちゃいけないことはないんすか…………てか家族旅行も参加しないって」

八幡「いいんだよ、旅行なんて人混み溢れる時期しか行かねえんだから。小遣いもらって家でだらだらしてる方がずっといい」

結衣「ホントにヒッキーじゃん…………」

大志「まあ人混みが嫌ってのはわかるっすけどね。特にうちは小さいのがいてあんま目が離せないからなおさらっす」

八幡「だな。小町も小さいころは好奇心旺盛で、手を繋いどかないとすぐどこか行こうとしたもんだ」

小町「ちょっとお兄ちゃん! いきなりプライバシーを暴露しないでよ!」

八幡「いっこ前の自分のセリフを思い出してみろよ…………」

雪乃「それで、結局ゴールデンウィークがどうかしたのかしら?」

八幡「ん、ああ。確かに今んとこ予定はねえけどさ、ちょっと今年は出かけようかなって」

結衣「えっ!? ど、どこに?」

八幡「湘南の、江ノ島だ」





このSSの時系列は八幡達が三年生になった直後辺りです。
新入生の小町と大志が奉仕部に入部しました。
原作の蟠りはちゃんと話し合って解決し、そのあたりの人間関係に何のしがらみもない優しい世界です。
特にヤマもオチも意味もありません。
ガイドSSではありません。1の主観と経験で書いてます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462380166

続きを読む

タグ:

比企谷八幡「雪ノ下に写真を撮られた」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/31(日) 02:54:41.16
ある日、奉仕部にて……


比企谷八幡「おい、まだ放課後じゃねえのになんで俺を呼び出したんだよ」

雪ノ下雪乃「比企谷君、これについて説明して欲しいのだけれど……」
っピラ

八幡「写真?一体なんの写真だ………って、これは!?」ビク

雪乃「うふふ……」

八幡「こ、これは……昨日の夜俺の部屋で小町を肩車しながら戸塚にフェラチオをしてもらってた時の様子………どうしてお前がこの時の様子を写真にッ!!?」ガクブル

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1454176480

続きを読む

タグ:

八幡「やはり俺の妹がこんなに可愛いのは間違っている」

1 :以下、新鯖からお送りいたします :2013/09/02(月) 11:03:28.41
題名は俺ガイルと俺妹のクロスっぽいですがほぼ100%俺ガイルのみのSSになります
構成は最後まで考えていますが日を分けて徐々に投稿したいと思ってます。


ではよろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378087408

続きを読む

タグ:

八幡「やっはろー!」ガラッ 雪ノ下「」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/13(日) 00:56:43 ID:i4XfFtas
雪ノ下「・・・比企谷くん?どうかしたのかしら」

八幡「えっ?何が?俺はいつも通りですよ☆彡」

雪ノ下「ちょっと気持ち悪いので今すぐ出て行ってもらえるかしら」

八幡「雪乃さんひっどーい☆傷ついちゃいますよ☆」キャルーン

雪ノ下「ゆ、雪乃さん・・・?なんだか頭が痛いわ・・・」

続きを読む

タグ:

八幡「どうも~チャラ男八幡でーす♪」雪乃「」

1 : ◆5Im8qznxyw :2014/01/02(木) 12:11:12.90
八幡「ちょりーっす! 雪乃ちゃん何しけた面してんのー?」

雪乃「」

八幡「ああ俺? 俺ちょーゴキゲン! なぜかって!?」




八幡「チャラ男は! 可愛い女の子がいるだけでゴキゲン!!」キリッ




雪乃「」

八幡「チャラチャラチャラチャラチャラチャラおー」チャラチャラ

※本編ではもう少し真面目です。



チャラ男芸人慶様知らない人はオリラジのチャラいの想像して下さい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388632272

続きを読む

タグ:

八幡・小町「武勇伝! 武勇伝! 武勇伝でんデデンデン!」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 18:38:29.16
小町「ヒキレンタルラジオですっ!」

八幡「お願いします」

小町「お兄ちゃんいつものやったげて!」

八幡「おう。聞きたいか俺の武勇伝」

小町「そのぶゆうでんをゆったげてっ!」

八幡「俺の伝説ベストテン」

小町「れっつごー!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392197909

続きを読む

タグ:

八幡「川なんとかさんの好感度が上がる機械?」小町「うん」

1 : ◆zO7AQfurSQ :2015/09/25(金) 15:32:46.82
八幡「色々ツッコミどころ多すぎだろ。あとあいつの名前は川崎だから」

小町「あれ? お兄ちゃん沙希さんの苗字ちゃんと覚えてたんだ」

八幡「覚えられないわけないだろう常識的に考えて。ネタにしてたのは悪かったけど、まともに覚えられてない辛さは俺が身を持って経験してるからな」

小町「そういえば同年代でお兄ちゃんをまともに呼んでる人ってほとんどいないね。雪乃さんも変なふうにもじってくるし、それこそ沙希さんくらいじゃない?」

八幡「おい、戸塚を忘れるな戸塚を。あと戸塚とか戸塚とか」

小町「名前呼びでいいならあのざ、ざ……」

八幡「いいか小町、そんなやつはこの世に存在しない。材木座なんて俺の知り合いにはいないんだ」

小町「哀れなちゅうにさん……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443162766

続きを読む

タグ:

八幡「俺と小町の短編集」

1 :いいいい ◆CcW4KPdZhU :2015/12/30(水) 22:16:35.30
~ゲーム~

八幡「...」ペラ

小町「...」ピコピコ

八幡「...」ペラ

小町(やっぱ一人でやってもつまんないな~)

小町「ね~お兄ちゃ~ん、一緒にゲームしようよ~」

八幡「んー、ちょっと待て、もう少しで終わる」

小町「それさっきも言ってたよ~」

八幡「いや、ホントに。あと1ページだから」ペラ

小町「ぶ~...」

八幡「...」

小町「...」ピコピコ

小町(ちぇ...お兄ちゃん、実は小町と遊ぶより、本読んでた方がいいんでしょ)

八幡「...っし、オーケー。小町、一緒にやろ---」

小町「もういいもん」

八幡「え...」

小町「小町、一人でやるから」

八幡「そ...そっか。じゃあ俺、部屋に戻ってるから...」

小町「...」

八幡「...」ガチャ バタン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451481395

続きを読む

タグ:

八幡「誕生日プレゼント?」小町「これが小町からの誕生日プレゼントだよ」

1 :黒猫 ◆7XSzFA40w. :2015/08/06(木) 17:17:34.20


比企谷八幡誕生日記念


『比企谷小町からの贈り物』




誕生日。
いつ頃から誕生日が特別な日ではなくなったのだろうか。
今年の誕生日は、
親からは出勤直前にこれでなにか好きな物を買えと財布から出した一万円札を
渡されてはいる。
小町からは今年も申し訳程度に祝いの言葉がいただけるだろう。
史上最強の妹たる小町からのお言葉が毎年貰えるのならば、
それだけで来年まで頑張れると思ってしまう。
……まあ、一時間も経たないうちに効果が消えてしまうのが難点ではあるが。
それよか両親よ。
万札を頂けるのは嬉しいのですが、剥き出し万札で、
しかも財布から直に手渡しではなくて、
せめて祝儀袋に入れて渡していただけないでしょうか?
いや、俺の両親様はエコに目覚めでもしたか?
どうせ祝儀袋に入れて渡されても、中身の万札を財布に移動させたのちに、
祝儀袋はゴミ箱にダイブだもんな。
というわけで、
両親からの愛とエコ精神を確認できた今年の誕生日は朝食後の眠気と共に
忘れ去られようとしていた。


小町「おに~ちゃんっ。起きてよっ。っていうか、いつまで寝てるつもり?」


よくあるラノベテンプレイベントのごとく、
朝目覚めると目の前には最愛なる妹小町が俺を睨みつけていた。
といっても、
朝食を早く食べろと一度たたき起こされ、
食後に二度寝?をしているので、
本日二度目のイベントではあったが。


八幡「俺は疲れてるんだ。今日は予備校休みだから寝かせてくれ」

小町「受験生に休日なんてないよ。
   しかも夏休みで24時間勉強できる時間があるんだから、
   きっちりと24時間勉強してよ」

八幡「おい、小町。
   その計画でいくと食事や睡眠の時間がないんだが。
   いくらストイックに勉強を続けている俺であっても不可能だ」

小町「あぁ~、
   なんだかお兄ちゃんを見ていると、
   ストイックのイメージが壊れちゃうんだよなぁ。
   ストイックっていうと、もっとクールなイメージを持ってたけど、
   実際実物を見たら幻滅しちゃったみたいな?」


それってよくあるよな。
後姿は美人だけど、
実際追い越し際にちらりと横から顔を見たらがっかりするみたいなやつ。
こっちが勝手に期待してがっかりしているだけであって、
向こうはまったく悪くないのにさ。
だから俺は後姿美人には期待しない。
相手に悪いからな。
でも俺は鍛えられた精鋭。
むしろ真正面から見て美人であっても期待しないまでである。
やっぱ美人っていと、ちやほやされていて性格が悪いしな。
って、これこそ身勝手なイメージか……。


八幡「それって間違いなく誉めてないよな?」

小町「うんっ、誉めてないよ」


無駄に朝っぱら元気な奴め。
自分こそ高校受験のときは今の俺のような状態だったくせに。
他人には厳しく。
自分には……、そこそこに厳しくってところか。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438849053

続きを読む

タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク